TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal つれづれなるままに 2 /パニチェ (22/05/19(Thu) 19:52) #23336
Nomal Re[1]: つれづれなるままに 2 /悪魔ちゃん (22/05/22(Sun) 19:24) #23441
  └Nomal Re[2]:   レヴィのわたしの /悪魔ちゃん (22/05/22(Sun) 19:40) #23442
    ├Nomal Re[3]:   レヴィのわたしの /ギアッチョ (22/05/23(Mon) 06:32) #23449
    │└Nomal 悪魔ちゃんが気になった部分 /田秋 (22/05/23(Mon) 09:11) #23451
    │  └Nomal Re[5]: 悪魔ちゃんが気になった部分 /悪魔ちゃん (22/05/23(Mon) 20:11) #23458
    │    └Nomal 歴史と政治 /田秋 (22/05/23(Mon) 22:38) #23461 1653313121.jpg/126KB
    └Nomal Re[3]:   レヴィのわたしの /みのり (22/05/24(Tue) 09:52) #23465
      └Nomal Re[4]:   レヴィのわたしの /みのり (22/05/24(Tue) 10:50) #23469
        └Nomal Re[5]:   レヴィのわたしの /悪魔ちゃん (22/05/24(Tue) 20:23) #23473
          ├Nomal Re[6]:  保険証の廃止 /悪魔ちゃん (22/05/24(Tue) 20:35) #23474
          └Nomal Re[6]:   レヴィのわたしの /みのり (22/05/25(Wed) 09:06) #23480
            └Nomal Re[7]:   レヴィのわたしの /田秋 (22/05/25(Wed) 11:55) #23483
              └Nomal Re[8]:   レヴィのわたしの /みのり (22/05/25(Wed) 13:25) #23487
                └Nomal Re[9]: 人集団生活 /悪魔ちゃん (22/05/25(Wed) 19:19) #23493
                  └Nomal Re[10]: 人集団生活 /田秋 (22/05/26(Thu) 11:43) #23501
                    └Nomal Re[11]: 人集団の関係 /悪魔ちゃん (22/05/26(Thu) 19:36) #23509
                      └Nomal  テロリズム /悪魔ちゃん (22/05/27(Fri) 19:38) #23530
                        └Nomal  ある人間たちの所業 /悪魔ちゃん (22/05/27(Fri) 19:51) #23531
                          └Nomal  「権力」 /悪魔ちゃん (22/05/28(Sat) 18:47) #23565
                            └Nomal  善悪の彼岸 /悪魔ちゃん (22/05/28(Sat) 20:12) #23566
                              └Nomal 今日の講義から /田秋 (22/05/28(Sat) 22:57) #23569
                                └Nomal Re[17]: 今日の講義から /悪魔ちゃん (22/05/29(Sun) 13:41) #23578
                                  ├Nomal NO TITLE /悪魔ちゃん (22/05/29(Sun) 13:47) #23580
                                  │└Nomal   『人類学的思考の歴史』 /悪魔ちゃん (22/05/29(Sun) 16:17) #23582
                                  │  └Nomal アンデスのキリスト教と悪魔崇拝 /悪魔ちゃん (22/06/02(Thu) 18:07) #23680
                                  │    └Nomal Re[21]: アンデスのキリスト教と悪魔崇拝 /悪魔ちゃん (22/06/02(Thu) 18:09) #23681
                                  │      └Nomal  臍の緒 /悪魔ちゃん (22/06/04(Sat) 14:30) #23718
                                  └Nomal Re[18]: 今日の講義から /田秋 (22/06/05(Sun) 15:45) #23748
                                            └Nomal 人間の、「野生の思考」と資本主義的生き方 /悪魔ちゃん (22/06/05(Sun) 15:13) #23747
                                              └Nomal Re[24]: 共同体 /悪魔ちゃん (22/06/05(Sun) 17:20) #23750
                                                └Nomal レヴィ=ストロース /田秋 (22/06/05(Sun) 22:13) #23753 fig3.jpg/36KB
                                                  └Nomal Re[26]: レヴィ=ストロース /悪魔ちゃん (22/06/06(Mon) 19:36) #23765
                                                    ├Nomal  ギブ三― /悪魔ちゃん (22/06/06(Mon) 19:48) #23767
                                                    └Nomal Re[27]: レヴィ=ストロース /田秋 (22/06/06(Mon) 21:04) #23771
                                                      └Nomal Re[28]: レヴィ=ストロース /田秋 (22/06/07(Tue) 16:29) #23785 sankaku.jpg/25KB
                                                        └Nomal Re[29]: レヴィ=ストロース /悪魔ちゃん (22/06/07(Tue) 19:20) #23786
                                                          └Nomal  人-間 /悪魔ちゃん (22/06/08(Wed) 19:41) #23804
                                                            └Nomal Re[31]:  人-間 /田秋 (22/06/09(Thu) 11:01) #23823
                                                              └Nomal Re[32]:  人-間 /悪魔ちゃん (22/06/09(Thu) 18:40) #23827
                                                                └Nomal Re[33]:  人-間 /田秋 (22/06/09(Thu) 19:06) #23829
                                                                  └Nomal Re[34]:  人-間 /悪魔ちゃん (22/06/09(Thu) 21:42) #23832
                                                                    └Nomal 「野生の思考」のわたしの /悪魔ちゃん (22/06/11(Sat) 14:07) #23860
                                                                      └Nomal Re[36]: 「野生の思考」のわたしの /悪魔ちゃん (22/06/11(Sat) 18:31) #23862
                                                                        └Nomal Re[37]: 「野生の思考」のわたしの /ギアッチョ (22/06/11(Sat) 21:17) #23866
                                                                          └Nomal Re[38]: 「野生の思考」のわたしの /悪魔ちゃん (22/06/12(Sun) 15:06) #23878
                                                                            └Nomal    「野生の思考」のわたしの /悪魔ちゃん (22/06/12(Sun) 15:46) #23879
                                                                              └Nomal (間奏) 根本的な問い /悪魔ちゃん (22/06/12(Sun) 20:32) #23884
                                                                                └Nomal 「野生の思考」のわたしの /悪魔ちゃん (22/06/17(Fri) 18:32) #23964
                                                                                  └Nomal  ハンナ・アーレント /悪魔ちゃん (22/06/18(Sat) 15:50) #23987
                                                                                    └Nomal 野生と文明 /悪魔ちゃん (22/06/19(Sun) 19:23) #24014
                                                                                      └Nomal Re[44]: 野生と文明 /悪魔ちゃん (22/06/19(Sun) 19:59) #24017
                                                                                        └Nomal 人類学(人間学) /悪魔ちゃん (22/06/23(Thu) 18:57) #24106
                                                                                          └Nomal 最上川 /田秋 (22/06/23(Thu) 20:57) #24109
                                                                                            └Nomal Re[47]: 最上川 /悪魔ちゃん (22/06/24(Fri) 18:37) #24147
                                                                                              └Nomal 世界における(への) /悪魔ちゃん (22/06/25(Sat) 17:37) #24164
                                                                                                └Nomal Re[49]: 世界における(への)存在 /悪魔ちゃん (22/06/25(Sat) 18:48) #24166
                                                                                                  └Nomal Re[50]: 世界における(への)存在 /悪魔ちゃん (22/06/26(Sun) 15:30) #24192
                                                                                                    └Nomal        「と」 /悪魔ちゃん (22/06/26(Sun) 15:38) #24193
                                                                                                      └Nomal Re[52]:  「と」 /悪魔ちゃん (22/06/26(Sun) 19:32) #24195
                                                                                                        └Nomal   生 /悪魔ちゃん (22/06/30(Thu) 20:19) #24251
                                                                                                          └Nomal Re[54]:   生 /みのり (22/06/30(Thu) 21:07) #24254
                                                                                                            └Nomal Re[55]:   生 /アートポット (22/06/30(Thu) 23:12) #24257
                                                                                                              └Nomal Re[56]:   生 /悪魔ちゃん (22/07/01(Fri) 19:25) #24262
                                                                                                                └Nomal Re[57]:   生 /アートポット (22/07/01(Fri) 19:50) #24264
                                                                                                                  └Nomal Re[58]:   生 /みのり (22/07/01(Fri) 21:01) #24271
                                                                                                                    └Nomal Re[59]:   生 /アートポット (22/07/01(Fri) 21:18) #24272
                                                                                                                      └Nomal  「ハラスメント」 /悪魔ちゃん (22/07/02(Sat) 19:26) #24297
                                                                                                                        └Nomal Re[61]:  生 /悪魔ちゃん (22/07/02(Sat) 19:49) #24298
                                                                                                                          └Nomal Re[62]:  生 /悪魔ちゃん (22/07/02(Sat) 20:10) #24299
                                                                                                                            └Nomal Re[63]:  生 /アートポット (22/07/02(Sat) 20:52) #24301
                                                                                                                              └Nomal Re[64]:  生 /ギアッチョ (22/07/03(Sun) 08:34) #24305
                                                                                                                                └Nomal Re[65]:  生 /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 17:00) #24319
                                                                                                                                  └Nomal Re[66]:  生 /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 17:02) #24320
                                                                                                                                    ├Nomal Re[67]:  生 /アートポット (22/07/03(Sun) 17:38) #24326
                                                                                                                                    ├Nomal Re[67]:  生 /ギアッチョ (22/07/03(Sun) 17:14) #24323
                                                                                                                                    └Nomal 「野生の思考」レヴィのわたしの /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 17:11) #24322
                                                                                                                                      └Nomal Re[68]: 生 /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 17:38) #24327
                                                                                                                                        ├Nomal レヴィのと現象学のとわたしの /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 17:41) #24328
                                                                                                                                        └Nomal Re[69]: 生 /ギアッチョ (22/07/03(Sun) 17:58) #24334
                                                                                                                                          └Nomal Re[70]: 生 /悪魔ちゃん (22/07/03(Sun) 20:03) #24359
                                                                                                                                            └Nomal 「哲学」 /悪魔ちゃん (22/07/07(Thu) 19:19) #24425
                                                                                                                                              └Nomal ニュース /悪魔ちゃん (22/07/08(Fri) 18:52) #24498
                                                                                                                                                └Nomal Re[73]: ニュース /悪魔ちゃん (22/07/08(Fri) 19:16) #24504
                                                                                                                                                  └Nomal カントの「と」現象学との /悪魔ちゃん (22/07/10(Sun) 17:26) #24652
                                                                                                                                                    └Nomal  コロナ感染者数 /悪魔ちゃん (22/07/16(Sat) 18:49) #24886
                                                                                                                                                      └Nomal  人類学の /悪魔ちゃん (22/07/16(Sat) 18:56) #24887
                                                                                                                                                        └Nomal  政教分離 /悪魔ちゃん (22/07/16(Sat) 19:27) #24889
                                                                                                                                                          └Nomal  国葬 /悪魔ちゃん (22/07/16(Sat) 19:39) #24890
                                                                                                                                                            └Nomal Re[79]:  国葬 /田秋 (22/07/16(Sat) 20:09) #24893
                                                                                                                                                              └Nomal Re[80]:  国葬 /悪魔ちゃん (22/07/16(Sat) 20:26) #24895
                                                                                                                                                                └Nomal Re[81]:  国葬 /マジカルモンキー (22/07/16(Sat) 21:34) #24896
                                                                                                                                                                  └Nomal Re[82]:  国葬 /悪魔ちゃん (22/07/17(Sun) 11:20) #24905
                                                                                                                                                                    └Nomal  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/17(Sun) 11:24) #24906
                                                                                                                                                                      └Nomal Re[84]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/17(Sun) 14:01) #24907
                                                                                                                                                                        └Nomal Re[85]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/17(Sun) 17:40) #24913
                                                                                                                                                                          └Nomal Re[86]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/18(Mon) 11:27) #24957
                                                                                                                                                                            └Nomal Re[87]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/18(Mon) 16:30) #24962
                                                                                                                                                                              └Nomal Re[88]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/18(Mon) 17:49) #24965
                                                                                                                                                                                └Nomal Re[89]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/18(Mon) 18:40) #24969
                                                                                                                                                                                  └Nomal Re[90]:  ルース・ベネディクトの /悪魔ちゃん (22/07/18(Mon) 18:50) #24970


親記事 / ▼[ 23441 ]
■23336 / 親階層)  つれづれなるままに 2
□投稿者/ パニチェ -(2022/05/19(Thu) 19:52:56)
    トピ主:悪魔ちゃん


    引き続きよろしくお願いします。
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23336 ] / ▼[ 23442 ]
■23441 / 1階層)  Re[1]: つれづれなるままに 2
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/22(Sun) 19:24:33)
    パニさん、ありがと。

    >引き続きよろしくお願いします<

    こちらこそ、よろしくお願いしちゃいま〜す。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23441 ] / ▼[ 23449 ] ▼[ 23465 ]
■23442 / 2階層)  Re[2]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/22(Sun) 19:40:21)
    ■23414、みのりさん、こんばんは。

    >私、『野生の思考』の解説本を以前読んで、ニーチェクラブで投稿したんだった<
    あら、そうだったの!
    みのりさまも、野生は、粗野で教養がなく、不作法で粗暴なんじゃなくて、ちゃんとそこにも科学的思考っていうのがあるって“うすうす”感じてた? わたしと同じように。

    きょうは、ちょっと気合い入れて書いちゃう。

    >科学的思考は、これまでの実験や考察から定説となっていることに積み上げるようにして、次に進んでいく。のに対して、原初的思考は、先入観を持たずにあらゆる可能性を考慮して進んでいく。<
    わたしもそんな感じ。原初的思考は“素直”なんだと思う。世界をそのまま受け入れる、っていうのかな〜?
    でも、それって後から“考えると”間違いだった〜、っていうの気づくことあるよね。でもね、それが“間違いだった”っていうことはどういうことなのかしら?ともわたし思うのね。

    >ところで、現象学的な観方というのは。「山がある」というのを素朴実在論のように認識するのではなく、「私の意識に山が映っているのは確かである」のように認識するしかた、でいいんですよね?<
    ん〜ん、こう聞かれてもなんかわたしわかんない。
    ここらへんのは、メルポンの『知覚の現象学』にこんなことが書いてあるので書き写して見ます。

                *******
    このように記述されている知覚がどんなに考えがたいものであろうとも、その困難はわれわれの甘受すべきものであり、事実そのようにしてわれわれは知覚し、われわれの意識も物のなかで暮らしているのである。
    したがって、ある因果的作用によって、宇宙そのものとは別個な〈表象〉をわれわれの内部に産出するような〈〔実在的〕宇宙〉という観念ほど、知覚にとって無縁なものはない。カント的言い方をするならば、素朴的意識の実在論は、〈経験的実在論〉――つまり、「意識の諸状態」の外に立ち出でて、固体的対象に到達しているということを、少しも疑わない〈外的経験の確信〉――なんであって、固体的対象を、唯一の与件である「表象」の不可知な〈原因〉として定立することを哲学的主張とするような〈超越論的実在論〉ではないのである(3)。

    (3)訳注:カントにとっては、〈空間〉と〈時間〉とは人間精神の主観的構造に属するものであり、感性(=対象受容の能力)が働く場合の基本形式である。したがって、それらは認識主観を離れた〈物自体〉の性質や関係ではない。そこで空間、時間は、われわれに〈経験〉されるいっさいのもの(=現象)に関しては客観的であり、空間、時間のなかに存在しないような対象は、経験のなかにないことになる。その意味で、それらは〈経験的実在性〉を持つと言われる。が、他方、それらがわれわれの感性を離れて実在するものではないとすれば、経験を超えた実在性は持たないわけであり、そのことが空間・時間の〈超越論的観念性〉と言われるのである。そこでカントは、自分の立場が観念論ではあるにしても、それはあくまでも〈超越論的〉観念論であって、〈経験的〉観念論ではない、と主張している。メルロ=ポンティは、カントの用語をかりて、素朴的意識の実在論は、〈経験的〉実在論であって、〈超越論的〉実在論ではない、というわけである。
                *********

    わたし、ここなんど読み返してわたしの実体験にあてはめて考えてるんだけど、まだ入ってないのね。
    【知覚がどんなに考えがたいものであろうとも】っていうところ、いまのところ、「知覚の世界」は「思考」とは別の世界にあって、「考える」っていう領域からは“考えがたい”領域にあるっていってるんじゃないかしら?っていまのところ見てる。

    「思考」って呼んでるもの、これってどういうもの?ってふと思って、「思考」には二種類あるんじゃないかって思ったのがNo23410だったの。

    現前の「これ」は「山」、これが知覚の世界(素朴的意識)だとわたし思ってる。そして「私の意識に山が映っているのは確かである」は思考の世界。でも、思考の世界は「これ」は「山」であるのか?っていう「省察」に入っていくのが哲学的思考なのかとも思って。言いかえると、「これは山である」っていう「判断」は確か(疑いの余地のないこと)なのか?っていう方向に、ね。
    ほら、マジモンさんが言ってたケプラー、実際に観察された事実を基に、思考と計算によって、天動説と地動説の両方を説明することを示したように。

    >現象学的な観方と「野生の思考」的な観方の共通点があるって話なんですよね<
    これについては後で書いて見ます。

    わたし「ものぐるほしけれ(狂ったような気持ちになる)」になってるかな〜?

    「心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば(心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけて)」
    でした。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23442 ] / ▼[ 23451 ]
■23449 / 3階層)  Re[3]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/05/23(Mon) 06:32:32)
    はい、おはようございます、悪魔ちゃん

    野性的思考は必要だと思いました。
    野性的思考はダメだと決めつけた、ギアッチョに自惚れ部分があると感じたよ。
    どうも、ギアッチョ、思考が偏っている。

    人は会話をしなければいけない。
    アスペルガーが生き辛い理由がなんとなく理解できた。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23449 ] / ▼[ 23458 ]
■23451 / 4階層)  悪魔ちゃんが気になった部分
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/23(Mon) 09:11:49)
    おはようございます、悪魔ちゃん

    田総研掲載の悪魔ちゃん注目の箇所は外交の変容を述べた部分です。レポート提出のつもりでこの部分を要約してみます。悪魔ちゃん先生、宜しくお願いします!

    ナポレオン戦争後ウィーンで会議が開かれ(1814〜5年)そこで国家間のバランスを維持し戦争の勃発を防ぐことが話合われました(ウィーン会議)。戦争になる前に話し合おうということで(ウィーン体制)、この時代の外交を「古典外交」と呼び、同質性、貴族性、自立性という特徴で表すことができます。

    同質性というのは、同じ欧州内の国ということ(欧州文化というものを共有する)、貴族性というのは、外交上の言葉はフランス語で作法は貴族社会のもの(貴族の外交官も多かった)、自立性というのは、他を圧倒する国が存在せず各国が自立して勢力均衡を保っていたことを指します。

    その後政治体制は近代的な官僚制となり国民の地位は向上し(国民国家)貴族性は失われていきます。アメリカや日本の台頭により同質性も失われ、また第1次世界大戦に向かって欧州内の2極化が進み各国の自立性が失われて行きました。このように第1次世界大戦の時にはいわゆる「古典外交」は既に終焉を迎えていました。

    悪魔ちゃんの素晴らしい所
    1.素朴に疑問を持つ
    2.謙虚に研鑽する

    ガンバロー!
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23451 ] / ▼[ 23461 ]
■23458 / 5階層)  Re[5]: 悪魔ちゃんが気になった部分
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/23(Mon) 20:11:46)
    ■23451、
    田秋さん、ありがとございま〜す。
    わたし、政治、歴史、これもよく知らない。
    ん?わたし何についてなら知ってるって言えるのかしら?ってよく考えたら、ないことに気づいちゃた。

    これで終わりにしちゃったら、せっかく田秋さんが要約してくれたことに失礼だと思って、勉強中で〜す。

    いまのところ。、これだけはいえるかな
    >第1次世界大戦に向かって欧州内の2極化が進み<
    <第一次世界大戦>が起こったっていうことはすでに知ってるっていう前提の上に、あとづけで、<2極化>が持ちだされてるのかもしれないけど、どういう<2極化>なのかがわたしにはわかんない。

    〈ドイツ・オーストラリア・ストア二ア〉っていう三国同盟と〈イギリス・フランス・ロシア〉っていう三国協商っていうのを、欧州の2極化っていうんだったら、どいうことでこういう2極化が発生したのかしら?

    「国民国家」とか「他民族国家」見たいなのはそのうち見えてきたらにしようかと思ってま〜す。

    正直な気持ちを言うと。「外人さん」の世界観、人間観、、わたしにはわかんない。「不気味な存在」として、何されるかわかったもんじゃない、っていう、できればわたし関わりを持ちたくないのね。










[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23458 ] / 返信無し
■23461 / 6階層)  歴史と政治
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/23(Mon) 22:38:41)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    歴史と政治、中国の歴史は古代から清朝の終わりくらいまでは何冊か本を読んだ。友達に昔の中国が好きなのがいたのと西遊記関連で。

    政治は分からないけど、もしわかると歴史がぐっと面白くなるんだろうな思う。

    例えばボクが昨日の昼は素麺を食べ夜は鯛飯を食べたとします。これが歴史で、何故昼素麺で夜鯛飯だったのか、その経緯の説明が政治かな?

    暑い中草取りしてお風呂入ってさっぱりして「ああ、素麺食べたい」、午後スーパー行ったら美味しそうな鯛の切り身があったので焼いて食べようと思って買い、一応インターネットで鯛のレシピ見てたら、切り身でも鯛飯が簡単に出来るというのがあったので急遽鯛飯にした、というのが政治。

    ダメすか?

    ===民族と国家===

    写真はクルド人の住んでいる地域と実際の国境線。クルド民族は集まって住んでいる地域があるけれど自分の国を持っていません。

    民族と言うのはみんな自分の国が欲しい。何故なら他の民族の支配下に置かれて指図を受けたくないからね。共同経営という形態もあるけれど出来れば自立して自分の民族が主権を持つ国家になりたい。ユーゴスラビアがセルビアやクロアチアに分裂したり、チェコスロバキアがチェコとスロバキアになったり。ソ連の崩壊もそうだよね。ウクライナ、ジョージア、カザフスタン、リトアニアとか。

    クルド民族もそう思ってるけど4カ国にわたってクルド民族地域がひろがってるから難しい。

    そう考えると国境線って人工的と言えるけれど、そもそも人間の問題だから人工的になるのは自然とも言える?

1020×799 => 600×470

1653313121.jpg
/126KB
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23442 ] / ▼[ 23469 ]
■23465 / 3階層)  Re[3]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ みのり -(2022/05/24(Tue) 09:52:14)
    No23442に返信(悪魔ちゃんさんの記事)

    悪魔ちゃん、こんにちは。 今日は雨降ってなくてよかった〜。
    雨ばっかり降ると庭にコケがたくさん生えてくるのよ。。(´;ω;`)

    > みのりさまも、野生は、粗野で教養がなく、不作法で粗暴なんじゃなくて、ちゃんとそこにも科学的思考っていうのがあるって“うすうす”感じてた? わたしと同じように。

    毒があって食べられない植物や生き物を実体験から把握したり、分類したりと生きることと科学が現代人以上に密接だったんだろうな、というのは感じてました。
    命がけで毎日を過ごしていたのだと思うのですね。
    現代人は、命がけがなく自然を甘く観がちになってもいるのかも。


    > >ところで、現象学的な観方というのは。「山がある」というのを素朴実在論のように認識するのではなく、「私の意識に山が映っているのは確かである」のように認識するしかた、でいいんですよね?<
    > ん〜ん、こう聞かれてもなんかわたしわかんない。
    > ここらへんのは、メルポンの『知覚の現象学』にこんなことが書いてあるので書き写して見ます。
    >
    >             *******
    > このように記述されている知覚がどんなに考えがたいものであろうとも、その困難はわれわれの甘受すべきものであり、事実そのようにしてわれわれは知覚し、われわれの意識も物のなかで暮らしているのである。
    > したがって、ある因果的作用によって、宇宙そのものとは別個な〈表象〉をわれわれの内部に産出するような〈〔実在的〕宇宙〉という観念ほど、知覚にとって無縁なものはない。カント的言い方をするならば、素朴的意識の実在論は、〈経験的実在論〉――つまり、「意識の諸状態」の外に立ち出でて、固体的対象に到達しているということを、少しも疑わない〈外的経験の確信〉――なんであって、固体的対象を、唯一の与件である「表象」の不可知な〈原因〉として定立することを哲学的主張とするような〈超越論的実在論〉ではないのである(3)。
    >
    > (3)訳注:カントにとっては、〈空間〉と〈時間〉とは人間精神の主観的構造に属するものであり、感性(=対象受容の能力)が働く場合の基本形式である。したがって、それらは認識主観を離れた〈物自体〉の性質や関係ではない。そこで空間、時間は、われわれに〈経験〉されるいっさいのもの(=現象)に関しては客観的であり、空間、時間のなかに存在しないような対象は、経験のなかにないことになる。その意味で、それらは〈経験的実在性〉を持つと言われる。が、他方、それらがわれわれの感性を離れて実在するものではないとすれば、経験を超えた実在性は持たないわけであり、そのことが空間・時間の〈超越論的観念性〉と言われるのである。そこでカントは、自分の立場が観念論ではあるにしても、それはあくまでも〈超越論的〉観念論であって、〈経験的〉観念論ではない、と主張している。メルロ=ポンティは、カントの用語をかりて、素朴的意識の実在論は、〈経験的〉実在論であって、〈超越論的〉実在論ではない、というわけである。
    >             *********

    メルロポンティのを引用してくれたんですね。
    長文でありがとうございます。

    >※「意識の諸状態」の外に立ち出でて、固体的対象に到達しているということを、少しも疑わない〈外的経験の確信〉――

    これが素朴実在論の観方なんでしょうね。
    実際に自分に観えているものはそのままの形で実在しているのだ、という観方。
    メルロポンティは、こちらを「経験的実在論」としているみたいですね。
    主観=客観だと思っている観方と言ってもいいのかな。

    そして、

    >※固体的対象を、唯一の与件である「表象」の不可知な〈原因〉として定立することを哲学的主張とするような〈超越論的実在論〉ではないのである(3)。

    こちらを素朴実在論(経験的実在論)と対比させているのですね。
    何か〈原因〉となる固定的対象があり、そこから「表象」が現れてくるという観方でいいのかな。

    > わたし、ここなんど読み返してわたしの実体験にあてはめて考えてるんだけど、まだ入ってないのね。
    > 【知覚がどんなに考えがたいものであろうとも】っていうところ、いまのところ、「知覚の世界」は「思考」とは別の世界にあって、「考える」っていう領域からは“考えがたい”領域にあるっていってるんじゃないかしら?っていまのところ見てる。
    >
    > 「思考」って呼んでるもの、これってどういうもの?ってふと思って、「思考」には二種類あるんじゃないかって思ったのがNo23410だったの。
    >
    > 現前の「これ」は「山」、これが知覚の世界(素朴的意識)だとわたし思ってる。そして「私の意識に山が映っているのは確かである」は思考の世界。でも、思考の世界は「これ」は「山」であるのか?っていう「省察」に入っていくのが哲学的思考なのかとも思って。言いかえると、「これは山である」っていう「判断」は確か(疑いの余地のないこと)なのか?っていう方向に、ね。

    ・・・・・
    知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること。
    そして。その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。
    ・・・・・『読まずに死ねない哲学名著50冊』平原 卓 著 p287より引用

    今、引用したのがフッサールの「還元」について。


    > >現象学的な観方と「野生の思考」的な観方の共通点があるって話なんですよね<
    > これについては後で書いて見ます。
    >
    > わたし「ものぐるほしけれ(狂ったような気持ちになる)」になってるかな〜?
    >
    > 「心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば(心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけて)」
    > でした。

    うん。 ぼちぼちとがんばってくださいね〜。
    レスありがとうございました。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23465 ] / ▼[ 23473 ]
■23469 / 4階層)  Re[4]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ みのり -(2022/05/24(Tue) 10:50:01)
    すみません、訂正させてください。
    (削除キーの設定をしてなかったので訂正ができない。)
    次から、長文になる時は必ず設定しよう。


    >>・・・・・
    知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること。
    そして。その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。
    ・・・・・『読まずに死ねない哲学名著50冊』平原 卓 著 p287より引用

    今、引用したのがフッサールの「還元」について。<<

    ここ、引用ではなく、p287を読んでまとめたものです。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23469 ] / ▼[ 23474 ] ▼[ 23480 ]
■23473 / 5階層)  Re[5]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/24(Tue) 20:23:42)
    ■23465、■23469、ありがとございま〜す、みのりさん

    >知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること。そして。その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。<
    わたし<確信>(確かに信じられるもの)っていう語のほかに〈信念〉っていう語を使うかな。
    だから、
    >知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること<
    っていう表現にはわたしのばあいならないのね。
    「確信しうること」は「知覚」と「判断」の両方にかかる言葉じゃなくて、わたし「判断」にかかる言葉って見てるのね。
    あ、ごめん、みのりさまが「知覚」、「判断」、「確信」っていう語をどう言う意味で使ってるのかが分からない、のうえでわたしの勝手なので書いてるからね。

    だから、
    >その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。<
    は、わたしのばあい、
    〈知覚という信念がどのように「構成」構成され、判断がどのように「構成」されるのか、について考え〉
    っていう表現になるの。

    >現象学的な観方と「野生の思考」的な観方の共通点があるって話なんですよね<
    これについてのわたしのは、はまだになってる。平日は仕事でめいっぱいで考えてる余裕がなくて。
    休みの日に書いちゃおっかて思ってま〜す。
    わたしがなに言ってるのか分かってもらえなないだろうな〜っていうことを承知で書いてま〜す。

    あ、あと田秋さんのも返信しなくっちゃ。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23473 ] / 返信無し
■23474 / 6階層)  Re[6]:  保険証の廃止
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/24(Tue) 20:35:42)
    ネットのニュース見てたら、
    いまある保険証を無くすことを政府が決めたみたいよ。

    なんか「マイナ保険証」っていうのが、政治屋(ある人間集団)さんたちによって”決まった”みたい。

    「国」ってさ〜、やっぱ、支配者と服従者の関係はずせないよね。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23473 ] / ▼[ 23483 ]
■23480 / 6階層)  Re[6]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ みのり -(2022/05/25(Wed) 09:06:30)
    No23473に返信(悪魔ちゃんさんの記事)

    悪魔ちゃん、レスありがとうございます。

    > >知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること。そして。その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。<
    > わたし<確信>(確かに信じられるもの)っていう語のほかに〈信念〉っていう語を使うかな。
    > だから、
    > >知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること<
    > っていう表現にはわたしのばあいならないのね。
    > 「確信しうること」は「知覚」と「判断」の両方にかかる言葉じゃなくて、わたし「判断」にかかる言葉って見てるのね。
    > あ、ごめん、みのりさまが「知覚」、「判断」、「確信」っていう語をどう言う意味で使ってるのかが分からない、のうえでわたしの勝手なので書いてるからね。

    私の方の文章を二つに分けてみますね。

    >>知覚や判断が私の意識に生じていることは確信しうること。

    順番として「知覚」をまずして次に「判断」する。
    夜空に何か浮かんでる、と知覚して、それは夜間飛行の旅客機だろうと判断する。
    順番にあらためて従って書いてみるとこういうこと。

    それが本当に旅客機かどうかはわからないけれど、自分に旅客機らしきものが見えているということは確信できる、ということ。

    >>その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。

    では、夜間飛行の旅客機が飛んでいると見えたけれど、それは本当にそうなのか?
    そう思ったその理由、根拠はどういうものか、その理由、根拠は旅客機であるという答えを出すに十分なものであるか、などについて検証していく。
    検証していく中で、本当に夜間飛行の旅客機か、もしかしたら他のものではないのか、も明らかになっていく。
    具体的な例を出してみると、こういうようなことかな、と思っています。

    仮説を立てて、それを検証する。簡単に言えばこの作業のことになるのだと思うのですね。

    > だから、
    > >その確信がどのように「構成」されるのかについて考え、その構造と条件を取り出す。<
    > は、わたしのばあい、
    > 〈知覚という信念がどのように「構成」構成され、判断がどのように「構成」されるのか、について考え〉
    > っていう表現になるの。

    なるほど。
    あくまで私の場合はなんだけど、いつでも可能な限り具体的な例を持って考えてみるようにしています。
    単語や言葉というのは、具体的なものを説明するための道具だと思うので、その具体的なところをもって理解するのが大切なんじゃないかな、と思っているかな。

    > >現象学的な観方と「野生の思考」的な観方の共通点があるって話なんですよね<
    > これについてのわたしのは、はまだになってる。平日は仕事でめいっぱいで考えてる余裕がなくて。
    > 休みの日に書いちゃおっかて思ってま〜す。
    > わたしがなに言ってるのか分かってもらえなないだろうな〜っていうことを承知で書いてま〜す。

    私へのレスはお気遣いなくしてくださいね。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23480 ] / ▼[ 23487 ]
■23483 / 7階層)  Re[7]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/25(Wed) 11:55:19)
    こんにちは、みのりさん

    横レス失礼すますぅ。

    >いつでも可能な限り具体的な例を持って考えてみるようにしています。
    ボクもそうです。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23483 ] / ▼[ 23493 ]
■23487 / 8階層)  Re[8]:   レヴィのわたしの
□投稿者/ みのり -(2022/05/25(Wed) 13:25:12)
    No23483に返信(田秋さんの記事)
    > こんにちは、みのりさん
    >
    > 横レス失礼すますぅ。
    >
    > >いつでも可能な限り具体的な例を持って考えてみるようにしています。
    > ボクもそうです。
    >

    田秋さん、こんにちは。
    そうなんですね。なんだか嬉しいです。^^

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23487 ] / ▼[ 23501 ]
■23493 / 9階層)  Re[9]: 人集団生活
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/25(Wed) 19:19:50)
    No23461、田秋さん、ありがと。

    >歴史と政治、中国の歴史は古代から清朝の終わりくらいまでは何冊か本を読んだ。友達に昔の中国が好きなのがいたのと西遊記関連で。<
    西遊記っていうのなんだかわかんないけど、昔のがどういうのかわたし知らないけど、いまの中国はどうなのかしらね。わたし中国人は信用できない派。だから中国産はなんであれ、わたし買わない。あ、最近はロシア産のもね。

    歴史と政治については、いまお勉強中で〜す。人類学の本読んでるとそういうの知らないとよくわかんないから。

    >暑い中草取りしてお風呂入ってさっぱりして「ああ、素麺食べたい」、午後スーパー行ったら美味しそうな鯛の切り身があったので焼いて食べようと思って買い、一応インターネットで鯛のレシピ見てたら、切り身でも鯛飯が簡単に出来るというのがあったので急遽鯛飯にした、というのが政治。<

    「国家」とは、「一定の領土と国民と排他的な統治組織とをもつ政治共同体」
    ってあって、結局「政治共同体」なんだな〜、って思って「政治」についてネットで調べて見た。
    いろんなこと書いてあったけど、つぎのような見方、わたし受け入れることにした。

                 ・・・・・・・・
    「政治」 politics

    政治を表す西欧の語は、古代ギリシアの都市国家であるポリスpolis、およびそれから派生したポリテイアpoliteia(市民権、国家)その他の関連語に由来する。

    このことから、政治をポリスの業務、すなわち国家の仕事として考える見方が広まるようになった。

    今日では、政治を「集団の政策(意思)決定過程」とみる見方、あるいはそれに類した規定の仕方が一般的に行われている。この場合の「集団」はもちろん国家や地方自治体にとどまらず、いろいろな社会集団や、国内的、国際的団体を含む。また「政策決定過程」とは、広義には目標の選択、目標達成方法の決定、そしてそれらの実施あるいは実行の全過程を表す。

    「政策決定」policy-makingは「政策形成」と表現される場合もあり、また「意思決定」decision-makingは「決定作成」という表現が用いられることもある。政策決定と意思決定とは同じ意味に用いられることもあるが、意思決定のほうがより広い意味に用いられている。政策決定は政府の行為に関して用いられることが多く、また、政治に関して意思決定の語が用いられる場合、たとえば選挙は一つの意思決定過程ではあっても、狭義における政策の決定ではない。けれども、政治過程全体をさして政策決定過程という場合には、政策決定者を支持するものとしての選挙もその一部に含まれる。

    政治を「国家」という制度・構造から説明するのではなく、逆に「国家」を政治という過程・機能から説明しようとするところに行動論的な政治の定義ないし見方の特色がある。そして政治という機能が認められる限り、それが「国家」とはいえないような「原始社会」や「種族社会」であっても、これを政治研究の対象とすることができる。

    政治を政策(意思)決定という角度からみる場合、そこに当然「権力」の問題が関連してくる。なぜなら「権力」はラスウェルによれば、「意思決定への参加」にほかならないからである。

    この面からいえば、「政治」は「権力過程」であり、また「権力関係」という流動的な状況を抜きにしては考えられない。決定作成過程に参加し影響力を行使するには、暴力行使や利益誘導、さらには理性的説得から宣伝やシンボル操作に至るまで種々の方法がある。したがって、政治にとって不可欠な要素としては、暴力ないし実力、利益や価値、情報や知識、そして思想やイデオロギーなどがあり、またこれらのものを組み合わせて行使するための組織や集団、さらにこうした決定作成をめぐって権力闘争が行われる際のルールや手続、制度なども政治には不可欠である。
                ・・・・・・・・・・・
    こう見たとき、
    で、
    >ダメすか?<
    なんだけど、
    もし<急遽鯛飯にした>っていう決定とそこまでいく過程はdecision-making(意志決定・形成)になるけど、それが、田秋さん一人でしたんだったら、「政治」の「集団の政策(意思)決定過程」の「集団」じゃないから、ダメじゃない?もしその<急遽鯛飯にした>の意志決定過程にそこにほかの人がかかわってたんだとしたら集団になるからダメじゃないと思う。


    民族と国家、

    >そう考えると国境線って人工的と言えるけれど、そもそも人間の問題だから人工的になるのは自然とも言える?<
    ん〜ん、ここんとこ、わたしのと違うところかな〜。
    わたしのばあい、「人工的なもの」は「文化」って呼んでる。「文化」っていうの、〈人間が作り出したものの総称〉ってしてて、「自然」っていうのは〈人間が作り出したものではないもの〉ってしてる。

    民族と国家(国民)の共通するところと違うところ、ただいま思考中〜。

    クルド人が多く住む地域の図、
    イラン、トルコ、シリア、イラク、っていう「国名」にまたがって、「クルド人」、自称・他称の人集団がその土地で暮らす人びとがいて、

    イラン、トルコ、シリア、イラク、っていう「国」にはそれぞれ国としてのルール(政策の決定過程)っていうのがあるはずよね。で、「クルド人」は、各国のそのルールに従って生活するようにしてるのかしら?


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23493 ] / ▼[ 23509 ]
■23501 / 10階層)  Re[10]: 人集団生活
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/26(Thu) 11:43:51)
    こんにちは、悪魔ちゃん

    >西遊記っていうのなんだかわかんないけど
    孫悟空というのは聞いたことある?玄奘三蔵というお坊さんが経典にわからないことが色々あるのでインドまで勉強しに行ったという実話に尾ひれ(空想)がついて出来上がったお話が西遊記、お供をしながら三蔵を苦難から守ったのが孫悟空というサルで、これがメインの尾ひれです。インドは中国の西にあるという設定の旅行記なので西遊記と言います。

    人工と自然について
    悪魔ちゃんの言うような分け方も勿論あります。だけど人類も自然界の一員というのも確かで、その辺りは話の状況に合わせて使い分けるのがいいように思います。

    クルド人について
    勿論クルド人も自分たちの国が欲しいと思っているはずです。今、トルコ、イラン、イラク、シリアの領土に跨ってクルド人地域がありますが、イラン、トルコは色々体制の違いはあったにしてももの凄く古い歴史を持つ国です。しかしイラクの建国は1932年、シリアは1944年の建国で、最近出来た国です。なんでアイツらには国があって俺たちクルド人は国が持てないのだ!?という思いは強くあると思います。

    >「クルド人」は、各国のそのルールに従って生活するようにしてるのかしら?
    殆どのクルド人は嫌々、しようがなく《その国のルール》に従っているのだと思います。しかし従っていない人もいます。
    話は少し逸れますが、スウェーデンとフィンランドがNATO加盟申請してるのは知ってる?トルコはスウェーデンの加盟に反対しています。その理由の一つが、スウェーデンはテロリストを匿っている、なのですが、その(トルコが言う)テロリストというのがクルド人組織です。

    素麺と鯛飯の話は、例としてうまくなかったと思います(スマソ)。何が言いたかったというと、何故こんな事が起こったのだろうと考えるとき、政治的背景がわかると、へええ!となる場合がある、と言うことを言いたかったのです。もっと適切な例を授業で聞いたのでそのうち披露します。

    自分のお勉強が忙しいだろうから、レスは気にしないでネ。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23501 ] / ▼[ 23530 ]
■23509 / 11階層)  Re[11]: 人集団の関係
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/26(Thu) 19:36:23)
    ■23501、田秋さん、ありがとございま〜す。

    >レスは気にしないでネ<
    っていうことだから、気になったところだけ。

    >今、トルコ、イラン、イラク、シリアの領土に跨ってクルド人地域がありますが、イラン、トルコは色々体制の違いはあったにしてももの凄く古い歴史を持つ国です。しかしイラクの建国は1932年、シリアは1944年の建国で、最近出来た国です。なんでアイツらには国があって俺たちクルド人は国が持てないのだ!?という思いは強くあると思います。<

    クルド”民族”がその土地で生活していたのは「イラン」「トルコ」っていう「国」が建設された後?前?っていうのが気になるのね。「国」っていうのがそもそもわたしわかんないし〜。

    >スウェーデンとフィンランドがNATO加盟申請してるのは知ってる?<
    うん、知ってる。最近のニュースで言ってた。
    わたしとしてはそんな「政策決定」ヤメればいいのにね、って思ってる。

    >トルコはスウェーデンの加盟に反対しています。その理由の一つが、スウェーデンはテロリストを匿っている、なのですが、その(トルコが言う)テロリストというのがクルド人組織です<

    あ、そうなの、わたし知らなかった。田秋さんてよく知ってるのね。
    トルコ国にとってはクルド民族はテロリストって見てるのね。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23509 ] / ▼[ 23531 ]
■23530 / 12階層)   テロリズム
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/27(Fri) 19:38:02)
    ウィキで「テロリズム」を調べたら、

    〔テロリズム(英語: terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。「テロ」と略される。

    概要
    『日本大百科全書』によると、テロリズムとは「政治的目的を達成するために、暗殺、殺害、破壊、監禁や拉致による自由束縛など過酷な手段で、敵対する当事者、さらには無関係な一般市民や建造物などを攻撃し、攻撃の物理的な成果よりもそこで生ずる心理的威圧や恐怖心を通して、譲歩や抑圧などを図るもの」とされている。

    政治的目的の存在
    政治的目的をもつという点で、テロリズムは「単なる暴力行為」とは異なる。

    その「政治的目的」にはさまざまなものがあり、たとえば政権の奪取や攪乱・破壊、政治的・外交的優位の確立、報復、活動するための資金調達、自己宣伝などがある。そうした「政治的目的」のためにハイジャック、暗殺、無差別殺人、粛清、拉致、誘拐、爆破、自爆などの手段がとられ、心理的な効果をねらって多くの市民が行き交う公共の場や、経済的・政治的な要地が攻撃の対象とされることが多い。〕

    ってあった。

    「政治」っていうのがキモになってるよね。
    「政治」っていうのは「集団の政策(意思)決定過程」だった。

    ロシア国民が今行てる行為、なんか似てるきがしない?

    ん〜ん、アメリカのあるビルに飛行機が突っ込んだことあったのをニュースで聞いたことある。「それはテロである」、って言ってるのはアメリカ国民よね。

    テロ行為を最初に始めたのは誰らかしらね。



[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23530 ] / ▼[ 23565 ]
■23531 / 13階層)   ある人間たちの所業
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/27(Fri) 19:51:45)
    「人類学」と連関する、「国」と「民族」について考えてるんだけど、「国(国民)」とか「民族」ってどちらも〈人間の集団〉を意味してて、それって、人-間の1つの括り方(分類の仕方)って見てる。

    たしか人類学って
    No22811によると、
    〔近代西洋の知のあり方に対する異議申し立てとして成立したのであった〕
    ってある。
    西洋人の歴史のお勉強もしなくちゃならなくなってる。ネットでいろいろ調べてるんだけど、歴史や政治を見てると、な〜んか暗い気持ちになる。

    いまは「植民地」について。

    コトバンクからのを一部写して見ます。

               ・・・・・・・・・
    16、17世紀以降、ヨーロッパ諸国はヨーロッパ以外の地域を征服して、経済的収奪や政治的支配の対象とし、それらの地域を植民地とよんだのである。ここに植民地は単なる集団的移住地とは異なった異民族支配の地域、宗主国に従属する地域を意味するようになったのである。 

    いわゆる大航海時代の16世紀、中・南アメリカにおいては植民地収奪の惨憺(さんたん)たる光景が進行した。スペインの植民地経営は略奪政策の典型であり、先住民(インディオ)は奴隷化され、労働を強制された。強制労働による死亡や自殺、反乱の失敗による殺害などによって、植民地における先住民の人口は急速に減少した。この人口の激減に対する措置としてとられたものが、アフリカからの黒人奴隷の輸入である。黒人奴隷の輸入と使用は15世紀末ごろからポルトガルなどで行われていたが、16世紀前半、スペインのカルロス1世は年間4000人の黒人奴隷を供給する特権をフランドル人に与えた。ここに近代植民地奴隷制の起源がある。スペインとポルトガルの中・南アメリカ支配に伴って植民地奴隷制が発展したが、17世紀に入ると、オランダ、フランス、イギリスに覇権が移り、奴隷貿易が盛んとなった。
     
    黒人奴隷はアフリカで捕らえられ、「奴隷海岸」などからアメリカ大陸や西インド諸島へ送られ、売買された。16世紀以降、全体としてどれほどの黒人が西半球へ送られたかは正確にはわからないが、輸送中に約3分の1が死に、西半球に着いたのは3分の2程度であったといわれ、合計約2000万人がアフリカから流出したという計算がある。フランス革命の影響などによって19世紀中葉には植民地奴隷制はほぼ廃止された。しかし、奴隷制廃止による新しい労働力の必要と、さらにヨーロッパ資本主義の発達によるインド・中国における窮乏農民の流出などの事情によって大量の人口移動が行われた。かくて、とくに19世紀後半において世界の民族分布は大きく変貌した。
     
    スペイン、ポルトガルにかわって、オランダ、イギリス、フランスが新たに植民地争奪戦に登場した。これらの国々はどれも東インド会社を設立し、貿易の独占権を与え、東インド会社を通じて植民地を獲得した。各国の間に激しい植民地の争奪戦が展開したが、結局、七年戦争(1756〜63)後イギリスが圧倒的な勝利を収め、フランスの北アメリカ植民地は失われ、制海権はイギリスに帰した。かくてイギリスは広大な植民地を支配し、その「世界の工場」としての優越を誇るようになった。

    19世紀において資本主義の発達は著しく、工業の発達による生産力の増大はいよいよヨーロッパ列強と後進的諸地域との格差を広げ、後進的諸地域はますます従属化していった。

    ヨーロッパ資本主義が発展するにつれて植民地諸地域ではモノカルチュアが形成された。キューバの砂糖やブラジルのコーヒー、メキシコの綿花のように世界市場に輸出するために単一の作物を栽培し、それがその地域のおもな部門になっているものをモノカルチュアとよんでいる。これらの地域では経済の諸部門が直接的、有機的に連携しているのではなく、世界市場を媒介として絡み合っているのであり、その地域の経済は植民地の宗主国あるいは有力な資本主義国の利害に左右されざるをえない。たとえばブラジルは形式的には独立国であるものの、実際上はコーヒー栽培に特化され、その輸出を握るイギリス、のちにアメリカ合衆国に経済的に従属する半植民地的な状態にあったのである。

    1870年代から第一次世界大戦に至る時期は「帝国主義」の時代とよばれる。この間にヨーロッパの強国は競って海外領土の獲得に乗り出し、遅れて日本、アメリカ合衆国もこの競争に加わった。とくに「暗黒大陸」とよばれ、無主地とみられたアフリカは、その奥地の事情が知られるにつれて、好個の領土的分割の対象とされた。20世紀初めにはアフリカはほとんどヨーロッパ諸国の領有するところとなった。ここに設定された人為的な国境は、今日のアフリカにおいて深刻な問題を引き起こしている。 …‥
                ・・・・・・・

    「強国」っていうの、「特に軍事的、経済的な勢力を有している国」ってあった。

    こんなこと知ってるよ、いまさら何言ってるの、バカじゃない、って言われそうだけど、ここでのお喋りもわたし用ね。

    「野蛮人」と呼ばれるべきはどっちなのかしら。

    「国」っていうのはこういうことなのかもしれない。
    で、わたしこうして見た、「国」っていうのは、
    〈地球上の土地とそこで生活している人たちの支配の線引き〉
    って。
    相互人間集団の支配/被支配の関係は、国内におけるものと、植民地のように国外とにおけるものとに分けられると思う。

    ふと思ったんだけど、
    「民族」としての人-間には、ひょっとしたら「国」という概念がなかったんじゃないかしら?
    って。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23531 ] / ▼[ 23566 ]
■23565 / 14階層)   「権力」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/28(Sat) 18:47:50)
    No23493のネットの「政治」のなかに、
    〔政治を政策(意思)決定という角度からみる場合、そこに当然「権力」の問題が関連してくる。なぜなら「権力」はラスウェルによれば、「意思決定への参加」にほかならないからである。〕ってあった。

    〔「権力」はラスウェルによれば、「意思決定への参加」にほかならないからである〕っていうのはわたしどうかと思うけど、
    〔政策(意思)決定〕っていう面では「権力」とは無関係とはわたし思わない。

    で、「権力」っていうのをネットで調べたら、つぎのようなことが書いてあった。

              ・・・・・・・・・・・
    ある人間(集団)が自己の意思に沿って他人(他集団)を行動させるとき,その人間(集団)が権力をもつという。
    実際は,権力は、
    (1)他人をその意に反しても実力で強制させるさまざまな形の〈強制力〉
    (2)他人に利益を分配する〈価値賦与〉
    (3)他人の内面的な服従をかちとる〈権威〉
    (4)他人を意識させずに服従させる〈操縦〉
    などという多元的な側面からなる。
    近代国家権力はまず強制力とりわけ暴力の集中として始まったが,現代国家においては,権威による服従の獲得と大衆操作が重要な権力手段となる。
                ・・・・・・・・・
    っていうことみたいよ。

    他者を支配したいと思ってる人はこういう手口があるっていうことは参考になるんじゃないかしら?
    被支配されたくない人だったら、こういう手口がある、っていうのを知ってた方がいいかも。

    他者を支配したい人にとって、(1)が顕著に顕れた人間の過去の事例があるみたい。植民地の人-間のように。

    ん、今もあるのかな?ロシア国人みたいに。

    でも、「人類学」っていうの、「悪人がいるっていうことを示すことじゃないことをしてるんだって、わたし見てる。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23565 ] / ▼[ 23569 ]
■23566 / 15階層)   善悪の彼岸
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/28(Sat) 20:12:47)
    No23565 のおわりのほうで言ったこと、

    「悪人がいるっていうことを示すことじゃない」っていうの、

    ニーチェの、にもからまるよね? パニさん。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23566 ] / ▼[ 23578 ]
■23569 / 16階層)  今日の講義から
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/28(Sat) 22:57:36)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    今期受講している《現代の国際政治》の講義が今日ありました。お題は「軍備と安全保障」。何か悪魔ちゃんの役に立つかも知れないと思い、教科書の冒頭を書き写してみます。

    人類の歴史が始まって以来、人間は常に集団を作り、国家を作り、戦争を行ってきた。暴力による領土の支配が統治の基礎にあり、他国による侵略から国土を防衛するために軍備を整えるが、それがしばしば他国を侵略する手段として用いられてきた。しかし、第一次世界大戦、そして核兵器が初めて使われた第二次世界大戦を経て、人類は戦争によって国際秩序を変更することを違法とし、戦争のない世界を目指すこととなった。

    引用オワリ

    この教科書には2021年12月の事項が書かれています。22年4月からの授業用の教科書なのでその辺りががギリギリのタイムリミットだったのでしょうが、講師並びにスタッフは(どうせ勃発するのなら)ロシアのウクライナ侵攻が原稿に間に合う時期に起こってくれたら!?と思ってるかもね。

    それはともかく、引用した箇所には、人間、集団、国家、戦争という言葉が出てきます。戦争というのは国家権力同士のぶつかり合いだとも言えます。

    王様は昔から自国の拡大願望がありました。秦の始皇帝、マケドニアのアレクサンドロス大王、モンゴルのチンギスハン、フランスのナポレオンなど。宗教も形態は違いますが世界制覇を狙っていた(いる)とも言えます。何故と問われれば、それなりの理由はあるのでしょうが、「王様(実は人間)の本能」と考えれるのが一番納得出来る気もします。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23569 ] / ▼[ 23580 ] ▼[ 23748 ]
■23578 / 17階層)  Re[17]: 今日の講義から
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/29(Sun) 13:41:41)
    ■23569、田秋さん、ありがとございま〜す。
    社会科とか歴史のお勉強、わたし疲れる〜、でももうちょっと調べてく。

    >人類の歴史が始まって以来、人間は常に集団を作り、国家を作り、戦争を行ってきた。<
    人は昔から集団で生活してきたのは本当のことだと思う。
    でもここからいきなり
    >国家を作り、戦争を行ってきた。<
    にもっていくのがよくわかんない。

    「戦争」っていうのは国間で行われるのをそう呼んでるんだと思う。
    第二次世界大戦後、人類(人間)は反省して、戦争はやめましょう、ってなった“はず”よね。
    でも違った。
    こういうのって「国」(国民)っていう人間集団の括り方(分類の仕方)で見てるよね。
    そして、「戦争」っていうのは、いわゆる「強国(軍事的、経済的な勢力を有している国)」間のお話し。

    >「王様(実は人間)の本能」<
    土地を拡大したい、っていうのは王様(人間)の本能から来るものなのかもね。
    ある土地に、王様ひとりだけが住んでるわけじゃないよね。他にも人が住んでるよね。
    王様と他の人たちの関係性(ならしめてるもの)もわたし見ようとしちゃうのね。
    王様を支配者、他の人たちを非支配者ってして見ると、支配者の、じゃなくて、非支配者の、ね。
    どうしてその人間が王様であることが可能になってるのか、っていう感じかな。

    いまはわたし第一次世界大戦以前の人間(人と人との関係性)の集団的関係性について見てるところで、ここんとこもう少しつづけます。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23578 ] / ▼[ 23582 ]
■23580 / 18階層)  NO TITLE
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/29(Sun) 13:47:08)
    いろいろ調べて考えてるうちに、わたしなにを見えるようにしているのか分かんなくなちゃうのね〜。
    たまに始まりを思い起こさなくちゃならない、わたしのばあい。

    ん〜ん、

    「野生の思考」?
    すでに近代西洋の知のあり方(分類・秩序・体系化という仕方)に家畜化された思考になってる?わたしは、「野生の思考」っていうのがどんなのかを知りたいっていうこと?

    レヴィが見ているように、「野生の思考(原初的思考)」も一種の「科学的思考」ってしていること、
    人を〔支配/被支配〕と分けて見るばあいでも、けっきょく「人間の」よね、っていうこと?

    人類学のつづけます。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23580 ] / ▼[ 23680 ]
■23582 / 19階層)    『人類学的思考の歴史』
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/29(Sun) 16:17:21)
    植民地についてネットで調べたのは、『人類学的思考の歴史』のなかに書いてあったから。
    その一節を書き写して見ます。

                 ***************

    3 アンデスのキリスト教と悪魔崇拝 p316−

    最初にとりあげるのは、アメリカ合衆国の人類学者マイケル・タウシグが論じるアンデス先住民世界と世界システムの関係である。16世紀に中央アメリカおよび南アメリカを征服したスペインは、旧インカ帝国が保有していた金をはじめ、銀や銅、錫などの地下資源に注目した〈6〉。スペインは過酷な労働にインディオ〈7〉を動員することでその人口を十分の一にまで激減させたとされるが、現地の人びとが世界経済への包摂過程をどのように概念化したかを、とくに宗教世界の変化に焦点を当てながら論じているのがタウシグの『南部における悪魔と商品フェティシズム』である(Taussing1980)。かれがここでとりあげているのは、コロンビア南部のプランテーション農民(*1)における悪魔崇拝と、ボリビアの錫鉱山で働く鉱夫たちの悪魔崇拝である。

    p317タウシグによれば、世界システムの包摂される以前のアンデスの農民経済を支配していたのは、共同体を単位とした贈与交換の経済(*2)であった。そこでは人間と自然とはおなじコミュニティを構成し、両者のあいだには交換を媒体とした相互交渉の世界が存在すると考えられていた(ibid.:155)。しかしながら、プランテーション農業のかたちであれ鉱山開発のかたちであれ、貨幣と賃労働の導入は共同体的な生産関係を大きく変え、その外部へと切り出される諸個人を生み出した。コロンビアのプランテーション農園で働く農民たちは、仲間には内緒で悪魔と契約することで、仲間の水準を超える高い収量と賃金を手にすることができる。しかし、そうして得られた賃金は土地や家畜などの生産財には投資できないので(たとえそうしたとしても、それらは不毛になるはずである)、やがて必然的に死と不毛に襲われていくという(ibid.:133)。互酬的な共同体から乖離と功利主義的な精神の選択が、悪魔との契約として周囲からは解釈されるのであり、このようにして人びとは資本主義的なハビトゥスの導入を断罪しているというのである(ibid.:135)。

    タウシグがさらに力を入れて論じるのは、ボリビアの錫鉱山で働く鉱夫たちのケースである。スペイン人が到来する以前、アンデスの農民たちがおこなっていた自然の崇拝は、スペイン人神父にとって悪魔崇拝として禁止された。後者はその祭壇を破壊し、祭祀に用いられていたミイラや儀礼的道具を解体したため、インディオたちはそれを集めて祭壇のようにし、崇敬のためにその上に十字架を立てた。しかしそれを発見した神父たちは、それを暴いて粉々に粉砕したので、インディオたちはその破片を集めて地中に埋めることを余儀なくされた。スペイン征服以前には悪魔の観念はアンデスには存在しなかったが、人間によって祀られなくなった自然の神々は、これらの祭祀の破片がそうであるように、地下で再生する破壊と飢えと血を求める悪魔みなされるようになったというのである(ibid.:172sq)。

    今日もなお共同体的慣行の残る農村とは異質な、賃金とノルマを課せられた地下の世界は「悪魔」ティオの管轄する領域とされ、そこで働くインディオたちはイエスの名を口にすることもなければ、十字架を切ることもない。ティオは鉱山の入り口に、錫の鉱石を集めてつくられた「ひとがた」として存在し、そのペニスは直立し、口は人びとの血を求めてつねに開いたままである(ibid.:143)。過去の贈与交換経済の世界では、儀礼を媒体として人間と人間、人間と自然とが直接結びつけられていたが、商品生産の世界では人間のあいだのつながりも人間と自然のあいだのつながりも断ち切られ、鉱夫は悪魔との密接の契約以外のつながりをもたなくなる。その結果、かれらの多くは年季奉公の終わりには、金銭的にも身体的にも最初に鉱山に入ったときより貧しくなり、すべてを失って故郷に戻るというのである。

    p318インディオたちが土地や農具などの生産手段を有していた過去の時代には、アンデスの自然の神々は、農作や家畜や生命や鉱石などの富と、死や不幸や病気などの破壊をもたらす両義的な存在であった。しかし、一切の生産手段を失ったかれらが今日恐れつつ崇敬するそれは、地下世界に追いやられて、破壊のみをもたらす悪魔とされた。このようにして、資本主義的な生産と交換のシステムに同化できない農民や鉱夫たちは、自然の循環から切り離され、もはや自分たちがコントロールできなくなった過去の神々と悪魔と見なすことで、それを忌避しつつ折り合いをつけてきた。その意味で、悪魔崇拝とは、過去の農民的な生活様式と賃労働を中心とした今日の資本主義様式とを媒介する。ある種の認識枠組だというのである(ibid.:17,37)。

    マルクス主義を柱とするタウシグは、賃労働と商品経済の浸透を破壊と見なすロマンチシズムを引きずっており、そのためその記述はある意味で一面的になり、人びとが商品経済の浸透のなかでつくりあげたであろう対抗や変形の実践を見えにくくさせている。

    これに対し、おなじボリビアの錫鉱山をとりあげながら、異なる解釈をしているのがオリヴィア・ハリスである。彼女によれば、農民たちは嫌々ながら貨幣経済に包摂されたのではなく、むしろみずから積極的にそれを望み、それをとりこむことで自分たちの経済と宗教生活を再組織化してきたという。その証拠とされるのが、農民たちが抱いている富と豊饒の神の観念である。

    たとえば農産物を実らせる豊穣の神パチャマナは、一般に「悪魔」ティオの妻と見なされ、祭祀や儀礼の対象となっている(Harris 1989:250)。またティオはカーニバルの中心的存在とされ、もっとも熱心な踊りが捧げられるのもそれである。このようにして、ティオとその妻は単に悪や不幸やカオスや死の根源であるだけでなく、適切な供物が捧げられたなら、富と繁栄を約束する存在でもある。その意味で、ここにはタウシグが述べたような、キリスト教と悪魔崇拝、生産の神と破壊の神の二分割は存在しなのであり、鉱山、農業、牧畜、貨幣等はいずれも富の根源としてアンデスの農民たちに評価されている。かれらはこのようにして商品経済をみずからの生に織り込みながら、自分たちの世界を組織してきた能動的な行為者だとして、タウジグの議論を批判するのである(ibid.:261)。

    註〈6〉
    とくにアンデスが産出した銀は、それまでの金に代わる世界貨幣として各地に流通し、世界の貨幣システムに大きな影響を与えた。工業的に中国やインドに遅れを取り、そのために通貨の地金になる金の流出に悩んでいたヨーロッパが、対アジア貿易で優位に立ち、領域内の農業と工業の発展に余力をまわせるようになったのは、ひとつにはこのアンデスの銀によるものであった(Braudel 1946, Watson 1967)。それはスペインが、最初の超大国として成立するのを助けたのである。

    註〈7〉
    近年では「インディオ」ということばは避けられる傾向にあるが、ここではタウシグの議論の力強さを引き継ぐべく、この語をそのまま用いることにする。

                    ************

    (*1)(*2)はわたし意味が分かんなかったので、ネットで調べてみました。

             ・・・・・・・・・・
    (*1)プランテーション農業plantation agriculture
    熱帯,亜熱帯で行なわれる栽植農業。欧米人が資本,技術を提供し,熱帯の労働に耐え得る先住民や移入労働者の安価な労働力を利用して,モノカルチャー経済を行なう企業的農業経営。

    (*2)贈与(文化人類学)
    一般に、人に物品を無償で与えることを意味する。人に物品を有償で与える場合には、それは売買、交換などとよばれ、贈与行為とは区別される。しかし、ある贈与行為に対して、受け手側から贈り手側に返礼としてなんらかの贈与が行われることも多い。その場合には、結果的にみて、こちらが相手方に与えた物品と、こちらが相手方から受け取った物品との交換が成立しており、最初にこちらが相手方に物品を与えた行為は無償の行為ではなかったと考えることもできる。したがって、無償であるか有償であるかは、かならずしも明確に区別できるわけではない。たとえ返礼を受けたとしても、贈り手がまったく返礼を期待していなかったならば、それは無償の行為であったとすることは可能である。
    人間の行為は,その対象が個人,集団,あるいは超自然的存在,そのいずれであっても,なんらかの応報を求めて行われる。ことに伝統的社会における制度には,人あるいは集団が相互に有形・無形のものを,特定の期待感や義務感をもって,与え,返礼しあうことによって成立しているものが多い。このような意味で,人間の行為の多くは相互的行為,あるいは一種の交換ということができよう。このような行為を動機づける観念,あるいはこの種の観念によって基礎づけられた社会関係を互酬と呼ぶ。
                   ・・・・・・・・・

    長くなちゃたので、わたしのは後で。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23582 ] / ▼[ 23681 ]
■23680 / 20階層)  アンデスのキリスト教と悪魔崇拝
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/02(Thu) 18:07:53)
    No23582から「野生の思考」にかかわるところを抜き出してみると、

               ・・・・・・・・・・・・・
    (タウシグによると)
    (1)世界システムの包摂される以前のアンデスの農民経済を支配していたのは、共同体を単位とした贈与交換の経済であった。そこでは人間と自然とはおなじコミュニティを構成し、両者のあいだには交換を媒体とした相互交渉の世界が存在すると考えられていた

    (2)互酬的な共同体から乖離と功利主義的な精神の選択が、悪魔との契約として周囲からは解釈されるのであり、このようにして人びとは資本主義的なハビトゥスの導入を断罪しているというのである

    (3)スペイン人が到来する以前、アンデスの農民たちがおこなっていた自然の崇拝

    (4)スペイン征服以前には悪魔の観念はアンデスには存在しなかった

    (5)過去の贈与交換経済の世界では、儀礼を媒体として人間と人間、人間と自然とが直接結びつけられていたが、商品生産の世界では人間のあいだのつながりも人間と自然のあいだのつながりも断ち切られ

    (6)インディオたちが土地や農具などの生産手段を有していた過去の時代には、アンデスの自然の神々は、農作や家畜や生命や鉱石などの富と、死や不幸や病気などの破壊をもたらす両義的な存在

    (オリヴィア・ハリスによると)
    (7)農民たちは嫌々ながら貨幣経済に包摂されたのではなく、むしろみずから積極的にそれを望み、それをとりこむことで自分たちの経済と宗教生活を再組織化してきたという

    (8)ここにはタウシグが述べたような、キリスト教と悪魔崇拝、生産の神と破壊の神の二分割は存在しないのであり、鉱山、農業、牧畜、貨幣等はいずれも富の根源としてアンデスの農民たちに評価されている。かれらはものようにして商品経済をみずからの生に織り込みながら、自分たちの世界を組織してきた能動的な行為者

                ・・・・・・・・・・
    こういうところかな。

    そして、竹中さんは、
    [マルクス主義を柱とするタウシグは、賃労働と商品経済の浸透を破壊と見なすロマンチシズムを引きずっており、そのためその記述はある意味で一面的になり、人びとが商品経済の浸透のなかでつくりあげたであろう対抗や変形の実践を見えにくくさせている。]
    とも言ってる。

    つづく

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23680 ] / ▼[ 23718 ]
■23681 / 21階層)  Re[21]: アンデスのキリスト教と悪魔崇拝
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/02(Thu) 18:09:45)
    No23680を簡単にしちゃうと、

               ・・・・・・・・・・・・
    「野生の思考」の世界では、

    〈1〉人間と自然とはおなじコミュニティを構成していた。
    〈2〉両者のあいだには交換を媒体とした相互交渉の世界が存在すると“考えられて”いた。
    〈3〉儀礼を媒体として人間と人間、人間と自然とが直接結びつけられていた。
    〈4〉自然を崇拝。
    〈5〉自然の神々は、農作や家畜や生命や鉱石などの富と、死や不幸や病気などの破壊をもたらす“両義的な存在”であった
    〈6〉悪魔の観念は存在しなかった。
    〈3〉共同体を単位とした贈与交換の経済。
    〈4〉互酬的な共同体。

    このような「野生の思考」のなかに、
    近代西洋の資本主義的な生産と交換のシステム(商品生産の世界−商品経済、貨幣と賃労働)のが、強制的に他者(他集団)支配的におこなわれた。

    でも、
    こういうなかで、「野生の思考」は、
    〈5〉それを忌避しつつ折り合いをつけてきた。
    〈6〉キリスト教と悪魔崇拝、生産の神と破壊の神の二分割は存在せず、
    〈7〉自分たちの経済と宗教生活を再組織化してきた。
    〈8〉商品経済をみずからの生に織り込みながら、自分たちの世界を組織してきた能動的な行為。

                ・・・・・・・・・・・・・

    〈5〉に「自然の神々」ってあるけど、たしかギリシア神話でも「神々」だったと思う。

    ん〜ん、だいぶすっきりしてきたかも。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23681 ] / ▼[ 23747 ]
■23718 / 22階層)   臍の緒
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/04(Sat) 14:30:27)
    「野生の思考」と「近代西洋人の思考」について(と思われる)、メルポンのにも書かれてあったのでその一部を書き写して見ます。

    『メルロ=ポンティ・コレクション』モーリス・メルロ=ポンティ中山元編訳
    っていう本のなかに、
    政治と歴史について
    歴史の理論のための資料p220−
    と題してあって、

               ***************
    ‥‥‥
    p228ルカーチは、現在から出発して、全体性の視点に到達しようとする。そしてこの視点は「経験的なものの全体性」としてしか現れない。資本主義を「合理化」として理解するというウェーバーの直観を維持しながら、ルカーチはこれを精密にし、前資本主義的な過去とポスト資本主義的な未来に向けて発展させ、これを不動の本質の直観ではなく、プロセスの直観として理解することで、この見方に生気を与える。

    前資本主義的な文明に対して、資本主義は社会の現実化を示す(Vergesellschaftung der Gesellschaft)。いわゆる原始的な文明においては、集団的な生はある部分では想像的なものであり、経済的な解釈が可能な事実の間に、間隙と〈世界の間〉が存続し、これを神話が満たす。この神話は「イデオロギー」ではなく、発見すべき経済的な現実を覆い隠すものではなく、固有の機能をそなえている。こうした社会はまだ自然と社会を結ぶ「へその緒」を断ち切っていないからである。資本主義の社会は、このへその緒を切ったのであり、これによって社会的なシステムの統合が実現される。社会システムは、脱神話化され、脱魔術化され、資本主義の社会として、そして資本主義によって、さまざまな力の単一の場に組織される。そして、その社会の総体をその真理のうちに知っている解釈が、自ら提示される。しかし社会の現実化は、ある内的な障害によって妨げられる。システムは社会全体の生を理論的にも実践的にも制御できない。これによって全般的な判断が下されるのを避けるために、このシステムは自らを社会の動力学の過渡期な状態としてではなく、社会的な世界の永遠の構造として提示する。そして社会についての意識の土台となってきた客観的な知へと向かう運動も、客観主義と科学主義へと凝固してしまう。社会科学の挿話(エピソード)は、資本主義的な文明をその人間的な起源から切断する「物象化」*の一般的なプロセスの一つの側面にすぎない。この物象化のために、商品と市場経済の交換の法則がカテゴリーとしての価値をもつようになる。ルカーチはプロレタリアート*のうちに、素描されただけの社会を完成へともたらすことのできる階級を見いだす。実際にプロレタリアートは、物象化が極限まで進んだものであり、これを絶対的に拒否するものである。そして事実においても権利においても、真なる「社会プロセスの核心」に位置するものである。プロレタリアートは、本当に〈社会〉である社会、すなわち透明で、内的な区分けがなく、階級のない社会を作り出すことができ、これを担うことができる。プロレタリアートが権力を掌握すると、固有の形態のうちに絡めとられない生産形態、社会とすべての歴史の真の認識の条件が生まれるわけである。新しい社会は、闘いのうちにおいて利用した論争的な概念を乗り越えるものとなる。ルカーチはその一例として、史的唯物論がその機能と意味を変えるだろうと明記している。経済と歴史の並行論は、歴史的な資本主義時代においては、歴史が経済によって説明されることを意味していたが、ポスト資本主義の社会においては、知の自由な発展と、絡めとられるもののなくなった生産形態を同時に意味するものである。
    …‥
                **************

    ここに出てくる【前資本主義的】【原始的な】を、わたしこれ「野生の思考」ってして見たのね。
    メルポンはマルクスのについても記述してるんだけど、それはここでは話題にしない。

    *「物象化」っていうの、ネットで調べてら、
                ・・・・・・・・・・・
    「物象化」 Versachlichung ドイツ語
    人間の形成する社会関係およびそこに参与する主体が、ある一定のメカニズムを介してあたかもモノのように立ち現れてくる現象を表す用語。一般に、物化Verdinglichung(ドイツ語)ないし物象化とよばれているものは、およそ次の三つのレベルに整理できる。
    (1)人間そのものの物化。これは人間が奴隷商品とか機械体系の一部として繰り込まれているような事態をさす。
    (2)人間行動の物化。諸個人の自由意志ではどうにもできなくなっている人の流れとか、群集化された人の動きとか、行動様式の習慣的固定化のように、自己の行動が個々の人間ではコントロールできないという意味で物とみられる。
    (3)人間の能力の物化。人間の精神を物的に定在化させたものとして考えられている芸術作品や、投下労働価値説でいう商品価値などがこれにあたる。
     K・マルクスは『資本論』において、人間と人間の共同的関係が物の性質のように倒錯視されたり、人間と人間との共同的な関係が物と物との関係であるかのように倒錯視される現象を問題にした。人間と人間の関係といっても、それは人間的対象活動における協労関係であり、それがある屈折を経て物の性質や物と物との関係であるかのように仮現する事態をさす。このような事態がなぜ、またはいかにして生ずるかについてを歴史の法則性として把握するのがマルクスの物象化論である。
                ・・・・・・・・・・・
    *「プロレタリアート」も意味わかんなかったから、ネットで調べたら、
    〔階級としての資本家,すなわちブルジョアジーに対立する概念で,資本主義社会において,生産手段をもたず,みずからの労働力を資本家に売ることによって生活する階級としての労働者をさす。〕
    ってあった。
    わたしプロレタリアートだったのね。

    【原始的な文明においては、集団的な生はある部分では想像的なものであり、経済的な解釈が可能な事実の間に、間隙と〈世界の間〉が存続し、これを神話が満たす。】
    こういうところが「野生の思考」なのかな?
    でもこういうのって人間の原初的で普遍的なものかもしれない。

    人間と自然との「へその緒」−―なんかおもしろい表現があったので書いときました。

    ふと思ったんだけど、臍の緒のDNAってどうなってるの?お母さんの?赤ちゃんの?
    でネットで調べて見たら、
    胎盤までが赤ちゃんの、みたい。だから、臍の緒のDNAは赤ちゃんの。
    なるほど〜。
    ってすると、お母さんの(子宮壁)と胎盤の関係はどうなってるのかしら?
    自と他の境界ね。
    あ、話しそれるからやめとく。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23578 ] / 返信無し
■23748 / 18階層)  Re[18]: 今日の講義から
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/05(Sun) 15:45:29)
    2022/06/05(Sun) 15:51:50 編集(投稿者)

    こんにちは、悪魔ちゃん

    ちょっと古いけれど
    no23578

    >人は昔から集団で生活してきたのは本当のことだと思う。
    >でもここからいきなり
    >>国家を作り、戦争を行ってきた。<
    >にもっていくのがよくわかんない。

    ここのところを考えていました。
    人は農耕を始めたことにより定住するようになり、そして集団を作っていきました。初期の農耕がどんなものであったか詳しくは知りませんが、例えば一人で種まきや収穫をするよりも、みんなで協力して作業した方が捗ります。個人が100人集まっているだけの集団よりも連帯して協力し合う意識のある100人の集団の方が個々人にとってもメリットが多いでしょう。

    長い時間の後、人は集まって住み町を作るようになりました。町の道路を整備するとか城壁を作るなどは一人ではできないことで、みんなが協力し合わなければできません。そうやって連帯の意識が深くなった共同体が作られていきます。

    城壁を作る費用をどうするか、集団内でもめ事が起きたらどうするかとか、共同体になると色々決めるこが増えます。他の集団(部族とか)から攻め込まれれば応戦する兵隊も必要になります。

    共同体で何かするときいつもパッと決まればいいですが、いろんな意見があれば何らかの手段を用いて調整する必要が出てきます。話し合いで決めるのか、長老が決めるのか、神に仕えるものが決めるのか、色々ありますが、いずれにしても共同体の運営には政治的な手法が必要になってきます。

    政治的共同体、これを国の形態と言っていいと思います。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6

    というように集団を効率よく運営しようとすればあまり突飛な手順を踏まなくても自然に今で言う「国」の形態になるように思います。

    古代ギリシャの都市国家をポリスと言いますが、politics(政治)の語源でもあります。


    どうすか?

    追記:ルカーチってハンガリー人?
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23718 ] / ▼[ 23750 ]
■23747 / 23階層)  人間の、「野生の思考」と資本主義的生き方
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/05(Sun) 15:13:32)
    ルカーチのをもうちょっと見て見ます。

    No23718の、
    【前資本主義的な文明に対して、資本主義は社会の現実化を示す。いわゆる原始的な文明においては、集団的な生はある部分では想像的なものであり、経済的な解釈が可能な事実の間に、間隙と〈世界の間〉が存続し、これを神話が満たす。この神話は「イデオロギー」ではなく、発見すべき経済的な現実を覆い隠すものではなく、固有の機能をそなえている。こうした社会はまだ自然と社会を結ぶ「へその緒」を断ち切っていないからである。資本主義の社会は、このへその緒を切ったのであり、これによって社会的なシステムの統合が実現される。社会システムは、脱神話化され、脱魔術化され、資本主義の社会として、そして資本主義によって、さまざまな力の単一の場に組織される。そして、その社会の総体をその真理のうちに知っている解釈が、自ら提示される。しかし社会の現実化は、ある内的な障害によって妨げられる。システムは社会全体の生を理論的にも実践的にも制御できない。これによって全般的な判断が下されるのを避けるために、このシステムは自らを社会の動力学の過渡期な状態としてではなく、社会的な世界の永遠の構造として提示する。そして社会についての意識の土台となってきた客観的な知へと向かう運動も、客観主義と科学主義へと凝固してしまう。】
    の部分、
    「前資本主義的な文明」「原始的な文明」を、〈野生の思考(原初的思考)による文化〉に、「社会」を、〈人-間(人間集団)の生のあり方〉に、置き換えて見た。

    〈 野生の思考(原初的思考)による文化に対して、資本主義は人-間(人間集団)の生のあり方の現実化を示す。いわゆる野生の思考(原初的思考)による文化おいては、集団的な生はある部分では想像的なものであり、経済的な解釈が可能な事実の間に、間隙と〈世界の間〉が存続し、これを神話が満たす。この神話は「政治や社会の在るべき姿についての理念の体系」ではなく、発見すべき経済的な現実を覆い隠すものではなく、固有の機能をそなえている。こうした野生の思考(原初的思考)による文化はまだ自然と人-間(人間集団)の生のあり方を結ぶ「へその緒」を断ち切っていないからである。資本主義の人-間(人間集団)の生のあり方は、このへその緒を切ったのであり、これによって人-間(人間集団)の生のあり方的なシステムの統合が実現される。人-間(人間集団)の生のあり方システムは、脱神話化され、脱魔術化され、資本主義の人-間(人間集団)の生のあり方として、そして資本主義によって、さまざまな力の単一の場に組織される。そして、その人-間(人間集団)の生のあり方の総体をその真理のうちに知っている解釈が、自ら提示される。しかし人-間(人間集団)の生のあり方の現実化は、ある内的な障害によって妨げられる。システムは人-間(人間集団)の生のあり方全体の生を理論的にも実践的にも制御できない。これによって全般的な判断が下されるのを避けるために、このシステムは自らを人-間(人間集団)の生のあり方の動力学の過渡期な状態としてではなく、人-間(人間集団)の生のあり方的な世界の永遠の構造として提示する。そして人-間(人間集団)の生のあり方についての意識の土台となってきた客観的な知へと向かう運動も、客観主義と科学主義へと凝固してしまう。 〉
    こう見るとわたしには分かりやすくなった。

    レヴィのいう、

    〔「野生の思考〈原初的思考〉」は包括的かつ全面的な因果性を公準とし、知覚および想像力のレベルに狙いをつけ、感覚に直接与えられもの(感覚与件)のレベルでの体系化をする、一方、「科学的思考」はそれをはずしている。〕

    〔「科学的思考」はその全体が偶然と必然の区別の上に成立した。科学がその誕生に際して科学性として要求した性質は、体験には属さず、あらゆる出来事の外にそれとは無関係なもののように存在する性質であった。〕

    っていうのを想い出した。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23747 ] / ▼[ 23753 ]
■23750 / 24階層)  Re[24]: 共同体
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/05(Sun) 17:20:43)
    田秋さん、ありごとございま〜す、
    まず、
    >ルカーチってハンガリー人?<
    わたしわかんない。
    『メルロ=ポンティ・コレクション』では中山元さんの訳注がなかったから。

    わたし「国家」と「民族」の違いはなあに?って思って、いろいろ調べてるんだけど、「国家」っていってもいろんな「国家」っていうのがあるみたい。「国家」の形態?わたしが調べたのをいくつか写して見ます。

    (1)「国家」
    一定の領土と国民と排他的な統治組織とを供えた政治共同体のことを指す。
    一定の領土を基礎にして、固有の統治権によって統治される、継続的な公組織的共同社会。
    領土・人民・主権(統治権)の3要素からなるとされる。

    (2)「都市国家」
    〔都市国家(英語: City-state)は、一つの都市とその周辺地域が、独立した政体や文明として一つとなり、まとまった形態をなす小国家を表す。
    古代における都市国家
    まず、人間は、肉食動物からの捕食を避け食料の調達を容易にするために集団(集落)を形成した。集落の構成員は、集落内部の秩序を維持するために、不文法を定立し、物理的強制力(権力)をもって不文法への服従を構成員に強いた。すなわち、不文法に違反し秩序を乱した者に刑罰を科しており、集落は主権(統治権)を有する政治社会として機能した。当初は食糧を求めて移動生活を送っていたため、集落の規模も最小限であったが、やがて農業や牧畜の発展により1か所に定住するようになり、集落の規模も大きくなり、都市を形成した。〕

    たぶん「国家」って呼んでるの、ここが始まりかな?

    (3)「民族国家」
    〔民族共同体を基盤にして形成された近代国家。歴史的には,中世の普遍主義に対抗するものとして出現した。資本主義の発達に伴い,閉鎖的な自給自足経済に基づく中世封建社会の内部から次第に経済活動の自由と,一層広範囲な市場圏を求める動きが起り,この動きが絶対君主による国家統一を促し,血縁,宗教,言語,伝統などの紐帯によって結ばれた民族共同体の結束を強化した。このように近代民族国家は初め君主主権のもとに形成されたが,ブルジョア革命はこれを否定し,代って国民主権の原理を確立した。ヨーロッパにおいては,17〜19世紀にこういった民族主義運動が高揚し,次々に民族国家が形成された。
    当初民族国家の外被をまとう形で出現した政治的単位も厳密な意味で単一民族を主体としたものではなく,多くは複合的な民族構成を特徴としてきた。その意味で,近代国際社会の成立以来その基本的な構成単位となってきた主権国家は,民族国家というよりは国民国家としての相貌をより鮮明に浮き上らせてきたといえよう。 20世紀に入ってから,それぞれの国民国家内部で民族構成の複合性のゆえに紛争が多発している。〕

    (4)「国民国家」
    〔確定した領土をもち国民を主権者とする国家体制およびその概念。17世紀のイギリス市民革命、18世紀のフランス革命にみられるように、絶対王制に対する批判として君主に代わって国民が主権者の位置につくことにより形成された近代国家、あるいはその近代国家をモデルとして形成された国家を指す。
    国民国家は、国民の同質性を前提として統合された。国民という均質で固定された主体性の構築は、他方で雑種的でしかありえない言語や文化、またそこから逸脱する少数者に対して抑圧的、排他的な現実をつくり出した。その結果国民国家に潜在化していた矛盾や隠蔽してきた諸問題が露呈していくことになる。〕

    で、

    「民族」は、
    〔あえて定義すれば、他の集団から区別されるなんらかの文化的共通項を指標として、互いに伝統的に結ばれていると自ら認める人々、もしくは他の人々によってそのように認められる人々、といえる。この場合、文化的指標とは土地、血縁、言語などの共有意識や、宗教、神話・世界観、社会組織、経済生活、その他の生活様式のあらゆる領域のなかから、当該の人々にとって意味のある指標として選択される多様な基準を意味する。〕

    ってあった。

    わたしが見てるのは、

    「野生の思考」は、「人間と自然とは共同体」。
    「国家」は、「政治共同体」。
    こういうところかな?
    これって、根本的に違うよね?




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23750 ] / ▼[ 23765 ]
■23753 / 25階層)  レヴィ=ストロース
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/05(Sun) 22:13:01)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    講義にレヴィ=ストロースが出てきました。その辺りを書き出してみます。

    構造主義人類学の生みの親であるレヴィ=ストロースは二項対立とは別に、広く見られる思考の形式としして、三項が互いに対立するというあり方を「三角形」として論じた。

    レヴィ=ストロースが特に論じたのは「料理の三角形」である。その基本の部分を説明すれば、「料理の三角形」では「生のもの」が頂部に置かれ、底辺の左右には「火にかけたもの」と「腐ったもの」が置かれる。それらは、そのままのもの(「生のもの」)と変化したもの(「火にかけたもの」と「腐ったもの」)という第一の二項対立に、文化(人が変化させたものとしての「火にかけたもの」と自然8が変化させたものとしての「腐ったもの」)という第二の二項対立が掛け合われて成立する。

    ===引用終わり===

    知ってた?

    註:二項対立というのは男と女、大人と子供、生と死などの事。この対立は大抵の場合対等ではなくどちらかが優越する。例えばmanは「男」の他に「人」という意味もあるのに対し、womanはmanにwo-を付けて成立し意味としては「女」だけ、即ちmanがwomanに優越するetc.。
600×450

fig3.jpg
/36KB
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23753 ] / ▼[ 23767 ] ▼[ 23771 ]
■23765 / 26階層)  Re[26]: レヴィ=ストロース
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/06(Mon) 19:36:46)
    >レヴィ=ストロースは二項対立とは別に、広く見られる思考の形式として、三項が互いに対立するというあり方を「三角形」として論じた<
    >「料理の三角形」
    >知ってた?<

    知りませんでした。田秋さん、ありがとございま〜す。

    これだけじゃわるいから、レヴィの『野生の思考』に「三角形」について書いてあるとこあるかな〜?
    って、パラパラ〜て見て見たけど、見つかんなかった。似たようなことが書いてると思われるところあったので書き写して見ます。

    第6章 普遍化と特殊化 p192− のところに、
         *****************
    歴史と体系との間には二律背反性が見出されると信ずる人もある*。しかしながら、この二面の関係がダイナミックな関係であることをしらぬ人ででもない限り、本書でいままで検討してきた例には、そのような二律背反は見いだしえない。両者の間には、移行相を形成する通時的でかつ非恣意的な構造体のための場所がある。考えうるもっとも単純な体系の例である二項対立をもとにして、その両極に新しい項を付け加えていってこの構造体はでき上がるのである。つけ加える項は、それぞれの極と対立、相関、もしくは相似の関係をもつものが選ばれる。だからといって、これらの関係がみな均質でなければならぬということにはならない。「局部的」理論はその部分だけで存在し、直接に結合している二項の関係の可知性だけを支配するものである。意味連鎖を形成する輪の一つ一つにとって理論は必ずしも同一である必要はない。この状況は、ドミノの初心者の状況に似たところがある。札が全体としてどのような構成になっているかは知らずに、くっついている隣の半分の値だけを考えて札を並べても、ゲームを続けることはできるであろう。

    *この二つの概念が極限値としての価値しかもたぬことは、純粋に歴史的な民族学代表的擁護者の一人であるエヴァンス=プリチャードの見識あるいは考察を再録しておくことだけで十分に納得されよう。「ザンデ族の氏族およびそのトーテム帰属の現状は、ザンデ社会の政治的発展に照らして見なければ理解ができない。ところがその光はまことに心もとない。出身部族を異にする何十万の人間が入り混じっているのである――アフリカで研究する民族学者は、ときに、ポリネシアかメラネシアのどこかの島の安定した小さな社会をあこがれる気持ちにとりつかれることがある。」(Evans-Prichard 3, p.121)
    ・・・・・・
    p201以上で私が簡単に示したのは、問題の分野の広さと一般性とに応じて網目がどのようにして無限に拡がりうるかということであった。あとは、いかに網目を狭めて現実を篩分け閉じ込めるかを示す仕事が残されている。ただし今度は体系の下限においてであり、ふつうならあらゆる分類法の下限と考えられる境界、つまりそれを超えるともはや分類が不可能で、命名だけが可能だと考えられやすい境界線の先にまで体系の作用を延長するのである。実のところ、両極にわかれるこの二つの操作は見かけほど距ったものではなく、われわれが研究対象としている体系の中に身を置いていた場合には、この両者は重ね合わせることさえできるものである。個人が集団の中での目印であるように、空間は名を与えられた場所の社会である。場所も個人もひとしく固有名詞によって名づけられ、しかも地名と人名は互いに置きかえうるのが多くの社会に共通して頻繁に見られる状況である。カリフォルニアのユーロック族はこの擬人的地理の例の一つを提供する。そこでは道が動物のように考えられ、家にはみんな名前があり、日常には地名が人名の代わりに用いられる(Waterman)。
    ・・・・・
           **********************
    こんなの。
    これって、「分類の仕方」を問題にしてる?
    あ、この本、全部じっくり読んだわけじゃないからのなかでのね。

    自称現象学派とわたしは、
    「対立(二つのものが反対の立場に立つこと。また、二つのものが互いに譲らないで張り合うこと。)」っていう見方って言うより、「対(つい)」として見るようにしてる。

    たとえば、「上下」「左右」っていうの、「対(つい)」として存在してるよね。
    「男と女」もそうじゃないかな〜って。
    で、「男と女」を三項で見てみると、
    「男」「と」「女」の三項になるよね。
    で、「と」に入るのは?って考えて見たんだけど、
    わたしのばあい「人間」っていうのが浮かんだのね。
    「料理の三角形」を、
    「火にかけたもの←生もの→腐ったもの」って表すと、
    「男と女」は、
    「男←人間→女」って、なった。
    方向として、「男」が「文化」方向で、「女」が「自然」方向っていうことになる?
    ん〜ん、ま、これはスルーしといて。

    「善と悪」っていうのもこういう感じなものなんじゃないかな?って。
    じゃ、このなかの「と」はなにかしら?

    ちょっと気になったのが、
    >この対立は大抵の場合対等ではなくどちらかが優越する。例えばmanは「男」の他に「人」という意味もあるのに対し、womanはmanにwo-を付けて成立し意味としては「女」だけ、即ちmanがwomanに優越する<
    っていうところ、
    もし優越をつけたいんだったら、
    <womanはmanにwo-を付けて成立し意味としては「女」だけ>よね、だから、逆じゃない?
    woman がmanに優越する、ってなるんじゃない?
    たしか「クローン羊」は、オス羊なしで生まれたんじゃなかったかしら。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23765 ] / 返信無し
■23767 / 27階層)   ギブ三―
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/06(Mon) 19:48:10)
    「ギブ三―チョコレート」があったんだから、

    「ギブ三―ヨーロッパ」もありかもね。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23765 ] / ▼[ 23785 ]
■23771 / 27階層)  Re[27]: レヴィ=ストロース
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/06(Mon) 21:04:07)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    >woman がmanに優越する、ってなるんじゃない?
    本当はそうです。それが真実です。それを覆い隠そうと男は一所懸命男尊女卑の制度を作ってきたのです。

    これはレヴィ先生のお説だから許してあげてね。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23771 ] / ▼[ 23786 ]
■23785 / 28階層)  Re[28]: レヴィ=ストロース
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/07(Tue) 16:29:30)
    こんにちは、悪魔ちゃん

    >で、「男と女」を三項で見てみると、
    >「男」「と」「女」の三項になるよね。

    男女を三項で考えようとすると下図のようになると思います。男女のどちらかを頂点に置き残りを底辺のどちらかに置くと残りに何を置くか凄く難しい??

    底辺は人間の性別を対比させています。そうすると頂点に対する底辺には「人間」を置いても良いかも知れません。それに何を対比させて頂点に置くか?というのは考え得る思考経路です。でも思考経路はもっと他にもあるかもしれません。

    男女を雌雄と置き、範囲を拡張してみるとか。
564×450

sankaku.jpg
/25KB
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23785 ] / ▼[ 23804 ]
■23786 / 29階層)  Re[29]: レヴィ=ストロース
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/07(Tue) 19:20:16)
    ■23771、了解で〜す。

    ■23785 、

    ごめん、よくわかんない。

    わたし「料理の三角形」を、
    〈生のもの〉(そのままのもの)が変化して、〈火にかけたもの〉と〈腐ったもの〉のになった、っていう図だと見たのね。そして、人間以外は火を使うことないだろうから〈火にかけたもの〉は文化になるし、〈生のもの〉はそのまま放置しとけば腐るし、それ自然。
    わたしこんな感じで見たのね。
    この三角形を、頂点、底辺、とは見てなくて、関係性を表した図、って見てた。

    で、このような意味で、「男と女」にあてはめて見たとき、
    田秋さんが示した図(sankaku.jpg/25KB)においては、〈?〉の部分にわたし〈人間〉っていうのを入れて見たのね。人間が変化して〈男〉、〈女〉というのものなった、っていうのはなんかヘンかもしれないけど。
    でも、乳幼のときって、私は女であるとか、私は男であるとか、そういう認識(判断)あったのかかしら?ってわたし思ってる、だからわたしの、まったく間違いだとは思ってない。

    ふつう人間以外の生きものには「雌雄」っていう言い方して、人間のには「女男」ってう言い方をすると思るんだけど、だから、わたし〈人間〉ってしたのね。

    田秋さんの見方で、考えて見ると〜、わたしのばあい、
    〈?〉に入るのは〜、〈生きもの〉かな?

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23786 ] / ▼[ 23823 ]
■23804 / 30階層)   人-間
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/08(Wed) 19:41:14)
    人類学を見てるなかで、歴史についてお勉強したんだけど、簡単にまとめちゃうと、

    1500年ごろから、ヨーロッパ人による植民地の時代、自然科学の進歩、資本主義の発展、哲学者では、デカルト(1596−1650)、カント(1724−1804)。

    科学、客観、合理、資本、このような主義が、人-間の生のあり方へ入り込んでいった、っていうことかな?

    「近代西洋の資本主義的な生産と交換のシステム(商品生産の世界−商品経済、貨幣と賃労働)」ってさ〜、けっきょく近代西洋人によって“思考されたもの”、ひとつの文化的存在よね。

    これって、日本国の現代は、あの時代から変わってる?

    いまの日本の総理(ちょっと名前忘れちゃったけど)、その人「新資本主義」とかなんとか言ってたのは聞いた(ニースで)。この程度の人しかいないのかしらね、日本人のなかには。

    ま、いいか。

    あ、いろんな人-間(人類)がいる、っていうことで、これは問題じゃなかった。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23804 ] / ▼[ 23827 ]
■23823 / 31階層)  Re[31]:  人-間
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/09(Thu) 11:01:36)
    おはよう、悪魔ちゃん

    調べれば調べるほど調べることが増えるでしょう?

    これは即ち自分の無知に気づくと言うことで、勉強の最大のメリットはここにあると思ってます。

    ガンバロー!ボクも頑張る!

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23823 ] / ▼[ 23829 ]
■23827 / 32階層)  Re[32]:  人-間
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/09(Thu) 18:40:20)
    ■23823 、
    >調べれば調べるほど調べることが増えるでしょう?<
    だよね〜

    でもね、わたしのばあい、
    >自分の無知に気づく<
    じゃないのよね〜

    「わたしはなにを知ってるのか?」っていう〈自問〉なのね。
    あ、これ、メルポンのうけおりね。
    ほら、ソクラテスの「問答法」は、相手にこの〈自問〉を導き出す手法だとわたし見てる。ただ相手をやりこめるっていうだけのじゃないって。

    >ガンバロー!<
    ありがと、でも、わたしガンバルのあんまい好きじゃない。
    ただ、わたしが知りたことを知りたいって思ってるだけ。

    田秋さんが>頑張ってる<の、「知識の量」を増やすことに?
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23827 ] / ▼[ 23832 ]
■23829 / 33階層)  Re[33]:  人-間
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/09(Thu) 19:06:20)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    >田秋さんが>頑張ってる<の、「知識の量」を増やすことに?
    どうしてだろう?って思ったことを調べたり考えたりする、そういうことを頑張る。

    調べたり考えたりするのが大好きなんです。結果的に知識は増えると思います。でもその過程で分からないことも増えるので知識が増えたゾッとは思えない。どっちかというと分からないことが増えた、というのが実感です。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23829 ] / ▼[ 23860 ]
■23832 / 34階層)  Re[34]:  人-間
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/09(Thu) 21:42:12)
    ■23829、田秋さん、
    了解で〜す。

    わたしも似たようなところがあるかも。

    「知識」、その知識が、本当のことかどうか、信じられるものかどうか、疑いの余地のないものなのかどうか、っていう、信憑性の問題もあるけどね。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23832 ] / ▼[ 23862 ]
■23860 / 35階層)  「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/11(Sat) 14:07:43)
    「野生の思考」に戻ろっと、

    No22989に、
    【「悪い男が哀れな子どもを殺した」がチヌーク語では、「男の悪さが子供の哀れさを殺した」となる。また、女の使っている籠が小さすぎることを述べるのに、「女は、はまぐり籠の小ささの中にエゾツルキンバイの根を入れる」という。】
    ってある。

    「悪い男が哀れな子どもを殺した」じゃなくて、「男の悪さが子供の哀れさを殺した」っていうチヌーク語での言い方、翻訳のせいかもしれないけど、
    わたしには奇妙な言い方(考え方)だな〜、って感じてる。

    「野生の思考」におけるこのような言い方(考え方)がどのようなものなのかを、考えていって見ることにします。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23860 ] / ▼[ 23866 ]
■23862 / 36階層)  Re[36]: 「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/11(Sat) 18:31:44)
    No23860 のつづきね。

    No23070
    「穀物倉が崩れ落ちてある男の人が死んでしまった」、この出来事において、
    「その男の人で、その時で、その場所で、穀物倉が崩れ落ちて、死んでしまった、のは、どうして?」
    の因果性を考えるとき、「野生の思考(呪術的思考)」ではそこに「妖術」をもちだしているのよね。

    「妖術」っていうのは、〔ある人間が超自然的能力によって、他者に傷、病、死などの不幸、災害を与えること、およびその儀礼的手段〕、
    「呪術」っていうのは、〔超自然的な存在に訴えることによって、病気治療、降雨、豊作、豊魚などの望ましいことの現実を目ざした行為〕、
    だった。

    「超自然」をネットでしらべたら、
    〔自然界の法則や日常の経験をこえて存在し、理論的に説明のつかない神秘的なもの。〕
    ってあった。
    〔自然の法則〕を人間の科学的思考によって見つけられたもの、〔理論〕を人間のいわゆる理性によるもの、って見たとき、でもそれでは説明のつかないこと、っていうものを「超自然(神秘的なもの)」って呼んでる、って見られる。
    こう見たとき、
    「野生の思考」は、人間の科学的思考や理性で、すべての出来事を説明できる、とは思ってない、っていうこと。「超自然は存在する」って見ているんじゃないかしら。
    いいかえると、
    人間の科学的思考や理性からだけでは、すべての出来事の因果性を説明できない。
    こういうことを「野生の思考」は”認めてる”んだと思う。

    「その男の人で、その時で、その場所で、穀物倉が崩れ落ちて、死んでしまった、のは、どうして?」
    この問いに、人間の科学や理性はどのように説明してくれるのかしら?

    「出来事」において、人間の科学や理性では説明がつかないものでも、〈そうさせるもの〉の存在を想像し、すなわち「超自然的存在」を想像し――妖術とか呪術という名をつけ――因果性を説明しようとする。

    このように、「出来事」を包括的・全体性のうちに見ようとするのが「野生の思考」なのかもしれない。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23862 ] / ▼[ 23878 ]
■23866 / 37階層)  Re[37]: 「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/06/11(Sat) 21:17:26)
    >「その男の人で、その時で、その場所で、穀物倉が崩れ落ちて、死んでしまった、のは、どうして?」
    >この問いに、人間の科学や理性はどのように説明してくれるのかしら?

    はい、こんばんわ、悪魔ちゃん

    なにか、ミクロ世界とマクロ世界が浮かんだな。

    ミクロ世界(小視化)は入口と出口がある。
    マクロ世界(巨視化)は入口と出口がない。
    よってミクロ世界とマクロ世界は一致しない。

    ミクロが科学的思考で、マクロが野性的思考ではなかろうか?
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23866 ] / ▼[ 23879 ]
■23878 / 38階層)  Re[38]: 「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/12(Sun) 15:06:19)
    ■23866、
    マジモンさん、
    なるほど、
    <ミクロ世界(小視化)>と<マクロ世界(巨視化)>って言いうんで区別する、っていうのもありかも。

    わたし「科学」っていうの、〈科に分けて学ぶ〉って、簡単に見てる。
    だから科学者は世界を科に分けられたある”一つ”を専門にしてる、っていうことで、それから”すべて”を見られるわけじゃないって思ってる。

    わたし、いろんな専門家を寄せ集めてみたところで全体が見えてくるとは思えないし、たしかに専門家(科学者)は知的能力がすごいのかもしれないけど、当の科学者だって〈世界における(への)存在として人間〉っていうことにはかわりない気がしてる。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23878 ] / ▼[ 23884 ]
■23879 / 39階層)     「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/12(Sun) 15:46:34)
    まだ
    No23860のつづきね

    No23582(タウシグによれば)の、
    「スペイン人が到来する以前、アンデスの農民たちがおこなっていた自然の崇拝は、スペイン人神父にとって悪魔崇拝として禁止された。後者はその祭壇を破壊し、祭祀に用いられていたミイラや儀礼的道具を解体したため、インディオたちはそれを集めて祭壇のようにし、崇敬のためにその上に十字架を立てた。しかしそれを発見した神父たちは、それを暴いて粉々に粉砕したので、インディオたちはその破片を集めて地中に埋めることを余儀なくされた。スペイン征服以前には悪魔の観念はアンデスには存在しなかったが、人間によって祀られなくなった自然の神々は、これらの祭祀の破片がそうであるように、地下で再生する破壊と飢えと血を求める悪魔みなされるようになったというのである。」
    というところを見て、

    スペイン人神父はキリスト教神父のことだと思うけど、「悪魔」っていう観念はキリスト教が生み出したのかな?スペイン人神父がインディオたちの「自然崇拝」を「悪魔崇拝」として、祭壇を破壊し、祭祀に用いられていたミイラや儀礼的道具を解体したり粉々に粉砕しちゃったのね。
    それまでのインディオたちには「悪魔」という観念がなかったようだけど、インディオたちは、そういうことを〈させるもの〉を「悪魔」とスペイン人は呼んでるんだな、って思ったんじゃないかしら?

    スペイン「人」が、じゃなくて、「悪魔」が、かれらに〈そうさせてる〉、って。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23879 ] / ▼[ 23964 ]
■23884 / 40階層)  (間奏) 根本的な問い
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/12(Sun) 20:32:07)
    ふと思ったんだけど、

    カントやニーチェ、

    「結局、人間とはなんであるのか?」

    っていう問いに応じようと探究してたんじゃないかしら?

    って。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23884 ] / ▼[ 23987 ]
■23964 / 41階層)  「野生の思考」のわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/17(Fri) 18:32:00)
    っていうことで、
    No23860
    【「悪い男が哀れな子どもを殺した」がチヌーク語では、「男の悪さが子供の哀れさを殺した」となる。】
    を見て見ます。

    「野生の思考」においては、「その男は悪人だ」とは見てないっていうこと。その男の「人」が「悪」ではなくて、その「人」に〈そうさせるもの〉があって、〈そうさせるもの〉がその男の人に悪いことをさせた、って見てるんじゃないかしら?

    「野生の思考」にも、“悪さ”はあるんだけど、「悪人」っていう見方は“なかった”のかも。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23964 ] / ▼[ 24014 ]
■23987 / 42階層)   ハンナ・アーレント
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/18(Sat) 15:50:10)
    ハンナについてはここニークラで知ったんだけど(ありがと)、ハイデガーが出てきたのでネットでちょっと調べて見たんだけど、彼女を哲学者名簿に入れることにした。

    ネットで調べたのを少し写して見ます。

                ・・・・・・・・・・・・
    ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ出身の哲学者、思想家である。ユダヤ人であり、ナチズムが台頭したドイツから、アメリカ合衆国に亡命した。のちに教鞭をふるい、主に政治哲学の分野で活躍し、全体主義を生みだす大衆社会の分析で知られる。「アーレント」は「アレント」とも表記する。
    ・・・・
    *大学時代
    1924年の秋、マールブルク大学でマルティン・ハイデッガーと出会い、アーレントは哲学に没頭する。本人はこの哲学へののめりこみを、「初めての情事」という形で表現している。なお、当時既婚であったハイデッガーとは一時不倫関係にあった。また、ここで出会ったハンス・ヨナスとは終生の友人となり、同大学において共にルドルフ・ブルトマンの新約聖書のゼミを受講する。
    ・・・・
    1951年に『全体主義の起源』を著し、全体主義について分析した。その後も、みずから経験した全体主義およびそれを生み出すにいたった西欧の政治思想を考察した。
    ・・・・
    *思想
    アーレントは、身をもって経験した全体主義の衝撃―「起こってはならないことが起こってしまった」―から、政治についての思索を開始するに至った。1945年、以下のような発言をしている。

    「リアリティとは、『ナチは私たち自身のように人間である』ということだ。つまり悪夢は、人間が何をなすことができるかということを、彼らが疑いなく証明したということである。言いかえれば、悪の問題はヨーロッパの戦後の知的生活の根本問題となるだろう…」

    彼女の政治哲学の原点は「人間のなしうる事柄、世界がそうありうる事態に対する言語を絶した恐れ」であった。なぜ人間にあのような行為が可能であったのかという深刻なショックと問題意識から、彼女は政治現象としての全体主義の分析と、その悪を人びとが積極的に担った原因について考え続けることになる。

    *活動的生活
    アーレントは、人間の生活を「観照的生活」(vita contemplativa)と「活動的生活」(vita activa)の二つに分ける。

    観照的生活とは、プラトンの主張するような永遠の真理を探究する哲学者の生活である。
    活動的生活とは、あらゆる人間の活動力を合わせたものである。
    活動的生活は主として、活動(action/Handeln)、仕事(work/Herstellen)、労働(labor/Arbeiten)の三つに分けることができる。
    「活動」は、人間が関係の網の目の中で行う行為であり、平等かつお互いに差異のある人間たちの間にのみ存在しうる。個々人は自発的に「活動」を開始し、その行為の結果として自身が何者(who)であるかを暴露する。それはちょうどギリシアにおけるダイモーン(守護霊)のように、自身には決して明らかにはならないが他者には明白ななんらかの徴である。
    「仕事」は、職人的な制作活動に象徴される目的−手段的行為をさす。ある特定の目的の達成をめざして行われる行為はアーレントにとって「仕事」であった。「活動」はその結果として語り継がれる物語以外の何物をも残さないが、「仕事」はその達成された目的の証としての最終生産物を残す。最終生産物の産出に示される「仕事」の確実性は古来より高く評価されており、それ故にギリシア人は本来「活動」そのものであった政治を「仕事」によって行われるよう置き換えることを試みた、とアーレントは指摘している。
    「労働」は人間のメタボリズム(?)を反映した行為であり、生存と繁殖という生物的目的のため、産出と消費というリズムにしたがって行われる循環的行為である。「活動」や「仕事」と異なり、人間は生存に伴う自然的な必要を満たすために「労働」を強いられる。それゆえ古来より労働は苦役であり続けたが、アーレントによればマルクスによって人間が行うもっとも生産的な行為として位置づけられた。
    ・・・・
    ほかにも革命家のヒロイズムにごまかされることなく、彼らが「人間のリアリティに対して無感覚になった」ことをみるべきだとして、批判している。
              ・・・・・・・・・・・・・

    わたしが特に気になったのは、

    (1)〔リアリティとは、『ナチは私たち自身のように人間である』ということだ。つまり悪夢は、人間が何をなすことができるかということを、彼らが疑いなく証明したということである。言いかえれば、悪の問題はヨーロッパの戦後の知的生活の根本問題となるだろう…〕 っていうところ。

    あのような酷いことをした人-間も「同じ人間」って見てるのね。
    自称文明人も未開人も、同じ人間って見るのと似てる。
    「野生の思考」では”悪さ”を〈させるもの〉――超自然を想像したのよね。
    そしてハンナは「悪の問題はヨーロッパの戦後の知的生活の根本問題となるだろう」って言ってる。

    (2)〔活動的生活〕を見ているところ。
    現象学では「生活世界」を問題としてる。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23987 ] / ▼[ 24017 ]
■24014 / 43階層)  野生と文明
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/19(Sun) 19:23:43)
    ほら、「人類学(人間学)」で「文明人」っていうの出てくるから、
    ネットでちょっと調べて見たよ。

    「野生」は、
    〔動植物が自然に山野で育つこと〕


    「文明」は、
            ・・・・・・・・・・・・・・・
    日本大百科全書(ニッポニカ)「文明」の解説

    日本では明治初年、「文明」と「開化」ということばがほぼ並行して使われ始め、二つをあわせた文明開化は近代化・西欧化のスローガンとされた。両語とも、ラテン語のcivis(市民)やcivilis(市民の)、およびcivitas(都市)に由来するcivilizationの訳語である。明治中期から大正にかけて、文明開化から開化が除かれて文明になり、これと前後して、今日使用されている意味での文化cultureも広く使われるようになった。

     文明と文化ということばの使い方には二つの流れがある。第一は、文明と文化は連続したものであり、都市化、高度の技術、社会の分化、階層の分化を伴う文化を文明とする。各文化、各文明はそれぞれ独自な個別性と独自性をもちつつ地球上に多元的に存在し、地球上の部族文化は大勢として前近代的都市文明へ、さらに近代的都市文明へ移行したとされる。この考え方は、第二次世界大戦後に文化人類学が普及するにつれて日本でも一般化した。他方、第二は、戦前から日本に普及している考え方である。これは、文明と文化を連続したものではなく、かえって対立したものとしてとらえ、精神的所産を文化、物質的所産を文明とする。西欧では、古くからcivilizationが今日の「文明」と「文化」の両方をさしていたが、19世紀後半、ドイツの民族学者とイギリスの人類学者が第一の用法を提示して以来、人類学者の多くは第二の用法を避けている。第二の用法は、ドイツの哲学、とくに新カント学派の影響を強く受けている。これは、物質的・技術的文明が累積され発展するのに対して、精神的・価値的な文化は1回限りのものであり、進歩という尺度によっては測れないとする。
    ・・・・
              ・・・・・・・・・・・・・・・

    どうやらわたしが生きている世界は、西欧化された世界内存在者としての生のあり方みたい。
    言いかえると、わたしは、近代西洋の知のあり方に家畜化された人間の生のあり方のうちで、とも見れる。

    たしか近代西洋は、1500年ごろから、ヨーロッパ人による植民地の時代、自然科学の進歩、資本主義の発展、哲学者では、デカルト(1596−1650)、カント(1724−1804)。で、科学、客観、合理、資本、このような主義。

    こんど、日本で、選挙あるみたいじゃん。
    政治家さんになりたい人たちは、どんなことを言いうのかしらね。



[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24014 ] / ▼[ 24106 ]
■24017 / 44階層)  Re[44]: 野生と文明
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/19(Sun) 19:59:10)
    あ、floraさんには関係ない話しだったね。

    文明人として生きることを価値としてる見たいだから。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24017 ] / ▼[ 24109 ]
■24106 / 45階層)  人類学(人間学)
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/23(Thu) 18:57:04)
    人類学(人間学)のを読んでいろいろ考えてるんだけど、

    なんかおかしいのね。そこんところ、考えて見たんだけど、
    で、思ったのね。
    二つのテーマを同時に考えようとしてるんじゃないか、って。

    a.認識の2様式
    と、
    b.わたしはどのような世界で生きているのかしら?

    っていうこと。

    この二つがわたしのなかでは連関してない、っていうこと。

    aとbがどのように連関してるのか、知ってる人いたら、なんか言ってみて。





[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24106 ] / ▼[ 24147 ]
■24109 / 46階層)  最上川
□投稿者/ 田秋 -(2022/06/23(Thu) 20:57:46)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    あちら、つばめさんのトピなのでこちらへ。

    芭蕉さんは、ぱっと閃いたあと、「ここをこうしたらどうだろう」って色々推敲するらしいよ。

    ココに色々書いてあります
    https://www.dwc.doshisha.ac.jp/research/faculty_column/12912

    五月雨の「五月」は旧暦だから今の暦でいうと六月あたりかな。

    推敲という言葉も、門を「推す」がいいか「敲(たた)く」がいいか迷ったという故事からきてます。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24109 ] / ▼[ 24164 ]
■24147 / 47階層)  Re[47]: 最上川
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/24(Fri) 18:37:38)
    田秋さん、

    ■24109、 分かりました

    ありがとございま〜す。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24147 ] / ▼[ 24166 ]
■24164 / 48階層)  世界における(への)
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/25(Sat) 17:37:40)
    わたしはどういう世界で生きてる?
    メルポンの etre au monde(世界における(への)存在)として。

    近代西洋の知のあり方――科学・客観・合理・資本―主義、わたしはこのようななかで生きてる、ってして見たんだけど、

    ミシェル・フーコーMichel Foucault (1926- 1984)のを想い出す。

    【西洋の近代の資本主義社会は、経済的・社会的条件において、人間に分裂を強いている。人間は言語をもち、言語において生きているが、その言語は他者の言語である。言語を語る人間は、言語において自己を見出すことができない。人間は労働して生産物を作るが、それは他者の労働に依拠し、他者による消費を目的とする。人間は自己の生産物に、自己を見出すことができない。このように分裂的な文化に生きている人間は、分裂病的な在り方以外の道を選ぶことができない。】(「フーコー入門」中山元著より)

    これなんとなくわかる感じがしてきた。
    もしそうだとしたら、
    資本主義社会における(への)適応に努めた人は、いつのまにか分裂病的な在り方になっていく、っていうことになるのかな?
    分裂病的な在り方になれた人が、“まともな人間“、
    そして、分裂病的な在り方に適応できない人が、非まともな人間、
    一方、分裂病的な在り方の極に達すると、「病者」と呼ばれるようになる、
    かな?

    わたしの参考書にはこんなことが書いてある。

    〔近代化
    人びとの生活・考え方、社会のあり方が合理的・科学的になること。近代化のモデルとなった西欧では、啓蒙思想による市民意識の主体的確立、市民革命による民主化、産業革命による工業化・資本主義化、科学革命、普通教育の普及などにより、18〜19世紀に近代社会が形成されていった。明治期の日本は、文明開化をモットーに西欧の文物を導入し、近代化をはかった。つまり、日本の近代化は西欧化を意味し、それが政府・官僚主導のもとに進められたところに特徴がある。20世紀には、ロシア・アジア・アフリカに西欧社会を規範としない近代国家が成立したことから、近代化は西欧化ではなく、もっと地球的規模で考えるべきであるという意見が出ている。〕

    日本では、〔政府・官僚主導のもとに〕家畜かられた人間が育てられた人間のうちからでしかか物事の見方や考えることしかできなくなってしまった、って言う感じかな?









[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24164 ] / ▼[ 24192 ]
■24166 / 49階層)  Re[49]: 世界における(への)存在
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/25(Sat) 18:48:23)
    フーコー、思い出したついでに、
    なんか、話しがいろんな方向にいちゃうけど、ま、いいよね。

    わたし彼のは、メルポンのに出会う前ね。
    メルポンのを知ってから彼の言ってることなんかわかる気がしてきてる。

    フーコーについてはネットで調べて見ればわかると思うからここでは書かないけど、

    ウィッキによると、ここニークラに関係するところでは、

    〔1952〜53年頃、ニーチェを精読する。特に1953年夏にニーチェの『反時代的考察』を読む。〕

    っていうとこころかな?

    ちょっと気になってるんだけど、パニさんって、ニーチェのアフォリズムで、パニさんの思考、止まってるの?

    余談ね。
    No24080、アットちゃん、ここで、返すね。
    <満足感、やり遂げた感、のある人間、ひたっている人に、いちゃもん(アンチテーゼ反対命題)を言うことなんだよね。これは意外と根にもたれるから社会生活では注意が必要にょ。みんな、人間合格、で良いじゃん。>
    わたしアンチテーゼしてるつもりないのね、ただ殴り合いをする人たち、それを見るのがイヤなだけ。
    パニさんに“根”にもたれる? ん〜ん、そうね、表面でじゃなないところでね。だから書いてる。
    アットちゃんのてさ〜、わたしから見たら培養人間の“まとも”すぎでわたしつまんない。



[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24166 ] / ▼[ 24193 ]
■24192 / 50階層)  Re[50]: 世界における(への)存在
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/26(Sun) 15:30:48)
    わたしもすでに〈科学・客観・合理・資本―主義〉に家畜化された人間になってるんだけど、
    だから逆に「野生の思考」、わたし興味が湧いたのかも。
    そして、「野生の」がわたしのうちにもある、っていうことをレヴィは言ってるんじゃないかしら。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24192 ] / ▼[ 24195 ]
■24193 / 51階層)         「と」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/26(Sun) 15:38:31)
    フーコーのを想い出したので、話それるかもだけど、「フーコー入門」から、

    【近代の思考は、もはや〈相違性〉のけっして完成されることのない形成にではなく、つねに完遂されなければならならぬ〈同一者〉の解明に向かう思考である。こうした解明は、〈分身〉の同時的出現、さらに、「と」のなかにある、わずかだが克服しえぬあの偏差、そうしたものなしにはおこなわれないであろう。】

    「と」という表現の仕方で、をわたしがするようになったのは、こういうのから。

    世界のうちに分節されたx,y、これを、
    「xかyか」で見るんじゃなくて、「xとy」として見て、その「と」のなかを見るようにした、っていうこと。
    メルポンのを読んでてわたしに浮かんだのね。

    たとえば、
    「主観か客観か」じゃなくて、「主観と客観」ってして見て、その「と」のなかを見ようとすること。
    で、これは現象学で言う、「間(相互)主観性」っていう見方になるんだとわたし見てる(違うのかもしんないけど)。

    あと、「右手と左手」「男性と女性」「善と悪」「真と偽」「快と不快」・・・・こんなのも。
    メルポンは「関係性(結び目)」(「と」)を見えるようにしようとしてるんだとわたし見てる。

    ちなみに、「と」を見ることは、現象学の方が先だと思ってる。
    フッサール(1859−1938)、メルロ(1908−1961)、フーコー(1926−1984)、だし。

    「フーコー入門」に、
    〔この当時のフランスの心理学は、実験を中心とした「科学的な学問性」を強調する学問だった。心理学を専攻したフーコーが最初に尋ねられた質問は、〈君はビネのような科学者になりたいかね、それともメルロ=ポンティのような心理学者になりたいかね〉という問いだったという。ビネは知能テストの創始者として知られるが、この知能テストに象徴されるのは、「測定し、数え、計算する」科学的な心理学が真の心理学であるという考え方である。そして当時の心理学の学界では、現象学から人間の身心関係についての思索を展開したメルロ=ポンティのような「思考し、反省し、次第に哲学へと向けて目覚める」哲学的な心理学は、偽りの心理学であるというのが一般的な考え方だった。〕
    ってある。

    で、〔ビネ〕をウィキで調べたら、
    〔ビネ Binet, Alfred [生]1857.7.8. ニース[没]1911.10.18. パリ
    フランスの心理学者。法律,医学,生物学を専攻後,心理学に関心をもち,パリ大学に H.ボニと協同で心理学実験室を創設。実験心理学,病的心理学,児童心理学に貢献。特に高次精神過程に実験的手法を採用したこと,さらに児童の知能測定について T.シモンと協力しビネ=シモンテストを完成,知能検査の基礎を確立した。…〕

    あと、心理学の歴史について、ネットから、
    〔心理学の歴史とは、心理学という学問が生まれ辿ってきた歴史のことである。心理学の起源は古代ギリシアの時代に遡ることができ、また、古代エジプトに心理学的な思索活動の証拠が残されている。また、近代の心理学が哲学から独立して一つの学問として成立したのは、1879年にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を開き、アメリカ合衆国でも心理学の研究が始まった1870年代という見解が一般的である。心理学が境を接する様々な領域として、生理学、神経科学、人工知能、社会学、人類学、さらに哲学やその他の人間的活動がある。…〕
    みたい。

    「心理学」は、「フィロソフィア」じゃなくて、「科学的であること」を価値としてる?

    たしかレヴィによると、
    No23332で見たように、
    (7)科学的思考は二つの様式が区別される。それらは人間精神の発達段階の違いに対応するものではなくて、科学的認識が自然を攻略する際の作戦上のレベルの違いに応ずるもので、一方はおおよそのところ知覚および想像力のレベルに狙いをつけ、他方はそれをはずしているのである。それはあたかも、新石器時代の科学であれ近代の科学であれ、あらゆる科学の対象である必然的関係に到達する経路が、感覚的直観に近い道とそれから離れた道と二つあるかのごとくである。
    (8)科学はその全体が偶然と必然の区別の上に成立した。その区別は出来事と構造との区別でもある。科学がその誕生に際して科学性として要求した性質は、体験には属さず、あらゆる出来事の外にそれとは無関係なもののように存在する性質であった。
    だった。
    そして、
    (3)呪術と科学を対立させるのではなくて、この両者を認識の二様式として並置する方がよいだろう。
    よね。
    レヴィも「野生の思考か科学的思考か」〔対立させる〕じゃなくて、「野生の思考と科学的思考」の「と」のなかで、人間の思考〔両者を認識の二様式として並置する〕を見ようとしている気がしてる。

    こういうのから、わたしのうちに、
    No23410のようなものが浮かんできたのかも。

    なんか、メルポンの、レヴィの、フーコーの、これらの結び目がわたしに見えてきた?

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24193 ] / ▼[ 24251 ]
■24195 / 52階層)  Re[52]:  「と」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/26(Sun) 19:32:34)
    今日はもうちょっと、

    「主観と客観」

    メルポンのを、

    『知覚の現象学』から、

    【主観について何ごとも理解できないか、それとも客観について何ごとも理解できないかという、この二者択一に、われわれはいつまでもどどまっているわけにはいかない。われわれの経験の核心そのもののうちに、対象の起源を再発見し、存在の出現を記述しなくてはならない。また逆説的なことだが、われわれにとって自体的なものがあるということはいかなる次第かということを、われわれは了解しなくてはならない。勝手な臆断をあくまで避けるために、われわれは客観的思惟を、それがいうがままに受け取り、客観的思惟がみずからたてない問題を、これに向って提起することは差し控えよう。たとえわれわれが客観的思惟の背後に経験が見出す結果に導かれるにせよ、この移りゆきの動機は、ひたすら客観的思惟自身のゆきづまりに存するのである。それゆえ客観的思惟がわれわれの身体を客体として構成する働きにおいて、それを考察することにしよう。というのは、これこそ客観的世界の生成における決定的な瞬間だからである。科学においてすら、自己の身体というものは、科学が押しつける取扱いを逃れようとすることがわかるであろう。そして客観的な身体の生成は、対象の構成における一つの契機にすぎにのだから、身体は、客観的世界から引き揚げるにあたって、それとその周囲を結びつけていた志向の糸をいっしょに引っぱってきて、ついにわれわれに、知覚する主体と知覚された世界とを、ともども明らかにすることであろう。…】(p134)

    【現象学が獲得した最も重要な成果は恐らく、極端な主観主義と極端な客観主義とを、世界もしくは合理性に関するその概念のうちで結合させたことにあるであろう。…】(p.23)

    ほら、メルポンの、「と」のなかで、でしょ?
    「主観と客観」、言いかえると「自と他」じゃん?
    ほら、これっって「私」っていうのが門だとなっているのよ。

    わたしのばあい「人間ってなあに?」っていう問いは「私ってなあに?」と同なじ問いになってる。

    もっとも、現象学へのフィロソフィアのない人には、どーうでもいい話しなんだけどね。






[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24195 ] / ▼[ 24254 ]
■24251 / 53階層)    生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/06/30(Thu) 20:19:00)
    日本じゃ、
    ん?日本国における人の生あのあり方だけやないかもしんないけど、わたし他の国で生活した経験ないから、そこんとこ何とも言えないけど。

    「医療」を受けるのでもお金ないとダメよね。

    「あんた、なに言ってるの?そんなのあたりまえじゃん!」
    そうなのね〜。

    わたしも一応「国民健康保険料」っていうの、納めてるけど、
    わたし体が変でも医者にはかからないことにしてる。
    だって、一部負担金さえ払えないかもしんないってわたしのばあい。

    例えばね、
    わたしがなんかのときに、病院に運ばれたとするね。
    わたしがそのとき意識があって、お医者さんが、
    「点滴しますね」っていったとき、
    わたしこう質問するのね
    「この点滴、いくらします?」って。
    わたし、その支払額を聞いたとき、
    「あ、じゃ、この点滴しなくていいです。わたし、その金額はらえないから。」
    って答えるかもしんない。

    問題は、そのとき、わたしの意識がなかったとき。











[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24251 ] / ▼[ 24257 ]
■24254 / 54階層)  Re[54]:   生
□投稿者/ みのり -(2022/06/30(Thu) 21:07:21)
    2022/06/30(Thu) 21:36:26 編集(投稿者)
    2022/06/30(Thu) 21:29:30 編集(投稿者)

    悪魔ちゃん、こんばんは〜。

    入院など、まとまった金額の医療費が予測される場合、収入に応じての自己負担限度額
    が、事前申請によって設定できるようですよ。

    高額療養費制度といって、支払いした入院費などを後で申請によって返還してもら
    える制度もあるけれど、自己負担限度額の設定というのもあるようです。

    詳しくないので、詳細には触れられなくてごめんね。


    https://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1001000002315/index.html

    たまたまヒットした島根県浜田市のHPからお借りしました。
    どの都道府県でも行われている制度のようなので、お住まいのところのでよかったら
    調べてみてくださいね。


    酷暑が続いてるので、ご自愛ください。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24254 ] / ▼[ 24262 ]
■24257 / 55階層)  Re[55]:   生
□投稿者/ アートポット -(2022/06/30(Thu) 23:12:11)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    僕の母親が脳梗塞で入院にてときに、十日に一回支払いで、11万円から14万円くらいにて、父親が、月に40万円も払ってたらあっという間に生活できなくなる、て嘆いてるので、市役所にて

    高額療養費 限度額適用認定証

    の手続きをにて月に40万円の入院費を60%支払いに減らにてもらってにてにょ。
    3割負担の金額から、さらに60%支払いに減らせる。

    貧乏な人ほど得なはずなので役所にて聞いてみて。

    みのりさんの助言を参考ににてほうがもっと安心だと思うけどね。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24257 ] / ▼[ 24264 ]
■24262 / 56階層)  Re[56]:   生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/01(Fri) 19:25:02)
    みのりさん、アットちゃん、
    ありがとございます。

    日本の制度のなかでの人間の生のあり方のなかで、
    わたしの生を生きようとすること、
    もうそういのいいかな、って思ってる。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24262 ] / ▼[ 24271 ]
■24264 / 57階層)  Re[57]:   生
□投稿者/ アートポット -(2022/07/01(Fri) 19:50:11)
    2022/07/01(Fri) 19:55:45 編集(投稿者)

    こんばんは、悪魔ちゃん

    悪魔ちゃんが容姿に自信があるなら、アマゾンネットショップの欲しいものリストをTwitterのプロフィールページにリンク貼って、可愛い笑顔や胸の谷間の画像を載せれば、ファンになった男性女性がアマゾンで色々購入してくれて悪魔ちゃんの家に届くよ。
    アマゾンギフトカード100万円分購入してくれる人もいるよ。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24264 ] / ▼[ 24272 ]
■24271 / 58階層)  Re[58]:   生
□投稿者/ みのり -(2022/07/01(Fri) 21:01:15)
    ちょっとセクハラとも、、

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24271 ] / ▼[ 24297 ]
■24272 / 59階層)  Re[59]:   生
□投稿者/ アートポット -(2022/07/01(Fri) 21:18:10)
    こんばんは、


    済みません、セクハラになっちゃいますか。
    Twitterではもはや常識で。

    徳永英明の壊れかけのRadioを15年前に河村隆一も歌ってたって最近まで知らなくて長生きはするもんにょって想ってにょ。

    あがいてみるか?

    あがいてみるにょ。



    ごめんなさい、悪魔ちゃん
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24272 ] / ▼[ 24298 ]
■24297 / 60階層)   「ハラスメント」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/02(Sat) 19:26:06)
    「ハラスメント」、
    たぶん英語の「harassment」の「日訳」だと思うけど、
    誰が流行らせたん?

    日本語の「ハラスメント」の意味は、「迷惑行為、嫌がらせ」っていう意味になってるみたい。

    「パワハラ」「セクハラ」みたいに、「ハラ」はいろいろに使われるみたい。

    「いじめ」っていうのもなんか似てる気がしてる。

    ネットで調べたら、

    〔いじめ bullying
    いじめは「自分より弱い者に対して、一方的に身体的・心理的攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの」と定義される。日本では1980年代ごろから教育現場で顕著になっていたが、1990年代になって深刻な社会問題としてとらえられるようになった。その象徴として社会に衝撃を与えたのが、1994年(平成6)愛知県の中学2年生がいじめを苦に自殺したという事件である。相手をこうした状況に追い込む可能性のある、きわめて非行に近い行為に対しては「いじめ非行」という用語も使われるようになった。〕

    で、「非行」をネットで調べたら、

    〔非行delinquency
    非行とは,広義には社会の規則や規範・道徳に反するすべての行為(逸脱行為deviant behavior)を指すが,法律上は戦後少年法が制定されるときに英語のjuvenile delinquencyにあたる用語として用いられるようになった。少年法では20歳未満の者を少年とし,法律上の罪を犯した14歳以上の者を犯罪少年,14歳未満の者を触法少年とよぶ。また一定の不良行状があり,性格や環境状況から見て将来罪を犯す虞れのある者を虞犯少年とよぶ。〕

    あと、「弱者」でネットで調べたら、
    〔 弱い者。臆病な人。いくじがない人。〕

    ってあった。

    あと「虐待」っていうのもなんか似てる気がする。


    こういうのって、「と」で見ようとしてないよね。

    ま、いいか。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24297 ] / ▼[ 24299 ]
■24298 / 61階層)  Re[61]:  生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/02(Sat) 19:49:16)
    No24271、みのりさん、ありがと。

    でも、

    No.24264には、そっくりそのままアットちゃんに返してあげる。
    >アットちゃんが容姿に自信があるなら、アマゾンネットショップの欲しいものリストをTwitterのプロフィールページにリンク貼って、可愛い笑顔や胸の谷間の画像を載せれば、ファンになった男性女性がアマゾンで色々購入してくれて悪魔ちゃんの家に届くよ。アマゾンギフトカード100万円分購入してくれる人もいるよ。<
    あら、そうなの?じゃ、お金欲しかったら、アットちゃんがやってみたら?
    って。

    アットやん、なにもわたしに<ごめんなさい>は必要ないよ。
    だって、わたしNo24297って思ってるから。

    それより、No24272の、
    >あがいてみるにょ<、って、
    何に対してあがくのかしら?
    この世界で生きのびるために?






[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24298 ] / ▼[ 24301 ]
■24299 / 62階層)  Re[62]:  生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/02(Sat) 20:10:38)
    ■24298、あ、言い換えるとこ抜けてた。
    >アットちゃんが容姿に自信があるなら、アマゾンネットショップの欲しいものリストをTwitterのプロフィールページにリンク貼って、可愛い笑顔や胸の谷間の画像を載せれば、ファンになった男性女性がアマゾンで色々購入してくれてアットちゃんの家に届くよ。アマゾンギフトカード100万円分購入してくれる人もいるよ。<
    でした、ごめん。

    ついでに、<容姿>って〈見た目〉、身体のこと言ってるのよね。
    ってすると、身体に自身がる、っていうことはどういうことになるのかしら?

    格闘技?殴ったり蹴ったりするスポーツ?容姿に自信のある人がやってるんじゃないの?

    わたし、身体の見た目や能力、これって「努力」してもどうにかなるものじゃないと思ってる。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24299 ] / ▼[ 24305 ]
■24301 / 63階層)  Re[63]:  生
□投稿者/ アートポット -(2022/07/02(Sat) 20:52:26)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    > 何に対してあがくのかしら?
    > この世界で生きのびるために?

    そう、この世界で生きのびるために。

    1996年、社会人一年目の7月に、8月に盆休みがあるために7月に毎週土曜平常勤務。
    で、給料減ってもいいから休み欲しいって涙流しながら帰途にCDレンタルショップにて徳永英明の壊れかけのRadioをレンタル。
    兄弟にCDプレイヤーを借りて、歌を聴いて号泣。

    2006年くらいに河村隆一が壊れかけのRadioを歌ったらしくて、2022年に最近知ってユーチューブにて聴いて感動。

    希死念慮をのりこえて、生きていたから聴けたにょ。生きているから聴けるにょ。

    こんなに素晴らしいことはない。(素晴らしいこと色々あるけど)
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24301 ] / ▼[ 24319 ]
■24305 / 64階層)  Re[64]:  生
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/03(Sun) 08:34:11)
    悪は燃えカス作りをするんだよ、悪魔ちゃん。

    もう、火がついているよ(笑)


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24305 ] / ▼[ 24320 ]
■24319 / 65階層)  Re[65]:  生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 17:00:58)
    ■24301、アットちゃん、
    >そう、この世界で生きのびるために。<
    了解です。
    ってすると、”手段”が問題になるのかな。

    わたしにとってはもうこの世界で生きのびるための価値ないのよね。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24319 ] / ▼[ 24326 ] ▼[ 24323 ] ▼[ 24322 ]
■24320 / 66階層)  Re[66]:  生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 17:02:16)
    ■24305、マジモンさん、
    >悪は燃えカス作りをするんだよ<
    意味不明〜
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24320 ] / 返信無し
■24326 / 67階層)  Re[67]:  生
□投稿者/ アートポット -(2022/07/03(Sun) 17:38:12)
    こんにちは、悪魔ちゃん

    ある日、突然、長生きしたい、って気持ちがよみがえる。
    ある日、突然、環境が良くなったり、マンネリでも生きたい、って思うようになる。

    いつもより100円高いものを食べるだけでも結構違う。

    本屋なら、いつもは行かない、幼児向け本コーナーに行って数分間童心に返るだけでもマッタリになる。

    最近の僕は、インスタント珈琲の感動を取り戻して、うれしい気持ち。

    ある日、突然、マッタリ度が増す。そんなもんにょ。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24320 ] / 返信無し
■24323 / 67階層)  Re[67]:  生
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/03(Sun) 17:14:16)
    No24320に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■24305、マジモンさん、
    > >悪は燃えカス作りをするんだよ<
    > 意味不明〜

    なるほど (笑)

    悪魔ちゃんがどういう人か、ちょっと理解できたわ (笑)
    人って意外な欠陥があるよな。

    放置するぜ。
    一回、燃えカスにならなきゃ理解できんだろ。
    俺は悪については、なんべんも★警告★しましたからね。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24320 ] / ▼[ 24327 ]
■24322 / 67階層)  「野生の思考」レヴィのわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 17:11:46)
    「人類学(人間学)」の本を読んでて、わたしに浮かんできているものを書き留めて置く。

    1.人間の思考には2種類あって、「野生の思考」と「科学的思考」。
    2.「野生の思考」、これをわたし〈原初的思考〉って言うことにした。
    3.〈原初的思考〉を、人間の、原初的で自然な、アプリオリで普遍的な性、ってして見た。
    4.言いかえると、「野生の思考〈原初的思考〉」は、すべての人間に共通した思考、かな。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24322 ] / ▼[ 24328 ] ▼[ 24334 ]
■24327 / 68階層)  Re[68]: 生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 17:38:53)
    ■24323、マジモンさん、

    焼身自殺をしても、真っ黒こげになるだけじゃない?
    これを<燃えカス>って言うのかしら。

    悪は<燃えカスを作り>をするんじゃなくて、
    そう”誘う”ことをするだけ。
    実際にそうするかどうかは本人次第なのね。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24327 ] / 返信無し
■24328 / 69階層)  レヴィのと現象学のとわたしの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 17:41:50)
    心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、
    あっちこっちに行ったり来たり。

    No23410のつづき、

    「現象学事典」のをまた見て見ます。

               ***********
    受動的総合/能動的総合 [(独)passive Synthesis/aktive Synthesis]
    フッサールにおいて総合は意識の原形式であり、その特徴は「流れ去る多様の統一」と規定される。サイコロという統一的対象の知覚は、どの側面から、どの距離で、どの光のもとで、見るか(さらには、どのように触れるかなど)に応じて変化する多様な現れ方を通して、その総合として成立する。この知覚したサイコロをのちに想起するときにも、かつて知覚したサイコロと同一のサイコロの想起であるという同一性の意識は総合にとってつくり出される。こうした個別的意識体験の総合が可能になのは、もともと意識生の全体が総合的に統一化されているからである。この普遍的総合の根本形式はすべてを包括する内的時間意識である。「能動的/受動的」という発生的現象学の基本概念は、以前から使用されていた「顕在的/潜在的」「主題/背景(地平)」などの対概念を力動化したものである。自我はいま見えているサイコロの面前を主題として顕在的に意識していると同時に、裏面を背景として潜在的に意識している。この区別の根拠は自我の関わり方の相違にある。「能動的/受動的」の区別も同様であり、能動的総合はとくに自我的な作用であるに対して、受動的総合は自我の関与なしにおのずから生じる。その点で、無意識の働きにも比せられる。
    能動的総合はすべて受動的総合を土台にして行われる。受動的総合の基底をなすのは内的時間意識による時間構成であり、キネステーゼによる空間構成とともに総合の形式条件を形成する。実質的条件をなすのは連合法則に従う布置形成である。布置形成によって図と地が分化し、地から浮き上がった図が自我を触発する。自我は図に注目して把握的に対向する。それが触発の受容であり、能動性の最低段階をなす。受動的総合と能動的総合の境界線はここに引かれる。把握する、解明する、関係づけるなどの低次の能動的総合を超えた、数える、述定するなどの高次の能動的総合においては、数や述定的事態がなどのイデア的対象が産出される。能動的総合は作用としてはまもなく過ぎ去るが、その成果は自我極に沈殿し、習慣として妥当しつづける。習慣は第二の受動性として、より高度の能動的総合の土台となる。したがって、すべての能動性に先立つ受動性と能動性に由来する受動性が区別される。
               *************

    レヴィもこのようなものを見ているんじゃないかしら? って。
    レヴィは、【野生の思考は知覚と想像力のレベルに狙いをつけ、科学的思考はそれをはずしている。】って言ってる。

    現象学的な見方――意識の総合を受動的総合を能動的総合に分節して見る――っていう見方から、
    〔能動性の最低段階〕に当たるのが「野生の思考」(わたしの言う〈原初的思考〉)、「能動的総合」の極(高次の能動的総合)に当たるのが「科学的思考」ってわたし見たのね。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24327 ] / ▼[ 24359 ]
■24334 / 69階層)  Re[69]: 生
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/03(Sun) 17:58:46)
    No24327に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■24323、マジモンさん、
    >
    > 焼身自殺をしても、真っ黒こげになるだけじゃない?
    > これを<燃えカス>って言うのかしら。
    >
    > 悪は<燃えカスを作り>をするんじゃなくて、
    > そう”誘う”ことをするだけ。
    > 実際にそうするかどうかは本人次第なのね。

    例えば、悪魔ちゃんは、格闘技を理解できないじゃん。
    それは女性なら当たり前だと思うんだよね。

    だけど、そう明確にすると、
    悪人が悪魔ちゃんの事を殴りにくると思うんだど、
    そこんところどう思っているの?
    悪魔ちゃんは正当防衛とかしないの?

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24334 ] / ▼[ 24425 ]
■24359 / 70階層)  Re[70]: 生
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/03(Sun) 20:03:00)
    ■24334、
    ますます、わか〜んない。

    ところで、マジモンさん、
    No24328について、なんかあったら言って。
    特になかったら、<放置>でいいよ。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24359 ] / ▼[ 24498 ]
■24425 / 71階層)  「哲学」
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/07(Thu) 19:19:36)
    ひとつには、
    「哲学」ってなあに?からわたし始まったんだけど、

    いまのところ、ひとつの答えが浮かんでる。

    日本では、「哲学」とは、科学の一つの科。

    ん〜ん、これけっこう当たってる気がしてる。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24425 ] / ▼[ 24504 ]
■24498 / 72階層)  ニュース
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/08(Fri) 18:52:46)
    なんか、ニュース聞いてたら、
    日本のある政治家さんが銃みたいなんで撃たれて、意識不明みたい!
    マスメディアではとっても大変なニュースみたいよ。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24498 ] / ▼[ 24652 ]
■24504 / 73階層)  Re[73]: ニュース
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/08(Fri) 19:16:21)
    マスメヂィアによる速報で〜す、
    その日本人、亡くなられたみたいです。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24504 ] / ▼[ 24886 ]
■24652 / 74階層)  カントの「と」現象学との
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/10(Sun) 17:26:05)
    pipitさまに教えてもらったカントの、

    ****************
    『人間の認識には二つの幹、つまり悟性と感性があり、これらの幹はおそらくは、一つの共通な、しかし我々には未知の根から発している。(A15=B29、また『人間学』第三十一節参照)』『カント『純粋理性批判』入門』p155より引用
    『この二つの〈幹〉とは感性と知性[=悟性]であり、これらはおそらくまだわたしたちには知られていない一つの共通の〈根〉から生まれてきたものである。感性によって、わたしたちに対象が与えられ、知性によってこの対象が思考されるのである。』B29あたり 中山元先生訳『純粋理性批判1』p63より引用
               ****************
    のところと、現象学の、
    No24328を絡めて、ん〜ん、「と」のなかの共通と相異を見ていくことにしま〜す。

    まず、カントの見方を簡単にしちゃって、
    (1)人間の認識には二つの幹、感性と知性[=悟性]がある。
    (2)これらはおそらくまだわたしたちには知られていない一つの共通の〈根〉から生まれてきたものである。
    (3)感性によって、わたしたちに対象が与えられ、知性によってこの対象が思考されるのである。
    って言うことだと思う。

    (1)〔人間の認識〕っていう〔認識〕っていうの、問題ね。

    わたし、カントの言う〔認識〕は〈真正な知識〉を意味してるんだと思う。
    わたしが読んでる「カント」っていう本の中に、
    〔そこで、まずわれわれは、自然科学での知識の正当性・真理性(正しいゆえん、真理であるゆえん)を批判・検討することにしよう。『純粋理性批判』は、こうして、自然科学的な真理の性格の検討からはじまる。〕
    これが『純理』の始まりだと見てる。そして自然科学の正統性・真理性は普遍・必然性って書いてあった。
    ようするにカントの思考の目標は、〈神のに対しての、人間の自然科学のような真正(普遍・必然性)な知識〔認識〕がいかにして可能になるのか〉を見えるようにすることだったんじゃないかって。
    現象学の場合、このような〔認識〕じゃなくて、人間の「意識」、もっと正確にいうと、「生(なま)の意識」を問題にしてるんだとわたし見てる。だから、現象学のわたしので(1)を見ると、
    〈1〉人間の「意識」には二つの幹、感性と知性[=悟性]がある。
    ってなる。こう見たときカントのと共通性がある気がする。ただ、現象学の場合、人間の「生の意識」は〈真正な知識〉を生み出す働き(科学的思考)もあるけど、間違いもする、っていうころも含めて見てるんだと思う。
    あと、中島義道さんによると、カントは意識の現れを「真なる現れ」を「現象」、「誤った現れ」を「仮象」として区別したみたい。カントの場合、このような意味での「現象」がいかにして可能になるのか、の方を探究してたのかも。
    カントは、科学的に思考されたものにおいては真正であるはずだ、から出発して感性を見ようとしてたんじゃないかしら?
    『純理』は人間の意識における〈真正(普遍・必然)な知識〉=〔認識〕のアプリオリな領域のみに限られたコギト、っていう前提がある気がしてる。だから〔これ〕を意識全体についてのものと見ると分け分かんなくなるかも?

    カントが〔認識〕を〔感性〕と〔知性[=悟性]〕という〔二つの幹〕に分節しているのに対応して、現象学では、「生の意識」を「受動的総合」と「能動的総合」とに分節してるようにわたしには見える。ここらへんも似てる。

    カントの「純粋理性批判」について、 フッサールの『デカルト的省察』訳注に、
    〔カントは、空間と時間を「直観の形式」または「感性の形式」と呼び、それらは「こころのうちにアプリオリに備わっている」とか、「主観の性状として、主観のうちのその座を有する」とか述べていた。しかし、他方で、それらは「現象に関しては客観的である」とも言う。つまり、「経験的実在論」と「超越論的観念論」を同時に主張しているわけである。その辺りの事情を、ここでフッサールは、「極めて制限された仕方」ではあれ、「ノエマ的なアプリオリ」を目指していた、と述べているのである。〕
    ってある。
    「ノエマ」=思われたもの、「ノエシス」=思うこと、ね。現象学ではこの区別をしてる。

    (2)〔一つの共通の〈根〉〕から、〔感性〕と〔知性[=悟性]〕が生まれてる<
    カントはこういうふうに感知(感じとること、気づくこと)してる(言い換えると「直観」かな?)んだと思うけど、ところで、結局〔一つの共通の〈根〉〕、再発見できたのかしら?それとも〔まだわたしたちには知られていない〕ままなのかしら?わたしこれ見つけちゃったけどね。

    (3)〔対象〕っていうのが問題ね。
    現象学のわたしのは、感性〈受動的総合〉の働きによって感性の領域に現れてくるのが〈対象〉って見てる。
    『感性によって、わたしたちに対象が与えられ』は、こう見ることもできるんじゃないかしら。ここらへんも似てるかも。
    〈対象〉っていうのは私の外にあるものじゃなくて、私のうちに現れてるものってしてる。だって〈象〉でしょ。そして、〈対象〉っていうのは地の上の図って見てる。この図として現れた〈対象〉は、わたしの志向性が前提となってる。カントの言う「触発」がこれに当たるのかも?ってすると、ここんところも似てる気がする。

    そしてこのような〈対象〉を〔知性[=悟性]〕の領域が見て、思考する。こう見ることもできるんじゃないかしら?


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24652 ] / ▼[ 24887 ]
■24886 / 75階層)   コロナ感染者数
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/16(Sat) 18:49:52)
    なんか、日本では、コロナ感染者数、急増してるみたいじゃん。
    ニュースで聞いた。

    JNNだったかな?
    「全国の新規感染者が過去最多を更新」、って言ってた。
    ちょっと思ったんだけど、
    「新規感染者」ってどういうことなのかな?って。

    〈感染した人はふたたび感染しない〉なら、発表された感染者数を「新規感染者」って言えるかもしんないけど、
    もし〈一度感染した人もまた感染する〉っていうことなら、「新規感染者」とは言えないんじゃないかしら?

    ここらへんは調べてるのかしらね?

    ま、どうでもいいけど。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24886 ] / ▼[ 24889 ]
■24887 / 76階層)   人類学の
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/16(Sat) 18:56:05)
    「人類学」の二つの本を読んでるなかで、「現象学」のが絡まってきてる。
    カントものね。

    レヴィの「野生の思考」って、現象学的還(遡って見る)なんかも。

    人類学のわたしのを簡単に振り返って見ると、

    No22811
    人類学は、哲学、文学、歴史、神学に細分化された西洋の知の分類に抗するかたちで、人間の身体から感情、観念、環境との関係までを総合的に理解しようとするものであり、さらには人間の全活動領域としての経済、政治、社会、宗教、倫理、芸術等を総体として理解しようとする傾向性をもっている。それが研究対象とするのは全体としての人間であり、人間の活動の全領域である。このような意味において人類学は、世界を分割し、分割することで明瞭な意識を獲得し、それによって世界を統合・操作することをめざしてきた近代西洋の知のあり方に対する異議申し立てとして成立したのであった。人類学が人文社会諸科学のなかで占める特異性は、他の諸学科が論じてこなかった、西洋から見て異質な諸社会、「未開」という形容詞をつけられるのがつねであった諸社会を研究するという研究対象の特異性にあるのではない。むしろ人類学の特異性は、近代西洋がつくりあげてきた知の分類体系とは異質な原理に立つ、研究方法と理念の独自性にこそ求められるべきなのである。

    No22942
    「人間学」と「人類学」がどちらも「anthropologie」である。

    あといろんなのを調べて考えて見た。

    近代西洋の知のあり方は、科学・客観・合理・資本―主義。
    「呪術」や「妖術」、そしてそこには「超自然的存在」。
    「国家」と「民族」。
    「未開人」と「文明人」。
    「野生の思考」と「科学的思考」、ここからは人の思考には2種類あるってなった。
    あ、人類(人間)の歴史も。
    あと、「xかyか」で見るのではなく、「xとy」の「と」のなかへ、っていうのがメルポンのから見えてきた。

    だいたいこんなところかな。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24887 ] / ▼[ 24890 ]
■24889 / 77階層)   政教分離
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/16(Sat) 19:27:14)
    「政教分離」、
    コトバンクによると、いろいろ書いてあったけど、
    〔政治と宗教は分離されるべきであるという考え方。 (1) アメリカ合衆国では,憲法上の原則となっている。教会と国家の分離原則 Separation of Church and Stateともいう。‥‥〕
    って言うこと見たい。

    今回の日本の元首相銃撃事件では、マスの報道によると、犯人の動機が宗教に関係してるみたいじゃん?

    「国家」、生の人間を見ようとしてないよね。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24889 ] / ▼[ 24893 ]
■24890 / 78階層)   国葬
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/16(Sat) 19:39:00)
    ウィッキで、「国葬」を調べたら、

    〔国葬(こくそう)とは、国家に功労のあった人(君主、皇族、王族、政治家、軍人、学者、芸術家、宗教家、環境保護活動家など)の死に際し、国家の儀式として、国費をもって行われる葬儀のことである。〕
    ってあった。

    「彼は〔国家に功労のあった人〕である」と、何を基準に誰が判断するんかな?
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24890 ] / ▼[ 24895 ]
■24893 / 79階層)  Re[79]:  国葬
□投稿者/ 田秋 -(2022/07/16(Sat) 20:09:24)
    こんばんは、悪魔ちゃん

    安部さんの国葬問題は色々な意見が噴出すると思う。

    今は国葬法というものがないから基準はない。国葬を国の儀式と解釈すれば閣議決定で実施可能らしい。

    ボクが思ったのはもし安部さんが凶弾に倒れることなく人生を普通に終えたら、森友問題とかウソの国会答弁とかしてるから、国葬という話は出てこなかったんじゃないかな。内閣・自民党合同葬というのはあるね。

    凶弾に倒れたから国葬にしようという流れがあるんじゃないかな。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24893 ] / ▼[ 24896 ]
■24895 / 80階層)  Re[80]:  国葬
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/16(Sat) 20:26:28)
    ■24893 、田秋さん、
    わたしもそう思います。
    だから、
    「彼は〔国家に功労のあった人〕である」と、何を基準に誰が判断するんかな?
    って思ったのね。

    いろんな問題が顕在化してきてるんじゃないかしら?

    こういう意味で、彼、”すごいこと”をしたんだと思う。




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24895 ] / ▼[ 24905 ]
■24896 / 81階層)  Re[81]:  国葬
□投稿者/ マジカルモンキー -(2022/07/16(Sat) 21:34:12)
    2022/07/16(Sat) 21:59:25 編集(投稿者)

    悪魔ちゃんへ

    逆に、国葬じゃダメな理由ってある?
    安倍ちゃんは結構功績大きいと思うけどね。

    【 追加 】

    50年後の日本史のための国葬だろうね。
    安倍ちゃんは長期政権だったし、国際社会に名が通っているから。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24896 ] / ▼[ 24906 ]
■24905 / 82階層)  Re[82]:  国葬
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/17(Sun) 11:20:13)
    ■24896、マジモンさん、
    >逆に、国葬じゃダメな理由ってある?<
    ん〜ん、ダメ、っていうんじゃなくて〜、

    「国葬」って、
    〔国費をもって行われる葬儀〕で、〔国費〕って税金でしょ。
    ようするに、税金を払ってる人たちがあの人の葬儀代を負担する、っていうことだと思うのね。

    だから、
    「彼は〔国家に功労のあった人〕である」と、何を基準に誰が判断するんかな?
    を知りたいだけ。
[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24905 ] / ▼[ 24907 ]
■24906 / 83階層)   ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/17(Sun) 11:24:17)
    この連休は、やっぱコロナもあるし、ひきこもって、読書とタイピング。

    竹沢尚一郎著『人類学的思考の歴史』のなかで、わたしが気になったところを書き写していこうと思います。

    **********

    第7章 文化人類学の誕生――「文化」概念と文化人類学の成型 
    1合衆国人類学における文化の位置
    この章とつづく第8章では、アメリカ合衆国における文化人類学の制度化と、その後の発展および課題をとりあげていく。社会人類学を称し、フランス社会学年報派の成果を吸収しながら発展したイギリス・フランスの人類学とは異なり、合衆国の人類学は「文化」概念を中心に独自の発展を実現した。合衆国においても初期の人類は19世紀の支配的思想としての進化論的発想によって支配されていたが、1880年代以降フランツ・ボアズが「相対主義」の概念をもってこれに戦いを挑み、みずから多くの学生を育成することで、独自の人類学の形成に成功した。・・・・・

    **********

    っていうところのなかの、学生だったルース・ベネディクトのを中心に、何回かに分けて。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24906 ] / ▼[ 24913 ]
■24907 / 84階層)  Re[84]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/17(Sun) 14:01:49)
    づづきです。

    *********

    6 ベネディクトの自己形成
    ・・・・・・・
    のちにルース・ベネディクトになるルース・フルトンは、1887年にニューヨーク市で生まれている。父親は将来を嘱望された外科医であったが、ルースが生まれてまもなく手術による感染症を発病して、彼女が1歳九ヵ月のときに亡くなっている。その死に際して、母親は泣き叫びながら、赤ん坊のルースに父親のことを記憶づけるよう命じたという。これ以降、彼女はふたつの世界を生きることになる。「父の美しい死の世界と、混乱した[母]の叫喚の世界」である(Benedict 1935(1959):99)。ルースは「父の死のカルトをとりおこな」う(ibid.:98)母親を忌避し、なかば空想の世界に生きるようになっていく。幼いときに難聴になったこともあり、彼女は自分の世界に閉じこもりがちな子どもであった。ロマン主義の文学を好み、アン・イーグルトンの名で詩を書いていた彼女は、成人したのちも自分の情熱や苦悩と、社会的に付与される自我とのあいだで葛藤をつづけていた。

    奨学金を得て名門のヴァッサー女子大を卒業した彼女は、女子高校で英語の教師をつとめるうち、科学者であるスタンレー・ベネディクトと出会い、恋に落ちる。二人は1914年に結婚したが、ルースに子どもができなかったこともあり、蜜月は長くはつづかなかった。彼女は慈善事業等に参加すると同時に、詩を書きつづけ、社会的承認を得るべく伝記その他の著者を書いたが、いづれも出版されることはなかった。

    自分の道を探していたベネディクトは、1919年にニューヨークのニュースクルールで人類学の講義を受け始め、ゴールデンワイザーの勧めによって、1921年の春からコロンビア大のボアズの研究室に出入りするようになる。しかし、対人関係が不器用なベネディクトは、難聴だったこともあり、大家族のような研究室に入っていくことは困難であった。この頃のベネディクトを、ボアズの秘書はこう語っている。「打ち解けず、何か[人の]言っていることに頷いて同意を示したり、当惑して微笑んだり、控えめな態度で口数の少ない人であった」(カフリー1989(1993):147)。のちに長期にわたる同性愛の関係になるマーガレット・ミードの第一印象も、おなじようなものであった。「きれいなネズミ色の髪をきちんとピンでとめたこともない、内気で、なにをやるにもうわの空、わたしたちはそんな中年女だと彼女のことをみていた。毎日毎日やぼったい帽子をかぶり、くすんだ色のドレスを着ていた」(ミード1974(1977):11)。ベネディクトの「美しさ[は]伝説的」(ibid:11)でさえあったが、人に対して容易に心を開くタイプの人間ではなかったのである。

    コロンビア大でようやく自分にふさわしい場所を見つけたベネディクトは、おそらく必死に勉強したのであろう。1923年に博士論文を完成させている。はじめた人類学の講義に出たのが三年と少し前であったことを考えれば(しかも最初の二年間は聴講生であった)、ボアズの学生に対する評点が甘い傾向にあったとはいえ、驚くべき進歩であり精進であった。博士論文を終えた彼女は、ボアズが教えていたバーナード大で講義する一方で、1923年の夏にはセラノ会社の調査を実施し,24年と25年にズニ社会、27年にはピマ社会で調査をおこなった。とはいっても、ベネディクトのフィールドワークは夏休みの期間中におこなわれたものであり、大半は英語を話せるインフォーマントを差しむかいで記録をとるといったかたちのものであった。ベネディクトは難聴であったし、生来の人見知りもあって、フィールドワークを苦手としていた。彼女が得意としていたのは、ミードが語るつぎのような作業である。

    ルース・ベネディクトの初期の仕事は図書館資料を相手にしたものだった。滅亡した文化や消えゆかんとする文化についての、ばらばらに分散した、しかも偏った記録を整理しながら、断片をつなぎあわせ、脱落した文章を埋め、類似と一貫性を発見する、こみいった作業のすべてが彼女を魅了した。彼女はこの種の謎解きには、すっかり夢中になった。生涯を通じて彼女は、自分でフィールドワークをしたり、あるいは現存文化を研究する人類学者たちの完成された著作を読むよりも、不完全な資料から文化のイメージを作りあげる複雑な仕事のほうに大きな喜びをみいだした。(ibid.:49)

    ***********

    ルース・ベネディクトは、1887−1948だから、戦争があった時代ね。
    彼女は、アメリカ合衆国の文化人類学者のようです。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24907 ] / ▼[ 24957 ]
■24913 / 85階層)  Re[85]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/17(Sun) 17:40:56)
    つづきです

    **************

    7 「文化の総合形態」と文化研究の定式化

    1927年のピマ社会での調査の途中で、ベネディクトはズニに代表されるプエブロ諸社会の文化と、ピマをはじめとする周囲の諸社会の文化とのあいだに「もっとも峻厳な文化的断絶」(Benedict 1930(1959):260)が存在することに気がついた。後者の諸社会では幻覚剤やその効果をもつ飲料の使用が盛んであり、われを忘れた興奮と熱狂の儀礼をとりおこない、恍惚状態のなかで将来のヴィジョンを得ることに主たる関心が置かれている。ところが、それに隣接し、自然の障壁によって隔てられているわけではないプエブロの諸社会では、幻想も熱狂も幻覚剤の使用も存在しない。隣接したふたつの文化のあいだのこうした「峻厳たる断絶」をどう考えたらよいのか。それが、ベネディクトが自問したことであった。

    前々節で見たように、ボアズの関心は諸民族の文化的接触と相互影響を歴史的に再構成することにあったため、この前提にしたがうかぎり、隣接する諸社会のあいだにこれほどの文化的断絶が存在することを説明できなかった。そこでベネディクトが考えたのは、個々の文化は独自の総合形態(configuration)ないし固有のパターン(pattern)をもっており、それを基準として、外部からやってくる諸々の要素を取捨選択しているのではないかということであった。

    他の地域からの影響を描こうとする私たちの努力のすべては、ディテールの断片性を強調した。私たちは文化の縦糸や横糸の断片を発見しただけで、そのパターンにいたる有意な鍵を見つけていない。この鍵は、この論文の観点からするなら、文化が疑いなく何世紀もかけてつくりあげてきた基本的な心理セットのうちに見つけられるべきである。(ibid.:261)

    ベネディクトは学生時代に親しんでいたニーチェに倣ってプエブロの文化の「基本的な心理セット」(これはつぎの論文では「文化の総合形態」と呼ばれるようになる(Benedict 1932)を「アポロ型」、周囲の諸社会のそれを「デュオニソス型」と名づけることで、個々の文化の基本形式の差異を強調したのである。

    1920年代の後半に書かれた論文ではおずおずと提起された「文化の総合形態」、「パターン」、「心理セット」などの用語は、1934年に出版され、ベネディクトの名を一躍高めた『文化の型』においては中心的な位置を占めるにいたっている。彼女はいまや、文化が「思想と行動のともかくも一貫したパターン」であること(ベネディクト1934(1973):83)、「文化的行為の個別的分析」に終始していた従来の文化研究を、「個人の思考や情緒を条件づけている文化総合の問題」へと転換すべきこと(ibid.:85,94)、を主張するのに躊躇しない。というのも「文化はその特徴の寄せ集め以上のもの」(ibid.:84,原文を参照して訳を若干変えてある)であり、「部分の組みあわせとその相互関係が、あたらしい全体をその結果としてつく」っているのだから(ibid.:83)、文化研究をおこなうころは全体のパターンの研究、総合形態の研究でなくてはならないというのである。

    ベネディクトが打ち出したこうした文化の総合論的な見方は、なにに由来していたのだろうか。ベネディクトはみずからの視点を補強するべく、以下のものを上げている。20世紀初頭以来急速な進展を見ていたゲシュタルト心理学、歴史哲学者のウィルヘルム・ディルタイ、美学のウィルヘルム・ヴォリンガー、『西洋の没落』を書いたオスヴァルト・シュペングラー、そしてマリノフスキーなど、彼女が親しんでいたドイツ系の、とくにロマン主義的な学風をもつ学者の文献である。これらの引用について、ベネディクトの学生であったヴィクター・バーノウは、「ボアズはかなり以前からドイツの人文科学や哲学の「深遠な」直観的洞察をしりぞけていた。しかし、このおなじ怪しげな源泉の中に、いまルース・ベネディクトは霊感をみいだした」と書いて(ミード1974(1977):78に引用)、ベネディクトのオリジナルであったとする。一方ミードは、これらの参照はボアズの指示のもとにおこなわれていたとして、バーノウのことばを批判している(ibid.:78)。しかし、すべてを自分の思い通りにしなくては気がすまないミードのことであるから、割り引いて考えたほうがよいであろう。おそらくバーノウのことばが正確なのである。

    人間はだれも、世界を生まれたままの目で見てはいない。人間は習慣や制度や信じ方の、あるきめられた一組によって編集された世界を見ているのである。‥‥個人の生活史は、かれのコミュニティが伝統的に継承してきた形式と規準の、最も明白な適応である。生まれたときから、その生まれおちた場所の習慣が人間の経験や行動を形成してゆく。話ができるようになったとき、‥‥習慣のくせがかれのくせとなり、習慣の信条がかれの信条となり、習慣にとって不可能なことはかれにとっても不可能なことになる。・・・このような習慣の役割ほど、理解の必要な大切な社会的な問題にはほかに存在しない。(ベネディクト1934(1973):5−7)

    文化とはなんであり、文化によって諸個人の思考や行動がどのように規制されているかを要約して示した『文化の型』の冒頭の見事な文章である。ベネディクトの文章には、ここでの「編集された世界」や「世界を生まれたままの目で見」るという表現、さらにはニーチェからとった「アポロ型」や「デュオニソス型」(のちの「菊」と「刀」の語りもそうである)などの語に見られるように、メタファーの使用に類を見ない冴えがある。よいフィールドワーカーではなく、すぐれた理論家でもなかった彼女を人類学史において卓越させているのは、このようなレトリックの力であり、多様で混乱したデータを整序する技量であった。

    『文化の型』で彼女がとりあげたのは、彼女の調査地でもあるプエブロと、レオ・フォーチュンによるメラネシアのドブ島、ボアズによるクワキウトゥルの三つの社会であり、この三つを彼女は、プエブロは中庸を重んじるので「アポロ型」、妖術と妬みと敵対に溢れるドブをいわば「悪魔型」、恍惚となっておどりつつ食人をおこなうクワキウトゥルを「デュオニソス型」に分類している。これら三つの文化が、彼女のいうようにそれほど異なっているとすれば、読者は文化がそれぞれ異なった仕方で組織されていることを、それゆえ文化の相対性に対する理解と文化の総合論的な見方が必要なことを承認するであろう。それがベネディクトが狙っていたところであり、この本が人類学の内外で大好評をもって迎えられたことを見ても、その目論見は成功したのである。

    もっとも、この本が多くの問題を含んでいることも事実である。文化に対する異なるアプローチを採用していたボアズは、序文でこの本が「文化の全体性」に焦点を合わせていることを歓迎する一方で、「著者が主張するよううには、個々の文化が支配的性格によって特徴づけられているわけではない」と一定の留保をつけている(Benedict 1934:x)。ベネディクトのように整理したなら、多様性でときに矛盾するデータがこぼれおちていくことを危惧していたのである。その他、ベネディクトが自分の立論に合わせてデータの一部を排除していることや、文化間の差異にアクセントを置くあまり他の側面が軽視されていること、彼女の解釈があまりに主観的で実証性を欠いていること、などがあいついで批判されたのである(カフリー1989(1993):314sq)。

    なかでもおそらく一番の問題は、彼女が「パターン」といい「総合形態」といっているものが明確にされていないことであった。それは、どのようにしてかたちづけられているのか。どのようにして変化しうるのか。また、どのようにして諸個々人に作用しているのか。これらの問いは少しも明らかにされなかったのである。ベネディクトの著書は、簡潔な文体を用いて、個々の文化の差異を印象主義的に描いており、その点にこそこの本が人類学の本としては「例外的に売れた」理由があった(Modell 1983:208-218)。しかしそれは、いまの時点でいえば「文化資本主義」との批判を免れることはできない。それは、諸文化を対照させることで文化的差異を強調するあまり、それぞれの文化を均質的なものとし、内部に差異や多様性があったとしても結局は文化統合が優先し、人びとの思考と行動を超越的な仕方で律するある種の本質をもったものとして描いているからである。

    **********

    なんか、ニーチェ出てきてる。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24913 ] / ▼[ 24962 ]
■24957 / 86階層)  Re[86]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/18(Mon) 11:27:38)
    つづきです

    **********

    8 ベネディクトとマーガレット・ミード
      
    ベネディクトは『文化の型』の最終章で、合衆国の文化のある種の側面を批判している。彼女の見方によれば、合衆国の文化はとりわけエゴイズムによって特徴づけられており、文化的多様性を許容することができず、幼児期から宗教的罪悪感を植えつけようとする側面をもつなど、いくつかの問題を含むというのである(ベネディクト1934(1973):383sq)。しかし、複数の社会の民族誌にもとづきながら、文化相対主義の有効性を提示することを目的としたこの著作が、なぜ最後にこのような自分化批判をおこなっているのか。ここには、なかば偶然からベネディクトとミードがつくりだしたひとつの戦略があった。そしてそれによって、彼女らの文化人類学は、ナショナル。アイデンティティの確立が課題であった1930年代の合衆国社会の要求に応えうる学問へと変質したのである。とはいえ、成功は一般に代償を必要とする。ベネディクトとミードによってつくり変えられた人類学は、ボアズがめざした精微な科学であることを止め、文化批判の衣をまとった政治的言説へと変化していったのである。
    ・・・・
    ***********

    ミードについても書かれてあるけど、ここでは省略。


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24957 ] / ▼[ 24965 ]
■24962 / 87階層)  Re[87]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/18(Mon) 16:30:39)
    つづき

    ***********

    9 文化批判としての人類学 
    ・・・・
    やがて第二次世界大戦がはじまると、多くの人類学者に先んじて、ミードとベネディクトは合衆国軍に協力して、「国民の士気高揚を目的として設けられた」戦時情報局で働き始めた(ミード1942(1986):25)。資金も十分に与えられ、講義などの大学業務から解放されたことで、時間も自由に使うことができた。そこから生まれたのが、アメリカ人の国民的性格を分析したミードの『火薬をしめらせるな』(1942年)であり、ベネディクトによるルーマニアや日本の国民性研究であった(ベネディクトの研究対象は、ドイツも含めて画集国の敵国であったことに注意したい)。ミードはその著作のなかで臆面もなくつぎのように書いているが、彼女やベネディクトが戦後に熱を上げる「国民性研究」が、どのような観点からなされていたかを如実に示すことばである。

    わが国の軍司令官や政治家が、われわれの国民性に備わっている長所が発揮できないような国際的な脅威や対応に捲きこんだりすれば、やはりわが国は敗れてしまうだろう。勝つためには自分たちの資産の正確な目録をつくっておくことが必要である。そしてこの目録に載せるべきものは、単に銅やアルミの量、熟練工やパイロット要員の数だけではない。アメリカ人としてのわれわれ自身の性格を目録化することも、同様に重要なのである。われわれはアメリカ人としてこの戦争を戦い、勝利しなければならない。ドイツ人や日本人を性急かつ拙速(せっそく)に真似てもだめである。アメリカ人にナチの兵士の真似をさせても、本物より一段と劣ったまがいものができあがるだけでしかない。(ibid.:58)。

    ミードの関心は、そのままベネディクトの関心でもあった。戦時中には多くの日本研究や日本出身者が集められて、反日的キャンペーンの遂行や、戦後の占領政策のための参考意見の聴取がくり返された。しかし、戦時情報局が特別レポートの作成を依頼したのは、狭い専門領域を日本研究の専門家ではなく、ドイツ研究やルーマニア研究に従事していたベネディクトであった。彼女は約一年間の準備ののち、レポート『日本人の行動バターン』を1945年に提出する(ベネディクト1945(1997))。それをもとにして「できるだけヒューマンリー」(福井1997:161)に書いたのが、翌46年に出版され、彼女の業績の頂点を構成することになる『菊と刀』であった。それは合衆国のみならず、日本でも大評判となり、今日まで増刷をつづけている。と同時に、それは画集国の占領政策にも大きな影響を与えた。この作品が軍部に歓迎されたことは、主に海軍の資金を用いて、1947年にはじまる「コロンビア大現代文化研究」に総計25万ドルもの巨費が投入されたという事実が示すとおりである(ミード1974(1977):112)。

    ***********

    わたし『菊と刀』読んでない。
    でも、題名だけで魅かれるところある。

    ここ見てる人の中で『菊と刀』読んだことある人いたら挙手してもらいたいな〜


[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24962 ] / ▼[ 24969 ]
■24965 / 88階層)  Re[88]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/18(Mon) 17:49:40)
    今日中にルースのを、

    *************

    10 『菊と刀』の政治性 

    「日本人はアメリカがこれまでに国をあげて戦った敵の中で、最も気心の知れない敵であった。大国を敵とする戦いで、これほどはなはだしく異なった行動と思想の習慣を考慮の中に迫られたことは、今までにないことであった」(ベネディクト1946(1967):5)。そのように「気心の知れない」、行動パターンを読めない「敵」と戦うためには、そして勝利したあかつきにかれらを統治し、占領政策を完遂するためには、かれらの性格や行動の基礎にあるものを理解することが不可欠である(ibid.:5)。このように『菊と刀』は、政治的目的をもって書かれた文書であることをいささかも隠していない。であれば、私たちにとっての課題は、日本を一度も訪れたことのない研究者が書いた「日本論」が、どの点において正確ないし不正確かを議論することでもなければ(川島1950)、ギアツのようにこれを文化人類学の書として救いだすことでもない(ギアツ1988(1996))。私たちが問題にすべきは、文化人類学の本であることと政治的文書であることとはどのようにして両立しうるかを、その内容に沿って尋ねることでなくてはないらないのである。

    『菊と刀』は、冒頭で読者につぎのように謎を投げかける。日本人のように理解しがたい国民が他に存在するか、それほど不可解な人びとをあなたは理解できるのかと、といかけるのである。

    日本人について書かれた記述には、世界のどの国についてもかつて用いられたことのない奇怪至極な「しかしまた」の連続が見られる。まじめな観察者が日本人以外の他の国民について書く時、そしてその国民が類例のないくらい礼儀正しい国民であるという時、「しかしまた彼らは不遜で尊大である」と付け加えることはめったにない。ある国の人びとがこの上なく固陋であるという時、「しかしまた彼らはどんな新奇な事柄にも容易に順応する」と付け加えはしない。・・・ところがこれらのすべての矛盾が、日本に関する書物のたて糸と横糸になるのである。・・・日本人は最高度に、喧嘩好きであると共におとなしく、軍国主義である共に耽美的であり、不遜であると共に礼儀正しく、頑固であると共に順応性に富み、従順であると共にうるさくこづき回されることを憤り、忠実であると共に不忠実であり、勇敢であると共に臆病であり、保守的であると共に新しいものを喜んで迎え入れる。彼らは自分の行動を他人がどう思うだろうか、ということを恐ろしく気にかけると同時に、他人に自分の不行跡が知られない時には罪の誘惑にまかされる。(ベネディクト1946(1967):5−7)

    あいかわらず見事な表現である。日本人の理解不能性を最大限に引っ張ることで、読者が食いついてくることを待つ仕掛けである。ベネディクトはすでに『文化の型』のなかで、他者の文化を印象的に対比させることが、文化に対する関心を読者にかきたてうることを学んでいた。この『菊と刀』においては、対比させられているのは、謎めいた日本人の国民性と、読者にとっては既知のアメリカ人のそれである。しかもここで両者は、ベネディクトの得意とする印象主義的な記述によって、デフォルモされ、誇張された姿であらわれている。日本人とアメリカ人の教育および自己鍛錬の違いについて、ベネディクトが書き分けているところを見て見よう。

    日本では人は上手な競技者となるために自己訓練をする。そして日本人の態度は、ブリッジをする人間と同じであって、全然犠牲の意識をともなわずに訓練を受ける。むろん訓練は厳格である。がしかしそれは事柄の本質に根ざしたことであって、厳格なのが当たり前である。生まれながらの幼児は幸福であるが、「人生を味わう」能力をもたない。精神的訓練…‥を積んで始めて人は充実した生活をし、人生の「味をかみしめる」能力を獲得する。(ibid.:269)

    [アメリカでは]子供は一定の時間がくれば「寝なければならない」。しかも彼は両親のそぶりから、寝ることが一種の抑圧であることをさとる。…‥彼の母親はまた彼がどうしても食べ「なければならない」ものを定める。それはオートミールであることもあるし、ほうれんそうであるあることもあるし、パンであることもあるし、オレンジ・ジュースであることもあるが、アメリカの子供は、彼が食べ「なければならない」食べものに逆らうことを覚える。彼は「からだによい」食べものは、おいしい食べものではないときめてかかる。(ibid.:266-267)

    **********

    10は長いから、このつづきは次に、

    当時の、日本人は、アメリカ人は、っていうことなのかな。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24965 ] / ▼[ 24970 ]
■24969 / 89階層)  Re[89]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/18(Mon) 18:40:37)
    はい、
    じゃつづきで〜す。

    *************

    10 『菊と刀』の政治性 

    「日本人はアメリカがこれまでに国をあげて戦った敵の中で、最も気心の知れない敵であった。大国を敵とする戦いで、これほどはなはだしく異なった行動と思想の習慣を考慮の中に迫られたことは、今までにないことであった」(ベネディクト1946(1967):5)。そのように「気心の知れない」、行動パターンを読めない「敵」と戦うためには、そして勝利したあかつきにかれらを統治し、占領政策を完遂するためには、かれらの性格や行動の基礎にあるものを理解することが不可欠である(ibid.:5)。このように『菊と刀』は、政治的目的をもって書かれた文書であることをいささかも隠していない。であれば、私たちにとっての課題は、日本を一度も訪れたことのない研究者が書いた「日本論」が、どの点において正確ないし不正確かを議論することでもなければ(川島1950)、ギアツのようにこれを文化人類学の書として救いだすことでもない(ギアツ1988(1996))。私たちが問題にすべきは、文化人類学の本であることと政治的文書であることとはどのようにして両立しうるかを、その内容に沿って尋ねることでなくてはないらないのである。

    『菊と刀』は、冒頭で読者につぎのように謎を投げかける。日本人のように理解しがたい国民が他に存在するか、それほど不可解な人びとをあなたは理解できるのかと、といかけるのである。

    日本人について書かれた記述には、世界のどの国についてもかつて用いられたことのない奇怪至極な「しかしまた」の連続が見られる。まじめな観察者が日本人以外の他の国民について書く時、そしてその国民が類例のないくらい礼儀正しい国民であるという時、「しかしまた彼らは不遜で尊大である」と付け加えることはめったにない。ある国の人びとがこの上なく固陋であるという時、「しかしまた彼らはどんな新奇な事柄にも容易に順応する」と付け加えはしない。・・・ところがこれらのすべての矛盾が、日本に関する書物のたて糸と横糸になるのである。・・・日本人は最高度に、喧嘩好きであると共におとなしく、軍国主義である共に耽美的であり、不遜であると共に礼儀正しく、頑固であると共に順応性に富み、従順であると共にうるさくこづき回されることを憤り、忠実であると共に不忠実であり、勇敢であると共に臆病であり、保守的であると共に新しいものを喜んで迎え入れる。彼らは自分の行動を他人がどう思うだろうか、ということを恐ろしく気にかけると同時に、他人に自分の不行跡が知られない時には罪の誘惑にまかされる。(ベネディクト1946(1967):5−7)

    あいかわらず見事な表現である。日本人の理解不能性を最大限に引っ張ることで、読者が食いついてくることを待つ仕掛けである。ベネディクトはすでに『文化の型』のなかで、他者の文化を印象的に対比させることが、文化に対する関心を読者にかきたてうることを学んでいた。この『菊と刀』においては、対比させられているのは、謎めいた日本人の国民性と、読者にとっては既知のアメリカ人のそれである。しかもここで両者は、ベネディクトの得意とする印象主義的な記述によって、デフォルモされ、誇張された姿であらわれている。日本人とアメリカ人の教育および自己鍛錬の違いについて、ベネディクトが書き分けているところを見て見よう。

    日本では人は上手な競技者となるために自己訓練をする。そして日本人の態度は、ブリッジをする人間と同じであって、全然犠牲の意識をともなわずに訓練を受ける。むろん訓練は厳格である。がしかしそれは事柄の本質に根ざしたことであって、厳格なのが当たり前である。生まれながらの幼児は幸福であるが、「人生を味わう」能力をもたない。精神的訓練…‥を積んで始めて人は充実した生活をし、人生の「味をかみしめる」能力を獲得する。(ibid.:269)

    [アメリカでは]子供は一定の時間がくれば「寝なければならない」。しかも彼は両親のそぶりから、寝ることが一種の抑圧であることをさとる。…‥彼の母親はまた彼がどうしても食べ「なければならない」ものを定める。それはオートミールであることもあるし、ほうれんそうであるあることもあるし、パンであることもあるし、オレンジ・ジュースであることもあるが、アメリカの子供は、彼が食べ「なければならない」食べものに逆らうことを覚える。彼は「からだによい」食べものは、おいしい食べものではないときめてかかる。(ibid.:266-267)

    **********

    10は長いから、このつづきは後で。

    当時の、日本人は、アメリカ人は、っていうことなのかな。

[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24969 ] / 返信無し
■24970 / 90階層)  Re[90]:  ルース・ベネディクトの
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/07/18(Mon) 18:50:25)
    10 『菊と刀』の政治性
    No24965のつづきの

    ***********

    日本において合衆国においても、地域や職種によって多様な習慣と多様な教育方針とが存在するはずだが、ベネディクトはそれには一向に構わない。彼女の関心はふたつの文化を比較対照し、その差異を強調することにあるからである。彼女は『菊と刀』の全編をあげてふたつの文化を対比させていくが、最終的に彼女が引き出す差異の極地は、「恥」と「罪」の対比である。すなわち、他者の目をつねに意識しつづける日本人と、内面化させた絶対者の目を意識しつづけるアメリカ人との決定的な差異であり、これが東洋と西洋、「未開」と文明のあいだの差異へと拡大してされていくのである。

    さまざまな文化の人類学的研究において重要なことは、恥を基調とする文化と、罪を基調とする文化を区別することである。道徳の絶対的標準を説き、良心の啓発を頼みする社会は、罪の文化と定義することができる。…‥真の罪の文化が内面的な罪の自覚にもとづいて善行を行うのに対して、真の恥の文化は外面的強制力にもとづいて善行を行う。恥は他人の批判に対する反応である。人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思い込むことによって恥を感じる。いずれの場合においても、恥は強力な強制力となる。…‥日本人の生活において、恥が最高の地位を占めているということは、恥を深刻に感じる部族または国民がすべてそうであるように、各人が自己の行動に対する世評に気をくばるということを意味する。彼はただ他人がどういう判断を下すであろうか、ということを推測しさえすればよいのであって、その他人の判断を基準にして自己の行動の方針を定める。(ibid:257-259)

    罪を内面化させることのない「恥」の文化をもつ日本人(およびその他の人びと)は、おなじ文化的背景をもつ人びとのあいだでのみ闊達に振る舞うことができる。「かれら」はキリスト教の神のような絶対者も、それゆえ絶対的原則ももたず、状況に応じて振る舞い、体面のみを気にして生きているのだから、それを侵害しないように気を配りさえすれば、「私たち」が「かれら」を支配したり操作したりすることは容易である。ベネディクトは占領統治の基本として、「大すぎもせず、少なすぎもせず、…‥ちょうど適した量の、厳格さ」をもって日本人に臨むべきことをといている(ibid:348)。それはまさに、分別をわきまえた大人が、甘やかされて育ったしつけの悪い子どもに対するときの心得とほとんど変わらないものであった。

    『菊と刀』が政治的文書であるというのは、「文化人類学的理解」にもとづきながら合衆国の占領政策に提言をしているためでも、日本を非軍事化しておいた方が合衆国にとっては有利だと、その将来にわたる政策にまで踏み込んで提言しているためでもない。日本人とアメリカ人を比較対照しながら、両者のあいだに真の対話や相互批判の道を切り開こうとはせず、理解されるべき対象をそれを見下ろす理解する主体、特殊であるがゆえに操作されるべき国民と、それを統べるべき普遍的で絶対的な主体とを、無条件に分離し序列づけている点にこそ、この本が政治的文書である深い理由がある〈33〉。

    この本が書かれてすぐの1950年に『民族学研究』は特集を組み、柳田国男や津田左右吉、和辻哲郎といった錚々たるメンバーに書評を依頼している。そのうち私にとっても重要と思われるのは和辻の批判であるが、かれはベネディクトが自分の立論に都合のよいデータのみをとりあげ「反対のデータを細心に探し回るという努力」を放棄していること、そして一部の日本人の思考様式から、日本人一般のそれを引き出していることを批判している(和辻1950:285)。ここで批判された、データの反証可能性の問題、そして部分と全体の安易な同一視は、今日まで人類学に対して突きつけられている問題である。はたして今日の人類学は、それを脱却できたのか。それができないとすれば、和辻が『菊と刀』を評したように、「この書にもいろいろな価値はありましょうが、少なくとも学問的な価値だけはない」(ibid.:285)といわれてしまうのではないか。


    19世紀の末にボアズによって文化相対主義が提唱されたとき、それは「他者」を人類進化の一段階としか見なされない進化論的見方に抗して、かれらの文化の価値と独自性を承認する試みとして、きわめてヒューマニスチックな意味を有するものであった。しかし、ミードやベネディクトとともに「他者」研究が自己肯定のためにおこなわれるようになったとき、それは自己を頂点とする別の序列と排除のシステムのなかに「他者」を置き直しただけであった。そこではたしかに人類進化の階梯はとりはずされたが、一方には研究者の属する「主体的」な文化が置かれ、他方にはその研究「対象」たる「未成熟」な文化が置かれるという具合に、不均衡な力関係は温存されたままであった。文化相対主義が有効であるためには、たえざる自己の相対化と、それがもたらす自己批判にみずからをさらしつづける覚悟が必要なはずである。ボアズが具現していたその覚悟が失われたとき、異文化研究は姿をかえた「アメリカ文化論」になり下り、「他者」の理解は肥大した「自己」をやしなうための一手段にまで切り下げられたのである。
    **************
    注〈33〉
    『菊と刀』の政治性を批判するダグラス・ラミスは、ヴェトナム反戦運動に従事した活動家でもあったが、これについてつぎのように述べている。「『菊と刀』はいくつもの側面をもつ。これは米国の戦時情報局のために行った政策研究である。日本国民の振舞いをいかに予知し管理するかを示す操作のための社会科学でもある。アメリカ国民に向けて寛容の精神を説くという側面もある。日本文化の型を統一された芸術作品として描き出し、解釈をほどこす美術評論でもある。ある一定の政治制度の代価と利益とをはかる政治理論ともいえる。日本およびアジアにおけるアメリカの支配にイデオロギー的基盤を与える政治的プロパカンダ(propaganda:宣伝、宣伝運動。特に特定の思想や教義を強調した宣伝)の側面も無視できない。・・・われわれの課題にとってより重要な点・・・は、『菊と刀』においては文化の相対性という自己批判精神が完全に消えうせ、そのかわりに自信に満ちた征服者の態度つまり寛容が表面にでてきたという事実である。」(ラミス1981:148-152)。

    *************

    これで『人類学的思考』のルースの竹沢さんの物語りの一部抜粋は、
    ちょうどキリがいいところで、おしまいおしまい〜




[ 親 23336 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -