TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

168時間以内に投稿された新着記事


■25500 / )  NO TITLE
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/11(Thu) 04:06:39)
    なぜ、よりによって鮭のムニエルを選ぶのか?
    鮭のムニエルを失敗した人の方が、圧倒的に多いと思うぜ。

返信/引用返信 削除キー/

■25499 / )  アンダーソン夫妻
□投稿者/ flora -(2022/08/11(Thu) 02:03:29)
返信/引用返信 削除キー/

■25498 / )  Re[15]: Dinner
□投稿者/ flora -(2022/08/11(Thu) 01:48:36)
    No25496に返信(田秋さんの記事)

    田秋さん、こんばんは〜
    > 今日の夕食はワタリガニのビスクとサーモンのムニエルです。どちらも大変美味でした。
    > ビスクは手間がかかりますがいつも美味しいです。ワタリガニが持っている味力(?)なんでしょうね。
    >
    > 鮭のムニエルは、フライパンにオリーブオイルを敷いて鮭を載せてから火を点ける方法を今日初めて試してみました。結果は大正解、新宿伊勢丹に入っているキッチンのレシピです。

    無茶苦茶、おいしそうじゃないですか!鮭のムニエル、フライパンにオイルをひいて魚を載せてから火を点ける、納得です〜〜。これですと表面だけが焼け、中に火が通っていないということが避けられ、しっとりとおいしくできそうですね! ソースも澄んでいていい感じです。もちろんビスクは田秋さんのお得意レシピの一つですね。 

    奇麗!! コンサートならばBRAVO!って感じかな^^
返信/引用返信 削除キー/

■25497 / )  Re[11]: 存在
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/11(Thu) 00:47:20)
    遺伝子といったら、マジモンだが、面白いので、しばらく様子見 (笑)
    よく考えると、バナナ60%は納得するよ。

    『 もの言う石 』…、アイザック・アシモフ

    ・Scaly-foot Snail
    https://www.youtube.com/watch?v=8RPub5SQQFE
返信/引用返信 削除キー/

■25496 / )  Dinner
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/10(Wed) 23:24:56)
    こんばんは、floraさん

    今日の夕食はワタリガニのビスクとサーモンのムニエルです。どちらも大変美味でした。
    ビスクは手間がかかりますがいつも美味しいです。ワタリガニが持っている味力(?)なんでしょうね。

    鮭のムニエルは、フライパンにオリーブオイルを敷いて鮭を載せてから火を点ける方法を今日初めて試してみました。結果は大正解、新宿伊勢丹に入っているキッチンのレシピです。
1000×750 => 600×450

Bisque.jpg
/123KB
返信/引用返信 削除キー/

■25495 / )  仲間を置いては行けないさ
□投稿者/ アートポット -(2022/08/10(Wed) 22:44:11)
返信/引用返信 削除キー/

■25494 / )  Re[10]: 存在
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/10(Wed) 22:43:13)
    ■25488、
    「石」のDNAって人に比べて、どれくらいなのかしら?
返信/引用返信 削除キー/

■25493 / )  珈琲
□投稿者/ アートポット -(2022/08/10(Wed) 22:35:10)
    一二三Σ(((⊃`・ω・´)⊃cU <アイス珈琲飲むにょ。
返信/引用返信 削除キー/

■25492 / )  ヤンと語るラインハルト
□投稿者/ アートポット -(2022/08/10(Wed) 22:07:03)
返信/引用返信 削除キー/

■25491 / )  Re[52]: 問題意識
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/10(Wed) 21:46:33)
    No25350に返信(pipitさんの記事)
    > ■25344
    > 干す段階の洗濯物に粉々状態でくっついるティッシュ

    粉々に くっついるティッシュかな 干す段階の洗濯物に

     短歌にしてみました。

    干す段階の洗濯物に、が七七になっているのが気になって
    すいませんすいませんすいません。
返信/引用返信 削除キー/

■25490 / )  Re[9]: 存在
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/10(Wed) 21:32:56)
    No25488に返信(pipitさんの記事)
    こんばんは。
    > 【驚くべきことに、バナナのDNAでさえ約60%はヒトと同じだ!】
    >
    > マジっすか…

    そこまで読んでなかった・・
    植物も含めて生きとし生けるものはみな兄弟?
返信/引用返信 削除キー/

■25489 / )  Re[12]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/10(Wed) 21:27:58)
    No25487に返信(パニチェさんの記事)
    こんばんは。

    > 横レス御免!
    >
    > ■No25481に返信(おくたがわさんの記事)
    >
    >>日本では論理学に興味を持つ人はとても少ないみたいですね。
    >>ヤフーの哲カテでも寂しい状態に思いました(自分の目撃した範囲では)
    >>・・・また言わんでええこと言ってる…物言えば唇寒し
    >
    > 懐かしすぃ〜〜〜!!!
    > デビューした時のハンドルがかぶったパンドラ先生元気かなぁ〜。
    > NHKブックス『論理学入門』の著者、三浦俊彦氏のサイトまで出かけて論戦してまっしたからね(笑)。
    > あとktsurut(毛ツルット)も個性的でしたね。

    そういえば、いましたね、超個性的(変人)な論理学徒。
    ktsurutの書く論理記号に、「これはなんやろ?」と思ったのが自分が論理学に接した最初だったかもしれないのに、すっかり忘れてました。
    パンドラさんは独自のパンドラ論理学を追求していた印象。それをプロの学者を相手に議論していたという猛女。

    やっぱり、日本で論理学に興味を持つのは変人だけか。
返信/引用返信 削除キー/

■25488 / )  存在
□投稿者/ pipit -(2022/08/10(Wed) 21:00:56)
    みなさま、こんばんはー(*^◯^*)

    ちょっとびっくりしたので、、、

    No25485
    >「人間のDNAは、99.9%共通していた!」
    https://www.businessinsider.jp/post-165064<

    より引用
    【驚くべきことに、バナナのDNAでさえ約60%はヒトと同じだ!】

    マジっすか…



返信/引用返信 削除キー/

■25487 / )  Re[11]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ パニチェ -(2022/08/10(Wed) 20:22:06)
    横レス御免!

    No25481に返信(おくたがわさんの記事)

    > 日本では論理学に興味を持つ人はとても少ないみたいですね。
    > ヤフーの哲カテでも寂しい状態に思いました(自分の目撃した範囲では)
    > ・・・また言わんでええこと言ってる…物言えば唇寒し

    懐かしすぃ〜〜〜!!!
    デビューした時のハンドルがかぶったパンドラ先生元気かなぁ〜。
    NHKブックス『論理学入門』の著者、三浦俊彦氏のサイトまで出かけて論戦してまっしたからね(笑)。
    あとktsurut(毛ツルット)も個性的でしたね。

返信/引用返信 削除キー/

■25486 / )  Re[50]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ パニチェ -(2022/08/10(Wed) 20:16:28)
    2022/08/10(Wed) 20:24:57 編集(投稿者)

    No25484に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■25454 、パニさん、

    > このごろメルポンのフィロソフィアのをタイピングしながら考えてて、

    > <パニさん、こういう意味で、あなたもかつて乳幼児だったことは否定できないんじゃない?>
    > は、たしかに飛んじゃいました、すみませんでした。

    全然、大丈夫です。^^

    > 「フィロソフィア=知ることを欲する」の流れから、乳幼児もそう、って言いたかったのかも。むしろ大人よりフィロソフィアすることは旺盛なんじゃないかって。

    なるほど。
    好奇心と行動力と謙虚さ(無垢)は子供の3K(向上心と成長の3Kと勝手に呼んでました)、特権みたいなもんやけど、幾つになっても持ち続けたいですね。
返信/引用返信 削除キー/

■25485 / )  Re[10]: 「論理学」
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/10(Wed) 19:33:24)
    No25433に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    横からこんばんは。

    > 「論理学」では〔○○ではない〕(=論理学での否定)では〔○○ではない〕以上のとは言わないことにしてるみたいよ。〔「カラスは黒い」ではない〕以上のことはいわない、っていうこと。
    >
    > 〔「カラスは黒い」ではない〕からは〔白いカラスが存在する〕は導き出せない、ってうことかな。

    それは論理学じゃなくても、ふつうの会話や文章でも同じじゃない?
    「カラスは黒い、ってことはない」「カラスが黒いとは限らない」と言ったとき、「白いカラス」については何も言ってない。
    ・・突然変異で出やすい色は白という予備知識がある人は、『黒以外にいると言うなら白かな…』と想像するかもしれないが、それは発言自体の意味とは別で。


    日常の言語表現と違う論理学の特徴(カントも書いている)は、「黒い」「白い」「カラス」の意味を問題にしないところ。
    そして「すべてのカラスが黒い」が事実かどうかにも関わらない。
    なので
    「すべてのAはBである」の否定は「BでないようなAが存在する」=「あるAはBでない」
    というように書いてもいいが、いきなりそれだとアレなのでカラスや天使の話にしたりする。


    > わたし、カラスって黒いっていうイメージなんだけど、実際、白いカラスって存在するみたい。科学者?では「突然変異」でその説明してるみたいだけど、
    > じゃあ、「カラス」ってなあに?ってなるのね。

    突然変異していない部分のDNAの一致度が一定以上高いとか…

    「人間のDNAは、99.9%共通していた!」
    https://www.businessinsider.jp/post-165064

    > ヒトの遺伝子は、隣の人と99.9%類似している。残りの部分に、目の色から特定の病気にかかりやすいかどうかまで、あらゆる情報が入っている。

    > 2005年のある研究によると、いま生きている動物の中で最もヒトに近いチンパンジーは、遺伝子的に96%ヒトと類似している。

    検索で一番上に出たものをリンクしているので、内容の正確性は分かりません。
返信/引用返信 削除キー/

■25484 / )  Re[49]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/10(Wed) 19:12:14)
    ■25454 、パニさん、

    このごろメルポンのフィロソフィアのをタイピングしながら考えてて、

    <パニさん、こういう意味で、あなたもかつて乳幼児だったことは否定できないんじゃない?>
    は、たしかに飛んじゃいました、すみませんでした。

    「フィロソフィア=知ることを欲する」の流れから、乳幼児もそう、って言いたかったのかも。むしろ大人よりフィロソフィアすることは旺盛なんじゃないかって。

返信/引用返信 削除キー/

■25483 / )  Re[15]: 謎の円盤UFO
□投稿者/ flora -(2022/08/10(Wed) 18:51:22)
    No25479に返信(塔晶夫さんの記事)
    > Journey to the Far Side of the Sun(1968)
    >
    > という陰気な作品が実写への布石だったと思います。

    ========
    こんにちは〜

    英国での原題は『Doppelganger』(aはウムラウト付)[ドッペルゲンガー] だそうですね。 ストーリーを見てみたら、太陽を挟んで半地球があり、そこを探索するとかいうもののようですね。 原題は、ストーリーにぴったりですね!
返信/引用返信 削除キー/

■25481 / )  Re[10]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/10(Wed) 17:49:59)
    こんにちは。

    > ■No25430
    >>特称命題は存在命題とも呼ばれる
    >>『とあるカラスが黒い』ということは『(少なくとも一羽は)黒いカラスが存在する』ということと同じなので。<
    >
    > 知りませんでしたΣ(・□・;)
    >
    > それで悪魔ちゃんが、「存在する」って言葉を話題にしてたのかなー

    そうかなと思って投稿しました。わからないですが。。

    > なんとなく(集合)とかのイメージ湧きます。

    今話していることはまるごと集合論に含まれる(集合で表現できる)はずだし、そちらでイメージするとわかりやすいと思います。
    カントの時代はどうなんか…と思っていたところ、ちょうど(!)お二人が紹介されている論文にも、カントが三段論法を集合で考えていることが伺える記述がありました。

    「数学的帰納法 そのカント判断論との関連」
    https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BO/0085/BO00850L025.pdf
    引用『第一格の式はみな、全体からそれに含まれるものへの推論である。
    「ある概念について全称的に肯定されることは、この概念に合まれるすべてについて肯定される」。
    第一格はこの自明に見える総体律を表現したもので、この理由で三段論法の基本とされていた。
    カントはこの総体律のさらに奥を探っていく。
    総体律は外延的な規則である。つまり、個体と種・類の関係は、集合の要素である個体同士の同ーと差異の関係に行き着く。
    カントはこの外延的な総体律はさらに基礎付けが必要だと言う。
    その基礎は、ものとその特色の関係を言う下のような特色式である。
    「これまでの考察から、あらゆる肯定的理性推理の第一の一般的規則はこうなる。
    ≪特色の特色はもとのものの特色である。≫ 」(A49)』引用ここまで  「」と≪≫は私が付けました。

    メモ
    カントの特色:哲学者である
    哲学者の特色:こだわって考える
    「こだわって考える」(特色の特色)はカント(もとのもの)の特色。

    メモ2
    カントの特色:文章が分かりにくい
    文章が分かりにくい者の特色:変人
    「変人」(特色の特色)はカント(もとのもの)の特色。  (ノ´▽`)ノ <わーい


    > 論理、難しいけど、おもしろそうです。けど、やっぱり、ややこしそうかなー(^^;;

    日本では論理学に興味を持つ人はとても少ないみたいですね。
    ヤフーの哲カテでも寂しい状態に思いました(自分の目撃した範囲では)
    ・・・また言わんでええこと言ってる…物言えば唇寒し
返信/引用返信 削除キー/

■25480 / )  仕切り直し 20220810
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/10(Wed) 16:36:09)
    2022/08/10(Wed) 20:13:36 編集(投稿者)

    ・ Singing in the Sky ( 鳴き声の文法 ) → NO25003
    ・ 猟犬の群れ → NO25445
    ・ 思考の全貌 → NO25476
    ・ 風土について → 再投稿(20000文字)
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【 各設定 】
    A. ギアッチョの設定 → NO24844
    B.ニーチェクラブの品質 → 文書紛失 再発行予定
    ――――――――――――――――――――――――――――――

    『 Quality Management System 』トピの設定

    ◎ 品質上の教育・訓練の考察中
     ・ 『 品質上の教育・訓練 』 と 『 一般 』 → NO17981
     ・ …と『 時間 』 → NO18008
     ・ …と『 目的 』 → NO18067
     ・ …と『 世界情勢 』 → NO18102
     ・ …と『 安全・衛生 』 → NO17981,18008,18067,18102,18134,20154,20268

    ◎ 品質管理に関するアーカイブ
     ・ マジモン自己紹介 → NO23824
     ・ 品質のメリットとデメリット → NO24858( ←品質に関する要素 )

     ・ 『 品質上の確認・検査 』 → NO15743
     ・ 『 品質上の設備管理 』(未達) → NO15930
     ・ 『 品質上の時間割 』 → NO15917
     ・ 『 品質上の目的 』 → NO17966

     ・ QMS見直し NO25362

    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ◎ 品質アレルギー回避課題(日常生活)

     ◆ 時間割・行事・祝日
      ・ 人類共通の年間行事
      ・ 150人表 → NO24845
      ・ 器具備品表
      ・ 情報管理
      ・ 成長の仕組み → NO24275


     ◆ 言葉の管理 ( 文章・書物・図書館 )
      ・ Singing in the Sky ( 鳴き声の文法 ) →
      ・ 図書館へいこう → NO11759,11767,11772,11781


     ◆ Magimon kitchen
      ・ 自炊管理規定 【 前編 】(達) → NO24300 
      ・ 自炊管理規定 【 後編 】 → NO24057
      ・ 調理方法 → 
      ・ 献立票 定番・お肉料理 → NO24150
      ・ 献立票 海産料理 → NO25410   
      ・ 食材日記 → NO24266
      ・ レシピ票 → NO24268
      ・ 激うま海の幸 ランキング(達) → NO14237  
      ・ 海産料理のお魚表→ NO24043
      ・ ミッドナイトフィッシング → NO25201
      ・ 毒魚図鑑 → NO25383

      ★ 水産・水族部
       ・ アクアリウム
       ・ イルカ・クジラ

      ★ 農業部


     ◆ 音楽部
      ・ Funkのすすめ → NO24163
      ・ Rock魂+楽器 → NO24180
      ・ DIVA → NO24260
      ・ ヲタ・バーチャル・アニソン部 → NO24161
      ・ Pianoman & Oldies → NO24181
      ・ Blues ★ JAZZ → NO25118


     ◆ 運動部
      ・ 体が壊れるとは? ( バイオメカトロニクス )
      ・ オリンピックの歴史 ( ブルジョワの功績 )→ NO20889,20974,20972
      ・ ジョギングについて
      ・ 殺人哲学と破壊科学 → NO22388
      ・ ゴルフ


     ◆ 映画部
      ・ 映画ベストファイトランキング → NO13545
      ・ ハリウッド美女とマジモンの下心 → NO15032
      ・ ハリウッド・イケメンランキング → NO19813
      ・ ギアッチョBest映画200 → NO23857
      ・ 『 Love Death + Robots 彼女の声 』 → NO23599


     ◆ 旅行部
      ・ 風土について → 再投稿
      ・ アイヌ民族 →
      ・ 喫茶店の研究 →


     ◆ 美術部


     ◆ 技術部


     ◆ ワンコの品性


     ◆ イレギュラー対処 ( 有事 )
      ・ 戦争 → NO21241
      ・ 南海トラフ大地震 → NO19587
      
      ★ 悪の研究について
        A ) テロリズム → NO24511
        B ) 羊の皮をかぶった狼 → NO24649
        C ) 善き弱き民 → NO24656
        D ) 社会病質 ( Psycho ) → NO24660
        E ) 溢れ出る悪意 → NO24733
        F ) 百家争鳴 → NO24506
        G ) 人が育つ場所、家庭 → NO24743
        H ) 憤怒 → NO24877

        ・ 内なる帝国(INLAND EMPIRE) → NO25078

     ※ NO25084 ← 一筆(笑)
3400×2267 => 600×400

1660116969.jpg
/386KB
返信/引用返信 削除キー/

■25479 / )  Re[14]: 謎の円盤UFO
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/10(Wed) 16:22:08)
    Journey to the Far Side of the Sun(1968)

    という陰気な作品が実写への布石だったと思います。
返信/引用返信 削除キー/

■25478 / )  謎の円盤UFO
□投稿者/ flora -(2022/08/10(Wed) 16:04:55)
返信/引用返信 削除キー/

■25477 / )  1食 500円
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/10(Wed) 15:30:03)
    2022/08/10(Wed) 16:23:44 編集(投稿者)

    1食500円ならば、人生11万食、生涯5500万円の食費になる。

    一汁三彩ならば、一皿100円となる。

    (仮)

    ご飯    100円
    味噌汁   100円
    お肉おかず 100円
    野菜おかず 100円
    サラダ   100円

    余裕じゃないか? (笑)


    【 追加 】

    これが牛肉料理になると難しくなるのか?

    100g199円が最低ラインの…、
    『 腐った肉 』というよりも『 喰えない肉 』なるからね(笑)

    ご飯 70円
    味噌汁 70円
    牛肉料理 200円
    野菜おかず 70円
    サラダ 70円

    こんな具合にあるのか?
    牛肉料理ってのは鬼門だと思うわ。
    マジモンは牛肉食いつくしているので、構わないけど (笑)



    あと何もしないダンゴムシ君って、卑しい(ひもじい)わけですよね?
    お金が無くなっちゃって〜、煮干ししか喰えませんって感じなんだろ。
    じゃ、まず、煮干し食えやって思う。

    間違いないと思うけど、人類全員、『 卑しい 』ですよ。これは間違いない。
    『 いや、私は卑しくない 』と言っても、マジモンは騙されませんよ (笑)
660×446 => 600×405

a4690-ttl-page.jpg
/169KB
返信/引用返信 削除キー/

■25476 / )  思考の全貌 @
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/10(Wed) 12:25:11)
    2022/08/10(Wed) 18:46:12 編集(投稿者)

    【 前回のあらすじ 】
    NO25450
    ――――――――――――――――――――――――――――――

    『 思考の最適度 』を、メビウスリングの時から探っていたが、
    結局の所、『 思考の全貌 』が見えていないだけだった。

    結局、人々は、思考の全貌の一部をみているだけで、
    一部だけを見ている事に、苦虫を噛むような感情を抱いているにすぎないと感じた。
    思考自体には、感情はない。

    絶対的な事
    思考とは、Outputし、その周りに余白を埋め、再Inputする事。
    これは絶対。

    しかし、この行為は、頭の中の白いルービックキューブの一面にすぎない。
    おそらく、最低でも6面体のルービックキューブが存在し、
    シャカシャカと回しているのだと思われる。
    そして、頭の中で見る映像は2次元なので、面として確認できるのは、
    6面体の場合、3面だけ。そして目には見えない裏面があるという事。

    ですから、紙などにOutputする際は、
    3つの状況と1つの裏面を書いた方がいいと思った。
    正直、これ真実だと思う。

    マジモンの経験則だが、3つの状況と1つ裏面を考えるってことを
    なんとなくやっている。
    品質でも、答えは必ず2、3個でてきて、4つ目は空想という結果だからね。

    解釈を深める事で、その白いルービックキューブは大きくなると思う。




    そう言えば、品質(Quality)は、思考についてどう対処するのか?
    悪い言葉を連発するので、ご容赦ください。

    品質は、頭の悪い人に合わせます。
    品質は文書がつきものですが、頭の悪い人が読めない文書は書きません。

    だって、頭が悪くて読めないんですから…。
返信/引用返信 削除キー/

■25475 / )  Re[67]: つぶやき(料理編)
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/10(Wed) 11:43:02)
    その料理の何が美味しいのか?

    例えば、マジモンはベーコンエッグを30回以上作製しているが、
    美味しいから、繰り返し食べているわけで、
    じゃ、その料理の☆ 何が美味しいのか? ☆ってことになるよね。

    そこがわからないと、
    『 なぜ、わざわざ不味い料理をつくっているのか? 』に、
    なってしまうわね。

    ベーコンエッグ定食は300円以内、
    人生11万食だとして、ベーコンエッグ定食だけ食べ続ければ
    人生3300万円必要になってくる。

    じゃ、1食につき、1000円かけていたら、
    人生食事だけで1億かかるわけですよ ( ´∀` )
    1000円以上かけて、不味い料理をせっせと作って、
    それを他人に見せるなんて、愚の骨頂だと思わないか?
返信/引用返信 削除キー/

■25474 / )  つぶやき(料理編)
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/10(Wed) 10:46:44)
     ★ Magimon kitchen
      
      ・ 自炊管理規定 【 前編 】 → NO24300 
      ・ 自炊管理規定 【 後編 】 → NO24057

      ・ 献立票 定番・お肉料理 → NO24150
      ・ 献立票 海産料理 → NO25410   

      ・ 食材日記 → NO24266
      ・ レシピ票 → NO24268
      ・ 激うま海の幸 ランキング(達) → NO14237  
        
      ・ 海産料理のお魚表→ NO24043
      ・ ミッドナイトフィッシング → NO25201
      ・ 毒魚図鑑 → NO25383

    品質がわからない人へ

    マジモンの料理の品質を担保するのに、
    上記の箇条書きを内容を全て埋めなければいけない。
    品質は『 めんどくさく、厄介で、難しい 』とはこういう事で、
    品質を喜んでやる人なんておりません。

    あと残っているのは、『 その料理の何が美味しいのか? 』でしょうね。

    はい、このマジモンの自炊管理規定に限って、
    真似してもいいですよ。
    品質がわからない人とのトラブルって大抵こうなるよな。
    真似するなという時に真似して、
    真似していいですよというと真似しない。
    こういう奴らは基本、嫌がらせと責任転嫁なんですよ。
    人生最後まで、周りへの嫌がらせ (笑)
    責任転嫁をしたいから、ヒトの集団をつくる(笑)って具合。

    自炊管理規定がほぼ完成したら、真似していいですよ、以上。
返信/引用返信 削除キー/

■25473 / )  うましかさんへ( ^ω^ )♪
□投稿者/ pipit -(2022/08/10(Wed) 07:55:17)
    うましかさん、おはようございます(^○^)

    No25467
    > というのは?、翻訳(岩波書店の全集)しているのが、田山令史だから(/・ω・)/<

    ほんとだ!
    検索して調べると、論文出てきました!
    田山さんが『三段論法 四格の誤った煩雑さ』そのものを日訳されてたのですね
    Σ(・□・;)

    カント全集を検索したら、たまたまネットの古本屋さんでカント全集第二巻の激安販売を発見しました。
    読めたら満足なので、注文しました!
    届くのはもう少し後になりそうですが、楽しみです
    (#^.^#)ホクホク

    ありがとうございます♪
返信/引用返信 削除キー/

■25472 / )  Re[13]: 修正版
□投稿者/ flora -(2022/08/10(Wed) 03:25:48)
    2022/08/10(Wed) 05:09:40 編集(投稿者)

    No25468に返信(田秋さんの記事)

    こんばんは~田秋さん

    > 前回のハモと胸肉のグラタンの修正版です。今回はまあまあです。ハモの天ぷらは普通のシンプルな天ぷらにしました。
    >
    > 胸肉のグラタン、前回よりは何料理かがわかります。が、根本的に胸肉が大きすぎるのだと思います。レシピの写真は下に敷いてあるほうれん草+タマネギがちゃんと見えています。前回も今回も胸肉載せたら下は全然見えません。

    あのう・・・面倒でもベシャメルソースを作ってそのソースの最後に色付けとしてほうれん草を加えるというのはだめでしょうか? 下に敷いているのがもったいない感じがして・・・ どうかな?
    >
    > ほうれん草は湯がくのでそれ以外には特にアクヌキはしていません。
    >
    > 料理ってうまくいかなくても楽しいです。研究課題をもらったようなものです。

    そうでですよね。楽しいですよね。
    >
    > 明日の料理も乞うご期待!?

    待ってまちゅ^^
    >
    > ===
    > ブラームスはべートーベンがずっとトラウマになっていて第9の後に交響曲なんてもう書けない!と思っていました。この1番を書くのに21年かかっています。

    私、以前言ったと思うんですが、ブラームス嫌いだったんです。が、シンフォニー1を聞く機会がここで与えられて、なんという感情の流れがある曲なんだろう…とド素人の私は思いました。 ブラームス嫌いがなくなりました。逆にものすごい押さえた感情を持っていた作曲家なんだと感じました。
返信/引用返信 削除キー/

■25471 / )  Re[12]: チャレンジャー号 73秒の真実
□投稿者/ flora -(2022/08/10(Wed) 02:44:02)
    2022/08/10(Wed) 02:45:02 編集(投稿者)
    No25470に返信(floraさんの記事)
    > 2022/08/10(Wed) 02:37:12 編集(投稿者)
    >
    > ■No25459に返信(塔晶夫さんの記事)
    >
    > こんにちは
    >
    >>「問題がいかに難しくても、その言葉は知的に鋭くわかりやすい。もったいぶった言葉使いや、「手の込んだウソ」や、曖昧にすることはない」
    >>
    >>ロサンゼルス・タイムス

    ファインマンが官僚やNASA、政府のごまかしを許さずチャレンジャー事故原因を(本人は原因のひとつという表現をしていましたが)調査する映画の場面の最後のほうの公聴会で、低温によって曲がったOリングが元に戻らないということを実証する場面があったんですが、

    そこでも彼は「科学のコンセプトは、科学の知識のまったくない一般人へ実験で実証できるんです。」といいながら、氷の入ったソーダ水にシールにゴムに圧力をかけて付けて置き、圧力を取っても曲がったゴム(シリコン)は元に戻らないということを簡単に証明しました、これによってなんだかんだと分からないことを言っている、官僚たちをぶった切ったわけですね。

    無縁さんできれば映画見てもらいたいです。

    下は本物のファインマン
268×188

1660067123.jpg
/8KB
返信/引用返信 削除キー/

■25470 / )  (削除)
□投稿者/ -(2022/08/10(Wed) 02:34:43)
    この記事は(投稿者)削除されました
返信/引用返信 削除キー/

■25469 / )  つぶやき(料理編)
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 23:59:08)
    2022/08/10(Wed) 01:58:07 編集(投稿者)

     ★ Magimon kitchen
      
      ・ 自炊管理規定 【 前編 】 → NO24300 
      ・ 自炊管理規定 【 後編 】 → NO24057

      ・ 献立票 定番・お肉料理 → NO24150
      ・ 献立票 海産料理 → NO25410   

      ・ 食材日記 → NO24266
      ・ レシピ票 → NO24268
      ・ 激うま海の幸 ランキング(達) → NO14237  
        
      ・ 海産料理のお魚表→ NO24043
      ・ ミッドナイトフィッシング → NO25201
      ・ 毒魚図鑑 → NO25383

    つぶやき

    最近、めっきり料理の腕が上がってきている。
    料理のコツは、まず水分量だと思うわ。
    そして、『 丁寧 』っていうのがよく理解できてきている。

    もうベーコンエッグを30回以上作っているが、
    確実に美味くなっていっている。
    何が上手いのか?がだんだんと理解できてきている。

返信/引用返信 削除キー/

■25468 / )  修正版
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/09(Tue) 22:52:19)
    こんばんは、floraさん

    前回のハモと胸肉のグラタンの修正版です。今回はまあまあです。ハモの天ぷらは普通のシンプルな天ぷらにしました。

    胸肉のグラタン、前回よりは何料理かがわかります。が、根本的に胸肉が大きすぎるのだと思います。レシピの写真は下に敷いてあるほうれん草+タマネギがちゃんと見えています。前回も今回も胸肉載せたら下は全然見えません。

    ほうれん草は湯がくのでそれ以外には特にアクヌキはしていません。

    料理ってうまくいかなくても楽しいです。研究課題をもらったようなものです。

    明日の料理も乞うご期待!?

    ===
    ブラームスはべートーベンがずっとトラウマになっていて第9の後に交響曲なんてもう書けない!と思っていました。この1番を書くのに21年かかっています。
4032×3024 => 600×450

2022089.jpg
/1684KB
返信/引用返信 削除キー/

■25467 / )  pipitさんへ (;´・ω・)
□投稿者/ うましか -(2022/08/09(Tue) 22:36:52)
    No.25457(pipitさん)

    >わたしは、ちょっと関連ありそうな論文再発見しました(^_^)
    >数学的帰納法 そのカント判断論との関連一
    >田山令史先生

    https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BO/0085/BO00850L025.pdf

    *******

    田山論文、再発見されたんですね!

    >三段論法 四格の誤った煩雑さ − マギスター・イマヌエル・カントによる証明

    で検索すれば、いっぱつです。

    というのは?、翻訳(岩波書店の全集)しているのが、田山令史だから(/・ω・)/

    解説もあります。私うましかにはチンプンカンプンですが…( ノД`)シクシク…



    No.25464 (pipitさん)

    >でも、原文参照できて本当に嬉しいです!
    >安心して勉強できます(^_^)

    そうなんです! 私も原文があると安心できます。

    (もちろん、ほぼ読めませんが (´;ω;`)ウッ…)


    o(・x・)/ヌーマッ!!
返信/引用返信 削除キー/

■25466 / )  Re[6]: うましかさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/09(Tue) 22:05:23)
返信/引用返信 削除キー/

■25465 / )  レシピ 『 汁もの 』
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 22:02:20)
    ◆ 1つ目は酒の肴として出される「吸物」です。
    ・ 「お吸い物」吸物は出汁に塩や醤油、味噌などで味を付けたつゆに魚介類や肉類、
    野菜などの実と一緒に出されるものです。

    ◆ 2つ目はごはんと一緒に出される「汁物」です。
    ・ 塩味なら「潮汁」、
    ・ 醤油なら「すまし汁」、
    ・ 味噌なら「味噌汁」と呼びます。

    ☆動画 『 お吸物 』
    https://www.youtube.com/watch?v=82xlKSYZxIc
    ☆動画 『 潮汁 』
    https://www.youtube.com/watch?v=o39bqsEynhw
    ☆動画 『 すまし汁 』
    https://www.youtube.com/watch?v=c_AcBq_4Ib0

    ◆ 洋風スープ

    ☆動画 『 洋風スープ 』
    https://www.youtube.com/watch?v=UNCeTRmLzG8

    ◆ 中華風スープ

    ☆動画 『 ふわふわ卵スープ(中華) 』
    https://www.youtube.com/watch?v=HvYMELvmwtE



    ◆ 美味しい味噌汁の作り方

    ・ 具なんてどうでもいい
    ・ 味噌入れてから沸騰させてはいけない。

    遺伝子の研究所で、『 一番おいしい味噌汁とは何か? 』と議論したことがあって、
    結論がでたのでそれを紹介する。

    1番おいしい味噌汁は…、『 油揚げの味噌汁 』です。
    これは脂(油・あぶら)が鍵で、味噌汁にコクを与えます。
    ですので、鶏皮とか、豚の脂身をわざと残して、他の味噌汁などに入れます。
    また食用油やオリーブ油、ゴマ油も有効です。
    おそらく、日本で味噌汁に油をたらす方がいるのなら、
    我が研究室が『 発祥 』です。
    ちょっとした事で世界をかえる我が研究室(笑)

    ☆動画 油揚げと大根の味噌汁
    https://www.youtube.com/watch?v=OtSxLpp3QHw

    2番目、ふのりの味噌汁
    https://www.youtube.com/watch?v=KSCN00ck6ss

    3番目、なめこの味噌汁
    https://www.youtube.com/watch?v=RMEHrbPeybk

    後は正直なんでもいい。
    冷蔵庫の野菜室を空にするうってつけの料理、それが味噌汁です。

    意外とね、『 わかめ 』が難しいんですよ。
    量によっては、見た目が悪いんだよね。

960×640 => 600×400

img_content09.jpg
/396KB
返信/引用返信 削除キー/

■25464 / )  うましかさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/09(Tue) 22:01:26)
    No25446に返信(うましかさんの記事)
    > 『三段論法 四格の誤った煩雑さ − マギスター・イマヌエル・カントによる証明』(1762年)
    >
    > https://korpora.zim.uni-duisburg-essen.de/Kant/aa02/045.html
    >
    > *******

    リンク先見せていただきました!
    うぅ、ドイツ語はもちろん、機械翻訳で日訳しても英訳してもわかりません
    _| ̄|○

    でも、原文参照できて本当に嬉しいです!
    安心して勉強できます(^_^)

    参照できるまでになりますように(祈)

    ありがとうございます!
返信/引用返信 削除キー/

■25463 / )  レシピ 『 ご飯 』
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 21:52:33)
453×340

9cdaf405437a030f408834577a503b09_t.jpeg
/130KB
返信/引用返信 削除キー/

■25462 / )  KDDI
□投稿者/ キティダニエル -(2022/08/09(Tue) 21:23:34)
    200円てのはナメてるねぇ。
返信/引用返信 削除キー/

■25461 / )  Re[79]: 人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/08/09(Tue) 21:12:03)
    画像が無くて、フラが溜まりそうだったみんなァ

    それではPART5へ、レッツゴーゥ
返信/引用返信 削除キー/

■25460 / )  Re[11]: チャレンジャー号 73秒の真実
□投稿者/ flora -(2022/08/09(Tue) 21:11:41)
    No25459に返信(塔晶夫さんの記事)
    > 「問題がいかに難しくても、その言葉は知的に鋭くわかりやすい。もったいぶった言葉使いや、「手の込んだウソ」や、曖昧にすることはない」
    >
    > ロサンゼルス・タイムス
    >
    > 「ファインマン計算機科学」おもしろい!

    ===========
    いいなあ〜ファインマン 日本語訳付けられるよ

    https://www.youtube.com/watch?v=iZFpArY9F1M

返信/引用返信 削除キー/

■25459 / )  Re[10]: チャレンジャー号 73秒の真実
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/09(Tue) 20:57:06)
    「問題がいかに難しくても、その言葉は知的に鋭くわかりやすい。もったいぶった言葉使いや、「手の込んだウソ」や、曖昧にすることはない」

    ロサンゼルス・タイムス

    「ファインマン計算機科学」おもしろい!
返信/引用返信 削除キー/

■25458 / )  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/09(Tue) 20:56:27)
    悪魔ちゃん、こんばんは!

    No25453に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■25443 、pipitさま、
    > カントのから離れちゃうみたいだけえど、ちょっと書いちゃうね。
    >
    > >何で種類を分類してるんやろうね<

    pipitが思ってたのは、カラスって、何をもって、カラスに分類されるのかなーって。


    > >分類も(人間にとっては)大変そうだね<
    > わたし、そう思ってない。
    > ”人間”は、世界を”理解するため”に、まず世界を「分類する」っていう作業をしてるんだと思う。<

    人間って、昆虫の種類とかすごく分類するやん?
    昆虫は、昆虫をどんな分類してるんかな,って思ったんよ。
    どんな分類してるんかな??


    > あ、ついでに、
    > No25433でわたしのいいたいこと、ちょっと抜けてた。
    > 〔「カラスは黒い」ではない〕っていう否定、
    > 「カラスは黒い」は肯定だから、
    > 〔「カラスは黒い」ではない〕は、
    > 肯定の否定とも言えるのかもね。<

    うん。

返信/引用返信 削除キー/

■25457 / )  うましかさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/09(Tue) 20:44:33)
    No25446に返信(うましかさんの記事)
    > pipitさん、こんばんはー
    >
    > 『三段論法 四格の誤った煩雑さ − マギスター・イマヌエル・カントによる証明』(1762年)
    >
    > https://korpora.zim.uni-duisburg-essen.de/Kant/aa02/045.html
    >
    > *******
    >
    > 論理学は(も)まったく分かりませんので、資料調査にとどめておきます
    > (;´・ω・)
    >
    >
    >
    > (/・ω・)/ 沼<

    うましかさん、資料教えてくださりありがとうございます!
    わたしも後で調べてみようと思います
    o(・x・)/

    わたしは、ちょっと関連ありそうな論文再発見しました(^_^)
    数学的帰納法 そのカント判断論との関連一
    田山令史先生

    https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BO/0085/BO00850L025.pdf

    難しいけど読むのチャレンジしてみようと思います(^○^)
返信/引用返信 削除キー/

■25456 / )  Re[11]: ブラ1など
□投稿者/ flora -(2022/08/09(Tue) 20:30:59)
    No25424に返信(田秋さんの記事)

    田秋さん、こんにちは!

    > ブラームスの1番は難しいか?と問われれば、テクニック的にはそれほどでもないけれど、音楽的には相当深く考えられていると思います。なので指揮者にとって気の抜けない作品じゃないかなと思います。
    >
    > とはいえ、プレーヤーにとっても簡単ではあっりません。最初の弦楽器とティンパニの張りつめた緊張感とその持続とさらなる高揚、ラザレフならここだけで1時間練習しそうです。
    >
    > これはカラヤン88年の日本公演です。
    > https://www.youtube.com/watch?v=g3krvIERTXg
    > 5分40秒くらいからのビオラのミレド、、ミレド、、というのも何気なく弾く段には全然難しくないのに指揮者がビオラの方を向いて、こちらも飛び出さないように、遅れないようにと思い始めると緊張してきます。旋律的なメロディだと横の流れが重要になりますが、こういうリズミックな動機的な旋律だと縦線の乱れが目立ちます。

    どうもありがとうございます。そっか、縦線というのがあるんですね。そうするとアブストラクトな曲は縦線を合わせるのが難しいのでしょうか?

    アバドのマーラーの最初の画面にサイモンラトルさんも映っていましたね

    ラトル+ベルリンフィルのブラ1でスコアつきのがありました。

    アップしますね

    https://www.youtube.com/watch?v=r8LhN7GN3q0

    > これの延長線上にマーラーの1番の終楽章の終わりの方の「ファソラ」があります。
    > https://www.youtube.com/watch?v=4XbHLFkg_Mw
    > これの52分5秒くらい。
    > こちらの方が10倍怖いです。

    アバドさん、必死にタクトを振られていますね。そして最後にはオケのみんなに喝采が行くようになさっていましたね。お人柄なんでしょうね。
    >
    > ブラ1の後に2番を聴くと、ベートーベンから解き放たれ自由を謳歌しているブラームスに出会います。
    > https://www.youtube.com/watch?v=J1yXun-HlSg&t=2s
    > アバド=ベルリンフィルの日本公演です。
    > 4楽章(32分28秒くらい)など、本当に「自由って素晴らしい!」って言っているように聞こえます。

    どうもありがとうございます。ベートーベントラウマだったんでしょうか^^; 
    >
    > ===
    > 写真は昨日の夕飯、ハモを調理してみました。真ん中の湯引きはうまくいきましたが、左の梅たれを塗ってアオジソを巻いて天ぷらにしたものはなんだかなーって感じになりました。原因は大体わかったので再挑戦です。

    亡くなった父も料理をする人だったんですが、はもの天ぷらを思い出しました。いいよね、こういう食事が出来るんですから。

    > 右上にあるオーブン皿の白っぽいものは鶏むね肉とほうれん草のグラタンですが、ペシャメルソースと溶けるチーズの載せ過ぎで見た目、何のディッシュかわからなくなりました。ただ怪我の功名でムネニクが程よく蒸し焼きになっていて、肉自体はしっとりとして美味しかったです。この料理は今までに何度も作っているのですが、これも再挑戦。ご飯にはとろろ芋がかかっています。

    おいしそうですよん、ほうれん草はあく抜きしてからですか? 胸肉は厚く、かつきちんと調理をしなければならないので、これも難しいです・・・

    とろろ芋大好き! 
返信/引用返信 削除キー/

■25455 / )  チャレンジャー号 73秒の真実
□投稿者/ flora -(2022/08/09(Tue) 20:16:15)
    御覧になられました? 我らが(^^)リチャードファインマンがスペースシャトル・チャレンジャーの爆発原因究明に乗り出すのですが・・・

    https://www.wowow.co.jp/detail/103664

    ウィリアムハートがファインマンを演じるのですが、ハートという俳優さん、上手なんでしょうけどカリスマ性ゼロ、一方のファインマンはすごくカリスマ性があると思う。。。

    ハンサムだよね〜本物


722×530 => 600×440

Feynman.jpg
/81KB
返信/引用返信 削除キー/

■25454 / )  Re[48]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ パニチェ -(2022/08/09(Tue) 20:02:38)
    No25439に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■25435 、
    > >ちなみに悪魔ちゃんにとっての哲学とか哲学者の定義ってどんな感じなん?<
    > 「哲学」は「フィロソフィア」で定義っていうか、わたしの意味としては、
    > 〈知ることを欲する〉っていうことね。
    > 「哲学者」は、〈知ることを欲する人間〉っていうことになるなかな。

    なるほど。

    > パニさん、こういう意味で、あなたもかつて乳幼児だったことは否定できないんじゃない?

    ごめん、この質問の文脈というか意図が分からない。
    こういう意味ってのは「知ることを欲する」ってことかな。
    そうなると上の質問は『「知ることを欲する」という意味で、パニチェもかつて乳幼児だったことは否定できないんじゃない?』ってことになるんだけど。。。
    わしどこかで乳幼児であったことを否定してたっけ?

    ちなみに以下は蛇足
    日常的にはかつて自分が乳幼児であった(であろう)ことは認めてるよ。
    ただ記憶もないし、直接的に確認もしようがないから認識論(哲学)的には「原理的に知り得ないことは知り得ない」ってことになるかな。
    自分の死も同じ。魂みたいなものがないとすれば私は私の死を原理的に知り様がない。

    私が直接知ってるは他人の死や他者としての乳幼児ってことになる。

返信/引用返信 削除キー/

■25453 / )  Re[5]: 分類
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/09(Tue) 19:59:45)
    ■25443 、pipitさま、
    カントのから離れちゃうみたいだけえど、ちょっと書いちゃうね。

    >何で種類を分類してるんやろうね<
    <種類>を分類する、っていうのよくわかんないけど、
    「人種」って言うのも一種の分類よね。
    白色人種、黄色人種、黒色人種、も肌の色によって種別してる「分類」の仕方じゃん。

    >分類も(人間にとっては)大変そうだね<
    わたし、そう思ってない。
    ”人間”は、世界を”理解するため”に、まず世界を「分類する」っていう作業をしてるんだと思う。

    人間の分類作業に、たとえば、
    「男性と女性」っていうのあるよね。
    これって、単に身体的特徴、凸凹があるかないか、卵子があるか精子があるか、みたいなんじゃない?

    「区別」ってあるよね。
    これって、「分類」の別名だと、わたし見てる。

    あ、ついでに、
    No25433でわたしのいいたいこと、ちょっと抜けてた。
    〔「カラスは黒い」ではない〕っていう否定、
    「カラスは黒い」は肯定だから、
    〔「カラスは黒い」ではない〕は、
    肯定の否定とも言えるのかもね。




返信/引用返信 削除キー/

■25452 / )  Re[50]: 直観
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/09(Tue) 19:07:44)
    わたしいまは、
    No25391のように「問いかけと直観」なんだけど、

    「直観」をどうしとかっかな〜って、
    いろいろ調べてるんだけど、
    ちょっとコトバンクからのを一部載せときます。

    ********
    (1)最新 心理学事典「直観」の解説
    〔直観とは,分析,比較対照や検証などなんらかの思考操作を経て間接的に対象の特質や関連性を認知・理解することではなく,直接的に知覚過程と一体となり,瞬間的に対象の特質や関連性,問題の意味や重要性を認知・理解する認識の一形式,およびその能力を指す。認識能力のうち直観がどう位置付けられるかは,古来,哲学者の間で議論されてきた。プラトンやデカルトは直観を高次の認識能力とみなしたが,反対にカントは低次の認識能力とみなしている。心理学でも,この面では十分な研究が行なわれていない。しかし,幼児期の認識の仕方は対象の知覚的特徴にとらわれて一般化,自動化,圧縮した瞬時の判断を行なうが,この段階の思考を直観的思考段階と位置付けて,分析的な思考操作を経る概念的・論理的思考に対比するものとみなしている。・・・・・〕

    (2)精選版 日本国語大辞典「直観」の解説
    〔&#12312;名&#12313; (Anschauung intuition の訳語) 言語や記号による論理的思考によらないで成立する直接の了解。また、了解した内容。哲学では、外界の対象の本質を直接認識する経験的な作用、カントやフッサールの経験によらずに、存在するものの本質、真理、特殊な思考対象を直接に認識する理性的作用、ベルグソンの対象を外側からでなく、内側からいっきょに共感によって認識する作用の三つに大別される。独仏哲学に関係した訳語ではおもに「直観」を用い、英米哲学関係では「直覚」を用いる傾向がある。〕

    (3)ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「直観」の解説
    〔直覚とも訳される。元来みることを意味する。推論的思考によらない直接的な知識獲得。日常使われる直観は勘と同様の意味の予感であり,憶測か無意識的な推論であって本来的な直観とはいえない。哲学では一般に直観とされるものに公理および推論の規則の認識がある (ともに性格上推論によっては得られない) 。倫理学では道徳的価値の認識は直観によるという説がある (J.バトラーら) 。直観は人間の認識能力に直接与えられた論理的検証の不可能な1次的かつ自立的認識である。カントは感覚的場面で直観をとらえて論理的認識と対立させ,ベルグソンは直観を対象と一体化する具体的認識と考えて,抽象的知性と対立させた。〕
    *************

    ってあった。

    (2)の〔フッサールの経験によらずに〕っていうとこはわたしどうかと思うけどね。

    pipitさまのおかげて、「直観」は〈感性〉の領域に属するもの、っていうので決定しました。

    二種類の「直観」がある、っていうことで、区別するための言表として「直覚」って言うのいいかもって。
    「感覚」「知覚」「直覚」、ほら「覚」で統一されてるし。

返信/引用返信 削除キー/

■25451 / )  Re[49]: 直観
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/09(Tue) 18:45:51)
    ■25441、pipitさま、ありがとございます。

    >人間の直観は、〈感性〉の領域に現れてるもの、とカントは(も?)考えてるみたい<
    で、わたしのもやもや、すこしなくなった感じ。

    >カントの場合は、感性的直観と知的直観って区別してて、<
    っていうところ、わたしもそんなの見てる。
    ”直観には二つある”っていうとこね。

    でも、ちょっと気になったのが、
    >人間の直観は、感性的直観、ってしてるみたい。<
    っていうところ。





返信/引用返信 削除キー/

■25450 / )  思考の全貌
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 13:50:19)
    長らく、マジモンは思考の最適度について考えてきた。
    それは何もしないダンゴムシ君のように、考えすぎて統合失調症になるのを
    恐れていたからである。
    正常な思考とは何か?という問いである。
    思考の最適度は、結局の所、思考の全貌が見えていなかったという結果です。

    思考の全貌

    ホワイトボードのような真っ白な面を6つ持った白いルービックキューブである。
    それを、ただシャカシャカと回しているに過ぎないと感じた。
    目に見える面は6面体の場合、角度によって、一面、二面、三面までである。
    また、視野が狭ければ、そのルービックキューブのある部位を見てるだけである。
    つまり、目に見える思考には、裏面がある。
    解釈が深くなるに従って、白いルービックキューブに大きさが大きくなる。
    6面体とは限らない。
    ルービックキューブの面にInputする方法が外因、内因どっちでもよい。
    思考本体に感情はない。

    問い掛けは、
    理解できないblock、矛盾のblock、代数(x,y)のblockの事だろう。

    これが思考の最適度、改め、思考の全貌だと思われる。
555×560

61JsoWJ2m-L._AC_SL1001_-555x560.jpg
/42KB
返信/引用返信 削除キー/

■25449 / )  深夜のつぶやきB
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 04:26:19)
    馬鹿と賢いについて

    猟犬の群れで、生を享受するを語っているが…、
    馬鹿を治すよりも、『 馬鹿になる空間 』を何とかした方がいいと思う。

    馬鹿になる空間に入れば、誰でも馬鹿になる。
    馬鹿になる空間を賢い空間に改善すれば、馬鹿は治ると思う。
返信/引用返信 削除キー/

■25448 / )  深夜のつぶやきA
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 04:22:41)
    ☆ 判断 ☆について語る。

    『 判断 』は人間の頭脳では、最も重要な要因なので語っておく。

    判断は、頭脳の大4機能のうちの一つで、大4機能は統合、調整、想像、判断。

    1時間で考えてからの判断と、1秒で判断は同じである。
    1時間で考えてからの判断は、大半は想像力で、判断力とは言えない。
    判断とは、結果が良ければいい。

    自動販売機の前で1秒で判断し、
    ジュースを買って、そのジュースが美味しければ良し。

    自動販売機の前で1時間かけて考えて、
    10本のジュースを買いなさいと指示され、
    10本とも同じジュースを買った場合、判断力があるとは言い難い。

    私なら、全て違う製品を1づつ合計10本買って、味比べをする。
    この味比べにより、『 新しい味 』を発見するだろう。
    経験済と未経験の判断も判断にうちになるだろう。
返信/引用返信 削除キー/

■25447 / )  深夜のつぶやき@
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 03:54:12)
    俺ね、今ね、飲まず食わずのフロビジャー状態で、
    やりたいことをやっている状態です。

    悪魔ちゃんの『 NO25165,25169,25391  』って、
    ルービックキューブだなって思った。

    メビウスリングの時から、マジモンは思考の最適度について考えてきたんだが、
    思考(分析?)とはルービックキューブであると言いたいな

    ☆動画 ルービックキューブ5×5
    https://www.youtube.com/watch?v=HnIvkD3TSpg

    このルービックキューブのプレイのどこが『 問い 』で、
    どこが『 問い掛け 』なのかが解かれば良いと思った。
返信/引用返信 削除キー/

■25446 / )  うましかメモ(´-`).。oO
□投稿者/ うましか -(2022/08/09(Tue) 01:02:37)
    pipitさん、こんばんはー

    『三段論法 四格の誤った煩雑さ − マギスター・イマヌエル・カントによる証明』(1762年)

    https://korpora.zim.uni-duisburg-essen.de/Kant/aa02/045.html

    *******

    論理学は(も)まったく分かりませんので、資料調査にとどめておきます
    (;´・ω・)



    (/・ω・)/ 沼


返信/引用返信 削除キー/

■25445 / )  猟犬の群れ C
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/09(Tue) 00:31:43)
    【 前回のあらすじ 】
    NO25402,25418,25431
    ――――――――――――――――――――――――――――――

    『 生を享受する 』のを、言葉で説明するのは難しい。

    基本、『 生きているのだから、何かしろ 』なんだが、
    その『 何か 』が何なのか?ってことだよね。

    ま、やりたい事があるって、どういう状態かっていうと…
    クラウドアトラスの『 飲まず食わずのフロビジャー 』だよね。

    食べるのを忘れるくらい、やりたい事がある。
    寝るのを忘れるくらい、やりたい事がある。
    死すら怖くないぐらい、やりたい事がある。
    こういうのが幸せだろうね。

    品質における『 やりたい事(実施) 』ってのは、
    どちらかというと隷的なもんなんだよ。
    だから、品質アレルギーがでるんだよね。

    < 私は奴隷ではない! >

    ってな感じで…。
    しかし、自分がやりたい事も、結局は品質が必要になってきますね。
    誠実さが必要ですから。


    『 死すら怖くないぐらい、俺はやりたい事がある 』ってのが、
    生を享受している状態かな
    ただ大人になると、他人や社会に迷惑をかけてはいけないので、
    ルールを守らなければいけないわね。




    生を享受していない人は、
    きっと殺人鬼の作り方にハマっているとおもんだわな。
    あまり、ニークラで『 殺人鬼の作り方 』を語りたくはないので言いませんが。

    ペンギンは鳥で非ず…。
    自分が鳥だと気づいたら、飛べやという話。

    大人になると自分が知った今までの常識が、歪な常識になっている。
    これは残念な事だが、知識での常識というよりも、
    魂の常識になっていて、他の業界の常識を、根拠なく疑ってしまう事が多い。
    常識は必要なんですが、常識が足かせにならないように調べる事が大事です。
642×429 => 600×400

Alaskan-Husky-7-Copiar.jpg
/46KB
返信/引用返信 削除キー/

■25444 / )  Re[78]: 人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/08/08(Mon) 23:57:58)
    少しづつ長文の投稿になってきたようで、回復の兆しがうかがえて嬉しいです。

    北海道や箱根の夏の旅行は、延期になりましたが、LOUIS VUITTONショップのガールフレンド達は、待ってまっせ〜。
返信/引用返信 削除キー/

■25443 / )  Re[10]: 「論理学」
□投稿者/ pipit -(2022/08/08(Mon) 23:14:56)
    悪魔ちゃん、こんばんは!
    悪魔ちゃん、論理的なこと、実は好きなん??

    No25433に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > お邪魔しま〜す、pipitさま、
    >
    > No25408の、
    > >カントはまず、論理学者の【判断の定義】に納得できない、と述べます<
    > につてなんだけど、
    >
    > 「判断」には、肯定と否定で見るって言うのあるみたいね。
    > (a)〔○○である〕は肯定の判断
    > (b)〔○○ではない〕は否定の判断
    > っていうことかな。
    >
    > 「論理学(導出学)」では「否定」っていうの問題みたい。
    >
    > たとえば、「○○」に「カラスは黒い」を入れて、
    > (a-1)肯定的判断では〔「カラスは黒い」である〕
    > (b-2)否定的判断では〔「カラスは黒い」ではない〕
    > ってなるよね、
    > でも、(b-2)からは「白いカラス」は導き出されないよね。
    > 黄色とか青色とか…みたいに、ひょっとしたら黒以外の色のカラスがいるかもしれないのね。
    > 「論理学」では〔○○ではない〕(=論理学での否定)では〔○○ではない〕以上のとは言わないことにしてるみたいよ。〔「カラスは黒い」ではない〕以上のことはいわない、っていうこと。
    >
    > 〔「カラスは黒い」ではない〕からは〔白いカラスが存在する〕は導き出せない、ってうことかな。
    >
    > わたし、カラスって黒いっていうイメージなんだけど、実際、白いカラスって存在するみたい。科学者?では「突然変異」でその説明してるみたいだけど、
    > じゃあ、「カラス」ってなあに?ってなるのね。

    白いカラス、私も見たことないなぁ
    何で種類を分類してるんやろうね。

    昆虫なんかは、いろんな種類がいっぱいあって、分類も(人間にとっては)大変そうだね。

返信/引用返信 削除キー/

■25442 / )  Re[9]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ pipit -(2022/08/08(Mon) 23:09:52)
    おくたがわさん、こんばんは!

    No25430
    > 特称命題は存在命題とも呼ばれる
    > 『とあるカラスが黒い』ということは『(少なくとも一羽は)黒いカラスが存在する』ということと同じなので。<

    知りませんでしたΣ(・□・;)

    それで悪魔ちゃんが、「存在する」って言葉を話題にしてたのかなー


    > 全称命題の否定は、存在命題になります
    > 『「すべてのカラスは黒い」ということはない』 ⇔『黒くないカラスがいる・あるカラスは黒くない』
    > 存在命題の否定は全称命題になります。
    > 『「黒いカラスがいる・あるカラスは黒い」ということはない』 ⇔『すべてのカラスは[黒くない]』
    >
    > 以上は「全称」を否定したり「特称」を否定することになっています。
    >
    >
    > 以上の「全称命題の否定」とは別に「全称否定命題」という言葉が出てきました
    > 「すべてのカラスは[白くない]」
    > 主語の部分が全称で述語部分が否定形の命題を指すと思われます。
    > この場合は「全称」を否定しているのではなく、「白い」を否定しているもの。ゆえに「全称命題」には違いない。
    >
    > 特称否定命題も同じく
    > 「あるカラスは[白くない]」 
    > これは「白くないカラスが存在する」と同義。特称部分は否定していない。
    >
    > そういえば、さっきの全称命題の否定は特称否定命題に、特称命題の否定は全称否定命題になってる。。
    >
    > ************
    >
    > 今回話題になっている直接推論
    > 「すべてのカラスは黒い」⇒「あるカラスは黒い・黒いカラスが存在する」
    > 全カラスが黒いことが真なら当然、黒いカラスが存在することも真になるので、他の前提を加えないで(直接)導ける
    >
    > pipitさんの紹介からすると 「限定換位・減量換位」という種類の直接推論であるもよう。
    > 「全部」から「とある・少なくとも一羽以上」を導くので、量を減らしているということでしょう。
    >
    > 上記例では、逆方向の
    > 「黒いカラスが存在する」から「すべてのカラスが存在する」を導くことはできない。
    >
    > が、両方向を導けるものもある
    >
    >>「ある男性は水泳選手である」から「ある水泳選手は男性である」を導いたり(単純換位)
    >
    > この場合「ある水泳選手は男性である」から「ある男性は水泳選手である」を導ける
    > これはどちらも「水泳選手であり男性である人物が存在する」「ある人物は水泳選手であり男性である」ということ。
    > 別な例で、
    > 「ガブリエルは不死である」⇔「ある不死なるものはガブリエルである」
    > これも前者から後者、後者から前者と双方向に導ける。

    なんとなく(集合)とかのイメージ湧きます。

    論理、難しいけど、おもしろそうです。けど、やっぱり、ややこしそうかなー(^^;;
返信/引用返信 削除キー/

■25441 / )  直観
□投稿者/ pipit -(2022/08/08(Mon) 22:55:46)
    悪魔ちゃん、おじゃまー (^○^)

    No25391
    >いろいろみたんだけど、「直観intuition」っていうのはどうやら〈感性〉の領域に現れてるものを指しているみたいなんだけど、
    いや、そうじゃないよ、っていうのがあたら言って。<

    カントの場合は、感性的直観と知的直観って区別してて、
    人間の直観は、感性的直観、ってしてるみたい。

    人間の直観は、〈感性〉の領域に現れてるもの、とカントは(も?)考えてるみたい。
    (^ ^)

返信/引用返信 削除キー/

■25440 / )  Re[77]: 人生消化試合
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/08(Mon) 21:14:13)
    躁病の時に狂ったように貼り付けたので。
返信/引用返信 削除キー/

■25439 / )  Re[47]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/08(Mon) 21:12:53)
    ■25435 、
    >ちなみに悪魔ちゃんにとっての哲学とか哲学者の定義ってどんな感じなん?<
    「哲学」は「フィロソフィア」で定義っていうか、わたしの意味としては、
    〈知ることを欲する〉っていうことね。
    「哲学者」は、〈知ることを欲する人間〉っていうことになるなかな。

    パニさん、こういう意味で、あなたもかつて乳幼児だったことは否定できないんじゃない?
返信/引用返信 削除キー/

■25438 / )  さっぱり意味がわからないので
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/08(Mon) 21:12:36)
    今回も答えようがない。

    怒らせるくらいのわかりやすさがほしいね。

    本人はドヤ顔なんだろうけど。

    誰か翻訳してくれないかなー
返信/引用返信 削除キー/

■25437 / )  人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/08/08(Mon) 21:08:39)
    ゴーギャンの絵画一つで84KB使ってるから、ここはもう無理かも知れませんね。
返信/引用返信 削除キー/

■25436 / )  Re[7]: なにが楽しいのか?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/08(Mon) 21:03:49)
    お邪魔しちゃうよ〜

    >欲望を社会公認の範囲に縮小するという超つまらない人生だった<
    言いかえて、
    <社会公認の範囲に縮小するという欲望、超つまらない人生だった>
    どう?塔晶夫さん。

    でも、違うよね、<そこ>じゃない「欲望」がある限り。
返信/引用返信 削除キー/

■25435 / )  Re[47]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ パニチェ -(2022/08/08(Mon) 20:50:28)
    No25413に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ところで、
    > ニーチェって「哲学者」って呼ばれてるみたいだけど、
    > ホントなのかしら?

    道徳を論じるのが哲学に含まれるならニーチェは哲学者になるやろね。
    もっともニーチェ自身も哲学者や哲学批判をしているから自分が哲学者とラベリングされることを是とするか非とするかは分からん。
    ちなみに悪魔ちゃんにとっての哲学とか哲学者の定義ってどんな感じなん?


返信/引用返信 削除キー/

■25434 / )  SEXを3億年続けたバカ生物
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/08(Mon) 20:44:37)
    それがゴキブリ。要するに進歩ゼロ。
    あと日本列島の周囲の深海には4兆匹のクモヒトデがいる。
    こいつらは偉いのか?

    ただ生きてりゃいいんだという態度を続けると人類はゴキブリやクモヒトデにまで後退するぞ!
返信/引用返信 削除キー/

■25433 / )  Re[9]: 「論理学」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/08(Mon) 20:43:56)
    お邪魔しま〜す、pipitさま、

    No25408の、
    >カントはまず、論理学者の【判断の定義】に納得できない、と述べます<
    につてなんだけど、

    「判断」には、肯定と否定で見るって言うのあるみたいね。
    (a)〔○○である〕は肯定の判断
    (b)〔○○ではない〕は否定の判断
    っていうことかな。

    「論理学(導出学)」では「否定」っていうの問題みたい。

    たとえば、「○○」に「カラスは黒い」を入れて、
    (a-1)肯定的判断では〔「カラスは黒い」である〕
    (b-2)否定的判断では〔「カラスは黒い」ではない〕
    ってなるよね、
    でも、(b-2)からは「白いカラス」は導き出されないよね。
    黄色とか青色とか…みたいに、ひょっとしたら黒以外の色のカラスがいるかもしれないのね。
    「論理学」では〔○○ではない〕(=論理学での否定)では〔○○ではない〕以上のとは言わないことにしてるみたいよ。〔「カラスは黒い」ではない〕以上のことはいわない、っていうこと。

    〔「カラスは黒い」ではない〕からは〔白いカラスが存在する〕は導き出せない、ってうことかな。

    わたし、カラスって黒いっていうイメージなんだけど、実際、白いカラスって存在するみたい。科学者?では「突然変異」でその説明してるみたいだけど、
    じゃあ、「カラス」ってなあに?ってなるのね。















返信/引用返信 削除キー/

■25432 / )  なにが楽しいのか?
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/08(Mon) 20:38:21)
    ・27億円を手に入れた
    ・スーパーモデルと結婚した
    ・ドバイとシンガポールにタワマン所有
    ・世界遺産すべて旅行した
    ・全世界のうまいものを毎日死ぬまで食える

    これね、正直に言うぞ。ゴミだよ。なんの感動もないと思う。
    だからなんなんだの世界。そんなもんで解決するなら全世界の
    鬱病患者は苦労しない。欲望のないところにはやることもない。

    結局欲望を持てる人間は足るを知る人間といえる。
    死者を蘇らせろとか50000年後を見せろとか騒いでる野郎に明日はない。
    鬱病以前から欲望が社会公認の欲望から離れているため苦労してきたんだから。

    欲望を社会公認の範囲に縮小するという超つまらない人生だった。




返信/引用返信 削除キー/

■25431 / )  猟犬の群れ B
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/08(Mon) 19:24:02)
    【 前回のあらすじ 】
    NO25402,25418
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ♪ Breed − Nirvana
    https://www.youtube.com/watch?v=tGc8jL4dzao

    このニークラには、何もしないダンゴムシ君がいるじゃないですか?

    ま、私は全く彼のトピは読んでいないのですが、
    相変わらず、きっと誰も読んでいない『 文章 』をばっか書いているのだろうと
    思うんだよね。

    ま、12年かけて、死ぬほどアドバイスしてきたから、
    もう、義理もへったクソもないですが…

    『 生を享受する 』

    これに尽きる?
    ま、死んだ俺の親父のように余命宣告を受けてから、
    命を燃やすなんてもんは馬鹿だよ、馬鹿。

    人の役に立てばいいと思う。

    ワンコ共の面構えから見ても、最終目的がわかるはずもないのに、
    細胞レベルで、何かしらの目的はあると思っているんだろうな…。
    これが内なる声かね?


    何もしない…、
    口ばっか…、
    独りじゃなにもできない…、
    物真似師…
    なにか実行するとすぐ失敗する…

    これが内なる帝国かね?
    プロセスが理解していないんだと思うんだわ。

    ワンコすら役に立っている (笑)
    猟犬は猛者やで。

1420×800 => 600×338

1659954242.jpg
/128KB
返信/引用返信 削除キー/

■25430 / )  Re[8]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/08(Mon) 19:02:55)
    こんばんは
    今回の話で全称・特称出てるし、アイドル悪魔ちゃんも「すべて」と「存在する」という題で投稿しているので、ちょっと書きます。知ってる人には役に立たず、知らない人には面白くない投稿。
    それと「直接推論」


    全称命題
    「すべてのカラスは黒い」
    「すべての天使は不死である」
    特称命題
    「あるカラスは黒い」
    「ある天使は不死である」

    特称命題は存在命題とも呼ばれる
    『とあるカラスが黒い』ということは『(少なくとも一羽は)黒いカラスが存在する』ということと同じなので。

    「あるカラスは黒い」-「黒いカラスが存在する」
    「ある天使は不死である」-「不死である天使が存在する」
    右と左は言葉による表現の仕方が違うだけで、どれも特称命題(=存在命題)

    *****
    全称命題の否定は、存在命題になります
    『「すべてのカラスは黒い」ということはない』 ⇔『黒くないカラスがいる・あるカラスは黒くない』
    存在命題の否定は全称命題になります。
    『「黒いカラスがいる・あるカラスは黒い」ということはない』 ⇔『すべてのカラスは[黒くない]』

    以上は「全称」を否定したり「特称」を否定することになっています。


    以上の「全称命題の否定」とは別に「全称否定命題」という言葉が出てきました
    「すべてのカラスは[白くない]」
    主語の部分が全称で述語部分が否定形の命題を指すと思われます。
    この場合は「全称」を否定しているのではなく、「白い」を否定しているもの。ゆえに「全称命題」には違いない。

    特称否定命題も同じく
    「あるカラスは[白くない]」 
    これは「白くないカラスが存在する」と同義。特称部分は否定していない。

    そういえば、さっきの全称命題の否定は特称否定命題に、特称命題の否定は全称否定命題になってる。。

    ************

    今回話題になっている直接推論
    「すべてのカラスは黒い」⇒「あるカラスは黒い・黒いカラスが存在する」
    全カラスが黒いことが真なら当然、黒いカラスが存在することも真になるので、他の前提を加えないで(直接)導ける

    pipitさんの紹介からすると 「限定換位・減量換位」という種類の直接推論であるもよう。
    「全部」から「とある・少なくとも一羽以上」を導くので、量を減らしているということでしょう。

    上記例では、逆方向の
    「黒いカラスが存在する」から「すべてのカラスが存在する」を導くことはできない。

    が、両方向を導けるものもある

    > 「ある男性は水泳選手である」から「ある水泳選手は男性である」を導いたり(単純換位)

    この場合「ある水泳選手は男性である」から「ある男性は水泳選手である」を導ける
    これはどちらも「水泳選手であり男性である人物が存在する」「ある人物は水泳選手であり男性である」ということ。
    別な例で、
    「ガブリエルは不死である」⇔「ある不死なるものはガブリエルである」
    これも前者から後者、後者から前者と双方向に導ける。
返信/引用返信 削除キー/

■25429 / )  Re[46]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/08(Mon) 18:50:20)
    ■25422、
    >誰に訪ねているのか?<
    これって、
    <いや、そうじゃないよ、っていうのがあたら言って>
    っていうところに対して?
    だとしたら、できればカントのを理解しようとしている人にかな。

    >悪魔ちゃん自身は、
    NO25165,25169,25391 を理解してますか?

    う〜ん、理解っていうより、雰囲気的にね。
    わたしメルポンとは長いつきあいだし。

    マジモンさん、見てくれてて、なんか言ってくれてありがと。

返信/引用返信 削除キー/

■25428 / )  さらば、クリスタルボーイ
□投稿者/ アートポット -(2022/08/08(Mon) 18:11:10)
    次元、クリスタルボーイ、デラーズ、ルビンスキー、村田三兄弟の長兄の村田源一郎、の声優さん亡くなられてにて、


    (´・ω・`)
返信/引用返信 削除キー/

■25427 / )  おくたがわさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/08(Mon) 16:15:43)
    No25423
    おくたがわさん、こんにちは!
    この箇所、けっこうおもしろいですよね(*^ω^*)

    でも、、、

    >しかしカントは、その19通りについても第一格のものさえあれば他は直接推論で導出できると主張しているんじゃないかなぁ。
    上記リンクの具体例にあたってみればいいのですが、今は根気がないので遠慮…<

    私も同じような気分でしたー (^◇^;)

    なんとなく、妥当例は第一格の妥当な形式に換言?できるんじゃないかと、、、

    でも、、、カントやから、、、、

    カントの文章って、いいかげんやら厳密やら、さっぱりわからんから、、

    ひどいですよね (T . T)ヌマ


返信/引用返信 削除キー/

■25426 / )  Re[5]: 後悔と自責の哲学
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/08(Mon) 15:15:07)
    哲学的おしゃべりは果てしなく拡散していきますが
    その中から使えるものが個別の技術として抽出されていくようです。
    哲学がなにか具体的な問題を解決したというのは聞いたことないです。
    捨てられた考えが2000年後に再生されたりするので油断なりません。

    有効な哲学的おしゃべり+技術(物理・数学・実験...)

    ただ哲学のない物理もSF的アイデアの羅列に陥るので難しいところです。
返信/引用返信 削除キー/

■25425 / )  これ和食の真実 どこでも僧侶(笑)
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/08(Mon) 14:39:04)
    2022/08/08(Mon) 16:27:37 編集(投稿者)

    和食には真実がある。
    和食とは、なんぞと問われれば、一汁一彩であり、
    これは『 どこでもドア 』のような『 どこでも和食 』の原型である。
    日本人に誇りをもてとは言わないが、この一汁一彩が日本食の基礎である。

    現代はどうだ?というと、一汁三彩が原型で
    これは糖尿病防止の推奨する料理の型であるね。
    アホは何も知らず、ただただ作るだけだが、
    『 食 』の量はもう決まっているのだ。

    1. 主食 主にご飯、主に炭水化物
    2. 1汁 味噌汁
    3. 1彩目 おかず、タンパク質
    4. 2彩目 サラダ
    5. 3彩目 ご飯に合う野菜料理

    https://food.yaesu-life.com/wp-content/uploads/2018/07/nikoraku1_1.jpg

    極める順番が決まってくるよね。

    ・ ご飯などの炭水化物
    ・ 味噌汁
    ・ 野菜料理

    まず、この3つをしなければいけない。
    マジモンが今、タンパク質で購買を決めろと言っているが、
    あくまでも、これは『 献立 』の話。
    タンパク質は基本、後回しである (笑)
570×427

uXDQ4ZR6epkSsac_U2uYP_258.jpeg
/20KB
返信/引用返信 削除キー/

■25424 / )  ブラ1など
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/08(Mon) 09:56:19)
    おはようございます、floraさん

    ブラームスの1番は難しいか?と問われれば、テクニック的にはそれほどでもないけれど、音楽的には相当深く考えられていると思います。なので指揮者にとって気の抜けない作品じゃないかなと思います。

    とはいえ、プレーヤーにとっても簡単ではあっりません。最初の弦楽器とティンパニの張りつめた緊張感とその持続とさらなる高揚、ラザレフならここだけで1時間練習しそうです。

    これはカラヤン88年の日本公演です。
    https://www.youtube.com/watch?v=g3krvIERTXg
    5分40秒くらいからのビオラのミレド、、ミレド、、というのも何気なく弾く段には全然難しくないのに指揮者がビオラの方を向いて、こちらも飛び出さないように、遅れないようにと思い始めると緊張してきます。旋律的なメロディだと横の流れが重要になりますが、こういうリズミックな動機的な旋律だと縦線の乱れが目立ちます。

    これの延長線上にマーラーの1番の終楽章の終わりの方の「ファソラ」があります。
    https://www.youtube.com/watch?v=4XbHLFkg_Mw
    これの52分5秒くらい。
    こちらの方が10倍怖いです。

    ブラ1の後に2番を聴くと、ベートーベンから解き放たれ自由を謳歌しているブラームスに出会います。
    https://www.youtube.com/watch?v=J1yXun-HlSg&t=2s
    アバド=ベルリンフィルの日本公演です。
    4楽章(32分28秒くらい)など、本当に「自由って素晴らしい!」って言っているように聞こえます。

    ===
    写真は昨日の夕飯、ハモを調理してみました。真ん中の湯引きはうまくいきましたが、左の梅たれを塗ってアオジソを巻いて天ぷらにしたものはなんだかなーって感じになりました。原因は大体わかったので再挑戦です。
    右上にあるオーブン皿の白っぽいものは鶏むね肉とほうれん草のグラタンですが、ペシャメルソースと溶けるチーズの載せ過ぎで見た目、何のディッシュかわからなくなりました。ただ怪我の功名でムネニクが程よく蒸し焼きになっていて、肉自体はしっとりとして美味しかったです。この料理は今までに何度も作っているのですが、これも再挑戦。ご飯にはとろろ芋がかかっています。
1000×750 => 600×450

hamo.jpg
/209KB
返信/引用返信 削除キー/

■25423 / )  Re[9]: pipitさんへ
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/08(Mon) 08:12:13)
    No25420に返信(pipitさんの記事)
    おはようございます!

    > 『三段論法の形式の妥当性についての具体的な検証作業の進め方とは?デカルトの方法的懐疑に基づく網羅的アプローチ』
    >
    > https://information-station.xyz/7688.html
    >
    > 抜粋引用開始
    > 『前回の記事で書いたように、三段論法の形式は、三段論法のうちに含まれている大概念(P)・小概念(S)・媒概念(M)という三つの概念の配置のあり方と、
    > 大前提・小前提・結論というそれぞれの命題における全称肯定命題(A)・特称肯定命題(I)・全称否定命題(E)・特称否定命題(O)という四通りずつの命題形式の区分のあり方に基づいて、
    > 全部で256通りの格式へと分類することができると考えられることになります。』
    > 抜粋引用終了

    全称・特称のそれぞれに肯定・否定があるので -- 2×2=4
    大前提・小前提・結論のそれぞれに上の4種がありうるので、4の3乗 -- 64
    これらそれぞれに4つの格(中概念の位置の組み合わせ4とおり)があるので 64×4=256

    計算合いました!!

    カントが退屈とか飽き飽きするとまで訳せる形容詞を使ったとすれば、4格だけでなく、上の分類まで視野に入れていたのかな。

    > とあり、他ページなどを読むに、
    > どうもその256通りを網羅的に検証して、
    > 前提が真で結論も真のパターンを24通り選び出してるみたいです。

    自動的に判断する方法はない、と。

    > 『24種類の妥当な三段論法の形式のまとめとそれぞれの格式を用いた推論の具体例』
    >
    > https://information-station.xyz/7736.html
    >
    > ===============
    > カントの時代はどうだったのか私にはわかりませんが、
    >
    > 『三段論法の格式覚え歌(Barbara, Celarent, Darii, Ferio…)におけるラテン語の19個の単語と19通りの推論形式との対応関係』
    >
    > https://information-station.xyz/7742.html
    >
    > には、
    > 抜粋引用開始※()はpipitの挿入
    > 『前回まとめたように、前提が真であれば結論も必然的に真となる妥当な三段論法の形式には、全部で256通りの形式的に可能な三段論法の格式のうち、
    > 以下に記した24通りの格式が該当することになります。
    > 第一格AAA式、(第一格AAI式)、第一格AII式、&#8232;第一格EAE式、(第一格EAO式)、第一格EIO式、
    > 第二格AEE式、(第二格AEO式)、第二格AOO式、&#8232;第二格EAE式、(第二格EAO式)、第二格EIO式、
    > 第三格AAI式、 第三格AII式、第三格IAI式、&#8232;第三格EAO式、第三格EIO式、第三格OAO式、
    > 第四格AAI式、第四格AEE式、(第四格AEO式)、&#8232;第四格IAI式、第四格EAO式、第四格EIO式
    > そして、上記の24通りの格式のうち、
    > 直前に位置する格式に大小対当(全称命題が真ならば特称命題も真となる関係)を適用する直接推論によって比較的に簡単に導出できる5つの格式を除いた全部で19通りの三段論法の形式は、
    > 中世のスコラ哲学におけるような伝統的な論理学の教程においては、正しい演繹的推論を行うためにしっかり覚えておくことが必要な推論の形式であるとみなされていて、
    > 当時のヨーロッパでは、こうした19通りの三段論法の形式をすべて暗記するためのラテン語の覚え歌のようなものも広く流布していました。』
    > 抜粋引用終了
    >
    > とありました。
    >
    > ===============

    憶え歌という発想! 面白そう。

    >>直前に位置する格式に大小対当(全称命題が真ならば特称命題も真となる関係)を適用する直接推論によって比較的に簡単に導出できる5つの格式を除いた<
    >
    > の5つの格式とは、pipitが↑引用で挿入した()の格式で、例えば(第一格AAI式)は、直前の格式・第一格AAA式の結論部分が直接推論により真なる別バージョンが導出されていることかなと思いました。


    > 抜粋引用開始
    > 『(1) 第一格AAA式&#8232;大前提:すべての哺乳類は動物である。=真&#8232;小前提:すべての人間は哺乳類である。=真&#8232; 結論:ゆえに、すべての人間は動物である。=真
    > (2) 第一格AAI式&#8232;大前提:すべての哺乳類は動物である。=真&#8232;小前提:すべての人間は哺乳類である。=真&#8232; 結論:ゆえに、ある人間は動物である。=真』

    これで見ると Aは全称の肯定 Iが特称の肯定、それで結論部だけがそういう風に違っていることが表現できるのですね。面白い。
    4種類のアルファベット3個並べて4の3乗とおり×格4=256の形式が表現できるのですね。

    上記例のAがIに変わるの以外に 結論部のEがOに変わるのも『大小対当(全称命題が真ならば特称命題も真となる関係)を適用する直接推論』であると。
    ここでリンク参照 
    全称肯定命題(A)・特称肯定命題(I)・全称否定命題(E)・特称否定命題(O)

    すると
    全称否定命題とは主語の部分が全称で述語が否定形のことか… 全称命題の否定ではなく。

    全称否定「すべてのクジラは[魚類でない]」(=魚類であるようなクジラはいない) ⇒特称否定「あるクジラは[魚類でない]」

    (ちなみに全称命題の否定になると
    「[すべてのクジラが魚類である]ということはない」=魚類でないようなクジラもいる
    話が全然違ってきます。)

    まさにpipitさんがお考えのように
    『直前の格式の結論部分が直接推論により真なる別バージョンが導出されている』ものが五つで、それは暗記しなくても導けるので除外したのでしょうね。


    憶え歌も見ました。考え方面白い。


    > https://information-station.xyz/7736.html
    >
    >
    > >全部で19通りの三段論法の形式は、
    > 中世のスコラ哲学におけるような伝統的な論理学の教程においては、正しい演繹的推論を行うためにしっかり覚えておくことが必要な推論の形式であるとみなされていて、<
    >
    > 妥当性のある形式を使い、神様の存在証明などを試みていたのかな?と想像しました。

    しかしカントは、その19通りについても第一格のものさえあれば他は直接推論で導出できると主張しているんじゃないかなぁ。
    上記リンクの具体例にあたってみればいいのですが、今は根気がないので遠慮…

    > ===============
    >
    > まあ、なんにしろ、カントの不親切な書き方で、たくさんの読者が困惑してる気がしますね
    > (ー ー;)
    >
    > いろいろとても勉強になります!ありがとうございます(*^▽^*)

    こちらこそ、とても勉強になるし面白いです。適切なフォローや情報紹介ありがとうございます!
返信/引用返信 削除キー/

■25422 / )  Re[45]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/08(Mon) 05:32:46)
    2022/08/08(Mon) 14:46:25 編集(投稿者)

    No25391に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > メルポンの『見えるものと見えないもの』の訳本で、
    >
    > 滝沢静雄、木田元共訳と山中元訳のを今タイピングして考えてるんだけど、
    > 「絡み合い」のタイピンんぐは終わったので、今は「問いかけと直観」に取り組んでる。
    >
    > 同じところと思われる、この書き出しの一節をまた書き写うして見ますね。
    >
    > 滝沢静雄/木田元共訳では、
    > ********
    > 哲学は、間隙を少しずつ埋めていくというような問いを立てたり、答えをもたらしたりするものではない。問いはわれわれの歴史の内部になるのだ。問いはわれわれの生と歴史の内部で生まれ、そこで死んでいくのであって、もし問いに答えが見いだされたとすれば、問いは大抵の場合そこで変貌するが、いずれにしても、問いというこの大きな口に、経験と知の過去はいつかは呑み込まれてしまうのである。哲学は、文脈を所与のものとしては受け取らず、問いの起源と意味、答えの意味、問う者の身元を求めて立ち帰るのであり、そのようにして哲学は、あらゆる認識上の問いを生気づけてはいるがそれとは別な種類の問いかけにたどりつくのである。
    > ********
    >
    > 山中元訳では、
    > *********
    > 哲学とは、問いを提起し、この問いに答えることで、欠けていた空白部分が少しづつ埋まっていくという性質のものではない。問いとは、人間の生と人間の歴史の内側に属するものであり、ここで生まれ、ここで死ぬ。問いに解答が見つかると、問いそのものが姿を変えてしまうことも多い。いずれにせよ、空虚な欠落部分に到達するのは、経験と知の一つの過去である。哲学は文脈を所与のものとして受け取ることはない。哲学は問いの起源と意味を探るために、答えの意味、問い掛ける者の身分を探るために、文脈に立ち戻る。そしてそこから、すべての知識への問いを活気づけている〈問い掛け〉へと至るのである。〈問い掛け〉とは、問いとは異なるものである。
    > *********
    >
    > いろいろみたんだけど、「直観intuition」っていうのはどうやら〈感性〉の領域に現れてるものを指しているみたいなんだけど、
    > いや、そうじゃないよ、っていうのがあたら言って。


    誰に訪ねているのか?


    【 追加 】

    悪魔ちゃんには感謝しているが、悪魔ちゃん自身は、
    NO25165,25169,25391 を理解してますか?
返信/引用返信 削除キー/

■25421 / )  Re[19]: 一つ一つが、君の人生にて
□投稿者/ アートポット -(2022/08/08(Mon) 01:52:10)
    数ヶ月前に、
    父親「お前ん家は、社会主義だ。。」

    何者かが父親に嫌味を言って、それを思い出して独り言らしい。

    日曜日に、
    父親「示談に百万。。」

    僕「最近、何者かが示談金、示談に百万円って父親に話にたにょ?」

    父親「えっ、言われてないぞ。」

    僕「数ヶ月前に、お前ん家は、社会主義だって言われてにてある?」

    父親「うちは、社会主義でもないし、資本主義でもないぞ。」

    僕「民主主義にてにょ。」

    父親「どうしてこんなにもつまらない人生になったのか。良いことなんて何もない。。」

    僕は、毎日、泣いたり、叫んだりだけど、ホントに泣きたいのは、父親のほうなのかもしれない。

    (´・ω・`)
返信/引用返信 削除キー/

■25420 / )  おくたがわさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/08(Mon) 00:05:23)
    2022/08/08(Mon) 00:23:09 編集(投稿者)
    2022/08/08(Mon) 00:10:45 編集(投稿者)
    2022/08/08(Mon) 00:07:57 編集(投稿者)

    おくたがわさん、こんばんは!

    No25416
    おくたがわさんの投稿を読んで、各例などをちゃんと論理的に考えてみたいなと思ったものの、まだ全然考えられてないのですが、
    TANTANさんのページに、

    『三段論法の形式の妥当性についての具体的な検証作業の進め方とは?デカルトの方法的懐疑に基づく網羅的アプローチ』

    https://information-station.xyz/7688.html

    抜粋引用開始
    『前回の記事で書いたように、三段論法の形式は、三段論法のうちに含まれている大概念(P)・小概念(S)・媒概念(M)という三つの概念の配置のあり方と、
    大前提・小前提・結論というそれぞれの命題における全称肯定命題(A)・特称肯定命題(I)・全称否定命題(E)・特称否定命題(O)という四通りずつの命題形式の区分のあり方に基づいて、
    全部で256通りの格式へと分類することができると考えられることになります。』
    抜粋引用終了

    とあり、他ページなどを読むに、
    どうもその256通りを網羅的に検証して、
    前提が真で結論も真のパターンを24通り選び出してるみたいです。

    『24種類の妥当な三段論法の形式のまとめとそれぞれの格式を用いた推論の具体例』

    https://information-station.xyz/7736.html

    ===============
    カントの時代はどうだったのか私にはわかりませんが、

    『三段論法の格式覚え歌(Barbara, Celarent, Darii, Ferio…)におけるラテン語の19個の単語と19通りの推論形式との対応関係』

    https://information-station.xyz/7742.html

    には、
    抜粋引用開始※()はpipitの挿入
    『前回まとめたように、前提が真であれば結論も必然的に真となる妥当な三段論法の形式には、全部で256通りの形式的に可能な三段論法の格式のうち、
    以下に記した24通りの格式が該当することになります。
    第一格AAA式、(第一格AAI式)、第一格AII式、&#8232;第一格EAE式、(第一格EAO式)、第一格EIO式、
    第二格AEE式、(第二格AEO式)、第二格AOO式、&#8232;第二格EAE式、(第二格EAO式)、第二格EIO式、
    第三格AAI式、 第三格AII式、第三格IAI式、&#8232;第三格EAO式、第三格EIO式、第三格OAO式、
    第四格AAI式、第四格AEE式、(第四格AEO式)、&#8232;第四格IAI式、第四格EAO式、第四格EIO式
    そして、上記の24通りの格式のうち、
    直前に位置する格式に大小対当(全称命題が真ならば特称命題も真となる関係)を適用する直接推論によって比較的に簡単に導出できる5つの格式を除いた全部で19通りの三段論法の形式は、
    中世のスコラ哲学におけるような伝統的な論理学の教程においては、正しい演繹的推論を行うためにしっかり覚えておくことが必要な推論の形式であるとみなされていて、
    当時のヨーロッパでは、こうした19通りの三段論法の形式をすべて暗記するためのラテン語の覚え歌のようなものも広く流布していました。』
    抜粋引用終了

    とありました。

    ===============

    > 直前に位置する格式に大小対当(全称命題が真ならば特称命題も真となる関係)を適用する直接推論によって比較的に簡単に導出できる5つの格式を除いた<

    の5つの格式とは、pipitが↑引用で挿入した()の格式で、例えば(第一格AAI式)は、直前の格式・第一格AAA式の結論部分が直接推論により真なる別バージョンが導出されていることかなと思いました。

    抜粋引用開始
    『(1) 第一格AAA式&#8232;大前提:すべての哺乳類は動物である。=真&#8232;小前提:すべての人間は哺乳類である。=真&#8232; 結論:ゆえに、すべての人間は動物である。=真
    (2) 第一格AAI式&#8232;大前提:すべての哺乳類は動物である。=真&#8232;小前提:すべての人間は哺乳類である。=真&#8232; 結論:ゆえに、ある人間は動物である。=真』

    https://information-station.xyz/7736.html


    >全部で19通りの三段論法の形式は、
    中世のスコラ哲学におけるような伝統的な論理学の教程においては、正しい演繹的推論を行うためにしっかり覚えておくことが必要な推論の形式であるとみなされていて、<

    妥当性のある形式を使い、神様の存在証明などを試みていたのかな?と想像しました。

    ===============

    まあ、なんにしろ、カントの不親切な書き方で、たくさんの読者が困惑してる気がしますね
    (ー ー;)

    いろいろとても勉強になります!ありがとうございます(*^▽^*)


返信/引用返信 削除キー/

■25419 / )  Re[4]: 後悔と自責の哲学
□投稿者/ flora -(2022/08/08(Mon) 00:04:16)
    No25404に返信(塔晶夫さんの記事)

    > 哲学の限界が出ている本だった。
    >
    > 勝手な用語をつくりあげてそれを分類し単純化しただけ。
    >
    > そのパターンの哲学書が多すぎる。
    >
    > 世界が単純化できなにかに還元できるなどという楽観性。
    >
    > 数学の世界ではその段階をとっくに脱したのになにをやっているのか。

    こんにちは〜

    S.ホーキングさんは『グランドデザイン』(2010)の第一章、それも冒頭に「哲学は死んだ」と書いています。 

    要するに私たちの疑問「どうすれば、この世界を理解できるのか?
    宇宙はどうなっているのか?宇宙はどのように動いているのか?現実とは何なのか?この世界はどこから来たのか?宇宙には創造主が必要だったのだろうか?」等々の、私たちの知識の探求の担い手だったはずが、歴史の中で、古典的な定義の哲学から、逸れ、現代の科学の発展、とりわけ科学、特に物理学の近代的発展に、哲学は追いついていない―というようなことのようです。そして哲学の担い手、知識の追求は科学、特に物理学が担うことになったという主張のようでした。

799×304 => 600×228

1659884929.jpg
/84KB
返信/引用返信 削除キー/

■25418 / )  猟犬の群れ A
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/07(Sun) 23:51:34)
    2022/08/08(Mon) 00:00:09 編集(投稿者)

    ♪ Dani California − Red Hot Chili Peppers
    https://www.youtube.com/watch?v=Sb5aq5HcS1A

    名誉を欲しがる猟犬
    この街を造っているのは自分だと思っているが、
    『 責任をとれるような言動 』をしてない奴(男)がいるんだよ。

    単に目立ちたい奴かね?
    本物か、贋作か
    本物の人間は何か?贋作の人間は何か?

    マジモンも長らく、本物と贋作をよく考えてきた。

    これには、無意識と直感が関わっている。
    無意識と直感にマジモン本人はいらない。私の細胞が教えてくれると思う。
    そして、細胞が勝手に興奮してくれる。
    悪い奴らは悪い事をしている自覚があるはずだ。
    残り時間も少ないというのに……。

    いつまで偽物を続けるつもりだ?と言いたい。
    っていうか、解からないのかな?いろいろと。
1024×682 => 600×399

1659883894.jpg
/157KB
返信/引用返信 削除キー/

■25417 / )  Re[7]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/07(Sun) 23:09:21)
    2022/08/08(Mon) 18:57:06 編集(投稿者)

    No25414に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > お邪魔しま〜す。
    >
    > 大前提:すべての科学者は学者である
    > 小前提:すべての物理学者は科学者である
    >  結論:すべての物理学者は学者である
    > これ、誤解を招くんじゃない?
    >
    > すべての科学者はすべて学者である
    > すべての物理学者はすべて科学者である
    > よって、すべての物理学者はすべて学者でる

    わからない

    科学者はすべて学者である
    物理学者はすべて科学者である
    よって、物理学者はすべて学者である

    はOK?


    > あるいは
    > 学者はすべて科学者である
    > すべて物理学は科学者である
    > よってすべての物理学者は学者である
    >
    > だったらわたしOK出しするけど。
    >
    > ほら、日本の「学者」は「科学者」っていうこととよ。

    わからん。

    編集追記
    よく考えてみたけど 上記はダメポ

    「学者はすべて科学者である」は、科学者の集合の中に学者の集合がすっぽり入っている。
    その場合、科学者である人が学者であるとは限らない。学者の集合の外側にまだ科学者がいる可能性がある(学者でない科学者)。
    よって 「すべての物理学者は学者だ」という結論は導けません。
    物理学者であり従って科学者である人で学者ではない人がいる可能性があるので。
返信/引用返信 削除キー/

■25416 / )  Re[12]: :B141の注釈部分
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/07(Sun) 22:53:39)
    No25412に返信(おくたがわさんの記事)
    > 一つだけ
    >
    > # introducing immediate conclusions (consequentiae immediatae) among the premises of
    >
    > 「前提の中にしのばせる」とちゃうやんけ 結論にしのばせてるやんけ
    > という疑問点はあるかもと思いますが
    > それはカントやから ということでダメ?

    今回の例で第一格と第四格は結論の主述が逆で大前提と小前提がそのまま入れ替わっていましたが、
    中概念の位置によって 2×2の4とおりなのであれば、前提のどちらかだけの主-術が入れ替わるケースがあるのでしょう。それが換位になっていて全体の論証が成り立っている場合、
    「前提の中に直接推論をしのばせる」になるのか、と気づきました。
    未だ具体的には確かめてません。
返信/引用返信 削除キー/

■25415 / )  サーモンムニエル
□投稿者/ flora -(2022/08/07(Sun) 21:48:57)
    2022/08/07(Sun) 21:53:31 編集(投稿者)

    お料理上手の田秋さんがご紹介なされておりましたね。

    これ難しいんですよね。バターを使い、サーモンから出る魚の油を取りながら、バターで黄金色に焼いてゆく・・・ バターは焦げやすいので、これも要注意です。

    バターを使って両サイドに焼き色を付ける、同時に不要な魚の油は取り除いていく、アートですね^^ フランスではとても人気のある魚料理のメニューの一つですね^^
返信/引用返信 削除キー/

■25414 / )  Re[6]: 「すべて」と「存在する」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/07(Sun) 21:16:19)
    お邪魔しま〜す。

    大前提:すべての科学者は学者である
    小前提:すべての物理学者は科学者である
     結論:すべての物理学者は学者である
    これ、誤解を招くんじゃない?

    すべての科学者はすべて学者である
    すべての物理学者はすべて科学者である
    よって、すべての物理学者はすべて学者でる

    あるいは
    学者はすべて科学者である
    すべて物理学は科学者である
    よってすべての物理学者は学者である

    だったらわたしOK出しするけど。

    ほら、日本の「学者」は「科学者」っていうこととよ。
返信/引用返信 削除キー/

■25413 / )  Re[46]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/07(Sun) 20:57:39)
    ところで、
    ニーチェって「哲学者」って呼ばれてるみたいだけど、
    ホントなのかしら?

返信/引用返信 削除キー/

■25412 / )  Re[11]: :B141の注釈部分
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/07(Sun) 20:54:13)
    No25377に返信(pipitさんの記事)
    こんばんは!!

    > No25367
    > おくたがわさん、こんばんは!
    >
    > 【TANTANの雑学と哲学の小部屋】さまのページで、『直接推論』の説明を見つけました。カントの言ってるimmediate conclusions (consequentiae immediatae) と同じことか否かはわからないですけど(汗)
    >
    > 『直接推論と間接推論の違いとは?演繹的推論の二つの分類とそれぞれの推論のあり方の具体例』
    >
    > https://information-station.xyz/7581.html
    >
    > 『換位・換質・換質換位の三つの推論形式の違いと具体例、直接推論に分類される推論の形式@』
    >
    > https://information-station.xyz/7591.html
    >
    > 全称・特称と肯定・否定という量と質の違いに基づく四種類の命題区分、論理学における量と質の意味とは?
    >
    > https://information-station.xyz/7598.html
    >
    > ここらへんさーっと読むと(詳しくはわからないので。。。)
    > 前提を直接推論で質や量などを変換しちゃって、推論に使用してる(操作?)って感じなのかなぁと今のところ思いました。
    > 違うかなぁ。
    >
    > まだわからないので、また考えてみようと思います。
    >
    > おくたがわさん、考えてもらって書き込んでもらって、ありがとうございます!


    とても有益なリンクをありがとうございます。

    直接推理(推論)は
    一つの前提のみから結論を導くもの
    その中に、換位と呼ばれる推論がある

    > 「ある男性は水泳選手である」から「ある水泳選手は男性である」を導いたり(単純換位)
    > 「すべての物理学者は科学者である」から「若干の科学者は物理学者である」を導いたり(限定換位または減量換位)
    > 「すべての天使は不死である」から「不死なるものの内のいくらかのものは天使である」(限定換位または減量換位)



    今回理解できた(と思っている)点を、新しい例文で書きます(前回と異なる例を使う理由は後で書きます)

    第一格
    大前提:すべての科学者は学者である
    小前提:すべての物理学者は科学者である
     結論:すべての物理学者は学者である

    第四格
    大前提:すべての物理学者は科学者である
    小前提:すべての科学者は学者である
     結論:ある学者は物理学者である


    第四格の結論は、第一格の結論から換位で導けます。「すべての物理学者は学者である」⇒「ある学者は物理学者である」(限定換位)

    大前提・小前提は全く同じ命題が入れ替わっているだけですから、
    結局
    「換位」なる直接推論(直接推理)によって結論部分を変えているだけ。
    それがカントの言う
    『純粋な三段論法の前提に直接的推論(consequentiae immediatae)を密かに導入することによって、最初の格にある推論よりも多くの推論を導き出す様式があるように見せるための企みに他ならないが』
    ということになるのではないかと思います。

    私は前回の例で

    「ある不死なるものはガブリエルである」⇔「ガブリエルは不死である」
    といった同値関係によって結論部分を置き換えることで第一格を第四格にできるので、本当は第一格しか要らないだろう、という旨を書きました。

    同値とは、前者から後者を導け、かつ、後者から前者を導ける(前者が真ならば後者も真 かつ 後者が真ならば前者も真)という関係。
    しかしそれは「ガブリエル」が特定の対象を指す主語だったことで成立したものだと思います。


    今回の例
    「すべての物理学者は学者である」⇒「ある学者は物理学者である」 
    は前者から後者を導けるが、後者から前者は導けない

    「ある学者は物理学者である」と分かっていても「すべての物理学者が学者である」とは限らない。

    というわけで、同値関係にはならないような一方通行の「換位」で結論を置き換えても、第四格の妥当な論証を作れると思われます。
    なので、カントの四つの格に対する不満(第一格以外は不要)は、
    『「換位」などの直接推論(直接推理)をしのばせることで多様な推論様式があるように見せかけている』ということになるのではと思います。


    一つだけ

    # introducing immediate conclusions (consequentiae immediatae) among the premises of

    「前提の中にしのばせる」とちゃうやんけ 結論にしのばせてるやんけ
    という疑問点はあるかもと思いますが
    それはカントやから ということでダメ?
返信/引用返信 削除キー/

■25411 / )  Re[45]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/07(Sun) 20:42:49)
    「哲学」っていうの、もう「廃語」よね。

    そう、日本語の「哲学」の専門家?さんたちがそうしちゃったのからかな〜。

    ほら、「フィロソフィア」っていうのがどこにでもあるっていうことを示さないから。

    暇つぶしに哲学書を読んでる、って言ったら、ヘンな顔されちゃったよ。

返信/引用返信 削除キー/

■25410 / )  献立表・魚介類A 20220807
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/07(Sun) 20:21:44)
返信/引用返信 削除キー/

■25409 / )  うましかさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/07(Sun) 17:56:40)
    No25406
    うましかさん、こんにちは!

    >最近、暇をみてライプニッツの略年譜つくってます。

    なかなかすすまないけど…(;´・ω・)<

    そうなんですね、想像ですが、実際に自分で作成してみると天才ライプニッツの凄さがわかりそうな気がします
    !(◎_◎;)

    感性論と数学の関わりについてのカントのアレコレ、おもしろそうと思ってる箇所なのですが、考えていくとまた泥沼なのかなあ
    ( ̄▽ ̄;)

    まぁ、噴飯もの、という言葉も目にしたことありますけど
    ヽ(;▽;)クッ


返信/引用返信 削除キー/

■25408 / )  日記
□投稿者/ pipit -(2022/08/07(Sun) 17:29:20)
    みなさま、こんにちは(^ ^)
    いったん流れを整理します。

    カントはまず、論理学者の【判断の定義】に納得できない、と述べます。
    pipitの想像では、当時の論理学者は一般的には「判断とは断言判断である(or 断言判断に還元できる)」と述べてたのではないかと。
    そして判断とは断言判断である、と定義されることにより様々な弊害が出てくるが、ここではそれに触れない、、、と言いつつも、、

    ================
    No25330より
    DeepL翻訳
    私は、論理学者が与える判断の定義に納得することができませんでした。
    彼らによれば、判断とは、2つの概念の間の関係を表すことである。
    この定義の欠陥についてはここでは触れないが、この定義は定言的判断にのみ適用され、仮説的判断(pipit注・中山先生訳では仮言判断)や分離的判断(中山先生訳では選言判断)には適用されないという点で、後者は概念の関係ではなく、判断そのものの関係を含んでおり、この誤りから多くの悪い結果が生じている[18]。
    我々の現在の目的にとってより重要なのは、この定義によって、当該関係が何からなるかが決定されていないことに注目することである。
    ==================

    触れない、と言いながらも、注釈[18]を述べて少しだけ触れています。
    それが、今、三段論法の四つの格などについて読んでるところですね。

    注釈[18]
    No25400
    でpipitが訳した前半部分は、
    『4つの三段論法の格についての、うんざりするほどの教説は、定言的三段論法にのみ関係するものである;
    これは、純粋な三段論法の前提に直接的推論(consequentiae immediatae)を密かに導入することによって、最初の格にある推論よりも多くの推論を導き出す様式があるように見せるための企みに他ならないが、』

    pipitが訳しあぐねた後半部分、ギブアップして、中山先生の訳を引用させていただきます。
    m(_ _)m※「技術」と中山先生の訳してる箇所はpipitは上部では「企み」と訳したものが対応したものです。

    『純粋理性批判2』カント、中山元先生訳、光文社古典新訳文庫、p132より引用
    『しかしこの技術も、断言命題の判断には、他のすべての判断がかかわらないような絶対的な権威があることを示せないとすれば、それほど大きな成功を示したことにはならないだろう。これが偽りであることは、第九項で示したとおりである。』

    =================

    そしてこの後、カントなりの【判断の定義】を述べていくようです。(pipitはまだ未読同然なので、論理学者の定義とどう違うかなどはわかりません)

    ==================

    それで、この流れの箇所に直接関わるのか、否かはわかりませんが、
    カントとしては、三段論法の形としては、カチっとしたものが頭にイメージされてるようで、そのことが、B361あたりに出てきます。
    中山先生訳本では第四巻p37-
    中山先生の解説は同四巻p273-

    ごく一部だけ中山先生の訳を引用します。
    『あらゆる理性推論においてわたしは第一に、知性を使って一つの規則(大前提)を考える。
    第二にわたしは判断力を使って、ある認識をこの規則の条件のもとに包摂する(小前提)。
    最後にわたしは、理性を使ってアプリオリに、わたしの認識をこの規則の述語によって規定する(結論)』第四巻p37

    で、ちょっとカント独特の捉え方に思えて(違うかもだけど)興味深く思ったのは次の箇所↓
    『第一に、理性推論は直観にかかわるものではないし、直観を規則のもとにもたらそうとするものでもない。
    この役割を果たすのは知性と、そのカテゴリーである。
    理性推論は、概念と判断だけにかかわる。だから純粋な理性が対象とかかわる場合にも、対象そのものや、対象の直観と直接に関係するのではなく、知性とその判断にだけかかわるのである。
    まず知性と判断が感覚能力とその直観に適用されて、その対象を規定する。
    だから理性による統一は、可能な経験を統一するものではない。
    可能な経験を統一するのは知性であり、これが理性による統一との本質的な違いである。
     たとえば「すべての生起するものにはその原因がある」という命題は、理性によって認識され、指定された原則ではない。この原則は、経験の統一を可能にするものであり、理性からは何も借りていないのである。
    理性はもともと可能な経験とはまったく関係しないのであるから、理性がたんなる概念によって、このような総合的な統一を命じることなど、できるはずもないのである。』
    第四巻p41.42

    ここだけを読むに、
    三段論法の大前提は、知性により得た規則を置き、
    小前提は判断力により判断した個別の事象を述べ、
    理性推論により、個別の事象を規則に包摂させ、個別の事象に規則の述語をくっつける。
    間接推論が理性であり、直接推論は知性の能力だとしてるのかな?

    それで、これは、超越論的弁証論への下準備なのかな?と思ったのは、
    たまたま次の文章が目に入ったからです。
    超越論的弁証論に進む箇所に、
    『(略)理性推論における大前提は、純粋な理性が示したものであって、この推論は経験からその条件へと遡ろうとするのであるが、そうだとすると[対象の条件の系列の完璧さを求めるのは、早まったことだとすると]理性推論のうちには、きわめて大きな誤解と欺瞞が忍び込んでいることになるだろう(そのときには大前提は一つの要請というよりも、嘆願に近いものとなってしまうだろう)。これらの問いに答えることが、この超越論的な弁証論の課題である。』
    中山元先生訳本第四巻p45.46

    しかしいろんなことがpipitには難しすぎる…
    (*_*)
    頭疲れました
    _(┐「ε:)_
返信/引用返信 削除キー/

■25407 / )  Re[8]: 聴き比べ
□投稿者/ flora -(2022/08/07(Sun) 17:23:58)
    No25403に返信(田秋さんの記事)
    > 2022/08/07(Sun) 08:15:29 編集(投稿者)

    田秋さん、おはようございます。

    > ブラ1フィナーレの聴き比べ、どれも大家ですが、ボクはベーム=ウィーンフィルが好きでした。一番普通の造りだと思いました。もちろん、あくまでも聴く人それぞれの感性、感覚です。

    再度聴いてみました^^。バーンスタインもウィーンフィルの指揮をしていましたね。ウィンフィル音は(ド素人でし)、上品というのか優雅ですね。 一方でカラヤンのベルリンフィルの演奏は、攻撃的な感じですね。
    >
    > 因みに我が日本フィルとミュンシュ、1962年の演奏です。勿論ボクはまだ入団していません。44分10秒当たりが聴き比べと同じ場所です。一番最後の和音が長〜い^^
    > https://www.youtube.com/watch?v=8Jd5veUJiZ0&t=2749s

    どうもありがとうございます。この曲は演奏が難しいですか?
    >
    > 小澤さんの英語の発音はボクがエキストラで新日に行ってた時から小澤さんの英語はインディアン英語だって話題になっていました。先に話題になった大友さんの英語はきれいな英語でした。指揮者との付き合いはオケのリハ以外ではあまりないので、日本人指揮者が外国語を話しているのを聞く機会は多くありません。

    インディアンというのはアメリカンインディアンの事ですか? 小澤さん。そういえば香港(中国人)の英語という表現もあったような・・・ ニュアンスは同じなんでしょうね。 

    専門用語はイタリア語を使っておりましたよね。 
    >
    > 逆に外人指揮者が英語を喋るのはよく聞きます。殆どの指揮者は英語で話します。英語を母国語としない指揮者は大体聞き取りやすい英語(発音)です。使うフレーズや単語が音楽関係になるので、こちらも耳が慣れています。

    はい、なんとなく理解できます。
    >
    > ボクが親しくして頂いている先輩のバソン奏者のフランス語も日本語的フランス語です。しかしそれで通じているのでそれでいいのでしょう。


    > 我がラザレフはいつも通訳を傍に置いておき、ちょっと複雑な曲のエピソードとか時代背景などは通訳を通します。「合っていない」だけは何故かドイツ語で「ニヒトツザーメン」と言います。
    >
    > もうお亡くなりになりましたが、フランス人指揮者のフルネも常に通訳を置き、自分はフランス語だけを話していました。

    あれですよ、きっと。 アカデミー・フランセーズというフランスの国立学術団体があるのですが、そこでは言語を含めランス文化を守ろうとしています。英語は極力使うなと・・・
    だから英語を知っていてもフルネさんは極力自分では使わなかったのではないでしょうか?

    > ===
    > 早速、ズッキーニのフライドポテト風を作り、サーモンのムニエルの付け合わせにしてみました。スープはパンプキンです。これが昨晩の夕食。今晩の夕食、乞うご期待!・・・だといいなあ。。。

    おいしそうですね!。私の書き方が悪かったと思うんですが、ズッキーニは小麦粉を牛乳で溶いた衣をつけて揚げます。 外側がかりっとしていて、ズッキーニがしっとり甘い感じに仕上がります。

    こんな感じかな
    >
472×310

courgette.jpg
/40KB
返信/引用返信 削除キー/

■25406 / )  超越論的感性論 第八項:\−6
□投稿者/ うましか -(2022/08/07(Sun) 16:20:05)
    2022/08/07(Sun) 16:25:32 編集(投稿者)

    pipitさん、こんにちはー

    最近、暇をみてライプニッツの略年譜つくってます。

    なかなかすすまないけど…(;´・ω・)

    *******

    T 超越論的原理論
    第一部門 超越論的感性論

    第二節 時間について
     第八項 超越論的感性論のための一般的注解

    ◆私たちは、いつもよく現象のあいだで、現象の直観に本質的に結びついており、あらゆる人間的感官一般にとって妥当するもの〔ロックの第一性質〕と、現象の直観にただ偶然的にのみ帰属するもの、つまり感性一般との連関にとって妥当するのではなく、ただ〔観察者の〕あれこれの感官の特殊な位置や〔観察する〕組織にとってのみ妥当するもの〔ロックの第二性質〕とを、区別している。第一の認識は対象自体そのものを示す認識と名づけられているが、第二の認識は対象の現象のみを示す認識に過ぎないとされている。しかし、この区別は経験的な区別でしかない。
     もしも、人がこの区別にとどまり(一般に為されているように)、しかも、あの経験的直観をまたもや(当然そうすべきであるように)単なる現象と見なさないとしたならば、つまり、あの経験的直観の内には、何らかの事象自体そのものに関わるものは全然何一つとして見いだされ得ないのだというように、見なさないとしたならば、私たちの超越論的区別は失われてしまうので、その時には、私たちは諸物自体そのものを認識すると、何としても信ずる。たとえ私たちが、至るところで(感性界においては)、感性界の諸対象の探究を最も深く押し進めてすら、現象以外の何ものとも関わり合わないとしても、そう信ずるのである。
     それで、〔例えば、〕 私たちはなるほど、虹を、お天気雨に起こる一つの単なる現象と呼びはするが、しかし、このお天気雨の方は事象自体そのものと呼ぶだろう。このことは実際、私たちが、この後者〔お天気雨〕の事象自体そのものという概念をただ物理的に解し、一般的な経験においては感官とのあらゆる様々な状態下にありながら、しかし直観においてはそのように規定され、それ以外には規定されてはいないものと解する限り、正しくもある。
     しかし、私たちがこの経験的なもの一般を取り上げ、このものと人間のあらゆる感官との一致いかんに頓着なく、はたしてこの経験的なものすら対象自体そのものを(雨滴を、ではない、なぜなら、雨滴はそのときには既に現象として経験的客観であるからである)示すかどうかを問うならば、表象とその対象との連関についてのこの問いは超越論的であり、だから雨滴がその中で降る空間も、何らそれ自体そのものではなく、私たちの感性的直観の単なる変容、或いは根本形状であることになる。しかし超越論的客観は私たちにはあくまで未知のままなのである。

    --- No.25361 からの続き ---

    ◆ 私たちの超越論的感性論の第二の重要な要件は、それが単にもっともらしい仮説としていくらかの好評を博するのではなく、オルガノンとして役立つべき理論にいくつかは要求され得るほどに、確実で疑い得ないものであるということである。この確実性を完全に明白たらしめるために、私たちは何らかの事例を選ぼうと思う。
     この事例で私たちの超越論的感性論の第二の要件とされたことの妥当性は一目瞭然となり、第三項で述べられたことをいっそう明瞭にするのに役立ち得る。

    ◇ 〔そこで〕 空間と時間がそれ自体そのものとして客観的であり、諸物自体そのものの可能性の条件であるとすれば、第一に明らかなのは、この両者についてはア・プリオリに確然的で綜合的な命題が多数あらわれるということであるが、とりわけ空間についてそうであるので、私たちはここでは主にこの空間を例にとって研究しようと思う。

    ◇ 幾何学の諸命題はア・プリオリに綜合的であり、だから確然的な確実性でもって認識されるから、私はこう問う、「どこから諸君はこのような諸命題を得てくるのであろうか?また、何を私たちの悟性は、このような端的に必然的な普遍妥当的な諸真理に達するために、頼りにするのであろうか?」と。

    ◇ それには、概念によるか、ないしは直観によるか以外にはいかなる道もない。しかし、両者とも、そのようなものとして、ア・プリオリに与えられているか、ア・ポステリオリに与えられているかのいずれかである。
     この後者、つまり経験的な概念は、同じく、この経験概念がそれに根拠付けられているものに他ならない経験的な直観も、いかなる綜合的命題をも、与えることはできない。与えることができるのは経験的でしかないような、言い換えれば、経験判断であるような、従って決して必然性と絶対的普遍性とを含み得ないような、綜合的命題だけであるが、このような必然性と絶対的普遍性こそ、幾何学の全ての命題の特徴に他ならない。

    ◇ それでは、前者の唯一の手段、すなわち、単なる概念によって、ないしはア・プリオリな直観によって、このような認識に達する手段はいかなるものであるかと言えば、単なる概念から得られうるのは、いかなる綜合的な認識でも全然なく、もっぱら分析的な認識であるということは明瞭である。

    ◇〔例えば〕二つの直線によってはいかなる空間も全然囲まれず、従っていたなる図形も可能ではないという命題だけを取り上げて、この命題を直線および二という数についての概念から導出するよう試みてみよ。
     或いはまた、三つの直線によって一つの図形が可能であるという命題を取り上げて、この命題を同じく、単にこれらの概念から導出するよう試みてみよ。
     諸君のあらゆる努力は無駄であり、だから諸君は、幾何学もいつもそうしているように、直観に逃げ道を求める必要を認めるであろう。それゆえ直観は諸君において一つの対象をおのれに与えるのである。


    † 原佑訳上巻、p.178〜p.180参照。他に、石川文康訳上巻、p.100〜p.101、中山元訳1、p.125〜p.127を参照。
    †≠ナ囲まれた言葉は、カントが『純粋理性批判』文中で強調したものです。
    † 翻訳はしますが、◇〜は私が便宜上用いた区分けであり文章は原文・訳文の通りではありません。
    † 文中〔〕内は私による挿入、*1、*2〜や、※1、※2〜は私の覚書とします。これらは後に訂正、削除、修正等することがあります。
    † ◆〜は原典における段落とします。


    *******
    \−4 No.24923、\−5 No.25361、\−6 No.25406
    \−1 No.24381、\−2 No.24686、\−3 No.24835
    [−4 No.23865、[−5 No.24101
    [−1 No.23091、[−2 No.23113、[−3 No.23247
    Z−4 No.22690、Z−5 No.23032
    Z−1 No.21262、Z−2 No.21969、Z−3 No.22067
    Y−1 No.20986
    X−4 No.20772
    X−1 No.20568、X−2 No.20578、X−3 No.20699
    W−10 No.20434
    W−7 No.19817、W−8 No.20105、W−9 No.20168
    W−4 No.19542、W−5 No.19668、W−6 No.19682
    W−1 No.18802、W−2 No.19157、W−3 No.19216
    V−7 No.18378、V−8 No.18764
    V−4 No.17945、V−5 No.18058、V−6 No.18323
    V−1 No.17515、V−2 No.17588、V−3 No.17841
    U−1 No.16741、U−2 No.16783
    T−1 No.16440、T−2 No.16454、T−3 No.16495

    *******

    第一項 No.16440,16454,16495,16741,16783
    第二項 No.17515,17588,17841,17945,18058,18323,18378,18764
    第三項 No.18802,19157,19216,19542,19668,19682,19817,20105,20168,20434
    第四項 No.20568,20578,20699,20772
    第五項 No.20986
    第六項 No.21262,21969,22067,22690,23032
    第七項 No.23091,23113,23247,23865,24101
    第八項 No.24381,24686,24835,24923,25361,25406

返信/引用返信 削除キー/

■25405 / )  NO TITLE
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/07(Sun) 14:02:44)
    2022/08/07(Sun) 18:03:20 編集(投稿者)

    『 鮭のムニエル 』って美味しくないよね…

    【 追加 】

    鮭のムニエルって10回中10回不味いんですよ。
    『 鮭のムニエル 』の動画は数多くあるけれど、
    マジモンは作れば、作るほど、不味い料理なんだなと思う。

    鮭の脂って独特の鮭の味があって、ちょっと泥臭いんですよ。
    これがバターと全く合わないと思う。

    『 鮭のムニエル 』が登場させたら、いろいろと頭の中、見抜かれますよ。
返信/引用返信 削除キー/

■25404 / )  Re[3]: 後悔と自責の哲学
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/07(Sun) 13:28:32)
    哲学の限界が出ている本だった。

    勝手な用語をつくりあげてそれを分類し単純化しただけ。

    そのパターンの哲学書が多すぎる。

    世界が単純化できなにかに還元できるなどという楽観性。

    数学の世界ではその段階をとっくに脱したのになにをやっているのか。
返信/引用返信 削除キー/

■25403 / )  聴き比べ
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/07(Sun) 08:12:19)
    2022/08/07(Sun) 08:15:29 編集(投稿者)

    おはようございます、floraさん

    ブラ1フィナーレの聴き比べ、どれも大家ですが、ボクはベーム=ウィーンフィルが好きでした。一番普通の造りだと思いました。もちろん、あくまでも聴く人それぞれの感性、感覚です。

    因みに我が日本フィルとミュンシュ、1962年の演奏です。勿論ボクはまだ入団していません。44分10秒当たりが聴き比べと同じ場所です。一番最後の和音が長〜い^^
    https://www.youtube.com/watch?v=8Jd5veUJiZ0&t=2749s

    小澤さんの英語の発音はボクがエキストラで新日に行ってた時から小澤さんの英語はインディアン英語だって話題になっていました。先に話題になった大友さんの英語はきれいな英語でした。指揮者との付き合いはオケのリハ以外ではあまりないので、日本人指揮者が外国語を話しているのを聞く機会は多くありません。

    逆に外人指揮者が英語を喋るのはよく聞きます。殆どの指揮者は英語で話します。英語を母国語としない指揮者は大体聞き取りやすい英語(発音)です。使うフレーズや単語が音楽関係になるので、こちらも耳が慣れています。

    ボクが親しくして頂いている先輩のバソン奏者のフランス語も日本語的フランス語です。しかしそれで通じているのでそれでいいのでしょう。

    我がラザレフはいつも通訳を傍に置いておき、ちょっと複雑な曲のエピソードとか時代背景などは通訳を通します。「合っていない」だけは何故かドイツ語で「ニヒトツザーメン」と言います。

    もうお亡くなりになりましたが、フランス人指揮者のフルネも常に通訳を置き、自分はフランス語だけを話していました。

    ===
    早速、ズッキーニのフライドポテト風を作り、サーモンのムニエルの付け合わせにしてみました。スープはパンプキンです。これが昨晩の夕食。今晩の夕食、乞うご期待!・・・だといいなあ。。。

1000×750 => 600×450

meuniere.jpg
/171KB
返信/引用返信 削除キー/

■25402 / )  猟犬の群れ
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/07(Sun) 02:49:36)
    今年は…、7位だったか…、( ノД`)シクシク…

    街の男どもは『 猟犬の群れ 』である。

    なぜにここまで頑張るのか?

    街を造るからだ
    人間は敵がいっぱいで、
    雄は特に『 縄張り 』の安全を確保する事が義務づけられている思う。

    そして名誉が欲しいのであるよ。
    人って、基本、何もしなければ『 名無し 』ですよ。
600×412

267afb8f314aa7e31eb366bce3ba5bd6--american-beagle-american-foxhound.jpg
/59KB
返信/引用返信 削除キー/

■25401 / )  Re[12]: 日記6
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:51:48)
    後半の英訳のDeepL翻訳は、
    『もし、その著者たちが、他のすべてが参照されなければならないものとして、定言的判断を排他的に尊重することに成功しなかったならば、この策略はあまり成功しなかったであろう。しかしながら、§5によれば、この教義はまったく間違っているのである。』
    なのですが、

    日本語がわからないというより、その意味することがわかりきれない(カントのせい、ということです。)ので、また、いろんなものを参考にさせていただき、少しだけでも理解していけたらな、と、思っています。
返信/引用返信 削除キー/

■25400 / )  Re[11]: 日記5
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:50:57)
    今話題にしてるのは、B141の注釈部分で、
    No25354(英訳)

    英訳のpipit日訳を投稿したいとおもってるのですが、後半が苦戦してまだなのですが、とりあえず前半を投稿します。

    『4つの三段論法の格についての、うんざりするほどの教説は、定言的三段論法にのみ関係するものである;

    これは、純粋な三段論法の前提に直接的推論(consequentiae immediatae)を密かに導入することによって、最初の格にある推論よりも多くの推論を導き出す様式があるように見せるための企みに他ならないが、』
返信/引用返信 削除キー/

■25399 / )  Re[10]: 日記4
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:50:00)
    このような操作を、カントは
    No25365
    > 今読解してる箇所の
    『純粋な三段論法の前提のうちに直接的な推論をこっそりと隠すことによって、』(中山元先生訳)<

    と表現したのだろうか?とpipitの今の推測です。
返信/引用返信 削除キー/

■25398 / )  Re[9]: 日記3
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:49:30)
    pipitが考えたのは、第四格のこの例での小前提を直接推理により

    「ある不死(S)なるものは天使(M)である。」

    に、換位して

    >結論:ある不死(S)なるものはガブリエル(P)である。<

    につなげている。
    天使は「媒概念 or 中概念(M)」の役割を果たしている。
返信/引用返信 削除キー/

■25397 / )  Re[8]: 日記2
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:48:57)
    No25358 でおくたがわさんが投稿してくださった例をお借りすると、

    > 例1と同じ概念を使って「第四格」の形で妥当な推論を作るならば
    大前提:ガブリエル(P)は天使(M)である。
    小前提:すべての天使(M)は不死(S)なるものである。
     結論:ある不死(S)なるものはガブリエル(P)である。
    となる。第一格と比べると、結論におけるSとPの内容が入れ替わっているので、大前提と小前提が入れ替わる<

返信/引用返信 削除キー/

■25396 / )  日記1
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:48:07)
    みなさま、こんばんは(^ ^)
    アクセス禁止になるので、細切れで投稿してみます。

    【TANTANの雑学と哲学の小部屋】さまのページより『換位』という論理学用語を知りました。

    https://information-station.xyz/7591.html


    コトバンクさんには、

    『かん‐い〔クワンヰ〕【換位】
    論理学で、定言的判断の変形による直接推理の一。ある判断から、主語を述語に、述語を主語として、新しい判断を導き出す推理。「ある男性は水泳選手である」から「ある水泳選手は男性である」を導いたり(単純換位)、「すべての物理学者は科学者である」から「若干の科学者は物理学者である」を導いたり(限定換位または減量換位)する類。ただし、特殊否定判断は換位できない。』

    とありました。

返信/引用返信 削除キー/

■25395 / )  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/06(Sat) 23:41:45)
    悪魔ちゃん、こんばんは(^ ^)

    No25392
    > pipitさまは「存在する」よね、でもそれって「すべて」を言ってるんじゃないよね。<

    個と全体は違う、ということかな??

    > >論理、か、論理学、どんなふうな感想持ってるの?<
    > ちょっとね。ほら日本語でどちらも「理」が入ってるじゃん。
    > 日本語で。「理性」にも「理」が入ってるよね。
    > 「感」と「理」が精神の同じ働きなんだったら問題とはしないんだけどね。<

    「理」かぁ。なんだろね。


    > 日本語で、「論理」「理論」ってあるけど、たとえば、
    > 論理----論ずる理
    > 理論----理を論ずる
    > なんかニュアンス的に違うよね?<

    個人によっても、言葉でイメージするものが違うかもだしね。


    > 西欧文明を取り入れた日本人にとってはいまだ意味不明のままなんじゃないかしら。
    > そもそも、「理」の意味がわたしにはわかんない。<

    私はなんとなく、ある法則に則ってる,イメージかなぁ(今は)


    > ただ「論理学」についてはちょっと調べて見たのね。
    > 「前提−推論→結論」、これを「論証」って言うみたいで、
    > このなかの「推論」”だけ”を扱うのが「論理学」ってわたし理解してる。

    > わたしから見ると、「論理学」っていうの「前提」の信憑性には関わらないことにしてることを前提にしてるんだと思う。ようするに科学でありたいのね。<

    論理学は、前提に合わせた、動き方に関しての学って感じかな??


    > わたしに見えてるのは、「哲学」とは違うっていうこと。
    > 哲学は「前提」を問うてるんだと思ってるのね。<

    哲学は、前提の信憑性に着目してみるんだね。
返信/引用返信 削除キー/

■25394 / )  つぶやき
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/06(Sat) 23:05:28)
    あー…、県大会7位……
    徹夜完工、お疲れさまでした、俺。
返信/引用返信 削除キー/

■25393 / )  後悔と自責の哲学
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/06(Sat) 22:44:52)
    中島義道の古い本を引っ張り出して読んでいる。
返信/引用返信 削除キー/

■25392 / )  Re[5]: 飯田隆
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/06(Sat) 20:31:32)
    ■25376、pipitさま、見たよ。
    あそこに書かれてる内容はともかくとして、
    「虹」を”見ようとしてること”には興味が湧いたよ。

    わたしの題として、
    「虹が存在する」みたいな題で、考えて見よっかな〜って、ふと。
    わたし文才ないから実現しないけどね。

    あ、あと
    No25379
    >「存在する」がポイントになるの?<
    pipitさまは「存在する」よね、でもそれって「すべて」を言ってるんじゃないよね。
    >論理、か、論理学、どんなふうな感想持ってるの?<
    ちょっとね。ほら日本語でどちらも「理」が入ってるじゃん。
    日本語で。「理性」にも「理」が入ってるよね。
    「感」と「理」が精神の同じ働きなんだったら問題とはしないんだけどね。

    日本語で、「論理」「理論」ってあるけど、たとえば、
    論理----論ずる理
    理論----理を論ずる
    なんかニュアンス的に違うよね?
    西欧文明を取り入れた日本人にとってはいまだ意味不明のままなんじゃないかしら。
    そもそも、「理」の意味がわたしにはわかんない。

    ただ「論理学」についてはちょっと調べて見たのね。
    「前提−推論→結論」、これを「論証」って言うみたいで、
    このなかの「推論」”だけ”を扱うのが「論理学」ってわたし理解してる。
    わたしから見ると、「論理学」っていうの「前提」の信憑性には関わらないことにしてることを前提にしてるんだと思う。ようするに科学でありたいのね。

    わたしに見えてるのは、「哲学」とは違うっていうこと。
    哲学は「前提」を問うてるんだと思ってるのね。






返信/引用返信 削除キー/

■25391 / )  Re[44]: 哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/06(Sat) 19:42:00)
    メルポンの『見えるものと見えないもの』の訳本で、

    滝沢静雄、木田元共訳と山中元訳のを今タイピングして考えてるんだけど、
    「絡み合い」のタイピンんぐは終わったので、今は「問いかけと直観」に取り組んでる。

    同じところと思われる、この書き出しの一節をまた書き写うして見ますね。

    滝沢静雄/木田元共訳では、
    ********
    哲学は、間隙を少しずつ埋めていくというような問いを立てたり、答えをもたらしたりするものではない。問いはわれわれの歴史の内部になるのだ。問いはわれわれの生と歴史の内部で生まれ、そこで死んでいくのであって、もし問いに答えが見いだされたとすれば、問いは大抵の場合そこで変貌するが、いずれにしても、問いというこの大きな口に、経験と知の過去はいつかは呑み込まれてしまうのである。哲学は、文脈を所与のものとしては受け取らず、問いの起源と意味、答えの意味、問う者の身元を求めて立ち帰るのであり、そのようにして哲学は、あらゆる認識上の問いを生気づけてはいるがそれとは別な種類の問いかけにたどりつくのである。
    ********

    山中元訳では、
    *********
    哲学とは、問いを提起し、この問いに答えることで、欠けていた空白部分が少しづつ埋まっていくという性質のものではない。問いとは、人間の生と人間の歴史の内側に属するものであり、ここで生まれ、ここで死ぬ。問いに解答が見つかると、問いそのものが姿を変えてしまうことも多い。いずれにせよ、空虚な欠落部分に到達するのは、経験と知の一つの過去である。哲学は文脈を所与のものとして受け取ることはない。哲学は問いの起源と意味を探るために、答えの意味、問い掛ける者の身分を探るために、文脈に立ち戻る。そしてそこから、すべての知識への問いを活気づけている〈問い掛け〉へと至るのである。〈問い掛け〉とは、問いとは異なるものである。
    *********

    いろいろみたんだけど、「直観intuition」っていうのはどうやら〈感性〉の領域に現れてるものを指しているみたいなんだけど、
    いや、そうじゃないよ、っていうのがあたら言って。



返信/引用返信 削除キー/

■25390 / )  哲学ってなあに?
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/06(Sat) 19:21:37)
    わたしの志向は、
    「哲学ってなあに?」っていうのが始まりだったような気がする。
    ここでは場違いなのかもしれないけどね。
    ま、いいわ。

    ここ、つれづれでの私の主題は、
    N022517なのかも。
    過去、現在にわたって、〈人間の仕業〉、いろいろあるよね。








返信/引用返信 削除キー/

■25389 / )  Re[6]: 色々
□投稿者/ flora -(2022/08/06(Sat) 16:13:32)
    2022/08/06(Sat) 16:39:05 編集(投稿者)
    No25374に返信(田秋さんの記事)
    > 2022/08/06(Sat) 05:57:59 編集(投稿者)

    田秋さん、おはようございます。

    代わりの指揮者を「代棒」というのですね。ありがとうございます。代わりのタクトということなんでしょうか。

    指揮者別フィナーレ聞き比べというのがありました。

    ブラームスのシンフォニーNo1

    https://www.youtube.com/watch?v=meHR1ezqg1s

    ド素人の私は^^; カラヤン+ベルリンフィルがよかったです。盛り上がる緊張感がすごいなと・・・

    それと・・・小沢さんのヴィデオを見て思ったんですが、ずっと海外におられた彼は英語は、日本語のイントネーションでベタですよね? 耳がいいのに外国語のイントネーションとか強弱はそのまま日本語ですよね。ちょっと不思議な感じがしました。

    *ズッキーニの冒険編

    ズッキーニって火の通りが悪いですよね。結構難しいんじゃないでしょうか?イタリアレストランで教わったすごく簡単で、おいしいズッキーニのお料理書きますね。

    ズッキーニ(は伊太利語読みですよね。こちらでは「コゥジェット」といいます、おそらくフランス語のcourgetteから)をポテトチップスのように細長く切ります。小麦を牛乳で溶いた衣をつけて揚げるだけ。ズッキーニチップスですね。これがすっごくおいしいです。



返信/引用返信 削除キー/

■25388 / )  X^2分布の期待値と分散
□投稿者/ rest -(2022/08/06(Sat) 11:31:16)
    2022/08/06(Sat) 20:54:07 編集(投稿者)

    問題12 自由度nのX^2分布のモーメント母関数がMc(θ)=(1−2θ)^-n/2である
    ことを利用して、この期待値Ec[X]と分散Vc[X]を求めよ。


    解) 自由度nのX^2分布のモーメント母関数Mc(θ)はMc(θ)=(1−2θ)^-n/2
    である。
    (@) Mc(θ)をθで微分する。
    1−2θ)=Pと置くと合成微分より
    dP^-n/2/dP.dP/dθ=n/2.P^-n/2-1.(-2)
    したがって
    Mc'(θ)=n.(1−2θ)^-n/2-1 …………(1)

    (A) Mc'(θ)をさらにθで微分する。
    1−2θ=Pと置くと合成微分より
    dP^-n/2-1./dP.dp/dθ=n(-n/2-1).P^-n/2-2.(-2)
    したがって
    Mc"(θ)=n(n+2)(1-2θ)^-n/2-2 …………(2)

    ここで定義よりM(θ)=E[e^θX]
    e^θXをマクローリン展開すると

    e^θX=1+θX/1!+(θX)^2./2!+(θX)^3./3!+………

    M(θ)=E[e^θX]=E[1]+θ/1!.E[X]+θ^2/2!.E[X^2]+θ^3/3!.E[X^3]+………

    M'(θ)=E[X]+E[X^2].θ/1!+E[X^3].θ^2/2!+………

    θ=0を代入すると
    M'(0)=E[X] …………(3)

    次にM'(θ)をさらにθで微分して
    M"(θ)=E[X^2].1/1!+E[X^3}.2θ/2!+E[X^4].3θ^2./3!+………
    =E[X^2]+E[X^3]θ/1!+E[X^4]θ^2/2+ ………

    θ=0を代入すると
    M"(0)=E[X^2] …………(4)

    確率変数Xの期待値と分散は(3)(4)より
    (@)期待値μ=E[X}=M'(0)
    (A)分散σ^2=E[X^2]−E[X]^2=M"(0)−M'(0)^2

    従って(1)(2)(3)(4)より
    期待値Ec[X]=Mc'(0)=n(1−0)^-n/2-1=n

    分散Vc[X]=M"c(0)−Mc'(0)^2=n(n+2)(1−0)^-n/2-2.−n^2=2n
    となる。
返信/引用返信 削除キー/

■25387 / )  飯田隆に衝撃(/・ω・)/沼
□投稿者/ うましか -(2022/08/06(Sat) 09:14:35)
    2022/08/07(Sun) 16:21:37 編集(投稿者)

    pipitさん、おはようございます! (`・ω・´)ゞ

    No.25376 (pipitさん)

    >『虹と現象』
    >飯田 隆さん

    https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/1375#kanto


    いやー忘れていた『思想』11,2018,no.1135「カントという衝撃」


    ありがとうございました!

    感謝、感激ですm(__)m




返信/引用返信 削除キー/

■25386 / )  日記
□投稿者/ みのり -(2022/08/06(Sat) 09:01:22)
    忍者がバーッと地面にまくイメージがあるまきびし。
    実際には、まくのではなく置いて使われることが多かったというのを、昨日たまたま歴史ものの番組をチラ見して知った。
    まきびしじゃなくておきびしですね、と司会の俳優さん(鎌倉殿にも出てる佐藤二朗さん)も言っていた。
    鉄が不足していた頃には陶器でも作られていて、性能としては鉄製とそう変わらなかったそう。


    先日。数十年ぶりにサーティワンアイスクリームを某モールで買い、車に戻って食べようとしたら、停めてる場所がわからなくなり、アイスカップを持ったままウロウロしてしまった。
    大好きなキャラメルリボンとオレンジシャーベットの入ったカップからは、溶けてたれ始めてくるし、立ったまま食べるのは恥ずかしいしで、焦ったよ〜。
    やっと車を見つけた時には、手がベタベタ。。。


返信/引用返信 削除キー/

■25385 / )  ありがとうございます。
□投稿者/ みのり -(2022/08/06(Sat) 08:44:41)
    田秋さん、floraさん、悪魔ちゃん。
    どうもありがとうございました。


返信/引用返信 削除キー/

■25384 / )  深夜のつぶやき
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/06(Sat) 04:38:29)
    2022/08/06(Sat) 05:47:46 編集(投稿者)

    今、牛肉、豚肉、鶏肉の調理の上での違いを考察しているんだが、
    鶏は多様性、豚は定番とパワー、牛は技術だね。

    牛さんは科学面に限っては良い所は無かったが、
    経済面では大きな影響力があると思う。
    技術の牛料理でしょうかね。

    どんなけ高く売りつけるか?
    それをどうやって見抜くか?
    大して味がない牛を、どうやって美味しくするか?

    正直、私、牛肉は食べ尽くして飽きているのだと思う。
    別に美味しい味がするとも思えないし、
    牛肉は…、罪深いね〜(笑)





    ☆動画 牛肉勝負 レア vs ウェルダン @
    https://www.youtube.com/watch?v=1ajNFCes0nw
    ☆動画 牛肉勝負 レア vs ウェルダン A
    https://www.youtube.com/watch?v=v-4OgdGjll8

    う〜ん、別料理ですね(笑)
    刺身と塩焼きの違いでしょう。
    マジモンはミディアムです。肉汁そんなにいりません(笑)

    あんまり柔らかい牛肉がどうも苦手で、人間が食うもんに見えんのだよ。
    温泉卵って…、そこまで美味しくないでしょ?
    それと同じ。

    ホタテ貝柱のレアは美味しいとは思う。





    ☆動画 牛赤身肉勝負 熟成 vs 新鮮 @
    https://www.youtube.com/watch?v=XlHXetUqP3w
    ☆動画 牛赤身肉勝負 熟成 vs 新鮮 A
    https://www.youtube.com/watch?v=fOd3xzeGW58&t=238s

    熟成です。





    ☆動画 霜降り対決 オーストラリア vs スウェーデン @
    https://www.youtube.com/watch?v=cfDnWKaobYM
    ☆動画 霜降り対決 オーストラリア vs スウェーデン A
    https://www.youtube.com/watch?v=vCLHGS5Y2TY
    ☆動画 霜降り対決 オーストラリア vs スウェーデン B
    https://www.youtube.com/watch?v=MAcZnp0_eZ4

    どっちでもいいけど (笑)



    マジモンは

    ★ 熟成肉のサーロイン(リブロース)ステーキ ミディアム カフェドパリバターソース ★


1100×660 => 600×360

img_4715.jpg
/253KB
返信/引用返信 削除キー/

■25383 / )  毒魚図鑑A ヒスタミン中毒
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/06(Sat) 01:08:39)
    【 前回のあらすじ 】
    NO25369
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    マジモンが何度も何度も引っ掛る食中毒、ヒスタミン中毒です。

    マグロ、アジ、サバ、カジキ、カツオ、イワシ、サンマ、ブリなどの赤身魚やその加工品で
    「ヒスタミン」が原因のアレルギー様の症状となる食中毒の事です。

    マジモンは自己紹介でもカキコしたように蕁麻疹恐怖症です(笑)

    ヒスタミン食中毒の原因となる食品は、
    「ヒスチジン」というアミノ酸を多く含む赤身魚やその加工品。

    ヒスチジンはヒスタミン産生菌の酵素の働きでヒスタミンとなるため、
    ヒスチジンを多く含む食品を常温で放置したり、
    不適切な管理を行うとヒスタミン産生菌が増殖し、
    ヒスタミンが生成されます。

    食中毒予防の三原則は「つけない、増やさない、やっつける」ですが、
    ヒスタミン産生菌は、海水中に存在していて漁獲時に既に魚に付着していることがある。
    また、一度生成された「ヒスタミン」は、加熱しても減りません。
    このことから、「増やさない」の対策が重要です。
    当時、マジモンは間違えて、体を洗えばアレルギー物質がとれる思い、
    風呂に入ってが悪化した記憶がある(笑)



    ◆ ヒスタミン食中毒の予防法

    魚を購入した際は、ヒスタミン産生菌の増殖を抑えるため常温に放置せず、
    速やかに冷蔵庫で保管しましょう。
    自分で釣った魚でも、速やかにクーラーボックスに入れる等、
    常温に放置しないようにしましょう。

    ヒスタミン産生菌はエラや消化管に多く存在するので、
    魚のエラや内臓は購入後、または釣った後、できるだけ早く除去しましょう。

    鮮度が低下したおそれのある魚は食べないようにしましょう。

    ヒスタミンは、調理時に加熱しても分解されません。
    ヒスタミンを高濃度に含む食品を口に入れたときに、
    唇や舌先に通常と異なるピリピリした刺激を感じることがある。
    この場合は食べずに処分する






    ◆ 実は蕁麻疹はいろんな原因があって、

    ★ 蕁麻疹のメカニズム
    皮膚の血管や血管の周囲には、肥満細胞(好塩基性の細胞)が散在しており、
    この肥満細胞の中にヒスタミンが多数含まれている。
    何らかの原因で、肥満細胞がヒスタミンを分泌する。

    それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、
    血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる。

    そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、
    限局した浮腫になるが、それが膨疹という表現形になる。
    さらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させる。

    そうですね…、蕁麻疹がひいてくると、踵や肘から水が滴り落ちます(笑)


    ★ アレルギー性蕁麻疹
    ・ 食物性蕁麻疹
    ・ 薬剤性蕁麻疹
    ・ 物理性蕁麻疹
    ・ 日光蕁麻疹
    ・ コリン性蕁麻疹 → 精神的疲れ
    ・ 遺伝性の蕁麻疹


    ★ 血管性浮腫
    蕁麻疹の一種に血管性浮腫、またはクインケ浮腫と呼ばれる病態がある。
    蕁麻疹と同様に皮膚の毛細血管の拡張と透過性の亢進により発症する。
    蕁麻疹との相違点は蕁麻疹が皮膚の表層で起こるのに対して、
    血管浮腫は深在性に起こるということである。
    死因は主に喉頭浮腫による窒息死である。

    日本、欧米の治療ガイドラインにて蕁麻疹の定義は、血管性浮腫を含む。
    蕁麻疹の4割が血管浮腫を伴う。


    ★急性蕁麻疹の治療

    ・ 抗ヒスタミン薬を使用する。
    ・ 血圧低下などのショック症状があれば、アドレナリンの注射が奏功する。
    ・ 呼吸困難を合併していれば、気道確保のため気管挿管が必要である。

    まず、速攻、病院にいってください。
    私の場合、夜間外来や救急車、気管挿管の経験もあります。

463×254

images20190922212206.jpg
/58KB
返信/引用返信 削除キー/

■25382 / )  Re[37]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 23:02:14)
    訂正。

    (誤) 恒武天皇 → (正) 桓武天皇
返信/引用返信 削除キー/

■25381 / )  Re[26]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:57:36)
    No24815に返信(つばめさんの記事)
    >>オーバーと言えばですね、私、ようく考えたら、古文解釈以前に、リテラシーがないというか、現代文解釈がなっていないことに気付きました。
    >>
    >>ここは、和泉式部が玄関先でさっと追い返そうとしたのに、相手の宮が懇ろ(ねんごろ)になりたくて、「ここではまぶしすぎる」とか「昼間のように明るいので人目につく」とオーバーに言って、何とか家のなかに上がり込もうとしたのですね。
    >>
    >>私もまだまだですね。
    >>トホホ
    >
    > 私も古文は苦手で源氏物語を原文で読む人がいたらいたく尊敬してしまうのですが、
    > (・・・そういえば、北海道のトクビーさんが読んでました。)
    > (すごいなぁと尊敬したものでした。)
    > (自分は訳した文を読む気にはならないので、ところどころの原文をそのまま誤解交じりに読んでいました。)
    >
    > なのですごく自信がないのですが、最初のエフ兄の解釈でいいのではないかと思います。
    > ここの部分ですよね? ↓   
    >
    > 「ものばかり聞えむ、と思ひて、西の妻戸に円座さし出でて、入れたてまつるに、
    > 世の人の言へばにやあらむ、なべての御樣にはあらずなまめかし。
    > これも、心づかひせられて、ものなど聞ゆるほどに、月さし出でぬ。いとあかし。」
    >
    > 素敵な描写だなぁと思います。
    >


    わ、トクビーさん、懐かしいァ

    あの人は、本居宣長にはまっていて、「もののあはれ」の研究から、源氏物語にチャレンジして行ったように記憶しています。

    ☆それでぇ、私の解釈でいいのですか?

    あら嬉しい。

    妹君ちゃんに言われたら、もう勇気百倍ダァーッゥ
返信/引用返信 削除キー/

■25380 / )  Re[36]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:42:41)
    No24573に返信(つばめさんの記事)
    > ■No24143に返信(エフニさんの記事)
    >
    >>ドイツでは、絶滅寸前だった狼を保護するようになって、数が増えてきたようです。
    >
    > 絶滅危惧種にならなくてよかったです。
    >
    >
    >>それにつれて、狼男の目撃情報も増えてきました。
    >>
    >>後ろ脚の二本だけで、人間のように森の中を歩いているようです。
    >>
    >>赤頭巾ちゃんは、狼を完全にお祖母ちゃんと見ていましたからね。
    >
    > そですね。
    >


    >絶滅危惧種にならなくてよかったです。<

    そうですよね。

    私は「シートン動物記」で育った世代なので、狼や灰色熊は好きなんです。
返信/引用返信 削除キー/

■25379 / )  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/08/05(Fri) 22:38:12)
    No25373に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > お邪魔しましま〜す。
    >
    > 前提に、「すべて」と「存在する」をごちゃまぜにしちゃうと
    > 正しく推論(導出)できなくなっちゃのかもね。
    >

    悪魔ちゃん、こんばんは!
    書き込みありがとうー(^ ^)

    「存在する」がポイントになるの?
    全称命題とか単称命題とかいろいろあるみたいだね。
    めちゃややこしそうだよね(−_−;)

    悪魔ちゃん、論理、か、論理学に興味あるの?
    興味から聞いちゃってるんだけど、論理、か、論理学、どんなふうな感想持ってるの?
    気が向いたら教えてねー(*^◯^*)
返信/引用返信 削除キー/

■25378 / )  Re[36]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:34:45)
    No24571に返信(つばめさんの記事)
    > ■No24098に返信(エフニさんの記事)
    >>そこでお代官様から、予習の為の手引き。
    >
    > わぁお♪楽しみ。(⌒▽⌒)
    >
    >
    >>平安時代は、末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。
    >>
    >>これを持って、牧歌的な平和なイメージを、中学校の日本史の授業で持った人も多いと思います。
    >
    > 個人的には全然持ちません♪
    > てか、
    > 「末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。」
    > 習ってもすっかり忘れていて・・・( ;∀;)(実は記憶さえない。)
    > 今初めて知ったような心持です。
    >
    >>実際は、凶悪犯罪は横行、頻発していました。
    >
    > 芥川龍之介の「羅生門」がイメージされます。
    >
    >>何故、桓武天皇は死刑を廃止したのでしょうか。
    >
    > はい。
    >
    > 井上内親王ちゃんのせいですかね。
    >
    > ・・・複雑でわからないっす。
    >

    ☆出ました、「羅生門」。

    平安京は魔を防ぐように作られていたのですが、この羅生門もその一つです。

    実際は「羅城門」と呼ばれていて、元ネタの今昔物語には、楼上に登る階段は無いのです。

    実際にもありませんでした。

    芥川の羅生門では、主人公が階段を登って楼上に行きますよね。

    で、実際の羅城門で、なんで階段の無い、誰も登れない空間を作ったのかと言えば、ここを異界への出入口にしたからなんです。

    鬼以外は出入出来ないということで。

    >複雑でわからないっす。<

    そう、妹君ちゃんが言うように、死者の呪いが恐くて、恒武天皇は死刑を廃止したのですが、確かにこの辺は複雑なので、歴代天皇で唯一、就活した恒武天皇の、天皇になるまでの話からしましょうね。

    因みに、恒武天皇の母親は百済人です。
返信/引用返信 削除キー/

■25377 / )  Re[10]: :B141の注釈部分
□投稿者/ pipit -(2022/08/05(Fri) 22:32:03)
    No25367
    おくたがわさん、こんばんは!

    【TANTANの雑学と哲学の小部屋】さまのページで、『直接推論』の説明を見つけました。カントの言ってるimmediate conclusions (consequentiae immediatae) と同じことか否かはわからないですけど(汗)

    『直接推論と間接推論の違いとは?演繹的推論の二つの分類とそれぞれの推論のあり方の具体例』

    https://information-station.xyz/7581.html

    『換位・換質・換質換位の三つの推論形式の違いと具体例、直接推論に分類される推論の形式@』

    https://information-station.xyz/7591.html

    全称・特称と肯定・否定という量と質の違いに基づく四種類の命題区分、論理学における量と質の意味とは?

    https://information-station.xyz/7598.html

    ここらへんさーっと読むと(詳しくはわからないので。。。)
    前提を直接推論で質や量などを変換しちゃって、推論に使用してる(操作?)って感じなのかなぁと今のところ思いました。
    違うかなぁ。

    まだわからないので、また考えてみようと思います。

    おくたがわさん、考えてもらって書き込んでもらって、ありがとうございます!


返信/引用返信 削除キー/

■25376 / )  Re[3]: 超越論的感性論 第八項:\−5
□投稿者/ pipit -(2022/08/05(Fri) 22:16:19)
    No25361
    うましかさん、こんばんは!
    今回の箇所のことがでてくるエッセイがあったのを思いましました。

    『虹と現象』
    飯田 隆さん

    https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/1375#kanto

    ライプニッツさんもやっぱりでてきます(^ ^)v


返信/引用返信 削除キー/

■25375 / )  Re[75]: 恐怖の洞窟
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 21:59:08)
    No25343に返信(塔晶夫さんの記事)
    >>なかなか亡霊が出て来なくて、退屈だったけど、ラストに出て来て、バッチリ怖かったです。
    >
    > オカルトとミステリをうまく組み合わせた佳作でした。
    > ダイアン・ベイカーもきれい!


    三郎親分が佳作というので、また見たくなりました。

    ゲオかTSUTAYAにないかなぁ。

    ところで、このトピ、まだ10KB残っているので、まだ画像が貼れるかも知れません。
返信/引用返信 削除キー/

■25374 / )  色々
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/05(Fri) 21:38:57)
    2022/08/06(Sat) 05:57:59 編集(投稿者)

    こんばんは、floraさん

    前回書いたボクの、リハと本番で指揮者が違った話。
    それはとんでもない指揮者でした。韓国人だったのですが、どうしてこんな指揮者が日フィルを振ることになったのか、ひょっとしたら金にものを言わせたのかもしれません。とにかく音に合わせて振るのです。なので、テンポの変わり目が全くわかりません。

    さらに悪いことに、ピアノコンチェルトがあったのですが、全然合わせられないのです。しかもピアニストはハイドシェックという有名なピアニストだったのです。

    ピアニストの怒りが爆発しました。彼は自分の個人練習のために、オケパートをピアノで弾いてもらうピアニストを連れてきていました。そして、自分のコンチェルトの時は、この伴奏ピアニストが指揮をするように決めたのです。要するに自分の出番の時はこの振れない指揮者が振ることを拒否したのです。

    そういうわけでコンサートの途中で指揮者が変わるという前代未聞の演奏会となりました。団員は交響曲もこのピアにストに振ってもらいたかったのですが、さすがにそういうわけにもいきませんでした。とにかくひどい演奏会でした。

    ===
    前にも一度書きましたが、里見香奈女流5冠がプロ棋士編入試験を受けることになりました。若き4段5人と対局し3勝で試験合格です。合格すれば女性プロ棋士第1号となります。

    ここでいう「プロ棋士」というのは藤井聡太とか羽生善治が所属している世界で、女流棋士もプロ棋士だとは思うのですが、ここではそういう意味で使っています。

    さてその可能性ですが、十分にあると思います。8月8日に棋王戦本戦トーナメントが始まりますが、そこに里見女流5冠の名前があります。というのは予選に女流枠というのがあり成績の良い女流棋士が参加でき、里見女流5冠は今期参加し、予選を勝ち抜いて本戦トーナメントに入っているのです。

    ===
    三國シェフレシピにあったズッキーニのファルシグラタンというものを作ってみました。それとカサゴが2匹1パックで売っていたので、1匹を唐揚げ、もう1匹を煮付けにしてみました。

    カサゴはまあまあでしたがズッキーニの方は改善の余地が多々ありで60点くらいのできでした。
1000×750 => 600×450

kasagozukki-ni.jpg
/165KB
返信/引用返信 削除キー/

■25373 / )  Re[4]: 超越論的感性論 第八項:\−5
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/05(Fri) 20:25:06)
    お邪魔しましま〜す。

    前提に、「すべて」と「存在する」をごちゃまぜにしちゃうと
    正しく推論(導出)できなくなっちゃのかもね。

返信/引用返信 削除キー/

■25371 / )  NO TITLE
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/05(Fri) 16:56:01)
    2022/08/10(Wed) 16:37:42 編集(投稿者)

    Q
返信/引用返信 削除キー/

■25370 / )  食材日記【 鶏肉 】
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/05(Fri) 16:21:35)
580×435

sub_061004.jpg
/45KB
返信/引用返信 削除キー/

■25369 / )  毒魚図鑑 @
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/05(Fri) 14:47:03)
    刺毒生物 @

    ◆ アイゴ
    https://zukan.com/media/leaf/original/001404.jpg?width=832&height=624&type=resize

    食べても美味しくないです。
    アイゴの毒はタンパク毒です。アイゴ科は全て毒があります。
    通称タンパク毒と聞くと『 毒性が低い 』と思いかもしれませんが、
    毒蛇のハブもタンパク毒です。
    酵素みたいなもんで、刺した部分を溶かす、壊死させる毒という事です。

    ニザダイ亜目アイゴ科に属するが、基本ニザダイもアイゴも美味しくないです。
    臭いんです。
    こいつらの特長は、海のナマケモノです。
    地上のナマケモノって変な動物ですが、ニザダイもアイゴも海の中では変な魚です。
    アイゴは『 死んだふり 』を武器にしてます。
    生物は活魚を追っかけて捕食するようですね (笑)

    ☆動画 アイゴの死んだふり
    https://www.youtube.com/watch?v=MYMnCgb16As

    『 死んだふり 』って重要で、カレイやヒラメのような魚が存在するのは、
    死んだふりをした魚が進化したという事ですね。




    ◆ ヒョウモンダコ
    https://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_kk/dok711-012-0H4A5449.jpg

    食べられません
    毒はテトロドトキシン、サキシトキシンです。猛毒です。
    見つけても手掴みをしないよう★警告★しときます。
    見た目の豹紋で、『 私毒持ちですよ 』とヒョウモンダコの方からアピールしています。

    なぜ、生命は毒をもったのか?と問われれば…、わかりません。
    なぜ、生命が生まれたのか?という問いと匹敵するぐらい難しいです。
    テトロドトキシンに関しては、フグや貝毒でご説明します。

    ヒョウモンダコに噛まれたらどうするか?
    即効、病院にいってください




    ◆ 海毛虫
    https://zatsugaku-company.com/wp-content/uploads/2019/06/umikemushi.jpg

    もちろん食べられません。毒はコンプラニンです。
    見た目からヤバい奴と判断してください。陸上の毒蛾、毒蛾の幼虫もこんな感じですね。
    結構、釣れます(笑)
    小さな棘っぽいもの(アスベストの様)を持っているようで、
    マジモンは毒蛾にやられた事があり、おそらく対処は一緒かなと思います。




    ◆ エイの仲間

    ☆画像 アカエイ
    https://kaisen-aquarium.com/wp-content/uploads/2018/11/ei.jpg
    ☆画像 ホシエイ
    https://assets.serenity.co.uk/3000-3999/3940/720x480.jpg

    サメとエイの違いは鰓の位置。
    サメは真横に鰓がついているが、エイは真下についている。
    毒針のないエイも存在します、オニイトマキエイ、ノコギリエイ等

    ☆画像 オニイトマキエイ
    https://i.pinimg.com/originals/d1/6e/6a/d16e6a0c7f976e273c2d7c0cd917f119.jpg
    ☆画像 ノコギリエイ
    https://shigurechan.com/wp-content/uploads/2021/02/sawfish.jpg


    ☆動画 実際にエイに刺されるとこうなる
    https://www.youtube.com/watch?v=4qkZE-qGbII

    エイの刺毒はタンパク毒で、45℃のお湯によって痛みが緩和します。
    毒を構成しているタンパク質が熱によって変性するんでしょう。
    エイの毒針は、切ってもまた生えてきます。
    エイの刺毒の死亡例はあります。心臓に刺されば即死クラスらしい。


    ☆動画 そもそも、どうやって刺してくるのか?
    https://www.youtube.com/watch?v=sZ3XJAQjViU
    ☆動画 エイの毒針、ブーツ貫通
    https://www.youtube.com/watch?v=wJ_IzXHSajw
    ☆動画 アカエイの毒針の観察
    https://www.youtube.com/watch?v=Sz5tkH7GrSI

    バタバタさせるんだな…
    エイ如きのバタバタでは刺さらないだろう!とお思いかもしないが、
    構造的に結構鋭利で、まるで剣道の剣捌きのよう…。
    魚であれ、自然動物の武器は侮らん方がいい。

    ☆動画 ノコギリエイのノコギリ
    https://www.youtube.com/watch?v=itGM1yU0NWk&t=41s
    ☆動画 カジキの槍
    https://www.youtube.com/watch?v=1FhnPrOaKcc

    結局、エイの毒針は恐竜時代に発達したのだと思います。
    エイは浅瀬にも進出してきますので、
    他の動物による『 踏みつけ防止 』する役目があるのでしょう。
    エイは美味しいので、献立表に追加します。




    ◆ ゴンズイ
    https://zukan.com/media/leaf/original/42183.JPG
    ☆動画 ゴンズイ玉
    https://www.youtube.com/watch?v=uJdyWRqV_XM

    ☆動画 検証!ゴンズイに刺されてみた
    https://www.youtube.com/watch?v=l3Y2SQkPRSo&t=14s

    ※ ゴンズイの刺毒はタンパク毒で、湯によって痛みが緩和します。
      毒を構成しているタンパク質が熱によって変性するんでしょう。
    ※ ゴンズイは美味しいので、献立表に追加します。
返信/引用返信 削除キー/

■25368 / )  長時間睡眠
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/05(Fri) 13:07:29)
    12時間以上寝るとひどい悪夢となりこの路線はやめた。

    次に思いついたのが何も考えないという方法。

    鬱期間は休んでろということなので脳内言葉転がしで解決できるわけがない。
返信/引用返信 削除キー/

■25367 / )  Re[9]: :B141の注釈部分
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/05(Fri) 07:56:37)
    No25365に返信(pipitさんの記事)
    おはようございます! 爽やかな朝
    一点だけ先にレスします。

    > 中山元先生訳本の第二巻のp248の注釈に、
    > 『(14)カントは一七六二年に「三段論法の四つの格」という論文を発表して、第一格だけが本来の推論であり、残りの三つの格は「不要なもの」(『カント全集』第二巻、理想社、九六ページ)であることを指摘している。』
    > とありましたね。

    それ知りませんでした。嬉しいです!
    4格の整理だけでよかったかな、私見は要らなかったかなと思っていたのですが、あながちハズレではないのかも。
    (tedious:「飽き飽きする」とかいう意味も辞書にあって、細かい分類にかなり否定的な感じは冒頭から醸し出してますね)
    続ける元気が出てきました。

    一点だけレスと言って二点目

    > 今読解してる箇所の
    > 『純粋な三段論法の前提のうちに直接的な推論をこっそりと隠すことによって、』(中山元先生訳)
    >
    > これがどういう意味になってくるのかなぁ。

    そうそう、その辺がどういう意味なのか見えてくればいいなー と。


    ライプニッツの件も未だレスしてなくてすみません。
返信/引用返信 削除キー/

■25366 / )  Re[3]: 超越論的感性論 第八項:\−5
□投稿者/ pipit -(2022/08/05(Fri) 06:39:06)
    No25361
    うましかさん、おはようございます(^○^)

    性格がいいかげんな私は、本をふわーっと読み流すことが多々あるけど、うましかさんの投稿で、カントの文章にきちんと向き合う機会がとても多くなっていて、本当に感謝です。

    カントの文章は読むの私は時間かかるので(^◇^;)、今日仕事なので、また帰ってきてからゆっくり読ませていただきますね!

    いつもありがとうございます(o^^o)♪
返信/引用返信 削除キー/

■25365 / )  Re[8]: :B141の注釈部分
□投稿者/ pipit -(2022/08/05(Fri) 06:22:31)
    No25358
    おくたがわさん、おはようございます!

    4つの格のまとめをありがとうございます。頭の整理になり助かります(^人^)

    >(ここからは私見)
    ・妥当な推論であるためには、結論の「不死なるもの」は「ある不死なるものは」という形での主語とならなければならない。
    「全ての不死なるものは」では妥当な推論形式にならない。大前提・小前提から結論を導けない。<

    不死なるものの一員に悪魔ちゃんも存在してるかもですもんね。
    比較するためにコピペさせていただきますね。
    ==========
    三段論法の例1
    大前提:すべての天使は不死なるものである。
    小前提:ガブリエルは天使である。
     結論:ガブリエルは不死なるものである。
    ===========
    「第四格」の形で妥当な推論を作るならば

    大前提:ガブリエル(P)は天使(M)である。
    小前提:すべての天使(M)は不死(S)なるものである。
     結論:ある不死(S)なるものはガブリエル(P)である。

    =============


    >・大前提と小前提は入れ替わってもトータルで持っている意味は変わらない。要は「大前提と小前提がともに正しい(真)なら結論も正しい(真)」ということなので。<

    はい。諸概念(ガブちゃん、天使、不死)の関係性が、第4格で『ある』という限定を入れることにより、第1格と第4格で、同様の関係性の結果になってるかんじですよね?


    >(カントの言いたいことに関係するかもしれない私見)
    ・ここでの結論「ある不死なるものはガブリエルである」は 「ガブリエルは不死である」と同値である。
     「ある不死なるものはガブリエルである」⇔「ガブリエルは不死である」
     いずれも、不死なるものを全部集めた集合の要素の一つがガブリエルであるということ。<

    はい。


    >そうすると
    上記「第四格」の形式の三段論法は
    第一格の三段論法と等価と考えられる。

    大前提:すべての天使は不死なるものである。
    小前提:ガブリエルは天使である。
     結論:ガブリエルは不死なるものである。

    「ある不死なるものはガブリエルである」⇔「ガブリエルは不死である」 :(同値)
    が分かっていれば、「第四格」は「第一格」に置き換えることができ、つまり「第四格」という分類は必要ない。
    未だ試してないですが、おそらく第二格・第三格の分類も、同値の命題に置き換えれば不要となるのでは…<

    あー、なるほどです。
    ヒントをたくさんくださり感謝です。
    中山元先生訳本の第二巻のp248の注釈に、
    『(14)カントは一七六二年に「三段論法の四つの格」という論文を発表して、第一格だけが本来の推論であり、残りの三つの格は「不要なもの」(『カント全集』第二巻、理想社、九六ページ)であることを指摘している。』
    とありましたね。

    おくたがわさんは中山元先生訳本の第4巻はお持ちですか?
    第4巻p35.36(中山先生独自番号392)に『直接推論(コンセクエンティア・イメディアタ)』や推論についてが載ってて、カントの挙げる例もあるのですが、
    (もしお持ちでなければ引用しますのでおっしゃってくださいね(^_^))
    ここも関わってる予感はしてるのですが。。。


    今読解してる箇所の
    『純粋な三段論法の前提のうちに直接的な推論をこっそりと隠すことによって、』(中山元先生訳)

    これがどういう意味になってくるのかなぁ。

    > たぶん続きます。<

    読めたら嬉しいです!o(^o^)o♪

返信/引用返信 削除キー/

■25364 / )  食材日記【 ホウボウ 】
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/05(Fri) 04:42:14)
    2022/08/05(Fri) 14:49:17 編集(投稿者)

    食材日記 【 ホウボウ 】

    学名:Chelidonichthys spinosus
    和名:ホウボウ
    英名:Gurnard

    マジモンは一番美味しい魚は、落ちハゼと言っていますが、
    このホウボウも『 非常に美味しくて万能なお魚 』です。
    トラフグが高価ならば、ホウボウを食べればいい…、そのぐらい美味いです。
    和・洋・中なんでもいけますね。
    まずもって、底物の魚介類は美味しいですよ ( ´∀` )


    ◆ 分布・生息域
    北海道南部以南から黄海、東シナ海、南シナ海まで分布する。
    水深100-200mほどの砂泥底に多く生息するが、
    生息域は浅い海から水深600mほどの深海まで幅広い。


    ◆ 形態
    浮き袋(鰾)でグーグーと音を出して鳴くことができ、
    ホウボウという和名はこの鳴き声からつけられたという説がある。
    ホウボウの浮き袋を指して「鳴き袋」とも呼ぶ。
    ★動画 ホウボウの鳴き声
    https://www.youtube.com/watch?v=dh7B9w_B23w

    甲殻類などと同様に脱皮する。また、その数日前から絶食する場合もある。
    遊泳時には胸びれをたたみ、体をくねらせて泳ぐが、獲物を探す時には胸びれを広げ、
    脚のように変化した胸びれの軟条3対で砂泥底を歩くように移動する。
    この軟条の先で味を感じることができ、砂に潜った獲物を探る。
    食性は肉食性で、エビ、カニ、小魚などを大きな口で捕食する。


    ◆ 釣り
    ★動画 防波堤からホウボウを釣る。
    https://www.youtube.com/watch?v=8911aTbCQxE
    ★動画 ホウボウのバイト・ヒットシーン
    https://www.youtube.com/watch?v=xQLPms5eTiE


    ◆ 旬は冬。
    主に底引網で漁獲されるほか、イトヨリダイやヒラメ、カレイなどと共に釣りで漁獲されることもある。
    歩留まりはあまり良くないが、カナガシラなどに比べれば頭部が小さく身も多い方である。
    身は白身だが生では薄いピンク色がかっており、旨みと歯ごたえがあって美味。
    ・カナガシラ
    https://zukan.com/media/leaf/original/012160.jpg?width=832&height=624&type=resize
    ・ソコホウボウ
    https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fish/houbou/sokohoubou029L.jpg


    ◆ 目利き

    ・ 刺身なら活〆されたものか、腹がまだ硬いもの
    ・ 目が澄んでいて、体表の色が鮮やかなもの
    ・ エラが鮮紅色のもの
    ※ 魚の基本的な目利きです。


    ◆ 栄養
    ・ 良質なタンパク源
    ・ EPAとDHA


    ◆ 料理
    ★動画 ホウボウのさばき方
    https://www.youtube.com/watch?v=tSYv2Vfav9I
    ★動画 ホウボウの刺身とあら汁@
    https://www.youtube.com/watch?v=Mhyh1HgNj7c
    ★動画 ホウボウの刺身とあら汁A
    https://www.youtube.com/watch?v=blGuyOsTbYA

    ★動画 ホウボウの煮付け
    https://www.youtube.com/watch?v=c9t80uW7fmg
    ★動画 ホウボウのから揚げ
    https://www.youtube.com/watch?v=0NaEcNT1rEE
    ★動画 ホウボウのムニエル
    https://www.youtube.com/watch?v=wcESuEqQ4eY
    ★動画 ホウボウ鍋
    https://www.youtube.com/watch?v=TPrWItKuAac
    ★動画 ホウボウのアクアパッツァ
    https://www.youtube.com/watch?v=ir9XxzJhMeM

720×540 => 600×450

o0720054012892637147.jpg
/73KB
返信/引用返信 削除キー/

■25363 / )  一つ一つが、君の人生にて
□投稿者/ アートポット -(2022/08/05(Fri) 03:47:11)
    22才の別れ を聴いて号泣にてにょ。ー二三Σ(((⊃`・ω・´)⊃cU <アイス珈琲飲むにょ。
返信/引用返信 削除キー/

■25362 / )  日記20220805
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/05(Fri) 03:45:55)
    よし、料理を理解した (笑)

    実は明日、とあるスポーツの県大会である。
    あれ、4位じゃなかったの?って思うかもしれないが…
    特別コーチに選ばれて、地獄の朝練になっている。
    最近、真夜中に投降しているのは、それが理由 (笑)

    料理を理解したな、全てがリンクしたよ。

    タクスをやり直す。
    そう言えば、何もできないダンゴムシ君のトピは全く見ていないが、
    君とは本当に『 お別れ 』だ、バイバイ





    ・ 遺伝による理解力を高める
    ・ 煙草
    ・ 糖尿病
    ・ ユーモアのセンスがある。
    ・ 逆行に強い。
    ・ 文書管理(毎日)
    ・ 毎日の確認
    ・ 押入の片づけ(後半分)
    ・ 器具備品の廃棄表(定期的)
    ・ ハト糞との闘い(点検時)
    ・ マジモンの『 一般 』を確立する。
    ・ 毒魚の解説書
    ・ ★ ミッドナイトフィッシング E ★ → NO25201
    ・ 各文書の改善
    ・ コミュニケーション技術をあげろ
    ・ 品質管理(組合せ)を完了させろ
    ・ 社会への貢献を考えろ
    ・ 弱者に優しくしろ
    ・ 利益の追求をしろ。
    ・ 時間割をつけて枠に目的を入れて、こなせ
    ・ 物を大事にしろ
    ・ 一日一善をする
    ・ 賢く謙虚であれ、お前は神様ではない
    ・ 教われ教えろ。
    ・ 忘れろ、呪うな、開き直れ、汽車ポッポ。
    ・ 通信技術をあげろ
    ・ 計算しろ
    ・ 実施しろ
    ・ ライオン辞めろ、傲慢・憤怒・怠惰
    ・ 全て70点か、3000点
    ・ 政治学や宗教学を理解しろやれ
    ・ おしゃれしろ
    ・ 人生をなめるな



    短期目標
    8月〜11月


    中期目標
    12月〜3月


    長期目標
    4月〜7月

返信/引用返信 削除キー/

■25361 / )  超越論的感性論 第八項:\−5
□投稿者/ うましか -(2022/08/05(Fri) 01:53:34)
    2022/08/05(Fri) 01:54:32 編集(投稿者)

    pipitさん、こんばんはー

    *******

    T 超越論的原理論
    第一部門 超越論的感性論

    第二節 時間について
     第八項 超越論的感性論のための一般的注解

    ◆ だからライプニッツ−ヴォルフ哲学は、私たちの認識の本性と起源とに関するあらゆる研究に対して、一つのまとまった不当な観点を指示してきたが、それはこの哲学が感性と知性的なものとの区別を単に論理的なものとみなしたことによる。というのも、この区別は明らかに超越論的であって、単に認識の判明性あるいは非判明性という形式に関わることではなく、認識の起源と内容にかかわることであり、従って私たちは、感性によっては諸物自体そのものの性質を判明に認識できないのみならず、全然認識できないのである。また、表象された客観は、感性的直観がその客観に付与した固有性をともなうが、私たちが私たちの主観的性質を除き去るや否や、どこにも見出されるはずがなく、また見出され得なくなる。というのも、この主観的性質が現象としてのその客観の形式を規定するからである。

    --- No.24923 からの続き ---

    ◇ 私たちは、いつもよく現象のあいだで、現象の直観に本質的に結びついており、だからあらゆる人間的感官一般にとって妥当するもの〔現象:ロックの第一性質*1〕と、現象の直観にただ偶然的にのみ帰属するもの、つまり感性一般との連関にとって妥当するのではなく、ただ〔観察者の〕あれこれの感官の特殊な位置や〔観察する〕組織にとってのみ妥当するもの〔現象:ロックの第二性質〕とを、区別している。
    第一の認識は対象自体そのものを示す認識と名づけられているが、第二の認識は対象の現象のみを示す認識に過ぎないとされている。
    しかし、この区別は経験的な区別でしかない。

     *1 中山元訳1、p.122〜123「073 ロック批判」を参照

    ◇ もしも、人がこの区別にとどまり(一般に為されているように)、しかも、あの経験的直観をまたもや(当然そうすべきであるように)単なる現象と見なさないとしたならば、
    つまり、あの経験的直観の内には、何らかの事象自体そのものに関わるものは全然何一つとして見いだされ得ないのだというように、見なさないとしたならば、
    私たちの超越論的区別は失われてしまうので、その時には、私たちは諸物自体そのものを認識すると、何としても信ずる。
    たとえ私たちが、至るところで(感性界においては)、感性界の諸対象の探究を最も深く押し進めてすら、現象以外の何ものとも関わり合わないとしても、そう信ずるのである。

    ◇ それで、〔例えば、〕 私たちはなるほど、虹を、お天気雨に起こる一つの単なる現象と呼びはするが、しかし、このお天気雨の方は事象自体そのものと呼ぶだろう。
    このことは実際、私たちが、この後者〔お天気雨〕の事象自体そのものという概念をただ物理的に解し、一般的な経験においては感官とのあらゆる様々な状態下にありながら、しかし直観においてはそのように規定され、それ以外には規定されてはいないものと解する限り、正しくもある。

    ◇しかし、私たちがこの経験的なもの一般を取り上げ、このものと人間のあらゆる感官との一致いかんに頓着なく、はたしてこの経験的なものすら対象自体そのものを(雨滴を、ではない、なぜなら、雨滴はそのときには既に現象として経験的客観であるからである)示すかどうかを問うならば、表象とその対象との連関についてのこの問いは超越論的であり、だから雨滴がその中で降る空間も、何らそれ自体そのものではなく、私たちの感性的直観の単なる変容、或いは根本形状であることになる。
    しかし超越論的客観は私たちにはあくまで未知のままなのである。


    † 原佑訳上巻、p.176〜p.178参照。他に、石川文康訳上巻、p.99〜p.100、中山元訳1、p.122〜p.124を参照。
    †≠ナ囲まれた言葉は、カントが『純粋理性批判』文中で強調したものです。
    † 翻訳はしますが、◇〜は私が便宜上用いた区分けであり文章は原文・訳文の通りではありません。
    † 文中〔〕内は私による挿入、*1、*2〜や、※1、※2〜は私の覚書とします。これらは後に訂正、削除、修正等することがあります。
    † ◆〜は原典における段落とします。


    *******
    \−4 No.24923、\−5 No.25361
    \−1 No.24381、\−2 No.24686、\−3 No.24835
    [−4 No.23865、[−5 No.24101
    [−1 No.23091、[−2 No.23113、[−3 No.23247
    Z−4 No.22690、Z−5 No.23032
    Z−1 No.21262、Z−2 No.21969、Z−3 No.22067
    Y−1 No.20986
    X−4 No.20772
    X−1 No.20568、X−2 No.20578、X−3 No.20699
    W−10 No.20434
    W−7 No.19817、W−8 No.20105、W−9 No.20168
    W−4 No.19542、W−5 No.19668、W−6 No.19682
    W−1 No.18802、W−2 No.19157、W−3 No.19216
    V−7 No.18378、V−8 No.18764
    V−4 No.17945、V−5 No.18058、V−6 No.18323
    V−1 No.17515、V−2 No.17588、V−3 No.17841
    U−1 No.16741、U−2 No.16783
    T−1 No.16440、T−2 No.16454、T−3 No.16495

    *******

    第一項 No.16440,16454,16495,16741,16783
    第二項 No.17515,17588,17841,17945,18058,18323,18378,18764
    第三項 No.18802,19157,19216,19542,19668,19682,19817,20105,20168,20434
    第四項 No.20568,20578,20699,20772
    第五項 No.20986
    第六項 No.21262,21969,22067,22690,23032
    第七項 No.23091,23113,23247,23865,24101
    第八項 No.24381,24686,24835,24923,25361

返信/引用返信 削除キー/

■25360 / )  食材日記 【 シイラ 】
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/04(Thu) 23:41:18)
    2022/08/05(Fri) 20:56:05 編集(投稿者)


    D
580×450

47fe5357.jpg
/108KB
返信/引用返信 削除キー/

■25359 / )  土用の丑
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/04(Thu) 22:57:29)
    こんばんは、floraさん

    今日8月4日は今年2回目の土用の丑です。ということでうな丼作りました。ウナギは愛知県三河産です。中国産だと約半額なのですが・・・

    >予備の指揮者さんの件
    う〜ん、どうなんでしょうね。こういうのを代棒というのですが、リハーサルと本番で指揮者が違うという経験はボクは一度だけありますがシチュエーションが全然違いました。この小沢さんの場合、代棒が本番を振るかもしれないという可能性はけっこう現実味を帯びた予想だったのではないかと思います。なので代棒の人は小沢さんのリハーサルは全部見ていて、細々とした指示をスコアに書き込んでいたと思います。小沢さんのコピーを目指していたのでは?と思います。

    代棒には別の仕事があります。小沢さんで経験したのですが、リハーサルの最初の1日は代棒が振ってオケをトレーニングしておくというものです。これは新日で小沢さんの時、何度か経験があります。こういう場合、代棒の人は譜面に忠実に曲を作るのではないかと思います。難しいパッセージや難しいアンサンブルを練習しておくというのもこういう代棒の役目です。
1000×750 => 600×450

doyou.jpg
/209KB
返信/引用返信 削除キー/

■25358 / )  Re[7]: :B141の注釈部分
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/04(Thu) 22:11:37)
    No25354に返信(pipitさんの記事)
    こんばんは。面白そうなので参加させてください。カントの言いたいことを解釈するための前提(となるかもしれない)の部分を整理してみます。

    The tedious doctrine of the four syllogistic figures concerns only categorical syllogisms;
    「三段論法の4つの格に関する退屈な教えは、定言的(断定)な推論にのみ関わるものである。」

    4つの格に関して、pipitさんのリンク先の例等を借りて整理。

    三段論法の例1
    大前提:すべての天使は不死なるものである。
    小前提:ガブリエルは天使である。
     結論:ガブリエルは不死なるものである。

    ・結論の述語となっている概念を「大概念(P)」と定義。 ここでは「不死なるもの」
    ・結論の主語となっている概念が「小概念(S)」。 ここでは「ガブリエル」
    ・大前提と小前提に共通して含まれ、結論には含まれない概念が「媒概念 or 中概念(M)」 ここでは「天使」

    また、
    大概念を含む前提を大前提、小概念を含む前提を小前提とする。
    大前提・小前提は書かれた順番等ではなく、上記で定義されることに注意。

    例1では
    大前提:MはPである。
    小前提:SはMである。
     結論:SはPである。

    という形になっており、これは
    三段論法における「第一格」にあたる推論の形式。

    4つの格は
    第一格:大前提M−P、小前提S−M、結論S−P (上記)
    第二格:大前提P−M、小前提S−M、結論S−P
    第三格:大前提M−P、小前提M−S、結論S−P
    第四格:大前提P−M、小前提M−S、結論S−P

    Mが大前提・小前提のどの位置にあるか(主語か述語か)の組合せで2×2=4とおり。


    例1と同じ概念を使って「第四格」の形で妥当な推論を作るならば

    大前提:ガブリエル(P)は天使(M)である。
    小前提:すべての天使(M)は不死(S)なるものである。
     結論:ある不死(S)なるものはガブリエル(P)である。

    となる。第一格と比べると、結論におけるSとPの内容が入れ替わっているので、大前提と小前提が入れ替わる。

    (ここからは私見)
    ・妥当な推論であるためには、結論の「不死なるもの」は「ある不死なるものは」という形での主語とならなければならない。
    「全ての不死なるものは」では妥当な推論形式にならない。大前提・小前提から結論を導けない。
    ・大前提と小前提は入れ替わってもトータルで持っている意味は変わらない。要は「大前提と小前提がともに正しい(真)なら結論も正しい(真)」ということなので。

    (カントの言いたいことに関係するかもしれない私見)
    ・ここでの結論「ある不死なるものはガブリエルである」は 「ガブリエルは不死である」と同値である。
     「ある不死なるものはガブリエルである」⇔「ガブリエルは不死である」
     いずれも、不死なるものを全部集めた集合の要素の一つがガブリエルであるということ。

    そうすると
    上記「第四格」の形式の三段論法は
    第一格の三段論法と等価と考えられる。

    大前提:すべての天使は不死なるものである。
    小前提:ガブリエルは天使である。
     結論:ガブリエルは不死なるものである。

    「ある不死なるものはガブリエルである」⇔「ガブリエルは不死である」 :(同値)
    が分かっていれば、「第四格」は「第一格」に置き換えることができ、つまり「第四格」という分類は必要ない。
    未だ試してないですが、おそらく第二格・第三格の分類も、同値の命題に置き換えれば不要となるのでは…

    たぶん続きます。
返信/引用返信 削除キー/

■25357 / )  牛肉 ( 購買 )
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/08/04(Thu) 22:07:14)
    2022/08/10(Wed) 01:00:19 編集(投稿者)

    マジモンと『 2ちゃんね創始者ひろゆき 』、
    ホリエモンの3人は、牛肉に対する考え方が似ている。
    牛肉は、完璧に人を騙している (笑)

    それゆえ、牛肉こそ品質マスターが入るべきだが…
    なにぶん、牛肉業界全体が疑わしい (笑)
    スーパーなどに並ぶ牛肉は全て疑ってかかった方がいいが、
    豚肉や鶏肉と同じように、値段の境界線がある。

    マジモンの基準はこう

    ・ 牛肉は100g200円以下は【AAA】、250円以上は【BBB】
    ・ 豚肉は100g150円以下は普通、200円以上は高価
    ・ 鶏肉は100g100円以下は普通、150円以上は高価
    こういう結果である。
    牛には【AAA】、【BBB】があり、これは後から挿入する。

    まず、私が一番お薦めするのは、鶏肉の手羽元と手羽先です。
    肉に関して、安くて美味しいbPは、手羽元と手羽先です。
    飽きるまで食べればいいと思います。

    では、牛肉に関して。
    AAAは貧乏人を騙していて、BBBは金持ちを騙している (笑)
    もう牛肉に関しては、値段、価値に関わらず、己の料理に合った牛肉を選べ!です。
    値段関係なしです。

    マジモン、ミートスパゲティがプロ並みに上手いんだが、牛挽肉を探すに非常に苦労した。

    自分の住まいの周りに4店舗、スーパーマーケットがあるんだが…

    一軍
    a) 歩いて行ける全国チェーンのスーパーマーケット(青)…@
    b) マダムの井戸端会議が開催されているマーケット(桃)…A
    e)  軍艦マーチの昭和臭のマーケット(茶)…B
    c) 県民に愛されている遠目のスーパーマーケット(赤)…C

    二軍
    f) 市街外れの精肉問屋(緑) 遠い
    g) 市街外れの魚市場(黄) 遠い
    ※ 色の意味はこのマーケットの看板の色

    欲しい牛挽肉はCしか売ってない。
    他の@ABの牛肉は、マジモンのミートスパには全く合わない。
    臭いだけでも、吐くレベルの牛肉もある。
    だから、もう、アナタの料理にあった、牛肉を価値、値段関係なく選べしか言うようがない。
    そもそも、一般多数の方々が牛肉の味がわかっているとも思えない(笑)



    ◆ マジモンが美味しいと感じる牛肉料理

    ・ ミートスパ
    ・ 青椒肉絲
    ・ ビーフカレー・ビーフシチュー・ビーフストロガノフ
    ・ すき焼き・肉豆腐
    ・ 牛丼
    ・ 牛肉の甘辛炒め( ブロッコリー、タケノコ、玉ねぎ )
    ・ 牛肉コロッケ
    ・ 牛肉とゴボウの時雨
    ・ ガーリックライス
    ・ シマチョウの野菜炒め
    ・ ハラミの約肉

    こんなもんか?
    この料理に合った牛肉を探し求めないといけない。
    どこの店の、この値段のお肉、そして、その時に目利きも必要だという事
    今までは、価値が低い牛肉を、高値で買っている可能性がある。
    牛肉と言えない肉を、牛肉として買っている可能性があるね。



    ◆ 値段について

    パックについているラベルについて考察

    ・ 国産 牛ロースステーキ肉 100g699円
    ・ 外国産 牛ハラミ焼肉用 100g379円
    ・ タレ漬け牛ハラミ 100g249円
    ・ 国産 牛バラカルビ切り落とし 100g399円
    ・ 国産 黒毛牛モモ焼肉 100g599円
    ・ 外国産 牛肩ロースうす切り 100g229円

    肉料理はレストランや洋食屋に行った方が速いような気がするな (笑)
    行きつけのレストランのヒレステーキ定食4000円…、まぁ〜、妥当だろうなと思う。
    ・リブロースステーキ
    ・サーロインステーキ
    まず好きな料理の『 肉の種類・製品 』を知らねばならんと思う。


    ・ 青椒肉絲 → もも肉、肩ロース
    ・ ビーフシチュー系 → すね肉、バラ肉、もも肉、肩ロース、タン、テール肉
    ・ すき焼き・肉豆腐・牛肉とゴボウの時雨 → 肩ロース、バラ肉、リブロース
    ・ 牛丼 → バラ肉
    ・ 牛肉の甘辛炒め( ブロッコリー、タケノコ、玉ねぎ ) → 肩ロース
    ・ ガーリックライス → 肩ロース

    万能なのは、『 肩ロース 』やな (笑)



    ◆ 牛の解体
    ★動画 https://www.youtube.com/watch?v=9ctd0AsNMJA
    こうやって牛の解体をみると…、絶対に美味しいのは『 牛バラ肉 』だろうな(笑)

    ・ 牛肉→100g199円の牛こま肉が基本。牛肉は利きが必要とされ、高額の牛肉は自己責任&自己満足
    ・ 基本備蓄食材→牛乳・卵・肉類2種(ひき肉・豚肉・牛肉・鶏肉・魚)
    ・ 目的は体を作る食材
    ・ 牛肉の箇所(100gの値段比較)
      ネック400円也・ウデ900円也・肩バラ500円也・肩ロース1100円也
      リブロース900円也・シュートリブ250円也・サーロイン800円〜1000円也
      ヒレ2000円也・ランプ900円也・しんたま800円也・そともも800円也
      うちもも800円也・スネ(牛スジ)300円也・タン1500也・サガリ400円也
      ハラミ400円也・テール490円也・カシラ180〜240円也・ミノ200円也
      八ツ194円也・レバー400〜500円也・マメ200円也・センマイ80円也
      ヒモ150円也・シマチョウ80円也
     
     ※ 牛の肉の箇所
     https://yuru-column.com/wp-content/uploads/2020/08/1362131-768x479.jpg
     https://lowch.com/wp-content/uploads/2018/06/bui.jpg



    ◆ 脂

    ★動画 牛脂
    https://www.youtube.com/watch?v=3AovdcItuuo
    ★動画 猪脂
    https://www.youtube.com/watch?v=6iOFr7Q02xw
    ★動画 鶏脂
    https://www.youtube.com/watch?v=UJQayN6wZyY

    炒飯はおそらく、豚と鶏が圧勝だと思う。


    NO25384

    熟成とは? →
1200×800 => 600×400

I-DB-551_1604036123537_1200.jpg
/1021KB
返信/引用返信 削除キー/

■25356 / )  Re[3]: イカの煮込み
□投稿者/ flora -(2022/08/04(Thu) 20:16:41)
    No25329に返信(田秋さんの記事)

    田秋さん、こんにちは〜
    > このところ料理づいています。今日作ったのは三國シェフレシピの中から《イカの煮込みです》。左がオリジナル、右はそれに固形スープや塩胡椒を加えたスパゲティソースです。

    シーフードいいですよね。私のところではせいぜい冷凍ものなので、食べていません。。。ううう。フランスやイタリアは食材が豊富で、料理が発展してのかわかりますよね^^。

    それと料理も実践ですね。いくら理屈を言っても・・・・ね!


返信/引用返信 削除キー/

■25355 / )  Re[47]: こんにちは。
□投稿者/ flora -(2022/08/04(Thu) 20:08:57)
    No25342に返信(みのりさんの記事)

    みのりさん、こんにちは!

    > 暑い日があいかわらず続いてますね。
    > 皆様どうぞご自愛ください。

    みのりさんもどうぞご自愛くださいませ。
    >
    > 近いうち、またなにか投稿したいです。

    お待ちしていますね!
返信/引用返信 削除キー/

■25354 / )  Re[6]: :B141の注釈部分
□投稿者/ pipit -(2022/08/04(Thu) 19:56:17)
    2022/08/04(Thu) 19:57:06 編集(投稿者)

    英訳を投稿しておきます!

    The tedious doctrine of the four syllogistic figures concerns only categorical syllogisms;

    and although it is nothing more than an artifice by surreptitiously introducing immediate conclusions (consequentiae immediatae) among the premises of a pure syllogism,

    to give ism give rise to an appearance of more modes of drawing a conclusion than that in the first figure, the artifice would not have had much success, had not its authors succeeded in bringing categorical judgements into exclusive respect, as those to which all others must be referred a doctrine, however, which, according to § 5, is utterly false.
返信/引用返信 削除キー/

■25353 / )  哲学物量作戦 5
□投稿者/ パニチェ -(2022/08/04(Thu) 19:56:05)
    トピ主:塔晶夫さん


    よろしくお願いします。

返信/引用返信 削除キー/

■25352 / )  Re[5]: :B141
□投稿者/ pipit -(2022/08/04(Thu) 19:47:30)
    悪魔ちゃん、こんばんは!

    No25348に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > お邪魔しま〜す。
    >
    > 4つの音節的図形という教義は退屈。
    > これと似て、論理学も退屈〜。<

    pipitはきちんとは知らないからなぁ、でも、めっちゃややこしそうだよね(−_−;)

    > 「論理」と「論理学」は区別してたほうがいいのなかもよ?<

    ほんとだね!
    論理学、でも、いろんなタイプの論理学もあるかもだしね。


    > ほら、ここらへんはふくろうさんが語ってるれるかな。<

    ナゾの数式いっぱい並べてくれたりして?
    ていうか、あれ、数式???違うか( ̄▽ ̄;)

    あ、論理式 ?

    カントもね、論理学の授業もしてたみたい。(^_^)
    カントの時は論理式とかなかったかもだね

    とりあえずは、英訳をがんばって日訳してみまーす ( ;∀;)知識無いから難いヲ

返信/引用返信 削除キー/

■25351 / )  害虫とはなにか
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/04(Thu) 19:35:03)
    そんなことも含めてすべてどうでもよくなってきた。

    雑草も一時は写真まで撮っていたものだが。

    新聞の投書ももう読んでいない。

    無関心の嵐。きびしいもんだ。
返信/引用返信 削除キー/

■25350 / )  問題意識
□投稿者/ pipit -(2022/08/04(Thu) 19:32:54)
    ■25344
    干す段階の洗濯物に粉々状態でくっついるティッシュ
返信/引用返信 削除キー/

■25349 / )  Re[76]: :付け加える
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/04(Thu) 19:19:53)
    追伸、

    新しいものに「付け加える」っていうことどういうことななの?


返信/引用返信 削除キー/

■25348 / )  Re[4]:B141
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/04(Thu) 19:07:39)
    お邪魔しま〜す。

    4つの音節的図形という教義は退屈。
    これと似て、論理学も退屈〜。

    「論理」と「論理学」は区別してたほうがいいのなかもよ?

    ほら、ここらへんはふくろうさんが語ってるれるかな。
返信/引用返信 削除キー/

■25347 / )  Re[48]: こんにちは。
□投稿者/ 田秋 -(2022/08/04(Thu) 18:57:22)
    お久しぶりです、みのりさん

    しばらく音沙汰が無かったのでどうなさったのだろうと思っていました。

    人生には色んな事が起こります。

    何が起こったのか知る由もありませんが、落ち着かれて再びニークラへお出でになることを心よりお待ちしています。
返信/引用返信 削除キー/

■25346 / )  Re[47]: こんにちは。
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/04(Thu) 18:36:13)
    こんにちは。
    みのりさん

    >やっと少しほっとできそうな気配になったところです<

    なんとかよかったとおもいます。

    >近いうち、またなにか投稿したいです<

    まてま〜す。
返信/引用返信 削除キー/

■25345 / )  Re[75]:泥まみれの背番号16
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/04(Thu) 18:28:27)
    No25325
    >「だめだ、なんと言われようと、何を聞かされようと、新しいものを付け加えられないやつだっているんだ」<

    ねえ、あんたのいう、>新しいもの<ってどんなの?






返信/引用返信 削除キー/

■25344 / )  Re[50]: 発見
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/08/04(Thu) 18:22:02)
    ■25341 、
    pipitさまが問題としてるのは、ティッシュ?
返信/引用返信 削除キー/

■25343 / )  Re[74]: 恐怖の洞窟
□投稿者/ 塔晶夫 -(2022/08/04(Thu) 18:16:04)
    > なかなか亡霊が出て来なくて、退屈だったけど、ラストに出て来て、バッチリ怖かったです。

    オカルトとミステリをうまく組み合わせた佳作でした。
    ダイアン・ベイカーもきれい!
返信/引用返信 削除キー/

■25342 / )  こんにちは。
□投稿者/ みのり -(2022/08/04(Thu) 16:00:14)
    日常のあることで、不安に押し潰されそうな日々が続いていました。
    やっと少しほっとできそうな気配になったところです。

    暑い日があいかわらず続いてますね。
    皆様どうぞご自愛ください。

    近いうち、またなにか投稿したいです。
返信/引用返信 削除キー/

■25341 / )  発見
□投稿者/ pipit -(2022/08/04(Thu) 14:48:59)
    ティッシュを洗濯すると、見事に粉々になります。(T ^ T)クッ

    …「水に溶けるティッシュ」なら他の洗濯物は無事だったのだろうか…
返信/引用返信 削除キー/

■25340 / )  B141のカントによる訳注部分
□投稿者/ pipit -(2022/08/04(Thu) 07:24:20)
    みなさま、おはようございます(^ ^)

    No25331
    No25332

    pipit> 訳注部分・・・さっぱりわからないので、飛ばさせていただきます<

    と言ってましたが、罪の意識からか、なーんか、読んでー読んでーと呼ばれてる気がして、ちょっと読もうか、と思い直しました。
    ( ̄▽ ̄;)

    この箇所の英訳の日訳はDeepL翻訳さんには酷だったようで、冒頭な論理学の術語が、正確な論理学用語として訳されてませんでした。

    また、田村一郎先生の日訳などを引用させていただくか、pipitが訳すか、し直そうと思います。
    無限判断とかも関わってくるといえばくるかも
    (−_−;)

    あぁ、論理。。。気が重いなぁ(難しいから)

    訳は後で時間できた時に入力などするとして、
    論理の『三段論法の四つの格』に関して参考になったページをご紹介させていただきます。↓


    【TANTANの雑学と哲学の小部屋】さまのページより

    『三段論法とは何か?大前提・小前提・結論という三つの命題と一つの媒概念によって構成される間接推論の形式』
    https://information-station.xyz/7660.html

    『三段論法における四つの格の分類とは?大概念・小概念・媒概念の定義と配置に基づく形式的分類、三段論法の格と式の違い@』

    https://information-station.xyz/7665.html

    『A, I, E, Oに基づく三段論法の64通りの式の区分とは?三段論法における格と式の違いA』

    https://information-station.xyz/7672.html

    『正しい三段論法と誤った三段論法の違いとは?反例を示すことが論理的に不可能な形式と反例によって結論が覆される形式』

    https://information-station.xyz/7681.html




    などなど、まだたくさん【TANTANの雑学と哲学の小部屋】さまのページに論理学の説明がありました。
返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -