TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■24060 / inTopicNo.25)  Re[12]: 俳聖かるた
  
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/20(Mon) 22:08:48)
    こんばんは、つばめさん

    芭蕉の最上川の句は、水量が増え濁流となった最上川を目の当たりにした驚きを詠ってるのだとボクは想像しています。爽快感を感じている芭蕉を想像したことはありません。
    もちろん、ボク個人の感想です。

    兵どもがの句は、八幡平へ行ったときその草原をみて、ああ成る程と合点しました。草が戦ぐ音が無音状態を呼び起こし、その静けさが合戦の騒音を呼び起こすとは、人間の持つイマジネーション力って素晴らしいと思います(えっ、ボクだけ?)。
    「国破れて山河あり」の句は芭蕉の頭にあったと思います。二番煎じと揶揄できない高みに昇ってるので、誰も揶揄できないのでしょうね。この句は大好きです。

引用返信/返信 削除キー/
■24055 / inTopicNo.26)  Re[11]: 俳聖かるた
□投稿者/ つばめ -(2022/06/20(Mon) 20:01:44)
    七枚目です。

    五月雨を集めてはやし最上川   芭蕉



    「川下り」というのをしたことが無い私ですが、

    小舟で川を下っていくときの爽快感が想像できて楽しい気分になる一句です。

    でも。実際はビビりの私はジェットコースターにも乗るのが嫌です。

    あれに笑いながら乗るヒトっているんだろうな、羨ましいなと思います。


引用返信/返信 削除キー/
■24031 / inTopicNo.27)  Re[13]: 雑
□投稿者/ つばめ -(2022/06/19(Sun) 21:03:50)
    No24028に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > >(この後何か言いたいけれど、言葉がない。)<
    > このつづき、言葉にしてるみるね。
    >
    > >誰でも世界の一部なんかじゃなくて世界そのもの。<
    >
    > >だから<
    >
    > >それぞれの世界があるだけ。<
    >
    > じゃなくて、
    >
    > <世界そのもの>を共有してるのが<誰でも>
    >
    > どう?こんなの、つばめちゃん。
    >

    こんばんは。

    <世界そのもの>を共有してるのが<誰でも>

    ここは ↑

    う〜ん。わからない。

    ただ、共有していることを望み、共有しているような幻想は抱きやすいと思う。

    実際、共有している幻想(共同幻想)は現実していると思うし。



引用返信/返信 削除キー/
■24028 / inTopicNo.28)  Re[12]: 雑
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/19(Sun) 20:52:33)
    >(この後何か言いたいけれど、言葉がない。)<
    このつづき、言葉にしてるみるね。

    >誰でも世界の一部なんかじゃなくて世界そのもの。<

    >だから<

    >それぞれの世界があるだけ。<

    じゃなくて、

    <世界そのもの>を共有してるのが<誰でも>

    どう?こんなの、つばめちゃん。



引用返信/返信 削除キー/
■24018 / inTopicNo.29)  
□投稿者/ つばめ -(2022/06/19(Sun) 20:11:51)
    そうね。

    あなたが私を思い出したとしても
    それは
    ただ桜並木を歩くあなたのほほに触れた風
    あなたを濡らした夏の雨

    あなたが私を思い出したとしても
    それは
    木の葉がふいに枝から離れる、そんな短い間
    今年最初の雪が地上に届く、そんなときの間のこと

    そして日々は
    過ぎ去り
    あるいは
    自分でも知らないどこかに積み重なり

    ひょっこりと忘れたころに
    何気ない日常の一コマに顔を出す。

    ・・・あ。
    ・・・違うかも。

    あなたの時間の中に私は現れず
    私だけがあなたを思っている、そんな図式かも知れない。

    うん。
    多分そう。(笑)


    ・・そうね。

    大分前から気づいていたわ。

    人ってさ、自分が世界の一部だと思っているでしょ?
    実は一部じゃない。

    誰でも世界の一部なんかじゃなくて世界そのもの。

    だから
    誰とも共有なんかできない

    それぞれの世界があるだけ。

    (この後何か言いたいけれど、言葉がない。)
引用返信/返信 削除キー/
■23883 / inTopicNo.30)  Re[10]: 俳聖かるた
□投稿者/ つばめ -(2022/06/12(Sun) 20:13:53)
    六枚目。


    夏草や兵どもが夢の跡  芭蕉

    瞬時に

    国破山河在
    城春草木深
    感時花濺涙
    恨別鳥驚心
    烽火連三月
    家書抵万金
    白頭掻更短
    渾欲不勝簪

    を連想するが、次に来たこれが強く心に響く。

            ↓

    年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山  西行

    以前友人が「平泉に京都のように観光客が集まらないのは、古い建物が焼き払われてしまっていて跡しか残っていないからだろう。」と言っていたことを何気に思い出す。

    命二つの中に生きたる桜哉  芭蕉

引用返信/返信 削除キー/
■23880 / inTopicNo.31)  おくったがわ様へ
□投稿者/ つばめ -(2022/06/12(Sun) 17:06:36)
    〜〜サピエンス全史の終わりごろに。〜〜

    「これはサイエンス・フィクションではない。ほとんどのサイエンス・フィクションの筋書きは、私たちとそっくりのサピエンスが高速の宇宙船やレーザーガンといった優れたテクノロジーを享受する世界を描いている。これらの筋書きの核心を成す理論的ジレンマや政治的ジレンマは、私たち自身の世界から取り出されたもので、未来を背景にして私たちの感情的緊張や社会的緊張を再現しているに過ぎない。
    だが、未来のテクノロジーの持つ真の可能性は、乗り物や武器だけではなく、感情や欲望も含めて、ホモ・サピエンスそのものを変えることなのだ。子どもももうけず、性行動もとらず、思考を他者と共有でき、私たちの1000倍も優れた集中力と記憶力を持ち、けして怒りもしなければ悲しみもしないものの、私たちには想像の糸口もつかめない感情と欲望を持ち、永遠に若さを保つサイボーグと比べれば、宇宙船など物の数にも入らないではないか。

引用返信/返信 削除キー/
■23876 / inTopicNo.32)  Re[11]: 俳聖かるた・・横横 メモ
□投稿者/ つばめ -(2022/06/12(Sun) 14:04:28)
    いささめに時待つまにぞ日は経ぬる心ばせをば人に見えつつ  紀乳母


引用返信/返信 削除キー/
■23875 / inTopicNo.33)  Re[10]: 俳聖かるた・・横
□投稿者/ つばめ -(2022/06/12(Sun) 13:59:24)
    幾霜に心ばせをの松かざり  


    百骸九竅の中に物有、かりに名付て風羅坊といふ。
    誠にうすものゝのかぜに破れやすからん事をいふにやあらむ。
    かれ狂句を好こと久し。 終に生涯のはかりごとゝなす。
    ある時は倦で放擲せん事をおもひ、ある時はすゝむで人にかたむ事をほこり、
    是非胸中にたゝかふて、是が為に身安からず。
    しばらく身を立むことをねがへども、これが為にさへられ、
    暫ク學で愚を曉ン事をおもへども、是が為に破られ、
    つひに無能無藝にして只此一筋に繫る。
    西行の和歌における、
    宋祇の連歌における、
    雪舟の繪における、
    利休の茶における、其貫道する物は一なり。
    しかも風雅におけるもの、造化にしたがひて四時を友とす。
    見る處花にあらずといふ事なし。
    おもふ所月にあらずといふ事なし。
    像花にあらざる時は夷狄にひとし。
    心花にあらざる時は鳥獣に類ス。
    夷狄を出、鳥獣を離れて、造化にしたがひ、造化にかへれとなり。

引用返信/返信 削除キー/
■23874 / inTopicNo.34)  Re[9]: 俳聖かるた
□投稿者/ つばめ -(2022/06/12(Sun) 11:26:20)
    五枚目です。


    閑かさや岩にしみいる蝉の声  芭蕉


    でました。

    個人的にはとうとう蝉の声と岩だけになっちゃいました、みたいな世界(句)です。


    「古池や蛙飛びこむ水の音」の初出は1686年で、
    その約3年後(1689年7月13日)の作品ですかね。


    私には古池と並んで全く悩ましい句です。( ;∀;)


    この句の蝉の声を斎藤茂吉さんが「アブラゼミの声」だとして論争が起きたそうです。

    結局は茂吉さんが現場検証後に自己の誤りを認めて「ニイニイゼミの声」としたそうですが、

    斎藤茂吉100満ボルトスーパースターとアブラゼミの組み合わせはなんとなく面白く

    茂吉先生にはアブラゼミの声が聞こえたのだろうなと納得もしてしまいます。


引用返信/返信 削除キー/
■23811 / inTopicNo.35)  Re[5]: 潮
□投稿者/ エフニ -(2022/06/08(Wed) 21:51:50)
    No23446に返信(つばめさんの記事)
    > ■No23058に返信(エフニさんの記事)
    >>わお�
    >>
    >>新トピ落成おめでとうございますぅ�
    >>
    >>楽しみだなぁ。
    >>
    >>じゃんじゃんバリバリと行きましょうね。
    >
    > ****
    >
    > あははは。
    >
    > はい♪ てか、カタツムリ路線で。(許して♪)


    あ、あたきも〜ァ

    あたきも、カタツムリです

    ヨロシクね。

    イェイァ
引用返信/返信 削除キー/
■23709 / inTopicNo.36)  Re[8]: 俳聖かるた
□投稿者/ つばめ -(2022/06/03(Fri) 21:32:50)
    四枚目が

        唐崎の松は花より朧にて  芭蕉


    「花」は全くの蛇足ですが「桜」のことです。

    なんか、意地悪く

         桜さく大日本ぞ・・・を思い出してしまった。


    恐らく、

    失われようとしている文化は内に孕んだ思想を追悼するのだろうなと。


引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -