TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■20195 / inTopicNo.49)  Re[5]: 仏教じゃないけど
  
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/12/31(Fri) 18:52:27)
    ■20194、つばめさん、
    >悲しさが豊かさ<
    ふと思っただけだけ。

    でもちょっと言うなら、

    戦争で多くの人が殺される。人が人を殺し合う。
    これって、悲しいよね。
    そう思う人がいない、っていうことがあるから、争いがなくならないんじゃないかしら?

    悲しいって思う人は豊であって、そう思わない人は貧なんじゃないかって。
引用返信/返信 削除キー/
■20194 / inTopicNo.50)  Re[4]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 18:30:00)
    No20193に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > 悲しさが豊かさなんじゃない?

    こんばんは♪

    > 悲しさが豊かさなんじゃない?

    ええと。
    どういう理由で?


引用返信/返信 削除キー/
■20193 / inTopicNo.51)  Re[3]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/12/31(Fri) 18:27:07)
    悲しさが豊かさなんじゃない?
引用返信/返信 削除キー/
■20192 / inTopicNo.52)  Re[2]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 18:22:42)
    続き

     ゴーダマはこの瞑想術の基礎を、人々が実際の経験に集中し、渇愛や空想に陥るのを
    避けやすくなるように意図された一揃いの倫理的規則に置いた。
    彼は弟子たちに、殺生や邪淫、窃盗を避けるように教えた。
    そうした行為は必ず(権力や官能的快楽や富への)渇愛の火を搔き立てるからだ。
    渇愛の火を完全に消してしまえば、それに代わって完全な満足と平穏の状況が訪れる。
    それが「涅槃」として知られるものだ(この言葉の文字通りの意味は「消火」だ)。
    涅槃の境地に達した人々は、あらゆる苦しみからすっかり解放される。
    彼らは空想や迷いとは無縁で、この上ない明瞭さをもって現実を経験する。
    依然として不快感や痛みを経験することはほぼ確実だが、
    そうした経験のせいで苦悩に陥ることはない。
    渇愛しない人は苦しみようがないのだ。
引用返信/返信 削除キー/
■20189 / inTopicNo.53)  仏教について
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 17:59:22)
    続き

     偉大な神々は雨を降らせてくれるし社会的機関は正義や医療を提供してくれるし、
    幸福な偶然で大金持ちになる人もいるが、そのどれにも、
    私たちの基本的な精神パターンを変えることはできない。
    そのため、どれほど偉い王であっても不安を抱え、絶えず悲しみや苦悩から逃げ回り、
    より大きな喜びを永遠に追い求めて生きる定めにある。

     ゴーダマはこの悪循環から脱する方法があることを発見した。
    心が何か快いもの、あるいは不快なものを経験したときに、
    ものごとをただあるがままに理解すれば、もはや苦しみはなくなる。
    人は悲しみを経験しても、悲しみが去ることを渇愛しなければ、
    悲しさは感じ続けるものの、それによって苦しむことはない。
    じつは、悲しさの中には豊かさもありうる。
    喜びを経験しても、その喜びが長続きして強まることを渇愛しなければ、
    心の平穏を失うことなく喜びを感じ続ける。

     だが心に、渇愛することなく物事をあるがままに受け容れさせるにはどうしたらいいのか?
    どうすれば悲しみを悲しみとして、喜びを喜びとして受け容れられるのか?
    ゴーダマは、渇愛することなく現実をあるがままに受け容れられるように
    心を鍛錬する、一連の瞑想術を開発した。
    この修行で心を鍛え、「私は何を経験していたいか?」ではなく
    「私は今何を経験しているか?」にもっぱら注意を向けさせる。
    このような心の状態を達成するのは難しいが、不可能ではない。

    ☆*☆*☆*☆

    「じつは、悲しさの中には豊かさもありうる。」

    悲しさの中にある豊かさとはどのようなものだろう。
    色々思うけれど、
    例えば何かを諦めるということは、もう心が動くことが無いから
    とても静かなことなのかもしれない。
    その静かさは心地よいものだろう。
    悲しみは小さな泉のようにただ湧き出しては
    心の中にしみ透り戻ってゆくだけ。

引用返信/返信 削除キー/
■20117 / inTopicNo.54)  Welcome&雑談 10
□投稿者/ パニチェ -(2021/12/25(Sat) 20:13:35)
    いきなり他トピへの書きこみはちょっとという方とは、このトピを利用下さい。


    その他、どんな話題(雑談)でもどうぞ♪
引用返信/返信 削除キー/

<前の12件

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -