TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal 仏教について /パニチェ (22/04/10(Sun) 17:55) #22283
Nomal Re[1]: 仏教について /pipit (22/04/10(Sun) 21:22) #22296
  └Nomal Re[2]: 仏教について /田秋 (22/04/10(Sun) 21:41) #22300
    └Nomal 田秋さんへ /pipit (22/04/10(Sun) 23:05) #22308
      └Nomal 経蔵における五部 /pipit (22/04/10(Sun) 23:08) #22309
        └Nomal Re[5]: 経蔵における五部 /pipit (22/04/10(Sun) 23:09) #22310
          └Nomal Re[6]: 経蔵における五部 /pipit (22/04/10(Sun) 23:14) #22311
            └Nomal Re[7]: 経蔵における五部 /pipit (22/04/10(Sun) 23:19) #22312
              └Nomal 五部のネーミング /pipit (22/04/11(Mon) 17:04) #22326
                └Nomal Re[9]: 五部のネーミング /pipit (22/04/11(Mon) 17:17) #22327
                  ├Nomal ヲタ?知識の活用法 /pipit (22/04/11(Mon) 19:29) #22337
                  │└Nomal 略語 /pipit (22/04/11(Mon) 19:37) #22339
                  │  └Nomal 経蔵の構成 /pipit (22/04/11(Mon) 19:52) #22342
                  │    └Nomal お気軽日記 /pipit (22/04/12(Tue) 00:05) #22350
                  │      └Nomal 日記 /pipit (22/04/12(Tue) 22:26) #22387
                  │        └Nomal NO TITLE /ギアッチョ (22/04/13(Wed) 07:37) #22395
                  │          └Nomal ギアッチョさんへ /pipit (22/04/13(Wed) 08:09) #22396
                  └Nomal 経蔵の構造 /pipit (22/04/13(Wed) 13:08) #22404
                    └Nomal Re[11]: 経蔵の構造 /pipit (22/04/13(Wed) 14:09) #22405
                      └Nomal Re[12]: 経蔵の構造 /pipit (22/04/13(Wed) 14:35) #22406
                        └Nomal 日記 /pipit (22/04/13(Wed) 16:26) #22407
                          └Nomal Re[14]: 仏教について /悪魔ちゃん (22/04/13(Wed) 19:30) #22412
                            └Nomal 悪魔ちゃんへ /pipit (22/04/13(Wed) 19:35) #22413
                              └Nomal 悪魔ちゃんへ /pipit (22/04/13(Wed) 19:43) #22414
                                ├Nomal Re[17]: pipitさんへ /悪魔ちゃん (22/04/13(Wed) 20:10) #22416
                                │└Nomal 悪魔ちゃんへ /pipit (22/04/13(Wed) 20:17) #22417
                                └Nomal 悪魔ちゃんへ /pipit (22/04/13(Wed) 19:52) #22415
                                  └Nomal Re[18]: 悪魔ちゃんへ /pipit (22/04/13(Wed) 20:18) #22418
                                    └Nomal 転輪聖王 /pipit (22/04/16(Sat) 06:48) #22489
                                      └Nomal テーリーガーター /pipit (22/04/17(Sun) 07:42) #22529
                                        └Nomal Re[21]: テーリーガーター /pipit (22/04/17(Sun) 07:51) #22530
                                          └Nomal Re[22]: テーリーガーター /pipit (22/04/17(Sun) 07:52) #22531
                                            └Nomal Re[23]: テーリーガーター /pipit (22/04/17(Sun) 07:53) #22532
                                              ├Nomal Re[24]: テーリーガーター /pipit (22/04/18(Mon) 18:25) #22617
                                              │└Nomal Re[25]: テーリーガーター /pipit (22/04/18(Mon) 18:36) #22618
                                              └Nomal Re[24]: テーリーガーター /pipit (22/04/18(Mon) 18:39) #22619
                                                ├Nomal 三科 /pipit (22/04/18(Mon) 20:39) #22625
                                                │└Nomal Re[26]: 三科 /pipit (22/04/18(Mon) 20:46) #22627
                                                │  └Nomal 五蘊(ごうん) /pipit (22/04/20(Wed) 19:57) #22687
                                                │    └Nomal Re[28]: 五蘊(ごうん) /pipit (22/04/29(Fri) 19:22) #22951
                                                └Nomal Re[25]: テーリーガーター /pipit (22/04/29(Fri) 19:38) #22952
                                                  └Nomal 五蘊の喩え /pipit (22/04/30(Sat) 07:13) #22960
                                                    └Nomal Re[27]: 五蘊の喩え /pipit (22/05/01(Sun) 08:17) #22977
                                                      └Nomal Re[28]: 五蘊の喩え /つばめ (22/05/02(Mon) 19:33) #23020
                                                        └Nomal つばめさんへ /pipit (22/05/02(Mon) 20:34) #23027
                                                          └Nomal 『泡沫経』@色は泡沫 /pipit (22/05/09(Mon) 19:31) #23168
                                                            └Nomal 『泡沫経』A受は水泡 /pipit (22/05/11(Wed) 09:25) #23194
                                                              ├Nomal 五蘊(色・受・想・行・識)の中の【想】 /pipit (22/05/11(Wed) 12:17) #23196
                                                              └Nomal 『泡沫経』B想は陽炎 /pipit (22/05/11(Wed) 13:38) #23199
                                                                └Nomal 日記・写像 /pipit (22/05/11(Wed) 18:26) #23203
                                                                  └Nomal Re[34]: 日記・写像 /pipit (22/05/12(Thu) 17:19) #23206
                                                                    └Nomal Re[35]:  写像 /悪魔ちゃん (22/05/12(Thu) 20:37) #23211
                                                                      └Nomal Re[36]:  写像 /pipit (22/05/12(Thu) 20:50) #23212
                                                                        └Nomal Re[37]:  写像 /pipit (22/05/13(Fri) 07:55) #23215
                                                                          └Nomal Re[38]:  写像 /悪魔ちゃん (22/05/13(Fri) 18:41) #23221
                                                                            └Nomal Re[39]:  写像 /pipit (22/05/13(Fri) 20:17) #23222
                                                                              └Nomal 日記 /pipit (22/05/13(Fri) 20:57) #23224
                                                                                └Nomal 日記 /pipit (22/05/13(Fri) 21:19) #23225
                                                                                  └Nomal 転がるサンカーラ(行)日記 /pipit (22/05/15(Sun) 16:54) #23272
                                                                                    └Nomal Re[43]: 日記 /悪魔ちゃん (22/05/15(Sun) 17:18) #23273
                                                                                      └Nomal 悪魔ちゃんへ /pipit (22/05/15(Sun) 18:27) #23274
                                                                                        └Nomal Re[45]: pipitさんへ /悪魔ちゃん (22/05/15(Sun) 20:29) #23276
                                                                                          └Nomal 悪魔さまへ /pipit (22/05/15(Sun) 20:53) #23278
                                                                                            └Nomal 日記 /pipit (22/05/15(Sun) 21:09) #23279
                                                                                              └Nomal Re[48]: 日記 /pipit (22/05/19(Thu) 00:47) #23321
                                                                                                └Nomal 日記 /pipit (22/05/24(Tue) 07:30) #23464
                                                                                                  └Nomal C行は芭蕉 /pipit (22/05/24(Tue) 18:48) #23470
                                                                                                    └Nomal Re[51]: C行は芭蕉 /pipit (22/05/24(Tue) 23:47) #23475
                                                                                                      ├Nomal D識は幻 /pipit (22/05/26(Thu) 16:22) #23504
                                                                                                      │└Nomal Re[53]: D識は幻 /pipit (22/05/26(Thu) 16:23) #23505
                                                                                                      │  └Nomal Re[54]: D識は幻 /pipit (22/05/29(Sun) 00:11) #23572
                                                                                                      │    └Nomal 泡沫経 /pipit (22/06/01(Wed) 18:53) #23658
                                                                                                      │      └Nomal Re[56]: 泡沫経 /pipit (22/06/02(Thu) 01:02) #23664
                                                                                                      └Nomal Re[52]: C行は芭蕉 /田秋 (22/05/30(Mon) 09:01) #23603
                                                                                                        └Nomal 田秋さんへ /pipit (22/05/30(Mon) 21:23) #23613
                                                                                                          └Nomal 泡沫経 /pipit (22/06/01(Wed) 18:55) #23659
                                                                                                            └Nomal Re[55]: 泡沫経 /pipit (22/06/02(Thu) 01:07) #23665
                                                                                                              └Nomal Re[56]: 泡沫経・偈文@ /pipit (22/06/02(Thu) 01:08) #23666
                                                                                                                └Nomal Re[57]: 泡沫経・偈文A /pipit (22/06/02(Thu) 01:10) #23667
                                                                                                                  └Nomal Re[58]: 泡沫経・偈文B /pipit (22/06/02(Thu) 01:12) #23668
                                                                                                                    └Nomal Re[59]: 泡沫経・偈文C /pipit (22/06/02(Thu) 01:13) #23669
                                                                                                                      └Nomal Re[60]: 泡沫経・偈文D /pipit (22/06/02(Thu) 01:14) #23670
                                                                                                                        └Nomal Re[61]: 泡沫経・偈文E /pipit (22/06/02(Thu) 01:16) #23671
                                                                                                                          └Nomal Re[62]: 泡沫経・偈文F /pipit (22/06/02(Thu) 01:17) #23672
                                                                                                                            └Nomal 日記 /pipit (22/06/02(Thu) 01:18) #23673
                                                                                                                              └Nomal Re[64]: 日記 /ギアッチョ (22/06/02(Thu) 07:53) #23675
                                                                                                                                └Nomal ギアッチョさんへ /pipit (22/06/02(Thu) 12:39) #23676
                                                                                                                                  └Nomal 原文 /pipit (22/06/02(Thu) 17:12) #23678
                                                                                                                                    └Nomal 泡沫経 /pipit (22/06/03(Fri) 00:53) #23692
                                                                                                                                      └Nomal 十二処 /pipit (22/06/09(Thu) 21:37) #23831
                                                                                                                                        └Nomal 蜜丸経 /pipit (22/06/10(Fri) 16:43) #23845
                                                                                                                                          └Nomal Re[70]: 蜜丸経 /pipit (22/06/12(Sun) 17:25) #23881
                                                                                                                                            └Nomal Re[71]: 蜜丸経 /pipit (22/06/12(Sun) 23:51) #23887
                                                                                                                                              └Nomal 十二処 /pipit (22/06/13(Mon) 16:23) #23893
                                                                                                                                                └Nomal Re[73]: 十二処 /pipit (22/06/13(Mon) 20:55) #23898
                                                                                                                                                  └Nomal Re[74]: 十二処 /pipit (22/06/13(Mon) 23:34) #23900
                                                                                                                                                    └Nomal 日記 /pipit (22/06/13(Mon) 23:45) #23901
                                                                                                                                                      └Nomal パパンチャ日記 /pipit (22/06/14(Tue) 20:11) #23911
                                                                                                                                                        └Nomal パパンチャについて /pipit (22/06/14(Tue) 20:24) #23912
                                                                                                                                                          └Nomal 経文の英訳の日訳 /pipit (22/06/14(Tue) 20:39) #23913
                                                                                                                                                            └Nomal 蜜丸経 /pipit (22/06/14(Tue) 21:28) #23915


親記事 / ▼[ 22296 ]
■22283 / 親階層)  仏教について
□投稿者/ パニチェ -(2022/04/10(Sun) 17:55:44)
    トピ主:pipitさん


    よろしくお願いします。
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22283 ] / ▼[ 22300 ]
■22296 / 1階層)  Re[1]: 仏教について
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 21:22:47)
    パニチェさん、ありがとうございます!
    トピ作成していただきうれしいです(^O^)
    よろしくお願いします!


    ※※※※※※※※

    みなさま、こんばんは。

    pipitがここで調べていこう(ごく初歩的に)と思ってるのは、パーリ経蔵(きょうぞう)の構成について、です。

    三蔵法師という称号がありますよね。

    この三は、
    経蔵(きょうぞう)
    律蔵(りつぞう)
    論蔵(ろんぞう)

    で、例えばコトバンクの『三蔵法師』の項目には
    『経,律,論の三蔵に通達している高僧の意。』

    とありました。

    仏典にもたくさん種類があって、pipitが今回見ていくのは、
    パーリ仏典という種類の 三蔵について です。

    パーリ三蔵の中の『経蔵』の構成を調べてみよう!
    ということですね

    let's goー♪

    _φ(・_・

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22296 ] / ▼[ 22308 ]
■22300 / 2階層)  Re[2]: 仏教について
□投稿者/ 田秋 -(2022/04/10(Sun) 21:41:12)
    こんばんは、pipitさん

    三蔵法師は西遊記に於いてボクの研究範囲です(玄奘以外にも三蔵は何人もいますが)。ここがどのような展開になるのかわかりませんが、楽しみにしています!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22300 ] / ▼[ 22309 ]
■22308 / 3階層)  田秋さんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 23:05:59)
    No22300に返信(田秋さんの記事)
    > こんばんは、pipitさん
    >
    > 三蔵法師は西遊記に於いてボクの研究範囲です(玄奘以外にも三蔵は何人もいますが)。ここがどのような展開になるのかわかりませんが、楽しみにしています!

    こんばんは!

    田秋さんはいろんなことにお詳しいですね、すごいなぁ

    わたしも楽しみながら書き込みしていきますね!

    コメントありがとうございます♪
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22308 ] / ▼[ 22310 ]
■22309 / 4階層)  経蔵における五部
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 23:08:26)
    wikiに、説明ありました。文字化けする箇所は記号を除いたアルファベットに置き換えています。

    『『パーリ仏典』の経蔵は、以下の「五部」(巴: Panca Nikaya, パンチャ・ニカーヤ)によって構成される。

    * 長部(ちょうぶ、巴: Digha Nikaya, ディーガ・ニカーヤ) --- 長編経典集

    * 中部(ちゅうぶ、巴: Majjhima Nikaya, マッジマ・ニカーヤ) --- 中編経典集

    * 相応部(そうおうぶ、巴: Samyutta Nikaya, サンユッタ・ニカーヤ) --- テーマ別短編経典集

    * 増支部(ぞうしぶ、巴: Anguttara Nikaya, アングッタラ・ニカーヤ) --- 数字別短編経典集

    * 小部(しょうぶ、巴: Khuddaka Nikaya, クッダカ・ニカーヤ) --- 特異な経典集』
    引用終了

    wikiすごいな(・・;)

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22309 ] / ▼[ 22311 ]
■22310 / 5階層)  Re[5]: 経蔵における五部
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 23:09:58)
    お釈迦さまがある説法されたことを、弟子たちが「あのとき、あそこで、お釈迦さまがこんなお話しされたよね。。。」とまとめたのが 一つの経文 だとすると、

    お釈迦さまは、いろんなところで、いろんな内容で、いろんな方に向け、説明なされたので、経文がいっぱいできますよね。

    その個々の経文を、弟子のおぼうさま方は、文の特徴により五分類された、ということかなと思いました。

    経文の特徴で振り分ける。

    @長ーい説法
    A中くらいの説法
    Bテーマが明確な説法
    C数が入ってる説法
    Dその他

    みたいな感じかなととりあえず考えてみます。wikiの引用文を利用して、英訳もつけてみますね。
    ※英訳参照先:SuttaCentral
    https://suttacentral.net/
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22310 ] / ▼[ 22312 ]
■22311 / 6階層)  Re[6]: 経蔵における五部
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 23:14:06)
    ※英訳のためアクセス禁止になってるかもなので、英訳部分を削除しました。

    @ 長ーい説法経典集
    長部(ちょうぶ、巴: Digha Nikaya, ディーガ・ニカーヤ) --- 長編経典集

    A 中くらいの説法経典集
    中部(ちゅうぶ、巴: Majjhima Nikaya, マッジマ・ニカーヤ) --- 中編経典集

    B テーマが明確な説法経典集
    相応部(そうおうぶ、巴: Samyutta Nikaya, サンユッタ・ニカーヤ) --- テーマ別短編経典集

    C 数が入ってる説法経典集
    増支部(ぞうしぶ、巴: Anguttara Nikaya, アングッタラ・ニカーヤ) --- 数字別短編経典集

    D その他の経典集
    小部(しょうぶ、巴: Khuddaka Nikaya, クッダカ・ニカーヤ) --- 特異な経典集

    ※※※※※※※※※※

    これで各経典のアドレスが決まるということですね。
    例えば、私の手元に、パーリ仏典の翻訳書である
    『ブッダ神々との対話 サンユッタ・ニカーヤT 』中村元訳、岩波文庫
    がありますが、

    Bサンユッタ・ニカーヤ(相応部)におさめられている経典のどれかを訳されてるんだな、と、わかりますね (^_^)

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22311 ] / ▼[ 22326 ]
■22312 / 7階層)  Re[7]: 経蔵における五部
□投稿者/ pipit -(2022/04/10(Sun) 23:19:15)
    2022/04/10(Sun) 23:22:04 編集(投稿者)

    > これで各経典のアドレスが決まるということですね。
    例えば、私の手元に、パーリ仏典の翻訳書である
    『ブッダ神々との対話 サンユッタ・ニカーヤT 』中村元訳、岩波文庫
    がありますが、
    Bサンユッタ・ニカーヤ(相応部)におさめられている経典のどれかを訳されてるんだな、と、わかりますね (^_^)<

    そのほか、例えば、

    「中村先生翻訳の『ブッダ最後の旅』の原文は、長部経典におさめられている経典なんだって。」
    と聞くと、
    長ーーい経典なんだなー、とわかりますね (^_^)

    アドレスで、ある程度、情報が付加されてるのが面白いなと感じました。

    パソコンのフォルダを使ったファイル整理などもわたしは連想します。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22312 ] / ▼[ 22327 ]
■22326 / 8階層)  五部のネーミング
□投稿者/ pipit -(2022/04/11(Mon) 17:04:23)
    2022/04/11(Mon) 17:12:01 編集(投稿者)
    2022/04/11(Mon) 17:06:04 編集(投稿者)

    >アドレスで、ある程度、情報が付加されてるのが面白いなと感じました<

    名は体を表す!
    というか、体を表す名を付けた?


    >長部(ちょうぶ、巴: Digha Nikaya, ディーガ・ニカーヤ)<

    巴、は、パーリ語という意味ですね。

    『パーリ語辞典』水野弘元先生、春秋社で調べてみると、(記号は表記できてません)

    Digha :長い、長いもの、、、
    Nikaya:部、部派、部類、、、

    とありました

    @Aはわかりやすいですね。
    @ディーガ:長ーい
    Aマッジマ:中の、中間の、

    B テーマが明確な説法経典集
    相応部(そうおうぶ、巴: Samyutta Nikaya, サンユッタ・ニカーヤ) --- テーマ別短編経典集

    Samyutta:結合の、

    だそうです。
    多分、テーマごとにくっつけてるからかなぁ
    また構成を見ていきますね。


    C 数が入ってる説法経典集
    増支部(ぞうしぶ、巴: Anguttara Nikaya, アングッタラ・ニカーヤ) --- 数字別短編経典集

    Anguttara:

    辞書に載ってなかったので、
    wiki見てみました。載ってる!!!(◎_◎;)

    wikiより抜粋引用(記号略)
    『各経典が扱っている論題内容の数(これを「法数」と言う。)に着目して、その数ごとにまとめた短編経典集であり、その数である支(anga)が集(nipata)を重ねるごとに1つ1つ増えていくので、パーリ語で「anga(支)-uttara(上/増)」で「Anguttara」、漢訳では「増支」と訳される。』

    アンガ:支
    ウッタラ:上/増

    アングッタラ 

    D その他の経典集
    小部(しょうぶ、巴: Khuddaka Nikaya, クッダカ・ニカーヤ) --- 特異な経典集

    クッダカ:小なる、雑なる

    ※※※※※※※※※

    なるほど。
    例えるなら、
    パソコンでファイルの整理に使うフォルダ名が

    @長ーい経典群(ディーガ(長)部)
    A真ん中経典群(マッジマ(中)部)
    Bテーマ別経典群(サンユッタ(結)部)
    C数増えていく経典群(アングッタラ(増支)部)
    Dその他(クッダカ(小)部)

    の五部ということですね。

    でその五部の上位フォルダが【経蔵(スッタ・ピタカ)】

    ピタカは『籠、カゴ、蔵、』など。

    ※wikiより三蔵の構成

    律蔵(Vinaya Pitaka(ヴィナヤ・ピタカ))、

    経蔵(Sutta Pitaka(スッタ・ピタカ))、

    論蔵(Abhidhamma Pitaka(アビダンマ・ピタカ))

    の三蔵(Tipitaka(ティピタカ))』

    三は、「ティ」ですね(*^▽^*)

    三帰依は、ティサラナ だったかなー


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22326 ] / ▼[ 22337 ] ▼[ 22404 ]
■22327 / 9階層)  Re[9]: 五部のネーミング
□投稿者/ pipit -(2022/04/11(Mon) 17:17:21)
    一般的な日本語表記では、

    長部(ちょうぶ )経典・・・@長ーい経典群(ディーガ(長)部)
    中部(ちゅうぶ )経典・・・A真ん中経典群(マッジマ(中)部)
    相応部(そうおうぶ )経典・・・Bテーマ別経典群(サンユッタ(結)部)
    増支部(ぞうしぶ )経典・・・C数増えていく経典群(アングッタラ(増支)部)
    小部(しょうぶ )経典・・・Dその他(クッダカ(小)部)

    ですね。(多分)。(^◇^;)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22327 ] / ▼[ 22339 ]
■22337 / 10階層)  ヲタ?知識の活用法
□投稿者/ pipit -(2022/04/11(Mon) 19:29:39)
    2022/04/11(Mon) 19:31:30 編集(投稿者)

    さて、このような区分を知っていたら、どのような利点があるかと言うと、
    インターネットで、ある特定の経典文を探す時、ものすごく辿り着きやすいんです。
    (о´∀`о)

    パーリ経蔵五部の経典文を、たっくさーん翻訳して無料で公開してくださってる、ありがたいサイトが世界にたくさんあります。

    =================

    例えば、日本語訳では、

    『このサイトは、管理人:光明寺住職(真宗大谷派所属)による仏典翻訳のサイトです。現在はパーリ三蔵を訳しています。』
    の、【光明寺経蔵】さまのページ!!
    おおぅ、ありがたやー m(__)m

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/

    『パーリ三蔵の現代語訳
     『長部』
     『中部』
     『相応部』
     『増支部』
     「小部」(準備中)』

    とあります。
    またもう少し丁寧に見ていくつもりですが、

    パーリ経蔵って、
    もし五部をフォルダと考えると、
    そのフォルダの中にまたフォルダ分けされているんですね。

    例えば、
    『長部』フォルダの中身は、
     「戒蘊篇」
     「大篇」
     「パーティカ篇」

    の3フォルダが作ってあり、
    各フォルダにそれぞれ複数のお経がおさめられているのです。

    本当にコンピュータのファイル管理のようですよね!!

    それでですね、例えば、
    『沙門果経(しゃもんかきょう)』というお経が気になって、
    wikiで調べてみると、
    『沙門果経』(しゃもんかきょう、巴: (略)サーマンニャパラ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵長部の中に収録されている第2経』とあるので、

    【経蔵 長部 の 第2経】という情報がわかれば、

    【光明寺経蔵】さまのサイトにて
    まず『長部』をクリック

    次に、「戒蘊篇」の情報がwikiには載ってませんが、第2ということで、ここじゃない?と『「戒蘊篇」』をクリック。

    上から2番目にめでたく『沙門果経』発見!

    となります。

    =================

    英訳では、

    SuttaCentral
    https://suttacentral.net/

    や、

    Access to Insight
    https://www.accesstoinsight.org/index.html

    というサイトが有名かと思っています。

    どちらのサイトも、五部の区分けなどの基礎知識があると、すごーく、お目当ての経典が探しやすくなると思います 
    _φ(・_・ ♪

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22337 ] / ▼[ 22342 ]
■22339 / 11階層)  略語
□投稿者/ pipit -(2022/04/11(Mon) 19:37:58)
    あ!略語のこと書くの忘れてました。

    例えば、
    Access to Insight
    https://www.accesstoinsight.org/index.html には、

    『Tipitaka:
    Modern translations of more than 1,000 important suttas from the Pali canon, indexed by sutta, subject, proper name, simile, translator / DN / MN / SN / AN / KN』

    とありますが、

    DN / ディーガ・ニカーヤ/長部
    MN / マッジマ・ニカーヤ/中部
    SN / サンユッタ・ニカーヤ/相応部
    AN / アングッタラ・ニカーヤ/増支部
    KN /クッダカ・ニカーヤ/小部

    の略語として、よく見る気がpipitはします。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22339 ] / ▼[ 22350 ]
■22342 / 12階層)  経蔵の構成
□投稿者/ pipit -(2022/04/11(Mon) 19:52:54)
    さて、ここまでのことはpipitも大雑把には知っていたのですが、
    先程、フォルダの中にまたフォルダという例を出しましたが、

    そういう細かいとこは全然わかってないので、もう少ししっかり勉強していこうかな、と、思っています。

    英訳は引用自由の翻訳もたくさんあると思うので、
    ちょっと読んでみたりできたらいいなーと思っています。

    どうなっていくかわかりませんが、がんばってみます

    p(^_^)q
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22342 ] / ▼[ 22387 ]
■22350 / 13階層)  お気軽日記
□投稿者/ pipit -(2022/04/12(Tue) 00:05:11)
    短ーい英訳だったら、翻訳アプリと併用したら読めるかなー、と、
    眠い頭で、短めを適当にチョイス

    チョイス場所は、テーリーガーター(尼僧さまの詩偈集)です♪

    出たページは、https://suttacentral.net/thig1.10/en/soma?layout=plain&reference=none&notes=asterisk&highlight=false&script=latin
    ウパサマー尼様の詩偈でした。

    英訳(Translator Bhikkhu Sujato, Jessica Walton)

    “Upasama, pass over the flood,
    the sphere of death so difficult to cross.
    Carry your last body,
    having conquered Mara and his army.”

    DeepL機械翻訳

    "ウパサマー、洪水を乗り越えろ
    渡るのが困難な死の領域。
    最後の体を運ぶのだ。
    マーラとその軍勢を征服したのだから。

    =========

    おやすみなさい ☆彡


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22350 ] / ▼[ 22395 ]
■22387 / 14階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/04/12(Tue) 22:26:12)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22387 ] / ▼[ 22396 ]
■22395 / 15階層)  NO TITLE
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/04/13(Wed) 07:37:20)
    はい、おはようございます、Pipitさん。

    マジで知りたい、仏教です。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22395 ] / 返信無し
■22396 / 16階層)  ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 08:09:55)
    2022/04/13(Wed) 08:37:05 編集(投稿者)

    No22395に返信(ギアッチョさんの記事)
    > はい、おはようございます、Pipitさん。
    >
    > マジで知りたい、仏教です。

    ギアッチョさん、おはよー (^○^)

    マジで?

    私が今勉強している初期仏教の世界観は、
    ギアッチョさんの志向の正反対な気がするけど、
    正反対を突き抜けると意外な場所に出たりすることもあるのかな

    わたしのは素人仏教ヲタ書き込みなので、そう思って読んでくださいね
    m(_ _)mサキニアヤマロウ

    仏教トピでも純理トピでも、気軽に書き込んでくださいねー
    (^^)/
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22327 ] / ▼[ 22405 ]
■22404 / 10階層)  経蔵の構造
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 13:08:10)
    2022/04/13(Wed) 16:32:37 編集(投稿者)
    2022/04/13(Wed) 15:03:45 編集(投稿者)

    みなさま、こんにちは。
    さて、パーリ三蔵の一つ、『経蔵(きょうぞう)』を、大きな区分で見た時、

    @長部・ディーガニカーヤ(DN)
    A中部・マッジマニカーヤ(MN)
    B相応部・サンユッタニカーヤ(SN)
    C増支部・アングッタラニカーヤ(AN)
    D小部・クッダカニカーヤ(KN)

    でしたね。

    これをもう少しだけ詳しく、
    パソコンのファイル管理を例えとして、構造を見ていきます。

    上記五つを親フォルダ(上位フォルダ)とした時、
    それぞれの親フォルダ内に、子フォルダ(サブフォルダ)が作られてるのですね。

    例えば、
    @長部には、

    (1)戒蘊篇(かいうんへん)
    (2)大篇(だいへん)
    (3)波梨篇(はりへん)

    の三つの 子フォルダ(サブフォルダ)が設置されている ということですね。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22404 ] / ▼[ 22406 ]
■22405 / 11階層)  Re[11]: 経蔵の構造
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 14:09:20)
    2022/04/13(Wed) 17:36:32 編集(投稿者)

    驚きなのですが、wikiに各情報が載ってたので、wikiの各記述(例『長部(パーリ)』の項目、など)からコピペさせてもらって、概要を作成してみますね。
    ※パーリ語の記号は入力できていません。
    ※wikiに載ってた収納経典数を〈 〉内に記します。
    !(◎_◎;)wiki!

    ★★★経蔵(パーリ)★★★
    ===================
    @【長部・ディーガニカーヤ(DN)】〈合計34経〉

    1. 戒蘊篇(かいうんへん、Silakkhandha-vagga, シーラッカンダ・ヴァッガ)〈13経〉

    2. 大篇(だいへん、Maha-vagga, マハー・ヴァッガ)〈10経〉

    3. 波梨篇(はりへん、Pathika-vagga, パーティカ・ヴァッガ)〈11経〉

    ===================
    A【中部・マッジマニカーヤ(MN)】〈合計152経〉

    1. 根本五十経篇(こんぽんごじっきょうへん、Mula-pannasa, ムーラ・パンナーサ)〈50経〉

    2.中分五十経篇(ちゅうぶんごじっきょうへん、Majjhima-pannasa, マッジマ・パンナーサ)〈50経〉

    3. 後分五十経篇(ごぶんごじっきょうへん、Upari-pannasa, ウパリ・パンナーサ)〈52経〉
    ==================
    B【相応部・サンユッタニカーヤ(SN)】〈合計約3000経〉

    1. 有偈篇(うげへん、Sagatha-vagga, サガータ・ヴァッガ)〈271経★wikiに数が載ってなかったので、片山一良先生『パーリ仏典』p197の情報です。以下同)

    2. 因縁篇(いんねんへん、Nidana-vagga, ニダーナ・ヴァッガ)〈246経〉

    3. 蘊篇(うんへん、Khandha-vagga, カンダ・ヴァッガ)〈716経〉

    4. 六処篇(ろくしょへん、Salayatana-vagga, サラーヤタナ・ヴァッガ)〈420経〉

    5. 大篇(だいへん、Maha-vagga, マハー・ヴァッガ)〈1201経〉

    ===================
    C【増支部・アングッタラニカーヤ(AN)】
    〈合計はいろいろ難しいみたいです。片山先生『パーリ仏典入門』p222参照。以下の各経数はwikiに載っていた数です。〉

    1. 一集(Ekaka-nipata, エーカカ・ニパータ)〈611経(項目)〉

    2. 二集(Duka-nipata, ドゥカ・ニパータ)〈246経(項目)〉

    3. 三集(Tika-nipata, ティカ・ニパータ)
    〈184経(項目)〉

    4. 四集(Catukka-nipata, チャトゥッカ・ニパータ)〈783経(項目)〉

    5. 五集(Pancaka-nipata, パンチャカ・ニパータ) 〈1151経(項目)〉

    6. 六集(Chakka-nipata, チャッカ・ニパータ) 〈649経(項目)〉

    7. 七集(Sattaka-nipata, サッタカ・ニパータ) 〈1132経(項目)〉

    8.八集(Atthakadi-nipata, アッタカーディ・ニパータ) 〈626経(項目)〉

    9. 九集(Navaka-nipata, ナヴァカ・ニパータ) 〈432経(項目)〉

    10. 十集(Dasaka-nipata, ダサカ・ニパータ) 〈746経(項目)〉

    11. 十一集(Ekadasaka-nipata, エーカーダサカ・ニパータ) 〈671経(項目)〉

    ==================
    D【小部・クッダカニカーヤ(KN)】
    ★この小部だけ、下位フォルダのようなものがなく、直接、各経が入っているようです。
    wiki『小部 (パーリ)』から引用します。

    『他の「部」(nikaya, ニカーヤ)に振り分けることができない、特異な経典をまとめた「残余」の領域である。冒頭の『小誦経』(しょうじゅきょう、Khuddaka-patha, クッダカ・パータ)に因んで、「小部」(しょうぶ、Khuddaka Nikaya, クッダカ・ニカーヤ)と名付けられている。
    名前とは裏腹に、文量は決して小さいわけではなく、むしろ『本生経』(ジャータカ)や『譬喩経』(Apadana, アパダーナ)を中心に、膨大な文量を誇り、「五部」(Panca Nikaya, パンチャ・ニカーヤ)の中でも圧倒的に多い。例えば、大蔵出版の『南伝大蔵経』では、「長部」が全3巻、「中部」が全4巻、「相応部」が全6巻、「増支部」が全7巻なのに対して、「小部」には全22巻[1]を費やしている。』

    おさめられている経典名もwikiから引用します。
    有名な『ダンマパダ』、『スッタニパータ』、そして長老や長老尼の詩偈集『テーラーガーター』『テーリーガーター』などの名前もありますね
    (*^◯^*)♪

    『以下の18経で構成されるが、下の3つは蔵外扱いになることも多い
    * 1. 『小誦経』(しょうじゅきょう、Khuddaka-patha, クッダカ・パータ)
    * 2. 『法句経』(ほっくぎょう、Dhammapada, ダンマパダ)
    * 3. 『自説経』(じせつきょう、Udana, ウダーナ)
    * 4. 『如是語経』(にょぜごきょう、Itivuttaka, イティヴッタカ)
    * 5. 『経集』(きょうしゅう、Sutta-nipata, スッタニパータ)
    * 6. 『天宮事経』(てんぐうじきょう、Vimana-vatthu, ヴィマーナヴァットゥ)
    * 7. 『餓鬼事経』(がきじきょう、Peta-vatthu, ペータヴァットゥ)
    * 8. 『長老偈経』(ちょうろうげきょう、Thera-gatha, テーラガーター)
    * 9. 『長老尼偈経』(ちょうろうにげきょう、Theri-gatha, テーリーガーター)
    * 10. 『譬喩経』(ひゆきょう、Apadana, アパダーナ)
    * 11. 『仏種姓経』(ぶっしゅしょうきょう、Buddha-vamsa, ブッダ・ヴァンサ)
    * 12. 『所行蔵経』(しょぎょうぞうきょう、Cariya-pitaka, チャリヤー・ピタカ)
    * 13. 『本生経』(ほんしょうきょう、Jataka, ジャータカ)
    * 14. 『義釈』(ぎしゃく、Niddesa, ニッデーサ)
    * 14-1. 『大義釈』(だいぎしゃく、Maha-niddesa, マハー・ニッデーサ)
    * 14-2. 『小義釈』(しょうぎしゃく、Cula-niddesa, チューラ・ニッデーサ)
    * 15. 『無礙解道』(むげげどう、Patisambhida-magga, パティサンビダー・マッガ)
    ---
    * 16. 『導論』(どうろん、 Nettipakarana, ネッティパカラナ)
    * 17. 『蔵釈』(ぞうしゃく、Petakopadesa, ペータコーパデーサ)
    * 18. 『弥蘭王問経』(みらんおうもんきょう、Milinda-panha, ミリンダ・パンハ, 「ミリンダ王の問い」)』

    =============

    おぉ、wikiのおかげで、大まかな構成がもう入力できた!
    wikiライターさん、感謝ー(^人^)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22405 ] / ▼[ 22407 ]
■22406 / 12階層)  Re[12]: 経蔵の構造
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 14:35:22)
    2022/04/13(Wed) 15:01:56 編集(投稿者)

    No22405の区分を把握していると、例えば以下のページでパーリ仏典としては有名なダンマパダの英訳を探すには、


    No22339
    > Access to Insight
    > https://www.accesstoinsight.org/index.html には、
    >
    > 『Tipitaka:
    > Modern translations of more than 1,000 important suttas from the Pali canon, indexed by sutta, subject, proper name, simile, translator / DN / MN / SN / AN / KN』
    >
    > DN / ディーガ・ニカーヤ/長部
    > MN / マッジマ・ニカーヤ/中部
    > SN / サンユッタ・ニカーヤ/相応部
    > AN / アングッタラ・ニカーヤ/増支部
    > KN /クッダカ・ニカーヤ/小部<

    ダンマパダは、五部5番目の部・小部の2番目だから、

    ↑のページで五部の5番目『KN』をクリックして、出てきた画面で『Dhp』をクリックすれば、英訳につながるページに行けますね。

    Dhpは、Dhammapada の略語ですね。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22406 ] / ▼[ 22412 ]
■22407 / 13階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 16:26:52)
    wikiさまのおかげで、101までかかると思ってた、パーリ経蔵の大まかな構造探索が終わってしまいました
    (・・;)

    もっと細かく見れるのですが、
    見てもいいかなともおもうのですが、、、

    個人的興味として、初期仏教的認識論にも興味あるので、そちらを調べてみようかな。
    でも、ほんとーに初歩的な勉強になると思います。
    m(_ _)m

    どうなるかわからないけど、勉強続けます!
    ヽ(・∀・)

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22407 ] / ▼[ 22413 ]
■22412 / 14階層)  Re[14]: 仏教について
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/04/13(Wed) 19:30:02)
    pipitさまが何言いたいのか、わたし、じぇんじぇんわかんな〜い。

    タイトルは「仏教について」よね。

    わたしの高校時代の参考書では、
    「仏」はゴータマシッダルタっていう一人の人間が言っていた(書物にじゃなくて)、だから、「仏教」っていうのは〈彼の教え〉としかわたし見てないのね。

    >ほんとーに初歩的な勉強<これってわたしにとって重要なところ。

    >パーリ経蔵<の初歩的(始まり)はゴータマシッダルタの教え、って言うことでいいのかしら?
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22412 ] / ▼[ 22414 ]
■22413 / 15階層)  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 19:35:02)
    No22412に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > pipitさまが何言いたいのか、わたし、じぇんじぇんわかんな〜い。
    >
    > タイトルは「仏教について」よね。
    >
    > わたしの高校時代の参考書では、
    > 「仏」はゴータマシッダルタっていう一人の人間が言っていた(書物にじゃなくて)、だから、「仏教」っていうのは〈彼の教え〉としかわたし見てないのね。<

    悪魔ちゃん、こんにちは!

    私も、ゴータマシッダルタブッダの説いた教えと思ってるよ
    (^_^)

    > >ほんとーに初歩的な勉強<これってわたしにとって重要なところ。
    >
    > >パーリ経蔵<の初歩的(始まり)はゴータマシッダルタの教え、って言うことでいいのかしら?<

    うん、pipitはそのように思ってるけど、
    仏教に詳しい方がどう思われてるのか、pipitにはわからないね。
    仏教徒でも、1人1人違うかもしれないしね。




[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22413 ] / ▼[ 22416 ] ▼[ 22415 ]
■22414 / 16階層)   悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 19:43:06)
    2022/04/13(Wed) 19:54:55 編集(投稿者)
    2022/04/13(Wed) 19:44:54 編集(投稿者)

    ↓このページ、経蔵の英訳のページなんだ。(経蔵の他の、律蔵や論蔵も訳されてるよ!)

    https://suttacentral.net/

    このサイトでは、経蔵のことは、
    『Basket of Discourses』
    と訳しているね。

    それで、経蔵にまつわるエッセイとして、

    『Discourses: conversations with the Buddha』

    とあるよね。

    DeepL翻訳にかけると、
    『ディコース:仏陀との会話』
    と出たよ。

    pipitが思うに、経蔵というのは、
    『ディコース:仏陀との会話』集
    だと思ってるんだよ。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22414 ] / ▼[ 22417 ]
■22416 / 17階層)  Re[17]: pipitさんへ
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/04/13(Wed) 20:10:42)
    ■22413、
    >パーリ経蔵<の初歩的(始まり)はゴータマシッダルタの教え、って言うことでいいのかしら?<
    >うん、pipitはそのように思ってるけど<
    了解で〜す。

    ってすると、
    >仏教徒でも、1人1人違うかもしれないしね<
    わたしもそう思ってるよ。
    言い方を変えると、pipitさまはブッダの教えをとう思ってるのか、っていうこと。
    ほら、1人1人違うかもしれないし、でしょ?
    わたしが知りたいのはこういうの。

    前に、pipitさま、まず理解してから、みたいなこといってた気がするけど?
    oipitさまにとって、「理解できた」っていうの、どういう状態なら、その理解が真なる判断だとしてるのかしら?

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22416 ] / 返信無し
■22417 / 18階層)  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 20:17:13)
    No22416
    > 前に、pipitさま、まず理解してから、みたいなこといってた気がするけど?
    > oipitさまにとって、「理解できた」っていうの、どういう状態なら、その理解が真なる判断だとしてるのかしら?
    >

    今の出てくる気持ちで書くね。

    例えば、『水泳の本』があって、その本文で言いたいだろうことを理解する段階と、実際に泳いでみて書いてあることが心身共に?わかる段階って、区切ること可能かと思ってるんだけど、

    どちらの段階でも、理解した、とは言えるのかな、
    でも、体得して理解した、の方が、本物かな、と、思ってるよー

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22414 ] / ▼[ 22418 ]
■22415 / 17階層)  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 19:52:08)
    経典情報が細かすぎて、そういう情報に興味ない人には、???な書き込み、だよね、多分
    (^◇^;)

    ここから、経文もほんのちょっとご紹介しながら、wikiのコピペを引用しようと考えてたけど、
    もし、悪魔ちゃんが、原典にあるのかとか興味出た時は、言ってくれれば、調べられることは調べてみるので、遠慮なく言ってね!

    感想を教えてくれて、ありがとう 
    (^O^)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22415 ] / ▼[ 22489 ]
■22418 / 18階層)  Re[18]: 悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/04/13(Wed) 20:18:04)
    家事してくるねー ヽ(・∀・)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22418 ] / ▼[ 22529 ]
■22489 / 19階層)  転輪聖王
□投稿者/ pipit -(2022/04/16(Sat) 06:48:40)
    みのりさんのトピのNo22488で、転輪聖王のことに触れたので、wikiの一部分をコピペさせていただきます。

    wiki『転輪聖王』より一部分抜粋
    『仏典の記述によれば、転輪聖王の概念とは大雑把に以下のようなものであった。

    世界は繁栄と衰退の循環を繰り返し、繁栄の時には人間の寿命は8万年であるが、人間の徳が失われるにつれて寿命は短くなり、全ての善が失われた暗黒の時代には10年となる。その後、人間の徳は回復し、再び8万年の寿命がある繁栄の時代を迎える。転輪聖王が出るのはこの繁栄の時代であり、彼は前世における善行の結果転輪聖王として現れる。仏陀と同じ32の瑞相を持ち、4つの海に至るまでの大地を武力を用いる事無く、法の力を持って征服する。

    転輪聖王には金輪王、銀輪王、銅輪王、鉄輪王の4種類がある。鉄輪王は鉄の輪宝を持ち、(古代インドの世界観で地球上に4つあるとされた大陸のうち)1つの大陸を支配する。同様に銅輪王は銅の輪宝を持ち、2つの大陸を、銀輪王は銀の輪宝を持ち、3つの大陸を支配する。そして最上の転輪聖王である金輪王は、金の輪宝を持ち、4つの大陸全てを支配するという。

    また、法(ダルマ)に則った統治を強調するものとして、「輪王はまさに法に依り、法を敬い、法を重んじ、法を尊び、法を幡とし、法を旗印とし、法を第一としてクシャトリヤたち、家臣達、軍隊、バラモン・ガハパティ達、市民、地方民、シャモン・バラモン達、獣類、鳥類に対し、法にかなった守護、庇護、保護を加える。」とする記述もある。

    転輪聖王は、寿命の尽きる前に、王宮の上の輪宝が離れ去るのを見て、王子に位を譲り、出家する。出家の7日後に輪宝は忽然と消えてしまう。新王がこれを元の王である父に問うと、父は輪宝が父祖伝来の物ではなく、王自身の功徳によって齎されるものであると説く。これを新王が聞き入れて法に則った統治を行うと、満月の夜に再び輪宝が空中に現れるのだという。

    転輪聖王が出家せずに王位にあるまま死んだ場合には、その遺体は大衆の手で仏陀の遺体と同じように丁重に扱われ、遺骨は大塔に収められる。

    この転輪聖王の時代が終わると、再び世は暗黒の時代へと移行していくという。』


    お仕事いってきまーす (^○^)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22489 ] / ▼[ 22530 ]
■22529 / 20階層)  テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/17(Sun) 07:42:28)
    2022/04/17(Sun) 07:43:31 編集(投稿者)

    パーリ仏典> 経蔵 (パーリ)> 小部 (パーリ)> テーリーガーター

    なんてことでしょう
    wiki情報には、パーリ経典の階層管理情報まで載っているではありませんか
    !(◎_◎;)

    聖なるヲタ様がおられるのでしょうか。。。

    私の大好きな経典『テーリーガーター』のご紹介をwikiから抜粋引用させていただきます。
    『『テーリーガーター』(パーリ語:Therigatha)は、パーリ語経典経蔵小部に収録された上座部仏教経典の一つで、全16篇での構成。
    テーリーは「長老尼」、ガーターは「偈頌」(げじゅ)を意味し、あわせ「長老尼偈経」漢訳もされている。』

    中村元先生が訳されて岩波文庫から発刊されていますね。
    『『尼僧の告白 テーリーガーター』(中村元訳著、岩波文庫、1982年)』

    ちなみに、男性の長老方の詩偈集、
    テーラーガーター も 中村先生が訳されて発刊されています。
    『仏弟子の告白 テーラガーター』(中村元訳著、岩波文庫、1982年)』

    こちらもめちゃかっこよいですよー(※pipit的感想です)

    ※※※※※※※※※
     
    初期仏教的認識論についてお勉強したいなと思ってるのですが、きっかけとして、テーリーガーターの詩偈から、辿って調べてみようかな、と、思いつきまして。

    let's go _φ(・_・ タドレルカナ?
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22529 ] / ▼[ 22531 ]
■22530 / 21階層)  Re[21]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/17(Sun) 07:51:56)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22530 ] / ▼[ 22532 ]
■22531 / 22階層)  Re[22]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/17(Sun) 07:52:26)
    英訳のpipit的日訳(誤訳してたらすみませんm(_ _)m)

    Uttama
    ウッタマー長老尼の詩偈

    Four or five times
    I left my dwelling.

    四度、五度と
    私は精舎から抜け出しました。

    I had failed to find peace of heart,
    or any control over my mind.

    心に平安を見つけることも、
    心をコントロールすることも出来ませんでした。

    I approached a nun
    in whom I had faith.

    私は信頼していた尼様を訪ねました。

    She taught me the Dhamma:
    the aggregates, sense fields, and elements.

    彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。

    When I had heard her teaching,
    in accordance with her instructions,
    I sat cross-legged for seven days without moving,
    given over to rapture and bliss.

    彼女の教えを聞き、指導に従い、
    七日間動くことなしに足を組み坐りました
    歓喜と至福に包まれて。

    On the eighth day I stretched out my feet,
    having shattered the mass of darkness.

    八日目に私は足を伸ばしました。
    暗黒の塊を打ち砕きました。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22531 ] / ▼[ 22617 ] ▼[ 22619 ]
■22532 / 23階層)  Re[23]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/17(Sun) 07:53:31)
    No22531

    >彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。<

    この項目に出てくる用語を調べることから始めようかなと思っています。
    まず、原語がどうなってるかを調べてみますね!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22532 ] / ▼[ 22618 ]
■22617 / 24階層)  Re[24]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/18(Mon) 18:25:05)
    2022/04/18(Mon) 18:27:35 編集(投稿者)

    No22532に返信(pipitさんの記事)
    > No22531
    >
    > >彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    > 集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。<
    >
    > この項目に出てくる用語を調べることから始めようかなと思っています。
    > まず、原語がどうなってるかを調べてみますね!

    みなさま、こんばんは。

    この部分は、

    Sa me dhammamadesesi, khandhayatanadhatuyo

    でした。

    https://suttacentral.net/thig3.2/pli/ms?layout=plain&reference=none&notes=asterisk&highlight=false&script=latin

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22617 ] / 返信無し
■22618 / 25階層)  Re[25]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/18(Mon) 18:36:04)
    No22617

    khandhayatanadhatuyo

    は、複合語になってるようで、検索したら光明寺さまが訳された別の経典文が表示されました。

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/snsgv/sn08/sn08c12.htm
    「ヴァンギーサ経」(『相応部』8-12)

    この経典文での光明寺さんの解説を見ると、

    khandhayatanadhatuyo
    が三分割されて、
    [khandhe ayatanani dhatuyo]
    とされてそれぞれの意味は

    khandhe 蘊、肩
    ayatanani 処、入処
    dhatuyo 界、要素

    とありました。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22532 ] / ▼[ 22625 ] ▼[ 22952 ]
■22619 / 24階層)  Re[24]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/18(Mon) 18:39:27)
    2022/04/18(Mon) 18:45:09 編集(投稿者)

    というわけで、


    No22532に返信(pipitさんの記事)
    > No22531
    >
    > >彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    > 集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。<

    尼様がウッタマー長老尼さまに説いてくださった法は、

    集合体→ khandhe 蘊、

    感覚の領域→ ayatanani 処、

    要素→ dhatuyo 界、

    ですね。
    これらについてまた調べていこうと思います。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22619 ] / ▼[ 22627 ]
■22625 / 25階層)  三科
□投稿者/ pipit -(2022/04/18(Mon) 20:39:45)
    2022/04/18(Mon) 20:42:39 編集(投稿者)
    2022/04/18(Mon) 20:40:39 編集(投稿者)

    『三科』(さんか)
    という言葉を私は知らなかったのですが、薀を検索してて、wikiの三科の項目にたどり着きました。

    wikiより抜粋引用
    『三科(さんか)とは部派仏教における、世界を在らしめる『一切法』を分類した三範疇、五蘊(五陰)・十二処・十八界をいう。蘊・処・界、または陰・界・入と略すこともある[2]。また、六根・六境・六識の三範疇をいうこともある。』

    ★ 蘊・処・界、(略)と略すこともある。

    『一切法』を分類した三範疇、五蘊(五陰)・十二処・十八界

    多分これですよね。

    @五蘊
    A十二処
    B十八界

    この三科(三範疇)についてみていこうと思います。

    ちなみに、範疇って、どんな意味?

    コトバンクさんの『範疇』より
    『範疇はんちゅうcategory 英語Kategorie ドイツ語&categorie フランス語
    最高類を意味する。ギリシア語のカテゴレインkategoreinに由来するカテゴリーの訳語。もとは裁判上訴訟を意味していて、特殊な事件を一般的法律に照らして判決を下すことであるが、一つの概念をより普遍的概念の下に包摂することを意味するようになり、しだいに、他を包摂するのみで、けっして自己は他によって包摂されない最普遍的概念を示す語となった。
     ただしその性格、内容は、哲学史上多岐にわたり一義的に定めることはできない。アリストテレスによると、範疇を最初に示したのはピタゴラスの徒で、有限と無限、奇と偶、一と多、右と左、男と女、静と動、直と曲、明と暗、善と悪、正方形と長方形、の十対(つい)をあげた。さらにプラトンが、有とか同とかいくつかの概念をあげたが、やがて当のアリストテレスが詳しく範疇論を展開する。すなわち、その著『オルガノン』のなかで、実体の概念と、分量、性質、関係、場所、時間、位置、状態、能動、受動、の九つの最普遍的術語概念をあげ、これらが、あらゆる存在者がその下に包摂される最高の類であると規定した。のちストア学派がこれを四つに縮小したが、近代以前における範疇概念は、基本的にはアリストテレスのそれに基づいていたといってよい。
     近代に入って、これをまったく新しい観点からとらえ直したのはカントであった。彼は経験的世界について、本有(ほんゆう)観念によらずに普遍的認識が成立すると確信し、これを基礎づけるために、主観が対象を構成するという、いわゆる認識論的主観主義の立場をとった。そのために、主観のうちに、思惟(しい)および直観の先天的形式を措定(そてい)したのである。直観の先天的形式が空間と時間であり、悟性の先天的形式がすなわち範疇である。それゆえ、アリストテレスも含めて、それまでの範疇概念が、いずれも存在論的な意味を強く有していたのに対し、カントのそれは、完全に論理学的――ただし先験的な――概念となった。さらに、アリストテレスの範疇はみな偶然的に集められたものである、といい、形式論理学における判断表に基づいて、4種12目の範疇を次のように決めた。〔1〕分量(単一性、数多性、総体性)、〔2〕性質(実在性、否定性、制限性)、〔3〕関係(内属性と自存性、原因性と依存性、相互性)、〔4〕様相(可能性―不可能性、現存在―非存在、必然性―偶然性)。
     しかしカントの考え方にもまた異論が多く、フィヒテからヘーゲルに至るドイツ観念論の人たちは、範疇をふたたび形而上(けいじじょう)学的な存在形式の概念に戻していく。新カント学派は、それをまたもや先験的哲学における概念として復権させ、諸科学の先天的基礎としての意味を与えた。
    [武村泰男]』



[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22625 ] / ▼[ 22687 ]
■22627 / 26階層)  Re[26]: 三科
□投稿者/ pipit -(2022/04/18(Mon) 20:46:32)
    初期仏教の認識論を知りたいと思って、
    法について辿ろうと思って調べ出したけど、

    存在論になるのかな?

    それとも、やっぱり認識論?

    認識と存在の不可分さ?

    いろいろ哲学的なのかな?ややこしいのかな?

    どうなるかわかりませんが、調べてみます
    (^O^)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22627 ] / ▼[ 22951 ]
■22687 / 27階層)  五蘊(ごうん)
□投稿者/ pipit -(2022/04/20(Wed) 19:57:56)
    2022/04/20(Wed) 20:11:48 編集(投稿者)

    みなさま、こんばんは。

    No22531
    > 彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。<

    さて、まず
    @集合体(蘊)についてを調べました。
    パーリ語の原語は【khandha】

    wikiより
    『蘊(梵: skandha[5][スカンダ]、巴: khandha[6] [カンダ])とは集まり[4]、同類のものの集積[7]を意味する。  (略)

    人間の肉体と精神を5つの集まりに分けて示したもの。色・受・想・行・識(しき・じゅ・そう・ぎょう・しき)の5種である
    (略)』

    =============
    光明寺経蔵さまのサイトのおかげで『蘊経』というお経を見つけることができました。(ありがたいです!)

    【蘊経】『相応部』22-48

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/snkv/sn22/sn22c043.htm

    このページから『次へ』を押していくと、
    蘊経が出てきます。

    英訳はこちら。

    ★ Bhikkhu Sujatoさま訳
    * Linked Discourses 22.48
    Aggregates

    https://suttacentral.net/sn22.48/en/sujato?layout=plain&reference=none&notes=asterisk&highlight=false&script=latin

    ★ Bhikkhu Bodhiさま訳
    * Connected Discourses on the Aggregates
    22.48. Aggregates

    https://suttacentral.net/sn22.48/en/bodhi?reference=none&highlight=false

    =============
    Bhikkhu Bodhiさまの英訳をコピペします。

    At Savatthi. “Bhikkhus, I will teach you the five aggregates and the five aggregates subject to clinging. Listen to that….
    “And what, bhikkhus, are the five aggregates? Whatever kind of form there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: this is called the form aggregate. Whatever kind of feeling there is … this is called the feeling aggregate. Whatever kind of perception there is … this is called the perception aggregate. Whatever kind of volitional formations there are … these are called the volitional formations aggregate. Whatever kind of consciousness there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: this is called the consciousness aggregate. These, bhikkhus, are called the five aggregates.
    “And what, bhikkhus, are the five aggregates subject to clinging? Whatever kind of form there is, whether past, future, or present … far or near, that is tainted, that can be clung to: this is called the form aggregate subject to clinging. Whatever kind of feeling there is … that is tainted, that can be clung to: this is called the feeling aggregate subject to clinging. Whatever kind of perception there is … that is tainted, that can be clung to: this is called the perception aggregate subject to clinging. Whatever kind of volitional formations there are … that are tainted, that can be clung to: these are called the volitional formations aggregate subject to clinging. Whatever kind of consciousness there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near, that is tainted, that can be clung to: this is called the consciousness aggregate subject to clinging. These, bhikkhus, are called the five aggregates subject to clinging.”

    この英訳を見てみようと思っています。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22687 ] / 返信無し
■22951 / 28階層)  Re[28]: 五蘊(ごうん)
□投稿者/ pipit -(2022/04/29(Fri) 19:22:53)
    2022/04/29(Fri) 19:44:32 編集(投稿者)

    みなさま、こんばんは(^ ^)

    No22687で引用した英訳を日訳してみました。

    【蘊経】『相応部』22-48

    【英訳】Bhikkhu Bodhiさま訳
    * Connected Discourses on the Aggregates
    22.48. Aggregates

    https://suttacentral.net/sn22.48/en/bodhi?reference=none&highlight=false

    ↓日本語訳部分は、
    原文の英訳のpipitによる日訳。m(_ _)m


    At Savatthi. “Bhikkhus, I will teach you the five aggregates and the five aggregates subject to clinging. Listen to that….

    サーヴァティ(街名)にて。

    「比丘(びく・修行僧)たちよ、
    @五蘊(ごうん・the five aggregates)と、
    A五取蘊(ごしゅうん・the five aggregates subject to clinging)
    について、あなたたちに説きましょう。
    お聞きなさい、、、」


    “And what, bhikkhus, are the five aggregates? Whatever kind of form there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: this is called the form aggregate.

    「@五蘊(the five aggregates)とはなんでしょうか?

    どのような形であれーー過去のものでも、未来のものでも、現在のものでも、
    内部の形でも、外部の形でも、
    大きいものでも、微細なものでも、
    品質の悪いものでも、品質の良いものでも、
    遠くにあるものでも、近くにあるものでもーー形あるものの集まり、これが色蘊(しきうん)と呼ばれます。」


    Whatever kind of feeling there is … this is called the feeling aggregate.

    「どのような感覚であれ、、、感覚の集まり、これが受蘊(じゅうん)と呼ばれます。」

    Whatever kind of perception there is … this is called the perception aggregate.

    「どのような認知であれ、、、認知の集まり、これが想蘊(そううん)と呼ばれます。」

    Whatever kind of volitional formations there are … these are called the volitional formations aggregate.

    「どのような意思による形成であれ、、、意思による形成の集まり、これが行蘊(ぎょううん)と呼ばれます。

    Whatever kind of consciousness there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: this is called the consciousness aggregate.

    「どのような意識であれーー過去のものでも、未来のものでも、現在のものでも、
    内部の意識でも、外部の意識でも、
    大きいものでも、微細なものでも、
    品質の悪いものでも、品質の良いものでも、
    遠くにあるものでも、近くにあるものでもーー意識の集まり、これが識蘊(しきうん)と呼ばれます。」

    These, bhikkhus, are called the five aggregates.

    修行僧たちよ、これらが@五蘊(the five aggregates:五つの集まり)と呼ばれます。」

    “And what, bhikkhus, are the five aggregates subject to clinging?

    「では修行僧たちよ、A五取蘊( the five aggregates subject to clinging)とは何であろうか?」

    Whatever kind of form there is, whether past, future, or present … far or near, that is tainted, that can be clung to: this is called the form aggregate subject to clinging.

    「どのような(汚染され、執着されることができる)形であれーー過去のものでも、未来のものでも、現在のものでも、
    内部の形でも、外部の形でも、
    大きいものでも、微細なものでも、
    品質の悪いものでも、品質の良いものでも、
    遠くにあるものでも、近くにあるものでもーー汚染され、執着されることができる形の集まり、これが色取蘊(the form aggregate subject to clinging:執着の対象となる形の集まり)と呼ばれます。」

    Whatever kind of feeling there is … that is tainted, that can be clung to: this is called the feeling aggregate subject to clinging.

    「どのような(汚染され、執着されることができる)感覚であれ、、、汚染され、執着されることができる感覚の集まり、これが受取蘊(the feeling aggregate subject to clinging:執着の対象となる感覚の集まり)と呼ばれます。」

    Whatever kind of perception there is … that is tainted, that can be clung to: this is called the perception aggregate subject to clinging.

    「どのような(汚染され、執着されることができる)認知であれ、、、汚染され、執着されることができる感覚の集まり、これが受取蘊(the feeling aggregate subject to clinging:執着の対象となる認知の集まり)と呼ばれます。」

    Whatever kind of volitional formations there are … that are tainted, that can be clung to: these are called the volitional formations aggregate subject to clinging.

    「どのような(汚染され、執着されることができる)意思による形成であれ、、、汚染され、執着されることができる意志による形成の集まり、これが行取蘊(the volitional formations aggregate subject to clinging:執着の対象となる意志による形成の集まり)と呼ばれます。」

    Whatever kind of consciousness there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near, that is tainted, that can be clung to: this is called the consciousness aggregate subject to clinging.

    「どのような(汚染され、執着されることができる)意識であれ、、、汚染され、執着されることができる意識の集まり、これが識取蘊(the consciousness aggregate subject to clinging:執着の対象となる意識の集まり)と呼ばれます。


    These, bhikkhus, are called the five aggregates subject to clinging.”

    「修行僧たちよ、これらが五取蘊(the five aggregates subject to clinging)と呼ばれます。」

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22619 ] / ▼[ 22960 ]
■22952 / 25階層)  Re[25]: テーリーガーター
□投稿者/ pipit -(2022/04/29(Fri) 19:38:37)
    No22619に返信(pipitさんの記事)
    > 2022/04/18(Mon) 18:45:09 編集(投稿者)
    >
    > というわけで、
    >
    >
    > ■No22532に返信(pipitさんの記事)
    >>No22531
    >>
    >>>彼女はわたしにダンマ(法)を教えてくださりました。
    >>集合体(薀)について、感覚の領域について、要素について。<
    >
    > 尼様がウッタマー長老尼さまに説いてくださった法は、
    >
    > 集合体→ khandhe 蘊、
    >
    > 感覚の領域→ ayatanani 処、
    >
    > 要素→ dhatuyo 界、
    >
    > ですね。
    > これらについてまた調べていこうと思います。

    さて、とりあえず、
    【集合体→ khandhe 蘊、】
    の概念の大枠を見ました。
    五蘊と五取蘊の違いも見ました。

    Bhikkhu Bodhiさまの五取蘊の英訳が、the five aggregates subject to clinging となってて、subject という語が入ってくるのも個人的におもしろいなと思いました。
    ※五蘊はthe five aggregates

    深堀すれば底なし?底あり?どうなのかな??ですが、とりあえず、次の

    【 感覚の領域→ ayatanani 処、】

    についてに進んでみようかな。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22952 ] / ▼[ 22977 ]
■22960 / 26階層)  五蘊の喩え
□投稿者/ pipit -(2022/04/30(Sat) 07:13:54)
    【感覚の領域→ ayatanani 処、】に進む前に、初期仏教界ではけっこう有名かも?の五蘊についての文言がフワフワと頭に浮かんで離れないので、一度きちんと調べてみようと思いました。

    五蘊の一つ一つを泡とかに喩えてるフレーズなのですが、pipitは、フワフワとなんとなく泡っぽい、くらいしかイメージに定着してなくて
    (・・;)

    調べてみようと思いました。

    フレーズが、片山一良先生の『パーリ仏典入門』大法輪閣、p210(相応部のページ)に載ってたので引用します。

    『色は泡沫(ほうまつ)、
     受は水泡(すいほう)、
     想は陽炎(かげろう)、
     行は芭蕉(ばしょう)、
     識は幻にも喩えられる
     (「花の章」『泡沫経』)。』

    ということで、

    ================

    光明寺の住職さまの日訳(ホームページ『光明寺経蔵』より)
    「泡塊喩経」(『相応部』22-95」)

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/snkv/sn22/sn22c093.htm

    ↑のページから「次へ」を数回押すと、「泡塊喩経」のページになります。

    =================

    仏教、特に龍樹を研究されている石飛道子先生が作成されている、『心にしみる原始仏典』というページにも、この経文の日訳がありました。

    h
    ttp://manikana.la.coocan.jp/canon/canonphenam.html

    =================

    著作権などが心配なので、規約を守れば自由に使用が許可されている英訳↓から、自分の勉強として、心におさめられるように、しっかり各所を読んでみようとと思います。

    原文の英訳

    https://suttacentral.net/sn22-pupphavagga?view=dense

    ↑ページの『A Lump of Foam』(泡のかたまり)
    ですね。
    3名の英訳が載ってるようです。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22960 ] / ▼[ 23020 ]
■22977 / 27階層)  Re[27]: 五蘊の喩え
□投稿者/ pipit -(2022/05/01(Sun) 08:17:39)
    みなさま、こんにちは。

    > 色は泡沫(ほうまつ)、
     受は水泡(すいほう)、
     想は陽炎(かげろう)、
     行は芭蕉(ばしょう)、
     識は幻にも喩えられる
     (「花の章」『泡沫経』)<

    英訳読んでると、私にとっては意外なことがでてきたので、、、

    > 行は芭蕉(ばしょう)、<

    の該当部分を、
    @Bhikkhu Sujatoさま、ABhikkhu Bodhiさま、BSuddhaso Bhikkhさまは、それぞれ、


    @choices like a banana tree

    AVolitions like a plantain trunk

    Bmental formations are like plantain-trees

    と訳されてて、

    え?!芭蕉ではなく、バナナ?プランテイン?
    と、ネット検索してみると、

    『バナナそっくりの木「芭蕉」実は食べられないってご存知?』
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/tenki.jp/amp/suppl/yamamoto_komo/2018/09/03/28403.html%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

    『プランテイン/Plantain/調理用バナナ』
    https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Plantain.htm

    というページに辿り着きました。


    ふむー、勉強になったなー。

    パーリ原語は、『kadali』※記号は入力できてません。
    光明寺さまは、単語の意味の欄には『芭蕉、バナナ』とされてて、翻訳としては、
    『そこで彼が、大きく、真っ直ぐで、若い、高く生えた芭蕉の幹を見たとします。』
    と、【芭蕉】を選択されていました。

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/snkv/sn22/sn22c093.htm
    ※次へ→を2回くらい押すと『泡塊喩経』(『相応部』22-95)

    (pipit的いいかげん人間の感想)
    またちゃんと読もうと思うけど、木の芯材を探して切る時に、という話だと思うので、【芭蕉】の訳でも、全然違和感ないと思うけど、
    個人的に、
    サンカーラ(行)がバナナの幹、っておもしろいイメージだな、って思いました。
    なぜなら、バナナって果みたいにもみえるでしょ?

    手を上げようという気持ち(サンカーラ、行)

    の果 が 、 手を上げている現象(バナナ?)

    だけど、

    サンカーラもまた刹那の生滅する類のもの、、、(幹にみえるものは葉っぱでできているもので、堅固な芯材を探しても、ありませんよー)

    みたいな。
    でも全然違うかもだから、pipitの感想が大はずれか否かの確認するためにも、また英訳とか見てみるつもりしてます!

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 22977 ] / ▼[ 23027 ]
■23020 / 28階層)  Re[28]: 五蘊の喩え
□投稿者/ つばめ -(2022/05/02(Mon) 19:33:57)
    No22977に返信(pipitさんの記事)
    > みなさま、こんにちは。
    >
    >>色は泡沫(ほうまつ)、
    >  受は水泡(すいほう)、
    >  想は陽炎(かげろう)、
    >  行は芭蕉(ばしょう)、
    >  識は幻にも喩えられる
    >  (「花の章」『泡沫経』)<


    こんばんは。

    すみません。前後(一連の思考の記録)を読まずに投稿させてください。


    色は泡沫(ほうまつ)、
    >  受は水泡(すいほう)、
    >  想は陽炎(かげろう)、
    >  行は芭蕉(ばしょう)、
    >  識は幻にも喩えられる
    >  (「花の章」『泡沫経』)<


    面白いなぁと思いました。

    「行は芭蕉」・・・個人的には「芭蕉」という言葉にはとても惹かれます。

    とか言っても具体的には「芭蕉」がなにかは分かっていない私です。

    ただ、破れやすいというイメージを以前どこかで拾ったようで芭蕉というとそんなイメージがあります。

    「芭蕉布」という言葉が過っているのですが・・・定かではありません。



[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23020 ] / ▼[ 23168 ]
■23027 / 29階層)  つばめさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/05/02(Mon) 20:34:50)
    No23020
    つばめさん、こんばんは!
    書き込みありがとうございます
    (*^▽^*)

    >ただ、破れやすいというイメージを以前どこかで拾ったようで芭蕉というとそんなイメージがあります。<

    そうなんですね、そういうイメージも伴って『行は芭蕉』というフレーズを唱えると、わたしにとっては、すごく仏教的な印象を持ちました。

    思ってもいなかった印象を与えてくださり、わたし自身の行(サンカーラ)がコロッと変化するさまを、経験させていただきました。

    新トピつくられたのですね!!
    とてもうれしいです。

    =================

    ※YouTubeに芭蕉布の話題があり、初めて制作方法などを知りました。
    根気作業にびっくりしました。

    喜如嘉の芭蕉布
    (きじょかのばしょうふ)
    https://youtu.be/LyzTz98VlAE


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23027 ] / ▼[ 23194 ]
■23168 / 30階層)  『泡沫経』@色は泡沫
□投稿者/ pipit -(2022/05/09(Mon) 19:31:51)
    みなさま、こんばんは。

    No22960
    >【感覚の領域→ ayatanani 処、】に進む前に、初期仏教界ではけっこう有名かも?の五蘊についての文言がフワフワと頭に浮かんで離れないので、一度きちんと調べてみようと思いました。<
    >フレーズが、片山一良先生の『パーリ仏典入門』大法輪閣、p210(相応部のページ)に載ってたので引用します。
    『色は泡沫(ほうまつ)、
     受は水泡(すいほう)、
     想は陽炎(かげろう)、
     行は芭蕉(ばしょう)、
     識は幻にも喩えられる
     (「花の章」『泡沫経』)。』<

    (相応部22-95)
    『泡沫経』パーリ原文の、Bhikkhu Bodhi様による英訳を、pipitが日訳してみます。m(_ _)m

    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false
    『Connected Discourses on the Aggregates
    22.95. A Lump of Foam』

    まず、【色は泡沫(ほうまつ)】の箇所を訳してみます。
    (Bhikkhu Bodhi様による経文の英訳)

    On one occasion the Blessed One was dwelling at Ayojjha on the bank of the river Ganges. There the Blessed One addressed the bhikkhus thus:
    “Bhikkhus, suppose that this river Ganges was carrying along a great lump of foam. A man with good sight would inspect it, ponder it, and carefully investigate it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in a lump of foam? So too, bhikkhus, whatever kind of form there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: a bhikkhu inspects it, ponders it, and carefully investigates it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in form?

    ============

    (英訳のpipitによる日訳)

    ある時お釈迦さまはガンジス川のほとりのアヨージャにおられました。
    そこでお釈迦さまは比丘たちに語りかけられました。

    比丘たちよ、このガンジス川が大きな泡の塊を運んできたとしましょう。
    良い視力の人が、その泡を調べ
    、熟考し、注意深く観察すると、泡は空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    泡の塊の中になんの変わらない実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現前・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・形(色)であれ、その形を調べ
    、熟考し、注意深く観察すると、形が空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    形(色)の中になんの変わらない実体がありますか?

    ============

    続きます。
    次は、A受は水泡、の箇所ですね
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23168 ] / ▼[ 23196 ] ▼[ 23199 ]
■23194 / 31階層)  『泡沫経』A受は水泡
□投稿者/ pipit -(2022/05/11(Wed) 09:25:26)
    2022/05/11(Wed) 09:27:38 編集(投稿者)

    みなさまこんにちは。
    A【受(じゅ)は水泡(すいほう)】の箇所です。
    (Bhikkhu Bodhi様による経文の英訳)

    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false

    Suppose, bhikkhus, that in the autumn, when it is raining and big rain drops are falling, a water bubble arises and bursts on the surface of the water. A man with good sight would inspect it, ponder it, and carefully investigate it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in a water bubble? So too, bhikkhus, whatever kind of feeling there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: a bhikkhu inspects it, ponders it, and carefully investigates it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in feeling?

    (英訳のpipitによる日訳)

    比丘たちよ、秋に大粒の雨が降り、水面に水泡が発生しては破裂しているとしましょう。
    良い視力の人が、その水泡を調べ、熟考し、注意深く観察すると、水泡は空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    水泡になんの変わらない実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現前・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・感覚(フィーリング)であれ、その感覚を調べ
    、熟考し、注意深く観察すると、感覚が空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    感覚の中になんの変わらない実体がありますか?

    ============
    次はB想(そう)は陽炎(かげろう)、の経文箇所を見てみます。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23194 ] / 返信無し
■23196 / 32階層)  五蘊(色・受・想・行・識)の中の【想】
□投稿者/ pipit -(2022/05/11(Wed) 12:17:55)
    2022/05/11(Wed) 13:43:40 編集(投稿者)


    B想は陽炎、に入る前に、五蘊の【想】って?を検索しました。想蘊(そううん)

    ※※※※※※※※※※※※

    ★wiki『想』より抜粋引用
    想(そう、サンスクリット語: 略パーリ語: 略)とは、事物の形象を心の中に思い浮かべること[1]表象作用[2]を意味する仏教用語。心に像を思い浮かべる作用や、心に浮かぶ像のこと[3]。例えば、眼をつむって「桜」というイメージを思い浮かべること[4]。
    (略)
    想(サンニャー) 概念

    ※※※※※※※※※※※※

    ★コトバンク『想』より抜粋引用
    A (略) 仏語。五蘊(ごうん)の一つ。外界の対象を感受した印象感覚に対して、その差別のすがたを取って知覚表象するはたらき。想蘊。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※

    Bhikkhu Bodhi様は、想(そう)のパーリ原語・サンニャーを、
    『perception』と訳されてますね。

    ※※※※※※※※※※※※※※

    コトバンク『perception』より引用。
    【知覚】より
    …〈知覚〉は,日本では古来,〈知り,さとる〉という意味の語であったが,西周が,アメリカ人ヘーブンJoseph Havenの著《Mental Philosophy》(1857,第2版1869)の邦訳《心理学》上・下巻(1875‐79)の中で,perceptionの訳語として使用して以来,哲学や心理学などで英語,フランス語のperceptionやドイツ語のWahrnehmungの訳語として定着するに至った。perceptionという語は,〈完全に〉〈すっかり〉などの意を示す接頭辞perと,〈つかむ〉を意味するラテン語capereとからなる語であり(ドイツのWahrnehmungは,〈注意〉の意を有するwahr――英語のawareなどに残っている――と,〈取る,解する〉を意味するnehmenとからなっている),たいていは五感によって〈気づく〉〈わかる〉ことを意味する。…
    ※「perception」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※

    ということで、次は、B 想は陽炎の箇所を読む予定です。


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23194 ] / ▼[ 23203 ]
■23199 / 32階層)   『泡沫経』B想は陽炎
□投稿者/ pipit -(2022/05/11(Wed) 13:38:37)
    B想は陽炎(かげろう)の箇所を読んでみます。

    (Bhikkhu Bodhi様による経文の英訳)
    Suppose, bhikkhus, that in the last month of the hot season, at high noon, a shimmering mirage appears. A man with good sight would inspect it, ponder it, and carefully investigate it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in a mirage? So too, bhikkhus, whatever kind of perception there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: a bhikkhu inspects it, ponders it, and carefully investigates it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in perception?


    (英訳のpipitによる日訳)
    比丘たちよ、暑い季節の最終月の正午に、ゆらめく陽炎が現れているとしましょう。
    良い視力の人が、その陽炎を調べ、熟考し、注意深く観察すると、陽炎は空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    陽炎になんの変わらない実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現前・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・知覚(想)であれ、その知覚(想)を調べ
    、熟考し、注意深く観察すると、知覚(想)が空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    知覚(想)の中になんの変わらない実体がありますか?

    =========

    (pipit日記)
    陽炎、蜃気楼を調べる、を自分の中でイメージしてる時、ふと、
    写像、という言葉を思い出しました。

    pipitの中で、【想】のイメージの一つとして、(写像)を思うのはどうかな??

    ふと思ったことなので、全然的外れかもでーす
    (^^;;
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23199 ] / ▼[ 23206 ]
■23203 / 33階層)  日記・写像
□投稿者/ pipit -(2022/05/11(Wed) 18:26:06)
    2022/05/11(Wed) 18:29:44 編集(投稿者)

    https://youtu.be/mBElaAgyKms
    『足し算は写像の一種』謎の数学者さん

    想(サンニャー)を写像とみてもいいんじゃないかなー、??と、検索してるときに出てきた動画。

    直観と概念の関係、とか、図式とか、ね、思いながら検索してたよ。

    カント哲学思い出すわー
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23203 ] / ▼[ 23211 ]
■23206 / 34階層)  Re[34]: 日記・写像
□投稿者/ pipit -(2022/05/12(Thu) 17:19:26)
    No23203
    >
    > https://youtu.be/mBElaAgyKms
    > 『足し算は写像の一種』謎の数学者さん<

    学問的に合ってるのか否かは全然わからないけど、次男が面白いこと言ってくれました。

    次元減らしてるんやね、って。

    R×Rが二次元、で、Rが直線(一次元)で、
    座標から直線上に写像してる、って、思ったら、おもしろいなー、って思いました。

    (7,5)→ 12

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23206 ] / ▼[ 23212 ]
■23211 / 35階層)  Re[35]:  写像
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/12(Thu) 20:37:59)
    pipitさま、お邪魔しま〜す。

    「写像」ってどんなの?っていうのがわたしにあって、ちょっと。

    https://youtu.be/mBElaAgyKms
    「数学」における「写像」を見ました。
    ことわっとくけど、わたし数学ぜんぜんわかんない人だからね、ここらへんをふまえておいてね。

    ネットで調べたんだけど、
    domain
    〔領地、領土、(知識・思想・活動などの)領域、分野、…界、(土地の)完全所有権〕
    codomain
    〔数学において写像の終域(しゅういき、英: codomain; 余域)あるいは終集合(しゅうしゅうごう、英: target set)は、写像を f: X → Y と表すときの集合 Y、すなわち写像 f の出力する値がその中に属するべきという制約を定める集合をいう。〕
    ってあった。

    「は〜い、みなさま、数学者で〜す」の人の例では、f(x)=x2があげられてたけど、f: X → Yの方がわたしにはわかりやすいんで、それでいくね。

    f:X→Yにおいて、
    XがdomainでYがcodomain(fの終域)、でいいのかな?

    で、fを「写像」ってしてるのよね。
    〔写像 f の出力する値がその中に属するべきという制約を定める集合をいう〕
    これ順番を変えて言いかえると。
    〈その中に属するべきという制約を定める集合が、fの出力する値である〉ってなるのかな?
    〈その中〉はX(domain)でいいのかな?〈fの出力する値〉がY(codomain)でいいのかな?
    で、それをすべき制約を定めているのがfっていうことでいいのかな?
    ただXをYにしている(X→Y)のがfって言ってるだけじゃん?
    けっきょく、f自体については何も語ってないよね。

    これが「数学」における「写像」っていうものなのかな?

    どうやら“人間”における「写像」じゃなかったみたい。



[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23211 ] / ▼[ 23215 ]
■23212 / 36階層)  Re[36]:  写像
□投稿者/ pipit -(2022/05/12(Thu) 20:50:02)
    悪魔ちゃん、こんにちは!

    私、もっと単純に考えてるよー

    平面世界における、7と5 というペア →→→人間が構成した規則→→→ 直線世界における 12 という一点。

    こんなかんじに飛ばす?ことを、写像と捉えてるから、数学も人間が関係してるテクニックだと思ってるよ
    (^○^)

    本当の?数学は、、、pipitは知らん!!

    悪魔ちゃんが興味あるなら、誰か詳しい人が教えてくれるといいね!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23212 ] / ▼[ 23221 ]
■23215 / 37階層)  Re[37]:  写像
□投稿者/ pipit -(2022/05/13(Fri) 07:55:22)
    接触→→→→人間が構成した規則→→→→→知覚(想)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23215 ] / ▼[ 23222 ]
■23221 / 38階層)  Re[38]:  写像
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/13(Fri) 18:41:11)
    ■23212、pipitさま、
    なんか、へんのこと書いちゃったみたい。

    わたし「写像」っていうの、
    「風景とレンズを通して得られる像」みたいなんで考えてる。
    レンズは眼ね。

    こっちのほうで見ちゃった、ごめん。



[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23221 ] / ▼[ 23224 ]
■23222 / 39階層)  Re[39]:  写像
□投稿者/ pipit -(2022/05/13(Fri) 20:17:17)
    No23221に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■23212、pipitさま、
    > なんか、へんのこと書いちゃったみたい。
    >
    > わたし「写像」っていうの、
    > 「風景とレンズを通して得られる像」みたいなんで考えてる。
    > レンズは眼ね。
    >
    > こっちのほうで見ちゃった、ごめん。

    悪魔ちゃん、こんばんは!
    全然ごめんじゃないよ、わたしには悪魔ちゃんの書き込みは、いつもとてもありがたいよ!

    風景があって、眼(レンズ)があって、像がある。

    数学の写像も、構造似てるかもだよ?

    風景→→→→→眼(レンズ)→→→→→写像

    三次元(仮)→→→→変→→→→→→→二次元(仮)

    哲学だね!

    (^◇^;)数ヲタさんに叱られる?
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23222 ] / ▼[ 23225 ]
■23224 / 40階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/13(Fri) 20:57:16)
    3D 2D で 思い出した。

    https://youtu.be/PqJNc9KVIZE

    初音ミクちゃんの 『Tell Your World 』のMV

    片目で見ると3Dに見えるように映像が制作されたと記憶してます♪
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23224 ] / ▼[ 23272 ]
■23225 / 41階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/13(Fri) 21:19:41)
    行(サンカーラ)転びまくり!

    傾向性ー by カントせんせ哲学 (ー ー;)

    仏典に戻ろうと思います。。。

    次は、『行は芭蕉』!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23225 ] / ▼[ 23273 ]
■23272 / 42階層)  転がるサンカーラ(行)日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/15(Sun) 16:54:45)
    うぅぅ、my煩悩の数珠繋ぎ、YouTubeぢごくからしばらく抜け出せなかったー
    ヽ(;▽;) ミチャウー 

    ============

    【終わらない悪夢】なぜか難化した共通テスト数学UBも解説
    Math-Rakuさん

    https://youtu.be/5YdfVhB9QuI

    =============

    当たり前すぎる定理を紹介
    Math-Raku さん

    https://youtu.be/SKI1mh_Ud3g

    ========

    Guianoさんの曲が久しぶりにMIXで流れてきたよ。夏っぽいね!

    ♪シャナ(ft.IA)
    https://youtu.be/3dqIvhv0MRY
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23272 ] / ▼[ 23274 ]
■23273 / 43階層)  Re[43]: 日記
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/15(Sun) 17:18:07)
    ■23224、

    >片目で見ると3Dに見えるように映像が制作されたと記憶してます♪<

    ほんと!

    どうして?


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23273 ] / ▼[ 23276 ]
■23274 / 44階層)  悪魔ちゃんへ
□投稿者/ pipit -(2022/05/15(Sun) 18:27:49)
    No23273に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■23224、
    >
    > >片目で見ると3Dに見えるように映像が制作されたと記憶してます♪<
    >
    > ほんと!
    >
    > どうして?<

    悪魔ちゃん、こんばんは!

    仕組みはpipitにはわからないんだけど、脳の錯覚を利用してるのかな?と思ったよ。

    『片目3D』とか名付けられてるみたいで、関連記事を探してみたよ↓

    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.xn--u9jziob0095c.com/archives/1219/amp%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

    悪魔ちゃんの考える人間における『写像』にも少しは関係するのかな??

    おもしろいね!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23274 ] / ▼[ 23278 ]
■23276 / 45階層)  Re[45]: pipitさんへ
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2022/05/15(Sun) 20:29:46)
    ■23274、
    >脳の錯覚を利用してるのかな?<
    <脳>って身体の一部よね。
    中島さんのによると、カントって「錯覚」と「現象」は区別してるみたい。

    紙(二次元)の上に書かれた「絵」、この絵を三次元(3D)に”見せる”のには近遠心法っていう手があるみたい。その絵を見た人に”そう思わせる”、っていうか”そう知覚させる”かな?
    カントは、それに騙されちゃいけない、っていってるのかも?

    ニーチェも「近遠心法」については語ってるみたい。ここらへんはパニさんにおまかせするとして。

    片目で見たら3Dに”見える”けど両目で見たら3Dには”見えない”っていうことなのかしら。

    2Dにおいても「ミュラー−リーエルの錯覚」っていう「錯覚」って言うのはあるみたいだけど、でもこれを〈誤った現れ〉っていうのはどうかと思う。

    人を騙すつもりはないけど人を騙すすことに喜び感じているのが、
    https://youtu.be/PqJNc9KVIZEを作り出した人たちのかな?
    初音ミクってい商品にはそういうところあるかも。

    実存においては真偽善悪の判断が第一価値じゃないんじゃないかしら?

    あ、ここ、仏教について、だったね。

    瞑想----目を閉じて静かに考える













[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23276 ] / ▼[ 23279 ]
■23278 / 46階層)  悪魔さまへ
□投稿者/ pipit -(2022/05/15(Sun) 20:53:15)
    No23276に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■23274、
    > >脳の錯覚を利用してるのかな?<
    > <脳>って身体の一部よね。
    > 中島さんのによると、カントって「錯覚」と「現象」は区別してるみたい。
    >
    > 紙(二次元)の上に書かれた「絵」、この絵を三次元(3D)に”見せる”のには近遠心法っていう手があるみたい。その絵を見た人に”そう思わせる”、っていうか”そう知覚させる”かな?
    > カントは、それに騙されちゃいけない、っていってるのかも?
    >
    > ニーチェも「近遠心法」については語ってるみたい。ここらへんはパニさんにおまかせするとして。
    >
    > 片目で見たら3Dに”見える”けど両目で見たら3Dには”見えない”っていうことなのかしら。
    >
    > 2Dにおいても「ミュラー−リーエルの錯覚」っていう「錯覚」って言うのはあるみたいだけど、でもこれを〈誤った現れ〉っていうのはどうかと思う。
    >
    > 人を騙すつもりはないけど人を騙すすことに喜び感じているのが、
    > https://youtu.be/PqJNc9KVIZEを作り出した人たちのかな?
    > 初音ミクってい商品にはそういうところあるかも。
    >
    > 実存においては真偽善悪の判断が第一価値じゃないんじゃないかしら?
    >
    > あ、ここ、仏教について、だったね。
    >
    > 瞑想----目を閉じて静かに考える<


    そういわれれば、仏教用語で考えれば、

    色・受・想・行・識

    でシンプルになるかもしれないなー。

    感受して、何かを『想』うんだね。そしてそれに対して『行』(なにかしたくなる)。

    次は、『行』(サンカーラ)についてみてみるね!
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23278 ] / ▼[ 23321 ]
■23279 / 47階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/15(Sun) 21:09:31)
    2022/05/15(Sun) 21:11:49 編集(投稿者)

    サンニャー(想)は写像でもよくない?と思ったけど、
    サンニャー(想)は現象でも、ええんやろか!?!?
    、、、てか、Bhikkhu Bodhi様は、『perception』(知覚)かぁ。
    石飛道子先生は、表象作用と訳されてたような?
    ※今見てきたら、(サンニャー・想)を【表象作用】と訳されてました。
    h
    ttp://manikana.la.coocan.jp/canon/canonphenam.html

    英訳とpipit日訳の再掲
    No23199
    >B想は陽炎(かげろう)の箇所を読んでみます。

    (Bhikkhu Bodhi様による経文の英訳)
    省略

    (英訳のpipitによる日訳)
    比丘たちよ、暑い季節の最終月の正午に、ゆらめく陽炎が現れているとしましょう。
    良い視力の人が、その陽炎を調べ、熟考し、注意深く観察すると、陽炎は空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    陽炎になんの変わらない実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現前・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・知覚(想)であれ、その知覚(想)を調べ
    、熟考し、注意深く観察すると、知覚(想)が空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    知覚(想)の中になんの変わらない実体がありますか?<

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23279 ] / ▼[ 23464 ]
■23321 / 48階層)  Re[48]: 日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/19(Thu) 00:47:44)
    うぅ、もうこんな時間 (T ^ T)

    次は、『行(ぎょう・サンカーラ)は芭蕉』の箇所なんだけど、

    やっぱり、サンカーラ の意味 が 難しいよね。。。

    とりあえず、wikiの『サンカーラ』見てきます。

    『サンカーラ』から『行(仏教)』に飛んでの、

    抜粋引用です。
    『初期仏教・部派仏教
    編集
    我々の身心を構成する五つの要素である五蘊(ごうん、色受想行識)の「行」と、十二因縁[6](十二縁起)の第二支の「行」は、いずれも意識を生ずる「意志作用」「志向作用」である。心の働きが一定の方向に作用していくこと、意志形成力のこと[7]。善悪の一切の行為のこと[8]例えば、桜を見て、その枝を切って瓶にさしたり、苗木を植えてみようと思い巡らすこと、が挙げられる[9]。』

    Bhikkhu Bodhi様は、
    『volitional formations』と訳されてます。

    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false

    『volitional formations』をDeepLで日本語に翻訳すると、
    『ゆいごんけいせい』と出て、
    別の訳し方の欄には、『意志決定』と出ました。

    スマホの辞書では
    volitional が、『意志の』

    formationsが、『形成』などでした。

    YouTubeで、『volitional form』という言葉が使われてるものを見つけました。↓

    https://youtu.be/kaB7oOC5ius

    意志を表す表現ってことかなと思いました。

    ということで、

    寝ようと思います (( _ _ ))..zzzZZ
    おやすみなさい!

    ! 寝てる時、寝ようとする意志 は どうなってるのー???
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23321 ] / ▼[ 23470 ]
■23464 / 49階層)   日記
□投稿者/ pipit -(2022/05/24(Tue) 07:30:43)
    次はC行は芭蕉、の箇所なんだけど、

    B想は陽炎、を思い出す歌が流れてきたから。。。

    ♪ 心象蜃気楼(feat.IA)
    Orangestarさん

    https://youtu.be/VX9kZeHaklE

    ==========

    カント先生の難文に悪戦苦闘してますが、
    経文の読解チャレンジもがんばってみよー p(^_^)q
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23464 ] / ▼[ 23475 ]
■23470 / 50階層)  C行は芭蕉
□投稿者/ pipit -(2022/05/24(Tue) 18:48:29)
    みなさま、こんばんは。

    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false
     
    No22960
    『C行は芭蕉』の箇所のBhikkhu Bodhiさまによる英訳です。↓

    Suppose, bhikkhus, that a man needing heartwood, seeking heartwood, wandering in search of heartwood, would take a sharp axe and enter a forest. There he would see the trunk of a large plantain tree, straight, fresh, without a fruit-bud core. He would cut it down at the root, cut off the crown, and unroll the coil. As he unrolls the coil, he would not find even softwood, let alone heartwood. A man with good sight would inspect it, ponder it, and carefully investigate it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in the trunk of a plantain tree? So too, bhikkhus, whatever kind of volitional formations there are, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: a bhikkhu inspects them, ponders them, and carefully investigates them. As he investigates them, they appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in volitional formations?
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23470 ] / ▼[ 23504 ] ▼[ 23603 ]
■23475 / 51階層)  Re[51]: C行は芭蕉
□投稿者/ pipit -(2022/05/24(Tue) 23:47:44)
    2022/05/24(Tue) 23:55:51 編集(投稿者)
    2022/05/24(Tue) 23:50:50 編集(投稿者)

    No23470の英訳をpipitが日訳しました。誤訳してたらすみません。

    (英訳のpipit日訳)

    比丘たちよ、木の心材を必要とし、探し、彷徨い求める人が鋭い斧を手にして、森に入ったとしましょう。

    そこで彼は、真っ直ぐで生き生きとした大きな実の蕾の無いプランテンの幹を見つけ、
    それを根本から切り落とし、樹冠を切り落とし、巻いてある樹皮を剥がし開いてみるとしましょう。

    彼が巻いてある樹皮を剥がし開いても、心材(heartwood)はもちろん、軟木(softwood)さえも見つからないでしょう。

    良く見える人が、プランテンの幹を調べ、熟考し、注意深く観察すると、プランテンの幹は空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    プランテンの幹になんの実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現前・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・意志の形成(行)であれ、それを調べ、熟考し、注意深く観察すると、意志の形成(行)が空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    意志の形成(行)の中になんの実体がありますか?

    ※※※※※※※※※※※※

    ※参考記事 『バナナは草!?』オルタナティブファーム宮古さんのホームページ

    https://alternative-farm.com/rakunatural/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%81%AF%E8%8D%89%EF%BC%81%EF%BC%9F/

    ※参考映像
    Organic Hawaii さんの、バナナの木を切っている映像。

    https://youtu.be/AgNQNvso3Bk
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23475 ] / ▼[ 23505 ]
■23504 / 52階層)  D識は幻
□投稿者/ pipit -(2022/05/26(Thu) 16:22:26)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23504 ] / ▼[ 23572 ]
■23505 / 53階層)  Re[53]: D識は幻
□投稿者/ pipit -(2022/05/26(Thu) 16:23:22)
    Suppose, bhikkhus, that a magician or a magician’s apprentice would display a magical illusion at a crossroads. A man with good sight would inspect it, ponder it, and carefully investigate it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in a magical illusion? So too, bhikkhus, whatever kind of consciousness there is, whether past, future, or present, internal or external, gross or subtle, inferior or superior, far or near: a bhikkhu inspects it, ponders it, and carefully investigates it, and it would appear to him to be void, hollow, insubstantial. For what substance could there be in consciousness?
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23505 ] / ▼[ 23658 ]
■23572 / 54階層)  Re[54]: D識は幻
□投稿者/ pipit -(2022/05/29(Sun) 00:11:36)
    2022/05/29(Sun) 00:44:22 編集(投稿者)

    皆様,こんばんは。
    No23505のpipitによる日訳です。

    比丘たちよ、手品師か手品師の見習いが十字路で魔法のような幻術を見せるとしましょう。

    目の良い人が、それを調べ、熟考し、注意深く観察すると、それは空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    魔法のような幻術に、なんの実体がありますか?

    そのように、比丘たちよ、どんな種類の・・・過去・未来・現在・内・外・大きい・微細・劣悪・優越・遠い・近い・・・意識(識)であれ、それを調べ、熟考し、注意深く観察すると、それが空っぽで、中身がなくて、実体がないと見えるでしょう。
    意識(識)の中になんの実体がありますか?

    =============

    (pipit雑感)
    これで、
    No22960

    > 色は泡沫(ほうまつ)、
     受は水泡(すいほう)、
     想は陽炎(かげろう)、
     行は芭蕉(ばしょう)、
     識は幻にも喩えられる
     (「花の章」『泡沫経』)。』<

    の五つの喩えが終わりましたね。
    経文はまだ続きます。

    英訳の次はこちら。

    Seeing thus, bhikkhus, the instructed noble disciple experiences revulsion towards form, revulsion towards feeling, revulsion towards perception, revulsion towards volitional formations, revulsion towards consciousness. Experiencing revulsion, he becomes dispassionate. Through dispassion his mind is liberated. When it is liberated there comes the knowledge: ‘It’s liberated.’ He understands: ‘Destroyed is birth, the holy life has been lived, what had to be done has been done, there is no more for this state of being.’”

    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23572 ] / ▼[ 23664 ]
■23658 / 55階層)  泡沫経
□投稿者/ pipit -(2022/06/01(Wed) 18:53:34)
    2022/06/01(Wed) 18:57:15 編集(投稿者)
    2022/06/01(Wed) 18:54:47 編集(投稿者)

    みなさま、こんばんは。経典文章『泡沫経』の続きを読んでいきます。

    No22960
    > 色は泡沫(ほうまつ)、
     受は水泡(すいほう)、
     想は陽炎(かげろう)、
     行は芭蕉(ばしょう)、
     識は幻にも喩えられる
     (「花の章」『泡沫経』)。』<

    No23572に続く箇所のBhikkhu Bodhiさんの英訳は、

    No23572
    Seeing thus, bhikkhus, the instructed noble disciple experiences revulsion towards form, revulsion towards feeling, revulsion towards perception, revulsion towards volitional formations, revulsion towards consciousness. Experiencing revulsion, he becomes dispassionate. Through dispassion his mind is liberated. When it is liberated there comes the knowledge: ‘It’s liberated.’ He understands: ‘Destroyed is birth, the holy life has been lived, what had to be done has been done, there is no more for this state of being.’”

    ===============
    ↓(上記英訳のpipit日訳)※一部原文や他の訳文を参考にしました。


    このように見て、比丘たちよ、教えを受けた聖なる弟子は
    形(form)に対する厭離(おんり)、
    感覚(feeling)に対する厭離、
    知覚(perception)に対する厭離、
    意志の形成(volitional formations)に対する厭離、
    意識(consciousness)に対する厭離を経験します。

    厭離を経験すると、彼は欲から離れます。
    離欲により、彼の心は解放されます。
    解放された時、『解放された』という智が生じます。

    彼は理解します。
    『生まれ(birth)は破壊された。
    修行生活は完成された。
    なすべきことはなされた。
    もはや、この状態に帰りくることはない。』
    、と。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23658 ] / 返信無し
■23664 / 56階層)  Re[56]: 泡沫経
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:02:04)
    みなさま、こんばんは。
    No23658の続きです。

    This is what the Blessed One said. Having said this, the Fortunate One, the Teacher, further said this:

    このように世尊が仰られました。
    このように仰られてから、先生たる善逝(ぜんぜい)はさらにこのように仰られました。

    ====================

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23475 ] / ▼[ 23613 ]
■23603 / 52階層)  Re[52]: C行は芭蕉
□投稿者/ 田秋 -(2022/05/30(Mon) 09:01:13)
    おはようございます、pipitさん

    《プランテンの幹》の説法、参考記事や参考映像をみてよくわかりました。最初は、中が空洞になっている(アマリリスの茎の様な)のかと思いました。剥いても剥いても芯がなく全部剥いたら何も残らなかったということですね。



[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23603 ] / ▼[ 23659 ]
■23613 / 53階層)  田秋さんへ
□投稿者/ pipit -(2022/05/30(Mon) 21:23:11)
    No23603に返信(田秋さんの記事)
    > おはようございます、pipitさん
    >
    > 《プランテンの幹》の説法、参考記事や参考映像をみてよくわかりました。最初は、中が空洞になっている(アマリリスの茎の様な)のかと思いました。剥いても剥いても芯がなく全部剥いたら何も残らなかったということですね。

    田秋さん、こんばんは♪
    バナナの木があんな風になってたとは知りませんでした。
    インターネットの情報力はすごいなぁとびっくりしてます。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23613 ] / ▼[ 23665 ]
■23659 / 54階層)  泡沫経
□投稿者/ pipit -(2022/06/01(Wed) 18:55:54)
    まだ続きありまーす
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23659 ] / ▼[ 23666 ]
■23665 / 55階層)  Re[55]: 泡沫経
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:07:19)
    ここから、最後の偈文になります。
    投稿できなくなるので、偈文を7つに分けて投稿します。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23665 ] / ▼[ 23667 ]
■23666 / 56階層)  Re[56]: 泡沫経・偈文@
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:08:02)
    2022/06/02(Thu) 01:09:11 編集(投稿者)

    “Form is like a lump of foam,Feeling like a water bubble;Perception is like a mirage,Volitions like a plantain trunk,And consciousness like an illusion,So explained the Kinsman of the Sun.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23666 ] / ▼[ 23668 ]
■23667 / 57階層)  Re[57]: 泡沫経・偈文A
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:10:42)
    “However one may ponder it And carefully investigate it,It appears but hollow and void When one views it carefully.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23667 ] / ▼[ 23669 ]
■23668 / 58階層)  Re[58]: 泡沫経・偈文B
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:12:01)
    “With reference to this body The One of Broad Wisdom has taught That with the abandoning of three things One sees this form discarded.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23668 ] / ▼[ 23670 ]
■23669 / 59階層)  Re[59]: 泡沫経・偈文C
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:13:20)
    “When vitality, heat, and consciousness Depart from this physical body, Then it lies there cast away:Food for others, without volition.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23669 ] / ▼[ 23671 ]
■23670 / 60階層)  Re[60]: 泡沫経・偈文D
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:14:48)
    “Such is this continuum,This illusion, beguiler of fools.It is taught to be a murderer; Here no substance can be found.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23670 ] / ▼[ 23672 ]
■23671 / 61階層)  Re[61]: 泡沫経・偈文E
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:16:07)
    “A bhikkhu with energy aroused Should look upon the aggregates thus,Whether by day or at night,Comprehending, ever mindful.
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23671 ] / ▼[ 23673 ]
■23672 / 62階層)  Re[62]: 泡沫経・偈文F
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:17:29)
    “He should discard all the fetters And make a refuge for himself; Let him fare as with head ablaze,Yearning for the imperishable state.”
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23672 ] / ▼[ 23675 ]
■23673 / 63階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 01:18:17)
    今日はもう寝ます
    おやすみなさーい ☆彡
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23673 ] / ▼[ 23676 ]
■23675 / 64階層)  Re[64]: 日記
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/06/02(Thu) 07:53:09)
    2022/06/02(Thu) 08:11:52 編集(投稿者)

    はい、Pipitさん、おはようございます

    その厭離(おんり)って奴は正解でしょうね。

    【追記】

    その厭離先は皆バラバラなんだな、きっと (笑)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23675 ] / ▼[ 23678 ]
■23676 / 65階層)  ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 12:39:29)
    No23675に返信(ギアッチョさんの記事)
    > 2022/06/02(Thu) 08:11:52 編集(投稿者)
    >
    > はい、Pipitさん、おはようございます
    >
    > その厭離(おんり)って奴は正解でしょうね。
    >
    > 【追記】
    >
    > その厭離先は皆バラバラなんだな、きっと (笑)

    ギアッチョさん、こんにちは!

    学者の石飛道子先生によるパーリ経典原文の日訳が読めるページを見てみると、

    該当箇所は
    『離れたものは、貪欲を離れて解脱する。』
    と日訳されていました。※pipitが厭離と訳した原語を、石飛先生は離れると訳されていました。

    h
    ttp://manikana.la.coocan.jp/canon/canonphenam.html

    石飛道子先生
    心にしみる原始仏典
    『『サンユッタ・ニカーヤ』22-95.(PTS Text,V.pp.142-3)
    95. 泡沫』というページより引用。

    なので、この経典文章としては、
    厭離先の最終は解脱なのかもしれないなぁと思いました。

    pipitのデタラメいい加減な日訳でご迷惑をおかけしてたらすみません
    m(_ _)m




[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23676 ] / ▼[ 23692 ]
■23678 / 66階層)  原文
□投稿者/ pipit -(2022/06/02(Thu) 17:12:03)
    2022/06/02(Thu) 17:13:08 編集(投稿者)

    参考に、原文が読めるサイトのアドレスなどを載せておきます。

    Bhikkhu Bodhiさまの英訳部分
    『Seeing thus, bhikkhus, the instructed noble disciple experiences revulsion towards form, revulsion towards feeling, revulsion towards perception, revulsion towards volitional formations, revulsion towards consciousness. Experiencing revulsion, he becomes dispassionate. Through dispassion his mind is liberated. When it is liberated there comes the knowledge: ‘It’s liberated.’ He understands: 』
    https://suttacentral.net/sn22.95/en/bodhi?reference=none&highlight=false


    上記英訳のパーリ原文※記号は入力できていません。
    『Evam passam, bhikkhave, sutava ariyasavako rupasmimpi nibbindati, vedanayapi … sannayapi … sankharesupi … vinnanasmimpi nibbindati.

    Nibbindam virajjati; viraga vimuccati. Vimuttasmi vimuttamiti nanam hoti …pe… 』

    https://suttacentral.net/sn22.95/pli/ms?layout=plain&reference=none&notes=asterisk&highlight=false&script=latin


    (英訳)・・・(パーリ原語)
    revulsion・・・nibbindati
    dispassion・・・viraga
    his mind is liberated・・・vimuccati

    って感じですかね。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23678 ] / ▼[ 23831 ]
■23692 / 67階層)  泡沫経
□投稿者/ pipit -(2022/06/03(Fri) 00:53:03)
    みなさま、こんばんは。
    No23666-23672 Bhikkhu Bodhiさま英訳文のpipit日訳です。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※

    色形は泡の塊のよう。
    感覚は水の泡のよう。
    知覚表象は蜃気楼のよう。
    志向はプランテンの幹のよう。
    そして意識は幻覚のよう。
    と、太陽の種族(ブッダ)は説かれた。

    誰かがそれを熟考し注意深く調べるとしても、
    それを注意深く見るとき、それは中身がなく、空虚であることが顕になる。

    この身体について、広い智慧を持つものは、三つのものが棄てられると、この色形も捨てられる、と説かれた。

    この肉体から寿命、熱、そして意識が離れた時、肉体は棄てられ横たわる。
    意志も無く、他の生命の食料となる。

    このような連続体
    この幻術、愚か者の詐欺話
    それは殺人者であると教えられている。
    ここには実体は見つけられない。

    精進に励む比丘は集合体(蘊)をそのようにみるべきである。
    昼に夜に、理解しマインドフルであるように。

    彼は一切の束縛を棄て去り
    自己の避難所を作るべきである。
    頭が燃えているように行じて、
    不死の境地を熱望せよ。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23692 ] / ▼[ 23845 ]
■23831 / 68階層)  十二処
□投稿者/ pipit -(2022/06/09(Thu) 21:37:02)
    みなさま、こんばんは
    五蘊のことについて述べられた『泡沫経』は読み終わったので、次は十二処について述べられた経典を読もうと思ってます。 

    全然詳しくないし、未読なのですが、中部経典『蜜丸経』読もうかな、と。
    (片山一良先生の本の十二処の説明のとこで引用されてたので)

    wikiより※パーリ記号は入力できてません。
    『蜜丸経』[1](みつがんきょう、巴: Madhupindika-sutta, マドゥピンディカ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第18経。『蜜玉経』(みつごくきょう)とも[2]。
    類似の伝統漢訳経典としては、『中阿含経』(大正蔵26)の第115経「蜜丸喩経」等がある。
    釈迦が、釈迦族のダンダパーニに、仏法を説いていく。

    (略)』

    おほ、リンク先の英訳みたら、

    The Ball of Honey

    https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.018.than.html


    蜜丸。。。どんな内容なのかなー
    (*^ω^*)
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23831 ] / ▼[ 23881 ]
■23845 / 69階層)  蜜丸経
□投稿者/ pipit -(2022/06/10(Fri) 16:43:25)
    2022/06/10(Fri) 16:44:05 編集(投稿者)

    ちょっと検索してたら、、、

    もんのすごく難しそうな経典でした。。。
    :(;゙゚'ω゚'):

    興味あるけど、もしかしたら、読む経典を変更するかもです。。。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23845 ] / ▼[ 23887 ]
■23881 / 70階層)  Re[70]: 蜜丸経
□投稿者/ pipit -(2022/06/12(Sun) 17:25:43)
    2022/06/12(Sun) 17:29:49 編集(投稿者)
    2022/06/12(Sun) 17:27:20 編集(投稿者)

    みなさま、こんにちは。
    超難しそうな経典であきらめかけたのですが、やっぱり一部分でも読みたい!
    しかも蜜丸は、蜜の飴玉のように元気が出るという比喩のよう!
    ので、片山一良先生解説文章の十二処の記述箇所に引用されてた箇所だけでも、読んでみようかな、と、思いました。

    まず、光明寺経蔵さんのサイトでpipitには理解しきれないなりにざっと経文を読ませてもらいました。
    https://komyojikyozo.web.fc2.com/mnmlp/mn02/mn02c18.files/sheet001.htm

    大まかな構成としては、

    @お釈迦さまがダンダパーニさんとお話しした内容について、弟子たちに説かれる。



    A説法を聞いたものの理解しきれなかった弟子たちが、マハーカッチャーナ尊者に頼んで、内容を解説してもらう。



    Bマハーカッチャーナ尊者に解説してもらった旨を弟子たちがお釈迦さまに報告すると、お釈迦さまは解説内容を追認される。

    みたいな感じかなーと。

    それで十二処の箇所は、Aのマハーカッチャーナ尊者の解説として、出てくるようです。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23881 ] / ▼[ 23893 ]
■23887 / 71階層)  Re[71]: 蜜丸経
□投稿者/ pipit -(2022/06/12(Sun) 23:51:54)
    みなさまこんばんは。

    『蜜丸経』は、十二処についての経文なのかな、と思った(実際はもっとたくさんの教えがつまっていそうでした)のは、片山先生の解説に引用されてたからです。

    十二処についての勉強になると思うので、その箇所を抜粋引用させていただきます。

    『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ 『大念処経』を読む』片山一良先生著、大法輪閣、p154ー157からの引用です。

    というわけで、引用しながらのお勉強はまた後ほど。。。

    今日は、おやすみなさい!☆彡
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23887 ] / ▼[ 23898 ]
■23893 / 72階層)  十二処
□投稿者/ pipit -(2022/06/13(Mon) 16:23:14)
    みなさま、こんにちは(^ ^)

    No23887
    > 『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ 『大念処経』を読む』片山一良先生著、大法輪閣、<

    という本から、十二処についての記事を引用しようと思っていますが、

    本のタイトル中の『大念処経』は、
    長部>大篇>第二十二経
    です。

    ※ 光明寺経蔵さま訳「大念処経」目次

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/dnmv/dn22/dn22c00.html


    光明寺経蔵さまの目次真ん中あたりにある
    【法随観:〔十二〕処の部】

    が、

    片山先生の本の
    >p154ー157<
    の内容となります。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23893 ] / ▼[ 23900 ]
■23898 / 73階層)  Re[73]: 十二処
□投稿者/ pipit -(2022/06/13(Mon) 20:55:27)
    読んでて、まず目についたのは、『処』の説明箇所です。

    『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ 『大念処経』を読む』片山一良先生著、大法輪閣、p155より引用します。
    ※aの上に棒記号がある字はAと入力してます。

    引用
    『(略)、「処」は認識が集まる場所です。
    「処」(Ayatana)という語は、生地、根拠、集合場所などの意味を持っていますが、ここでは「集合場所」、すなわち「門」、「認識領域」と解されます。
    「来る」「入る」(AyAti<A-√ yA)という動詞から出来た語で、「処」「入」などと漢訳されます。
     それでは、どのようにこの実践が行われるのでしょうか。「六の内処と六の外処との法において法を観つづけて住む」ということです。』
    引用終了

    ※※※※※※※※
    片山先生の他説明も読んでのpipit感想

    六の内処は、眼・耳・鼻・舌・身・意の六つの感官(六の認識する領域)

    六の外処は、色・音・香・味・触・法の六つの対象(六の認識される領域)

    処は、集合場所。

    十二の集合場所。おもしろいな。先を読んでみます
    (o^^o)

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23898 ] / ▼[ 23901 ]
■23900 / 74階層)  Re[74]: 十二処
□投稿者/ pipit -(2022/06/13(Mon) 23:34:00)
    引き続き、『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ 『大念処経』を読む』片山一良先生著、大法輪閣、p156より引用します。

    引用開始
    『中部第一八『蜜玉経』(第六-七節)によってそれを見ることにしましょう。(略)、長老はつぎのように詳説したということです。

    「友らよ、眼と色を縁として 眼識が生じます。

     三者の和合によって 触が生じます。


     触を縁として 受が生じます。

     感受するものを 想念します。

     想念するものを 尋思(じんし)します。

     尋思するものを 妄執します。

     それより妄執する人に、過去・未来・現在の眼に知られるもろもろの色について、もろもろの妄執想の部分が起こります。(略)』
     
    引用終了

    ================
     
    上記引用部分あたりの、蜜丸経(蜜玉経)の英訳を見ていこうと思っています。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23900 ] / ▼[ 23911 ]
■23901 / 75階層)  日記
□投稿者/ pipit -(2022/06/13(Mon) 23:45:31)
    2022/06/13(Mon) 23:47:46 編集(投稿者)

    No23900
    >
    > 「友らよ、眼と色を縁として 眼識が生じます。
    >
    >  三者の和合によって 触が生じます。
    >
    >
    >  触を縁として 受が生じます。
    >
    >  感受するものを 想念します。
    >
    >  想念するものを 尋思(じんし)します。
    >
    >  尋思するものを 妄執します。
    >
    >  それより妄執する人に、過去・未来・現在の眼に知られるもろもろの色について、もろもろの妄執想の部分が起こります。(略)』
    >  
    > 引用終了<

    ここ、ちょっとおもしろいなぁと思ってるんです。

    眼と色によって生じた眼識 の 三者が和合して 触 が生じる。

    触 を縁として 感受が生じる。

    眼識を感受の結果にしてないように感じませんか?

    カント大好きpipitは、どうしてもカント哲学を想起してしまうけど、

    触 を 触発と考えたら、おもしろいんじゃないかな、と。

    意識受動仮説があるでしょう?感受以降を顕在意識、触発前を潜在意識って考えたら、どうかな、って。

    まあ、まだ、経文を全然読めてないので、ゆっくり読んでみます!
    おやすみなさーい ☆彡

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23901 ] / ▼[ 23912 ]
■23911 / 76階層)  パパンチャ日記
□投稿者/ pipit -(2022/06/14(Tue) 20:11:46)
    訳を読んでるんだけど、難しい!

    何処が難しいかというと、パーリ語で『papanca:パパンチャ』という単語が出てくるんだけど、その部分の訳がとても難しい。

    訳者の方もそれぞれご自分の考えの訳を当ててられるかんじで、統一的な定型文句にはなってない感じです。

    片山先生は、『妄執』と訳されてます。
    水野弘元先生のパーリ語辞典では、『障碍、戯論、迷執、妄想』です。
    スマナサーラ長老は、『捏造』とされてた覚えがあります。

    読んでいた英訳は、Thanissaro Bhikkhu様のものなんだけど、↓

    https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.018.than.html
    冒頭のTranslator's Introduction にも、パパンチャについていろいろ書かれてます。

    どっかで(中村元先生かなぁ、違ったらすみません)、『拡がる妄想』みたいな訳も見た気がするんだけど、Bhikkhu Sujatoさまは、『proliferate:増殖する、急増する』という訳語を使用されてました。↓

    What you think about, you proliferate. What you proliferate about is the source from which a person is beset by concepts of identity that emerge from the proliferation of perceptions.

    https://suttacentral.net/mn18/en/sujato?layout=plain&reference=none&notes=asterisk&highlight=false&script=latin

    パパンチャは、大乗仏教ではプラパンチャ、戯論、と呼ばれてる単語と同じなのかな??

    難しいー(;ω;)

    自信ないけど、Thanissaro Bhikkhu様の英訳のpipit日訳を後で投稿します。
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23911 ] / ▼[ 23913 ]
■23912 / 77階層)  パパンチャについて
□投稿者/ pipit -(2022/06/14(Tue) 20:24:59)
    Thanissaro Bhikkhu様のパパンチャについての記事を引用します。
    https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.018.than.html

    Translating papanca:
    As one writer has noted, the word papanca has had a wide variety of meanings in Indian thought, with only one constant: in Buddhist philosophical discourse it carries negative connotations, usually of falsification and distortion. The word itself is derived from a root that means diffuseness, spreading, proliferating. The Pali Commentaries define papanca as covering three types of thought: craving, conceit, and views. They also note that it functions to slow the mind down in its escape from samsara. Because its categories begin with the objectifying thought, "I am the thinker," I have chosen to render the word as "objectification," although some of the following alternatives might be acceptable as well: self-reflexive thinking, reification, proliferation, complication, elaboration, distortion. The word offers some interesting parallels to the postmodern notion of logocentric thinking, but it's important to note that the Buddha's program of deconstructing this process differs sharply from that of postmodern thought.

    ※上記引用文をDeepLで翻訳しました。↓



    パパニャーを翻訳する。
    ある作家が指摘したように、パパニャーという言葉はインド思想において多種多様な意味を持っているが、ただ一つ不変のものがある。仏教哲学の言説においては、通常は偽りや歪曲といった否定的な意味合いを含んでいる。この言葉は、拡散、拡散、増殖を意味する語根に由来している。パーリ語の解説書では、パパニャーを「渇望、自惚れ、見解」という3種類の思考をカバーするものとして定義している。また、輪廻からの脱出において、心の動きを鈍らせる働きもあると記している。その分類は「私が思考者である」という客観的な思考から始まるので、私はこの言葉を「客観化」と表現することにしたが、次のような代替案も受け入れられるかもしれない:自己反射的思考、再化、増殖、複雑化、精巧化、歪曲。この言葉は、ポストモダンの論理中心的思考という概念と興味深い類似性を持っているが、このプロセスを脱構築するブッダのプログラムは、ポストモダン思想のそれとは大きく異なることに注意することが重要である。


[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23912 ] / ▼[ 23915 ]
■23913 / 78階層)  経文の英訳の日訳
□投稿者/ pipit -(2022/06/14(Tue) 20:39:11)
    2022/06/15(Wed) 09:53:51 編集(投稿者)
    2022/06/15(Wed) 06:22:44 編集(投稿者)
    2022/06/14(Tue) 20:49:27 編集(投稿者)
    2022/06/14(Tue) 20:40:31 編集(投稿者)

    『蜜丸経』経文の一部分の英訳を日訳してみました。

    "Dependent on eye & forms, eye-consciousness arises. The meeting of the three is contact. With contact as a requisite condition, there is feeling. What one feels, one perceives (labels in the mind). What one perceives, one thinks about. What one thinks about, one objectifies. Based on what a person objectifies, the perceptions & categories of objectification assail him/her with regard to past, present, & future forms cognizable via the eye.

    https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.018.than.html
    ================
    上記引用英訳のpipit日訳↓

    "Dependent on eye & forms, eye-consciousness arises.

    眼と色形に依存して、眼の意識が生じます。


    The meeting of the three is contact.

    この3つ(眼・色形・眼の意識)の集いが接触です。

    With contact as a requisite condition,
    there is feeling.

    接触を必要条件として、感覚があります。

    What one feels, one perceives (labels in the mind).

    感じたものを、知覚(解釈、理解)します(心の中でラベル付けします)

    What one perceives, one thinks about.

    知覚(解釈、理解)したものを、それについて考えます。

    What one thinks about, one objectifies.

    それについて考えたものを、客体化します。

    Based on what a person objectifies, the perceptions & categories of objectification assail him/her with regard to past, present, & future forms cognizable via the eye.

    人が客体化したものに基づき、
    目を通して認識され得る、過去・現在・未来の色形に関して、客体化の知覚(解釈、理解)とカテゴリー(分別)が彼、彼女を襲います。

[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 23913 ] / 返信無し
■23915 / 79階層)  蜜丸経
□投稿者/ pipit -(2022/06/14(Tue) 21:28:39)
    2022/06/14(Tue) 21:35:38 編集(投稿者)

    みなさま、こんばんは

    No23913 で訳した箇所を、
    光明寺経蔵さまのサイトに載っているパーリ原文(記号は入力できていません)と、光明寺住職さまによる日訳部分を引用させていただきます
    m(_ _)m


    Cakkhuncavuso, paticca rupe ca uppajjati cakkhuvinnanam, tinnam sangati phasso, phassapaccaya vedana, yam vedeti tam sanjanati, yam sanjanati tam vitakketi, yam vitakketi tam papanceti, yam papanceti tatonidanam purisam papancasannasankha samudacaranti atitanagatapaccuppannesu cakkhuvinneyyesu rupesu.

    友等よ、眼に縁って、色に対し、眼識が生じます。三者の和合が触です。触という縁より受があります。感受するものを想念します。想念するものを尋思します。尋思するものを妄執します。妄執するものによるがゆえに、過去・未来・現在の、眼によって識られるべき諸々の色に関して、人に迷妄を具えた想の部類が生起します。

    https://komyojikyozo.web.fc2.com/mnmlp/mn02/mn02c19.files/sheet001.htm
[ 親 22283 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -