TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal 純粋理性批判を読んでみる。 /パニチェ (19/06/06(Thu) 22:51) #1308
Nomal Re[1]: 純粋理性批判を読んでみる。 /pipit (19/06/06(Thu) 22:55) #1310
Nomal Re[1]: 純粋理性批判を読んでみる。 /pipit (19/06/07(Fri) 21:46) #1313
  └Nomal Re[2]: 純粋理性批判を読んでみる。 /パニチェ (19/06/08(Sat) 21:38) #1315
    └Nomal パニチェさんへ /pipit (19/06/08(Sat) 23:45) #1316
      └Nomal Re[4]: パニチェさんへ /パニチェ (19/06/09(Sun) 10:46) #1317
        └Nomal Re[5]: パニチェさんへ /pipit (19/06/09(Sun) 18:13) #1319
          └Nomal ピピットさんへ /パニチェ (19/06/09(Sun) 20:35) #1320
            └Nomal テキスト /pipit (19/06/10(Mon) 20:05) #1325
              └Nomal 『第一部門 超越論的な感性論』 /pipit (19/06/10(Mon) 21:51) #1326
                └Nomal Re[9]: 『第一部門 超越論的な感性論』 /パニチェ (19/06/11(Tue) 21:11) #1327
                  └Nomal ありがとうございます /pipit (19/06/11(Tue) 23:29) #1328
                    └Nomal 『第一部門 超越論的な感性論』 /pipit (19/06/11(Tue) 23:57) #1329
                      └Nomal 日記的感想 /pipit (19/06/12(Wed) 00:33) #1330
                        └Nomal Re[13]: 日記的感想 /pipit (19/06/12(Wed) 01:05) #1331
                          └Nomal 認識を構成するエレメント(要素) /pipit (19/06/12(Wed) 22:57) #1334
                            └Nomal 純粋理性批判におけるアプリオリの定義 /pipit (19/06/13(Thu) 22:56) #1338
                              └Nomal 時間についてに入る前に思うこと(長文) /pipit (19/06/14(Fri) 22:50) #1345
                                ├Nomal 思うこと /pipit (19/06/16(Sun) 16:25) #1358
                                │└Nomal 今日見たもの /pipit (19/06/16(Sun) 17:19) #1359
                                └Nomal 中山元先生の解説 /pipit (19/06/16(Sun) 18:50) #1360
                                  └Nomal 中山元先生の解説続き /pipit (19/06/16(Sun) 23:23) #1361
                                    ├Nomal 今日見たもの /pipit (19/06/17(Mon) 17:57) #1364
                                    └Nomal 中山元先生の解説続き /pipit (19/06/18(Tue) 00:00) #1366
                                      ├Nomal 今日見たもの /pipit (19/06/18(Tue) 18:27) #1368
                                      └Nomal 中山元先生の解説続き /pipit (19/06/18(Tue) 21:36) #1369
                                        └Nomal 軌道修正 /pipit (19/06/18(Tue) 22:06) #1370
                                          └Nomal wikiの解説 /pipit (19/06/19(Wed) 13:11) #1373
                                            └Nomal 今日見たもの /pipit (19/06/19(Wed) 21:34) #1375
                                              └Nomal 超越論的原理論・第一部門超越論的感性論 /pipit (19/06/20(Thu) 23:13) #1381
                                                └Nomal 感性論・序文 /pipit (19/06/20(Thu) 23:29) #1383
                                                  └Nomal Re[26]: 感性論・序文 /pipit (19/06/21(Fri) 22:46) #1386
                                                    └Nomal Re[27]: 感性論・序文 /pipit (19/06/21(Fri) 22:56) #1387
                                                      └Nomal Re[28]: 感性論・序文 /pipit (19/06/21(Fri) 22:58) #1388
                                                        └Nomal Re[29]: 感性論・序文 /pipit (19/06/21(Fri) 22:59) #1389
                                                          └Nomal Re[30]: 感性論・序文 /pipit (19/06/21(Fri) 23:00) #1390
                                                            ├Nomal (純理トピ番外編 )ダンマパダ 荻原雲來訳 /pipit (19/06/22(Sat) 20:03) #1394
                                                            │└Nomal 中国菩提樹の開花 /pipit (19/06/23(Sun) 17:13) #1396 image.jpeg/666KB
                                                            │  └Nomal 時間 /pipit (19/06/23(Sun) 17:26) #1397 1561278418.jpeg/164KB
                                                            │    └Nomal Re[34]: 時間 /pipit (19/06/23(Sun) 17:34) #1398
                                                            │      └Nomal Re[35]: 時間 /pipit (19/06/23(Sun) 18:12) #1399
                                                            │        └Nomal 無題 /pipit (19/06/23(Sun) 18:17) #1400
                                                            └Nomal Re[31]: 感性論・序文 /pipit (19/06/25(Tue) 22:57) #1406
                                                              └Nomal Re[32]: 感性論・序文 /pipit (19/06/25(Tue) 23:36) #1407
                                                                └Nomal Re[33]: 感性論・序文 /pipit (19/06/26(Wed) 23:47) #1410
                                                                  └Nomal Re[34]: 感性論・序文 /pipit (19/06/27(Thu) 19:52) #1413
                                                                    └Nomal Re[35]: 感性論・序文 /pipit (19/06/27(Thu) 20:23) #1415
                                                                      └Nomal Re[36]: 感性論・序文 /pipit (19/06/27(Thu) 20:36) #1416
                                                                        └Nomal Re[37]: 感性論・序文 /pipit (19/06/30(Sun) 21:18) #1423
                                                                          └Nomal 脳科学 /pipit (19/06/30(Sun) 23:59) #1425
                                                                            └Nomal 感性論・1.空間について /pipit (19/07/01(Mon) 22:41) #1427
                                                                              └Nomal Re[40]: 感性論・1.空間について /pipit (19/07/01(Mon) 22:49) #1428
                                                                                └Nomal Re[41]: 感性論・1.空間について /pipit (19/07/01(Mon) 23:07) #1430
                                                                                  ├Nomal Re[42]: 感性論・1.空間について /pipit (19/07/02(Tue) 22:40) #1431
                                                                                  └Nomal Re[42]: 感性論・1.空間について /pipit (19/07/03(Wed) 23:05) #1432
                                                                                    ├Nomal 無縁さん /pipit (19/07/03(Wed) 23:08) #1433
                                                                                    └Nomal Re[43]: 感性論・1.空間について /おくったがわ (19/07/05(Fri) 07:12) #1434
                                                                                      ├Nomal おくったがわさん、こんにちは /pipit (19/07/05(Fri) 18:19) #1437
                                                                                      │└Nomal いらっしゃい!おくったがわさん /パニチェ (19/07/06(Sat) 08:07) #1438
                                                                                      │  └Nomal Re[46]: パニチェさん。 /おくったがわ (19/07/15(Mon) 20:15) #1504
                                                                                      │    └Nomal おくったがわさんへ /パニチェ (19/07/15(Mon) 21:04) #1508
                                                                                      └Nomal おくったがわさん、おはようございます /pipit (19/07/06(Sat) 09:59) #1441
                                                                                        ├Nomal 老若男女どんな方でも /pipit (19/07/06(Sat) 10:39) #1442
                                                                                        │└Nomal メモ /pipit (19/07/08(Mon) 22:58) #1447
                                                                                        │  └Nomal 空間について考えてること /pipit (19/07/09(Tue) 21:54) #1452
                                                                                        │    └Nomal 感性論1.空間について /pipit (19/07/09(Tue) 22:15) #1453
                                                                                        │      └Nomal 倫理の授業の悲報 /pipit (19/07/10(Wed) 21:21) #1459
                                                                                        │        └Nomal ユーチューブ /pipit (19/07/11(Thu) 21:53) #1465
                                                                                        │          └Nomal Re[51]: ユーチューブ /pipit (19/07/11(Thu) 22:05) #1466
                                                                                        │            └Nomal 感性論1空間について /pipit (19/07/11(Thu) 23:30) #1467
                                                                                        │              └Nomal Re[53]: 感性論1空間について /pipit (19/07/11(Thu) 23:42) #1469
                                                                                        │                └Nomal Re[54]: 感性論1空間について /pipit (19/07/11(Thu) 23:52) #1470
                                                                                        │                  ├Nomal Re[55]: 感性論1空間について /pipit (19/07/11(Thu) 23:58) #1471
                                                                                        │                  │└Nomal 『解明』についての中山元先生の解説 /pipit (19/07/12(Fri) 16:35) #1472
                                                                                        │                  │  └Nomal 形而上学 /pipit (19/07/12(Fri) 18:24) #1473
                                                                                        │                  │    └Nomal 空間の形而上学的な解明 /pipit (19/07/13(Sat) 23:25) #1477
                                                                                        │                  │          └Nomal あら? /pipit (19/07/14(Sun) 00:10) #1481
                                                                                        │                  │            └Nomal Re[62]: あら? /パニチェ (19/07/14(Sun) 08:09) #1483
                                                                                        │                  │              └Nomal 昨日思い出したこと /pipit (19/07/14(Sun) 08:48) #1485
                                                                                        │                  └Nomal Re[55]: 感性論1空間について /パニチェ (19/07/14(Sun) 08:45) #1484
                                                                                        │                    ├Nomal 二諦について /pipit (19/07/14(Sun) 08:56) #1486
                                                                                        │                    └Nomal ご質問 /pipit (19/07/14(Sun) 09:04) #1487
                                                                                        │                      ├Nomal Re[57]: ご質問 /パニチェ (19/07/14(Sun) 09:38) #1488
                                                                                        │                      │└Nomal Re[58]: ご質問 /pipit (19/07/14(Sun) 18:12) #1491
                                                                                        │                      │  └Nomal Re[59]: ご質問 /pipit (19/07/14(Sun) 18:48) #1492
                                                                                        │                      │    └Nomal Re[60]: ご質問 /pipit (19/07/14(Sun) 18:51) #1493
                                                                                        │                      │      └Nomal Re[61]: ご質問 /パニチェ (19/07/15(Mon) 11:08) #1497
                                                                                        │                      │        └Nomal パニチェさんへ /pipit (19/07/16(Tue) 23:50) #1520
                                                                                        │                      └Nomal 追記 /パニチェ (19/07/15(Mon) 11:45) #1498
                                                                                        └Nomal Re[45]: (関係代名詞の件) /おくったがわ (19/07/15(Mon) 12:16) #1500
                                                                                          ├Nomal Re[46]: (関係代名詞の件) /FLORA (19/07/15(Mon) 18:08) #1501
                                                                                          │└Nomal Re[47]: FLORAさん(関係代名詞の件) /おくったがわ (19/07/15(Mon) 19:57) #1502
                                                                                          └Nomal Re[46]: pipitさんへ(関係代名詞の件) /おくったがわ (19/07/15(Mon) 20:33) #1505
                                                                                            └Nomal Re[47]: pipitさんへ(関係代名詞の件) /FLORA (19/07/15(Mon) 20:49) #1506
                                                                                              └Nomal ようこそ、 FLORAさん /パニチェ (19/07/15(Mon) 20:57) #1507
                                                                                                └Nomal Re[49]: ようこそ、 FLORAさん /FLORA (19/07/16(Tue) 00:46) #1516
                                                                                                  └Nomal こんばんは(^O^) /pipit (19/07/16(Tue) 22:52) #1518
                                                                                                    └Nomal 論理哲学論考 /エフニ (19/07/20(Sat) 00:49) #1546
                                                                                                      └Nomal Re[52]: 論理哲学論考 /エフニ (19/07/20(Sat) 00:53) #1547
                                                                                                        └Nomal Re[53]: 論理哲学論考 /エフニ (19/07/20(Sat) 00:56) #1548
                                                                                                          └Nomal Re[54]: 論理哲学論考 /エフニ (19/07/20(Sat) 01:01) #1549


親記事 / ▼[ 1310 ] ▼[ 1313 ]
■1308 / 親階層)  純粋理性批判を読んでみる。
□投稿者/ パニチェ -(2019/06/06(Thu) 22:51:04)
    トピ主:pipitさん

    よろしくお願いします。
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1308 ] / 返信無し
■1310 / 1階層)  Re[1]: 純粋理性批判を読んでみる。
□投稿者/ pipit -(2019/06/06(Thu) 22:55:50)
    ありがとうございます!

    よろしくお願いしますm(_ _)m
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1308 ] / ▼[ 1315 ]
■1313 / 1階層)  Re[1]: 純粋理性批判を読んでみる。
□投稿者/ pipit -(2019/06/07(Fri) 21:46:25)
    パニチェさんへ

    こんばんは
    トピ設置ありがとうございます!

    メビウスリング掲示板というところに少しだけ『純粋理性批判』のことを書き始めていたのですが、ニーチェクラブで続き書きます、ってコメントしてもいいでしょうか??

    話しかけてくださった方や読んでくださった方に、よかったら書き込んでくださいね、って書いてもいいでしょうか??

    もしご迷惑なら書きませんので教えてくださいませ

    すみませんm(_ _)m
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1313 ] / ▼[ 1316 ]
■1315 / 2階層)  Re[2]: 純粋理性批判を読んでみる。
□投稿者/ パニチェ -(2019/06/08(Sat) 21:38:19)
    No1313に返信(pipitさんの記事)
    こんばんは、ピピットさん。

    > トピ設置ありがとうございます!

    どういたしまして。^^

    > メビウスリング掲示板というところに少しだけ『純粋理性批判』のことを書き始めていたのですが、ニーチェクラブで続き書きます、ってコメントしてもいいでしょうか??
    > 話しかけてくださった方や読んでくださった方に、よかったら書き込んでくださいね、って書いてもいいでしょうか??
    > もしご迷惑なら書きませんので教えてくださいませ

    迷惑どころか、大歓迎です。
    サイト名はニーチェになってますが、全く気にする必要もありませんし、「なんでもウェルカムのディオニュソス掲示板」とお伝え下さい。
    ピピットさんに限らず、以後、私に確認するまでもなく、自由に使って下さい。


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1315 ] / ▼[ 1317 ]
■1316 / 3階層)  パニチェさんへ
□投稿者/ pipit -(2019/06/08(Sat) 23:45:05)
    ありがとうございます

    いろんな人がこの世界に生きてる、と思うと、不思議に思えたりします。

    でも、哲学だと、もっと複雑に考えるのかもしれませんね。

    おつかれさまです〜
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1316 ] / ▼[ 1319 ]
■1317 / 4階層)  Re[4]: パニチェさんへ
□投稿者/ パニチェ -(2019/06/09(Sun) 10:46:22)
    No1316に返信(pipitさんの記事)
    > ありがとうございます

    どういたしまして。

    > いろんな人がこの世界に生きてる、と思うと、不思議に思えたりします。
    > でも、哲学だと、もっと複雑に考えるのかもしれませんね。

    今から190年ほど前に「世界に一つだけの花」を人として生まれた特権として賛歌したのがニーチェです。
    これを画一化し、家畜みたく飼い慣らそうとするキリスト教的なドグマを批判しました。
    すんまそん、ちょいニーチェ広報部員みたいなレスになってしまいますた。^^
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1317 ] / ▼[ 1320 ]
■1319 / 5階層)  Re[5]: パニチェさんへ
□投稿者/ pipit -(2019/06/09(Sun) 18:13:39)
    パニチェさん、こんにちは

    > 今から190年ほど前に「世界に一つだけの花」を人として生まれた特権として賛歌したのがニーチェです。
    > これを画一化し、家畜みたく飼い慣らそうとするキリスト教的なドグマを批判しました。
    > すんまそん、ちょいニーチェ広報部員みたいなレスになってしまいますた。^^<

    ニーチェのこと全然知らなくて、こわそうなひと(汗)というイメージだったんですけど、時々パニチェさんのニーチェ言説についてのコメント読んで、意外だな〜私の表面的な印象と違う言説の意味あるんだな〜、って、textreamの時から感想持ってました。

    今回『仏教、ニーチェ、脳科学他』トピ読んだら、
    ダンマパダの一節を思い出しました。

    己を以て主とす 、他に何ぞ主あらんや 、己を善く調めぬれば能く得難き主を得 。
    (ダンマパダ160荻原雲來訳)

    私の印象に残ってるのは、四コマ漫画とエッセイの本『ブッダとシッタカブッタ3』
    の小泉吉宏さんの
    『意味がないことを知ったら
    意味をプレゼントすればいい
    いつでも意味がないことを知っているから大丈夫』
    という言葉です。
    昔読んで、今も心に残ってて、時折思い出します。

    またパニチェさんのニーチェについての記述も、楽しみに読ませてもらいますね(^ ^)


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1319 ] / ▼[ 1325 ]
■1320 / 6階層)  ピピットさんへ
□投稿者/ パニチェ -(2019/06/09(Sun) 20:35:19)
    No1319に返信(pipitさんの記事)

    こんばんは、ピピットさん。

    > ニーチェのこと全然知らなくて、こわそうなひと(汗)というイメージだったんですけど、時々パニチェさんのニーチェ言説についてのコメント読んで、意外だな〜私の表面的な印象と違う言説の意味あるんだな〜、って、textreamの時から感想持ってました。

    あっ、そうですか。私の駄文を読んでいただいてたのですね。ありがとうございます。

    > 今回『仏教、ニーチェ、脳科学他』トピ読んだら、
    > ダンマパダの一節を思い出しました。
    > 己を以て主とす 、他に何ぞ主あらんや 、己を善く調めぬれば能く得難き主を得 。
    > (ダンマパダ160荻原雲來訳)

    私もダンマパダの中で好きな一節です。
    中村元訳では「自己こそ自分の主(あるじ)である。他人がどうして(自分の)主であろうか?自己をよくととのえたならば、得難き主を得る」となってます。
    ニーチェは仏教に影響を受けています。若き日に傾倒したショウペンハウエルが仏教や古代インド哲学を土台としたものであったことから仏教との接点があったようです。

    理想社刊、新田章著「ヨーロッパの仏陀─ニーチェの問い─」によれば、ニーチェが読んだと判明している仏教書は、ケッペン著「仏陀の宗教」、英訳本「スッタニパータ」、オルデンベルグ著「仏陀──その生涯、教説、教団」、ヴァッカーナーゲルの論文「バラモンの起源について」との事で、シルヴァプラナ湖畔の散歩中に起こった「永劫回帰」の体得も、ニーチェ自身による解説からすると仏教の見性体験のようなものだと思います。

    > 私の印象に残ってるのは、四コマ漫画とエッセイの本『ブッダとシッタカブッタ3』
    > の小泉吉宏さんの
    > 『意味がないことを知ったら
    > 意味をプレゼントすればいい
    > いつでも意味がないことを知っているから大丈夫』
    > という言葉です。
    > 昔読んで、今も心に残ってて、時折思い出します。

    ニーチェ的には能動的ニヒリズムですね。無意味、無価値であるからこそ意味や価値を創出することができる。

    > またパニチェさんのニーチェについての記述も、楽しみに読ませてもらいますね(^ ^)

    はい、ありがとうございます。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1320 ] / ▼[ 1326 ]
■1325 / 7階層)  テキスト
□投稿者/ pipit -(2019/06/10(Mon) 20:05:56)
    読んでいくテキストは、
    『純粋理性批判』カント 中山元訳
    光文社古典新訳文庫 です。
    解説が手厚いため、第1〜7巻までの分量になっています。

    掲示板への引用文は、
    Kindleに無料でダウンロードできた著作権切れの英訳本『THE CRITIQUE OF PURE REASON/
    J. M. D. Meiklejohn』を使わさせていただく予定してます。
    pipitの英語力は中学生並みしかないので、
    中山先生の日本語訳文を引用したいのですが、
    、大量に引用するかもなので著作権を考慮しての仕方なしの選択です~_~;

    でも、中山元先生の訳も時々引用させていただくと思いますm(_ _)m

    純粋理性批判は、原理論と方法論で構成されています。
    原理論は、感性論と論理学に大別されています。
    有名な『感性の形式は空間と時間』は感性論に、
    『悟性の形式は純粋悟性概念(カテゴリー)』は論理学にでてきます。

    まずは、感性論の部分から読んでいきます。

    本題に入る前の『序文』と『序論』も有名な箇所ですが、
    本題を理解できてないと理解が難しいため、
    とりあえず本題の一番最初の感性論から読んでいってみます。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1325 ] / ▼[ 1327 ]
■1326 / 8階層)  『第一部門 超越論的な感性論』
□投稿者/ pipit -(2019/06/10(Mon) 21:51:40)
    むむむ〜

    英単語が大分、投稿禁止単語になってるようで投稿エラーになります。


    中山先生の訳本を読んで理解したものを
    書いていく形に変更しようかな、と、思ってます。

    (パニチェさん、設定とか変えてもらわなくていいですからね〜)

    がんばってみます(^ ^)v
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1326 ] / ▼[ 1328 ]
■1327 / 9階層)  Re[9]: 『第一部門 超越論的な感性論』
□投稿者/ パニチェ -(2019/06/11(Tue) 21:11:30)
    こんばんは、ピピットさん。

    私はPCに疎いもので、影のエグゼクティブ・アドバイザーが設定を変更してくれました。

    一時、海外からの大量の迷惑投稿があり、英文で投稿できないように禁止ワード設定をしまくりました。(笑)

    現在は「ttp://」←(頭に“h”の付いたSSLではないサイトへのジャンプ)だけとのことです。
    ご不便をかけまして、すんまそんでした。^^

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1327 ] / ▼[ 1329 ]
■1328 / 10階層)  ありがとうございます
□投稿者/ pipit -(2019/06/11(Tue) 23:29:40)
    パニチェさん、こんばんは

    お手数おかけしまして申し訳ないです

    ありがとうございますm(_ _)m
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1328 ] / ▼[ 1330 ]
■1329 / 11階層)  『第一部門 超越論的な感性論』
□投稿者/ pipit -(2019/06/11(Tue) 23:57:48)
    中山先生訳本読むぞ!と寝転がって、、、めっちゃ寝てしまってました、、、
    睡眠薬、、、

    中山元先生訳本、1、p69〜71

    感性論のとこ読みます

    対象が心を触発して、対象の像を受け取る。
    この受け取る能力を、感性と呼ぶ。

    感性を介して対象が与えられ、感性だけが直観をもたらす。

    感覚を通じて対象にかかわる直観は、経験的な直観と呼ばれる。

    経験的な直観の未規定な対象は、現象と呼ばれる。

    ↓英訳本引用(第一部 超越論的な原理論、第一部門 超越論的な感性論)
    I. TRANSCENDENTAL DOCTRINE OF ELEMENTS.
    FIRST PART. TRANSCENDENTAL AESTHETIC.

    (略)

    The capacity for receiving representations (receptivity) through the mode in which we are affected by objects, objects, is called sensibility.

    By means of sensibility, therefore, objects are given to us, and it alone furnishes us with intuitions;
    (略)

    That sort of intuition which relates to an object by means of sensation is called an empirical intuition.
    (略)
    The undetermined object of an empirical intuition is called phenomenon.






[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1329 ] / ▼[ 1331 ]
■1330 / 12階層)  日記的感想
□投稿者/ pipit -(2019/06/12(Wed) 00:33:52)
    (感想)

    私の心のなかにある言葉で言えば、

    感受、かな。

    感受で出来た像を私は知る。
    像が客観的なものかはわからないけど、
    像を知ること自体は確かで、その確かなことを
    直観と言ってるのかなと思いました。

    、、、今の時点で考えてること書いてみます。
    本見ずに確認せずに自分の心の中にある意見を書きます。

    わたしたちが対象を知る形式が
    外的なものに対しては空間であり
    内的なのに対しては時間である。

    そしてこの空間と時間はアプリオリ(経験に先んじた)
    像である。

    現象、は、知覚などの経験とともにはじまる。
    が、現象がたちあがるとき、そこにアプリオリな空間と時間
    という像も存している。

    アプリオリな像がないと、今ある知覚という経験は今ある形では成り立たない。

    カントは数学の根拠もこのアプリオリな空間だといってるみたい。
    例えば厳密なポイントって書けないっていいません?面積もっちゃう、みたいな。
    カントはノートに作図しても、その作図を通してこのアプリオリな空間に描いてる
    っていってるのかな、って。
    だから、数学は経験を根拠にした帰納的な不確かな学ではなく、アプリオリな像を根拠とした客観的学問となるのかな、って。

    人間にアプリオリな像を根拠にするから、公的なものとして使える。
    机上の計算が、宇宙での物理行動にフィットする。

    時間もね、私にとってはおもしろい考え方頭に入ってきたけど、
    カントの考え方とかさなってるかなー
    自信ないなー

    今日はもう寝ますね

    おやすみなさい






[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1330 ] / ▼[ 1334 ]
■1331 / 13階層)  Re[13]: 日記的感想
□投稿者/ pipit -(2019/06/12(Wed) 01:05:01)
    ちょっと思いついたので日記つけたし

    世界は数学で出来ている、って言葉が世にある気がするけど、

    カント的にいえば

    世界(現象)も数学も根拠が同じもの(空間と時間?)で出来ている、
    かなー?

    全然違ったらすみません
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1331 ] / ▼[ 1338 ]
■1334 / 14階層)  認識を構成するエレメント(要素)
□投稿者/ pipit -(2019/06/12(Wed) 22:57:01)

    『純粋理性批判』は、原理論と方法論に大別されます。
    原理論は、
    TRANSCENDENTAL DOCTRINE OF ELEMENTS.
    と訳されてます。

    ELEMENTS(要素)、日本語でもエレメントって使いますよね。

    『純粋理性批判』においては、何のエレメントかというと、

    私たちの一切の(客観的妥当性のある)認識のELEMENTS(要素)みたいです。

    中山元訳本、2、p18に、
    『このように直観と概念が、わたしたちのすべての認識を構成する要素である。』
    という文言があります。

    該当部分の英訳は、
    Intuition and conceptions constitute, therefore, the elements of all our knowledge, so that neither conceptions without an intuition in some way corresponding to them, nor intuition without conceptions, can afford us a cognition.
    〈直観と概念は私たちのすべての認識(knowledge)の要素を構成するのであり、直観を持たない概念も、概念を持たない直観も、認識になれない。〉

    というわけで、この第一部門の原理論に、認識の二大要素(エレメント)の
    感性論〈直観〉と悟性論〈概念〉がおさめられてるのですね。

    で、

    今はその感性論を読み始めてて、感性の形式には、空間(外的な直観の形式)と時間(内的な直観の形式)がある、ということで、、、とりあえず空間のとこ書いてます。

    外的なもの認識するの、一般的には空間認識しますよね?
    少なくとも、私は、感受するものが位置を持ってます。
    位置を持つ、その土台、が、アプリオリな像としての空間だとカントは言ってる、と、今の所理解してます。

    アプリオリ、だから、人間なら、みんな共通としての空間の像を備えてる、ということかな、と。

    その共通の像に、各人が、個人的経験的アプリオリ的に、感受したものをそれぞれ固有的な座に表象させてるかと。

    人間自体が個体で空間的に位置もってますからね、見る位置からの角度が変わりますからね、表象される座標もかわりますよね。

    現象させるための空間という像(形式)はアプリオリで、
    現象の素材はアポステリオリ。


    カントの考え方が無理筋かどうかはさておき、とても面白い考え方だなー、と、感心します。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1334 ] / ▼[ 1345 ]
■1338 / 15階層)  純粋理性批判におけるアプリオリの定義
□投稿者/ pipit -(2019/06/13(Thu) 22:56:04)
    アプリオリの定義について

    カントは序論で、本書におけるアプリオリとは、すべての経験から絶対的に独立している認識のことと理解してほしい、と定義しています。(中山元訳、1、p19)

    該当部分英訳
    By the term "knowledge a priori," therefore, we shall in the sequel understand, not such as is independent of this or that kind of experience, but such as is absolutely so of all experience.
    〈アプリオリな認識とは、単なる個々の経験から独立している認識と解するのではなく、全ての経験から絶対的に独立している認識と理解していただきたい。〉

    ということなのですが、

    『カント入門』という新書のp111〜113で、著者の石川文康先生は、
    世間ではよく誤解されているが、「純粋理性批判」におけるアプリオリとは、生得的という意味ではない、と注意喚起されています。
    (経験から)獲得的⇔生得的
    これが一般的な対語だが、カントはこの従来の二分法を超えて、第三項として「根源的獲得」という領域を切り開く、とされてます。

    部分引用します。
    『それに対してカントが第三項として導入した自然法用語「根源的獲得」は、一切の先なる所有者を、また先なる根源を前提しない概念である。
    したがって神からも経験(先なる根源)からも派生しない概念である。
    それは知性がその自己活動によって知性自身から獲得したという意味である。
    そしてその意味で、カテゴリーは知性自身にその根源をもつ概念である。』(p113より引用)


    『たしかにカント以前、とくにライプニッツにおいては、「アプリオリ」と「生得的」とはほぼ同義であった。しかしカントの場合、「アプリオリ」とは「経験に先立つ」すなわち「経験に由来しない」という意味を出ない。その目印は「普遍妥当性」と「必然性」をもつことである。』(石川文康先生『カント入門』p111より引用)

    (感想)
    でもぉ、知性能力(使ってないにしても)は生得的なんじゃないかなー、と、思いました。
    が、
    そうかぁ、アプリオリに生得的という意味持たせちゃうと、アプリオリな認識と言った時、どうしても背後に神様がちらついちゃうから、純粋理性批判的には、先験的という意味の方が都合よかったのかな
    人間回帰って言葉が浮かぶけど、間違った言葉使いやったらすみません。



    いろんな生命さん、今日も一日おつかれさまです!

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1338 ] / ▼[ 1358 ] ▼[ 1360 ]
■1345 / 16階層)  時間についてに入る前に思うこと(長文)
□投稿者/ pipit -(2019/06/14(Fri) 22:50:09)
    まず自分の時間についての認識を考えてみて、

    次に、諸先生方の解説読んで、

    最後に、カントの本文読んでみようと思います。

    カントは、認識は自分の手元にあるんだから、なぜそうなってるのかはわからなくても、どうなってるのかは、自分の認識みたらわかるんやで〜(超意訳)って言ってた気します。

    だから、不十分なことは承知で、自分で自分の認識みてみることチャレンジしたいです。


    まず思ったことは、認識論としての変化は、記憶がないと変化という認識できないんじゃないか、と思いました。

    変化、を、考えたとき、時間、があらわれる気がしました。

    だけど、変化の構成要素の一つの記憶は、内容は過去だけどその内観対象そのものは、ただ対象としてあるだけです。

    内容に対して、時間的な規定をして、変化が生まれる気がしました。

    これは、カントの考え方に沿ったときの空間認識と同じシステムだと思いました。

    現象がある座を占める。
    現象としての外的対象物(≠物自体)が空間像のある座を占める。空間認知
    現象としての内観対象物(≠物自体)が時間像のある座を占める。時間認知


    あとカントは理屈として、
    pipitが生まれる。
    pipitが死ぬ。
    同じ主語に対して矛盾の述語が成り立つには時間によるしかない、と、書いてたような。
    でも、違うかもだから、なるべくちゃんと読んでいきます。

    カント哲学における、現象の形式である空間と時間は、
    経験的実在かつ超越論的観念である、と、されてるかと思いますが、

    あ、そうだ、

    時間のテンポに関して、、、

    これは私見なのですが、

    外的対象の変化が時間になるとすると、(ここらへん、外的対象と時間が相互的関係に解説されてるみたいです。解説引用していくつもりです)

    もし物質が刹那生滅してたら、それがテンポになって、共通の時間規定にならないかな、って。

    それで、昔のコンピュータって、信号を取ってカウントして時計時間に足して時間表示してたって記事をネットで読んで、
    コンピュータも仕事しすぎてたら信号とりそこなう時があって、そしたら表示も狂ってたんですって。
    人間も熱中してたら、生滅のテンポ信号とりそこなって、時計表示より体感時間がずっと前(信号が上乗せカウントされてない)ってこともあるかも、なんてことその記事からインスパイアされて思いました。

    おもしろいなー




[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1345 ] / ▼[ 1359 ]
■1358 / 17階層)  思うこと
□投稿者/ pipit -(2019/06/16(Sun) 16:25:49)
    赤ちゃんってどんな世界みてるんかなー

    自分が赤ちゃんのときに、どんな表象してたんかなー

    ちゃんと遠近法で表現されてた?

    1.という概念で、みてた ?

    いっぱい、って、概念、でみてた ?

    残念ながら、覚えてないですね

    覚えては人いるのかなー

    わたしの一番古い記憶は、、、もう、物語性のある世界です。

    わたしの子供が生まれて1年以内のとき、仰向けに寝てて、自分の手を上にあげて、
    自分の眼に対してヒラヒラ裏表に変化させながら、じーっと見てたことがありました。

    どんな世界見てたんかなー

    もう本人は覚えてないやろうなー

    人の認識は、、、

    わたしは、わたしの認識しか、一生みること叶わずなんかなー

    わたし問題、の一種なんかな〜?

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1358 ] / 返信無し
■1359 / 18階層)  今日見たもの
□投稿者/ pipit -(2019/06/16(Sun) 17:19:45)
    『入門書の最高峰』という本の帯を見ました。

    なんか、カテゴライズ的に、おもしろかったです。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1345 ] / ▼[ 1361 ]
■1360 / 17階層)  中山元先生の解説
□投稿者/ pipit -(2019/06/16(Sun) 18:50:19)
    >自分の時間についての認識を考えてみて、
    次に、諸先生方の解説読んで、
    最後に、カントの本文読んでみようと思います。<


    中山元先生の解説を抜粋引用しますm(_ _)m
    カントの文章ではなく、中山元先生の文章です。

    『(略)空間は知覚に必ず必要な条件なのである。(略)
    時間も同じく必然的なものである。同じように還元を施して
    みよう。何か仕事に没頭していると、あとで思わぬ時間が経っている
    ことにきづくことがある。(略)
    その仕事をしなかったならば、(略)、あるいは別のことをした時間が
    経過しているはずだ。
    だからその時間が主観的にどれほど短く感じられようとも、
    誰もが一つの客観的な時間の流れで生きているのだ。
    そこから個々の出来事の時間を取りのぞくことができるとしても、
    「時間そのものは(現象を可能にする一般的な条件として)、
    取りのぞくことは、できない」(055)のである。

    (略)

    空間の第三の解明と時間の第三の解明で考察されるのは、
    空間と時間の「唯一性」である。

    (続く)』

    一旦中山元先生の文章の引用はここまでで終わります。
    また後ほど続きを引用していきますm(_ _)m

    引用本
    『純粋理性批判1』
    カント、中山元訳、
    光文社古典新訳文庫
    p356〜357より、抜粋引用
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1360 ] / ▼[ 1364 ] ▼[ 1366 ]
■1361 / 18階層)  中山元先生の解説続き
□投稿者/ pipit -(2019/06/16(Sun) 23:23:07)
    中山元先生の解説文章の引用の続きです。

    『空間の第三の解明と時間の第三の解明で考察されるのは、
    空間と時間の「唯一性」である。
    もちろん空間はさまざまな場所に分割できるのであり、
    それぞれの場所は個人にとって意味の異なるものである。
    しかしさまざまな部分的な空間を合成して、一つの全体の
    空間が考えられるのではない。
    「部分的な空間は、単一の空間の内部でしか考えることが
    できないものなのである。」(043)
    (略)
    同じことは時間についても語ることができる。
    古代のギリシアのヘラクレイトスは、夢見るときのように自分だけの
    時間に籠るものは、大きな共同性から外れてしまうと語ったことがある。
    誰もが自分だけの時間の流れのうちに生きているが、
    それが時間として意味をもちうるのは、
    他者とのあいだで共有した大きな一つの時間のうちの一部であり、
    他者もまた私的な時間を生きながら、この大きな時間のうちで
    暮らしているからなのである。

    この空間と時間の唯一性は、(略)空間と時間が人間が知覚するために必要な
    アプリオリな形式的な条件であることによっても生まれる。
    カントはこのことを空間と時間が「純粋な直観」(同)である
    という言葉で表現する。

    (略)ぼくたちは誰もが何かを知覚するときに、空間と時間という形式に依拠するのであり、その形式は、すべての人に共通なものとして普遍的なものである。
    その普遍性から、人々が生きる空間と時間性の唯一性が結論されるのである。
    (略)

    それが「直観」と表現されるのは、概念は複数のものに適用されるが、
    直観は唯一のものだからである。
    ある論者が指摘しているように、「直観は多数なものが統一されていることを示し、
    概念は多数のうちに統一されたものが含まれていることを示すからである。」。

    (続く)



    (同本p356〜358より中山元先生の解説を抜粋引用)

    また明日以降に解説の続きを引用します。

    おつかれさまです・おやすみなさい

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1361 ] / 返信無し
■1364 / 19階層)  今日見たもの
□投稿者/ pipit -(2019/06/17(Mon) 17:57:42)
    軽自動車サイズのタイヤの自転車で走るおじさま。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1361 ] / ▼[ 1368 ] ▼[ 1369 ]
■1366 / 19階層)  中山元先生の解説続き
□投稿者/ pipit -(2019/06/18(Tue) 00:00:43)
    中山元先生の解説文章を抜粋引用します。

    『(略)
    カントは時間の超越論的な解明においては、時間が経験を可能にすると同時に、
    物理学を可能にするという意味で、二つの超越論的な条件を備えていることを指摘するのである。
    (略)
    カントがここで問題とする空間は、測量が可能な開かれた公的な空間であり、時間は、物理学的な測定が可能な一次元の公的な時間なのである。
    (略)
    すべての人間に共通の認識の条件を考察しようとするこの書物では、すべての認識が成立するための一つの公的な空間と時間に焦点を合わせる必要があったのである。

    (略)

    カントはこの時間と空間には、客観的な実在性だけでなく、「超越論的な観念性」がそなわっていると主張する。
    それが「観念的」であるというのは、これは物自体にそなわるものではなく、人間が物自体を現象として認識するために必要な「主観的な条件」にすぎないからである。
    (略)
    またそれが「超越論的な」ものであるのは、(略)、経験に先立って存在し、経験を可能にするアプリオリなものだからである。
    そしてこのアプリオリな性格のために、すべての人間が共通の事物を認識し、共通の法則について同意することができる。
    数学も自然科学も、この空間と時間のアプリオリ性に依拠していることは、「超越論的な解明」で明らかにされたとおりである。
    (続く)』

    同本p364〜369の中山元先生の解説からの引用でした。

    今日はここでおわります。
    このあと、おもしろそうなところです。

    外の世界がないと、内の変化がおこらないし、自己認識もできないけど、
    時間という内的な直観の形式によらなければ外部の対象の認識ができない。
    『純粋理性批判』における、奇妙な循環であり、逆説である。
    カントが考え出したのは、、、
    ここらへん、私は未勉強ですが、カントの自我論につながっていきそうですね。
    中山先生は、逆説は解決されてない、とみてるかんじかなー
    ちょっとだけ先に引用
    『時間と変化の問題は考えてゆけばゆくほどに深まる謎として、本書で繰り返し提起される。ハイデガーが語るように、本書は時間と存在についての書物だと考えることもできるほどである。』(p375)

    おつかれさまです!

    おやすみなさいー

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1366 ] / 返信無し
■1368 / 20階層)  今日見たもの
□投稿者/ pipit -(2019/06/18(Tue) 18:27:57)
    猛スピードで走るタクシー
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1366 ] / ▼[ 1370 ]
■1369 / 20階層)   中山元先生の解説続き
□投稿者/ pipit -(2019/06/18(Tue) 21:36:11)
    中山元先生の解説文章を抜粋引用しますm(_ _)m

    『(略)
    庭の樹木を眺めていたぼくは、ふと「われにかえる」のであり、
    庭を眺めていた自分にまなざしを向けるようになる。
    そして心のうちに流れる外界の事物の像と、その時間的な経過に気づくのである。
    時間というものが認識されるのは、この二つの行為の交差するところである。
    (略)

    「わたしたちは時間という形式において自己自身と、自己の内的な状態を直観するのである。なぜなら時間は外的な現象のいかなる規定でもありえないからである」(061)とカントは指摘する。
    それでいてそれは純粋に内的なものでもありえない。
    すでにカントが早くから指摘しているように、純粋に内的なものは時間をもたないからである。
    無意識にも意識にも、時間という規定はそぐわないものなのだ。

    だからこの困難な問題は、外的なものと内的なものとの〈交差〉によってしか解決できないのである。
    外的なものを眺めるときに流れる内的な時間が問題なのである。
    これをカントは「時間は、さまざまな像がわたしたちの内的な状態において、たがいにどのような関係にあるかを規定する」(同)と説明する。

    内的な状態だけでは時間を測定することはできない。
    内的なものはある種の混沌を含んだものであり、そこでうごめいているのは時間という規定をうけないもの、超時間的なものである。
    (略)
    しかし外的な状態だけでも時間を構成することはできない。
    (略)
    時間はあくまでも人間の「内的な状態」における像や観念の関係を規定するものであるからだ。
    それでもこの二つの状態が〈交差〉することによって、一つの時間が可能となる。
    それは一つの外部の世界、人々が共同で暮らす世界のうちで、人間が生きているからだ。
    時間が「客観的な妥当性」をもつのは、それが共同の世界の事物に関する時間だからである。
    そのことをカントは「時間が客観的な妥当性をもつのは現象に対してだけである。現象とは、それがすでにわたしたちが自分の感覚能力の対象として規定する事物だからである。」(063)と表現している。
    (略)
    時間は内的な知覚を作り出し、空間は外的な知覚を作り出すのであるが、そのためには時間と空間、内的な知覚と外的な知覚は、たがいに相手の間接的な条件になる必要があるのだ。
    (略)

    同本 p387〜389 中山元先生の解説の引用

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1369 ] / ▼[ 1373 ]
■1370 / 21階層)  軌道修正
□投稿者/ pipit -(2019/06/18(Tue) 22:06:55)
    さすがに中山先生の解説文章引用しすぎで申し訳なく思えてきました。

    一回、カントの文章の訳文の訳文にチャレンジしてみようかな、と、思います。

    今回読むのは、

    第一部「超越論的な原理論」の
    第一部門「超越論的な感性論」の部分!(抜粋)

    英語力ないけど、なんとかできるといいな。
    私の中でメインに読んでいくのは中山先生の日本語訳で、抜粋したいな、と、おもったところを著作権切れ英訳で引用して、pipitの下手な日本語訳も書いていきます。
    中山先生の訳を大いに参考にさせていただくと思います。

    それでは、、、明日以降に〜

    おやすみなさい!
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1370 ] / ▼[ 1375 ]
■1373 / 22階層)  wikiの解説
□投稿者/ pipit -(2019/06/19(Wed) 13:11:59)
    wikiの感性論の解説部分を引用します。
    書き込んでいくときの道標の一つになるかな〜と思いまして。

    wiki姐さん(と勝手に命名。)サンクス です !

    wikiより引用
    『先験的感性論

    時間および空間(以下時空)は直観の先天的形式である。

    外的現象に適用される空間は、外的印象を並列的に受け取る外的直観の先天的形式である。

    これに対し一切の現象に適用される時間は、内的状態を継時的に受け取る内的直観の先天的形式である。

    ここでいう時空は概念でなく直観である。

    すなわち個々の時空と唯一の時空とは、個別者と概念との関係でなく部分と全体との関係をもつ。

    時空の制約は物自体(それ自身は現象しない)には適用されない(先験的観念性(transzendentale idealitat) )。

    時空はそれによってのみ現象が可能となる主観的制約(経験的実在性 (empirische kealitat) )である。

    そのため、見出されるはずの一切の対象に妥当すると言いうる。』

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E7%B2%8B%E7%90%86%E6%80%A7%E6%89%B9%E5%88%A4
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1373 ] / ▼[ 1381 ]
■1375 / 23階層)  今日見たもの
□投稿者/ pipit -(2019/06/19(Wed) 21:34:41)
    今日見たもの

    夕日 。

    みんなはどんなものみてるのかなー

    おもしろいなー

    空間というみんなにアプリオリに共通な〔唯一の空間〕を各個体がアポステリオリに産まれる制限された、、、世界を見てる

    的な考え方でいいんかな?
    まあ、唯一、の解釈が割れてる可能性もあるかもだけど

    おもしろいな

    空間、の、形式、は、同じなのかい?

    しかも、人間認識の際の形式、やから、絶対真理、やないねんね

    人間に適合する、客観的妥当性をもつ認識

    世俗諦 !

    カントの言葉では、経験的実在、やね、多分。

    あ、でも、カントは物自体は不可知論やから、

    経験的実在と超越論的観念の性質合わせたものが、世俗諦になるのかな、と、思いました。

    ということは、

    カントにとっては、空間と時間が世俗諦で、
    勝義諦はどんなものかわかんない、だね。
    (でも、なんか道徳は勝義諦っぽいこと言ってるかもなんですけど
    (^^;;)

    仏教でも、時間は世俗諦とされてるのかもだけど、
    空間、は、どうなのかなぁ

    知らないです。





[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1375 ] / ▼[ 1383 ]
■1381 / 24階層)  超越論的原理論・第一部門超越論的感性論
□投稿者/ pipit -(2019/06/20(Thu) 23:13:07)
    中山先生の訳本でいえば、第一巻のp69〜141までが〔感性論〕です。
    感性論は、序文・空間について・時間について、と3つに大別されてるので、
    まず、序文部分の英訳を抜粋引用します。

    100年前くらいに翻訳された
    『THE CRITIQUE OF PURE REASON
    J. M. D. Meiklejohn』
    から引用します。
    英訳の日本語訳はpipitによるものですが、中学生並み英語力なので、不十分な訳になると思います、すみませんm(_ _)m
    内容的には中山先生の本を大いに参考にさせていただきますm(_ _)m

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1381 ] / ▼[ 1386 ]
■1383 / 25階層)  感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/20(Thu) 23:29:50)
    まず感性論・序文です。
    中山先生訳本では、p69〜75の部分から抜粋引用していきます。略したところは(略)とします。

    めっちゃペース遅いと思います( ; ; )

    (´-`).。oO ( I. TRANSCENDENTAL DOCTRINE OF ELEMENTS. FIRST PART. TRANSCENDENTAL AESTHETIC.
    (1.超越論的原理論 第一部門 超越論的感性論)

    SS I. Introductory.
    ( 第一項 序文)

    In whatsoever mode, or by whatsoever means, our knowledge may relate to objects , it is at least quite clear that the only manner in which it immediately relates to them is by means of an intuition.
    (私たちの認識が対象に関係する方式や手段が何であれ、認識が直接に対象と関係するたった一つの方法は、直観によるしかないのはきわめて明らかである。))


    つ、疲れたっ

    蚊にさされた !

    、、、今日はもう寝ます

    一文だけ、、、一文だけなんて、、、一文でぐったり( ; ; )

    あ!蚊また来る!もう血吸ってるんちゃうん?

    とほ〜、おやすみなさい

    、、、ほし、で、☆彡 打とうと思ったら

    墓誌

    誤入力

    おやすみなさい (^ν^) ☆彡

    ちなみに、☆彡は、ながれぼしの変換でした



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1383 ] / ▼[ 1387 ]
■1386 / 26階層)  Re[26]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/21(Fri) 22:46:58)
    あれ〜?
    英語がダメなのか、投稿してもアクセス禁止にされます。

    とりあえず、英語抜かして投稿してみます。


    (´-`).。oO(『 第一項 序文

    私たちの認識が対象に関係する方式や手段が何であれ、認識が直接に対象と関係するたった一つの方法は、直観によるしかないのはきわめて明らかである。

    (直観という方法は、)全ての思惟という点においても、欠くことのできない土台となる。

    だが、直観が行われるのは、対象が私たちに与えられている限りにおいてである。

    少なくとも人間においては、対象がある方法で人間の心に影響変化を与える(=対象が心を触発する)という条件下にだけ、対象が与えられることが可能となる。

    私たちが対象によってなんらか触発されるという方法を通して、表象(representations)を受け取る能力(受容性)は、感性と呼ばれる。

    感性という方法によって、対象は私たちに与えられ、そして、それ(感性によるシステム)のみが私たちに直観をもたらすのだ。

    (略)(続)』)


    ☆彡


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1386 ] / ▼[ 1388 ]
■1387 / 27階層)  Re[27]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/21(Fri) 22:56:52)
    英文、小分けにしてみます


    To this as the indispensable groundwork, all thought points.

    直観という方法は、全ての思惟の点においても、欠くことのできない土台となる。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1387 ] / ▼[ 1389 ]
■1388 / 28階層)  Re[28]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/21(Fri) 22:58:07)
    But an intuition can take place only in so far as the object is given to us.

    だが、直観が行われるのは、対象が私たちに与えられている限りにおいてである。


    This, again, is only possible, to man at least, on condition that the object affect the mind in a certain manner.

    少なくとも人間には、対象がある方法で心に影響変化を与える、その状態にだけ、対象が与えられることが可能となる。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1388 ] / ▼[ 1390 ]
■1389 / 29階層)  Re[29]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/21(Fri) 22:59:15)
    The capacity for receiving representations (receptivity) through the mode in which we are affected by objects, objects, is called sensibility.

    私たちが対象によってなんらかの影響を与えられる(触発される)という方法を通して、表象を受け取る能力(受容性)は、感性と呼ばれる。

    By means of sensibility, therefore, objects are given to us, and it alone furnishes us with intuitions;

    感性という方法によって、対象は私たちに与えられ、そして、それのみが私たちに直観をもたらすのだ。

    (略)

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1389 ] / ▼[ 1394 ] ▼[ 1406 ]
■1390 / 30階層)  Re[30]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/21(Fri) 23:00:14)
    小分けにしたら投稿できました(^o^)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1390 ] / ▼[ 1396 ]
■1394 / 31階層)  (純理トピ番外編 )ダンマパダ 荻原雲來訳
□投稿者/ pipit -(2019/06/22(Sat) 20:03:49)
    二一〇
    所愛と會ふ勿れ 、決して非愛と (會ふ勿れ ) 、所愛を見ざるは苦なり 、又非愛を見るも (苦なり ) 。

    二一一
    故に愛を造る勿れ 、所愛を失ふは災なり 、愛非愛なき人には諸の繋累あることなし 。

    二一二
    愛より憂を生じ 、愛より畏を生ず 、愛を離れたる人に憂なし 、何の處にか畏あらん 。二一三親愛より憂を生じ 、親愛より畏を生ず 、親愛を離れたる人に憂なし 、何の處にか畏あらん 。

    二一四
    愛樂より憂を生じ 、愛樂より畏を生ず 、愛樂を離れたる人に憂なし 、何の處にか畏あらん 。

    二一五
    愛欲より憂を生じ 、愛欲より畏を生ず 、愛欲を離れたる人に憂なし 、何の處にか畏あらん 。

    二一六
    渇愛より憂を生じ 、渇愛より畏を生ず 、渇愛を離れたる人に憂なし 、何の處にか畏あらん 。


    感想

    誠に釈尊のおっしゃる通りと思うけど、
    もう、好きなものいっぱいつくってるから
    はなれるのは無理にさえ感じてしまう

    苦しみはまことに好きなものから生じる



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1394 ] / ▼[ 1397 ]
■1396 / 32階層)  中国菩提樹の開花
□投稿者/ pipit -(2019/06/23(Sun) 17:13:31)
    中国菩提樹が開花していました。
    はじめて見ました。
    匂いもしっかりしてました。
    甘いような爽やかなような、不思議なかんじ。

    インドボダイジュはどんな花咲くのかなあ〜

    落ち込んでたけど、ちょっと元気でました
    なるようにしかならないし、なるものにその都度ベストな反応目指すのがいいよね

    いろんなことにありがとうです!

    思考コントロールできたらいいのにな、と、思いました

    精進したらできるようになるのカナ ?
1632×1224 => 600×450

image.jpeg
/666KB
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1396 ] / ▼[ 1398 ]
■1397 / 33階層)  時間
□投稿者/ pipit -(2019/06/23(Sun) 17:26:58)
    あ、時間、ですね

    取越苦労の、妄想の時間配置

    過去はもうない

    未来はまだない

    あるのは現在この瞬間

    この瞬間をよく観て今するべきことに精進する

    こういう内容の(うろ覚えで書いてます、すみません)お経、思い出しました。

    禅語的にいえば、日々是好日、なのかな ?

    生まれてやがて死ぬこの身、そのように生きれたら理想ですねー

    でも、ちょっとのことで、心グラグラだよ、弱いね、鰯みたい(鰯さんおこる?)

    ちゃんと鍛えなくちゃ、きっともったいないね!

    写真は、多分、あじさい ☆
640×480 => 600×450

1561278418.jpeg
/164KB
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1397 ] / ▼[ 1399 ]
■1398 / 34階層)  Re[34]: 時間
□投稿者/ pipit -(2019/06/23(Sun) 17:34:47)

    > あるのは現在この瞬間<

    感性システムによって、受容的に現れた、現象の直観(行為&直観対象)に注目!!

    でいいですよね ?

    かんと先生


    (´-`).。oO(


    先生、お返事、聞こえへん (聞き取れへん) !!
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1398 ] / ▼[ 1400 ]
■1399 / 35階層)  Re[35]: 時間
□投稿者/ pipit -(2019/06/23(Sun) 18:12:10)
    御子柴善之先生の『カント哲学の核心』からカントの『プロレゴーメナ』からのカント文章の引用です。

    『両者〔空間と時間〕は物それ自体に付着する諸規定では決してない。両者は、感性に対する物それ自体のたんなる関係にだけ付着する規定である。(Ak284、中公54、岩波72)』
    p95より引用

    物それ自体の関係に付着する規定ってあるでしょう?
    ここらへんが、バークリー説とかとの違いになりますね、多分。

    カントは、物それ自体の実存を肯定している。

    そこらへんが、批判者からは、独断的だ、と、指摘されるとこなんでしょうね。

    物それ自体に触発され表象し得るシステムが、感性(受容性)

    物それ自体、は、外したくないんですね


    多分〜〜



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1399 ] / 返信無し
■1400 / 36階層)  無題
□投稿者/ pipit -(2019/06/23(Sun) 18:17:42)
    あ、疲れてるから、つい引用しちゃった

    また英訳がんばってみようかと思います(^^;;

    まだわからないけど、ちょっとバタバタするかもなので、

    超超スローペースになるかもですm(_ _)m

    予想外れて、バタバタしなくてオッケーになりますように !

    おつかれさまです (^ ^)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1390 ] / ▼[ 1407 ]
■1406 / 31階層)  Re[31]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/25(Tue) 22:57:47)
    (略)

    That which in the phenomenon corresponds to the sensation, I term its matter; but that which effects that the content of the phenomenon can be arranged under certain relations, I call its form.

    現象の中で、感覚に該当するものを、その内容、質料(matter)と私は呼ぶ。
    しかしながら、その現象の内容をある特定の関係下に整えることに影響を持つものを、その形式(form)と私は呼ぶ。



    But that in which our sensations are merely arranged, and by which they are susceptible of assuming a certain form, cannot be itself sensation.

    その中で私たちの感覚は単に整えられる、
    そして、それによって、(感覚が)ある特定の形式の影響を受けさせられるものは、感覚それ自身ではありえない。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1406 ] / ▼[ 1410 ]
■1407 / 32階層)  Re[32]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/25(Tue) 23:36:18)
    No1406に返信
    > (略)
    > 現象の中で、感覚に該当するものを、その内容、質料(matter)と私は呼ぶ。
    > しかしながら、その現象の内容をある特定の関係下に整えることに影響を持つものを、その形式(form)と私は呼ぶ。
    > その中で私たちの感覚は単に整えられる、
    > そして、それによって、(感覚が)ある特定の形式の影響を受けさせられるものは、感覚それ自身ではありえない。

    (感想)

    感覚、が、生じる。
    、、、その時同時に人間であるわたしが認知する空間を、カントは、概念ととらなかった。
    概念ではなく、直観の像とした。
    そしてその、直観の像は、人間であるなら、等しい土台である、ゆえに、正否の議論ができる。
    おなじ台に議論対象を載せて語り合える(ダイアログ)

    カントはこの台に載せる対象を時空の下に現れるものに限定して、時空に現れないものに対して理性でダイアログしても二律背反になるだけだ、と、証明を試みているのが、今読解している感性論の次、論理学内の弁証論かな〜?と今の段階で感想をもっているのですが、外れたらすみません。

    カントの考え方は個人的に大好きなのですが、やはり今の段階ではところどころすごく独断的に意見を述べてる印象を受ける時もよくあります。(理解不足ゆえかもですけど)

    ここでも、まず、形式と内容のモデルが、カントの頭の中で既に前提になってしまっているかんじがします。

    ただ、詳しくは未勉強なんですけど、石川文康先生が面白い説を新書で述べてられました。

    カントにとっては、アンチノミーが最初の体験で、アンチノミーがどうしておこるか、というと、時空という前提自体が物自体としてはゼロなのに、物自体として時空を前提にするから二律背反、、、戯論になる、ってかんじかなー
    だけど当時の書式に合わせて、アンチノミー→感性論、という順番では記述を置かず、感性論→アンチノミーの順番で記述を置いた。だから、読者には感性論の内容が唐突に思える、みたいなかんじに読んだんですけど、、、
    でも、全然誤解してたらすみません!

    まあ、でも、すごいなぁと圧倒されます。

    ぜんぜん、倫理まで辿り着けない!!

    とりとめもなく書いてしまいました、今日はもう寝よっと

    超超超心配事もとりあえずは杞憂となりました、とても嬉しくありがたいです


    それぞれの苦しみが消えていきますように

    おつかれさまです、おやすみなさい ☆彡

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1407 ] / ▼[ 1413 ]
■1410 / 33階層)  Re[33]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/26(Wed) 23:47:05)
    (略)

    It is, then, the matter of all phenomena that is given to us a posteriori;

    全ての現象の内容(matter)は、わたしたちにアポステリオリに与えられるのであるが、

    the form must lie ready a priori for them in the mind, and consequently can be regarded separately from all sensation.

    その形式(form)は、アプリオリに心の中に準備されていなければならず、
    したがって、(形式は、)全ての感覚からは区別され考察されることができるのである。

    (続く)

    感想

    今、感性論の序文を読んでるのですが、序文なのに、本題に入る前に詳しい説明もなく結論めいたことも言い切っちゃうんですね。
    カントの文章の書き方、構成のクセが強いのか、この当時の一般的な著述スタイルなのか、、、


    ほとんど知りませんけど、哲学論議の花盛りの時代かもしれませんね。
    そんなことないのかなー

    おつかれさまです

    安寧でありますように



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1410 ] / ▼[ 1415 ]
■1413 / 34階層)  Re[34]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/27(Thu) 19:52:32)
    In the science of transcendental aesthetic accordingly, we shall first isolate sensibility or the sensuous faculty, by separating from it all that is annexed to its perceptions by the conceptions of understanding, so that nothing be left but empirical intuition.

    この超越論的感性論という学において、わたしたちは最初に、
    悟性の概念によって、受け取ったものに付け加えられたもの(合成物)から(付け加えられたものを)分離して、
    感性あるいは感覚の能力を孤立させてみよう。
    そうすれば、経験的な直観だけが残される。


    In the next place we shall take away from this intuition all that belongs to sensation, so that nothing may remain but pure intuition, and the mere form of phenomena, which is all that the sensibility can afford a priori.

    次に、わたしたちはその(経験的な)直観から感覚に属するものを全て取り去ってみよう、
    そうすれば、純粋な(=経験的ではない)直観だけが残されるだろう、
    そして、それは現象の単なる形式であり、それだけが感性がアプリオリにもたらすことのできるものなのである。


    From this investigation it will be found that there are two pure forms of sensuous intuition, as principles of knowledge a priori, namely, space and time. To the consideration of these we shall now proceed.

    この調査から、アプリオリな認識の原理として、感性の直観の純粋な形式が2つ見つけられるであろう。
    すなわち、空間と時間である。
    さあ、今からこれらの考察を、わたしたちは続けよう。

    (感性論序文終わり、感性論1空間について、に続く。)



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1413 ] / ▼[ 1416 ]
■1415 / 35階層)  Re[35]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/27(Thu) 20:23:12)
    感想

    序文は、映画の予告編みたいなもんなんかな。
    見所や、読みたくなるような宣伝文や、ってかんじなのかな。


    今、いろいろ、認知してますよね
    あれはコップ
    それはテレビ
    これらは知性(悟性・understanding)能力によって概念把握したもの。
    もしかしたらカントはそれ以前の概念について述べてるかも。
    1、とか、実体、とか。
    どこまでかはわからないけど、とにかく、今みてる景色から、知性(悟性・understanding)によって付け加えたものを、引いてみろ、って言ってるのかと思います。
    マイナス知性で、残ってるのが「経験的な直観」だと言ってると今の所思ってます。


    そして次に、マイナス知性の「経験的な直観」から、さらに、感覚に属するもの引け、って。
    そんなん引けるかな〜

    今見てる景色(認識)− 知性 = 経験的な直観
    今見てる景色(認識) − 知性 − 感覚 = 純粋な直観=現象の単なる形式

    って言ってる、って、今の所思ってます。


    まあ、でも、、、やっぱりカントの考え方、大好き !

    おもしろいです
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1415 ] / ▼[ 1423 ]
■1416 / 36階層)  Re[36]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/27(Thu) 20:36:39)
    哲学者って

    変人

    みたいなとこあるよね。

    変わったこと、考えるね !

    おもしろいね

    ixtlanさんが、多分図式のとこでカントが時間持ち出すのを、

    なんでこんな変(とは言ってないかも)なこと考えたのかな、みたいなこと言ってたの、
    印象に残ってます。

    ixtlanさんは、カントは簡単だよ、って言ってたなー

    ヘーゲルだったかな、ヘーゲルの方がずっと難しいって言ってたような

    カントは、、、文章が(よくない意味で(^^;;)難しいんだね、って思いました。

    言ってることは、普通のこととかもたくさんあるのかもですね。

    でも、わざとでなく、きちんと考えて考えて、普通のこと言ってるのかも。

    でもわたしにとって、カントはめちゃめちゃおもしろいです(o^^o)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1416 ] / ▼[ 1425 ]
■1423 / 37階層)  Re[37]: 感性論・序文
□投稿者/ pipit -(2019/06/30(Sun) 21:18:41)
    また考え変わるかもだけど、
    パニチェさんの返信読ませてもらって、


    感性は右脳の働き(受容性)
    カテゴリーは左脳の働き(能動性)

    って、頭に浮かびました。

    外してないかな〜?
    できるだけ勉強してみます !

    パニチェさん、ありがとうございます (^ ^)

    かんと先生、どう思います〜 ??

    (( _ _ ))..zzzZZ
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1423 ] / ▼[ 1427 ]
■1425 / 38階層)  脳科学
□投稿者/ pipit -(2019/06/30(Sun) 23:59:44)
    脳科学も日進月歩で変化してるのかもしれないなー

    『たとえばデーヴィッドソンたちのグループの研究は、
    人間の高次の精神機能は、脳の広い範囲に広がるより大きなネットワークと対応している、
    という理論に基づいています。
    つまり、従来の脳科学で、この部分はこういう機能を持っている、
    この部分はこういう機能を持っているという、そういう機能分担について、
    機能分化の地図がつくられてきたわけですが、
    そうではなくて、
    いろいろ違うところが同時に、共鳴的にはたらくようなネットワークと、
    高次の人間の精神機能とは対応している、というのです。

    メタレベルのネットワークの活動を起こすことによって、
    より低いレベルにある小さな細胞群、個別の部分の活動が制御されるような関係になっている。』
    香山リカ先生の対談本で、宗教人類学者の永沢哲先生の文章の引用です。
    『マインドフルネス最前線』p214

    別の本では、別の先生が、帯状回に注目されていました。
    『最近の脳科学の研究の中でも特に注目すべきは、
    休んでいるときに働いている脳のネットワークです。
    それは脳の正中(右脳と左脳の中央)にあり、帯状回を中心にしたネットワークです。
    (略)これら帯状回を含めた、脳の正中にあるネットワークが、脳の働きを自我として
    統合していると考えられています。
    帯状回を含めた正中の脳が、司令塔として脳全体を統合しながら、
    そのときに必要な領域を使えるようにしているのです。』
    『脳と瞑想』プラユキ・ナラテボー 篠浦伸禎共著、より、篠浦先生の文章の引用 p47.・48

    いろいろ変わってるかもだけど、
    イメージとして、感性は右脳、悟性は左脳、そして〜
    図式は右脳左脳の橋渡しでどうでしょう !!

    カント先生、いかに感性で得たものに悟性を当てはめるか、その正当性の記述に苦労してたんでしょう ?

    右脳と左脳の中央で、総合させたらいいんやないですかね〜

    そんなに単純じゃないかー

    ちょびちょび勉強しまーす
    全然外してたらすみませ〜ん m(_ _)m

    おやすみなさい ☆彡

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1425 ] / ▼[ 1428 ]
■1427 / 39階層)  感性論・1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/01(Mon) 22:41:58)
    原理論/感性論/1.空間について

    By means of the external sense (a property of the mind), we represent to ourselves objects as without us, and these all in space.

    (心の特性としてある)外的な感性を用いて、わたしたちは 対象を私たち以外のものとして、またすべてが空間にあるものとして、私たち自身に表す。


    Herein alone are their shape, dimensions, and relations to each other determined or determinable.

    ここ(空間)において、形状・大きさ・互いの関係が規定される、か、規定され得る。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1427 ] / ▼[ 1430 ]
■1428 / 40階層)  Re[40]: 感性論・1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/01(Mon) 22:49:12)
    外的、ってありますよね
    自分、以外を、外、って言ってる感じですよね。

    >わたしたちは 対象を私たち以外のものとして、またすべてが空間にあるものとして、私たち自身に表す。<

    おもしろいね、
    たとえば、新聞、あるけど、
    pipitは、この新聞を、pipit以外のものとして、空間内に、pipitに対して感性能力で表す。

    カントが自分の認識を、そのように認識してた、と、知るのは、なんか不思議な気持ちになります。

    生きてたんだなー。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1428 ] / ▼[ 1431 ] ▼[ 1432 ]
■1430 / 41階層)  Re[41]: 感性論・1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/01(Mon) 23:07:23)
    >ここ(空間)において、形状・大きさ・互いの関係が規定される、か、規定され得る。<

    新聞、机、タブレット、etc...

    様々なものが、形と大きさで規定され、位置関係などの相関が規定されて表象される。


    位置が決まる。

    右・左・上・下・前・後

    人間の認識って、一応3次元だよね ?

    目に映るの2次元と言えなくもないかもだけど、でも、手を伸ばせば、前に空間あるもんね。

    、、、もうあんまし考えたくな〜い

    なんもかんがえたくなーい

    おつかれさまです、おやすみなさい (^_^)☆

    それぞれに心地よい日々になりますように
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1430 ] / 返信無し
■1431 / 42階層)  Re[42]: 感性論・1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/02(Tue) 22:40:49)
    形状、大きさ、で規定され表象される、、、って

    遠近法のことも念頭にあったのかなー、どうかな

    この前テレビで見たけど、

    大きさが常識と違う大きさに見える症状があるみたいですね。

    子供が高熱だしたとき、お母さんの顔がめちゃ大きくみえたり、
    遠近感がうまく表出されない症状に陥ることがあるみたいです。

    、、、言葉を覚える前の赤ちゃんが見る世界はどんなんなんかなー


    見れる可能性あったらいいな
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1430 ] / ▼[ 1433 ] ▼[ 1434 ]
■1432 / 42階層)  Re[42]: 感性論・1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/03(Wed) 23:05:46)
    The internal sense, by means of which the mind contemplates itself or its internal state, gives, indeed, no intuition of the soul as an object;
    yet there is nevertheless a determinate form, under which alone the contemplation of our internal state is possible, so that all which relates to the inward determinations of the mind is represented in relations of time.

    内的な感性は、心が心自身あるいは内面の状態を観るという方法によっては、[対象としての魂]を直観するわけではないのであるが、
    しかしながら、私たちの内面の状態を観ることが可能となる、ある明確な形式はあるのであり、
    心の内的な規定に関係する全てのものは、(その形式である)時間の関係の上に表現されるのである。

    (感想)

    客体としての心・の直観は感性によっては得られない、っていってるんだね

    でも、心の状態は、感性によって直観できる、と。

    心が変化する、その、変化の状態は直観できるけど、心そのものを1つの客体としては
    みれない、かぁ。

    アビダンマでは、心と心所に分けるけど、
    内的状態は、心所、だね。

    心所は、わかりやすい、かぁ。



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1432 ] / 返信無し
■1433 / 43階層)  無縁さん
□投稿者/ pipit -(2019/07/03(Wed) 23:08:18)
    大丈夫だといいな

    おつかれさまです
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1432 ] / ▼[ 1437 ] ▼[ 1441 ]
■1434 / 43階層)  Re[43]: 感性論・1.空間について
□投稿者/ おくったがわ -(2019/07/05(Fri) 07:12:09)
    こんにちは。(ほぼ)はじめまして。

    by means of which the mind contemplates itself or its internal state
    は The internal senseを修飾する関係代名詞節ですね。

    主語の internal sense の説明として
    The mind contemplates itself or its internal state by means of the internal sense
    という事情を挿入した形。(カンマが入っているので制限的でなく、付加的)

    pipitさんの投稿でkindleで無料英訳が読めるのを知りました。ありがとうございます。
    それで、有料のバージョンも2種類、中身検索で確かめてみました。
    それぞれ細かい違いはありますが「, by means of which the mind」の部分は一致しているので、原文も同様な表現なのだと思います。
    全体の本旨には関係ないかもしれませんが、細かいことが気になる性格なものですいません(杉下右京風で

    以前テキストリームのpipitさんのトピを見てカントの勉強をさせてもらっていました。
    こちらに来られたのを知り嬉しく思っています。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1434 ] / ▼[ 1438 ]
■1437 / 44階層)  おくったがわさん、こんにちは
□投稿者/ pipit -(2019/07/05(Fri) 18:19:44)
    おくったがわさん、(ほぼ)はじめまして、& お久しぶりです!

    書き込み&ご教授、すごく嬉しいです

    いろいろ用事が落ち着いたら、教えていただいた箇所をみてみますね

    ありがとうございます(^O^)/ &#9836;←文字化けするかな?音符書きました〜
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1437 ] / ▼[ 1504 ]
■1438 / 45階層)  いらっしゃい!おくったがわさん
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/06(Sat) 08:07:02)
    待ってました!!^^

    おくったがわさんってtextreamトピ設置されたことありましたっけ?

    もしよければトピ設置しますので、その際はタイトルを教えて下さい。

    トピを設置せずに自由にどこのトピにでもレスいただくスタイルでももちろん構いません。

    自由気ままにご利用下さい。よろしくお願いします。

    月蛇元気かな。。。(笑)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1438 ] / ▼[ 1508 ]
■1504 / 46階層)  Re[46]: パニチェさん。
□投稿者/ おくったがわ -(2019/07/15(Mon) 20:15:16)
    No1438に返信(パニチェさんの記事)
    参加を自分から希望したのに今まで投稿していなくてすみません。
    トピはヤフー掲示板のときに大喜利トピをいくつか ^^ 
    哲学とかでは全くないです。

    自分が何か気づいたり考えたときに投稿できる場所があるといいかな、とは思っていまして。
    ツバメさんやカシさんのトピがあれば…と思いますが、他力本願でなく自分で立てればいいのですね。
    題名とか考えて、また希望するかもしれません。そのときはよろしくお願い致します。

    転法さんのトピがあってうれしく思いました。後でそちらにも投稿すると思います。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1504 ] / 返信無し
■1508 / 47階層)  おくったがわさんへ
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/15(Mon) 21:04:07)
    No1504に返信(おくったがわさんの記事)

    > 参加を自分から希望したのに今まで投稿していなくてすみません。

    いえいえ、全然構いません。お気遣いなく。^^

    > トピはヤフー掲示板のときに大喜利トピをいくつか ^^ 
    > 哲学とかでは全くないです。

    そうなんですね。
    ここでのトピも哲学に全く関係ないテーマや内容でも大歓迎です。

    > 自分が何か気づいたり考えたときに投稿できる場所があるといいかな、とは思っていまして。
    > ツバメさんやカシさんのトピがあれば…と思いますが、他力本願でなく自分で立てればいいのですね。
    > 題名とか考えて、また希望するかもしれません。そのときはよろしくお願い致します。

    はい、いつでも、どんなトピでも教えて下さい。

    > 転法さんのトピがあってうれしく思いました。後でそちらにも投稿すると思います。

    転法祖師も喜ぶと思います。^^
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1434 ] / ▼[ 1442 ] ▼[ 1500 ]
■1441 / 44階層)  おくったがわさん、おはようございます
□投稿者/ pipit -(2019/07/06(Sat) 09:59:46)
    おくったがわさん、おはようございます

    すごくいいかげんに訳してたの、ばれて恥ずかしいです、が、
    教えていただいてめっちゃ嬉しい!です

    そうかぁ、The internal senseの説明として、付加的なものなのかぁ。
    私はよくわからないまま、なんとなくで制限的に誤訳してたのですね。
    付加的とか制限的とか、おくったがわさんの説明もすごくわかりやすいです。

    実はこの文、私には長くて、ややこしくて、
    後半もきちんとわからないまま、なんとなくで訳してしまってます (._.)
    カント先生、激怒してるかな〜σ(^_^;)

    訳し直してみますね
    ※英語が多すぎるのか投稿できないので、英訳文は略して引用しますね。

    The internal sense, by means of which the mind contemplates (略)in relations of time.

    (訳)心が心自身あるいは心の内的な状態を観るのは内的な感性による、
    その内的な感性は、1つの客体としての魂の直観は与えない。


    、、、後半も正直構文がわからないです。
    、、、とりあえず訳してみますね (;_;)


    (訳)しかし、それにもかかわらず、ある決まった形式〜その形式下でのみ私たちの内的な状態の熟視が可能となる〜があるので、内的な規定に関する全てのものは、(その形式である)時間との関係の中で表される。


    ああ、そうかぁ、
    under which alone the contemplation of our internal state is possible,
    も、
    a determinate formを修飾する関係代名詞節なのかなぁと思いました。
    (学生時代に勉強した知識はほとんど頭から抜け落ちてるんですけど・泣)
    それで、おくったがわさんから教えてもらったように、『付加的』。
    私の訳で制限的な表現になってるのは、
    under which aloneの、aloneってonlyみたいな意味かなぁと思ってそう訳してみました。

    おくったがわさんの『制限的』『付加的』って、これから先私にものすごく助かることを教えていただいたように感じます。

    英訳、めちゃめちゃ長い文いっぱいありません?
    訳し方、というより、カントの原文が同じような構造なのかな、と捉えてるんですけど(ちがったら、カント先生、すみません)、
    英語力が中学生程度の私には、主語と述語さえわからんっ、という文がいっぱいあります。
    けど、『付加的』という視点を持って、構文を探っていくと、今までよりは理解しやすくなるかも、と、今思っています。

    推測ですが、カントは、読者にわかりやすくなるように、一生懸命、自分が使う単語のカント的定義を披露しながら、説明しているのかも。
    そのうちに、ダラダラ長文(カント先生、激怒 !)になるのかも、と、思いました。
    理解不足のために様々なこと、誤解してたらすみませんm(_ _)m

    おくったがわさん、書き込みしていただいて本当にすごく助かります!

    おくったがわさんの気が向いたときはいつでも、どんな話題でも、書き込んでいただければ、とても嬉しいです(o^^o)
    (ちなみにメビウスリング掲示板の哲学トピ『純粋理性批判』というサイトにも、ある程度まとまった訳文を投稿しようと、感性論序文の抜粋を投稿しました)

    感謝です(^人^)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1441 ] / ▼[ 1447 ]
■1442 / 45階層)  老若男女どんな方でも
□投稿者/ pipit -(2019/07/06(Sat) 10:39:43)
    ここにも気軽に書き込んでくださいね〜
    (パニチェさん心広くてありがとございますー)

    カントの話題以外でも全然オーケーですよ〜

    春さん、みちおさん、

    話したことない方も

    どなたでも、気が向いたら書き込んでくださいね〜(^O^)/
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1442 ] / ▼[ 1452 ]
■1447 / 46階層)  メモ
□投稿者/ pipit -(2019/07/08(Mon) 22:58:53)
    理解目指すメモ〜中山元先生訳1巻より〜_φ(・_・

    (´-`).。oO( 空間の概念について解明してみよう p79

    1.空間は人間の外的な経験から引きだされる経験的な概念ではない。p79
    経験そのものを可能にしているのが、空間という像 p80

    2.空間はすべての外的な直観の土台となるものである。
    現象に依存した規定の一つと考えてはならず、空間は現象が可能となるための条件。p80

    3.空間は事物一般の関係についての論証的な概念でもない、一般的な概念でもない。空間は純粋な直観なのである。p80.81

    4.空間は無限の与えられた大きさとして、心に思い描かれる。

    以上が、空間という概念の形而上学的な解明(空間の概念のうちにアプリオリに含まれていたものを開いて明らかにするp360)

    以下が、空間の概念の超越論的な解明(空間の概念によって他の総合的な認識がどのようにして可能になるかを示すための解明p360)

    幾何学がどのようにして可能になるか
    、、、空間によって、どのように、、、を解明するのが、超越論的な解明

    合計5つの解明、
    最後に、『これらの概念から生じる結論』を配置。


    、、、おつかれさま です !


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1447 ] / ▼[ 1453 ]
■1452 / 47階層)  空間について考えてること
□投稿者/ pipit -(2019/07/09(Tue) 21:54:48)
    書いたら形になるかな
    形になったら、カントの文章と比べられて、
    理解してそうなとことできてなさそうなこと、
    わかるかな、
    って、考えてること書いてみます。

    違うかもだけど、、、
    カント的に考えれば、、、

    わたしたちは、一つの空間を無限に制限して物質を表出させていて、
    この表出は、経験的には実在的。
    無限を一に合一してるのではなく、
    一を無限に分割している。

    この分割は、感性の役割であり、受容的。
    有無を言わさず、ある位置に表出。

    カントは、色、や、味、などは、直観に属させない。
    主観に属させる。
    空間の制限、も、主観、だが、
    土台がアプリオリな像とあることで、物質がその位置に在ることは、
    人間に普遍の客観となる。

    だから、主観で見間違いが起きても、客観的な物理作用は起こる。

    車を運転する。
    歩行者がいるとは見えない。(主観)
    でも、いたら、ぶつかってしまう(客観)

    (主観ではあるが客観的要素を土台とする)認識に対象が従う

    、、、おそろしい世界観だよ。

    人間は人間の世界の創造主であるが、
    物自体の支配から逃れてるわけでは全くない。


    、、、とりあえず投稿

    全然外してたらすみません


    あー、カントはこわいなー

    大好きだけど (o^^o)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1452 ] / ▼[ 1459 ]
■1453 / 48階層)  感性論1.空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/09(Tue) 22:15:50)
    空間について、

    英訳で、空間についての最後に配置されてる、まとめ的な箇所から
    抜粋して日本語訳してみようかなー、って今考えています。

    今日は、とりあえず、、、



    おやすみなさい !!



    (-_-)zzz


    カント先生、今、転生してる〜 ?
    天界〜 ?

    輪廻転生あるんかなー
    ないんかなー

    春さんは、輪廻はあるけど転生はない、って言ってたなー
    記憶間違いしてたらすみません m(_ _)m

    くるしみきえたらいいのになー
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1453 ] / ▼[ 1465 ]
■1459 / 49階層)  倫理の授業の悲報
□投稿者/ pipit -(2019/07/10(Wed) 21:21:19)
    息子が、倫理で、もうすぐカントやよ!って言ってたので、

    すごく楽しみにしてたら、

    あ、カント、飛ばされたよ、って。



    ルソーとかロックのとこまでいって、次カントのとこで、

    先生『次、飛ばしまーーーす。』って。。。


    ぬぬぬぬ、で、次、どこからすんのっ(くぅ〜〜)


    『功利主義。』


    。。。ベンサム。。。。


    。・゜・(ノД`)・゜・。



    世間の風を知る。。。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1459 ] / ▼[ 1466 ]
■1465 / 50階層)  ユーチューブ
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 21:53:43)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1465 ] / ▼[ 1467 ]
■1466 / 51階層)  Re[51]: ユーチューブ
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 22:05:43)
    受け付けてもらえないと思ったら、
    通りました(o^^o)

    曲は、

    &#9835; 泥中に咲く
    歌 ウォルピスカーターさん
    詩曲 針原翼(HarryP)さん

    です。

    歌ってるのは男性なんですよ、ついつい忘れて聞いてることも多いです。



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1466 ] / ▼[ 1469 ]
■1467 / 52階層)  感性論1空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 23:30:09)
    SECTION I. Of Space. SS 2. Metaphysical Exposition of this Conception.

    §1.空間について
    第2項

    この概念の形而上学的な解明

    (略)

    By exposition, I mean the clear, though not detailed, representation of that which belongs to a conception; and an exposition is metaphysical when it contains that which represents the conception as given a priori.

    私が言っている解明とは、ある概念に所属するものを、詳細でなくとも明確に描写することだ。
    (ある概念に属するものの展覧を解明と言う)
    そして、その解明が、概念をアプリオリに与えられたものとして提示することを含む場合、その解明は形而上学的なのである。




[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1467 ] / ▼[ 1470 ]
■1469 / 53階層)  Re[53]: 感性論1空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 23:42:42)
    違うかもだけど今思ってることは、

    空間、という概念になにが含まれてるか、開いて見せる。

    その開いて見せるものに、空間とはアプリオリに与えられた概念だという要項が含まれる時

    『形而上学的な解明』とカントは言う。

    カントは、空間、という概念の、形而上学的な解明(exposition)
    を、これから、4つあげる。

    その4つのそれぞれの小見出し的な箇所の訳はまた明日以降に。

    いろいろ誤解してたらすみません。
    おつかれさまです、おやすみなさい
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1469 ] / ▼[ 1471 ] ▼[ 1484 ]
■1470 / 54階層)  Re[54]: 感性論1空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 23:52:21)
    違うかもなんだけど、

    カントは、ここで、文章概念としての空間と、直観の空間を区別してるのかな?
    と、思いました。

    私たちが議論するとき、

    それは、常に(?)、概念のやり取りになる。(or なりがち)

    解明って訳した(いろんな本でこの箇所は解明として出てくるから)exposition、って
    エキスポのことでしょう?
    違ったら恥ずかしいけど・汗

    う〜ん、はっきりわからないけど、

    ちょっと区別してるのかなと思いました。

    ほとんど知らないけど、龍樹さんがなんか区別してたよね、
    涅槃は言葉で言えないけど?、言葉で説明するしかない?的な、、、

    いや、めっちゃいいかげんで、いろんな方面から叱られそうやわ、

    ちょっと、言葉だけでも調べてきます〜
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1470 ] / ▼[ 1472 ]
■1471 / 55階層)  Re[55]: 感性論1空間について
□投稿者/ pipit -(2019/07/11(Thu) 23:58:07)
    wikiの『二諦』の説明内にあった言葉をコピペします。

    (8) 二つの真理(二諦)に依存して、もろもろのブッダは法(教え)を説いた。〔その二つの真理とは〕世俗の覆われた立場での真理と、究極の立場から見た真理とである。
    (9) この二つの真理の区別を知らない人々は、ブッダの教えにおける深遠な真理を理解していないのである。
    (10) 世俗の表現に依存しないでは究極の真理を説くことはできない。究極の真理に到達しないならば、ニルヴァーナを体得することはできない。


    『中論』からの言葉だそうです
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1471 ] / ▼[ 1473 ]
■1472 / 56階層)  『解明』についての中山元先生の解説
□投稿者/ pipit -(2019/07/12(Fri) 16:35:26)
    『解明』についての中山元先生の解説を引用します。

    『(略)
    これにたいして「解明」(エクスポジティオ)という方法は、この語が「外に」(エクス)「置いて、示して」(ポーネレ)という語から派生していることからわかるように、その内側に秘められていたものを、外に開いてみせるという意味を備えている。
    (略)
    アウグスティヌスが語ったように、時間とは「だれもわたしに問わなければ、わたしは知っている。しかし、だれか問うものに説明しようとなると、わたしは知らない」としか言えないわからないものだからだ。
    そのときはどうすればよいだろうか。
    空間や時間の概念のうちにすでに含まれているものを、「明確な像」として、他者に示すしかないのである。
    「時間とはそもそもこんなものです」というふうに。
    相手も時間についてはよく知っているのだから、説明されればすぐに理解できるだろう。
    それが「詳細な像でなくてもよい」というのは、それが相手にも薄々でも理解されているものであり、さまざまな視点から説明を重ねてゆくことで、その概念の全体像がみえてくればよいものだからだ。
    (略)
    ところでカントは空間と時間については二つの「解明」方式を提示する。
    形而上学的な解明と超越論的な解明である。
    形而上学的な解明とは、ある概念にアプリオリに含まれるものについて「明確な像を描くこと」とカントは説明している。
    空間と時間の概念を分析していくことで、その概念がアプリオリなものであり、経験的な要素を含まないことを示すのがこの解明である。
    超越論的な解明とは、ある概念を原理として解明するときに、その「他のアプリオリな総合認識の可能性」を洞察しようとするものである。
    その概念がたんにアプリオリなものであるだけではなく、その概念によらなければ他のアプリオリな総合が不可能となることを示すのがこの解明の役割であり、しかもそれをアポステリオリにではなく、アプリオリに説明することが重要なのである。
    具体的には、カントは空間についての四つの形而上学的な解明を行い、一つの超越論的な解明を行っている。
    時間についても、四つの形而上学的な解明と一つの超越論的な解明を行っている
    (略)』
    『純粋理性批判1』カント、中山元訳
    p345〜348 中山先生の解説文の引用
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1472 ] / ▼[ 1477 ]
■1473 / 57階層)  形而上学
□投稿者/ pipit -(2019/07/12(Fri) 18:24:39)
    カントがどういう意味で形而上学という言葉を使うのか

    知りたいなあ
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1473 ] / 返信無し
■1477 / 58階層)  空間の形而上学的な解明
□投稿者/ pipit -(2019/07/13(Sat) 23:25:47)
    DOCTRINE OF ELEMENTS.
    FIRST PART. TRANSCENDENTAL AESTHETIC.

    SECTION I. Of Space.
    SS 2. Metaphysical Exposition of this Conception.


    (略)
    In order to become informed on these points, we shall first give an exposition of the conception of space.
    By exposition, I mean the clear, though not detailed, representation of that which belongs to a conception; and an exposition is metaphysical when it contains that which represents the conception as given a priori.

    1. Space is not a conception which has been derived from outward experiences.
    (略)

    2. Space then is a necessary representation a priori, which serves for the foundation of all external intuitions.
    (略)

    3. Space is no discursive, or as we say, general conception of the relations of things, but a pure intuition.

    (略)

    4. Space is represented as an infinite given quantity.

    (略)

    超越論的原理論 第一部門 超越論的感性論

    1.空間について
    第2項
    この概念の形而上学的な解明

    (略)
    これらの点について見識を得るため、私たちはまず、空間の概念の解明を行おう。
    私が言っている解明とは、ある概念に所属するものを、詳細でなくとも明確に描写することだ。
    そして、その解明が、概念をアプリオリに与えられたものとして提示することを含む場合、その解明は形而上学的なのである。

    1.空間は、外的な経験から引き出される概念ではない。

    (略)

    2.空間はアプリオリで必然的な像であり、全ての外的直観の土台となるものである。

    (略)

    3.空間は論証的(discursive:⇔intuitive)な概念ではなく、また、私たちが言うような事物の関係の一般的な概念でもなく、純粋な直観なのである。

    (略)

    4.空間は無限に与えられた量として表される。

    (略)

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1473 ] / ▼[ 1483 ]
■1481 / 61階層)  あら?
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 00:10:40)
    ユーチューブのアドレス貼ったけど
    飛べなかったので、削除したんだけど、

    なんか変になってたらすみません !

    おつかれさまです〜

    おやすみなさい(^ ^)
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1481 ] / ▼[ 1485 ]
■1483 / 62階層)  Re[62]: あら?
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/14(Sun) 08:09:24)
    2019/07/14(Sun) 09:05:45 編集(投稿者)

    No1481に返信(pipitさんの記事)
    > ユーチューブのアドレス貼ったけど
    > 飛べなかったので、削除したんだけど、
    > なんか変になってたらすみません !

    全然大丈夫ですが完全削除しておきます。^^
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1483 ] / 返信無し
■1485 / 63階層)  昨日思い出したこと
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 08:48:15)
    textreamでixtlanさんに純粋理性批判の話題を
    ほんのすこしだけ教えてもらっていたとき

    ixtlanさんが、『純粋』を『純水』と変換し間違えて
    書き込みされたことがありました。
    純水直観、とかだったかなぁ、記憶違いしてたらすみません。

    私は、確信的に『純水』という漢字を使われてたと勘違いして、
    なんてきれいな表現されるんだ!、と、思ったら

    変換ミスだったとのことで

    なんか、昨日、そのことをふと思い出しました。

    ixtlanさんとお話していただいたことはほんのすこししかないのですけど、
    (途中で無視リストに入れられたりしてましたし(^^;;)
    今更ながら、様々な哲学者についてのあの知識量はすごいなぁと思いました。

    存在に感謝です。
    死後があってもなくても
    御多幸を願っています。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1470 ] / ▼[ 1486 ] ▼[ 1487 ]
■1484 / 55階層)  Re[55]: 感性論1空間について
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/14(Sun) 08:45:41)
    2019/07/14(Sun) 08:48:37 編集(投稿者)

    おはようございます。横レス御免♪^^

    No1470に返信(pipitさんの記事)
    > ほとんど知らないけど、龍樹さんがなんか区別してたよね、
    > 涅槃は言葉で言えないけど?、言葉で説明するしかない?的な、、、
    > いや、めっちゃいいかげんで、いろんな方面から叱られそうやわ、
    > ちょっと、言葉だけでも調べてきます〜

    No1471に返信(pipitさんの記事)
    > wikiの『二諦』の説明内にあった言葉をコピペします。
    > (8) 二つの真理(二諦)に依存して、もろもろのブッダは法(教え)を説いた。〔その二つの真理とは〕世俗の覆われた立場での真理と、究極の立場から見た真理とである。
    > (9) この二つの真理の区別を知らない人々は、ブッダの教えにおける深遠な真理を理解していないのである。
    > (10) 世俗の表現に依存しないでは究極の真理を説くことはできない。究極の真理に到達しないならば、ニルヴァーナを体得することはできない。
    > 『中論』からの言葉だそうです

    二諦に関して言えば言語化できる真理が世俗諦で、言語化できない(不立文字)真理が勝義諦ってことになります。

    世俗諦は例えば三法印(諸法無我・諸行無常・涅槃寂静)や大乗の一実相印(諸法実相)、四諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)などなどのことで、今風に言えば形式知(マニュアル化可能な知識)ですね。

    これに対して勝義諦は暗黙知みたいなもので職人芸みたくマニュアル化できないために体得するしかない境地のことです。

    魔境や野狐禅ではなく、正しい境地(ニルヴァーナ)へ至るためには、その指針となる世俗諦が必要であると、間違った空観への見解に反論しています。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1484 ] / 返信無し
■1486 / 56階層)  二諦について
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 08:56:53)
    パニチェさん、おはようございます\(^o^)/

    >二諦に関して言えば言語化できる真理が世俗諦で、言語化できない(不立文字)真理が勝義諦ってことになります。
    世俗諦は例えば三法印(諸法無我・諸行無常・涅槃寂静)や大乗の一実相印(諸法実相)、四諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)などなどのことで。今風に言えば形式知(マニュアル化可能な知識)ですね。
    これに対して勝義諦は暗黙知みたいなもので職人芸みたくマニュアル化できないために体得するしかない境地のことです。
    魔境や野狐禅ではなく、正しい境地(ニルヴァーナ)へ至るためには、その指針となる世俗諦が必要であると、間違った空観への見解に反論しています。<


    ご説明、めっちゃわかりやすいです !(◎_◎;)
    といいつつ、アホな私は勘違いしてるかもですけど(T . T)

    言葉で指し示せる真実は世俗諦、っておもっていいのかなぁ、と、自分では思いました。

    ちゃんと指し示せてる、って概念、新鮮です。

    書き込みありがとうございます!
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1484 ] / ▼[ 1488 ] ▼[ 1498 ]
■1487 / 56階層)  ご質問
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 09:04:53)
    パニチェさんへ

    すみません、ご質問いいでしょうか?

    パニチェさんは、座禅とか瞑想ってされますか?
    あと、思考止まった世界、見たかも?って経験ありますか?

    あんまし答えたくない質問だったら、そう教えてくださいね(o^^o)

    カント勉強してて、

    純粋理性批判の感性論序文の中に以下の記述があります。
    『この超越論的感性論という学において、わたしたちは最初に、
    受け取るものに、知性の概念によって付け加えられるものから、(知性によるものを)分離して、
    感性あるいは感覚の能力を孤立させてみよう。
    そうすれば、経験的な直観だけが残される。

    次に、わたしたちはその(経験的な)直観から感覚に属するものを全て取り去ってみよう、
    そうすれば、純粋な(=経験的ではない)直観だけが残されるだろう、
    (残されたもの、純粋なものは)現象の単なる形式であり、それだけが感性がアプリオリにもたらすことのできるものなのである。』

    この中で、
    みてるものから、知性によるものをはぶいた世界、って
    実際的には私は、意識的に見たいけど見れてなくて、
    パニチェさん、見たことあるのかなぁ、と聞いてみたくなりました。

    変な質問ですみませんm(_ _)m

    ちょっといろいろ用事してきま〜〜す

    休みさいこー ! \(^o^)/


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1487 ] / ▼[ 1491 ]
■1488 / 57階層)  Re[57]: ご質問
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/14(Sun) 09:38:00)
    No1486に返信(pipitさんの記事)
    > 言葉で指し示せる真実は世俗諦、っておもっていいのかなぁ、と、自分では思いました。

    そうです。^^

    > ちゃんと指し示せてる、って概念、新鮮です。
    > 書き込みありがとうございます!

    どういたしまして。^^

    No1487に返信(pipitさんの記事)
    > パニチェさんは、座禅とか瞑想ってされますか?

    以前していた時期もありましたが今は訳あってほとんどしていません。

    > あと、思考止まった世界、見たかも?って経験ありますか?

    坐禅による魔境みたいな経験はありますが、それは単なる変性意識(オルタードステイツ)みたいなもので、思考を超えた見性体験ではないですね。

    > カント勉強してて、

    > 純粋理性批判の感性論序文の中に以下の記述があります。
    > 『この超越論的感性論という学において、わたしたちは最初に、
    > 受け取るものに、知性の概念によって付け加えられるものから、(知性によるものを)分離して、
    > 感性あるいは感覚の能力を孤立させてみよう。
    > そうすれば、経験的な直観だけが残される。

    > 次に、わたしたちはその(経験的な)直観から感覚に属するものを全て取り去ってみよう、
    > そうすれば、純粋な(=経験的ではない)直観だけが残されるだろう、
    > (残されたもの、純粋なものは)現象の単なる形式であり、それだけが感性がアプリオリにもたらすことのできるものなのである。』

    > この中で、
    > みてるものから、知性によるものをはぶいた世界、って
    > 実際的には私は、意識的に見たいけど見れてなくて、
    > パニチェさん、見たことあるのかなぁ、と聞いてみたくなりました。

    カントは詳しくないので、以下はカントとは切り離して(万が一の確率としてカントの言っていることと同義かもしれませんが)読んで下さい。

    結論から言えば究極的な〈私〉(日常的に使う「私」という言葉とは区別して、永井均氏に倣って〈私〉と表記します)が知識や感覚に属するものを取り去った後に残るものだと考えています。

    〈私〉とは言語に先立って、今、ここにあるがままにある唯一無二の存在、他のどのようなものも並び立つことができない世界の限界に位置する独在論的存在〈特異点〉で、究極の自己(仏教的には真我と同義かもしれませんが。ここはまだ探究中です)みたいなものだと考えています。

    言葉によるラベリングで誰にも当てはまるような対象となり、一般化されることで変質してしまうような存在であるため、言語表現できない対象です。

    > 変な質問ですみませんm(_ _)m

    いえいえ、私でよければ、なんなりとどうぞ。^^

    > ちょっといろいろ用事してきま〜〜す

    私も出かけてきます。

    > 休みさいこー ! \(^o^)/

    禿同!!^^


[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1488 ] / ▼[ 1492 ]
■1491 / 58階層)  Re[58]: ご質問
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 18:12:27)
    パニチェさん、返信ありがとうございます

    > カントは詳しくないので、以下はカントとは切り離して(万が一の確率としてカントの言っていることと同義かもしれませんが)読んで下さい。
    >
    > 結論から言えば究極的な〈私〉(日常的に使う「私」という言葉とは区別して、永井均氏に倣って〈私〉と表記します)が知識や感覚に属するものを取り去った後に残るものだと考えています。
    >
    > 〈私〉とは言語に先立って、今、ここにあるがままにある唯一無二の存在、他のどのようなものも並び立つことができない世界の限界に位置する独在論的存在〈特異点〉で、究極の自己(仏教的には真我と同義かもしれませんが。ここはまだ探究中です)みたいなものだと考えています。<

    あ!オンリーワンの〈私〉!
    パニチェさんが、前にニーチェ関連で発言されていた
    『世界に一つだけの花』を思い出しました。
    (勘違いしてたらすみません)


    > 言葉によるラベリングで誰にも当てはまるような対象となり、一般化されることで変質してしまうような存在であるため、言語表現できない対象です。<

    オンリーワンの〈私〉だけど、
    『わたし』と言ったとたん、『わたし』という内容空虚な言葉が立ち現れる。
    言ったとたん、は、少しのタイムラグもないとすれば、

    言語化は不可能。。。

    というようなことを思いました。


    >>変な質問ですみませんm(_ _)m
    >
    > いえいえ、私でよければ、なんなりとどうぞ。^^<

    わ〜い、そんなこと言ってもらえたら
    聞いちゃいますよ〜

    また、いろいろ教えていただければありがたいです、
    よろしくお願いしますm(_ _)m

    おつかれさまです!
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1491 ] / ▼[ 1493 ]
■1492 / 59階層)  Re[59]: ご質問
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 18:48:29)
    >オンリーワンの〈私〉だけど、
    『わたし』と言ったとたん、『わたし』という内容空虚な言葉が立ち現れる。<

    あ、すみません、ここ説明不足かもです。

    カントの自我論的なところで、
    内容空虚、ゆえ、様々なものを統べることが可能、というような考え方がでてくるみたいで、(勘違いしてたらすみません)
    そのことが念頭にあって、

    『わたし』が内容空虚ゆえ、個々にフィットして使用でき、
    それゆえに、オンリーワンの〈私〉を表現でき得る言語として『わたし』は存在できない、
    というイメージで書き込みました。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1492 ] / ▼[ 1497 ]
■1493 / 60階層)  Re[60]: ご質問
□投稿者/ pipit -(2019/07/14(Sun) 18:51:47)
    カントと切り離して考えるはずが、


    すみません、カントコントロールされてるかも(*_*)


    むむむ


    む〜
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1493 ] / ▼[ 1520 ]
■1497 / 61階層)  Re[61]: ご質問
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/15(Mon) 11:08:28)
    おはようございます、ピピットさん。

    No1491に返信(pipitさんの記事)
    > パニチェさん、返信ありがとうございます

    こちらこそ、返信ありがとうございます。

    > あ!オンリーワンの〈私〉!
    > パニチェさんが、前にニーチェ関連で発言されていた
    > 『世界に一つだけの花』を思い出しました。
    > (勘違いしてたらすみません)

    そうですね。ニーチェが賛歌する人間ならではの尊重されるべき個性とか唯一無二性も含みますが、文脈的に近いのはウィトゲンシュタインが指し示した語りえないところの独我論的(永井均的には「独在論」的)存在だと思います。

    > オンリーワンの〈私〉だけど、
    > 『わたし』と言ったとたん、『わたし』という内容空虚な言葉が立ち現れる。
    > 言ったとたん、は、少しのタイムラグもないとすれば、
    > 言語化は不可能。。。

    個々の個性であれば言語化可能だと思うんですね。

    >>いえいえ、私でよければ、なんなりとどうぞ。^^<
    > わ〜い、そんなこと言ってもらえたら
    > 聞いちゃいますよ〜
    > また、いろいろ教えていただければありがたいです、
    > よろしくお願いしますm(_ _)m

    大歓迎です。私はサイトとか、あとすぐに退会したミクシィとかアメーバをやってみて気付いたのですが、一人でコツコツを書き綴っていくことにモチベーションを見出せないタイプのようで、こうして人と会話したり議論することで、いろいろ調べたり考えたり、自分の思考を見直した上で返信することにモチベーションを見出し維持できるタイプみたいです。
    考えてみればパニチェルームでまとめた私のカキコは、ほとんどが誰かへの返信とか、議論で触発されて気付いたことを書き留めたことなんですねぇ〜。
    返信は土日になるので遅れがちになりますが、こちらこそよろしくお願いします。

    No1492に返信(pipitさんの記事)
    > >オンリーワンの〈私〉だけど、
    > 『わたし』と言ったとたん、『わたし』という内容空虚な言葉が立ち現れる。<
    > あ、すみません、ここ説明不足かもです。
    > カントの自我論的なところで、
    > 内容空虚、ゆえ、様々なものを統べることが可能、というような考え方がでてくるみたいで、(勘違いしてたらすみません)
    > そのことが念頭にあって、

    ここはむしろ私が教えてもらいたいところですがカントが言うところの「内容空虚」というのは究極の自我の本質について述べた表現なんでしょうか?
    それと「内容空虚」というのは言語化が不可能という意味での「空虚」なのか、それとも言語化できるかできないかに限らず「空虚」と述べているのかどちらなんでしょうか?
    カントも究極の自我に何がしかのアプリオリなるものを認めているのであれば、前者のような気もしますが、それならウィトゲンシュタインの「語りえぬもの」や〈私〉とも同じ文脈にあるとは思います。


    No1493に返信(pipitさんの記事)
    > カントと切り離して考えるはずが、
    > すみません、カントコントロールされてるかも(*_*)
    > むむむ
    > む〜

    私的にはカントが勉強できて有難いです。
    ピピットさんに限らずカントに関しての横レスは歓迎します。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1497 ] / 返信無し
■1520 / 62階層)  パニチェさんへ
□投稿者/ pipit -(2019/07/16(Tue) 23:50:45)
    パニチェさん、返信ありがとうございます

    > そうですね。ニーチェが賛歌する人間ならではの尊重されるべき個性とか唯一無二性も含みますが、文脈的に近いのはウィトゲンシュタインが指し示した語りえないところの独我論的(永井均的には「独在論」的)存在だと思います。<


    > 個々の個性であれば言語化可能だと思うんですね。<

    あれ、私、文章の意味をまだ理解できてなかったかもですね。


    世界の限界に位置する〈私〉

    が、言葉によるラベリングで、誰にでも当てはまる対象となり、

    一般化されることで変質してしまう、ゆえに、正確には言語化不可能。

    (自分にとっての)実存、かなぁ、


    パニチェさんの〈私〉、pipitの〈私〉
    パニチェさんの世界の特異点、pipitの世界の特異点


    > 大歓迎です。私はサイトとか、あとすぐに退会したミクシィとかアメーバをやってみて気付いたのですが、一人でコツコツを書き綴っていくことにモチベーションを見出せないタイプのようで、こうして人と会話したり議論することで、いろいろ調べたり考えたり、自分の思考を見直した上で返信することにモチベーションを見出し維持できるタイプみたいです。
    > 考えてみればパニチェルームでまとめた私のカキコは、ほとんどが誰かへの返信とか、議論で触発されて気付いたことを書き留めたことなんですねぇ〜。
    > 返信は土日になるので遅れがちになりますが、こちらこそよろしくお願いします。<

    対話って、他者の視点って、すごいな、ってよく思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    でも、ご無理されないでくださいね。



    > ここはむしろ私が教えてもらいたいところですがカントが言うところの「内容空虚」というのは究極の自我の本質について述べた表現なんでしょうか?
    > それと「内容空虚」というのは言語化が不可能という意味での「空虚」なのか、それとも言語化できるかできないかに限らず「空虚」と述べているのかどちらなんでしょうか?
    > カントも究極の自我に何がしかのアプリオリなるものを認めているのであれば、前者のような気もしますが、それならウィトゲンシュタインの「語りえぬもの」や〈私〉とも同じ文脈にあるとは思います。<

    私はまだ『純粋理性批判』を全然勉強できてなくて、
    これから勉強していくところです。
    それから、カントは文章がややこしいからか、哲学者による解釈でもすごく割れてたりするようです。
    (ニーチェはそんなことは、ないですか?)
    それでもって、カントはものすごく繊細に論を進めていってる気がします。
    だから、上記のパニチェさんの質問は一旦保留にしてもらって、
    これからpipitが勉強していくとき、パニチェさんの気が向いた時だけでいいので、
    考え方のアドバイスいただいたり、一緒に考えたりしてもらってもよろしいでしょうか?

    その上で、今回は中島義道先生の解説を引用して、未勉強の今の時点でのpipitの考えも書いてみます。
    『カントの読み方』中島義道 ちくま新書 p66〜67、、、

    を、明日以降に引用したいと思います

    対話はとても大変だけどおもしろくて勉強になります(^ ^)
    ありがとうございます

    おつかれさまです !



[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1487 ] / 返信無し
■1498 / 57階層)  追記
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/15(Mon) 11:45:31)
    No1487に返信(pipitさんの記事)

    > 純粋理性批判の感性論序文の中に以下の記述があります。

    > 『この超越論的感性論という学において、わたしたちは最初に、
    > 受け取るものに、知性の概念によって付け加えられるものから、(知性によるものを)分離して、
    > 感性あるいは感覚の能力を孤立させてみよう。
    > そうすれば、経験的な直観だけが残される。
    >
    > 次に、わたしたちはその(経験的な)直観から感覚に属するものを全て取り去ってみよう、
    > そうすれば、純粋な(=経験的ではない)直観だけが残されるだろう、
    > (残されたもの、純粋なものは)現象の単なる形式であり、それだけが感性がアプリオリにもたらすことのできるものなのである。』

    ここだけ読んだ印象としては、臨済宗で言うところの「無為の真人」とか、西田哲学の「純粋経験」をアプリオリなるものとして説明しているのかな、と。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1441 ] / ▼[ 1501 ] ▼[ 1505 ]
■1500 / 45階層)  Re[45]: (関係代名詞の件)
□投稿者/ おくったがわ -(2019/07/15(Mon) 12:16:26)
    No1441に返信(pipitさんの記事)
    返事が遅くてすいません!
    カンマが付いている場合を「付加的」と書きましたが、英文法では非制限用法・継続用法と呼ばれてますね。
    He has a daughter, who is studying music.
    こういう形の場合、「娘が1人いる。(そして)彼女は音楽を勉強してる。」と、and she is…. のように訳すので継続用法と言うのかなと思いますが…。 
    今回のカントの文章では、主語-述語の間に「,which〜,」が入っている形なので、色々な訳し方が考えられそうですね。

    で、制限用法と継続用法には形だけでなく意味の違いもあって

    He has a daughter who is studying music.
    音楽を勉強している娘が一人いる → 他に音楽を勉強していない娘がいる可能性はある (「音楽を勉強中の娘」に限定して一人いると述べるので、制限用法というのかな)
    He has a daughter, who is studying music. 
    娘が一人いて、彼女は音楽を勉強している。→ 娘は一人しかいない (あらかじめ焦点を当てた一人娘について、継続して説明)

    といったことをネットで復習して気づいたのですが、
    今回のカントの文で、カンマをその意味で使っているとしたら、

    もしカンマが無い場合(制限的)
    「心が心自身あるいは心の内的な状態を観るのに用いるところの内的な感性は、客体としての魂の直観を与えない」
    → それ以外の種類の内的な感性もあって、それが客体としての魂の直観を与える可能性もある。(1)
    しかし、カンマがあるので、
    内的な感性というものは、(〜〜なのだが)客体としての魂の直観を与えない。
    全般的な否定になると思われます。

    文脈からしても、(1)の解釈は無いのだろうと思いますが、形式的にもそれを示しているのかなと。

    細かい話でめんどくさがられるかなと思ったのですが、返事いただけたので、長文書いています。

    alone については、他のバージョンでは違う単語が使われていて、どちらにしても自分には意味を取りにかったです。もう一回確かめて、また投稿するかもしれません。

    > けど、『付加的』という視点を持って、構文を探っていくと、今までよりは理解しやすくなるかも、と、今思っています。
    >
    > 推測ですが、カントは、読者にわかりやすくなるように、一生懸命、自分が使う単語のカント的定義を披露しながら、説明しているのかも。
    > そのうちに、ダラダラ長文(カント先生、激怒 !)になるのかも、と、思いました。

    取り上げた対象を考察しながら組み立てていくので、○○は、それは〜〜なのだが、とカンマを使って付け加えていく形になりやすいのかなと、pipitさんの話を読んで思いました。


    > おくったがわさん、書き込みしていただいて本当にすごく助かります!
    >
    > おくったがわさんの気が向いたときはいつでも、どんな話題でも、書き込んでいただければ、とても嬉しいです(o^^o)
    > (ちなみにメビウスリング掲示板の哲学トピ『純粋理性批判』というサイトにも、ある程度まとまった訳文を投稿しようと、感性論序文の抜粋を投稿しました)
    >
    > 感謝です(^人^)

    ありがたいです。こちらこそ感謝します。

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1500 ] / ▼[ 1502 ]
■1501 / 46階層)  Re[46]: (関係代名詞の件)
□投稿者/ FLORA -(2019/07/15(Mon) 18:08:38)
    こんにちは、お邪魔します。

    英語の文法を基準として、関係詞の制限的用法と非制限的用法を展開なされておられるようですが、ドイツ語の場合、関係詞にはすべてコンマを使用するようで、コンマの有無で制限的/非制限的用法を区別出来ないようです。

    カントの時代のドイツ語の文法はちょっと調べられませんが、気がついたものですから。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1501 ] / 返信無し
■1502 / 47階層)  Re[47]: FLORAさん(関係代名詞の件)
□投稿者/ おくったがわ -(2019/07/15(Mon) 19:57:27)
    No1501に返信(FLORAさんの記事)
    こんばんは。

    > こんにちは、お邪魔します。
    >
    > 英語の文法を基準として、関係詞の制限的用法と非制限的用法を展開なされておられるようですが、ドイツ語の場合、関係詞にはすべてコンマを使用するようで、コンマの有無で制限的/非制限的用法を区別出来ないようです。
    >
    > カントの時代のドイツ語の文法はちょっと調べられませんが、気がついたものですから。

    うわ。そうなんですね! そこまで思い至りませんでした。ありがとうございます。

    すると、制限的か否かの意味の違いを分ける形式はドイツ語にはなく、文脈や個別の説明で表現するということでしょうか?

[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1500 ] / ▼[ 1506 ]
■1505 / 46階層)  Re[46]: pipitさんへ(関係代名詞の件)
□投稿者/ おくったがわ -(2019/07/15(Mon) 20:33:58)
    FLORAさんの指摘によると、カントがカンマを使ったことから文意を区別する自分の記述は意味がないみたいです。すいませんでした。

    自分が見た英訳は三者ともカンマを使っていましたが、それは原文をそのまま踏襲したのかもしれないですし。(でもないかな…意味を考えて訳し分けるかな…)
    中山さんは継続用法的な和訳をしておられるようですが…(ぐだぐだ)。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1505 ] / ▼[ 1507 ]
■1506 / 47階層)  Re[47]: pipitさんへ(関係代名詞の件)
□投稿者/ FLORA -(2019/07/15(Mon) 20:49:48)
    おくったがわさん、こんにちは

    もしカントがコンマを使っていたとしても、もし当時のドイツ語の文法が現在と同じならば、限定用法/非限定用法の両方の解釈が考えられますよね。当時の文法を調べる必要があるんでしょうか? 

    どなたかドイツ語にお詳しい方がおられればいいのですが・・・


    No1505に返信(おくったがわさんの記事)
    > FLORAさんの指摘によると、カントがカンマを使ったことから文意を区別する自分の記述は意味がないみたいです。すいませんでした。
    >
    > 自分が見た英訳は三者ともカンマを使っていましたが、それは原文をそのまま踏襲したのかもしれないですし。(でもないかな…意味を考えて訳し分けるかな…)
    > 中山さんは継続用法的な和訳をしておられるようですが…(ぐだぐだ)。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1506 ] / ▼[ 1516 ]
■1507 / 48階層)  ようこそ、 FLORAさん
□投稿者/ パニチェ -(2019/07/15(Mon) 20:57:48)
    2019/07/15(Mon) 21:07:07 編集(投稿者)

    いらっしゃいませ。そしてお久しぶりです。

    お元気そうで何よりです。

    ixtlanさんは本当に残念でしたが、彼の怜悧な頭脳を知る者同士として、これからもよろしくお願いします。

    自由気ままに利用下さい。

    もしよかったらトピも開設しますので、その時は遠慮なくリクエスト下さい。

    タイトル名をカキコしてもらえればFLORAさんのトピとして開設します。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1507 ] / ▼[ 1518 ]
■1516 / 49階層)  Re[49]: ようこそ、 FLORAさん
□投稿者/ FLORA -(2019/07/16(Tue) 00:46:39)
    パ二チェさん、お久しぶりです。

    お邪魔しております。私は哲学は全くわからないのですが、楽しくロムをさせていただいております。 

    ixtlanさんは本当に残念でした・・・・。私は数回ほどしかレスを交わしたことがなかったと思うのですが、どんな状況でも常にジェントルマン的な対応をなさる方でした。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    No1507に返信(パニチェさんの記事)
    > 2019/07/15(Mon) 21:07:07 編集(投稿者)
    >
    > いらっしゃいませ。そしてお久しぶりです。
    >
    > お元気そうで何よりです。
    >
    > ixtlanさんは本当に残念でしたが、彼の怜悧な頭脳を知る者同士として、これからもよろしくお願いします。
    >
    > 自由気ままに利用下さい。
    >
    > もしよかったらトピも開設しますので、その時は遠慮なくリクエスト下さい。
    >
    > タイトル名をカキコしてもらえればFLORAさんのトピとして開設します。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1516 ] / ▼[ 1546 ]
■1518 / 50階層)  こんばんは(^O^)
□投稿者/ pipit -(2019/07/16(Tue) 22:52:21)
    パニチェさん、おくったがわさん、フローラさん!、

    こんばんは、書き込みありがとうございます

    一つずつ考えて、何日かに分けて、返信していきますね

    とても嬉しいです(o^^o)

    黙々さんとかも、話したことある方もない方も、よかったら気軽に書き込んでくださいね〜(^o^)/
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1518 ] / ▼[ 1547 ]
■1546 / 51階層)  論理哲学論考
□投稿者/ エフニ -(2019/07/20(Sat) 00:49:58)
    ラッセル、ウィトゲンシュタインの後に生まれた私達は、この二人に、無駄な思考をしなくて済んだことに感謝しなくてはいけない。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1546 ] / ▼[ 1548 ]
■1547 / 52階層)  Re[52]: 論理哲学論考
□投稿者/ エフニ -(2019/07/20(Sat) 00:53:13)
    「アプリオリな総合判断」

    これがこの二人によって、論理的に誤りであることが証明された。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1547 ] / ▼[ 1549 ]
■1548 / 53階層)  Re[53]: 論理哲学論考
□投稿者/ エフニ -(2019/07/20(Sat) 00:56:50)
    アプリオリなものは、分析判断、つまりトートロジーしか真になれない。

    まぁ、ライプニッツの主張が正しかったということだ。
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1548 ] / 返信無し
■1549 / 54階層)  Re[54]: 論理哲学論考
□投稿者/ エフニ -(2019/07/20(Sat) 01:01:46)
    7+5=12

    が、なぜアプリオリな総合判断なのか、と悶々と悩んでいた、ラッセル・ウィトゲンシュタイン以前の学生達は、ホントにお気の毒と言うしかない。ー
[ 親 1308 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -