TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal 哲学の雑談 16 /パニチェ (21/08/14(Sat) 17:56) #15586
Nomal Re[1]: 哲学の雑談 16 /knowing itself (21/08/16(Mon) 18:56) #15644
  └Nomal 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/18(Wed) 20:10) #15684
    ├Nomal Re[3]: 全知と自由意志 /悪魔ちゃん (21/08/18(Wed) 20:27) #15685
    │└Nomal Re[4]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/19(Thu) 08:07) #15691
    ├Nomal Re[3]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/18(Wed) 20:40) #15686
    │└Nomal Re[4]: 全知と自由意志 /悪魔ちゃん (21/08/19(Thu) 18:37) #15694
    │  └Nomal Re[5]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/19(Thu) 18:46) #15695
    │    ├Nomal Re[6]: 全知と自由意志 /悪魔ちゃん (21/08/19(Thu) 20:33) #15698
    │    │└Nomal Re[7]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/19(Thu) 20:54) #15699
    │    │  └Nomal Re[8]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/19(Thu) 21:12) #15700
    │    │    └Nomal Re[9]: 全知と自由意志 /悪魔ちゃん (21/08/20(Fri) 16:50) #15716
    │    │      └Nomal キリスト教における身体 /knowing itself (21/08/21(Sat) 19:36) #15741
    │    └Nomal Re[6]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/08/22(Sun) 12:36) #15755
    │      └Nomal 人間神と人格神 /knowing itself (21/08/23(Mon) 20:33) #15786
    │        ├Nomal ntライト /knowing itself (21/08/27(Fri) 17:13) #15851
    │        │└Nomal アリストテレス /apis (21/08/28(Sat) 05:26) #15858
    │        │  └Nomal サルトル /toll (21/08/28(Sat) 13:35) #15864
    │        │    └Nomal 投稿ありがとうございます /knowing itself (21/08/30(Mon) 18:50) #15910
    │        │      └Nomal ニコマコス倫理学 /apis (21/08/30(Mon) 20:51) #15913
    │        │        └Nomal Re[13]: ニコマコス倫理学 /toll (21/09/01(Wed) 08:44) #15958
    │        │          └Nomal Re[14]: ニコマコス倫理学 /knowing itself (21/09/01(Wed) 19:00) #15970
    │        │            └Nomal アンスコム /knowing itself (21/09/01(Wed) 19:09) #15971
    │        │              ├Nomal Re[16]: アンスコム /toll (21/09/05(Sun) 09:29) #16062
    │        │              │└Nomal Re[17]: アンスコム /knowing itself (21/09/05(Sun) 14:25) #16067
    │        │              │  └Nomal Re[18]: アンスコム /toll (21/09/05(Sun) 17:20) #16071
    │        │              │    └Nomal Re[19]: アンスコム /knowing itself (21/09/20(Mon) 09:11) #16482
    │        │              │      └Nomal アリストテレス /knowing itself (21/09/20(Mon) 09:35) #16483
    │        │              │        └Nomal Re[21]: アリストテレス /パニチェ (21/09/23(Thu) 18:17) #16688
    │        │              │          └Nomal Re[22]: アリストテレス /knowing itself (21/09/23(Thu) 19:03) #16691
    │        │              │            ├Nomal Re[23]: アリストテレス /knowing itself (21/09/23(Thu) 19:41) #16693
    │        │              │            └Nomal Re[23]: アリストテレス /パニチェ (21/09/23(Thu) 21:24) #16698
    │        │              └Nomal Re[16]: アンスコム /knowing itself (21/10/03(Sun) 15:22) #17108
    │        └Nomal Re[8]: 人間神と人格神 /ザビビのふくろう (21/10/04(Mon) 09:50) #17143
    │          └Nomal Re[9]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/04(Mon) 17:04) #17151
    │            └Nomal Re[10]: 人間神と人格神 /ザビビのふくろう (21/10/04(Mon) 20:41) #17160
    │              └Nomal Re[11]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/05(Tue) 06:28) #17177
    │                ├Nomal Re[12]: 人間神と人格神 /ザビビのふくろう (21/10/05(Tue) 09:21) #17188
    │                │└Nomal Re[13]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/05(Tue) 11:53) #17192
    │                │  └Nomal Re[14]: 人間神と人格神 /ザビビのふくろう (21/10/05(Tue) 12:30) #17195
    │                │    └Nomal Re[15]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/06(Wed) 16:17) #17259
    │                └Nomal Re[12]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/06(Wed) 16:39) #17262
    │                  └Nomal Re[13]: 人間神と人格神 /knowing itself (21/10/07(Thu) 18:50) #17308
    │                    └Nomal 三位一体の神との交わり /knowing itself (21/10/08(Fri) 07:07) #17327
    │                      └Nomal Re[15]: 三位一体の神との交わり /knowing itself (21/10/09(Sat) 07:11) #17343
    │                        └Nomal 天と地の一体化 /knowing itself (21/10/10(Sun) 14:18) #17408
    └Nomal Re[3]: 全知と自由意志 /ザビビのふくろう (21/10/04(Mon) 09:46) #17142
      └Nomal Re[4]: 全知と自由意志 /knowing itself (21/10/04(Mon) 16:50) #17150
        └Nomal Re[5]: 全知と自由意志 /ザビビのふくろう (21/10/04(Mon) 20:39) #17158
          └Nomal 三位一体の神 /knowing itself (21/10/05(Tue) 12:29) #17194
            └Nomal 音楽と言語 /knowing itself (21/10/12(Tue) 06:45) #17460
              ├Nomal Re[8]: 音楽と言語 /knowing itself (21/10/12(Tue) 11:10) #17471
              └Nomal Re[8]: 音楽と言語 /knowing itself (21/10/13(Wed) 06:04) #17503
                └Nomal 維摩の一黙雷の如し /パニチェ (21/10/13(Wed) 20:44) #17510
                  └Nomal Re[10]: 維摩の一黙雷の如し /knowing itself (21/10/14(Thu) 18:58) #17532
                    └Nomal 「私」と言語 /knowing itself (21/10/14(Thu) 19:39) #17534
                      └Nomal Re[12]: 「私」と言語 /パニチェ (21/10/14(Thu) 20:33) #17541
                        └Nomal Re[13]: 「私」と言語 /knowing itself (21/10/15(Fri) 17:24) #17582
                          └Nomal Re[14]: 「私」と言語 /パニチェ (21/10/16(Sat) 17:57) #17625
                            └Nomal Re[15]: 「私」と言語 /knowing itself (21/10/16(Sat) 19:21) #17634
                              ├Nomal Re[16]: 「私」と言語 /パニチェ (21/10/16(Sat) 19:48) #17636
                              │└Nomal Re[17]: 「私」と言語 /knowing itself (21/10/16(Sat) 20:57) #17644
                              │  └Nomal Re[18]: 「私」と言語 /パニチェ (21/10/17(Sun) 07:42) #17655
                              │    └Nomal Re[19]: 「私」と言語 /knowing itself (21/10/17(Sun) 15:56) #17674
                              │      └Nomal 鬼界氏と永井氏 /パニチェ (21/10/17(Sun) 16:13) #17679
                              │        └Nomal Re[21]: 鬼界氏と永井氏 /knowing itself (21/10/17(Sun) 16:31) #17681
                              │          └Nomal Re[22]: 鬼界氏と永井氏 /パニチェ (21/10/17(Sun) 17:18) #17683
                              │            └Nomal Re[23]: 鬼界氏と永井氏 /knowing itself (21/10/19(Tue) 19:27) #17770
                              │              └Nomal Re[24]: 鬼界氏と永井氏 /パニチェ (21/10/20(Wed) 20:04) #17792
                              │                └Nomal Re[25]: 鬼界氏と永井氏 /knowing itself (21/10/23(Sat) 18:49) #17920
                              └Nomal Re[16]: 「私」と言語 /knowing itself (21/10/16(Sat) 19:40) #17635
                                └Nomal Re[17]: 「私」と言語 /パニチェ (21/10/16(Sat) 20:24) #17639
                                  └Nomal 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /knowing itself (21/10/23(Sat) 19:04) #17923
                                    └Nomal Re[19]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /パニチェ (21/10/26(Tue) 20:38) #17997
                                      └Nomal Re[20]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /knowing itself (21/11/08(Mon) 16:49) #18548
                                        ├Nomal 遺稿二万ページ /knowing itself (21/11/08(Mon) 17:00) #18550
                                        └Nomal Re[21]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /パニチェ (21/11/08(Mon) 21:55) #18573
                                          └Nomal Re[22]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /knowing itself (21/12/06(Mon) 19:28) #19715
                                            └Nomal Re[23]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン /パニチェ (21/12/06(Mon) 20:02) #19718
                                              └Nomal 「同意」 /knowing itself (21/12/10(Fri) 21:04) #19804
                                                └Nomal 最後の晩餐 /knowing itself (21/12/12(Sun) 19:31) #19902
                                                  └Nomal 「新規作成」と「上書き保存」 /knowing itself (21/12/15(Wed) 19:05) #19956
                                                    └Nomal 「霊魂」 /knowing itself (21/12/18(Sat) 13:32) #20002
                                                      └Nomal /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 20:57) #24772
                                                        └Nomal Re[29]: 証 /田秋 (22/07/11(Mon) 21:07) #24773
                                                          ├Nomal ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 21:51) #24775
                                                          └Nomal /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 21:50) #24774 1657543808.jpg/83KB
                                                            └Nomal Re[31]: 証 /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 21:56) #24776 2e87c7f52f37c6a6bb73ff8d18e3b59f_16965.jpeg/26KB
                                                              └Nomal Re[32]: 証 /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 21:57) #24777
                                                                └Nomal ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 22:02) #24778
                                                                  └Nomal Re[34]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:06) #24779
                                                                    ├Nomal Re[35]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:15) #24781
                                                                    └Nomal Re[35]: ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 22:11) #24780
                                                                      ├Nomal Re[36]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:18) #24783
                                                                      │└Nomal Re[37]: ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 22:20) #24785
                                                                      └Nomal Re[36]: ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 22:18) #24782
                                                                        └Nomal Re[37]: ギアッチョさんへ /pipit (22/07/11(Mon) 22:19) #24784
                                                                          └Nomal Re[38]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:20) #24786
                                                                            └Nomal Re[39]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:28) #24787
                                                                              ├Nomal Re[40]: ギアッチョさんへ /田秋 (22/07/11(Mon) 22:54) #24789
                                                                              └Nomal Re[40]: ギアッチョさんへ /ギアッチョ (22/07/11(Mon) 22:43) #24788


親記事 / ▼[ 15644 ]
■15586 / 親階層)  哲学の雑談 16
□投稿者/ パニチェ -(2021/08/14(Sat) 17:56:49)
    トピ主:knowing itselfさん




    引き続きよろしくお願いします。
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15586 ] / ▼[ 15684 ]
■15644 / 1階層)  Re[1]: 哲学の雑談 16
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/16(Mon) 18:56:19)
    更新ありがとうございます。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15644 ] / ▼[ 15685 ] ▼[ 15686 ] ▼[ 17142 ]
■15684 / 2階層)  全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/18(Wed) 20:10:28)
    既に終了した東京オリンピックの全競技の全試合。すべての録画を膨大な台数のテレビで同時に一人で観るような。

    わたしが結果の明らかになっている競技を観たとしても、選手の能力と意志をギリギリまで使い切ったそのプロセスはそのまま。わたしに観られることで、選手たちのの主体的な関与、結果への影響力がなくなるわけではない。ましてや、わたしの操り人形やロボットの類いであるはずはない。

    神の全知は、わたしがテレビを観ることに喩えられる。

    テレビを観るのは過去の出来事だが、神には過去と現在と未来の区別はない。すべてが「等距離」。というより、距離は0。時空間を超越するのが神の本質だから。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15684 ] / ▼[ 15691 ]
■15685 / 3階層)  Re[3]: 全知と自由意志
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/08/18(Wed) 20:27:21)
    わたしがテレビを観ることは、神の全知に喩えられる。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15685 ] / 返信無し
■15691 / 4階層)  Re[4]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/19(Thu) 08:07:51)
    悪魔ちゃん レスありがとうございます

    > わたしがテレビを観ることは、神の全知に喩えられる。

    神がテレビを観る=愛する、ようにわたしもテレビを観れるなら。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15684 ] / ▼[ 15694 ]
■15686 / 3階層)  Re[3]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/18(Wed) 20:40:16)
    No15684に返信(knowing itselfさんの記事)

    > わたしが結果の明らかになっている競技を観たとしても、選手の能力と意志をギリギリまで使い切ったそのプロセスはそのまま。わたしに観られることで、選手たちのの主体的な関与、結果への影響力がなくなるわけではない。ましてや、わたしの操り人形やロボットの類いであるはずはない。
    >
    > 神の全知は、わたしがテレビを観ることに喩えられる。

    キリスト教の神は観る神だといわれることがある。観る=愛する。観ることにおいて、罪定めをしない。観る=赦す=愛する。観ることがそのままイコールで愛するになることは、人間にあってはありえない。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15686 ] / ▼[ 15695 ]
■15694 / 4階層)  Re[4]: 全知と自由意志
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/08/19(Thu) 18:37:21)
    ■15691、ノウセルフさん、
    神がニュースを観る必要があるのかしら?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15694 ] / ▼[ 15698 ] ▼[ 15755 ]
■15695 / 5階層)  Re[5]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/19(Thu) 18:46:58)
    No15694に返信(悪魔ちゃんさんの記事)
    > ■15691、ノウセルフさん、
    > 神がニュースを観る必要があるのかしら?

    テレビを観るというのは喩えね。ニュースに限らず、人間が関わるすべての出来事や現象が、永遠の現在の視点から神に観られている。これがキリスト教の公理のようなもの。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15695 ] / ▼[ 15699 ]
■15698 / 6階層)  Re[6]: 全知と自由意志
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/08/19(Thu) 20:33:05)
    ■15695、ノウセルフさん
    「公理」なんてわたしどうでもいいの。

    キリスト教、イスラム教、仏教、ま、それぞれどこかの誰べ〜かの「人」の「教え」。そう、当の本人の言じゃなないやつね。

    「ここ」とっても問題だと思うんだけど。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15698 ] / ▼[ 15700 ]
■15699 / 7階層)  Re[7]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/19(Thu) 20:54:52)
    > キリスト教、イスラム教、仏教、ま、それぞれどこかの誰べ〜かの「人」の「教え」。そう、当の本人の言じゃなないやつね。
    >
    > 「ここ」とっても問題だと思うんだけど。

    問題だと思うのは悪魔ちゃんね。わたしには悪魔ちゃんの思いはどうでもいい。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15699 ] / ▼[ 15716 ]
■15700 / 8階層)  Re[8]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/19(Thu) 21:12:24)
    哲学の勉強をしていれば、アタマ良さげにみえて、宗教を語ればアタマわるそうにみえるから、だから哲学をやるという態度にはまったく与みしません。

    なんの根拠もない。まさかそこまで素朴かつ単純に宗教否定の哲学ごっこをしている人もいないと思うが。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15700 ] / ▼[ 15741 ]
■15716 / 9階層)  Re[9]: 全知と自由意志
□投稿者/ 悪魔ちゃん -(2021/08/20(Fri) 16:50:06)
    ■15699、
    >わたしには悪魔ちゃんの思いはどうでもいい<
    了解で〜す。

    ごめんね。なんか「神の教え」を主張としてる「人」たちが武力によって人殺ししてる人たちのアフガニスタンのニュース見たから、ちょっと言いたかっただけ。

    もうここは見るだけにしとくね。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15716 ] / 返信無し
■15741 / 10階層)  キリスト教における身体
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/21(Sat) 19:36:07)
    https://youtu.be/tb2ZT6q73AU

    身体性の哲学に惹かれる現代人は少なくないが、西洋哲学史からいえばとても本流とはいえないと思う。西洋哲学はなんといっても、精神、思考によって極められてきた。とくに20世紀後半から身体性がもてはやされてきているが、もっと遡ってもそれほど昔の話しではないでしょう。

    身体の重視という点では、哲学よりむしろキリスト教だと思う。

    メルロポンティをもってきても、驚くべきことはない。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15695 ] / ▼[ 15786 ]
■15755 / 6階層)  Re[6]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/22(Sun) 12:36:16)
    > 人間が関わるすべての出来事や現象が、永遠の現在の視点から神に観られている。これがキリスト教の公理のようなもの。

    永遠の現在の視点から、宇宙における過去・現在・未来のすべてを観ている主体の存在を証明することはできないといっていい。その存在を仮定・前提するのがキリスト教ということだ。気に入らない人が多数いることは当然ですが、こういった視点を前提することにどういう不都合があるのだろうか、考えてみるのも面白い。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15755 ] / ▼[ 15851 ] ▼[ 17143 ]
■15786 / 7階層)  人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/23(Mon) 20:33:29)
    日本人のほとんどは、人間神と人格神の違いがわかっていないと思う。わたしの経験では、よほど本格的なクリスチャン以外では、全滅かな。

    神は宇宙内部の有形生命体ではありません。その意味での神がいないことは、キリスト教からも当然です。キリストが人間であると同時に神であるというのは、無形のperson=第二位格(人格神とはこのこと)にキリストの神性と人間性がどちらも完全に帰属していることを意味する。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15786 ] / ▼[ 15858 ]
■15851 / 8階層)  ntライト
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/27(Fri) 17:13:15)
    https://youtu.be/cUWtgVan3MM

    英語圏の中で、最もブリリアントで多産な新約聖書学者としてこの人を挙げる人は少なくないかもしれない。邦訳も最近何冊か出ています。

    youtube時代のすごさは、こういう人の講話をスマホで聴き放題できる。昔なら、ケンブリッジ大まで聴きに行かなければならなかった。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15851 ] / ▼[ 15864 ]
■15858 / 9階層)  アリストテレス
□投稿者/ apis -(2021/08/28(Sat) 05:26:40)
    お久しぶりでございます、apis デス。

    数か月前に、サルトルの件で投稿したことがあります。

    今回、紀伊國屋でアリストテレス「ニコマコス倫理学」を購入しました。

    また、投稿します。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15858 ] / ▼[ 15910 ]
■15864 / 10階層)  サルトル
□投稿者/ toll -(2021/08/28(Sat) 13:35:30)

    こんにちわ、apis様
    はじめまして。

    横レス失礼します。


    No15858に返信(apisさんの記事)
    > お久しぶりでございます、apis デス。
    >
    > 数か月前に、サルトルの件で投稿したことがあります。
    >
    > 今回、紀伊國屋でアリストテレス「ニコマコス倫理学」を購入しました。
    >
    > また、投稿します。
    >



    それ、私の記憶だと
    パニチェさんへの投稿だったと思います。
    こちらのトピ主様も教養が広いですから
    どういう対話になるか愉しみですわ^^
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15864 ] / ▼[ 15913 ]
■15910 / 11階層)  投稿ありがとうございます
□投稿者/ knowing itself -(2021/08/30(Mon) 18:50:04)
    apisさん、tollさん、投稿ありがとうございます。誰かの返信がなくても、一人の方の連続投稿も歓迎します。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15910 ] / ▼[ 15958 ]
■15913 / 12階層)  ニコマコス倫理学
□投稿者/ apis -(2021/08/30(Mon) 20:51:31)
    アリストテレスのニコマコス倫理学について。

    ニコマコス倫理学を読んでいないと解けない問題があり、読んでみようと思いました。
    ニコマコス倫理学について少しばかり調べてみると、わたしは薄っぺらい本くらいに
    考えていましたが、なかなかの大著のような気がします。

    さらには、倫理学なんて大したことないわ、という先入観を持っていました。

    そこで、どのニコマコスを読むか悩みましたが、以下のものを選びました。

    菅 豊彦著 アリストテレス『ニコマコス倫理学』を読む−幸せとは何か
    勁草書房 ISBN:4326154373

    そうです、ニコマコスそのものではなく、入門書なのです。
    でも、これで良かったです。
    なぜなら、倫理学って・・・難しかった。
    まえがきのところを読んでみて、少なくともそう感じました。
    思えば、カントにも倫理学ありますね。

    けれども、そんなに固く考えずに、何とか最後まで読み通して、
    いつかニコマコス倫理学そのものを読めたらいい、くらいに思っています。

    なお、あまり興味がないにも関わらずこの著書を選んだのは、
    紀伊國屋オンラインでポイント30倍フェアをやっていて、ポイントが
    欲しかったからです。

    本屋さん、大好きです。哲学は難しいけれど。

    それと、9月に勤務先の事務所が移転する予定で、週末に視察に行きました。
    すると、ラッキーなことに通勤途上に紀伊國屋本店があるではありませんか。

    嬉しいです。貯めたポイントで本を買いたいです。

    以上

    (〇 先のサルトルはまだ読んでいる途中です。
    サルトルも難しいです。)

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15913 ] / ▼[ 15970 ]
■15958 / 13階層)  Re[13]: ニコマコス倫理学
□投稿者/ toll -(2021/09/01(Wed) 08:44:44)

    倫理学、、、見当も付かないから
    『ニコマコス倫理学』を検索。
    (本を読む時 あとがきから読む方なんで、、^^)



    wiki より こっちかなと。


     『ニコマコス倫理学』は、古代ギリシアの哲学者アリストテレスが生前残した講義ノートや草稿などを、アリストテレスの息子ニコマコスらが編集したものだ(なので“ニコマコス倫理”についての学、なるものがあるわけではない)。全10巻からなる。

    本書の主張をシンプルにまとめると、大体次のような感じだ。
    最高善は幸福であり、最高善に達するためには「中庸の徳」を身につけなければならない。中庸の徳には色々なバリエーションがあるが、最も優れた徳は知性の活動による観照にある。知性の活動はそれ自身が目的であり、それ自身の快楽があるので、知性の活動が究極の幸福。
    本書の中心テーマは中庸の徳だ。観照的な活動に究極の幸福(つまり最高善)がある。徳は善の条件であり、観照的活動によって徳福一致が可能となる。ここにアリストテレスのポイントがあった。

    https://www.philosophyguides.org/decoding/decoding-of-aristoteles-ethica-nicomachea/



    ポイントが判って ちょっと希望が見えてきたように思う^^
    ロムしてまーす。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15958 ] / ▼[ 15971 ]
■15970 / 14階層)  Re[14]: ニコマコス倫理学
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/01(Wed) 19:00:34)
    菅豊彦さんは、著書と翻訳書の一覧をみればすぐわかるように、ウィトゲンシュタイン関連の仕事が多いですね。アリストテレスについて本を書かれるというとことは、哲学的なテーマとして繋がりがあるのでしょうね。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15970 ] / ▼[ 16062 ] ▼[ 17108 ]
■15971 / 15階層)  アンスコム
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/01(Wed) 19:09:38)
    菅豊彦さんの翻訳にアンスコムの「インテンション」があります。哲学史に詳しい人ならご存知だと思いますが、ウィトゲンシュタインの信頼が厚かった女性哲学者です。アンスコムは敬虔なカトリックでしたが、「哲学の三人 アリストテレス・トマス・フレーゲ」というのがあるようです。読んでみたいな。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15971 ] / ▼[ 16067 ]
■16062 / 16階層)  Re[16]: アンスコム
□投稿者/ toll -(2021/09/05(Sun) 09:29:53)

    おはようございます。


    No15971に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 菅豊彦さんの翻訳にアンスコムの「インテンション」があります。哲学史に詳しい人ならご存知だと思いますが、ウィトゲンシュタインの信頼が厚かった女性哲学者です。アンスコムは敬虔なカトリックでしたが、「哲学の三人 アリストテレス・トマス・フレーゲ」というのがあるようです。読んでみたいな。




    女性哲学者って多くはないみたいだけど
    その中からアンスコムを選出。
    なかなかの目利きですね。
    なんて、偉そうにすみません。
    でも、興味深い人ですね。
    世紀を跨いだせいか? フェミニズムのはないのかな。
    以下 ↓ メモ的に貼らせてくださいね。




    アンスコム

    ここからのを採用。
     ttp://plaza.umin.ac.jp/~kodama/ethics/wordbook/anscombe.html
    英国の哲学者(1919-2001)。 ウィトゲンシュタインの弟子の一人で、 哲学者ピーター・ギーチの妻でもある。
    ウィトゲンシュタインの遺稿の編集に貢献したほか、 行為論における古典的著作である『意図』(Intention, 1957)を書いた。 また、`Modern Moral Philosophy'という有名な論文では、 近現代の義務や権利に基づいた道徳の議論は宗教(神の法)抜きでは 理解不能だからやめるべきで、 かわりにアリストテレスの ような徳倫理に戻るべきだと論じている。




    人物評は容姿端麗 突飛で口汚い。



    【怒りに震える女、アンスコム(続)】
    マリー・ウォーノックは、エリザベス・アンスコムに最初に出会ったときの印象について、自伝の中でこう語っている。
    「彼女は不恰好な黒いズボンと、特徴のないぶかぶかのセーターを着ていたけれど、また、かなり長くてベタベタしていて特定の色合いを持たない髪を頭の後ろで「おだんご」のようにしてまとめていたけれど、彼女の顔は、片目の斜視が目に付くものの、驚くほどの静謐さと美しさを備えていた。彼女は「キリストの降誕」の絵に出てくる天使のような感じだった。信者が聖母マリアの厚意を得たいと願うのと同じように、アンスコムに会った人はただちに、彼女の共感、彼女の祝福、彼女の愛情を得たいと思っただろう。そしてさらに印象的だったのは、彼女が話をするときの声の美しさだった。この事実が、後々、彼女のしばしば荒っぽい言葉遣いの破壊力をさらに増したのだった」[1]
    そのような容姿と美しい声で、アンスコムはウォーノックの夫となるジェフリー・ウォーノックのことを、「あのクソ男のウォーノック(that shit, Warnock)」と呼んでいた。ジェフリー・ウォーノックはJ.L.オースティンに心酔していたため、当然ながらアンスコムに忌み嫌われていた。前回、マリー・ウォーノックがB.Philに進学する件でアンスコムに責められた話をしたが、彼女が強く非難されたことがもう一つあり、それがジェフリー・ウォーノックとの結婚話だった。
    アンスコムは自分と同学年のジーン・クーツが卒業後にオースティンと結婚すると聞いたときも、あんなひどい男(someone so awful)と結婚するなんてと彼女を厳しく非難した[2]。これから結婚する人に対して、アンスコムは祝福の言葉を述べるどころか呪いの言葉を吐いたわけである。
     ttps://webmedia.akashi.co.jp/posts/3627




    プラトンの『国家』をフェミニズム哲学の本だと思う人はまずいないだろう。しかし、男性と同じように女性にも理想の都市国家をつくりあげる能力があるとプラトンが語ったとき、彼は時代のはるか先を行っていた。ソクラテスの言葉を通してプラトンが主張したのは、才能と知性を備えた女性は、男性とともに「国の守護者」として力を発揮すべきだということである。「哲人王」とも呼ばれた守護者たちは、哲学の智恵を市民に授け、都市に調和をもたらすことで国家を統治する存在だった。
     それから2000年以上たっても、人々は相変わらずこう思っている。プラトンの時代から思想の分野を担ってきたのはほとんどが男性だろうと。まるで、女性も偉大な哲学者になれるというプラトンの予言を、これまでだれも実現してこなかったかのように。少なくとも、現在の哲学書を目にすれば、そう思ってしまう。
     ttps://book.asahi.com/jinbun/article/14355037


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16062 ] / ▼[ 16071 ]
■16067 / 17階層)  Re[17]: アンスコム
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/05(Sun) 14:25:20)
    男性女性という区別以前に、哲学に対して妥協を知らない厳格なウィトゲンシュタインが自分の遺著管理者の一人として指名し、「哲学探求」の翻訳者として彼女を指名したというくらいですから、ウィトゲンシュタイン哲学の理解者として信頼されていた。そのことがすごいです。哲学とは関係ないエピソードなどはどうでもいい。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16067 ] / ▼[ 16482 ]
■16071 / 18階層)  Re[18]: アンスコム
□投稿者/ toll -(2021/09/05(Sun) 17:20:43)

    こんにちわ
    レス ありがとうございます。



    No16067に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 男性女性という区別以前に、哲学に対して妥協を知らない厳格なウィトゲンシュタインが自分の遺著管理者の一人として指名し、「哲学探求」の翻訳者として彼女を指名したというくらいですから、ウィトゲンシュタイン哲学の理解者として信頼されていた。そのことがすごいです。哲学とは関係ないエピソードなどはどうでもいい。




    何気に
    ウィトゲンシュタインの人となりを
    教えてくれて ありがとうございます。

    それぞれアプローチの仕方が違うから
    お好きに探求されれば良いのですよね。

    表現が素晴らしいとしても
    人格まで完璧という人間はそうざらにいない。
    アンスコム女史と付き合うのも並大抵ではないかもね。

    三宗教人の論考
    もし読んだら、ちょっとだけ公開してくださったら嬉しいです。



    アリストテレスの倫理学は どんな感じかしらね。
    apis さんの登場が待たれる〜 ^^
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16071 ] / ▼[ 16483 ]
■16482 / 19階層)  Re[19]: アンスコム
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/20(Mon) 09:11:21)
    付き合うのが大変な人格ということなら、ウィトゲンシュタインはすごいと思いますよ。

    凡人が一つ屋根で暮らすことは諦めた方がいいでしょう。

    あのくらい徹底すると魅力的です。

    ウィーンでも有名な超大富豪(鉄鋼王)の子息でありながら、遺産を放棄して質素な生活を選ぶとか。

    ラッセルに哲学の天才を認められても、小学校教師として衝突を繰り返しながら挫折するまで徹底したり。

    ケンブリッジの教え子のスノッブな浅薄さに、哲学の無理解に不快を隠さなかったり。

    そういうウィトゲンシュタイが自分の哲学の理解者と認めたくらいだから、アンスコムはただものではないと思います。




[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16482 ] / ▼[ 16688 ]
■16483 / 20階層)  アリストテレス
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/20(Mon) 09:35:11)
    永井均さんにニーチェについての著書があるが、編集者か持ちかけたのは、「本当はたいしたことないニーチェ」という趣旨で書いてくれだったと。出来上がったのは、本当はたいしたことないのは確かだが、やはりたいしたものであるニーチェという内容になったそうです。

    永井均さんによると、たいていの哲学者は、「本当はたいしたことないウィトゲンシュタイン」「本当はたいしたことない西田幾多郎」のように書ける。それが書けないのが、アリストテレスだ。

    この点、ツィッターでもやり取りされています。同意する人もいた。

    私も同意。コルトレーンやマイルスデイビスなんか全然たいしたことない、どこがいいのかさっぱりわからないといいながらジャズを聴くようなものです。ジャズにあたるのはもちろん西洋哲学です。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16483 ] / ▼[ 16691 ]
■16688 / 21階層)  Re[21]: アリストテレス
□投稿者/ パニチェ -(2021/09/23(Thu) 18:17:58)
    こんにちは、knowing itselfさん。横レス失礼します。

    No16483に返信(knowing itselfさんの記事)

    > 永井均さんによると、たいていの哲学者は、「本当はたいしたことないウィトゲンシュタイン」「本当はたいしたことない西田幾多郎」のように書ける。それが書けないのが、アリストテレスだ。

    ここ、興味があるので、できればもう少し詳しい説明をお願いします。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16688 ] / ▼[ 16693 ] ▼[ 16698 ]
■16691 / 22階層)  Re[22]: アリストテレス
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/23(Thu) 19:03:14)
    パニチェさん こんばんは。
    >>永井均さんによると、たいていの哲学者は、「本当はたいしたことないウィトゲンシュタイン」「本当はたいしたことない西田幾多郎」のように書ける。それが書けないのが、アリストテレスだ。
    >
    > ここ、興味があるので、できればもう少し詳しい説明をお願いします。

    永井さんがツイッターで語っていたのをちらっと読んだだけなので、詳しい理由はよくわからないのですが、なぜそうなのか問うてみること自体が哲学的な作業かなと思います。永井さんはまとまった著書でもなかなか真意がわかりにくいので、ツイッターだとさらに難しいですね。

    もちろん、アリストテレスが非の打ち所がない完全な哲学者という意味ではまったくないと思います。自分の考えがアリストテレスに近いという意味でもまったくない。

    真意はどこにあるんでしょうね。パニチェさんをはじめ、哲学的考察が読んでみたいと思います。

    私の考えをいうと、アリストテレスは内容というより西洋哲学することそれ自体の元祖のようなところがある。内容的には個別科学で覆されたことが多い。枠組みの内容より西洋哲学の枠組みを作った人なので、その枠組みを否定したらもうそこで話しは終わってしまう。

    永井さんがどう考えているかは、よくわからないというのが本音です。ツイッターで永井さんがアリストテ
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16691 ] / 返信無し
■16693 / 23階層)  Re[23]: アリストテレス
□投稿者/ knowing itself -(2021/09/23(Thu) 19:41:38)
    アリストテレスは、優れて存在するものウーシアを、超越世界の普遍的なものではなく、「ここにある、このもの」すなわち個物においた哲学者とされています。師匠プラトンからのある意味での転換です。永井哲学の萌芽といえなくもないとむりやりこじつける(knowing itselfがです)こともできるかも。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 16691 ] / 返信無し
■16698 / 23階層)  Re[23]: アリストテレス
□投稿者/ パニチェ -(2021/09/23(Thu) 21:24:06)
    knowing itselfさん、返信ありがとうございます。

    No16691に返信(knowing itselfさんの記事)

    > 永井さんがツイッターで語っていたのをちらっと読んだだけなので、詳しい理由はよくわからないのですが、なぜそうなのか問うてみること自体が哲学的な作業かなと思います。永井さんはまとまった著書でもなかなか真意がわかりにくいので、ツイッターだとさらに難しいですね。

    > もちろん、アリストテレスが非の打ち所がない完全な哲学者という意味ではまったくないと思います。自分の考えがアリストテレスに近いという意味でもまったくない。

    > 真意はどこにあるんでしょうね。パニチェさんをはじめ、哲学的考察が読んでみたいと思います。

    > 私の考えをいうと、アリストテレスは内容というより西洋哲学することそれ自体の元祖のようなところがある。内容的には個別科学で覆されたことが多い。枠組みの内容より西洋哲学の枠組みを作った人なので、その枠組みを否定したらもうそこで話しは終わってしまう。

    > 永井さんがどう考えているかは、よくわからないというのが本音です。ツイッターで永井さんがアリストテ


    No16693に返信(knowing itselfさんの記事)
    > アリストテレスは、優れて存在するものウーシアを、超越世界の普遍的なものではなく、「ここにある、このもの」すなわち個物においた哲学者とされています。師匠プラトンからのある意味での転換です。永井哲学の萌芽といえなくもないとむりやりこじつける(knowing itselfがです)こともできるかも。

    了解しました。
    ちなみに私はアリストテレスを語るにはあまりに知らなさすぎます。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15971 ] / 返信無し
■17108 / 16階層)  Re[16]: アンスコム
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/03(Sun) 15:22:20)
    > 「哲学の三人 アリストテレス・トマス・フレーゲ」というのがあるようです。

    入手しました。中身は濃いです。難解。一か月以内に通読して終わりの本ではない。われこそは教示してあげるという人の投稿はもちろん大歓迎です。

    アンスコム単独の書ではなく、当時のイギリスを代表するフレーゲ研究者でもあるギーチとの夫婦による論考です。アンスコムはアリストテレス、ギーチはトマスとフレーゲ。
    二人とも中世哲学と分析哲学を統合するという立場です。

    面白いと思ったとは、巻末に紹介されていたギーチの宗教遍歴。父親が宗教をよく変える人で、自分もそれに合わせて仏教やベジタリアンであったことも。その中でも最後にもっとも熱心に心酔したのがマクタガートの哲学。永井均氏の翻訳でも知られるマクタガートです。「時間の非実在性」。やがてマクタガータリアンからカトリックに改宗して、同じく改宗してまもないアンスコムと結婚した。




[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15786 ] / ▼[ 17151 ]
■17143 / 8階層)  Re[8]: 人間神と人格神
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/04(Mon) 09:50:48)
    難しいですね。

    >キリストが人間であると同時に神であるというのは、無形のperson=第二位格(人格神とはこのこと)にキリストの神性と人間性がどちらも完全に帰属していることを意味する。

    という説明は、おそらくキリスト教神学にある程度通じていないと、理解が困難なのではないでしょうか?

    できれば、神学に詳しくない者にもわかるような説明をしていただけませんか? 
    もちろん、それはそもそも無理な話、ということであるなら仕方ありませんが。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17143 ] / ▼[ 17160 ]
■17151 / 9階層)  Re[9]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/04(Mon) 17:04:05)
    > >キリストが人間であると同時に神であるというのは、無形のperson=第二位格(人格神とはこのこと)にキリストの神性と人間性がどちらも完全に帰属していることを意味する。
    >
    > という説明は、おそらくキリスト教神学にある程度通じていないと、理解が困難なのではないでしょうか?
    >
    > できれば、神学に詳しくない者にもわかるような説明をしていただけませんか? 
    > もちろん、それはそもそも無理な話、ということであるなら仕方ありませんが。

    一つの側面を説明します。キリスト教で最重要の原理は、キリストは100パーセント人間であると同時に100パーセント神でもある、ですね。同時で同等なのですが、この両辺を中道で対等にすることはできません。究極的には無形の神の意思が原因、源泉です。そのように理解しています。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17151 ] / ▼[ 17177 ]
■17160 / 10階層)  Re[10]: 人間神と人格神
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/04(Mon) 20:41:24)
    う〜む、やっぱり

    >無形のperson=第二位格(人格神とはこのこと)

    っていうのが問題かな…
    理解が心もとないのですが、次のような受け取りはどうでしょう?

    喩えで説明します。

    ピタゴラスの定理の証明を、紙の上に三角形を書いて行ったとします。
    この紙の上に書かれた三角形の図は、一方で、現実世界の鉛筆で線描された事物の一つです。
    他方、この証明において我々が見るのは、いわばユークリッド宇宙というイデア世界の三角形のイデアを意味する象徴(シンボル)でもあります。
    つまり、紙の上に線描されたシンボルとしての三角形は、現実世界の一事物としての図形であると同時に、イデアとしての三角形でもある。

    以上のような感じで、
    キリストは、歴史上の人物イエスであると同時に、神である。

    っていう解釈はどうでしょう?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17160 ] / ▼[ 17188 ] ▼[ 17262 ]
■17177 / 11階層)  Re[11]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/05(Tue) 06:28:21)
    No17160に返信(ザビビのふくろうさんの記事)
    > う〜む、やっぱり
    >
    > >無形のperson=第二位格(人格神とはこのこと)
    >
    > っていうのが問題かな…
    > 理解が心もとないのですが、次のような受け取りはどうでしょう?
    >
    > 喩えで説明します。
    >
    > ピタゴラスの定理の証明を、紙の上に三角形を書いて行ったとします。
    > この紙の上に書かれた三角形の図は、一方で、現実世界の鉛筆で線描された事物の一つです。
    > 他方、この証明において我々が見るのは、いわばユークリッド宇宙というイデア世界の三角形のイデアを意味する象徴(シンボル)でもあります。
    > つまり、紙の上に線描されたシンボルとしての三角形は、現実世界の一事物としての図形であると同時に、イデアとしての三角形でもある。
    >
    > 以上のような感じで、
    > キリストは、歴史上の人物イエスであると同時に、神である。
    >
    > っていう解釈はどうでしょう?

    神の像とか形とか訳されるギリシャ語はアイコーンですね。キリストというアイコーンをみるものは父をみる。可視的な人間としてのキリストをみることは不可視の神をみること。

    現実世界の感覚的な三角形と不可視の三角形の比喩もある程度は成り立つと思います。

    ただ、神は幾何学世界の一対象ではなく、幾何学という法則そのものを無から創り出した主体なので、理想世界の三角形に神をなぞらえるのは、不正確だと思います。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17177 ] / ▼[ 17192 ]
■17188 / 12階層)  Re[12]: 人間神と人格神
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/05(Tue) 09:21:34)
    >ただ、神は幾何学世界の一対象ではなく、幾何学という法則そのものを無から創り出した主体なので、理想世界の三角形に神をなぞらえるのは、不正確だと思います。

    ああ、ここは私の説明が舌足らずだったかもしれません。

    イデアとしての三角形が、ユークリッド宇宙の存在であるのと類比的に、

    神としてのキリストは、いわばキリスト教教義(公理)を根本法則とする神の世界(神の国?)内の存在である

    というふうに解釈するということです。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17188 ] / ▼[ 17195 ]
■17192 / 13階層)  Re[13]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/05(Tue) 11:53:30)
    > 神としてのキリストは、いわばキリスト教教義(公理)を根本法則とする神の世界(神の国?)内の存在である
    >
    > というふうに解釈するということです。

    そういう解釈はないと思います。キリスト教教義を根本法則とする神の世界という表現は聞いたことがありません。神であるキリストは、神の世界内部の存在ではなく、神それ自体です。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17192 ] / ▼[ 17259 ]
■17195 / 14階層)  Re[14]: 人間神と人格神
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/05(Tue) 12:30:51)
    >キリスト教教義を根本法則とする神の世界という表現は聞いたことがありません。神であるキリストは、神の世界内部の存在ではなく、神それ自体です。

    なるほど。

    ひょっとすると「キリスト教教義を根本法則とする神の世界」という表現がまずいのかな?
    「神の世界」より、シンプルにに「信仰世界」くらいがよかったのかも。
    つまり、キリスト信仰における世界(教義を公理として観られた世界)では、歴史上の人物イエスは同時にキリスト=神である。
    というような。それでもだめかもしれませんが(笑)

    まあ、いずれにしても、私はキリスト教の教義についてあまりに知識が不足していますので、
    神学的内容にまで立ち入った議論を詰めるには無理があると思います。
    なので、このあたりにしておきます。

    宗教についてまともに議論できる人はめったにいませんので、つい訊ねてみたくなりました。
    お付き合いいただきありがとうございました。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17195 ] / 返信無し
■17259 / 15階層)  Re[15]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/06(Wed) 16:17:38)
    ザビビのふくろうさん レスありがとうございます。

    > なので、このあたりにしておきます。
    >
    > 宗教についてまともに議論できる人はめったにいませんので、つい訊ねてみたくなりました。
    > お付き合いいただきありがとうございました。

    こちらこそありがとうございます。掲示板は議論や対話もさることながら、書き込みを通じて自分が何かを発見することの方が遥かに重要だと考えています。何か面白いことがありましたら書き込んでください。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17177 ] / ▼[ 17308 ]
■17262 / 12階層)  Re[12]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/06(Wed) 16:39:24)
    自己レスです。興味のある方は読んでください。書き込みもどうぞ。

    > 神の像とか形とか訳されるギリシャ語はアイコーンですね。キリストというアイコーンをみるものは父をみる。可視的な人間としてのキリストをみることは不可視の神をみること。
    >

    地上で生きた歴史的なイエスと神の関係として、上記を理解することは、多分ほとんどの人の想定内でしょう。

    実は、神の像というのは、より本質的には、天地創造以前からある関係と考えるべき。もちろん天地創造以前には「像」など存在していないので、あくまで喩えです。「父」は寸分も違わない同一の自身の像=「子」をみた。像である子なる神をみることは、父なる神をみることであるとは、端的にはこのことです。人として受肉した子なる神キリストをみることは、本来不可視の子なる神をみることであり、それは同時に父なる神をみることになる。

    神の「像」もこのような二重性で理解すべきでしょう。




[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17262 ] / ▼[ 17327 ]
■17308 / 13階層)  Re[13]: 人間神と人格神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/07(Thu) 18:50:04)
    > 地上で生きた歴史的なイエスと神の関係として、上記を理解することは、多分ほとんどの人の想定内でしょう。
    >
    > 実は、神の像というのは、より本質的には、天地創造以前からある関係と考えるべき。もちろん天地創造以前には「像」など存在していないので、あくまで喩えです。「父」は寸分も違わない同一の自身の像=「子」をみた。像である子なる神をみることは、父なる神をみることであるとは、端的にはこのことです。人として受肉した子なる神キリストをみることは、本来不可視の子なる神をみることであり、それは同時に父なる神をみることになる。
    >
    > 神の「像」もこのような二重性で理解すべきでしょう。

    超越的な存在に対して、地上的な存在がその像になっているというのは、正しくない。

    超越的な世界で父に対して像のような関係にある、その関係が地上でも再現されている。これが正しい理解。三位一体もそういうこと。
    ただこの場合、地上で生きるキリストは超越的な子なる神に対して従属するとか、劣化するとか、劣化するということは一切ない。完全にイコール、同等である。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17308 ] / ▼[ 17343 ]
■17327 / 14階層)  三位一体の神との交わり
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/08(Fri) 07:07:57)
    >>実は、神の像というのは、より本質的には、天地創造以前からある関係と考えるべき。もちろん天地創造以前には「像」など存在していないので、あくまで喩えです。「父」は寸分も違わない同一の自身の像=「子」をみた。像である子なる神をみることは、父なる神をみることであるとは、端的にはこのことです。人として受肉した子なる神キリストをみることは、本来不可視の子なる神をみることであり、それは同時に父なる神をみることになる。


    > 超越的な世界で父に対して像のような関係にある、その関係が地上でも再現されている。これが正しい理解。三位一体もそういうこと。

    キリストを信仰するというのは、不正確、ミスリーディング。下にあるものが上にあるものを見上げて憧れる、信じ込むというニュアンスになる。

    そうではなく、キリスト「の」信、キリスト「にある」信、キリスト「における」信。こういった信に参加することがキリスト教の信仰。三位一体の神の交わりとはそういうことです。



[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17327 ] / ▼[ 17408 ]
■17343 / 15階層)  Re[15]: 三位一体の神との交わり
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/09(Sat) 07:11:01)
    No17327に返信(knowing itselfさんの記事)
    > >>実は、神の像というのは、より本質的には、天地創造以前からある関係と考えるべき。もちろん天地創造以前には「像」など存在していないので、あくまで喩えです。「父」は寸分も違わない同一の自身の像=「子」をみた。像である子なる神をみることは、父なる神をみることであるとは、端的にはこのことです。人として受肉した子なる神キリストをみることは、本来不可視の子なる神をみることであり、それは同時に父なる神をみることになる。

    「像」という喩えで誤解しがちだが、一枚の固定した静止画像ではありません。そういう理解だけは絶対にしてはいけない。全知ですべてを洞察し創造する無形の神がそこにもあるという意味の方が正確。「みことば」である子なる神。

    >>超越的な世界で父に対して像のような関係にある、その関係が地上でも再現されている。これが正しい理解。三位一体もそういうこと。
    >
    > キリストを信仰するというのは、不正確、ミスリーディング。下にあるものが上にあるものを見上げて憧れる、信じ込むというニュアンスになる。
    >
    > そうではなく、キリスト「の」信、キリスト「にある」信、キリスト「における」信。こういった信に参加することがキリスト教の信仰。三位一体の神の交わりとはそういうことです。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17343 ] / 返信無し
■17408 / 16階層)  天と地の一体化
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/10(Sun) 14:18:30)
    > 「像」という喩えで誤解しがちだが、一枚の固定した静止画像ではありません。そういう理解だけは絶対にしてはいけない。全知ですべてを洞察し創造する無形の神がそこにもあるという意味の方が正確。「みことば」である子なる神。

    キリスト教というと現実や肉体無視の形而上学だとか天上だけありがたがるとか批判する向きもあるが、それは間違い。

    「みことば」が地上に降りてきて、天と地が一枚になり、そこで「みことば」が働いている。それをいってるのがキリスト教。

    > >>超越的な世界で父に対して像のような関係にある、その関係が地上でも再現されている。これが正しい理解。三位一体もそういうこと。
    >>
    >>キリストを信仰するというのは、不正確、ミスリーディング。下にあるものが上にあるものを見上げて憧れる、信じ込むというニュアンスになる。
    >>
    >>そうではなく、キリスト「の」信、キリスト「にある」信、キリスト「における」信。こういった信に参加することがキリスト教の信仰。三位一体の神の交わりとはそういうことです。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 15684 ] / ▼[ 17150 ]
■17142 / 3階層)  Re[3]: 全知と自由意志
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/04(Mon) 09:46:25)
    はじめまして
    ザビビのふくろうといいます。

    興味深く読みました。
    ただ、自分としては腑に落ちないというか、引っかかることがあるので、少し私見を述べさせてください。

    >神には過去と現在と未来の区別はない。すべてが「等距離」。というより、距離は0。時空間を超越するのが神の本質だから

    と書かれていますが、この言葉をこのまま受け取れば、むしろ神には時間は無い、「無時間」という意味のほうがしっくりきます。
    「永遠の相の下で」という言い方がありますが、このイメージは幾何学的世界のような無時間的世界ではないでしょうか。

    しかし、テレビとなると、これは時間的順序に従って私に立ち現れる現象であり、当然世界は時間的現象として捉えられているように思われます。
    そうすると、「すべてが「等距離」」ということと整合しないのでは?、と思うのです。

    どう考えられますか?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17142 ] / ▼[ 17158 ]
■17150 / 4階層)  Re[4]: 全知と自由意志
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/04(Mon) 16:50:23)
    ザビビのふくろうさん はじめまして。

    > はじめまして
    > ザビビのふくろうといいます。
    >
    > 興味深く読みました。
    > ただ、自分としては腑に落ちないというか、引っかかることがあるので、少し私見を述べさせてください。
    >
    > >神には過去と現在と未来の区別はない。すべてが「等距離」。というより、距離は0。時空間を超越するのが神の本質だから
    >
    > と書かれていますが、この言葉をこのまま受け取れば、むしろ神には時間は無い、「無時間」という意味のほうがしっくりきます。

    それでもいいと思います。超越しているとは、そこには時間はない、無時間ということです。時間の中にあるのではないので、超越です。

    > 「永遠の相の下で」という言い方がありますが、このイメージは幾何学的世界のような無時間的世界ではないでしょうか。

    幾何学もイメージなので、それも超えていると思います。

    > しかし、テレビとなると、これは時間的順序に従って私に立ち現れる現象であり、当然世界は時間的現象として捉えられているように思われます。
    > そうすると、「すべてが「等距離」」ということと整合しないのでは?、と思うのです。
    >
    > どう考えられますか?

    テレビのスクリーンの喩えは、テレビに映る映像を超えている無色透明な超越性をあらわすために使ったつもりです。

    等距離というのは、距離がまったくないという意味での等距離です。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17150 ] / ▼[ 17194 ]
■17158 / 5階層)  Re[5]: 全知と自由意志
□投稿者/ ザビビのふくろう -(2021/10/04(Mon) 20:39:23)
    knowing itselfさん
    レスをありがとうございます。

    一応おっしゃっていることは理解しているつもりなんですが、
    やはり私としては違和感があるんですよね。

    一方のテレビの喩えだと、いわば「いつでも常に今だけある」の永遠の現在。
    他方、過去現在未来の区別のない無時間という意味の永遠の相の下。
    これらがどうも、自分の中でしっくり折り合いがつかないという感じです。
    そのせいか、「全知」って概念は、今一つぴんときません。
    まあ、それは私の個人的問題なんで、とりあえず、このあたりにしときます。

    説明ありがとうございました。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17158 ] / ▼[ 17460 ]
■17194 / 6階層)  三位一体の神
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/05(Tue) 12:29:33)
    三位一体の神は、コミュニティとしてある神だという表現がなされることがあります。これは神という内部空間に三つの神が存在するという意味ではない。一つの同じ神が三つの位格の対面関係のようにしてあるということ。三つの別主体なら三神論になるので認められない。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17194 ] / ▼[ 17471 ] ▼[ 17503 ]
■17460 / 7階層)  音楽と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/12(Tue) 06:45:16)
    クラシックに限らず音楽はそれ自体、ある種の言語だと思う。抽象的な記号を身体で出力して、そこにうまれる人間や自然との共鳴が音楽の本質。言語は単なるコミニュケーションツールで、必要悪、言語最悪説といった、東洋思想の一部にある言語観と、クラシック音楽の言語観は、少し違うかな。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17460 ] / 返信無し
■17471 / 8階層)  Re[8]: 音楽と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/12(Tue) 11:10:32)
    > クラシックに限らず音楽はそれ自体、ある種の言語だと思う。

    クラシック音楽と西洋哲学の理解、受容は似ているところがある。
    作者が構想した・書いたとおり、作者のアタマに現前したとおり、鑑賞者にはそのとおりに受容することを強く迫る。他の何かに置き換えたり、解説本を受け売りしたり、触りだけでわかっりでは、歪曲、低俗化、陳腐化の危険が強い。

    西洋哲学も、本来なら原文で読むのがベストでしょう。作者が書いたとおり、思考したとおりのテキストを追いかける。

    クラシック音楽はとっつきにくいというが、作者のアタマに響いたとおりに近いものを、交響曲なら長くても一時間半で追体験できるのが魅力。科学論文でも哲学書でも、そんな短時間ではムリ。文学書でも長い。もっともこの意味でなら、絵画などは最高といえるでしょう。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17460 ] / ▼[ 17510 ]
■17503 / 8階層)  Re[8]: 音楽と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/13(Wed) 06:04:21)
    > クラシックに限らず音楽はそれ自体、ある種の言語だと思う。抽象的な記号を身体で出力して、そこにうまれる人間や自然との共鳴が音楽の本質。言語は単なるコミニュケーションツールで、必要悪、言語性悪説といった、東洋思想の一部にある言語観と、クラシック音楽の言語観は、少し違うかな。

    そういえばウィトゲンシュタインの後期に「言語ゲーム」があった。彼の「語り得ないもの」は前期の論理についての研究にあるものではあるが、ウィトゲンシュタイン哲学を彼の思索人生全体をフォローせずに、「語り得ないもの」だけを東洋思想的な沈黙礼讃のように理解する傾向が、ないとはいえないと思う。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17503 ] / ▼[ 17532 ]
■17510 / 9階層)  維摩の一黙雷の如し
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/13(Wed) 20:44:40)
    2021/10/14(Thu) 07:00:27 編集(投稿者)

    こんばんは、knowing itselfさん。横レス失礼します。

    No17503に返信(knowing itselfさんの記事)
    > そういえばウィトゲンシュタインの後期に「言語ゲーム」があった。彼の「語り得ないもの」は前期の論理についての研究にあるものではあるが、ウィトゲンシュタイン哲学を彼の思索人生全体をフォローせずに、「語り得ないもの」だけを東洋思想的な沈黙礼讃のように理解する傾向が、ないとはいえないと思う。

    同意です。論考の「語りえぬことについて人は沈黙せねばならない」は、仏教者や仏教徒が読むとどうしても維摩経の不二の法門「維摩の一黙雷の如し」とかぶらせて解釈することが多いでしょうね。

    死後40年経って発見された日記、2005年に刊行された『ウィトゲンシュタイン哲学宗教日記』を読めば彼が敬虔なクリスチャンであることが分かります。

    論考の写像理論「5.6私の言語の限界が私の世界の限界を意味する」を前提とすれば世界内に含まれない対象は「語りえない」ものであり、形而上学や神や倫理も含まれることからして、沈黙礼讃のような読解だけでは不十分だと思います。

    但し、論考の多くのページが(解説書の表現を借りれば)哲学的自我(形而上学的主体)、パニチェの言葉に換言すれば「比類なき先言の<私>」に割かれていること、また独我論は前期後期を通じてウィトゲンシュタイン哲学のメインにもなりるテーマであることからしても、語りえない主役は仏道の探究対象でもある自己とかぶるところは大きいと思います。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17510 ] / ▼[ 17534 ]
■17532 / 10階層)  Re[10]: 維摩の一黙雷の如し
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/14(Thu) 18:58:22)
    パニチェさん レスありがとうございます。

    >>そういえばウィトゲンシュタインの後期に「言語ゲーム」があった。彼の「語り得ないもの」は前期の論理についての研究にあるものではあるが、ウィトゲンシュタイン哲学を彼の思索人生全体をフォローせずに、「語り得ないもの」だけを東洋思想的な沈黙礼讃のように理解する傾向が、ないとはいえないと思う。
    >
    > 同意です。論考の「語りえぬことについて人は沈黙せねばならない」は、仏教者や仏教徒が読むとどうしても維摩経の不二の法門「維摩の一黙雷の如し」とかぶらせて解釈することが多いでしょうね。
    >
    > 死後40年経って発見された日記、2005年に刊行された『ウィトゲンシュタイン哲学宗教日記』を読めば彼が敬虔なクリスチャンであることが分かります。
    >
    > 論考の写像理論「5.6私の言語の限界が私の世界の限界を意味する」を前提とすれば世界内に含まれない対象は「語りえない」ものであり、形而上学や神や倫理も含まれることからして、沈黙礼讃のような読解だけでは不十分だと思います。

    ウィトゲンシュタインは、倫理や神の属性などは「語りえない」とする一方、神に激しく語りかける・祈ることは晩年に至るまでやめなかった人らしいですね。

    > 但し、論考の多くのページが(解説書の表現を借りれば)哲学的自我(形而上学的主体)、パニチェの言葉に換言すれば「比類なき先言の<私>」に割かれていること、また独我論は前期後期を通じてウィトゲンシュタイン哲学のメインにもなりるテーマであることからしても、語りえない主役は仏道の探究対象でもある自己とかぶるところは大きいと思います。

    仏道の探求対象でもある自己とかぶるところが大きいというのは同意します。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17532 ] / ▼[ 17541 ]
■17534 / 11階層)  「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/14(Thu) 19:39:24)
    最近、「哲学探究」新訳を出した鬼界彰夫氏の「ウィトゲンシュタインはこう考えた」。この中の特に

    第五部 「私」と言語 ー ウィトゲンシュタインの最後の思考

    ウィトゲンシュタインの言語ゲームの拡張については、ここに書かれていることに基本的に同意できます。



[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17534 ] / ▼[ 17582 ]
■17541 / 12階層)  Re[12]: 「私」と言語
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/14(Thu) 20:33:19)
    こんばんは、knowing itselfさん。レスありがとうございます。

    No17532に返信(knowing itselfさんの記事)
    > ウィトゲンシュタインは、倫理や神の属性などは「語りえない」とする一方、神に激しく語りかける・祈ることは晩年に至るまでやめなかった人らしいですね。

    そうみたいですね。
    ウィトゲンシュタインは自分がホモセクシュアルであることに対して後ろめたい気持ちを生涯背負ってたのかもしれません。


    No17534に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 最近、「哲学探究」新訳を出した鬼界彰夫氏の「ウィトゲンシュタインはこう考えた」。この中の特に

    > 第五部 「私」と言語 ー ウィトゲンシュタインの最後の思考

    > ウィトゲンシュタインの言語ゲームの拡張については、ここに書かれていることに基本的に同意できます。

    土曜日に第五部を読みなして返信させてもらいます。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17541 ] / ▼[ 17625 ]
■17582 / 13階層)  Re[13]: 「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/15(Fri) 17:24:38)
    パニチェさん レスありがとうございます。

    >>ウィトゲンシュタインは、倫理や神の属性などは「語りえない」とする一方、神に激しく語りかける・祈ることは晩年に至るまでやめなかった人らしいですね。
    >
    > そうみたいですね。
    > ウィトゲンシュタインは自分がホモセクシュアルであることに対して後ろめたい気持ちを生涯背負ってたのかもしれません。

    「語りえない」から倫理は無意味だとか、そもそも倫理はない、倫理とは関わりなく生きろ、などとはならないのがウィトゲンシュタインだと思います。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17582 ] / ▼[ 17634 ]
■17625 / 14階層)  Re[14]: 「私」と言語
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/16(Sat) 17:57:26)
    こんばんは、knowing itselfさん。レスありがとうございます。

    No17534に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 最近、「哲学探究」新訳を出した鬼界彰夫氏の「ウィトゲンシュタインはこう考えた」。この中の特に
    > 第五部 「私」と言語 ー ウィトゲンシュタインの最後の思考
    > ウィトゲンシュタインの言語ゲームの拡張については、ここに書かれていることに基本的に同意できます。

    鬼界氏の「確実異性の問題」の読解が正しいかどうかは再度「確実性の問題」の訳本を読み直す必要があるので、これは同時並行で行うとして。。。

    「ウィトゲンシュタインはこう考えた」のP.391「(2)「私」と言語の源」以降に書かれている内容については(例えウィトゲンシュタインがそのように考えていたとしても)パニチェは全く同意できません。

    そもそも『それは「私」と言語がともにそこに生まれる場としての「私」と言語の等根源なのである。(ウィトゲンシュタインはこう考えたP.396)』を前提としていることが大間違いだと思う。言語学習する主体〈私〉なくして何故普遍文法も含めた言語習得が可能となるのかは答えられないだろうし、鬼界氏がここで言うところの「私」は言語習得とともに物心がついた万人に共通する「私」であって、ウィトゲンシュタインや永井氏が探究していた〈私〉ではありえないということです。

    「私」の階層が違うし、語りえない〈私〉をスルーしたままである。

    おそらくここは鬼界氏のウィトゲンシュタインの独我論や語りえぬ「私」に関する鬼界氏自身としての置き換えができていないため、言語的に形成された「私」と〈私〉を混同しているための解釈であると想像します。

    ウィトゲンシュタインが「確実性の問題」で本当にそのようなことを述べているのかどうかについては、再読してからレスしてみます。

    No17582に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 「語りえない」から倫理は無意味だとか、そもそも倫理はない、倫理とは関わりなく生きろ、などとはならないのがウィトゲンシュタインだと思います。

    同意します。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17625 ] / ▼[ 17636 ] ▼[ 17635 ]
■17634 / 15階層)  Re[15]: 「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/16(Sat) 19:21:21)
    パニチェさん こんばんは。

    > 「ウィトゲンシュタインはこう考えた」のP.391「(2)「私」と言語の源」以降に書かれている内容については(例えウィトゲンシュタインがそのように考えていたとしても)パニチェは全く同意できません。
    >
    > そもそも『それは「私」と言語がともにそこに生まれる場としての「私」と言語の等根源なのである。(ウィトゲンシュタインはこう考えたP.396)』を前提としていることが大間違いだと思う。言語学習する主体〈私〉なくして何故普遍文法も含めた言語習得が可能となるのかは答えられないだろうし、鬼界氏がここで言うところの「私」は言語習得とともに物心がついた万人に共通する「私」であって、ウィトゲンシュタインや永井氏が探究していた〈私〉ではありえないということです。

    鬼界氏は「私」と〈私〉を区別する用語法を使わないので、永井氏とどこまで親和性があり、どこまで違うのか、個人的にはまだよくわからないですね。探求中です。

    > 「私」の階層が違うし、語りえない〈私〉をスルーしたままである。

    鬼界氏も「私」そのものは語りえないとしていると解せませんか?

    > おそらくここは鬼界氏のウィトゲンシュタインの独我論や語りえぬ「私」に関する鬼界氏自身としての置き換えができていないため、言語的に形成された「私」と〈私〉を混同しているための解釈であると想像します。

    鬼界氏は「私」を言語的に形成されたものとはしていないと思います。例えば最終ページのp417です。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17634 ] / ▼[ 17644 ]
■17636 / 16階層)  Re[16]: 「私」と言語
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/16(Sat) 19:48:28)
    2021/10/16(Sat) 20:04:15 編集(投稿者)

    レスありがとうございます。

    No17634に返信(knowing itselfさんの記事)

    > 鬼界氏は「私」と〈私〉を区別する用語法を使わないので、永井氏とどこまで親和性があり、どこまで違うのか、個人的にはまだよくわからないですね。探求中です。

    了解しました。

    >>「私」の階層が違うし、語りえない〈私〉をスルーしたままである。
    > 鬼界氏も「私」そのものは語りえないとしていると解せませんか?

    これ書き方が悪かったですね。
    「語りえない」の方ではなく、永井均氏も用いている〈私〉という表記にしているところの〈私〉をスルーしているという意味でした。

    >>おそらくここは鬼界氏のウィトゲンシュタインの独我論や語りえぬ「私」に関する鬼界氏自身としての置き換えができていないため、言語的に形成された「私」と〈私〉を混同しているための解釈であると想像します。

    > 鬼界氏は「私」を言語的に形成されたものとはしていないと思います。例えば最終ページのp417です。

    よく分からないのは言語と等源である「私」と、P.417で述べれている魂を持った「私」は同じでしょうか?

    あとこれは言えることと思いますが、何の但し書きもなく「我々」という主語で語られていることからして、鬼界氏が述べるところの「私」は独在的な〈私〉ではないでしょうね。

    言語とともに生じる語りえない「私」ではないでしょうか。
    また、魂という表記は以下で既に登場しますので、ウィトゲンシュタインが最終的に見出したのが魂を持った「私」という鬼界氏の主張は違和感があります。

    『私の言語の限界が私の世界の限界を意味する。世界霊魂がただ一つ現実に存在する。これを私はとりわけ私の魂と称する。そして私が他人の魂と称するものも専らこの世界霊魂として把握するのである。(ウィトゲンシュタイン「草稿1915.5.23」より)』
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17636 ] / ▼[ 17655 ]
■17644 / 17階層)  Re[17]: 「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/16(Sat) 20:57:23)
    パニチェさん レスありがとうございます



    > >>おそらくここは鬼界氏のウィトゲンシュタインの独我論や語りえぬ「私」に関する鬼界氏自身としての置き換えができていないため、言語的に形成された「私」と〈私〉を混同しているための解釈であると想像します。
    >
    >>鬼界氏は「私」を言語的に形成されたものとはしていないと思います。例えば最終ページのp417です。
    >
    > よく分からないのは言語と等源である「私」と、P.417で述べれている魂を持った「私」は同じでしょうか?

    同じでしょう。

    > あとこれは言えることと思いますが、何の但し書きもなく「我々」という主語で語られていることからして、鬼界氏が述べるところの「私」は独在的な〈私〉ではないでしょうね。

    p402の5行目から

    「私」と言語の等根源に至るとは、こうした私的確実性が言語の根底において持っている特別な意味にたどりつくことに他ならない。

    とあります。他のところでは、私的確実性は「私」という一個人にのみ関わるとしています。

    この私的確実性が言語ゲームを根拠づけるということだと思います。





[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17644 ] / ▼[ 17674 ]
■17655 / 18階層)  Re[18]: 「私」と言語
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/17(Sun) 07:42:07)
    2021/10/17(Sun) 09:19:55 編集(投稿者)

    おはようございます、knowing itselfさん。レスありがとうございます。

    No17644に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 同じでしょう。

    では鬼界氏がP.340で述べている『そこで我々が(そしてウィトゲンシュタインが)目にするものは、ある意味では予想に反し、そして予想通りに、独我論批判で別れを告げたはずの「私」である。』に同意されますか?

    パニチェは前期〜後期を通じてウィトゲンシュタインは〈私〉に関する新たな発見や出会いなどしていないと考えています。

    仮に鬼界氏の主張を肯定するとすれば『論考』の「私」と『確実性の問題』で目にした「私」は何がどのように違うと思われますか?

    >>あとこれは言えることと思いますが、何の但し書きもなく「我々」という主語で語られていることからして、鬼界氏が述べるところの「私」は独在的な〈私〉ではないでしょうね。

    > p402の5行目から
    > 「私」と言語の等根源に至るとは、こうした私的確実性が言語の根底において持っている特別な意味にたどりつくことに他ならない。
    > とあります。他のところでは、私的確実性は「私」という一個人にのみ関わるとしています。
    > この私的確実性が言語ゲームを根拠づけるということだと思います。

    言語ゲームを言語ゲームたらしめている主体が確実性をもったものであるという読解に異論を唱えているのではありません。

    それは個人的かつ確実な存在で語りえないものではありますが、自我とか自我意識とかコギトと言い換えても支障がない。私的確実性ではあるが、万人に共通する「私」です。

    ウィトゲンシュタインの読解で最も重要であると思うのは語りえない「私」をどのように読解しているのか、ということです。
    哲学界では鬼頭氏の読解が一般的なものかもしれませんがパニチェは永井均氏の〈私〉に隣接あるいは同じ主体であると考えています。

    この差は大きい、ということです。「確実性の問題」を再読してみますがこの部分が同意できないかぎり「ウィトゲンシュタインはこう考えた」のP.391『(2)「私」と言語の源』以降に同意できません。


    PS.『確実性の問題』についての解説は、やはり永井均著『ウィトゲンシュタイン入門 P.194最期』がパニチェにとって説得力があります。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17655 ] / ▼[ 17679 ]
■17674 / 19階層)  Re[19]: 「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/17(Sun) 15:56:17)
    パニチェさん レスありがとうございます。

    >>同じでしょう。
    >
    > では鬼界氏がP.340で述べている『そこで我々が(そしてウィトゲンシュタインが)目にするものは、ある意味では予想に反し、そして予想通りに、独我論批判で別れを告げたはずの「私」である。』に同意されますか?
    >
    > パニチェは前期〜後期を通じてウィトゲンシュタインは〈私〉に関する新たな発見や出会いなどしていないと考えています。

    ウィトゲンシュタインが生涯のさまざまな段階で違う「私」に出会ったということはない
    彼の切実なテーマ、根源は一つに集約されていたと思います。ただ、それを哲学的に解決を求めて表現するにあたって、紆余曲折があった、複雑な展開があったということだと思います。哲学の表現の形は、やはり違います。が、生における「私」の内実は裸形のウィトゲンシュタインのままだったでしょう。

    鬼界氏の上記の表現も、別れを告げた「はず」ですから、じつは別れを告げてはいなかった、ウィトゲンシュタインの主題は同一であった、同じ主題の発展形だと、私は捉えます。


    > ウィトゲンシュタインの読解で最も重要であると思うのは語りえない「私」をどのように読解しているのか、ということです。
    > 哲学界では鬼頭氏の読解が一般的なものかもしれませんがパニチェは永井均氏の〈私〉に隣接あるいは同じ主体であると考えています。
    >
    > この差は大きい、ということです。「確実性の問題」を再読してみますがこの部分が同意できないかぎり「ウィトゲンシュタインはこう考えた」のP.391『(2)「私」と言語の源』以降に同意できません。

    もちろん同意できないという立場は尊重します。「ウィトゲンシュタインこう考えた」という書物がある解釈を提示しているだけですから。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17674 ] / ▼[ 17681 ]
■17679 / 20階層)  鬼界氏と永井氏
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/17(Sun) 16:13:39)
    knowing itselfさん、レスありがとうございます。

    No17674に返信(knowing itselfさんの記事)

    > ウィトゲンシュタインが生涯のさまざまな段階で違う「私」に出会ったということはない
    > 彼の切実なテーマ、根源は一つに集約されていたと思います。ただ、それを哲学的に解決を求めて表現するにあたって、紆余曲折があった、複雑な展開があったということだと思います。哲学の表現の形は、やはり違います。が、生における「私」の内実は裸形のウィトゲンシュタインのままだったでしょう。

    > 鬼界氏の上記の表現も、別れを告げた「はず」ですから、じつは別れを告げてはいなかった、ウィトゲンシュタインの主題は同一であった、同じ主題の発展形だと、私は捉えます。

    なるほど。knowing itselfさんはパニチェと違い好意的に解釈されているのですね。
    パニチェの読解が批判的過ぎる可能性もありますね(笑)。

    >>ウィトゲンシュタインの読解で最も重要であると思うのは語りえない「私」をどのように読解しているのか、ということです。
    >>哲学界では鬼頭氏の読解が一般的なものかもしれませんがパニチェは永井均氏の〈私〉に隣接あるいは同じ主体であると考えています。

    >>この差は大きい、ということです。「確実性の問題」を再読してみますがこの部分が同意できないかぎり「ウィトゲンシュタインはこう考えた」のP.391『(2)「私」と言語の源』以降に同意できません。

    > もちろん同意できないという立場は尊重します。「ウィトゲンシュタインこう考えた」という書物がある解釈を提示しているだけですから。

    参考までにお聞きしたいのですが、knowing itselfさんは永井均著「ウィトゲンシュタイン入門」はお持ちでしたっけ?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17679 ] / ▼[ 17683 ]
■17681 / 21階層)  Re[21]: 鬼界氏と永井氏
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/17(Sun) 16:31:15)
    > 参考までにお聞きしたいのですが、knowing itselfさんは永井均著「ウィトゲンシュタイン入門」はお持ちでしたっけ?

    以前この書を参照しながら何度かやり取りしましたね。その時はもっていました。永井氏的なウィトゲンシュタイン解釈として高評価したのを覚えています。いまは手元にないですがすぐ入手可能です。

    この書について、引用、参照、評価は歓迎です。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17681 ] / ▼[ 17770 ]
■17683 / 22階層)  Re[22]: 鬼界氏と永井氏
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/17(Sun) 17:18:55)
    レスありがとうございます。

    No17681に返信(knowing itselfさんの記事)
    >>参考までにお聞きしたいのですが、knowing itselfさんは永井均著「ウィトゲンシュタイン入門」はお持ちでしたっけ?

    > 以前この書を参照しながら何度かやり取りしましたね。その時はもっていました。

    やっぱそうでしたよね。記憶に自信がなかったもので。。。(笑)

    > 永井氏的なウィトゲンシュタイン解釈として高評価したのを覚えています。いまは手元にないですがすぐ入手可能です。
    > この書について、引用、参照、評価は歓迎です。

    knowing itselfさんに何が聞きたかったのかというと。。。
    永井均氏のウィトゲンシュタイン解釈はマイノリティーだと思うのです、これに対して鬼界氏のウィトゲンシュタインはメジャーなもの。

    要するにウィトゲンシュタインの形而上学的主体(または哲学的自我)を〈私〉と同類に見なすか、それとも万人も共有できるところの主体や私的確実性と見なすか、を確認したかったということです。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17683 ] / ▼[ 17792 ]
■17770 / 23階層)  Re[23]: 鬼界氏と永井氏
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/19(Tue) 19:27:05)
    パニチェさん こんばんは

    > knowing itselfさんに何が聞きたかったのかというと。。。
    > 永井均氏のウィトゲンシュタイン解釈はマイノリティーだと思うのです、これに対して鬼界氏のウィトゲンシュタインはメジャーなもの。

    ウィトゲンシュタインの遺稿は2万ページあるとかで、最先端の学問研究はレベルが高いのでしょうね。鬼界氏の「ウィトゲンシュタインはこう考えた」は、遺稿研究を踏まえてウィトゲンシュタインの生涯の思考をナビゲートする入門書として、ファーストチョイスになりうると思います。新書としては、かなりレベルが高いと思います。ロムの人にもおすすめ。読んで書き込み歓迎です。


    > 要するにウィトゲンシュタインの形而上学的主体(または哲学的自我)を〈私〉と同類に見なすか、それとも万人も共有できるところの主体や私的確実性と見なすか、を確認したかったということです。

    どうなんですかね。〈私〉が言語ゲームの主体になるなら、鬼界氏による後期ウィトゲンシュタインの「私」と、それほど違うものなのかどうか。ペンディングです。

    私的確実性というのも、〈私〉の別の呼び名と解せないこともない。私的確実性は他のいかなる人間主体も感じえないんです。ウィトゲンシュタインだけが、生々しく感じている、その強烈な、唯一無比のリアリティ、それを私的確実性と呼んでいるとも考えられます。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17770 ] / ▼[ 17920 ]
■17792 / 24階層)  Re[24]: 鬼界氏と永井氏
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/20(Wed) 20:04:24)
    2021/10/23(Sat) 08:10:59 編集(投稿者)

    こんばんは、knowing itselfさん。レスありがとうございます。

    No17770に返信(knowing itselfさんの記事)

    >>knowing itselfさんに何が聞きたかったのかというと。。。
    >>永井均氏のウィトゲンシュタイン解釈はマイノリティーだと思うのです、これに対して鬼界氏のウィトゲンシュタインはメジャーなもの。

    > ウィトゲンシュタインの遺稿は2万ページあるとかで、最先端の学問研究はレベルが高いのでしょうね。鬼界氏の「ウィトゲンシュタインはこう考えた」は、遺稿研究を踏まえてウィトゲンシュタインの生涯の思考をナビゲートする入門書として、ファーストチョイスになりうると思います。新書としては、かなりレベルが高いと思います。ロムの人にもおすすめ。読んで書き込み歓迎です。

    よくできた解説書であるということには同意します。

    >>要するにウィトゲンシュタインの形而上学的主体(または哲学的自我)を〈私〉と同類に見なすか、それとも万人も共有できるところの主体や私的確実性と見なすか、を確認したかったということです。

    > どうなんですかね。〈私〉が言語ゲームの主体になるなら、鬼界氏による後期ウィトゲンシュタインの「私」と、それほど違うものなのかどうか。ペンディングです。
    > 私的確実性というのも、〈私〉の別の呼び名と解せないこともない。私的確実性は他のいかなる人間主体も感じえないんです。ウィトゲンシュタインだけが、生々しく感じている、その強烈な、唯一無比のリアリティ、それを私的確実性と呼んでいるとも考えられます。

    それはそうですね。
    まぁ結論から言えばパニチェのウィトゲンシュタインへの拘りだと思います。
    だから鬼界氏のように「我々は」という主語を無防備(笑)に用いたり、〈私〉に関する言及なしでウィトゲンシュタインを読解することに多少の抵抗があるのだと思います。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17792 ] / 返信無し
■17920 / 25階層)  Re[25]: 鬼界氏と永井氏
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/23(Sat) 18:49:20)
    パニチェさん レスありがとうございます

    >>どうなんですかね。〈私〉が言語ゲームの主体になるなら、鬼界氏による後期ウィトゲンシュタインの「私」と、それほど違うものなのかどうか。ペンディングです。
    >>私的確実性というのも、〈私〉の別の呼び名と解せないこともない。私的確実性は他のいかなる人間主体も感じえないんです。ウィトゲンシュタインだけが、生々しく感じている、その強烈な、唯一無比のリアリティ、それを私的確実性と呼んでいるとも考えられます。
    >
    > それはそうですね。
    > まぁ結論から言えばパニチェのウィトゲンシュタインへの拘りだと思います。
    > だから鬼界氏のように「我々は」という主語を無防備(笑)に用いたり、〈私〉に関する言及なしでウィトゲンシュタインを読解することに多少の抵抗があるのだと思います。

    拘りや抵抗があることはけっこうなことですね。わかりやすく整理された本をスッと読んでわかったつもりになるのは、哲学からもっとも遠いともいえます。

    それでも、鬼界氏の新書はやはりいいと思います。




[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17634 ] / ▼[ 17639 ]
■17635 / 16階層)  Re[16]: 「私」と言語
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/16(Sat) 19:40:56)
    引用いただいたp396に先行する、p395の最終段落からの記述。個人的にはそれほど批判すべきだとは思えません。

    言語ゲームという発想を前面に出して、それを肯定的に捉えたら、「私」と言語の等根源というのはギリギリの線かなと。言語悪者、言語必要悪ではないのではないでしょうか。ここは汎言語ゲームというか、言語ゲームを人間の生の活動に拡張する立場であって(鬼界氏的な後期ウィトゲンシュタイン)、それらの侵食から守るべき「私」の聖域という二元論の立場ではないと思うんですよ。もちろん「私」(鬼界氏の使う意味での)そのものは言語化や対象化はできません、安直なそういうものは拒否していますが。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17635 ] / ▼[ 17923 ]
■17639 / 17階層)  Re[17]: 「私」と言語
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/16(Sat) 20:24:36)
    2021/10/16(Sat) 20:37:33 編集(投稿者)

    No17635に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 引用いただいたp396に先行する、p395の最終段落からの記述。個人的にはそれほど批判すべきだとは思えません。

    > 言語ゲームという発想を前面に出して、それを肯定的に捉えたら、「私」と言語の等根源というのはギリギリの線かなと。言語悪者、言語必要悪ではないのではないでしょうか。ここは汎言語ゲームというか、言語ゲームを人間の生の活動に拡張する立場であって(鬼界氏的な後期ウィトゲンシュタイン)、それらの侵食から守るべき「私」の聖域という二元論の立場ではないと思うんですよ。もちろん「私」(鬼界氏の使う意味での)そのものは言語化や対象化はできません、安直なそういうものは拒否していますが。

    『すなわちあらゆる言語ゲームを言語ゲームたらしめている根本的な条件を探ることである。その中に必ず「私」が果たす重要な機能があるはずであり、それこそ「私」の根源と呼びうるものであろう。同時にそれは言語を言語たらしめている条件の核をなすものであるから言語の根源でもある、それは「私」と言語がとのっみそこから生まれる場としての「私」と言語の等根源なのである。(P.396)』

    上記のように鬼界氏が考えたのは「確実性の問題」のどのウィトゲンシュタインの文を元にしているのか聞きたいですね。
    もしウィトゲンシュタインの語りえない「私」が永井氏の〈私〉と同類であるなら、〈私〉には言語ゲームを言語ゲームたらしめる重要な機能はありえません。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17639 ] / ▼[ 17997 ]
■17923 / 18階層)  前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ knowing itself -(2021/10/23(Sat) 19:04:01)
    前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっているようにみえるのを、どう調停するのか。ふつうに考えれば大いにアタマを悩ますのは当然でしょう。永井氏も、ウィトゲンシュタインの前期と後期の対立には弁証法が体現されてるとかいっていた。ヘーゲルは弁証法を体現していないが(低評価か)、ウィトゲンシュタインは体現していると。前期と後期の矛盾を解決するには、ある程度の哲学的な思考が必要だみたいなことを。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17923 ] / ▼[ 18548 ]
■17997 / 19階層)  Re[19]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ パニチェ -(2021/10/26(Tue) 20:38:59)
    こんばんは、knowing itselfさん。横レス失礼します。

    No17923に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっているようにみえるのを、どう調停するのか。ふつうに考えれば大いにアタマを悩ますのは当然でしょう。永井氏も、ウィトゲンシュタインの前期と後期の対立には弁証法が体現されてるとかいっていた。ヘーゲルは弁証法を体現していないが(低評価か)、ウィトゲンシュタインは体現していると。前期と後期の矛盾を解決するには、ある程度の哲学的な思考が必要だみたいなことを。

    knowing itselfさんご自身は、「前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっている」と思えるところはどこらあたりでしょうか。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 17997 ] / ▼[ 18550 ] ▼[ 18573 ]
■18548 / 20階層)  Re[20]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ knowing itself -(2021/11/08(Mon) 16:49:37)
    パニチェさん こんばんは。

    >>前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっているようにみえるのを、どう調停するのか。ふつうに考えれば大いにアタマを悩ますのは当然でしょう。永井氏も、ウィトゲンシュタインの前期と後期の対立には弁証法が体現されてるとかいっていた。ヘーゲルは弁証法を体現していないが(低評価か)、ウィトゲンシュタインは体現していると。前期と後期の矛盾を解決するには、ある程度の哲学的な思考が必要だみたいなことを。
    >
    > knowing itselfさんご自身は、「前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっている」と思えるところはどこらあたりでしょうか。

    一筋縄ではいかず難しいですね。「まるで正反対」とまでいうことはためらわれますが、やはり、素朴な印象としても前期にはない「言語ゲーム」ですね。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 18548 ] / 返信無し
■18550 / 21階層)  遺稿二万ページ
□投稿者/ knowing itself -(2021/11/08(Mon) 17:00:43)
    ウィトゲンシュタインの公刊した著者は一冊だとしても、遺稿は二万ページだとかいわれるからね。

    現代日本だと20冊、30冊以上出版する著者は少なくないが、別に大したことのない人はたくさんいる。いすぎる。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 18548 ] / ▼[ 19715 ]
■18573 / 21階層)  Re[21]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ パニチェ -(2021/11/08(Mon) 21:55:52)
    2021/11/09(Tue) 07:43:08 編集(投稿者)

    こんばんは、knowing itselfさん。レスありがとうございます。

    No18548に返信(knowing itselfさんの記事)

    > >>前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっているようにみえるのを、どう調停するのか。ふつうに考えれば大いにアタマを悩ますのは当然でしょう。永井氏も、ウィトゲンシュタインの前期と後期の対立には弁証法が体現されてるとかいっていた。ヘーゲルは弁証法を体現していないが(低評価か)、ウィトゲンシュタインは体現していると。前期と後期の矛盾を解決するには、ある程度の哲学的な思考が必要だみたいなことを。

    >>knowing itselfさんご自身は、「前期ウィトゲンシュタインと後期ウィトゲンシュタインがまるで正反対のことをいっている」と思えるところはどこらあたりでしょうか。

    > 一筋縄ではいかず難しいですね。「まるで正反対」とまでいうことはためらわれますが、やはり、素朴な印象としても前期にはない「言語ゲーム」ですね。

    確かに。
    言語ゲームは前期の写像理論を丸ごと否定した上に成立したのか、それとも上書き(ヴァージョンアップ)だったのか。
    knowing itselfさんはどちらを支持されますか?

    私はNo18243のように考えています。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 18573 ] / ▼[ 19718 ]
■19715 / 22階層)  Re[22]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ knowing itself -(2021/12/06(Mon) 19:28:46)
    こんばんは。パニチェさん、お久しぶりです。

    一ヶ月あいた亀レスになりますが、いつもまにかウィトゲンシュタインが大流行りのようですね。すばらしい。私の間の抜けたコメントは流れを妨害するかもしれないので控えます。

    もちろん、ウィトゲンシュタインについての書き込みは、折をみて積極的にさせていただきます。

[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 19715 ] / ▼[ 19804 ]
■19718 / 23階層)  Re[23]: 前期VS後期ウィトゲンシュタイン
□投稿者/ パニチェ -(2021/12/06(Mon) 20:02:10)
    こんばんは、knowing itselfさん

    No19715に返信(knowing itselfさんの記事)
    > こんばんは。パニチェさん、お久しぶりです。

    お久しぶりです、待ってました!^^

    > 一ヶ月あいた亀レスになりますが、いつもまにかウィトゲンシュタインが大流行りのようですね。すばらしい。私の間の抜けたコメントは流れを妨害するかもしれないので控えます。

    そうなんですよ。何故か今ニークラではウィトゲンシュタインブームです。(笑)
    妨害なんてそんなことは全くないのですが。。。

    > もちろん、ウィトゲンシュタインについての書き込みは、折をみて積極的にさせていただきます。

    是非是非、knowing itselfさんのウィトゲンシュタイン解釈も大いに興味があります。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 19718 ] / ▼[ 19902 ]
■19804 / 24階層)  「同意」
□投稿者/ knowing itself -(2021/12/10(Fri) 21:04:50)
    「神」について、ちょっと。

    ネットのコミュニケーションで、「同意」という表現が普及しているのはみなご存知でしょしょう。

    「神」とは何かと考えてみると、同意する力、究極の同意力というのがもっともしっくりする。

    現象が存在することに同意を与える力。現象の存在に同意する力。これが神。あなたやわたしがここにいるのは、同意されているから。わたしやあなたに限らず、宇宙における文字通りすべては、同意されているから存在している。宇宙それ自体もその存在を同意されているから存在している。

    もちろん、この同意そのものは宇宙の内部にはなく、形なく対象化もできない。その根源の同意力の存在をどうやって証明するの?という問いも生まれる。証明はできないかな。ただ、森羅万象が迷夢、虚妄ではなく、それなりの存在性をもっていることから、存在することに同意を与える力を想定する方が合理的だというくらいししかいえないか。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 19804 ] / ▼[ 19956 ]
■19902 / 25階層)  最後の晩餐
□投稿者/ knowing itself -(2021/12/12(Sun) 19:31:37)
    他のところに、カトリックとプロテスタントの違いは単純に切り詰めれば、「聖餐」にキリストが二千年前と寸分と違わずに現存すると考えるかの一点に帰着するということを書いた。カトリックでは聖餐をミサというが、ミサは二千年前の「最後の晩餐」そのものだとする。以後の二千年間、過去の最後の晩餐を振り返って儀式として祝うのではなく、その時々で「最後の晩餐」がそのまま再現されている。唯一の「最後の晩餐」が時空間に遍在しているとみることも可能。人間側による儀式として無理やりそうみなすのではなく、神のことばの力でそこに「最後の晩餐」が現前する。

    キリスト教の新契約、つまり新約は、新約聖書という書物によって成立したのではけっしてなく、「最後の晩餐」におけるキリストのことばによって成立した。

    カトリックが聖書以外に聖伝をとりあげたりすのも上に述べたことが根拠。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 19902 ] / ▼[ 20002 ]
■19956 / 26階層)  「新規作成」と「上書き保存」
□投稿者/ knowing itself -(2021/12/15(Wed) 19:05:53)
    No19902に返信(knowing itselfさんの記事)
    > 他のところに、カトリックとプロテスタントの違いは単純に切り詰めれば、「聖餐」にキリストが二千年前と寸分と違わずに現存すると考えるかの一点に帰着するということを書いた。カトリックでは聖餐をミサというが、ミサは二千年前の「最後の晩餐」そのものだとする。以後の二千年間、過去の最後の晩餐を振り返って儀式として祝うのではなく、その時々で「最後の晩餐」がそのまま再現されている。唯一の「最後の晩餐」が時空間に遍在しているとみることも可能。人間側による儀式として無理やりそうみなすのではなく、神のことばの力でそこに「最後の晩餐」が現前する。

    「最後の晩餐」という出来事はもちろん一回かぎり。その出来事の更新が絶えず行われるということ。

    文書作成ソフトなどで使われる用語、新規作成と上書き保存の喩えでいうなら、新約成立、新約そのものである「最後の晩餐」は一回性の「新規作成」、「最後の晩餐」の更新である「聖体の秘蹟」は「上書き保存」といえる。ただし、文書内容は「新規作成」のときの内容に何ら新しいものを書き加えていない。内容的には完全にイコール。まったく同じ内容が「上書き保存」として更新されたとなる。

    文書の作成権者は、「上書き保存」でも同じキリスト。教会の人間ではありません。


    > キリスト教の新契約、つまり新約は、新約聖書という書物によって成立したのではけっしてなく、「最後の晩餐」におけるキリストのことばによって成立した。
    >
    > カトリックが聖書以外に聖伝をとりあげたりすのも上に述べたことが根拠。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 19956 ] / ▼[ 24772 ]
■20002 / 27階層)  「霊魂」
□投稿者/ knowing itself -(2021/12/18(Sat) 13:32:00)
    「キリストは真の神であると同時に真の人間である」。

    ↑これからの帰結として、神とは三位一体であり聖霊も神であるから、キリストという神的ペルソナをもつことは、そこに聖「霊」が注がれていることも含意する。

    さらに、キリストは人間としても我々とまったく同じなのであるから、人間が「魂」をもつのと同じく、キリスト魂を担う。ただ、人間の場合は霊と魂を分けずに、「霊魂」として一体のものとするのが、キリスト教、というか少なくともカトリック。で、「霊魂」は肉体から生まれるのではなく、神が直接創造したとするのがキリスト教。人間が神の似姿とされるゆえん。

    このような人間が「復活」するということです。魂という考え方はキリスト教と相容れないということはありません。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 20002 ] / ▼[ 24773 ]
■24772 / 28階層)  
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 20:57:37)
    30年前のニューヨークの写真を見せてくる爺が何なの?

    その爺と道端で遭遇して、写真を見せてきて、何になるの?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24772 ] / ▼[ 24775 ] ▼[ 24774 ]
■24773 / 29階層)  Re[29]: 証
□投稿者/ 田秋 -(2022/07/11(Mon) 21:07:03)
    >30年前のニューヨークの写真を見せてくる爺が何なの?

    >その爺と道端で遭遇して、写真を見せてきて、何になるの?

    よく経緯を思い出して下さい。あの写真はfloraさんとのやりとりで使ったものです。

    あなたが言っているシチュエーションは全然違います。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24773 ] / 返信無し
■24775 / 30階層)  ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 21:51:02)
    こんにちは!

    アメリカのニューヨークに建っていたツインタワーが、2001年9月11日にテロで破壊されましたよね。

    フローラさんがニューヨークに行った時は、もう破壊された後で、ツインタワーは無かったそうなんですね。

    田秋さんは破壊される前のツインタワーを実際に見たことありますか?と質問されて、
    『私は実際に見たことありますよ』の証が、まだ破壊される前のツインタワーと田秋さんが一緒に写ってる写真を投稿されたと思うんですね。

    ギアッチョさんは、田秋さんが破壊前のツインタワーを実際に見た証として、写真は有効ではないと思われているのですか?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24773 ] / ▼[ 24776 ]
■24774 / 30階層)  
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 21:50:08)
    また、着たの?
    木の根っこでも食べる?
735×441 => 600×360

1657543808.jpg
/83KB
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24774 ] / ▼[ 24777 ]
■24776 / 31階層)  Re[31]: 証
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 21:56:05)
    タイムスリップしてきたのかい?
399×399

2e87c7f52f37c6a6bb73ff8d18e3b59f_16965.jpeg
/26KB
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24776 ] / ▼[ 24778 ]
■24777 / 32階層)  Re[32]: 証
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 21:57:41)
    Pipitさん

    証が古いんですね。
    口頭でいいと思いますよ。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24777 ] / ▼[ 24779 ]
■24778 / 33階層)  ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 22:02:13)
    返信ありがとうです!

    No24777
    > Pipitさん
    >
    > 証が古いんですね。
    > 口頭でいいと思いますよ。

    2001年9月10日に破壊前のツインタワーと一緒に撮った写真は、破壊前のツインタワーを実際に見たことの証としては、有効?無効?
    ギアッチョさんはどう思われますか?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24778 ] / ▼[ 24781 ] ▼[ 24780 ]
■24779 / 34階層)  Re[34]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:06:07)
    No24778に返信(pipitさんの記事)
    > 返信ありがとうです!
    >
    > ■No24777
    >>Pipitさん
    >>
    >>証が古いんですね。
    >>口頭でいいと思いますよ。
    >
    > 2001年9月10日に破壊前のツインタワーと一緒に撮った写真は、破壊前のツインタワーを実際に見たことの証としては、有効?無効?
    > ギアッチョさんはどう思われますか?

    検証がいるだろうね。

    基本、品質の世界は言葉の世界です。
    口頭でいいです。
    写真は事実じゃないね、真実だろう。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24779 ] / 返信無し
■24781 / 35階層)  Re[35]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:15:20)
    品質の世界は、偽物の品質が存在します。

    特に、『 真の品質という奴 』ほど偽物が多いですね。

    写真の検証がいるだろう。

    本人も『 シュチュエーション 』と言っているぐらいだから
    どんなシチュエーションなら有効かになるだろうね。
    しかし、もう、私はこのパターンは経験済ですので、最後はわかっているけどね。

    品質の世界は基本、文字の世界で口頭ですればいいんですよ、
    わざわざ写真を持ち出すな。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24779 ] / ▼[ 24783 ] ▼[ 24782 ]
■24780 / 35階層)  Re[35]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 22:11:02)
    2022/07/11(Mon) 22:12:01 編集(投稿者)

    カントのお墓行ったことある?

    とギアッチョさんに聞いて、

    行ったことあるよ!とカントのお墓の写真を貼ってくれたら、

    私は、行けていいなーと多分思うよ。

    私はその写真を証の一つに受け止めるんだろうね!
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24780 ] / ▼[ 24785 ]
■24783 / 36階層)  Re[36]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:18:44)
    No24780に返信(pipitさんの記事)
    > 2022/07/11(Mon) 22:12:01 編集(投稿者)
    >
    > カントのお墓行ったことある?
    >
    > とギアッチョさんに聞いて、
    >
    > 行ったことあるよ!とカントのお墓の写真を貼ってくれたら、
    >
    > 私は、行けていいなーと多分思うよ。
    >
    > 私はその写真を証の一つに受け止めるんだろうね!


    本当に受け止めます?
    Pipitさんはカントの墓を見た事がないのでしょ?
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24783 ] / 返信無し
■24785 / 37階層)  Re[37]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 22:20:13)
    No24783に返信(ギアッチョさんの記事)
    > ■No24780に返信(pipitさんの記事)
    >>2022/07/11(Mon) 22:12:01 編集(投稿者)
    >>
    >>カントのお墓行ったことある?
    >>
    >>とギアッチョさんに聞いて、
    >>
    >>行ったことあるよ!とカントのお墓の写真を貼ってくれたら、
    >>
    >>私は、行けていいなーと多分思うよ。
    >>
    >>私はその写真を証の一つに受け止めるんだろうね!
    >
    >
    > 本当に受け止めます?
    > Pipitさんはカントの墓を見た事がないのでしょ?

    雑誌や本ではありますよ(^ ^)
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24780 ] / ▼[ 24784 ]
■24782 / 36階層)  Re[36]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 22:18:17)
    ギアッチョさんがもしカントのお墓に実際に行ってたら、何年前のものでも、カントのお墓の実際の写真見れたら楽しいよ。♪
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24782 ] / ▼[ 24786 ]
■24784 / 37階層)  Re[37]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ pipit -(2022/07/11(Mon) 22:19:22)
    写真からインスピレーションや、連想が生まれるんでしょうね。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24784 ] / ▼[ 24787 ]
■24786 / 38階層)  Re[38]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:20:40)
    No24784に返信(pipitさんの記事)
    > 写真からインスピレーションや、連想が生まれるんでしょうね。

    しかし、それは品質があるとは言わないよね。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24786 ] / ▼[ 24789 ] ▼[ 24788 ]
■24787 / 39階層)  Re[39]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:28:10)
    とにかく、品質の世界は、基本、文章の世界ですよ。
    論理だの理系だのの世界ではないです。

    品質で、一番近いのは法学ですね。

    偽者の証を見せるは当然、ご法度なんですが、古すぎる証も結構不味いですね。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24787 ] / 返信無し
■24789 / 40階層)  Re[40]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ 田秋 -(2022/07/11(Mon) 22:54:22)
    2022/07/11(Mon) 22:58:27 編集(投稿者)

    >品質の世界は基本、文字の世界で口頭ですればいいんですよ、
    >わざわざ写真を持ち出すな。

    そうなら最初から写真や卒業証書の有効期限は10年と品質管理では決まっている、などという必要はありません。そもそもあなたにとって写真は品質の対象外なのでしょから。

    ボクがクレームをつけたあなたの文章自体が無効と言うことです。

    ボクはシチュエーションを状況という意味で使っています。


[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 24787 ] / 返信無し
■24788 / 40階層)  Re[40]: ギアッチョさんへ
□投稿者/ ギアッチョ -(2022/07/11(Mon) 22:43:31)
    2022/07/11(Mon) 22:51:31 編集(投稿者)
    2022/07/11(Mon) 22:46:33 編集(投稿者)

    品質(Quality)は言葉の世界。よって法学に一番近いですよ。

    もちろん組織から選ばれたものは、六法全書を読破するくらいの勉強がいります。
    前にも言いましたが、頭がぶっ壊れるくらい勉強しますよ。

    なので、いきなり真の品質と言ってしまう人は
    自動的に不品質、不誠実になってしまいますね。

    例えば、誠実のQualityとは何か?文字で説明すると

    ★ 全てにおいてバランスよく整っている事 ★
    で、世界で基準(スタンダード)が決められているのです。


    では、シュチュエーションとは何か?ダブルスタンダードとは何か?
    範囲と融合です。

    品質の世界ではダブルスタンダードどころか、
    トリプルスタンダードが普通にあります。

    そのトリプルスタンダードをどうやってやるのか?と言うなれば、
    文字で表現するしかないですね。


    【 追加 】

    よって、品質ができぬものが、グローバル化はありませんね。
    どうぞ、ナショナリズムで人生を送ってください。

    【 追加 】

    なぜ、品質は秘密主義なのか?
    選ばれた者が、『 選ばれなかった者の人生までも背負からです 』

    正確にいいます。
    『 選ばれなかった者の秘密まで守らなければいけないからです 』

    品質は、どうもカント哲学に似ていると思いますね。
    品質は選ばれなかった者を切り捨てることは無いです。

    そして、品質ができるからと言って喜ぶ人はいないと思った方がいい。
[ 親 15586 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -