TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■383 / inTopicNo.37)  Re[46]: 曳尾塗中
  
□投稿者/ ひよこ -(2017/11/12(Sun) 15:11:57)
    らみさん、お久しぶりです。

    そうなんですか、私も、アドラーは何冊か読んだことがあります。

    トラウマの否定や目的論という考え方は斬新だと思います。


    田秋さん、はじめまして、ひよこです。

    敗北主義とも見れるけど、荘子は気楽な生活がしたかったんじゃないかなと思います。
引用返信/返信 削除キー/
■382 / inTopicNo.38)  曳尾塗中
□投稿者/ 田秋 -(2017/11/12(Sun) 09:18:23)
     ひよこさん、初めまして、田秋と申します。

    >出世というのは人間にとって危険だ。

    >全力でそうならないようにしようと提唱しています。

     荘子秋水編にこんな話があります。
     釣りをしている荘子のところに楚王の使いがやってきて
    「先生に楚の政治をお任せしたいのですが」
     荘子が答えました
    「楚には神聖な亀の甲羅があってもう三千年も祀られているそうです。さて亀からすると死んで祀られるのと泥の中で尾を引きずって生きるのとどちらがいいと思いますか?」
    使いは答えました。
    「生きて尾を引きずる方です」
    荘子
    「ではお帰り下さい。私も泥の中で尾を引こうと思います」

    この話、私は老荘思想の核心を突いていると思います。他方、この考えに批判的な立場からは敗者の論理とも言われます。
引用返信/返信 削除キー/
■381 / inTopicNo.39)  (削除)
□投稿者/ -(2017/11/12(Sun) 02:10:46)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 削除キー/
■380 / inTopicNo.40)  (削除)
□投稿者/ -(2017/11/12(Sun) 02:04:21)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 削除キー/
■379 / inTopicNo.41)  ひよこさん、お久しぶりです。
□投稿者/ rami -(2017/11/12(Sun) 00:53:02)
    2017/11/12(Sun) 08:41:47 編集(投稿者)

    長文でも短文でも大歓迎です♪


    面白い本と出会えてよかったですね。

    ご紹介の本は残念ながら初めて知ったのですが、秘訣本ならばわたしはアドラーの「嫌われる勇気」が面白かったです。
    あれにはまさに「自分を肯定できるようになる秘訣」が描かれていますね。とても流行った本なのですが、ひよこさんも読まれたことありますか?



    わたしは子どもを産んでから、故・河合隼雄さんの本を読むようになりました。


    この方は自身が感銘を受けた児童書を本文中で紹介することが多いのですが、子どもへのしつけや接し方に悩みを持つ親御さんには是非一度、ここで紹介されているようなフィクションを一度読んでみて欲しいなと感じます。そしてまず、親自身が何かを感じて欲しいなあと思うんです。

    コーチング本のようにただやり方を伝授するような本よりも、河合さん流?と言ってよいのかわかりませんが「あなたも子どもになって感じてみて」という手法は一見回り道のように見えて、実は一番大切なことなんじゃないかなあと感じます。
    世の中にはとても素晴らしい児童書があるのだなあと知りました。
    子どもの頃に読みたかったけれど、今でも感動できる心があることを嬉しいなと思います。






引用返信/返信 削除キー/
■378 / inTopicNo.42)  Re[41]: みなさんお久しぶりです。ramiです。
□投稿者/ ひよこ -(2017/11/10(Fri) 23:11:19)
    みなさん、こんばんは、お久しぶりです、ひよこです。

    いきなりなんですが、ジャン・ポール・ラクロワというフランス人が書いた、

    「出世しない秘訣」という本を読んだことがありますか?

    1950年代の作品です。

    私は、最近、読んだんですが、内容が面白かったです。

    中島義道の「人生を半分降りる」みたいな内容でした。

    有名な実業家とか、作家、会社の社長とかは過労に追いまくられ、

    人生を楽しむ間もなくなり、それが原因で病気になって死んだり、

    不幸な人生を送っているので、出世というのは人間にとって危険だ。

    全力でそうならないようにしようと提唱しています。

    この本に書いてある方法を実行した人は、実際にいるのかな?と思います。

    この本の最後に読者の便りというのがあって、

    実行した読者の話は書いてありましたけど。

    あと、最近、読んだ本ではチャールズ・ブコウスキーの

    「パルプ」という本がよかったです。

    主人公はダメな感じの中年探偵なんですが、

    こういう悲惨な人間でも生きているんだと思うと、読んでいて勇気がわきます。

    久々にやってきての長文、失礼しました。
引用返信/返信 削除キー/
■367 / inTopicNo.43)  みなさんお久しぶりです。youです。
□投稿者/ you -(2017/08/12(Sat) 17:15:30)
    ほんの少しだけ書き込みを自粛していました。

    五月の連休明けからの体調不良を引きずったまま盆休みに入りました。

    そうそう、今日からぼくは9連休。線香もあげたので、父の遺影の前でイエイ!っておふざけだけはしてみました。



    6月から今回の連休入りまで少し大変でした。
    蒸し暑い梅雨を抜けたら連日の猛暑、交代勤務の身体的負担、仕事の人間関係に加え、建屋の外壁工事で夜勤はまともに寝させてもらえませんでした。

    書き込みを自粛した理由は体調不良です。
    その時間で寝なさい!とね笑

    もっとも薬がなければまともに寝られないので、ストレスの根本原因が解消されてはいないので、何かをきっかけに不調を訴え始めるんでしょう。



    そういった意味ではいいタイミングで連休入りしたかもしれません。
    ストレスの元から物理的に距離を置くだけでも楽になるそうで。





    ぼくの今年の目標は

    「好きなことだけやる。無理はしない。だけど好き嫌いもしない。」

    少し無理がたたったのでしょう。
    今回は心身ともにサボることを覚えさせる連休にしたいと思います。
    どのみち退職前のくつろげる最後の連休になりますから。



    大好きな猫、もうすぐ死ぬであろう愛しの老猫とイチャイチャしてきます。



    ではごきげんよう
引用返信/返信 削除キー/
■366 / inTopicNo.44)  安倍おろしと不倫報道
□投稿者/ パニチェ -(2017/08/11(Fri) 17:20:06)
    「安倍下ろし」歪曲報道パニックにみる10年前と酷似したメディアの構図
    ttp://diamond.jp/articles/-/137989

    不倫報道と謝罪会見
    嫁ハンに謝って許してもらえるかどうかの問題やろ。
    一体、カメラに向かって誰に何のために頭下げてるんやろ。
    テレビは終わっとるね。

    反体制のジャーナリズムがあることは、その国家体制の健全性の証でもあるが、朝日は反体制を通りこして、反日メディアやん。
    他のメディアへの見せしめに不買運動でも起こして潰さないとあかんのとちゃうかなぁ〜。
引用返信/返信 削除キー/
■363 / inTopicNo.45)  Re[37]: 夏休み
□投稿者/ なん -(2017/08/09(Wed) 12:21:30)
    らみさん、こんにちは!「この世界の片隅に」、観てくれたんだ!感想も聞かせてもらえて、とっても嬉しいです。

    あの映画は、観る人によって見えるものが違うという、それは何事でもそうなのだけど、それにしても不思議な映画だと思います。
    ダンナと感想を話し合った時、びっくりするほど見えてなかったことを聞けました。私は昆虫の暗喩にはほとんど気がつけなかった。逆に、なんで見えないかな??ってことも、多かったです。特にリンさんと妖怪の暗喩は、私にはジーンで、ダンナには????だったのが記憶に残ってます。メタファーとリアリティーについて考えるには、最高の素材になる映画だなぁって思ってます。あの年は、シン・ゴジラも観たので、セットで考えるとすごく面白かったの。

    原作の漫画では、リンさんがもっと出て来るらしいので、今度はそっちも読みたいなぁと思ってます。

    選ばなかった道があるのと、選べない環境と、そういう現実の「捉え方」みたいのが、描かれてるんだそうですよ、楽しみです。

    まだまだ続く夏休み、暑い日も続きそうです。困ったねぇ、って言いながらも、どうにか生き延びましょうねぇ。

    映画観てくれて、ありがとう。とっても嬉しかったのです。
引用返信/返信 削除キー/
■361 / inTopicNo.46)  Re[36]: 夏休み
□投稿者/ rami -(2017/08/09(Wed) 10:39:45)
    2018/09/28(Fri) 01:30:44 編集(投稿者)

    なんさん、今日は^^


    息子さんお休みすることになったのですね。どうかリフレッシュしてくださいね。

    プール&ジム、頑張ってね(^^)



    あとあと、なんさんとだんなさんにとってとても大切な映画を私におすすめしてくくれたことがとても嬉しいです。有難う。

    実は上映してる場所を探したらもうあまりなくて、そしたらなんと、ヤフープレミア会員は15日まで無料で観れるキャンペーンをやっていました。




    早速夜更かしして観てみましたよ。

    感想は・・とても良かったです。

    いろんな人がいろんな場所でそれぞれの戦いをしている・・って本当にそうですね。
    すずさんはほんわかとした雰囲気で、周りの人たちともとてもうまくやっていて素敵だなあと思っていたのですが、上手く馴染んでいるように見えても実は頭の後ろに禿げができていたり(笑)、憲兵につかまってしまった時も皆は笑い話にしているけれどすずさんだけは違って、あの後からそれ迄と比べると絵を描かなくなってしまったりと・・
    周りからはひたむきな強さに見えるものも、実は本人にとっては抱え込んでいるだけなのかもしれない。


    あとは、「選ばなかった道」についてもとても感じるものがありました。


    そうそうご飯を作る場面も好きでした。
    日常を丁寧に生きているのだなあっていう感動。


    良い映画でした。有難うございました。




引用返信/返信 削除キー/
■358 / inTopicNo.47)  夏休み
□投稿者/ なん -(2017/08/06(Sun) 11:26:16)
    らみさんの「夏休みのお母さんあるある」を読んで、懐かしい気持ちになりました。
    日本のお母さん方の夏休みは、大変なのですな。

    と、過ぎたことのように思ってましたが、息子、診断書もらって、一ヶ月休むことになりました。
    しばらくぶりの、長い夏休みです。

    プールに通って泳ぐって、娘と二人でジムに通うらしいです。泳いだり水中ウォーキングしたりするんだって。
    計画立てなきゃ、です。


    今日は広島の原爆の日で、ダンナと観た最後の映画「この世界の片隅で」を思い出しています。私の人生の中でも、最も大事な映画の一つとなりました。きっと、折に触れ思い出すでしょう。
    最初、娘と二人で観に行って、すごくよくて。「二人でも観ておいで」って娘がチケット手配してくれて、夫婦で観に行ったのでした。
    どんな状況下でも雲は流れ、虫は餌を求め、鳥は空を飛ぶ。戦時下でも、日常があって、笑いがあって、夫婦げんかしたりもして。ご飯を作ることが、かまどの前の戦いでもあって。
    悲劇があって、惨劇があって、それでも、それでも、生きていく、庶民の生活の話。

    すずさんのかまどの前の戦いみたいに、いろんな人がいろんな場所で、それぞれの戦いをしてるのかなぁって思います。夏休みのお母さんの戦いも、それはもう、いろいろありそうです。あぁ、私はあの頃には戻りたくない(^◇^)

    渦中にいると、見えないもんが、渦が薄くなると見えてきて、過去との戦いにもなったりするよなぁとかも思い、それを踏まえて、次に押し出されていくのもあるよな、とかも思います。

    この世界の片隅では、いい映画なんで、機会があったら是非、オススメです。




引用返信/返信 削除キー/
■357 / inTopicNo.48)  わたしが書くのが鈍い
□投稿者/ らみ -(2017/08/02(Wed) 00:02:53)
    のがニークラの鈍いでした。(youさんへ)

    失礼しましたっ



    夏休みの予定の立て方を今いろいろと後悔し始めています。。



    上の子が初めて塾(夏期講習)に通い始めましたが、それプラス今迄やっている習い事、下の子の習い事、そして自分の用事で少し忙しいです。

    予定はちゃんとスマホに書いているのですが、ちゃんと保存ができてなかったみたいで先日は自分の歯医者をすっぽかしてしまいました。
    なんでこの日こんなに暇なんだろう?と思いながらも全く気付けなくて。。

    本当にきちんと整理された頭が欲しいです。


    又余裕が出来たら遊びに来ます。

    パニさん、なんさん、たーきーさん、お返事いただいたままでごめんなさい<(_ _)>
引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -