TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal Welcome&雑談 10 /パニチェ (21/12/25(Sat) 20:13) #20117
Nomal 仏教について /つばめ (21/12/31(Fri) 17:59) #20189
  └Nomal Re[2]: 仏教について /つばめ (21/12/31(Fri) 18:22) #20192
    ├Nomal Re[3]: 仏教じゃないけど /悪魔ちゃん (21/12/31(Fri) 18:27) #20193
    │└Nomal Re[4]: 仏教じゃないけど /つばめ (21/12/31(Fri) 18:30) #20194
    │  └Nomal Re[5]: 仏教じゃないけど /悪魔ちゃん (21/12/31(Fri) 18:52) #20195
    │    └Nomal Re[6]: 仏教じゃないけど /つばめ (21/12/31(Fri) 19:03) #20196
    │      └Nomal Re[7]: 仏教じゃないけど /悪魔ちゃん (21/12/31(Fri) 20:45) #20197
    │        └Nomal Re[8]: 仏教じゃないけど /つばめ (21/12/31(Fri) 21:08) #20198
    │          └Nomal /つばめ (22/01/10(Mon) 21:38) #20353
    │            └Nomal Re[10]: 雑 /エフニ (22/01/12(Wed) 03:19) #20366
    │              └Nomal Re[11]: 雑 /つばめ (22/01/13(Thu) 18:37) #20384
    │                └Nomal Re[12]: 雑 /エフニ (22/01/26(Wed) 22:13) #20538
    │                  └Nomal Re[13]: 雑 /エフニ (22/02/11(Fri) 20:36) #20782
    │                    └Nomal Re[14]: 雑 /エフニ (22/02/25(Fri) 18:42) #21080
    │                      └Nomal Re[15]: 雑 /エフニ (22/03/11(Fri) 20:31) #21439
    └Nomal Re[3]: 仏教について /つばめ (22/01/13(Thu) 18:29) #20383
      └Nomal Re[4]: 仏教について /つばめ (22/01/13(Thu) 19:00) #20385
        └Nomal Re[5]: 仏教について /つばめ (22/01/13(Thu) 19:15) #20386
          └Nomal Re[6]: 仏教について /つばめ (22/01/13(Thu) 20:17) #20409
            └Nomal 雑記(実は書くことでもない) /つばめ (22/01/21(Fri) 19:54) #20489
              └Nomal Re[8]: 雑記(実は書くことでもない) /つばめ (22/01/21(Fri) 20:09) #20490
                └Nomal Re[9]: 雑記(実は書くことでもない) /パニチェ (22/01/22(Sat) 13:45) #20491
                  └Nomal Re[10]: 雑記(実は書くことでもない) /エフニ (22/03/25(Fri) 19:30) #21752
                    └Nomal ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/06(Wed) 19:55) #22103
                      ├Nomal ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/06(Wed) 20:10) #22107
                      │└Nomal Re[13]: ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/06(Wed) 20:12) #22108
                      │  └Nomal 無限判断 /pipit (22/04/07(Thu) 07:15) #22123
                      └Nomal Re[12]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/06(Wed) 23:59) #22117
                        └Nomal ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/07(Thu) 06:52) #22122
                          └Nomal Re[14]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/07(Thu) 18:20) #22133
                            └Nomal Re[15]: ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/07(Thu) 19:43) #22136
                              └Nomal Re[16]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/08(Fri) 17:13) #22149
                                ├Nomal Re[17]: ザビビのふくろうさんへ /田秋 (22/04/08(Fri) 18:29) #22152 noutomi.jpg/54KB
                                └Nomal Re[17]: ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/08(Fri) 19:59) #22157
                                  └Nomal Re[18]: ザビビのふくろうさんへ /悪魔ちゃん (22/04/08(Fri) 20:20) #22158
                                    └Nomal Re[19]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/08(Fri) 21:04) #22164
                                      ├Nomal Re[20]: ザビビのふくろうさんへ /悪魔ちゃん (22/04/08(Fri) 21:32) #22165
                                      │└Nomal Re[21]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/08(Fri) 21:40) #22166
                                      │  └Nomal Re[22]: ザビビのふくろうさんへ /田秋 (22/04/09(Sat) 07:29) #22176
                                      │    └Nomal Re[23]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/09(Sat) 18:00) #22190
                                      └Nomal ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/09(Sat) 07:37) #22178
                                        └Nomal Re[21]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/09(Sat) 18:06) #22191
                                          └Nomal Re[22]: ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/09(Sat) 21:23) #22215
                                            └Nomal Re[23]: ザビビのふくろうさんへ /ザビビのふくろう (22/04/10(Sun) 00:26) #22247
                                              └Nomal Re[24]: ザビビのふくろうさんへ /pipit (22/04/10(Sun) 07:33) #22259
                                                └Nomal 大喪の礼 /エフニ (22/08/04(Thu) 00:36) #25339
                                                  ├Nomal 問い /おくたがわ (22/08/15(Mon) 07:49) #25628
                                                  │└Nomal 人生消化試合 /エフニ (22/08/25(Thu) 02:00) #25832
                                                  │  └Nomal Re[28]: 人生消化試合 /エフニ (22/09/06(Tue) 23:00) #26183
                                                  │    └Nomal Re[29]: 人生消化試合 /マジカルモンキー (22/09/06(Tue) 23:59) #26186
                                                  │      └Nomal Re[30]: 人生消化試合 /エフニ (22/09/07(Wed) 00:11) #26187
                                                  └Nomal Re[26]: 大喪の礼 /エフニ (22/09/13(Tue) 00:33) #26323
                                                    └Nomal 人生消化試合 /エフニ (22/09/29(Thu) 02:47) #26740


親記事 / ▼[ 20189 ]
■20117 / 親階層)  Welcome&雑談 10
□投稿者/ パニチェ -(2021/12/25(Sat) 20:13:35)
    いきなり他トピへの書きこみはちょっとという方とは、このトピを利用下さい。


    その他、どんな話題(雑談)でもどうぞ♪
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20117 ] / ▼[ 20192 ]
■20189 / 1階層)  仏教について
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 17:59:22)
    続き

     偉大な神々は雨を降らせてくれるし社会的機関は正義や医療を提供してくれるし、
    幸福な偶然で大金持ちになる人もいるが、そのどれにも、
    私たちの基本的な精神パターンを変えることはできない。
    そのため、どれほど偉い王であっても不安を抱え、絶えず悲しみや苦悩から逃げ回り、
    より大きな喜びを永遠に追い求めて生きる定めにある。

     ゴーダマはこの悪循環から脱する方法があることを発見した。
    心が何か快いもの、あるいは不快なものを経験したときに、
    ものごとをただあるがままに理解すれば、もはや苦しみはなくなる。
    人は悲しみを経験しても、悲しみが去ることを渇愛しなければ、
    悲しさは感じ続けるものの、それによって苦しむことはない。
    じつは、悲しさの中には豊かさもありうる。
    喜びを経験しても、その喜びが長続きして強まることを渇愛しなければ、
    心の平穏を失うことなく喜びを感じ続ける。

     だが心に、渇愛することなく物事をあるがままに受け容れさせるにはどうしたらいいのか?
    どうすれば悲しみを悲しみとして、喜びを喜びとして受け容れられるのか?
    ゴーダマは、渇愛することなく現実をあるがままに受け容れられるように
    心を鍛錬する、一連の瞑想術を開発した。
    この修行で心を鍛え、「私は何を経験していたいか?」ではなく
    「私は今何を経験しているか?」にもっぱら注意を向けさせる。
    このような心の状態を達成するのは難しいが、不可能ではない。

    ☆*☆*☆*☆

    「じつは、悲しさの中には豊かさもありうる。」

    悲しさの中にある豊かさとはどのようなものだろう。
    色々思うけれど、
    例えば何かを諦めるということは、もう心が動くことが無いから
    とても静かなことなのかもしれない。
    その静かさは心地よいものだろう。
    悲しみは小さな泉のようにただ湧き出しては
    心の中にしみ透り戻ってゆくだけ。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20189 ] / ▼[ 20193 ] ▼[ 20383 ]
■20192 / 2階層)  Re[2]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 18:22:42)
    続き

     ゴーダマはこの瞑想術の基礎を、人々が実際の経験に集中し、渇愛や空想に陥るのを
    避けやすくなるように意図された一揃いの倫理的規則に置いた。
    彼は弟子たちに、殺生や邪淫、窃盗を避けるように教えた。
    そうした行為は必ず(権力や官能的快楽や富への)渇愛の火を搔き立てるからだ。
    渇愛の火を完全に消してしまえば、それに代わって完全な満足と平穏の状況が訪れる。
    それが「涅槃」として知られるものだ(この言葉の文字通りの意味は「消火」だ)。
    涅槃の境地に達した人々は、あらゆる苦しみからすっかり解放される。
    彼らは空想や迷いとは無縁で、この上ない明瞭さをもって現実を経験する。
    依然として不快感や痛みを経験することはほぼ確実だが、
    そうした経験のせいで苦悩に陥ることはない。
    渇愛しない人は苦しみようがないのだ。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20192 ] / ▼[ 20194 ]
■20193 / 3階層)  Re[3]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/12/31(Fri) 18:27:07)
    悲しさが豊かさなんじゃない?
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20193 ] / ▼[ 20195 ]
■20194 / 4階層)  Re[4]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 18:30:00)
    No20193に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > 悲しさが豊かさなんじゃない?

    こんばんは♪

    > 悲しさが豊かさなんじゃない?

    ええと。
    どういう理由で?


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20194 ] / ▼[ 20196 ]
■20195 / 5階層)  Re[5]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/12/31(Fri) 18:52:27)
    ■20194、つばめさん、
    >悲しさが豊かさ<
    ふと思っただけだけ。

    でもちょっと言うなら、

    戦争で多くの人が殺される。人が人を殺し合う。
    これって、悲しいよね。
    そう思う人がいない、っていうことがあるから、争いがなくならないんじゃないかしら?

    悲しいって思う人は豊であって、そう思わない人は貧なんじゃないかって。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20195 ] / ▼[ 20197 ]
■20196 / 6階層)  Re[6]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 19:03:34)
    No20195に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■20194、つばめさん、
    > >悲しさが豊かさ<
    > ふと思っただけだけ。
    >
    > でもちょっと言うなら、
    >
    > 戦争で多くの人が殺される。人が人を殺し合う。
    > これって、悲しいよね。
    > そう思う人がいない、っていうことがあるから、争いがなくならないんじゃないかしら?
    >
    > 悲しいって思う人は豊であって、そう思わない人は貧なんじゃないかって。

    ありがと♪

    ただね、

    >戦争で多くの人が殺される。人が人を殺し合う。
    > これって、悲しいよね。

    わたし、悲しいとは思わないみたい。

    ひどい奴だよね。(^^;)
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20196 ] / ▼[ 20198 ]
■20197 / 7階層)  Re[7]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/12/31(Fri) 20:45:56)
    ■20196、
    >わたし、悲しいとは思わないみたい<
    じゃ、つばめさんは、人どうしの殺し合いをどう思うのかしら?
    それについて何にも思わないっていうこと?

    「そういうのやめて!」って、思わない?




[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20197 ] / ▼[ 20353 ]
■20198 / 8階層)  Re[8]: 仏教じゃないけど
□投稿者/ つばめ -(2021/12/31(Fri) 21:08:36)
    No20197に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■20196、
    > >わたし、悲しいとは思わないみたい<
    > じゃ、つばめさんは、人どうしの殺し合いをどう思うのかしら?
    > それについて何にも思わないっていうこと?
    >
    > 「そういうのやめて!」って、思わない?
    >

    やめたらいいと思う。

    でも、なんだろう。悲しいとは思わない気がする。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20198 ] / ▼[ 20366 ]
■20353 / 9階層)  
□投稿者/ つばめ -(2022/01/10(Mon) 21:38:34)
    黒と青で絵を描きたいな
         あなたの孤独が実を結ぶよう

    誰も知らないそんな場所

    そんな場所で会えますように

    そして

    忘れませんように
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20353 ] / ▼[ 20384 ]
■20366 / 10階層)  Re[10]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/01/12(Wed) 03:19:34)
    No20353に返信(つばめさんの記事)
    > 黒と青で絵を描きたいな
    >      あなたの孤独が実を結ぶよう
    >
    > 誰も知らないそんな場所
    >
    > そんな場所で会えますように
    >
    > そして
    >
    > 忘れませんように

    妹君ちゃん、新年明けましておめでとうございます〜

    いつも私の孤独を癒してくれてありがとうございます。

    誰も知らないそんな場所。

    忘れないよ。

    バー「ヘブン」

    今年も宜しくお願いいたしますァm(__)m
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20366 ] / ▼[ 20538 ]
■20384 / 11階層)  Re[11]: 雑
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 18:37:17)
    哥哥♪こんばんは。

    哥哥こそ。癒してくれる。
    誰が反対しても哥哥なら味方になってくれる
    そんな確信在ります。

    「ヘブン」

    懐かしい名前。
    ありがとうございます。

    みんな、元気で
    辛くない日々を
    例え辛くても
    それなりに乗り切りながら

    いたらいいな♪って。


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20384 ] / ▼[ 20782 ]
■20538 / 12階層)  Re[12]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/01/26(Wed) 22:13:17)
    妹君ちゃん、こんばんは

    >苛苛こそ。癒してくれる。誰が反対しても必ず味方になってくれる そんな確信在ります。<

    何か、アンドロメダとベルセウス、くしなだ姫とスサノヲみたい。

    そう、どんな時でも、何があっても、僕が君を守るよ。

    そう、映画「スピード」のキアヌ・リーブスのように。

    彼はサンドラ・ブロックを見捨てず、一緒にバスに残り、彼女を強く抱きしめて、最後のクライマックスに向かって行きます。

    そう、あの時のキアヌ・リーブスを私と思って下さって、そう間違いはありません


    キュン死させて、ゴメンァ
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20538 ] / ▼[ 21080 ]
■20782 / 13階層)  Re[13]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/02/11(Fri) 20:36:57)
    恋すれば 我が身は影となりにけり さりとて人に添はぬものゆえ

    (古今集・恋1・528)
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20782 ] / ▼[ 21439 ]
■21080 / 14階層)  Re[14]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/02/25(Fri) 18:42:50)
    橘(たちばな)の 影踏む道の 八(や)ちまたに ものをそ思ふ 妹(いも)に会はずして


    (万葉集 2・125)
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 21080 ] / 返信無し
■21439 / 15階層)  Re[15]: 雑
□投稿者/ エフニ -(2022/03/11(Fri) 20:31:27)
    寄るべなみ 身をこそ遠く隔てつれ 心は君が影となりにき

    古今集・恋 3・619
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20192 ] / ▼[ 20385 ]
■20383 / 3階層)  Re[3]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 18:29:45)
    仏教の伝承によると、ゴータマ自身は涅槃の境地に達し、
    苦しみから完全に開放されたという。
    その後、「仏陀」と呼ばれるようになった。
    ブッダとは、「悟りを開いた人」を意味する。
    ブッダは誰もが苦しみから解放されるように、
    自分の発見を他の人々に説くのに残りの人生を捧げた。
    彼は自分の考えをたった一つの法則に要約した。
    苦しみは渇愛から生まれるので、苦しみから完全に開放され唯一の道は、
    渇愛から完全に開放されることで、
    渇愛から解放される唯一の道は、
    心を鍛えて現実をあるがままに経験することである、というのがその法則だ。

    ☆☆☆☆

    うわ〜〜〜ぁ。
    (ちょっとユルシテ・・・って感じ。)

    ・・・取引してくれないの?
    (がんばって狭き門から入るから。なんなら這いつくばって入るよ。)

    仏教が一番きついかも。

    「心を鍛えて現実をあるがままに経験する」・・・なんて誰ができるのだろう。

    「あるがまま」・・・

    あるがままとは何だろう。

    私にとっては「火」でも

    あなたにとっては「水」かもしれない。

    ・・・・なんて言い出したらきりがないし救いもないか。

    カント先生。「あるがまま」ってなんすか?

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20383 ] / ▼[ 20386 ]
■20385 / 4階層)  Re[4]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 19:00:04)
    「ダルマ」として知られるこの法則を、仏教徒は普遍的な自然の法則とみなしている。
    「苦しみは渇愛から生じる」というこの法則は、
    現代物理学ではEがmc2と等しいのと全く同じで、つねにどこでも正しい。
    仏教徒とは、この法則を信じ、それらを自らの全活動の支えとしている人々だ。
    一方、神への信仰は、彼らにとってそれほど重要ではない。
    一神教の第一原理は「神は存在する。神は私に何を欲するのか?」だ。
    それに対して仏教の第一原理は、「苦しみは存在する。それからどう逃れるか?」だ。
     仏教は神々の存在を否定しない。
    (神々は、雨や勝利をもたらすことのできる強力な存在と説明されている。)が、
    苦しみは渇愛から生じるという法則には何の影響力も持たない。
    もし、ある人の心があらゆる渇愛と無縁であれば、
    どんな神もその人を苦悩に陥れることはできない。
    逆に、ある人の心にいったん渇愛が生じたら、
    宇宙の神々が全員揃っても、その人を苦しみから救うことはできない。

    ☆☆☆

    何気に「ヨブ記」を思い出したのだけれど、ヨブは幸福だったのかもしれない。

    渇愛するなというけれど・・・だ。
    渇愛こそが生物の営みではなかろうかと思う瞬間。

    ・・・ちがうのかなぁ。( ;∀;) 
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20385 ] / ▼[ 20409 ]
■20386 / 5階層)  Re[5]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 19:15:36)
     とはいえ、一神教と非常によく似て、
    仏教のような近代以前の自然法則の宗教は、
    神々の崇拝を完全に捨て去ることはついになかった。
    仏教は、経済的繁栄や政治的権力のような途中の地点ではなく、
    苦しみからの完全な解放という究極の目的地を目指すように人々を促した。
    だが、仏教徒の99%は涅槃の境地に達しなかったし、
    いつか来世でそこに達しようと望んでも、
    現世の生活のほとんどを平凡な目標の達成に捧げた。
    そこで彼らは、インドではヒンドウー教の神々、チベットではボン教の神々、
    日本では神道の神々というふうに、多様な神を崇拝し続けた。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20386 ] / ▼[ 20489 ]
■20409 / 6階層)  Re[6]: 仏教について
□投稿者/ つばめ -(2022/01/13(Thu) 20:17:27)
     そのうえ、時がたつうちに、いくつかの仏教の宗派は、
    様々な仏や菩薩を生み出した。
    これらは、苦しみからの完全な解脱を達成する能力を持つ人間や、
    人間以外の存在なのだが、依然として苦悩の輪に取り込められている無数の存在を救うために、
    憐みからその解脱を慎んでいるのだ。
    多くの仏教徒は、神々を崇拝する代わりに、
    悟りを開いたこれらの仏や菩薩を崇拝するようになり、
    涅槃に入るだけではなく俗世の問題を処理するのも助けてくれるよう祈り始めた。そのために東アジア各地で、祈りや色鮮やかな花、
    香しいお香、米やお菓子の添え物と引き換えに、雨を降らしたり、
    疫病を抑えたり、果ては血なまぐさい戦争に勝ったりさえするために時間を費やす仏や菩薩が多くみられる。
     
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20409 ] / ▼[ 20490 ]
■20489 / 7階層)  雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ つばめ -(2022/01/21(Fri) 19:54:56)
    例え満身創痍で朝を迎えることになったとしても、
    私があなたを信じていることには変わりはない。

    今日も
    くるしい一日が始まる。

    ささやかな愉快さを積み重ねながら
    今日を乗り切ろう。

    幾十かの私の複合体が
    今日を進んでゆき

    私は勝利する

    ・・・何に?

    ・・・別の私に。

    そうして穏やかな夜を迎えられるように。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20489 ] / ▼[ 20491 ]
■20490 / 8階層)  Re[8]: 雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ つばめ -(2022/01/21(Fri) 20:09:22)
    記憶に間違いがなければ
    ツァラトゥストラは
    快癒する心は歌になると言った。
    何気に
    そうだなと思っていたけれど
    快癒するには
    病気にならなくてはいけない。
    つまり
    何気に複雑。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20490 ] / ▼[ 21752 ]
■20491 / 9階層)  Re[9]: 雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ パニチェ -(2022/01/22(Sat) 13:45:25)
    こんにちは、つばめさん。横レス失礼します。

    No20490に返信(つばめさんの記事)
    > 記憶に間違いがなければ
    > ツァラトゥストラは
    > 快癒する心は歌になると言った。
    > 何気に
    > そうだなと思っていたけれど
    > 快癒するには
    > 病気にならなくてはいけない。
    > つまり
    > 何気に複雑。

    以下ですね。  

    「おまえたちはなんとよく知っていることか、わたしが七日のあいだに、どんな慰めを自分自身のために考案したかを!
    わたしが再び歌わなくてならないということ、──わたしが自分のために考案したのは、そういう慰めなのだ、こういう回帰なのだ。きみたちはそれをしもすぐにまた手回しオルガンの歌にしてしまうつもりなのか?」
    ──「これ以上語り続けるな、」と彼の動物たちはもう一度彼に答えた、「それよりもむしろ、あなた、回復しつつある者よ、あなたのためにまず竪琴を整えよ、新しい竪琴を!
    というのは、さあ見よ、おお、ツァラトゥストラよ!あなたの新しい歌のかずかすには、それぞれ新しい竪琴が必要であるからだ。
    歌え、歌をたぎらせ溢れさせよ、おお、ツァラトゥストラよ、かずかずの新しい歌であなたの魂をいやせ。いまだ何びとの運命でもなかったような、あなたの大いなる運命を、あなたが担うために!
    というのは、おお、ツァラトゥストラよ、あなたが何者であり、また何者にならなくてはならないかを、あなたの動物たち〔であるわたしたちワシとヘビ〕はよく知っているからだ。見よ、あなたは永劫回帰の教師なのだ──、これが今やあなたの運命なのだ!(ツァラトゥストラ 回復しつつある者)」

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20491 ] / ▼[ 22103 ]
■21752 / 10階層)  Re[10]: 雑記(実は書くことでもない)
□投稿者/ エフニ -(2022/03/25(Fri) 19:30:54)
    いよいよ野球の開幕だ。

    と喜んでいたら、明日は暴風雨の予想。

    トホホ。

    夢もチボーもない。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 21752 ] / ▼[ 22107 ] ▼[ 22117 ]
■22103 / 11階層)  ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/06(Wed) 19:55:21)
    ふくろうさん、こんにちは!

    論理ヲタさん??のふくろうさんに一度聞いてみたいなと思ってたのですが、
    論理って、何だと思われてますか??

    前から、論理ってなにかなと考えることがあって。。。
    カントは知性の形式って言ってたかなあ(うろ覚えです(^^;;)

    もしよかったら教えてくださいませー


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22103 ] / ▼[ 22108 ]
■22107 / 12階層)  ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/06(Wed) 20:10:12)
    全然知識ないので、お聞きするの気後れしてたのですけど、
    今、カントを勉強する上で、無限判断というのも気になってて、

    Aは、Aではないもの ではない。

    という判断をヴィトゲンシュタインさんは使われるのでしょうか?

    それで、同じクラス?の内での、否定、と、

    繋がり自体の否定 の 二つの否定を、ヴィトゲンシュタインさんは区別されてるのでしょうか?

    全称命題は、同じクラスの合体には使えるけど、

    繋がりの否定のステージ では 全体 という概念は 使えないものなのでしょうか?

    きちんと勉強されているふくろうさんにとって、全然わからないことをpipitが言ってたらすみません
    m(_ _)m


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22107 ] / ▼[ 22123 ]
■22108 / 13階層)  Re[13]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/06(Wed) 20:12:13)
    繋がりの否定が言葉足らずですね
    m(_ _)m

    物自体と現象のように、地続きのものではないという意味での否定みたいな。。。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22108 ] / 返信無し
■22123 / 14階層)  無限判断
□投稿者/ pipit -(2022/04/07(Thu) 07:15:14)
    No22108に返信(pipitさんの記事)
    > 繋がりの否定が言葉足らずですね
    > m(_ _)m
    >
    > 物自体と現象のように、地続きのものではないという意味での否定みたいな。。。

    めっちゃ言葉足らずのうえ、多分意味もわからず書き込みしててすみませんでした!
    ふくろうさんにはお手数をおかけして申し訳なかったけど、返信うれしかったです
    (^人^)♪

    pipitが、今後勉強したいなーと思ってる事柄についての記事がありそうでしたので、アドレスを載せます。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84282?page=6

    また、ゆっくり勉強していきたいです!


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22103 ] / ▼[ 22122 ]
■22117 / 12階層)  Re[12]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/06(Wed) 23:59:52)
    pipitさん、こんばんは。
    気づくのが遅くなってすみません。

    No22103に返信(pipitさんの記事)
    > ふくろうさん、こんにちは!
    >
    > 論理ヲタさん??のふくろうさんに一度聞いてみたいなと思ってたのですが、
    > 論理って、何だと思われてますか??
    >
    > 前から、論理ってなにかなと考えることがあって。。。
    > カントは知性の形式って言ってたかなあ(うろ覚えです(^^;;)
    >
    > もしよかったら教えてくださいませー
    >
    ***********************
    いえいえ、私は自分なりに論理学に関心は持っていますが、残念ながら、そんなに詳しくはないんですよ。

    で、お尋ねの件ですが、まともに答えるのは結構大変なので、
    とりあえず、当たりさわりのない感じで(標準的?)お答えします。

    『論考』的観点から言うと、論理は思考・言語の形式でしょう。
    この「形式」というのは、世界について真偽を有する文(命題)を用いて思考・記述するために、言語(思考)が従わねばならない規範法則=論理法則、と言い換えられると思います。
    ウィトゲンシュタインは、「論理は超越論的」みたいに言ってたと思います。
    で、論理は同時に、世界の形式・限界でもあります。
    例えば、
    >Aは、Aではないもの ではない。
    というのは、――pipitさんが表現してらっしゃることを私が誤解していなければですが――古典論理で表現すると、
     A≡¬¬A(“¬”という記号は、否定記号で、「ない」と読みます)。
    のように表現されるのではないかと思いますが、これは古典論理では二重否定の論理法則として認められるものです。
    だとしたら、『論考』の論理でももちろん認められます。
    で、この論理法則は、命題Aが従う法則であるとともに、命題Aが記述する世界の事実Aが従う法則でもあります。
    つまり、以上のような意味で、論理は、思考・言語の形式であるとともに、世界の形式(限界を画するもの)と言えるのではないかと思います。

    「繋がりの自体の否定」については、ちょっと意味がよくわかりません、すみません。

    あ、それと、カントにとっての論理は、基本的にアリストテレス論理学あるいは伝統的論理学と言われるもので、ウィトゲンシュタインの言う論理学(一階述語論理・古典論理学)の一部分にしか相当しませんので、ずっと狭いものです。
    前提となる論理観も、根本的に異なると考えられます。


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22117 ] / ▼[ 22133 ]
■22122 / 13階層)  ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/07(Thu) 06:52:01)
    ザビビのふくろうさん、こんにちは!

    No22117
    > あ、それと、カントにとっての論理は、基本的にアリストテレス論理学あるいは伝統的論理学と言われるもので、ウィトゲンシュタインの言う論理学(一階述語論理・古典論理学)の一部分にしか相当しませんので、ずっと狭いものです。
    前提となる論理観も、根本的に異なると考えられます。<

    了解いたしました。返信してくださって、ありがとうございます
    (^人^)

    >『 論考』的観点から言うと、論理は思考・言語の形式でしょう。
    この「形式」というのは、世界について真偽を有する文(命題)を用いて思考・記述するために、言語(思考)が従わねばならない規範法則=論理法則、と言い換えられると思います。<

    前に疑問に思ってたのは、例えば、
    何か対象物を、危ないものと判断する時、
    それも論理なのかなー、ということなのです。

    ふくろうさんのお考えを教えていただいて、うれしいです。
    ありがとうございます!


[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22122 ] / ▼[ 22136 ]
■22133 / 14階層)  Re[14]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/07(Thu) 18:20:23)
    pipitさん

    >前に疑問に思ってたのは、例えば、
    >何か対象物を、危ないものと判断する時、
    >それも論理なのかなー、ということなのです。

    やっぱり意図がいまいち不分明なので的外れになる可能性大ですが、とりあえず適当に言ってみますね(笑)
    よくわからないんですが、「危ないものと判断する」ということ自体が論理というより、
    「判断」が推論に基づく場合に、「論理的判断」と言ってもいいんじゃないでしょうか。
    例えば、ある事件の容疑者がAかBで、Bにアリバイがあることがわかったら、
    「だったら、犯人はAだ」
    って判断しますね。これは論理的推論に基づく判断です。

    思い付きですけど、子供用の小さな椅子があって、最低でも体重40キロ以上に見える大人が、それに無理やり座ろうとしたとします。
    それを自分が見ていて、その椅子の耐荷重が15sしかないのを知っている場合、座ったら壊れるかもと推論して、危険だと判断するでしょう。この場合、椅子の耐荷重の知識と、その大人の推測体重を前提として、そこから論理的に危険であると判断した、と、一応は言えるのではないかと思います。なんか素朴すぎて推論と言えるかどうか怪しい気もしますが、まあ、そんな感じでどうでしょう?(笑)的を外してたら(たぶん外してるだろうけど)すみません。

    リンク先を見たら、大澤真幸先生の論考ですね。
    なんか面白そうだけど、私には大澤先生のってけっこう難しいんですよね。
    わたし的には形式論理で十分かな(笑)
    pipitさん、えらいですね〜、勉強頑張ってください。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22133 ] / ▼[ 22149 ]
■22136 / 15階層)  Re[15]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/07(Thu) 19:43:56)
    No22109に返信(パニチェさんの記事)
    > ウィトゲンシュタイン関連のレス交換は。。。
    >
    > 「哲学全般、科学(科学哲学)、仏教etc 10」トピを遠慮なくご利用下さい。

    パニチェさん、ありがとうございます!
    pipitの知識が無さすぎで、恥ずかしいので、こちらのトピに投稿させていただきますね
    m(_ _)m(*^▽^*)



    No22133に返信(ザビビのふくろうさんの記事)

    ふくろうさん、返信ありがとうございます!

    > >前に疑問に思ってたのは、例えば、
    > >何か対象物を、危ないものと判断する時、
    > >それも論理なのかなー、ということなのです。
    >
    > やっぱり意図がいまいち不分明なので的外れになる可能性大ですが、とりあえず適当に言ってみますね(笑)
    > よくわからないんですが、「危ないものと判断する」ということ自体が論理というより、
    > 「判断」が推論に基づく場合に、「論理的判断」と言ってもいいんじゃないでしょうか。<

    推論が論理的。。。

    > 例えば、ある事件の容疑者がAかBで、Bにアリバイがあることがわかったら、
    > 「だったら、犯人はAだ」
    > って判断しますね。これは論理的推論に基づく判断です。<

    推論で、Aが犯人と判断する。

    間接的が論理っていうことなのかなぁ。

    > 思い付きですけど、子供用の小さな椅子があって、最低でも体重40キロ以上に見える大人が、それに無理やり座ろうとしたとします。
    > それを自分が見ていて、その椅子の耐荷重が15sしかないのを知っている場合、座ったら壊れるかもと推論して、危険だと判断するでしょう。この場合、椅子の耐荷重の知識と、その大人の推測体重を前提として、そこから論理的に危険であると判断した、と、一応は言えるのではないかと思います。なんか素朴すぎて推論と言えるかどうか怪しい気もしますが、まあ、そんな感じでどうでしょう?(笑)的を外してたら(たぶん外してるだろうけど)すみません。<

    直知以外の手段を用いて知ることが、論理ということでしょうか?

    そうかぁ。

    ありがとうございます!

    > リンク先を見たら、大澤真幸先生の論考ですね。
    > なんか面白そうだけど、私には大澤先生のってけっこう難しいんですよね。
    > わたし的には形式論理で十分かな(笑)
    > pipitさん、えらいですね〜、勉強頑張ってください。

    わーい、リンク先見てくださったんですね!
    うれしいです(^○^)v

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22136 ] / ▼[ 22152 ] ▼[ 22157 ]
■22149 / 16階層)  Re[16]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/08(Fri) 17:13:49)
    pipitさん

    確かに、論理学についてはあまり知識をお持ちじゃないようですね。

    なので、余計なお世話で(笑)、おススメ講座を紹介します。

    「論理学とは何か?」というお題の納富信留先生による東大公開講座です。

    わかりやすくて、論理学の具体的イメージを得るのにいいんじゃないかと思います。

    カントの勉強のためにも、聞いといて損はないと思いますよ!!

    https://www.youtube.com/watch?v=m3RDAG_hbz8

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22149 ] / 返信無し
■22152 / 17階層)  Re[17]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ 田秋 -(2022/04/08(Fri) 18:29:18)
    横レス失礼します。

    今期受講している《西洋哲学の根源》という講義の先生が納富信留先生です。

    哲学だけでなく論理学の本も出されているのですね。


600×450

noutomi.jpg
/54KB
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22149 ] / ▼[ 22158 ]
■22157 / 17階層)  Re[17]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/08(Fri) 19:59:13)
    2022/04/08(Fri) 20:06:24 編集(投稿者)

    No22149に返信(ザビビのふくろうさんの記事)
    > pipitさん
    >
    > 確かに、論理学についてはあまり知識をお持ちじゃないようですね。
    >
    > なので、余計なお世話で(笑)、おススメ講座を紹介します。
    >
    > 「論理学とは何か?」というお題の納富信留先生による東大公開講座です。
    >
    > わかりやすくて、論理学の具体的イメージを得るのにいいんじゃないかと思います。
    >
    > カントの勉強のためにも、聞いといて損はないと思いますよ!!
    >
    > https://www.youtube.com/watch?v=m3RDAG_hbz8<

    ふくろうさん、こんばんは(^○^)

    YouTubeのご紹介ありがとうございました、拝見しました。
    論理学の大まかな、歴史的な推移や、種類?の違いなど、とても勉強になりました!

    ほんと、カントの勉強のためにも損なし、って感じです。

    ありがとうございますm(_ _)m♪





[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22157 ] / ▼[ 22164 ]
■22158 / 18階層)  Re[18]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/04/08(Fri) 20:20:16)
    ふくろうんさん、

    https://www.youtube.com/watch?v=m3RDAG_hbz8
    見たよ。とっても面白かった〜。

    わたし、納富信留さんにいっぱい聞きたいことあるけど、

    放送大学に入学すればいいのね、田秋さん、彼と問答できるんだから羨ましい。

    でも、わたし、生活世界でめいっぱいだし〜、たぶんそれないと思う。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22158 ] / ▼[ 22165 ] ▼[ 22178 ]
■22164 / 19階層)  Re[19]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/08(Fri) 21:04:01)
    田秋さん、

    納富先生が論理学の本を出されているかは、私知らないんですが、

    リンク先の講座では、哲学において論理学の非専門家として論理学に関わる立場から、

    ざっくり説明しておられるので、論理学がどんなものかを知るには、かえってわかりやすいと思ったんです。

    詳しくは知りませんが、納富先生は、たぶんプラトンがご専門で、、

    今や古代ギリシア哲学の重鎮と言ってもよい研究者なので、信頼できると思い紹介させてもらいました。

    田秋さんは、いろいろよく勉強されていますね。勉強がお好きなんですね。
    *************************
    pipitさん

    早速、観てくださったんですね。ありがとうございます。
    勉強になったと言ってもらえてホッとしました(笑)

    最初のほうで、清水義夫先生の話をしてらっしゃったでしょう?
    私は本でしか存じ上げないので、ああいうエピソードを聞けるのも楽しいんですよね。

    ちょっとトリヴィアなんですが、あの分類で言うと、哲学者でもハードな論理学者と言える先生で、
    慶応の大出晃先生と、あとお一人、東大出身で、藤村龍雄先生という長らく東京水産大で教えられた先生がいらっしゃいます。
    この藤村先生が、昔、論理学の教科書を翻訳されたんですが、
    その翻訳書を、やはり東大のギリシア哲学の大御所である井上忠先生に贈呈されたみたいなんです。
    実はその献呈本を、どういう縁か、現在、私が所有しています。言っていいのかわからないけど(笑)
    *********************
    悪魔ちゃん

    そうですか。勉強家だね。
    面白かったのなら、よかったです^^
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22164 ] / ▼[ 22166 ]
■22165 / 20階層)  Re[20]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/04/08(Fri) 21:32:15)
    ふくろうさん、ちょっと言っとく、

    >悪魔ちゃんそうですか。勉強家だね<
    わたしに対してそれ失礼じゃない?
    あんたと違って、「勉強」、わたし大嫌いだから。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22165 ] / ▼[ 22176 ]
■22166 / 21階層)  Re[21]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/08(Fri) 21:40:12)
    No22165に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ふくろうさん、ちょっと言っとく、
    >
    > >悪魔ちゃんそうですか。勉強家だね<
    > わたしに対してそれ失礼じゃない?
    > あんたと違って、「勉強」、わたし大嫌いだから。
    >
    ******************
    あら、そうなの?

    それは失礼しました。

    m(__)m
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22166 ] / ▼[ 22190 ]
■22176 / 22階層)  Re[22]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ 田秋 -(2022/04/09(Sat) 07:29:15)
    おはようございます、ザビビのふくろうさん

    >納富先生が論理学の本を出されているかは、私知らないんですが、
    すみません、《「論理学とは何か?」というお題の納富信留先生による東大公開講座です。》をテキストがあるものと早とちりしてしまいました。

    >勉強がお好きなんですね。
    はい、大好きです。

    ===
    ボクも悪魔ちゃんは勉強が好きだと思うんだけど、本人はどうも「勉強」という言葉にアレルギー持ってるんじゃないかなあ。悪魔ちゃんが自分のトピでやってたことはボクがやってる勉強と同じものだと思うのですがね。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22176 ] / 返信無し
■22190 / 23階層)  Re[23]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/09(Sat) 18:00:07)
    田秋さん

    レスをありがとうございます。

    >ボクも悪魔ちゃんは勉強が好きだと思うんだけど、本人はどうも「勉強」という言葉にアレルギー持ってるんじゃないかなあ。
    >悪魔ちゃんが自分のトピでやってたことはボクがやってる勉強と同じものだと思うのですがね。

    実は、「勉強」については、私なりに哲学的に少し考えるところもあるのですが、
    まあ悪魔ちゃんには自分の考えもあるでしょうし、今回は余計なことを言うのは控えようと思いました(言いたがりな人間なので、よく失敗します(笑))。

    >>勉強がお好きなんですね。
    >はい、大好きです。

    私は哲学に関しては、比較的広く関心があるのですが、勉強の仕方が偏っていて、これが欠点なんです。
    わかってはいるんですが、好きなことには集中できても、いわゆる地道な訓練、コツコツ勉強みたいなのがどうしても苦手です。
    田秋さんは、音楽家なので当たり前かもしれませんが、感性も非常に豊かですし、知的好奇心も旺盛で、羨んでももう無理ですが、うらやましいです(笑)
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22164 ] / ▼[ 22191 ]
■22178 / 20階層)  ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/09(Sat) 07:37:28)
    2022/04/09(Sat) 08:28:34 編集(投稿者)

    No22164に返信(ザビビのふくろうさんの記事)

    ふくろうさん、こんにちは!
    カント哲学を勉強する中で、論理ってなんだろう、って、迷子になってた感のあるわたしにとって、とてもありがたい納富先生の講義内容でした。感謝ですー


    > 最初のほうで、清水義夫先生の話をしてらっしゃったでしょう?
    > 私は本でしか存じ上げないので、ああいうエピソードを聞けるのも楽しいんですよね。<

    はい。わたしだったら、、、例えば御子柴先生の生徒さんだった方が、御子柴先生の授業に関わるプチエピソードをチラッと聞かせていただいたら、きっとうれしくなります。
    (o^^o)

    > ちょっとトリヴィアなんですが、あの分類で言うと、哲学者でもハードな論理学者と言える先生で、
    > 慶応の大出晃先生と、あとお一人、東大出身で、藤村龍雄先生という長らく東京水産大で教えられた先生がいらっしゃいます。<

    藤村龍雄先生のwikiページを見てみました。
    著書の欄に、
    * 『よくわかる記号論理』勁草書房 2005
    * 『現代における哲学の存在意味 論理・言語・認識』北樹出版 2006
    翻訳として、
    ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン『集合論とその論理』大出晁共訳 岩波書店 1968
    * 『フレーゲ哲学論集』岩波書店 1988
    * スティーヴン・トゥールミン,A.ジャニク『ウィトゲンシュタインのウィーン』ティビーエス・ブリタニカ 1978 のち平凡社ライブラリー
    * 『フレーゲ著作集 1 概念記法』編 勁草書房 1999
    * スティーヴン・トゥールミン『近代とは何か その隠されたアジェンダ』新井浩子共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2001
    * スティーヴン・トゥールミン『理性への回帰』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2009

    とありました。
    ふくろうさんの興味ど真ん中ー な先生なのかな?


    > この藤村先生が、昔、論理学の教科書を翻訳されたんですが、
    > その翻訳書を、やはり東大のギリシア哲学の大御所である井上忠先生に贈呈されたみたいなんです。<

    井上忠先生のwikiの一部引用
    『井上 忠(いのうえ ただし、1926年3月25日 - 2014年9月20日[1])は、日本の哲学者。博士(学術)(論文博士・1996年)。東京大学名誉教授[2]。古代ギリシア哲学が専門だが、言語哲学や自然科学との関係の上に哲学研究を行った。2006年瑞宝中綬章受勲。』


    > 実はその献呈本を、どういう縁か、現在、私が所有しています。言っていいのかわからないけど(笑)<

    それは哲学徒の自負を持つだろうふくろうさんにとって、すごくうれしいご縁ですね!

    (o^^o)v ♪

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22178 ] / ▼[ 22215 ]
■22191 / 21階層)  Re[21]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/09(Sat) 18:06:50)
    pipitさん

    何と、私のどうでもいいヲタ話に対して、予想外のここまで寛大な対応をしてくださるなんて感涙ものです。

    そこで、大変申し訳ないとわかってはいるのですが、あとしばらくヲタ話にお付き合いいただきたく(笑)…m(__)m

    ************************
    どういうわけか、ウィキに記載がなかったようなので、とりあえず、前記の翻訳書を挙げておきます。

    N.W.テニント著『自然演繹の論理学』藤村龍雄訳(八千代出版)1981年

    >ふくろうさんの興味ど真ん中ー な先生なのかな?

    やってることがあまりに違いすぎて(笑)考えたことなかったですが、確かに範囲としては私の主要関心事をカバーしてますね。

    藤村先生が何冊か訳をしておられるS.トゥールミンという哲学者についてなんですが、この人自身結構偉い哲学者で、
    ウィトゲンシュタインの直弟子の一人です。
    トゥールミンがジャニクと書いた『ウィトゲンシュタインのウィーン』という本は、
    ウィトゲンシュタイン研究に画期を成したもので、研究者にとっての必読書とされているものです。
    で、昔、NHK教育で、BBC制作だったか曖昧ですが、トゥールミンのインタビュー番組があって、
    その中でウィトゲンシュタインのケンブリッジでの講義の話をしていて、興奮しました(笑)
    Youtubeにもトゥールミンの動画はありますが、まだそれは見つけていません。

    それでですね、ここからが本番なんですが(笑)、現在日本のウィトゲンシュタイン研究の中心的存在である古田哲也先生、大谷弘先生というお二人の共訳になる

    『ウィトゲンシュタインの講義 数学の基礎扁』(講談社学術文庫)

    というのがあって、これは1939年にウィトゲンシュタインがやはりケンブリッジで数学の基礎について行ったゼミの講義を、学生がとったノートをもとに出版された著作なんですが、
    この講義に参加していた学生の一人として、トゥールミンの名前もあります。
    それでですね、実はこの講義がすごいのは、他のメンバーとして、コンピュータの生みの親の一人であるA.チューリングが参加していて、ウィトゲンシュタインとの議論の中心の役割を果たしているんですよ。
    このすごさ、わかってもらえるかどうかわかりませんが、歴史に残る世紀の大天才哲学者と、世紀の大天才数学者が、議論したという講義なのです。
    で、チューリングは39年の何学期か、この講義に出て、その直後のこの年9月にドイツが宣戦布告してから、ブレッチリー・パークで有名なエニグマの暗号解読に従事します。
    このあたりのことは、田秋さんネタと少しかすりますが、現代版シャーロックホームズを演じたベネディクト・カンバーバッチがチューリングを演じた
    『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
    という映画に詳しく描かれます。原作はわからないものの、映画ではウィトゲンシュタインのことには触れてはいませんが、このあたりのことを知って映画を見ると、ヲタ的にはまた面白いんですよね。
    というより、この映画自体、アカデミー賞もとったいい映画ですので、機会があれば、またご覧になるのをおすすめします。

    なんか、メビリンでも昔書いたことがあった気もするので、またか、と思われたら申し訳ありませんm(__)m

    >> 実はその献呈本を、どういう縁か、現在、私が所有しています。言っていいのかわからないけど(笑)<
    >それは哲学徒の自負を持つだろうふくろうさんにとって、すごくうれしいご縁ですね!

    いえいえ、それは言い過ぎで、「哲ヲタを自認する」くらいです。これでも、おこがましいかもしれませんが。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22191 ] / ▼[ 22247 ]
■22215 / 22階層)  Re[22]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/09(Sat) 21:23:45)

    ふくろうさん、こんばんは!

    No22191
    > どういうわけか、ウィキに記載がなかったようなので、とりあえず、前記の翻訳書を挙げておきます。
    >
    > N.W.テニント著『自然演繹の論理学』藤村龍雄訳(八千代出版)1981年<

    ありがとうございます!自然演繹という言葉がおもしろそうでwikiの説明見てみて、、、

    わたしには難しすぎ!
    全くわかりませんでした
    ( ̄▽ ̄;)???


    > >ふくろうさんの興味ど真ん中ー な先生なのかな?
    >
    > やってることがあまりに違いすぎて(笑)考えたことなかったですが、確かに範囲としては私の主要関心事をカバーしてますね。
    >
    > 藤村先生が何冊か訳をしておられるS.トゥールミンという哲学者についてなんですが、この人自身結構偉い哲学者で、
    > ウィトゲンシュタインの直弟子の一人です。<

    それはすごいですね!

    > トゥールミンがジャニクと書いた『ウィトゲンシュタインのウィーン』という本は、
    > ウィトゲンシュタイン研究に画期を成したもので、研究者にとっての必読書とされているものです。
    > で、昔、NHK教育で、BBC制作だったか曖昧ですが、トゥールミンのインタビュー番組があって、
    > その中でウィトゲンシュタインのケンブリッジでの講義の話をしていて、興奮しました(笑)
    > Youtubeにもトゥールミンの動画はありますが、まだそれは見つけていません。
    >
    > それでですね、ここからが本番なんですが(笑)、現在日本のウィトゲンシュタイン研究の中心的存在である古田哲也先生、大谷弘先生というお二人の共訳になる
    >
    > 『ウィトゲンシュタインの講義 数学の基礎扁』(講談社学術文庫)
    >
    > というのがあって、これは1939年にウィトゲンシュタインがやはりケンブリッジで数学の基礎について行ったゼミの講義を、学生がとったノートをもとに出版された著作なんですが、
    > この講義に参加していた学生の一人として、トゥールミンの名前もあります。
    > それでですね、実はこの講義がすごいのは、他のメンバーとして、コンピュータの生みの親の一人であるA.チューリングが参加していて、ウィトゲンシュタインとの議論の中心の役割を果たしているんですよ。
    > このすごさ、わかってもらえるかどうかわかりませんが、歴史に残る世紀の大天才哲学者と、世紀の大天才数学者が、議論したという講義なのです。
    > で、チューリングは39年の何学期か、この講義に出て、その直後のこの年9月にドイツが宣戦布告してから、ブレッチリー・パークで有名なエニグマの暗号解読に従事します。
    > このあたりのことは、田秋さんネタと少しかすりますが、現代版シャーロックホームズを演じたベネディクト・カンバーバッチがチューリングを演じた
    > 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
    > という映画に詳しく描かれます。原作はわからないものの、映画ではウィトゲンシュタインのことには触れてはいませんが、このあたりのことを知って映画を見ると、ヲタ的にはまた面白いんですよね。
    > というより、この映画自体、アカデミー賞もとったいい映画ですので、機会があれば、またご覧になるのをおすすめします。
    >
    > なんか、メビリンでも昔書いたことがあった気もするので、またか、と思われたら申し訳ありませんm(__)m<

    いえいえ、ありがとうございます。

    >実はこの講義がすごいのは、他のメンバーとして、コンピュータの生みの親の一人であるA.チューリングが参加していて、ウィトゲンシュタインとの議論の中心の役割を果たしているんですよ。
    > このすごさ、わかってもらえるかどうかわかりませんが、歴史に残る世紀の大天才哲学者と、世紀の大天才数学者が、議論したという講義なのです。<

    どこかでこのような記述を読んだ記憶もある気がするのですが、
    考えてみれば、ヴィトゲンシュタインさんの周りに、天才がゴロゴロ同時期に固まってたのかもしれませんね。

    ↓後半にヴィトゲンシュタインさんと同時代におられた天才たちの話のようです。
    https://slowinternet.jp/article/computation03/

    ヴィトゲンシュタインさんは切れっ切れに頭良すぎて、わたしには理解無理ぽよ、な気持ちにさせられます
    (^^;;

    ふくろうさんは、めっちゃ楽しいんだろうなぁ

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22215 ] / ▼[ 22259 ]
■22247 / 23階層)  Re[23]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2022/04/10(Sun) 00:26:17)
    pipitさん
    こんばんは。

    私のヲタ話におつき合いくださって,ほんとありがとうございます。

    ご紹介いただいた小山虎さんの記事,知らなかったのでありがたかったです。
    カントからこういった話を始めるのは初めて見ましたけど,それを除くと内容的にも登場人物もほとんどが馴染みのあるものなのですが,初めて知ることも書かれており,大変面白く読めました。本になればよいのですが。

    ヲタ話の最後に,ついでと言っては何ですが,小山さんの記事に出てきたA.チャーチによる決定可能性問題の話題と,今回私が二―クラに久しぶりに登場したウィトゲンシュタインの『論考』の話題との関係について少し触れます。
    簡単に言うと,一階述語論理の任意の命題について,証明可能か否かを決定する一般的方法がないということをチャーチは証明したのですが,実は,これが,『論考』において提示された,全ての命題が要素命題の真理関数であるとする考えが誤りであるとする批判の,論理学上の決定的根拠になったものなんです。
    まあ,何のこっちゃわからないと思いますが(笑),ウィトゲンシュタイン・トピで書いていたフォゲリンが批判の根拠としたのも,そして面白いことに,フォゲリンに対抗してウィトゲンシュタインを擁護したギーチの奥さんで,ウィトゲンシュタインの直弟子であり遺稿管理人でもあったE.アンスコムも,実はこのチャーチの結果から,『論考』の真理関数理論は間違いだと批判したんですよ。えっ,ややこしい?(笑)かまいません,読み飛ばしておいてください^^
    以上です。長々すみませんでした。

    もう,レスは結構ですよm(__)m


    PS:
    ちなみに,時代順で言うと,チューリングはアメリカのチャーチの下での留学からケンブリッジに戻り,その後,ウィトゲンシュタインの講義に出たんです。さらにちなみに,もう1人の大天才論理学者ゲーデルは,ニアミスはあったかもしれませんが,ウィトゲンシュタインと会ったことはなかったようです。

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22247 ] / ▼[ 25339 ]
■22259 / 24階層)  Re[24]: ザビビのふくろうさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 07:33:23)
    No22247
    >もう,レスは結構ですよm(__)m<

    うわぁ、ふくろうさん!!

    そう書いてくださったから、ヲタ話楽しかったです♪とだけ返信しようと思ったら、

    > PS:
    ちなみに,時代順で言うと,チューリングはアメリカのチャーチの下での留学からケンブリッジに戻り,その後,ウィトゲンシュタインの講義に出たんです。<

    とかの記事がなんとなく、わたしの記憶を、、、なんか、、、どこかで、、、
    あ!仏教の博士だ!と思い出して検索したら、
    倒産した出版社の記事がまだ残ってて、


    <K.N.ジャヤティラカ博士 プロフィール>&#8232;Kulatissa Nanda Jayatilleke

    という方のプロフィールに

    『その後、西洋哲学の確固たる知見を得るため、ケンブリッジ大学に留学。東洋と西洋の両方の考え方と哲学の分析的なアプローチを得たことは、その生涯を通して研究活動のバックグラウンドとなった。ヴィトゲンシュタインの生徒だった。』

    とありました。

    ウィトゲンシュタイン先生とはどれくらいの関わりがあられたのかわかりませんが、
    少なくとも同じ空気を共有してたこともあるのかもですね
    (*^o^*)♪♪

    哲ヲタ話、おもしろいですねー
    ありがとうございます!

    (わたしも、レス気にしないでくださいねm(__)m)♪

    ※※※※※※※※

    真ん中あたりに、下記で抜粋した記事が出てきます。
    この出版社は倒産してしまい(元社員2名の方が新社を立ち上げ、今頑張ってられます)、わたしは未読の本です。

    https://samgha.co.jp/blog/%EF%BD%8B%EF%BC%8E%EF%BD%8E%EF%BC%8E%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%80%80%E8%AB%96%E6%96%87%E9%9B%86%E3%80%80%E7%AC%AC1/?utm_source=youtube&utm_campaign=youtube-jayatireblog20180912

    抜粋引用
    『(https://en.wikipedia.org/wiki/K._N._Jayatillekeより)
    1920年11月1日 スリランカ・コロンボ生まれ。&#8232;コロンボのローヤル・カレッジを終了後、パーリ語とサンスクリット語を研究するためセイロン大学に学び最優秀学位を取得。その後、西洋哲学の確固たる知見を得るため、ケンブリッジ大学に留学。東洋と西洋の両方の考え方と哲学の分析的なアプローチを得たことは、その生涯を通して研究活動のバックグラウンドとなった。ヴィトゲンシュタインの生徒だった。修士号(カンタベリー大学)、博士号(ロンドン大学)取得。Nuffieldの人文科学、the World Academy of Arts and Sciencesなどの研究者を経て、1963年よりセイロン大学の哲学部教授、哲学部長を務めた。1970年逝去。
    仏教哲学の権威として世界的に知られ、その代表作”Early Buddhist Theory of Knowledge”(1963年、未邦訳)は、「ブッダの教説の傑出した哲学的解説」とthe Encyclopedia of Philosophyに記載されている。&#8232;K.N.ジャヤティラカ博士の基本的な論点は、初期仏教は経験主義的な知見をもっており哲学的な分析のアプローチのための重要な場所を与えているというものであり、それは現代科学の発見と矛盾しないというものだ。』

[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22259 ] / ▼[ 25628 ] ▼[ 26323 ]
■25339 / 25階層)  大喪の礼
□投稿者/ エフニ -(2022/08/04(Thu) 00:36:40)
    たいもの瑠璃ちゃん、いまボコボコでちゅ。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 25339 ] / ▼[ 25832 ]
■25628 / 26階層)  問い
□投稿者/ おくたがわ -(2022/08/15(Mon) 07:49:01)
    2022/08/15(Mon) 08:16:49 編集(投稿者)

    「問いとは何だろうか?」
    「いやそれが問いだろう」
    「だろう、ってどういう意味の助動詞だろう?」
    「だから、それだって」

    *******
    「世の中に断定できることなど一つもない」
    「あのね」

    ********
    「他人をアホというやつがアホ」
    「お前もな」

    *******
    「人は誰しも自分のことしか分からない」
    「それは何でわかるの?」

    ******
    「嬉しくて嬉しくて言葉にできない」
    「(じゅうぶんできてると思う)」





[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 25628 ] / ▼[ 26183 ]
■25832 / 27階層)  人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/08/25(Thu) 02:00:24)
    最近、深夜のFM横浜、JWAVEを聴いても面白くない。

    選曲が悪いし、DJが自分の曲ばっか流すし、Jポップ(ラップも含む)ばっかりだし。

    怒るで、しかし。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 25832 ] / ▼[ 26186 ]
■26183 / 28階層)  Re[28]: 人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/09/06(Tue) 23:00:57)
    朝倉未来、年収30億だって、すげえなぁ。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 26183 ] / ▼[ 26187 ]
■26186 / 29階層)  Re[29]: 人生消化試合
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/09/06(Tue) 23:59:58)
    No26183に返信(エフニさんの記事)
    > 朝倉未来、年収30億だって、すげえなぁ。

    (笑)

    度胸がいいんでしょうね (笑)
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 26186 ] / 返信無し
■26187 / 30階層)  Re[30]: 人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/09/07(Wed) 00:11:37)
    No26186に返信(マジカルモンキーさんの記事)
    > ■No26183に返信(エフニさんの記事)
    >>朝倉未来、年収30億だって、すげえなぁ。
    >
    > (笑)
    >
    > 度胸がいいんでしょうね (笑)


    いま日本で1番稼いでいるユーチューバーの一人でしょうね。

    もしかしたら日本一かも。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 25339 ] / ▼[ 26740 ]
■26323 / 26階層)  Re[26]: 大喪の礼
□投稿者/ エフニ -(2022/09/13(Tue) 00:33:19)
    No25339に返信(エフニさんの記事)
    > たいもの瑠璃ちゃん、いまボコボコでちゅ。


    瑠璃たん、またまたボコボコでちゅ。

    村八分の意味を全く知らないで約半世紀生きてきたようですね。

    ラサール石井にすぐ突っ込まれて、「失礼しました、二分でしたね。」

    さらに馬鹿をさらして大恥をかいていました。

    ここは「十分でしたね。」と言わなければならないところ。

    バカ枠決定で、完全に色物になってしまいました。

    合掌
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 26323 ] / 返信無し
■26740 / 27階層)  人生消化試合
□投稿者/ エフニ -(2022/09/29(Thu) 02:47:55)
    天心も未来も、潔く玉砕した。

    ボクシングの素人なのだから、少しも恥ずかしいことはない。

    猪木もアリと闘ったとき、天心や未来のように潔く散れば良かったのだ。

    あんなしょうもない試合をするのだったら。
[ 親 20117 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -