TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■21439 / inTopicNo.25)  Re[15]: 雑
  
□投稿者/ エフニ -(2022/03/11(Fri) 20:31:27)
    寄るべなみ 身をこそ遠く隔てつれ 心は君が影となりにき

    古今集・恋 3・619
引用返信/返信 削除キー/
■21080 / inTopicNo.26)  Re[14]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/02/25(Fri) 18:42:50)
    橘(たちばな)の 影踏む道の 八(や)ちまたに ものをそ思ふ 妹(いも)に会はずして


    (万葉集 2・125)
引用返信/返信 削除キー/
■20782 / inTopicNo.27)  Re[13]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/02/11(Fri) 20:36:57)
    恋すれば 我が身は影となりにけり さりとて人に添はぬものゆえ

    (古今集・恋1・528)
引用返信/返信 削除キー/
■20538 / inTopicNo.28)  Re[12]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/01/26(Wed) 22:13:17)
    妹君ちゃん、こんばんは

    >苛苛こそ。癒してくれる。誰が反対しても必ず味方になってくれる そんな確信在ります。<

    何か、アンドロメダとベルセウス、くしなだ姫とスサノヲみたい。

    そう、どんな時でも、何があっても、僕が君を守るよ。

    そう、映画「スピード」のキアヌ・リーブスのように。

    彼はサンドラ・ブロックを見捨てず、一緒にバスに残り、彼女を強く抱きしめて、最後のクライマックスに向かって行きます。

    そう、あの時のキアヌ・リーブスを私と思って下さって、そう間違いはありません


    キュン死させて、ゴメンァ
引用返信/返信 削除キー/
■20491 / inTopicNo.29)  Re[9]: 雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ パニチェ -(2022/01/22(Sat) 13:45:25)
    こんにちは、つばめさん。横レス失礼します。

    No20490に返信(つばめさんの記事)
    > 記憶に間違いがなければ
    > ツァラトゥストラは
    > 快癒する心は歌になると言った。
    > 何気に
    > そうだなと思っていたけれど
    > 快癒するには
    > 病気にならなくてはいけない。
    > つまり
    > 何気に複雑。

    以下ですね。  

    「おまえたちはなんとよく知っていることか、わたしが七日のあいだに、どんな慰めを自分自身のために考案したかを!
    わたしが再び歌わなくてならないということ、──わたしが自分のために考案したのは、そういう慰めなのだ、こういう回帰なのだ。きみたちはそれをしもすぐにまた手回しオルガンの歌にしてしまうつもりなのか?」
    ──「これ以上語り続けるな、」と彼の動物たちはもう一度彼に答えた、「それよりもむしろ、あなた、回復しつつある者よ、あなたのためにまず竪琴を整えよ、新しい竪琴を!
    というのは、さあ見よ、おお、ツァラトゥストラよ!あなたの新しい歌のかずかすには、それぞれ新しい竪琴が必要であるからだ。
    歌え、歌をたぎらせ溢れさせよ、おお、ツァラトゥストラよ、かずかずの新しい歌であなたの魂をいやせ。いまだ何びとの運命でもなかったような、あなたの大いなる運命を、あなたが担うために!
    というのは、おお、ツァラトゥストラよ、あなたが何者であり、また何者にならなくてはならないかを、あなたの動物たち〔であるわたしたちワシとヘビ〕はよく知っているからだ。見よ、あなたは永劫回帰の教師なのだ──、これが今やあなたの運命なのだ!(ツァラトゥストラ 回復しつつある者)」

引用返信/返信 削除キー/
■20490 / inTopicNo.30)  Re[8]: 雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ つばめ -(2022/01/21(Fri) 20:09:22)
    記憶に間違いがなければ
    ツァラトゥストラは
    快癒する心は歌になると言った。
    何気に
    そうだなと思っていたけれど
    快癒するには
    病気にならなくてはいけない。
    つまり
    何気に複雑。

引用返信/返信 削除キー/
■20489 / inTopicNo.31)  雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ つばめ -(2022/01/21(Fri) 19:54:56)
    例え満身創痍で朝を迎えることになったとしても、
    私があなたを信じていることには変わりはない。

    今日も
    くるしい一日が始まる。

    ささやかな愉快さを積み重ねながら
    今日を乗り切ろう。

    幾十かの私の複合体が
    今日を進んでゆき

    私は勝利する

    ・・・何に?

    ・・・別の私に。

    そうして穏やかな夜を迎えられるように。
引用返信/返信 削除キー/
■20409 / inTopicNo.32)  Re[6]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 20:17:27)
     そのうえ、時がたつうちに、いくつかの仏教の宗派は、
    様々な仏や菩薩を生み出した。
    これらは、苦しみからの完全な解脱を達成する能力を持つ人間や、
    人間以外の存在なのだが、依然として苦悩の輪に取り込められている無数の存在を救うために、
    憐みからその解脱を慎んでいるのだ。
    多くの仏教徒は、神々を崇拝する代わりに、
    悟りを開いたこれらの仏や菩薩を崇拝するようになり、
    涅槃に入るだけではなく俗世の問題を処理するのも助けてくれるよう祈り始めた。そのために東アジア各地で、祈りや色鮮やかな花、
    香しいお香、米やお菓子の添え物と引き換えに、雨を降らしたり、
    疫病を抑えたり、果ては血なまぐさい戦争に勝ったりさえするために時間を費やす仏や菩薩が多くみられる。
     
引用返信/返信 削除キー/
■20386 / inTopicNo.33)  Re[5]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 19:15:36)
     とはいえ、一神教と非常によく似て、
    仏教のような近代以前の自然法則の宗教は、
    神々の崇拝を完全に捨て去ることはついになかった。
    仏教は、経済的繁栄や政治的権力のような途中の地点ではなく、
    苦しみからの完全な解放という究極の目的地を目指すように人々を促した。
    だが、仏教徒の99%は涅槃の境地に達しなかったし、
    いつか来世でそこに達しようと望んでも、
    現世の生活のほとんどを平凡な目標の達成に捧げた。
    そこで彼らは、インドではヒンドウー教の神々、チベットではボン教の神々、
    日本では神道の神々というふうに、多様な神を崇拝し続けた。
引用返信/返信 削除キー/
■20385 / inTopicNo.34)  Re[4]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 19:00:04)
    「ダルマ」として知られるこの法則を、仏教徒は普遍的な自然の法則とみなしている。
    「苦しみは渇愛から生じる」というこの法則は、
    現代物理学ではEがmc2と等しいのと全く同じで、つねにどこでも正しい。
    仏教徒とは、この法則を信じ、それらを自らの全活動の支えとしている人々だ。
    一方、神への信仰は、彼らにとってそれほど重要ではない。
    一神教の第一原理は「神は存在する。神は私に何を欲するのか?」だ。
    それに対して仏教の第一原理は、「苦しみは存在する。それからどう逃れるか?」だ。
     仏教は神々の存在を否定しない。
    (神々は、雨や勝利をもたらすことのできる強力な存在と説明されている。)が、
    苦しみは渇愛から生じるという法則には何の影響力も持たない。
    もし、ある人の心があらゆる渇愛と無縁であれば、
    どんな神もその人を苦悩に陥れることはできない。
    逆に、ある人の心にいったん渇愛が生じたら、
    宇宙の神々が全員揃っても、その人を苦しみから救うことはできない。

    ☆☆☆

    何気に「ヨブ記」を思い出したのだけれど、ヨブは幸福だったのかもしれない。

    渇愛するなというけれど・・・だ。
    渇愛こそが生物の営みではなかろうかと思う瞬間。

    ・・・ちがうのかなぁ。( ;∀;) 
引用返信/返信 削除キー/
■20384 / inTopicNo.35)  Re[11]: 雑
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 18:37:17)
    哥哥♪こんばんは。

    哥哥こそ。癒してくれる。
    誰が反対しても哥哥なら味方になってくれる
    そんな確信在ります。

    「ヘブン」

    懐かしい名前。
    ありがとうございます。

    みんな、元気で
    辛くない日々を
    例え辛くても
    それなりに乗り切りながら

    いたらいいな♪って。


引用返信/返信 削除キー/
■20383 / inTopicNo.36)  Re[3]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 18:29:45)
    仏教の伝承によると、ゴータマ自身は涅槃の境地に達し、
    苦しみから完全に開放されたという。
    その後、「仏陀」と呼ばれるようになった。
    ブッダとは、「悟りを開いた人」を意味する。
    ブッダは誰もが苦しみから解放されるように、
    自分の発見を他の人々に説くのに残りの人生を捧げた。
    彼は自分の考えをたった一つの法則に要約した。
    苦しみは渇愛から生まれるので、苦しみから完全に開放され唯一の道は、
    渇愛から完全に開放されることで、
    渇愛から解放される唯一の道は、
    心を鍛えて現実をあるがままに経験することである、というのがその法則だ。

    ☆☆☆☆

    うわ〜〜〜ぁ。
    (ちょっとユルシテ・・・って感じ。)

    ・・・取引してくれないの?
    (がんばって狭き門から入るから。なんなら這いつくばって入るよ。)

    仏教が一番きついかも。

    「心を鍛えて現実をあるがままに経験する」・・・なんて誰ができるのだろう。

    「あるがまま」・・・

    あるがままとは何だろう。

    私にとっては「火」でも

    あなたにとっては「水」かもしれない。

    ・・・・なんて言い出したらきりがないし救いもないか。

    カント先生。「あるがまま」ってなんすか?

引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -