TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal イクストラン君の哲学的探究の結晶 /パニチェ (19/02/02(Sat) 10:02) #911
Nomal Re[1]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/02/02(Sat) 10:56) #913
  └Nomal Re[2]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /パニチェ (19/02/02(Sat) 11:01) #914
    └Nomal Re[3]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/02/02(Sat) 20:11) #915
      └Nomal Re[4]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/02/09(Sat) 09:10) #941
        └Nomal Re[5]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/02/23(Sat) 20:57) #1003
          ├Nomal Re[6]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/02/27(Wed) 10:57) #1010
          └Nomal Re[6]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /パニチェ (19/03/03(Sun) 10:55) #1022
            └Nomal Re[7]: イクストラン君の哲学的探究の結晶 /rest (19/03/08(Fri) 08:38) #1035
              └Nomal AIバブル /パニチェ (19/03/10(Sun) 07:56) #1041
                └Nomal Re[9]: AIバブル /rest (19/03/10(Sun) 22:04) #1051
                  └Nomal Re[10]: AIバブル /パニチェ (19/03/16(Sat) 08:16) #1059
                    └Nomal Re[11]: AIバブル /rest (19/03/23(Sat) 12:51) #1074
                      └Nomal Re[12]: AIバブル /rest (19/03/23(Sat) 14:16) #1075
                        └Nomal Re[13]: AIバブル /rest (19/03/23(Sat) 15:22) #1076
                          └Nomal Re[14]: AIバブル /rest (19/03/23(Sat) 15:27) #1077
                            └Nomal Re[15]: AIバブル /rest (19/03/23(Sat) 20:40) #1078
                              └Nomal Re[16]: AIバブル /パニチェ (19/04/07(Sun) 08:19) #1101
                                └Nomal 補足:マクタガート /パニチェ (19/04/07(Sun) 17:52) #1109
                                  └Nomal Re[18]: 補足:マクタガート /パニチェ (19/04/28(Sun) 17:11) #1161
                                    └Nomal カントの唯一空間説 /rest (19/05/15(Wed) 09:19) #1234
                                      ├Nomal Re[20]: カントの唯一空間説2 /rest (19/05/15(Wed) 09:56) #1235
                                      └Nomal Re[20]: カントの唯一空間説 /パニチェ (19/05/18(Sat) 08:24) #1244
                                        └Nomal Re[21]: カントの唯一空間説2 /rest (19/05/23(Thu) 08:45) #1253
                                          └Nomal Re[22]: カントの唯一空間説3 /rest (19/05/24(Fri) 08:22) #1255
                                            └Nomal Re[23]: カントの唯一空間説4 /rest (19/05/27(Mon) 06:14) #1261
                                              └Nomal Re[24]: カントの唯一空間説5 /rest (19/05/27(Mon) 06:40) #1262
                                                └Nomal Re[25]: カントの唯一空間説6 /rest (19/05/31(Fri) 06:31) #1274
                                                  └Nomal マクタガートの論証の盲点 /無縁仏三郎 RX (19/05/31(Fri) 12:35) #1275 001aabbaabb.jpg/145KB
                                                    └Nomal Re[27]: マクタガートの論証の盲点 /rest (19/06/01(Sat) 16:05) #1277
                                                      └Nomal 相対性理論における時間 /無縁仏三郎 RX (19/06/01(Sat) 21:52) #1280 001klp90.jpg/70KB
                                                        └Nomal 数学と物理学という人間活動 /無縁仏三郎 RX (19/06/01(Sat) 22:15) #1281 001a223344ee.jpg/9KB
                                                          └Nomal Re[30永遠の現在における矛盾 /rest (19/06/06(Thu) 09:54) #1302
                                                            └Nomal Re[31]: 記憶と時間意識 /rest (19/06/18(Tue) 09:10) #1367
                                                              └Nomal Re[32]: 空間と時間 /rest (19/06/22(Sat) 10:07) #1393
                                                                └Nomal Re[33]: 空間と時間 /rest (19/06/23(Sun) 11:53) #1395
                                                                  └Nomal Re[34]: 時間と倫理感の関係 /rest (19/06/24(Mon) 09:08) #1403
                                                                    └Nomal Re[35]飛ぶ矢のパラドックス /rest (19/07/24(Wed) 01:28) #1569
                                                                      └Nomal 誰にとっての決定論なのか /無縁仏三郎 RX (19/07/24(Wed) 15:40) #1575 001aataataa.jpg/90KB
                                                                        ├Nomal Re[37]ラッセルの変化説 /rest (19/07/28(Sun) 00:28) #1596
                                                                        ││└Nomal Re[39]: � /rest (19/07/28(Sun) 01:45) #1598
                                                                        ││  └Nomal Re[40]: � /rest (19/07/28(Sun) 21:39) #1607
                                                                        │└Nomal Re[38]: 訂正(ラッセルの変化説) /rest (19/07/28(Sun) 21:58) #1608
                                                                        └Nomal Re[37]: 誰にとっての決定論なのか /rest (19/07/30(Tue) 08:53) #1611
                                                                          └Nomal Re[38]: 誰にとっての決定論なのか /無縁仏三郎 RX (19/07/30(Tue) 23:22) #1616
                                                                            └Nomal Re[39]: 誰にとっての決定論なのか /rest (19/07/31(Wed) 09:06) #1618
                                                                              └Nomal Re[40]: 誰にとっての決定論なのか /無縁仏三郎 RX (19/07/31(Wed) 21:55) #1619
                                                                                └Nomal Re[41]: 誰にとっての決定論なのか /rest (19/08/01(Thu) 00:16) #1621
                                                                                  └Nomal Re[42]: 誰にとっての決定論なのか /無縁仏三郎 RX (19/08/01(Thu) 01:26) #1623
                                                                                    └Nomal Re[43]: 誰にとっての決定論なのか /パニチェ (19/08/03(Sat) 18:14) #1647
                                                                                      └Nomal Re[44]: 誰にとっての決定論なのか /rest (19/08/04(Sun) 11:26) #1652
                                                                                        └Nomal 原爆忌 /rest (19/08/07(Wed) 09:14) #1660
                                                                                          └Nomal Re[46]: 原爆忌2 /rest (19/08/08(Thu) 10:15) #1665
                                                                                            └Nomal Re[47ブラックホール /rest (19/08/12(Mon) 22:01) #1683
                                                                                              └Nomal Re[48]: デジタル化とデジタル革命 /rest (19/08/18(Sun) 23:02) #1718
                                                                                                └Nomal 時間論 /rest (19/08/27(Tue) 09:54) #1749
                                                                                                  ├Nomal Re[50]: 時間論 /rest (19/08/29(Thu) 10:15) #1767
                                                                                                  └Nomal Re[50]: 時間論 /rest (19/09/02(Mon) 09:28) #1785
                                                                                                    └Nomal 時間論=自由論 /rest (19/09/04(Wed) 22:48) #1787
                                                                                                      └Nomal Re[52]: 憲法について /rest (19/09/07(Sat) 23:57) #1798
                                                                                                        └Nomal Re[53]: 正当防衛について /rest (19/09/12(Thu) 00:23) #1811
                                                                                                          └Nomal Re[54]: Jazz /rest (19/09/16(Mon) 22:38) #1841
                                                                                                            └Nomal Re[55]: Jazz /rest (19/09/29(Sun) 11:05) #1908
                                                                                                              └Nomal Re[56]: Jazz /rest (19/09/29(Sun) 22:53) #1912
                                                                                                                └Nomal Re[57]: 警察の民営化 /rest (19/10/12(Sat) 01:04) #1939
                                                                                                                  └Nomal Re[58]: 必然性と自由 /rest (19/10/14(Mon) 00:14) #1951
                                                                                                                    └Nomal Re[59]: 因果関係と恒等関係 /rest (19/10/20(Sun) 01:05) #1960
                                                                                                                      └Nomal Re[60]: 因果関係と恒等関係 /rest (19/10/23(Wed) 23:40) #1971
                                                                                                                        └Nomal Re[61]: 因果関係と恒等関係 /rest (19/10/29(Tue) 09:22) #2005
                                                                                                                          └Nomal Re[62]: 時間はアプリオリか経験か /rest (19/11/02(Sat) 10:22) #2030
                                                                                                                            └Nomal Re[63]: 空間はアプリオリか経験か /rest (19/11/03(Sun) 12:05) #2034
                                                                                                                              └Nomal Re[64]: 時間の概念 /rest (19/11/10(Sun) 13:06) #2062
                                                                                                                                └Nomal Re[65]: 時間の概念2 /rest (19/11/10(Sun) 13:43) #2063
                                                                                                                                  └Nomal 乱入、おじゃまします〜 /pipit (19/11/12(Tue) 19:43) #2071
                                                                                                                                    └Nomal Re[67]: 乱入、おじゃまします〜 /rest (19/11/13(Wed) 09:14) #2073
                                                                                                                                      └Nomal ありがとうございます! /pipit (19/11/13(Wed) 12:34) #2074
                                                                                                                                        └Nomal Re[69]: 永遠 /rest (19/11/15(Fri) 09:18) #2077
                                                                                                                                          └Nomal Re[70]: 自由意志の選択(経済学の誤謬) /rest (19/11/18(Mon) 10:01) #2087
                                                                                                                                            └Nomal Re[71]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)2 /rest (19/11/20(Wed) 12:06) #2088
                                                                                                                                              └Nomal Re[72]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)3 /rest (19/11/20(Wed) 19:03) #2089
                                                                                                                                                └Nomal Re[73]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)4 /rest (19/11/22(Fri) 10:12) #2091
                                                                                                                                                  └Nomal Re[74]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)5 /rest (19/11/23(Sat) 11:54) #2092
                                                                                                                                                    └Nomal Re[75]: 自由な関係とは /rest (19/11/23(Sat) 16:54) #2093
                                                                                                                                                      └Nomal Re[76]: 自由な関係とは 2 /rest (19/11/28(Thu) 09:45) #2106
                                                                                                                                                        └Nomal Re[77]: 宇宙の闇について /rest (19/11/30(Sat) 23:40) #2116
                                                                                                                                                          ├New Re[78]: 宇宙の闇について /rest (19/12/04(Wed) 09:55) #2125
                                                                                                                                                          │└New Re[79]: 宇宙の闇について /rest (19/12/04(Wed) 10:11) #2126
                                                                                                                                                          │  └New Re[80]: 遺伝子と意志 /rest (19/12/05(Thu) 10:57) #2131
                                                                                                                                                          └New Re[78]: 宇宙の闇について /rest (19/12/08(Sun) 23:17) #2141


親記事 / ▼[ 913 ]
■911 / 親階層)  イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ パニチェ -(2019/02/02(Sat) 10:02:18)
    レストさん、よろしくお願いします。
[ □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 911 ] / ▼[ 914 ]
■913 / 1階層)  Re[1]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/02/02(Sat) 10:56:27)
    パニチェさん ありがとうございます。これからもixtlanさんの遺志を受け継いで展開してまいりたいと思います。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 913 ] / ▼[ 915 ]
■914 / 2階層)  Re[2]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ パニチェ -(2019/02/02(Sat) 11:01:01)
    No913に返信(restさんの記事)
    > パニチェさん ありがとうございます。これからもixtlanさんの遺志を受け継いで展開してまいりたいと思います。

    どういたしまして。
    私もixtlanさんとは何回もレス交換したことがあり、尊敬してましたので有難いです。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 914 ] / ▼[ 941 ]
■915 / 3階層)  Re[3]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/02/02(Sat) 20:11:13)
    カントによれば人間の認識能力は感性、悟性、理性の構造をもっている。
    @感性は感官を通して事物を表象として受け取る能力(直観の能力)
    A悟性は感性的直観による表象を纏め上げ、判断にもたらす能力(概念的判断能力)
    B理性は悟性による対象の判断から、推論によって全体像を導く能力(推論能力)
    日常は感性によって構成され私達の行為は悟性と理性によってなされる。日常を第一義的には感性によって表象される所からすべては始まる。
    物自体も日常のありふれたものの表象から出発し悟性によって思考の対象となり、理性によってその実在性は認識不可能とされてしまう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 915 ] / ▼[ 1003 ]
■941 / 4階層)  Re[4]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/02/09(Sat) 09:10:08)
    Ron Carter - Double Bass・wmv ジャズです。ベースはとても哲学的ですね。

     ://www.youtube.com/watch?v=udFm658LqHo
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 941 ] / ▼[ 1010 ] ▼[ 1022 ]
■1003 / 5階層)  Re[5]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/02/23(Sat) 20:57:24)
    現代思想1月号によれば現代思想の潮流をポスト・ヒューマニティーズと呼んでいる。それは思考する人間を中心に置くのではなく、非人間のほうへと哲学を開こうとしている、ということのようだ。グレハム・ハーマン、カンタン・メイヤスーのオブジェクト指向存在論、思弁的実在論はその系譜だ。その他レイ・ブラシエやハミルトン、ブライアント、ボゴスト、モートン、最近有名になってきたマルクス・ガブリエルやマウリツィオ・フェラーリス。人類学の存在論的転回やアクターネットワーク理論においても新しい動きがみられる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1003 ] / 返信無し
■1010 / 6階層)  Re[6]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/02/27(Wed) 10:57:43)
    現代思想1月号「批判的ポストヒューマニティーズのための理論的枠組み」(ロージ・ブライドッティ/門林岳史+増田展大訳) 
    ポストヒューマニズムが人間=男性(Man)を万物の普遍的な尺度とするヒューマニズム的理想に対する批判に焦点を合わせる一方で、ポスト人間中心主義は種の階層秩序を認めて人間を例外視する立場を批判している。(p183)  
    新ー唯物論的認識論において、効した立場が生み出しているのはドゥルーズがスピノザ倫理体系から借用した決定的な区別、すなわち、量的ないし外延的な状態と質的ないし内包的な状態の区別である。言説のこうした量的な増加はパラダイム転換の主張を保持するのに充分なのだろうか。私の主張では、質的転換をともなわない単なる量的拡張は、新しい諸々の概念や概念的実践を生産するための条件としては充分ではない。信頼に足る厳密な批判的ポストヒューマニティーズを設立するためには、質的な手立てが必要である。私が示唆したい質的な価値基準とは、超ー領域性、メタ言説性、物質的基礎付け、ノマド的生成力、そしてアファーマティヴな論理である。(pp196-197)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1003 ] / ▼[ 1035 ]
■1022 / 6階層)  Re[6]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ パニチェ -(2019/03/03(Sun) 10:55:50)
    No1003に返信(restさんの記事)
    > 現代思想1月号によれば現代思想の潮流をポスト・ヒューマニティーズと呼んでいる。それは思考する人間を中心に置くのではなく、非人間のほうへと哲学を開こうとしている、ということのようだ。グレハム・ハーマン、カンタン・メイヤスーのオブジェクト指向存在論、思弁的実在論はその系譜だ。その他レイ・ブラシエやハミルトン、ブライアント、ボゴスト、モートン、最近有名になってきたマルクス・ガブリエルやマウリツィオ・フェラーリス。人類学の存在論的転回やアクターネットワーク理論においても新しい動きがみられる。

    ちょい脱線するかもしれませんが最近のAIバブルなんかも非人間のほうへ人間自身を導いているような気がしてなりません。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1022 ] / ▼[ 1041 ]
■1035 / 7階層)  Re[7]: イクストラン君の哲学的探究の結晶
□投稿者/ rest -(2019/03/08(Fri) 08:38:55)
    フォイエルバッハの疎外論でしょうか。共同体の類的精神が本来の共同体から離れ、疎遠となり外に投影されて逆に共同体を支配する。神とはそういうものです。著書『キリスト教の本質』より。機械による人間疎外は実存主義あたりだと思いますが、自ら造りだしたものに自らが支配される構造ですね。AIもそんな気がします。解決の方向性としては支配ー被支配関係の逆転ではなくて、対等な関係がいいのではないか、と思っています。もしAIが人間と同じ自由意志を持ちうるようになったらそういう方向がいいのではないか。その意味では非人間であるAIを認める点でポスト・ヒューマニティーズかもしれませんね。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1035 ] / ▼[ 1051 ]
■1041 / 8階層)  AIバブル
□投稿者/ パニチェ -(2019/03/10(Sun) 07:56:00)
    私は人工知能について否定的なスタンスです。
    まず人間のような自我意識は現時点でのアルゴリズム上に再現することは不可能だと考えています。

    大まかな理由として

    1.身体性を伴った意識でなければ人間のような意識たりえない。
    2.生死があり自己保存本能と種の保存という時に相反するようなベクトルはシステムとして共存できない。
    3.私秘性や内的世界は非計算的かつメタであり、アルゴリズム上には再現不可能である。
    4.独在論的〈私〉(永井均氏の表現)は存在自体において、自然の斉一性や再現性の範疇を超えた対象である。
    5.文化や生活が伴ったものでなければコンテクスト上の言語を理解できないし、学ぶことも不可能である。

    他にもありますし、粗っぽくカキコしましたが、以上のような理由です。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1041 ] / ▼[ 1059 ]
■1051 / 9階層)  Re[9]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/10(Sun) 22:04:12)
    AIに自我あるいは自由意志が存在しえるか、という問題は人間以外の動物に自由意志が存在しえるか、という問題と重なっているように思えます。
    カントの第三アンチノミーによれば欲望などの自然因果性は決定論的であり、それを我慢することができることによって選択の自由が確保され、自由因果性となって非決定論的な自由意志を形成することができる、という自由に基づく倫理観があります。動物は自然因果性を生きているわけですから決定論的に存在し、非決定論的自由意志が存在するとはいえません。自然の斉一性も決定論的なありかたを示し、動物はそれに従うものと考えられます。
     AIは目的に向かうアルゴリズムによって合理的かつ最短距離で達成しようとします。それを欲望達成と同じとみるなら、それを抑制し、自ら我慢すると言う行為が選択肢として存在しえるなら自由意志の存在も可能でしょう。ただそれは価値判断を伴うものですから計算的思考では無理かもしれません。量ではなく質の問題ですから。鉄腕アトムのような人間と対等な関係というのはただの夢想かもしれません。
     
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1051 ] / ▼[ 1074 ]
■1059 / 10階層)  Re[10]: AIバブル
□投稿者/ パニチェ -(2019/03/16(Sat) 08:16:41)
    No1051に返信(restさんの記事)
    > AIに自我あるいは自由意志が存在しえるか、という問題は人間以外の動物に自由意志が存在しえるか、という問題と重なっているように思えます。

    同意です。

    > カントの第三アンチノミーによれば欲望などの自然因果性は決定論的であり、それを我慢することができることによって選択の自由が確保され、自由因果性となって非決定論的な自由意志を形成することができる、という自由に基づく倫理観があります。動物は自然因果性を生きているわけですから決定論的に存在し、非決定論的自由意志が存在するとはいえません。自然の斉一性も決定論的なありかたを示し、動物はそれに従うものと考えられます。

    自我ってのは、グラデーション的なイメージがあります。乳幼児から言語を習得することによってエピソード記憶が成立するとともに自己同一性が明瞭となり、やがて物心がつく。自我が芽生えるまでのプロセスもグラデーション的ですし、脳も脊椎の先端(魚類)から始まり、爬虫類脳、哺乳類脳、霊長類脳と進化の歴史を刻んだ重層的な構造で、これにそって自我と呼べないような自他の境界認識(免疫機能のような)ものから徐々に明瞭になるんだと思います。
    こうなると、どっから自我と呼ぶかみたいな定義が必要になるかもしれません。

    あと自由意志に関してはリベットの実験もありますし、ひょっとすると私たちは脳が反応したものを後付けで意志決定しているにもかかわらず、それを自由意志みたく錯覚している可能性もゼロではないと思っています。極論すれば外部刺激が人形師で脳神経系という糸に操られるマリオネットである可能性。完全に否定はできませんが私は限定的な自由意志はあるという説を支持します。空を飛びたくても飛べないが、歩く経路なら自由に選択できる。

    >  AIは目的に向かうアルゴリズムによって合理的かつ最短距離で達成しようとします。それを欲望達成と同じとみるなら、それを抑制し、自ら我慢すると言う行為が選択肢として存在しえるなら自由意志の存在も可能でしょう。ただそれは価値判断を伴うものですから計算的思考では無理かもしれません。量ではなく質の問題ですから。鉄腕アトムのような人間と対等な関係というのはただの夢想かもしれません。

    同意です。少なくとも私達の欲望をベースに考えるなら、やはり自己保存本能に裏付けられたものとなるので、合理的で最短距離で達成しようとするアルゴリズムまたはプログラムは似て非なるものになるんでしょうね。restさんは哲学的ゾンビはありえると思われますか?私は内的世界を持たず外形的な反応は私達に酷似した哲学的ゾンビのようなAIは可能だと考えています。いつからか人工無能を人工知能(AI)と呼ぶようになっている。これはAIバブルではないか、と。

[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1059 ] / ▼[ 1075 ]
■1074 / 11階層)  Re[11]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/23(Sat) 12:51:27)
    デカルトの心身二元論に老いて我思うゆえにわれあり、とする我=心の実体論をカントは批判しています。心は物質とは異なった心という純粋な実体であるというデカルトの説を批判しています。「私」が「私の身体」なしに自立的に存在することはできない。つまりここから「魂の不死」を導くのは誤謬推理である、と見ていますが自我の実体性については物自体の世界であり不可知論なのだということになります。もちろん唯物論的一元論にも批判的であることになります。私もカントを踏襲していますが、不可知論だからといって思考停止するのではなく自我について自由に思索していい、と考えています。自我=自由意志とみています。
     カントの空間唯一説によれば現実の三次元空間は唯一無二の空間であり、非決定論的自由意志の根拠となっています。マクタガートのA系列の時間の矛盾からその実在性を否定し、B系列=A系列+C系列なので必然的にB系列も否定され、残るはC系列のみとなります。C系列は無数の三次元空間の羅列であり、四次元空間と同一です。するとそこにおいては映像フィルムのように過去も未来も実在することになり、自由意志の存在は否定されることになります。C系列は決定論的運命の支配する世界なのですから自由意志の存在余地はありません。
     話は飛びますが、リベットの実験でも自由意志の存在が否定された、とのことのようですが動作の0.35秒前に脳の決定する準備電位が決まっており自由意志は存在しないことがその根拠のようです。しかし近年のリベットの実験によれば脳の無意識的決定は動作の0.2秒前に拒否することができるので、自由意志は存在するという説に変わってきたようですね。
     カントの空間唯一説では未来は空間として実在しませんから未来は私達が創造していくものだ、という考え方になり、リベットはそれを裏付けているようにみえます。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1074 ] / ▼[ 1076 ]
■1075 / 12階層)  Re[12]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/23(Sat) 14:16:31)
    訂正
       × デカルトの心身二元論に老いて
       ○ デカルトの心身二元論において
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1075 ] / ▼[ 1077 ]
■1076 / 13階層)  Re[13]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/23(Sat) 15:22:01)
    訂正
        ×「私」が「私の身体」なしに自立的に存在することはできない。
        ○「私」が「私の身体」なしに自立的に存在する、ということまで示すこ      とことはできない。
       
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1076 ] / ▼[ 1078 ]
■1077 / 14階層)  Re[14]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/23(Sat) 15:27:39)
    No1076に返信(restさんの記事)
    訂正2
        ×「私」が「私の身体」なしに自立的に存在することはできない。
        ○「私」が「私の身体」なしに自立的に存在する、ということまで示す      ことはできない。
       
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1077 ] / ▼[ 1101 ]
■1078 / 15階層)  Re[15]: AIバブル
□投稿者/ rest -(2019/03/23(Sat) 20:40:23)
    No1077に返信(restさんの記事)
    No1076に返信(restさんの記事)
    訂正3
        ×「私」が「私の身体」なしに自立的に存在することはできない。
        ○「私」が「私の身体」なしに自立的に存在する、ということまで示すことはできない。      
       
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1078 ] / ▼[ 1109 ]
■1101 / 16階層)  Re[16]: AIバブル
□投稿者/ パニチェ -(2019/04/07(Sun) 08:19:39)
    No1074に返信(restさんの記事)
    > デカルトの心身二元論において我思うゆえにわれあり、とする我=心の実体論をカントは批判しています。心は物質とは異なった心という純粋な実体であるというデカルトの説を批判しています。「私」が「私の身体」なしに自立的に存在する、ということまで示すことはできない。つまりここから「魂の不死」を導くのは誤謬推理である、と見ていますが自我の実体性については物自体の世界であり不可知論なのだということになります。もちろん唯物論的一元論にも批判的であることになります。私もカントを踏襲していますが、不可知論だからといって思考停止するのではなく自我について自由に思索していい、と考えています。自我=自由意志とみています。

    以下、〈私〉についてのカキコは、私(自分)のことは紛らわしいのでパニチェと表記します。
    デカルトのコギトはともかく(パニチェがよく理解できてないので)、永井やパニチェがテーマとしている〈私〉は脳や身体性の随伴現象であると断言できるかどうかは微妙です。
    その理由は逆説的な推論から、ひとつの可能性として導き出される帰結で、(直接的な帰結ではないですが)、次のような問いの向こう側にその可能性が示唆されます。

    この世界の物理的な現象では再現不可能な存在様相が〈私〉の根本的な存在の在り方であり、科学の基本でもある再現性や自然の斉一性が当てはまらないことからして、物質的または運動や作用の随伴現象ではない可能性があるということです。脳や身体は〈私〉の十分条件であるかもしれないが、必要十分条件であるとは言い切れないと、今のところ考えています。

    >  話は飛びますが、リベットの実験でも自由意志の存在が否定された、とのことのようですが動作の0.35秒前に脳の決定する準備電位が決まっており自由意志は存在しないことがその根拠のようです。しかし近年のリベットの実験によれば脳の無意識的決定は動作の0.2秒前に拒否することができるので、自由意志は存在するという説に変わってきたようですね。

    その論説は承知していますが、私はよく把握しておりません。リベットの「マインドタイム」は読みましたが、そのことについては書かれていなかったので。

    仮に無意識的決定は動作の0.2秒前に拒否することができるとして、ではその拒否は脳がどのように反応しているのか?ということです。少なくとも脳の反応なくして拒否はできないわけで、もしそれができるとすれば、それこそ意志は脳が反応した結果とは限らないというような結論になるのではないか?というものです。どこまで行っても、脳が先に反応するわけで、これは無限遡及になってしまうような論説のような気もします。

[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1101 ] / ▼[ 1161 ]
■1109 / 17階層)  補足:マクタガート
□投稿者/ パニチェ -(2019/04/07(Sun) 17:52:12)
    マクタガードのA系列とB系列については永井均も「哲学探究1存在と時間 第11章」で論じていますがテーマが拡散しそうなので省略しました。結論から言えば時間を過去から未来へ不可逆的に流れる“何か”であるという発想そのものをパニチェは否定します。時間は運動を数学的に記述するための仮象でしかなく、実体的な“何か”ではない。そこにあるのはエントロピーの拡散も含めた全体運動であるという仏説的な世界観を支持しています。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1109 ] / ▼[ 1234 ]
■1161 / 18階層)  Re[18]: 補足:マクタガート
□投稿者/ パニチェ -(2019/04/28(Sun) 17:11:18)
    ixtlanさんのカキコはニークラでも見たかったなぁ〜。

    アゲ♪^^
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1161 ] / ▼[ 1235 ] ▼[ 1244 ]
■1234 / 19階層)  カントの唯一空間説
□投稿者/ rest -(2019/05/15(Wed) 09:19:41)
    ixtlanさんの遺志をうけつぎたいのですが、ixtlanさんのレベルに達していないのでなかなかむつかしいところがあります。私の推測ですが後半に神秘主義とのあるいは宗教とのかねあいも含めて、唯物論と観念論との統合に方向が向いていたのではないか、とixtlanの方向性を見定めています。私もその方向に向かいたいと思います。

    さてその前段としてカントの唯一空間説から入っていきたいと思います。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1234 ] / 返信無し
■1235 / 20階層)  Re[20]: カントの唯一空間説2
□投稿者/ rest -(2019/05/15(Wed) 09:56:42)
    「空間は物一般の関係に関する論証的概念、或いはよく言われるような一般的概念ではなくて、純粋直観である。第一に我々は、ただ一つの空間だけしか表象できないからである。我々が、多くの空間という場合には、かかる空間はいずれも、唯一の同一な空間の部分を意味する。そしてこれらの部分的空間は、一切を包括するこの唯一の空間の構成要素(これらの構成要素が相集まってかかる唯一の空間を合成し得るのである)にほかならないのである。この空間よりも前に存在することはできない、これらの部分空間は、この唯一の空間においてしか考えられ得ないからである。空間は本来ただ一つしかない」(カント著『純粋理性批判』B39)

    マクタガートのB系列ないしはC系列の無数の空間により構成された時間を否定したものである、と私は考えている。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1234 ] / ▼[ 1253 ]
■1244 / 20階層)  Re[20]: カントの唯一空間説
□投稿者/ パニチェ -(2019/05/18(Sat) 08:24:51)
    No1234に返信(restさんの記事)
    > ixtlanさんの遺志をうけつぎたいのですが、ixtlanさんのレベルに達していないのでなかなかむつかしいところがあります。私の推測ですが後半に神秘主義とのあるいは宗教とのかねあいも含めて、唯物論と観念論との統合に方向が向いていたのではないか、とixtlanの方向性を見定めています。私もその方向に向かいたいと思います。

    楽しみです。哲学者がそうであるようにixtlanさんの哲学を踏み台にしてレストさんの哲学も展開していただければ有難いです。

    > さてその前段としてカントの唯一空間説から入っていきたいと思います。

    よろしくお願いします。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1244 ] / ▼[ 1255 ]
■1253 / 21階層)  Re[21]: カントの唯一空間説2
□投稿者/ rest -(2019/05/23(Thu) 08:45:47)
    「時間に絶対的実在性を認めることはまったく不可能である。時間は、我々の内的直観の形式にほかならない。もし時間から我々の感性に特殊なこの条件が除去されるならば、時間の概念もまた消失する。つまり時間は、対象そのものに付属するのではなくて、対象を直観するところの主観に属するのである」(カント著『純粋理性批判』B.54)

    マクタガートのA系列から見えてくるのはB系列やC系列の無数の空間を否定したところ主観的時間である。一つの空間で時間を形成するためには未来や過去が想像の世界に属していることを自覚しなくてはならない。未来は予想であり、過去は記憶である。唯一現在のみが現実の空間と一致する。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1253 ] / ▼[ 1261 ]
■1255 / 22階層)  Re[22]: カントの唯一空間説3
□投稿者/ rest -(2019/05/24(Fri) 08:22:10)
    「あなたの今日という日は永遠性である。したがってあなたはあなたとひとしく永遠なものを生み、それにむかって<今日はわたしはおまえを生んだ>といわれたのである。あなたはすべての時間を造られ、あなたはすべての時間以前に存在した・時間というものが存在しなかったとき、いかなる時間も存在しなかったのである」(アウグスティヌス著『告白』下巻pp.112-113)

    アウグスティヌスにとってあなたは神のことであるが、フォイエルバッハに翻訳すれば神は共同体のことであり、共同体が社会的約束事としてつまりルールとして時間を造った、ということになる。神と共同体を入れ替えると奇妙に符合する。カントにおけるア・プリオリな概念の時間は個人の生まれる以前のはるか昔の世代がア・ポステリオリに造り出したものと考えることができる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1255 ] / ▼[ 1262 ]
■1261 / 23階層)  Re[23]: カントの唯一空間説4
□投稿者/ rest -(2019/05/27(Mon) 06:14:38)
    マクタガートにおけるA系列の矛盾とは過去・現在・未来と連綿と続く無限の空間で構成されたB系列あるいはC系列と未来から現在、そして現在から過去へと移り行く変化を示すA系列の矛盾を示している。一方で変化を否定し、一方では変化を本質的なものとして肯定する矛盾。マクタガートとってはB系列は映像フィルムであって、A系列は映写機に過ぎない。すると現在という画面に映し出された変化とは幻想に過ぎない、というのが彼の結論だ。B系列=A系列+C系列なのでA系列を否定するとC系列しか残らない。映像フィルムとしてのC系列は決定論的運命を示していることになる。未来も過去同様に実在しており不可変である、というのが彼の考えだ。それに対してカントは異を唱える。我々が経験的に認識できるのは唯一無二の三次元空間のみであり、未来や過去の空間は経験的に認識できない。なぜできないかというと実在しないからである。三次元空間内の太陽の位置から時刻を決め、時刻と時刻の間を時間と定義して、実在しない時刻を未来と想定してそれに対応した出来事を空想で予想する、太陽は移動するので想像の未来は時刻としては必ず訪れる。そして想像した未来ははずれる、というのが通常だ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1261 ] / ▼[ 1274 ]
■1262 / 24階層)  Re[24]: カントの唯一空間説5
□投稿者/ rest -(2019/05/27(Mon) 06:40:03)
    カントにとって太陽の位置変化にみられるように変化が本質的なのだ。幻想なのはB系列ないしはC系列なのだ。唯一無二の三次元空間のみが永遠に存在し、これは変化しない。変化するのは事物のみだ。変化は位置変化と状態変化にわかれる。唯一無二の空間内で太陽のように位置変化するものと、鉄と酸素の化学反応における酸化鉄への変化にみられる形状変化あるいは質的変化がある。これは現在進行形の変化であり、未来から現在への移動を変化ととらえるマクタガートの考え方とはまったく異なっている。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1262 ] / ▼[ 1275 ]
■1274 / 25階層)  Re[25]: カントの唯一空間説6
□投稿者/ rest -(2019/05/31(Fri) 06:31:39)
    マクタガートのB系列はたとえば1分間に無限個の三次元空間が実在することになり、われわれの日常感覚からすると不自然きわまりない。変化とは実在する未来の出来事が現在に移動してくることにほかならない。未来の出来事とはB系列上のある時刻の出来事であり、既に実在する出来事であるから、決定論的未来である。そうなると自由意志は存在せず、幻想にすぎない、という結論に至る。それに対しカントの変化は唯一無二の三次元空間内での事物の現在進行形での変化を意味し、未来の出来事の実在性を否定する。それゆえカントにおいては自由意志は根本の前提条件である。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1274 ] / ▼[ 1277 ]
■1275 / 26階層)  マクタガートの論証の盲点
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/05/31(Fri) 12:35:40)
    昔から思っていたがそのモデルによって矛盾が生じたから時間は存在しない
    というのは飛躍がある。

    時間を数直線化して二つの系列として考えることはできないということを
    論証しただけということはないか。要はモデルが単純すぎただけのこと。
    別の空間化モデルでは矛盾は起きないかもしれない。
    現実にそれを示したのがアーサー・プライアー。
    グレアム・プリーストの「論理学超入門」にあるモデル化なら矛盾は起きない。

    そしてベルクソンのように時間の空間化自体に反対するならどんな空間化モデル
    による論証も拒否するだろう。

    論証というのは時間の中で空間を使用して行われる記号操作だ。
    時間を否定する論証の中にすでに時間という仮定がすべりこんでいる
    以上ただの悪循環という気もする。
1341×735 => 600×328

001aabbaabb.jpg
/145KB
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1275 ] / ▼[ 1280 ]
■1277 / 27階層)  Re[27]: マクタガートの論証の盲点
□投稿者/ rest -(2019/06/01(Sat) 16:05:18)
    カントにおいては過去・現在・未来のうち現在のみが経験的実在であり、過去や未来は経験できない。むろんカントは不可知論だから実在は認識不可能である。しかし経験的には実在といえる。つまり、未来や過去はマクタガートのいう実在ではない。A系列の時間が過去と未来を前提とする限り主観的なものである。時間は実体性をもたず。社会的約束事つまりルールに過ぎない。
    マクタガートのA系列の矛盾は変化をめぐる矛盾である。未来、現在、過去と連綿とつながる映像フィルムのような固定して変化のない出来事の連続体、これはあきらかにB系列なのだがA系列にしのびこんでいる。これが過去、現在、未来と絶えず変化し続けるA系列の矛盾である。だからマクタガートはB系列の立場に立ってA系列の時間を否定したのである。
    グレアム・プリーストの矛盾許容原理や真矛盾主義からすると矛盾の事実を受け入れてしまえば別に問題はないのかもしれないが、実は映像フィルムを動かして変化を与える映写機のエネルギーはどこからくるのかが難問として残る。矛盾ではなく矛盾そのものを生じさせるエネルギーが謎なのだ。これは矛盾とは別の問題かもしれない。
    ベルグソンは生き生きとした現在に時間の原点があることを考えれば空間化された時間は虚妄でしかない、という点でカントと共有できるのではないか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1277 ] / ▼[ 1281 ]
■1280 / 28階層)  相対性理論における時間
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/06/01(Sat) 21:52:08)
    これもニュートン力学と同じで時間は空間化されている。

    ただその空間化に光速についての制約条件が加わる。

    これは一見人間と独立した条件にも思えるが速度というのは
    空間化された時間によって定義されている。

    物理が空間化された時間を使用している以上状況は変わらない。

    相対性理論と量子力学を統一できないのは空間化された時間が原因という
    ことはないか。長期的には物理学や数学は人間の意識を組み込み計量認知哲学
    みたいなもんになるんでない?
720×484 => 600×403

001klp90.jpg
/70KB
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1280 ] / ▼[ 1302 ]
■1281 / 29階層)  数学と物理学という人間活動
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/06/01(Sat) 22:15:29)
    やってることは一定のスペースに記号や文字を有限個並べてるだけである。

    その並べ方には周囲の環境や人間の生物的限界が反映されている。
    基本的には個数を数えたり比較したりすることがベースにある。
    物を集めたり分配したり合わせたり形を観察したり…

    その原始的操作を極限まで発展させてわかったことはそれをいくら続けても
    無限の定理は汲みつくすことはできないということ。人工知能だ量子コンピュータ
    だと悪あがきをしてもそれは結局人間の知覚能力の拡張のため生物学的限界から
    逃れてるわけではない。たとえ生物学的限界を凌駕しても自然環境的限界がある。

    なんとかできんかね。
320×240

001a223344ee.jpg
/9KB
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1281 ] / ▼[ 1367 ]
■1302 / 30階層)  Re[30永遠の現在における矛盾
□投稿者/ rest -(2019/06/06(Thu) 09:54:42)
    カントの唯一無二の三次元空間は換言すれば永遠の現在を意味している。しかし無時間の現在性に永遠という時間性を導入することは矛盾ではないか、という指摘がある。一見するとごもっともな指摘ではあるが、ここでは仮想の時間を使用していることが忘れられている。
    ここでいう「永遠」とは社会的約束事として、ルールとして造られた時間概念を使用した場合、無時間の現在は永遠に続くという意味であり、時間の実在性を肯定したものではない。仮想の時間で測定しても矛盾ではない。時間には実体性がなく社会的約束事、あるいはルールでしかないことを再確認すべきではないか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1302 ] / ▼[ 1393 ]
■1367 / 31階層)  Re[31]: 記憶と時間意識
□投稿者/ rest -(2019/06/18(Tue) 09:10:41)
    記憶が変化の認識の前提となる。記憶が過去に属するから時間意識はア・プリオリではないか、という点で若干の疑問がある。そもそも記憶は時間的順序では並んでいないのである。記憶の順序はバラバラである。昨日の出来事と一昨日の出来事の区別がつかないことはよくあることだ。太陽の位置を時刻と定義し、その太陽の動きに対応した記憶を整序したものが時間的記憶である。記憶そのものはほっておけばばらばらにつながる。記憶を過去と定義することも含めて正確な時間の定義はア・ポステオリになされたものではないか。社会的約束事としてあるいはルールとして。マクタガートのA系列のように単純に時間を過去・現在・未来と定義するなら、過去の順序は別にして過去一般としてくくるなら、時間はア・プリオリなものといえなくはない。ある意味両義性があるということかもしれないが。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1367 ] / ▼[ 1395 ]
■1393 / 32階層)  Re[32]: 空間と時間
□投稿者/ rest -(2019/06/22(Sat) 10:07:13)
    変化の認識は記憶がないとできない、というのは事実であるが記憶がないと変化はないのかというと別問題である。カントの唯一無二の三次元空間内であらゆる事物が変化している。現在進行形で変化している。マクタガートのA系列的時間の視点でみると現在の変化は過去に移行するがこれは記憶としての主観内に移行するのであって、客観的外の世界に移行するのではない。B系列のある時刻の過去へと移行するのではない。中島もその著書『時間を哲学する』(講談社現代新書)で述べているが過去は冷蔵庫のように保存されてはいないのである。時間を空間化すると記憶で形成された時間を外にあるとする錯覚にとらわれてしまう。フォイエルバッハの『キリスト教の本質』(岩波書店)にあるように共同体精神の本質が疎外されてあたかも外にあるように見えるのが神である。時間も共同体的約束事が疎外されてあたかも外にあるかのように見えるのである。同じである。時間に支配された関係性から解放されることも大きな課題である。時間に支配されて運命を生きるか、時間から解放されて自由に生きるか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1393 ] / ▼[ 1403 ]
■1395 / 33階層)  Re[33]: 空間と時間
□投稿者/ rest -(2019/06/23(Sun) 11:53:14)
    大森荘蔵も過去の実在性を否定することに関して不安を抱いている。これは一般的な不安かもしれない。この不安を解消するために投影として外の時間を形作ったのかもしれない。外に時間がないよりはあったほうが安心するのである。自由は不安である、といったのはたしかサルトルであるが時間を外に確定してしまえば不安はなくなる。しかし時間の実体はない。とすれば不安と向き合わざるを得ない。それが自由に生きることだ。
    フォイエルバッハは唯物論だが疎外論はもともとヘーゲル由来だ。自己の本質を本来的自己の外に出し自己にとって疎遠な他者になることが疎外の本来の意味だ。神に関しては賛否があろうが、時間に関してはてき面的中だと思う。人間が作ったものが、人間自身から離れ逆に人間を支配するような疎遠な力として現れること、これが疎外だ。
    過去が消滅することの不安に対処するために写真という記録を残して置こう。過去は消えるが唯一残す方法は写真という記憶装置があり、不安をやわらげる。少しでも工夫しながら自由に生きることを選択してほしい。自己疎外からの脱却だ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1395 ] / ▼[ 1569 ]
■1403 / 34階層)  Re[34]: 時間と倫理感の関係
□投稿者/ rest -(2019/06/24(Mon) 09:08:25)
    過去は消滅してしまえばもう関係ないというのが刹那主義ないしは虚無主義かもしれない。私は自由を信奉するのでサルトル流に自由と責任の関係を重視する。自由意志の選択結果である過去に対して責任を負う、ということと過去の非実在性は矛盾するのではということに対して現在進行形の選択結果である過去の記憶ないし記録に責任をもつということは現在に責任をもつことである、といいかえることができる。逆にいえば過去に責任を持てないものは現在も責任をもてない、ないしは現在の自由意志の選択行為に責任を持てないということになる。過去の非実在性とは関係ないのだ。
    むろんすべての行為を自己責任に帰すわけにはいかない。社会的環境や不可抗力の影響も考慮して自己責任とは別の社会的責任ということ、あるいはカントのいう物件という概念も視野にいれなければならない。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1403 ] / ▼[ 1575 ]
■1569 / 35階層)  Re[35]飛ぶ矢のパラドックス
□投稿者/ rest -(2019/07/24(Wed) 01:28:16)
    パルメニデスの弟子ゼノンは運動について四つのパラドックスを提示したが、その中でも「飛ぶ矢のパラドックス」は次のようなものである。
    @どんなものも、ある瞬間に、ある一つの場所を占める場合、静止している。

    A矢は飛んでいるあいだのどの瞬間においても、ある一つの場所を占める。

    Bゆえに矢は飛んでいるあいだのどの瞬間においても静止している。

    C飛んでいるあいだの時間はそのあいだの瞬間から成り立っている。

    Dゆえに矢は飛んでいるあいだじゅう静止している。

    比喩的には映画の映写機によって映し出された映像である。ほんとうに存在しているのは静止画像の連なりだけであって、スクリーン上の「動き」は見かけの姿にすぎない。変化は幻想である、という考えかたである。マクタガートのA系列における未来、現在、過去の変化は幻想であって、B系列の年表のような映像フィルムこそが実在であるとする結論である。実は相対論の四次元の考え方も同じである。残念だがそこには自由意志の片りんすら見られない。あるのは決定論的運命のみである。それでいいのか。ベルグソンの生き生きとした現在は過去や未来とは等価ではありえない。変化とは未来が現在に移動してくることなのか、それとも現在において未来や過去を造り出すことなのか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1569 ] / ▼[ 1596 ] ▼[ 1611 ]
■1575 / 36階層)  誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/07/24(Wed) 15:40:11)
    ということを考えてみる。

    歴史の年表は過去しかなく未来は空白である。

    しかし埋まってる部分もかつては空白だった。

    よって未来は人間にとって決定されていない。

    ここで神にとっては…などとごまかしてはだめだ。

    人間にとって未来が空白であるということは人間の能力の限界を示している。
    そんな限界のある人間が神の能力を捏造して中世神学的妄想に陥るわけだ。

    神というのも限界のある精神がこしらえた言語構成物。
    言語構成物は環境の劣化コピー。どんなにもっともらしく聞こえても
    劣化コピー間の優劣の争いになるだけ。
750×489 => 600×391

001aataataa.jpg
/90KB
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1575 ] / ▼[ 1608 ]
■1596 / 37階層)  Re[37]ラッセルの変化説
□投稿者/ rest -(2019/07/28(Sun) 00:28:33)
    マクタガートにおける変化とはA系列の変化である。未来の出来事が現在に移動しそして現在から過去へと移動していく。これが変化だ。それに対してラッセルは変化を物の性質、状態の変化としてとらえている。それはB系列のみで変化を認識できるという考え方だ。真理値(真である/偽である)の交代で「変化」を捉えることである。「火かき棒は熱い」から「火かき棒は冷たい」への変化はこうなる。「時点tで火かき棒は熱い」は真であるが、「時点t′で火かき棒は熱い」は偽である。真理値のこのような真から偽への交代によって「変化」を捉える。
    B系列=A系列+C系列なのでどの時点も現在であり、ある時点より前の時点は未来であり後の時点は過去である。われわれが今この時点を唯一の現在とする根拠はない。するとB系列は変化を含んでいることになる。
    アウグスティヌスが
    「三つの時間すなわち過去のものの現在、現在のものの現在、未来のものの現在が存在するというほうがおそらく正しいであろう。じっさいこれらのものは心のうちにいわば三つのものとして存在し、心以外に私はそれらのものを認めないのである。すなわち、過去のものの現在は記憶であり、現在のものの記憶は直覚であり、未来の現在は期待である」(『告白』岩波文庫p.123)
    で述べているようにすべてが現在である。
    永遠の「現在」という概念は二つの存在の仕方があるのである。ひとつはB系列はどの時点も現在だから変化のない映像フィルムとして永遠の現在とみなす見方とつまりはラッセルの見方と、もう一つは未来や過去を主観とみなして現在のみを実在とみなす永遠の現在という見方つまりはアウグスティヌスの見方がある。前者は決定論的運命を示し、後者は非決定論的自由意志を示している。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1575 ] / ▼[ 1607 ]
■1598 / 39階層)  Re[39]: &#65533;
□投稿者/ rest -(2019/07/28(Sun) 01:45:28)
    Re[38]を削除したいのですが、削除パスワードの扱いかたがわかりません。ご教示願います。任意のパスワードを入力するのですが違うという指示がでてきます。よろしくお願いします。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1598 ] / 返信無し
■1607 / 40階層)  Re[40]: &#65533;
□投稿者/ rest -(2019/07/28(Sun) 21:39:26)
    2019/07/28(Sun) 21:44:46 編集(投稿者)

    テスト中です。再度テスト中です。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1596 ] / 返信無し
■1608 / 38階層)  Re[38]: 訂正(ラッセルの変化説)
□投稿者/ rest -(2019/07/28(Sun) 21:58:42)
    2019/07/28(Sun) 22:03:08 編集(投稿者)


    マクタガートにおける変化とはA系列の変化である。未来の出来事が現在に移動しそして現在から過去へと移動していく。これが変化だ。それに対してラッセルは変化を物の性質、状態の変化としてとらえている。それはB系列のみで変化を認識できるという考え方だ。真理値(真である/偽である)の交代で「変化」を捉えることである。「火かき棒は熱い」から「火かき棒は冷たい」への変化はこうなる。「時点tで火かき棒は熱い」は真であるが、「時点t′で火かき棒は熱い」は偽である。真理値のこのような真から偽への交代によって「変化」を捉える。
    B系列=A系列+C系列なのでどの時点も現在であり、ある時点より後の時点は未来であり前の時点は過去である。われわれが今この時点を唯一の現在とする根拠はない。するとB系列は変化を含んでいることになる。
    アウグスティヌスが
    「三つの時間すなわち過去のものの現在、現在のものの現在、未来のものの現在が存在するというほうがおそらく正しいであろう。じっさいこれらのものは心のうちにいわば三つのものとして存在し、心以外に私はそれらのものを認めないのである。すなわち、過去のものの現在は記憶であり、現在のものの記憶は直覚であり、未来の現在は期待である」(『告白』岩波文庫p.123)
    で述べているようにすべてが現在である。
    永遠の「現在」という概念は二つの存在の仕方があるのである。ひとつはB系列はどの時点も現在だから一覧する映像フィルムとして永遠の現在とみなす見方とつまりはラッセルの見方と、もう一つは未来や過去を主観とみなして現在のみを実在とみなす永遠の現在という見方つまりはアウグスティヌスの見方がある。前者は決定論的運命を示し、後者は非決定論的自由意志を示している。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1575 ] / ▼[ 1616 ]
■1611 / 37階層)  Re[37]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ rest -(2019/07/30(Tue) 08:53:57)
    No1575に返信(無縁仏三郎 RXさんの記事)
    > ということを考えてみる。
    >
    > 歴史の年表は過去しかなく未来は空白である。
    >
    > しかし埋まってる部分もかつては空白だった。
    >
    > よって未来は人間にとって決定されていない。
    >
    > ここで神にとっては…などとごまかしてはだめだ。
    >
    > 人間にとって未来が空白であるということは人間の能力の限界を示している。
    > そんな限界のある人間が神の能力を捏造して中世神学的妄想に陥るわけだ。
    >
    > 神というのも限界のある精神がこしらえた言語構成物。
    > 言語構成物は環境の劣化コピー。どんなにもっともらしく聞こえても
    > 劣化コピー間の優劣の争いになるだけ。

    無縁氏のオリジナルの時間論ですね。未来の非実在性については共有していますけれども、問題は過去の捉え方です。年表の先端である現在から先の未来は存在しないけれども過去は存在している。つまりタイムマシンでいけるような過去が実在していると考えているのかどうか。実在する年表が現在で途切れているというのは経験的には理解できるけれどもなぜ途切れているのか、先端の現在からどうやって過去の実在が形成されていくのか、つまりミンコフスキー空間が未来が実在せず過去のみ実在するという根拠が理解できないのです。過去は累積していくけれどもどこから追加の三次元空間をもってくるのか、ということです。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1611 ] / ▼[ 1618 ]
■1616 / 38階層)  Re[38]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/07/30(Tue) 23:22:40)
    ミンコフスキー空間というのは時空図であり時間座標があるということで
    その世界ではすべてが停止していますよね。

    つまり場所と時間を指定すれば事象があると。

    私はミンコフスキー空間の時空図は誰がどこから見てるのかを問題にしたい。

    なぜかというと人間は過去と未来のすべてを見ることはできませんので。

    初歩的な特殊相対論の本に答えが書いてあるかもしれないので今後の課題とします。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1616 ] / ▼[ 1619 ]
■1618 / 39階層)  Re[39]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ rest -(2019/07/31(Wed) 09:06:38)
    No1616に返信(無縁仏三郎 RXさんの記事)
    > ミンコフスキー空間というのは時空図であり時間座標があるということで
    > その世界ではすべてが停止していますよね。
    >
    > つまり場所と時間を指定すれば事象があると。
    >
    > 私はミンコフスキー空間の時空図は誰がどこから見てるのかを問題にしたい。
    >
    > なぜかというと人間は過去と未来のすべてを見ることはできませんので。
    >
    > 初歩的な特殊相対論の本に答えが書いてあるかもしれないので今後の課題とします。

    3次元空間のピタゴラスの定理は
    x^2+y^2+z^2=r^2(rは慣性系の座標原点からの距離)
    4次元空間(ミンコフスキー空間)のピタゴラスの定理は
    x^2+y^2+z^2-(ct)^2=T^2
    となります。基本的に時間tは虚数iなのでマイナスはプラスに変わります。問題はなぜ時間は虚数なのかということですね。時間は実在しない、ということを示しているのかもしれませんね。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1618 ] / ▼[ 1621 ]
■1619 / 40階層)  Re[40]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/07/31(Wed) 21:55:47)
    虚数というのも自然数、有理数、無理数と同じで記号構成物です。

    もともと代数方程式が解を持つために導入されましたが解析から量子力学まで
    虚数なしには展開できません。

    そしてミンコフスキー空間も一種の幾何学として公理的に展開できます。
    その際にはユークリッド空間にない制約があるため時間にマイナスをつけただけ。

    つまりすべては人間にとっての都合です。
    時間という人間側のフィクションが物理的観測と整合性を失わないように。

    量子力学にしても大きな物体のふるまいと素粒子のふるまいは共通であるという
    人間の勝手な考えが修正されただけ。

    我々の自然のモデルは永遠に修正が必要とされ完全な理論はできないでしょう。
    これは数学の無尽蔵性によります。自然の一部である数学がある時点で完成
    することがないなら自然全体の理論も完成しないということです。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1619 ] / ▼[ 1623 ]
■1621 / 41階層)  Re[41]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ rest -(2019/08/01(Thu) 00:16:57)
    時間の長さをwとおいて、光は1秒で30万キロすすむので、あたかも時間に長さがあるように考えてw=ctと定義する。光が1秒ですすむ距離を「光秒」と呼ぶ。
    人間が勝手につけた定義なら1秒で歩く私の距離でもよいことになるね。
    光で定義するとローレンツ変換後にピタゴラスの定理は-(w)^2となりtは虚数でないと辻褄があわなくなるということのようですね。それにしてもそこからE=mc^2が導き出されるからとても恣意的なものを感じます。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1621 ] / ▼[ 1647 ]
■1623 / 42階層)  Re[42]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ 無縁仏三郎 RX -(2019/08/01(Thu) 01:26:00)
    物理法則も数学も人間の記号活動の一種なので恣意的です。

    数学というのは環境情報の人間の意識による抽象化で物理法則も環境の記述。

    記号も数式も文字も言葉も実験装置もすべて人間と環境の相互作用。

    だから人工宇宙をつくろうなんて話もあります。

[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1623 ] / ▼[ 1652 ]
■1647 / 43階層)  Re[43]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ パニチェ -(2019/08/03(Sat) 18:14:37)
    アゲ♪
    ロムを楽しみにしています。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1647 ] / ▼[ 1660 ]
■1652 / 44階層)  Re[44]: 誰にとっての決定論なのか
□投稿者/ rest -(2019/08/04(Sun) 11:26:56)
    核分裂における質量欠損と飛び出してくるエネルギーのあいだにはE=mc^2の関係があるといわれているが、
    物体が光エネルギーを放射すればその質量は減少するというが光の粒子が質量をもつと実験的にいわれているのでトータルでは質量は減らない。すなわち質量保存の法則は成り立っているのである。
    光の粒子の質量が0ならば確かに質量欠損の分エネルギーに転化したといえるが、光の粒子が質量をもてば質量は減っていない。つまり質量はエネルギーに転化していない。したがって質量はエネルギーではない。実験的には光の粒子の質量m≦10^-14ev/c^2といわれている。E=mc^2は成り立たない。

    Teacupの再論で申し訳ないが、反論がなかったので反論を含め意見をききたい。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1652 ] / ▼[ 1665 ]
■1660 / 45階層)  原爆忌
□投稿者/ rest -(2019/08/07(Wed) 09:14:48)
    2019/08/08(Thu) 09:20:00 編集(投稿者)

    被爆74年。広島は8月6日、長崎は8月9日に原爆忌をむかえることになりました。核反応による犠牲者は二度と出してはなりません。過去は消滅するからこそ記憶することの大切さを自覚します。自由意志は選択した過去に責任をもたねばなりません。過去の記憶がないと誰も責任を持とうとしません。過去の記憶があるかぎり人は責任を持ち続けます。
    2年前、国連本部で122か国が参加して採択された「核兵器禁止条約」。なぜ被爆当事国である日本が参加しなかったのか理解できません。核の傘の中にいると矛盾した行為はできないということでしょうか。それならなぜ非核三原則が設定されたのでしょうか。これも矛盾ではないですか。問題は政治意志がどのような方向性をもつかということではないでしょうか。方向性で行動を選択するのです。現状を変えるための方向性です。現状に合わせる必要はないのです。私たちは過去にもまた未来にも責任を持ちましょう。自由意志を生きるものとして。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1660 ] / ▼[ 1683 ]
■1665 / 46階層)  Re[46]: 原爆忌2
□投稿者/ rest -(2019/08/08(Thu) 10:15:02)
    2019/08/08(Thu) 10:24:44 編集(投稿者)

    責任には二つあります。個人としての責任と共同体社会としての責任いわば社会的責任です。原爆投下はアメリカの一大統領の個人的責任というだけではなく彼を選んだ国民にも責任があります。過去はそれでよいでしょう。しかし未来における核爆弾の使用はどの国のどこの国民でも行う可能性があります。未来の選択には私たちは誰でも責任を負っているのです。だからこそ広島と長崎で起きた悲惨な出来事に対して責任を持つ必要があるのです。未来の選択の過ちは過去の忘却に原因があります。過去を反省するということは未来に責任を負うということです。個人としても社会としても未来の選択に責任をもつことが必要でしょう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1665 ] / ▼[ 1718 ]
■1683 / 47階層)  Re[47ブラックホール
□投稿者/ rest -(2019/08/12(Mon) 22:01:56)
    2019/08/18(Sun) 22:09:33 編集(投稿者)

    2019年4月10日、世界中の望遠鏡を用いてブラックホールの事象の地平線の輪郭「ブラックホール・シャドウ」を撮影することを目指した国際研究チーム[イベントホライズンテレスコープ」が人類初となるブラックホールの直接撮影に成功した、とマスコミで報じられた。それはおとめ座銀河の楕円銀河M87の中心部にある巨大ブラックホールとされる。地球から5500万光年、質量は太陽の65億倍である。私の反論は、結論からいえば太陽系の中心である太陽が日食で月に隠れる現象と同じことが銀河M87の中心で生じているのではないか、ということである。銀河であれば日食のようなことは日常茶飯事ではないか。それをブラックホールと勘違いしているのではないか。それにジェットもないし不自然な現象だ。銀河の周りを公転する月のような星の速度は非常に遅くわれわれには動いていないように見えるかもしれない。観測時点で偶々重なっただけかもしれない。相対論とは違ってニュートン時代から巨大な質量の恒星が光も抜け出せないくらいの重力の大きなブラックホールとして予言する学者もいたことを考えると相対論的見方は一方的ではないか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1683 ] / ▼[ 1749 ]
■1718 / 48階層)  Re[48]: デジタル化とデジタル革命
□投稿者/ rest -(2019/08/18(Sun) 23:02:29)
    アナログレコードやテープからCD/DVDへのシフトをデジタル化と呼ぶようだ。それに対して音楽がレコードやCDによる販売からネットからのダウンロードによる楽曲視聴への変化や店舗販売からネット販売への変化をデジタル革命と呼んでいる。
    「アトム(物質)からビット(情報)へ」と言われるように、インターネットのような情報通信技術(ICT)が影響力をもつ時代になったということかも知れない。
    デジタル化というのはなにもかも数字に置き換えてしまうところに特徴がある。私が懸念しているのは実はそのことだ。相対論におけるミンコフスキー空間で時間が実在のものとして、それを前提として数式化していることの危うさに気づかないととんでもない妄想体系ができてしまう。数理経済学においてもそうだ。需要関数は独立変数の価格の関数とされて展開しているが、価格は決して独立変数ではない。前提の現実的吟味なしに数式を展開すると相対論同様に妄想体系ができてしまう。要注意だ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1718 ] / ▼[ 1767 ] ▼[ 1785 ]
■1749 / 49階層)  時間論
□投稿者/ rest -(2019/08/27(Tue) 09:54:26)
    2019/09/02(Mon) 09:09:15 編集(投稿者)

    2019/08/29(Thu) 09:34:11 編集(投稿者)

    哲学者マクタガートによれば時間はA系列、B系列、C系列の三つであるが、B系列=A系列+C系列の関係がある。相対論におけるミンコフスキー空間はB系列に属する。
    マクタガートはA系列の実在性を否定しているので当然B系列も否定することになり、残るのはC系列のみということになる。相対論者が時間の実在性を否定するときはマクタガート同様にA系列の時間を否定したもので、C系列に行き着く。これは決定論的運命を肯定したものである。自由意志の存在の余地は与えられていない。映像フィルムのどこに自由意志が入り込めるというのか。
    それに対しカントは三次元空間の唯一無二性を説き、時間の観念性を説いた。絶対的現在の時点に自由意志は存在し、変化の過程にあって、過去は消滅し、未来は実在しない。時間の実体はない。時間は社会的約束事であり、ルールに過ぎない。過去は実在しないからこそ記憶は重要であり、自由意志の責任原則から様々な可能性の選択として未来が大切なのである。時間はわれわれの観念につくりだされた偉大な創造物であり、ヘーゲルのいう疎外態である。それを否定するのではなく自由意志とともに生きるのが本来の姿だろう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1749 ] / 返信無し
■1767 / 50階層)  Re[50]: 時間論
□投稿者/ rest -(2019/08/29(Thu) 10:15:14)
    「失敗学」などで指摘されているが、個人の責任を追及すると、失敗の原因がわからなくなり、何の教訓も得られない場合がある。だから個人の責任追及よりも原因究明のほうが先だという話だ。航空機事故の場合がそうだ。同じ過ちを繰り返さないためにも原因究明が優先されるべきだろう。だが責任には二つある。個人的責任と共同体としての責任だ。この場合個人的責任は免責されても共同体としての責任は忘れてはならない。
    責任について危惧することがもう一つある。決定論的運命を奉じる人々の無責任ぶりである。自分の家族が殺されても、運命だから殺人者の責任を問えない、ということになる。自分が殺人を犯しても運命だからと責任を取ろうとしない。責任は自由意志を肯定してはじめて成り立つものであり、自由意志を否定する運命論者は責任という概念がない。つまり無責任ということだ。
    ただしその原因が社会的不可抗力の場合は責任を問えない。犯罪が社会的環境が大きな要因と考えられる場合は責任を問えない。自由意志は不可抗力には勝てないのが一般的だからだ。この場合は社会的要因を取り除く社会的責任が存在する。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1749 ] / ▼[ 1787 ]
■1785 / 50階層)  Re[50]: 時間論
□投稿者/ rest -(2019/09/02(Mon) 09:28:09)
    No1749に返信(restさんの記事)
    > 2019/09/02(Mon) 09:09:15 編集(投稿者)
    >
    > 2019/08/29(Thu) 09:34:11 編集(投稿者)
    >
    > 哲学者マクタガートによれば時間はA系列、B系列、C系列の三つであるが、B系列=A系列+C系列の関係がある。相対論におけるミンコフスキー空間はB系列に属する。
    > マクタガートはA系列の実在性を否定しているので当然B系列も否定することになり、残るのはC系列のみということになる。相対論者が時間の実在性を否定するときはマクタガート同様にA系列の時間を否定したもので、C系列に行き着く。これは決定論的運命を肯定したものである。自由意志の存在の余地は与えられていない。映像フィルムのどこに自由意志が入り込めるというのか。
    > それに対しカントは三次元空間の唯一無二性を説き、時間の観念性を説いた。絶対的現在の時点に自由意志は存在し、変化の過程にあって、過去は消滅し、未来は実在しない。時間の実体はない。時間は社会的約束事であり、ルールに過ぎない。過去は実在しないからこそ記憶は重要であり、自由意志の責任原則から様々な可能性の選択として未来が大切なのである。時間はわれわれの観念につくりだされた偉大な創造物であり、ヘーゲルのいう疎外態である。それを否定するのではなく自由意志とともに生きるのが本来の姿だろう。

    物理学者が時間の実在を否定するのはA系列の時間であって過去、現在、未来の時間の実在を否定しているのであって、年表の時間を否定したものではない。ミンコフスキー空間の四次元性は維持しているのである。哲学者マクタガートと同じ立場ということになる。それに対してカントの立場は四次元性を否定した唯一無二の三次元空間を絶対のものとして認める立場である。同じ時間の実在性を否定するにしても立場はかなり異なる、ということに注意してもらいたい。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1785 ] / ▼[ 1798 ]
■1787 / 51階層)   時間論=自由論
□投稿者/ rest -(2019/09/04(Wed) 22:48:14)
    2019/09/07(Sat) 23:07:56 編集(投稿者)

    民主主義ってのは政党の選択をすることであって、結局、選択の自由の系譜なんですね。為政者を選択する自由、これが民主主義なんですね。一党独裁の国では政党を選択する自由がない。経済的自由は認めても政治的自由は認めない。政権が長期化すると実質的に独裁政治と同じではないか。政治的安定を求めると独裁のほうがいいに決まっている。経済に関する法律はすべて独裁政権が決めるので経済も自由とはいかない。つまり政治の自由がないと経済の自由もないということになりはしないか。
    私がなぜ物理学の四次元時間を否定するかというと時間が決定論的運命になっているからでそこには自由がない。ミンコフスキー空間では未来が実在し、自由意志の入り込む余地がない。その点カントの唯一無二の三次元空間には未来が実在しないので、未来を自由に決定できる余地があることになる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1787 ] / ▼[ 1811 ]
■1798 / 52階層)  Re[52]: 憲法について
□投稿者/ rest -(2019/09/07(Sat) 23:57:02)
    憲法第九条戦争放棄のところを否定してしまうとこの国の個性を失ってしまうのではないか。第九条は世界のどことも違う唯一の個性だと思うね。そこを否定して戦争のできる国にしちゃうとどこにでもあるありふれた国になってしまう。個性のない憲法ってつまらないよね。
    市民には自然法としての革命権がある。悪政の為政者による暴力支配に対抗するやむにやまれぬ正当防衛としての暴力、これが革命権だ。むろん為政者に理性があって聞く耳があるのなら平和革命というのも可能だろう。それなら非暴力でも有効だ。自衛隊の本質も同じだと思うね。海外の暴力的支配に対抗する正当防衛としての暴力、これが軍事力としての自衛隊だ。できればないにこしたことはない。平和裏に外交ですべてが解決するのならそのほうがいい。ただ外国の支配を受けたくないなら、対抗措置としての自衛力は必要だろう。憲法も自然法としての正当防衛いわば革命権は否定してないと思う。同じように正当防衛としての自衛力は否定していないと思うね。こちらから戦争をしかけることを禁止しているのが第九条だと思う。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1798 ] / ▼[ 1841 ]
■1811 / 53階層)  Re[53]: 正当防衛について
□投稿者/ rest -(2019/09/12(Thu) 00:23:53)
    2019/09/13(Fri) 00:03:27 編集(投稿者)
    2019/09/12(Thu) 08:19:22 編集(投稿者)

    正当防衛について刑法では次のように定めている。
    「急迫不正の侵害に対して、自己または他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は罰しない」(刑法36条1項)
    現状として悪政を行う為政者が暴力的支配によって市民を弾圧した場合、これに対抗して市民が暴力的に戦うことは正当防衛の権利であり、これが哲学者J・ロックのいう革命権の意味だ。
    日本では非暴力のエリート知識人が正当防衛の暴力まで否定するさまは何とも嘆かわしい。

    憲法も第12条
    「自由や権利は国民の不断の努力によって保持される」
    これは国民参加をよびかけたものであり、政府は国民の信託をうけて保持の任務にあたる。自由や権利を保持するのは第1次的に国民であって政府や国家ではない。自分の自由や権利を防衛する場合だけでなく他人の権利であっても防衛権を保持できる。(『正当防衛に関する一考察』生田勝義 立命館大学2000年3,4号上巻、<271,272号>28頁)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1811 ] / ▼[ 1908 ]
■1841 / 54階層)  Re[54]: Jazz
□投稿者/ rest -(2019/09/16(Mon) 22:38:28)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1841 ] / ▼[ 1912 ]
■1908 / 55階層)  Re[55]: Jazz
□投稿者/ rest -(2019/09/29(Sun) 11:05:43)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1908 ] / ▼[ 1939 ]
■1912 / 56階層)  Re[56]: Jazz
□投稿者/ rest -(2019/09/29(Sun) 22:53:35)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1912 ] / ▼[ 1951 ]
■1939 / 57階層)  Re[57]: 警察の民営化
□投稿者/ rest -(2019/10/12(Sat) 01:04:32)
    2019/10/12(Sat) 10:25:09 編集(投稿者)

    香港の事態を考えてみると明らかに市民革命が起きつつある。
    中国のプロレタリア革命の失敗すなわち独裁化の是正をめざした健全な市民革命だ。その行く手を妨害しているのが警察権力だ。
    むろん警察の仕事は必要だ。だが警察は権力である必要はない。支配ー被支配のない対等で自由な関係が市民社会の根本ルールだ。それを壊しかねないのが警察権力だ。銃口を市民にむけて撃つのが支配を目的とした権力としての警察だ。市民社会にとって有害以外の何物でもない。権力をとりはらって民営化すれば決して顧客である市民に銃口を向けたりすることはありえないだろう。今の警備会社が市民と契約すれば市民社会の秩序は維持されるだろう。
    逮捕権は警察の特権ではない。もともと市民が秩序維持のためにもっていたものだ。市民社会の秩序を犯したものを捕まえるのは市民でも可能なのだ。それを警察は代理委託でやっているに過ぎない。そのシステムは警察を民営化しても充分に機能していけるものだ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1939 ] / ▼[ 1960 ]
■1951 / 58階層)  Re[58]: 必然性と自由
□投稿者/ rest -(2019/10/14(Mon) 00:14:44)
    このコップはじっとしている。因果性のカテゴリーはこの先もじっとすることを予測する。ところが私が動かそうという意志によって動いてしまう。つまりこのコップの必然性は途中で途切れてしまった。私の自由意志はこのコップの位置を変えることができる。トータルとしての自然は必然性ではないことがわかる。
    同じように独裁体制の続く国家は必然性であるようにじっと固定しているように見える。何もさわらなければそのまま自然状態としてその体制は続く。しかし人々の自由意志がこの必然性を途中で途切れさせることができる。それが市民革命だ。
    ヒュームのいうように必然性とは慣習による恒常的連接に過ぎないのかもしれない。慣習が変われば恒常的連接も変わらざるを得ない。カントのアプリオリな悟性のカテゴリーという見方も可能(第二類推)だが、第三アンチノミーにおいて自然因果性を自由因果性と対立するという見方はやめて、トータルとして人間の自由意志が存在するかぎり自然因果性は必然性ではないことを自覚すべきだろう。
    地球環境問題は自由意志の負の側面として捉える必要がある。平均気温1度強の上昇は平均に騙されてはいけない。夏場の気温が50度近く異常に上昇しても冬の気温がマイナス49度に下がれば平均は1度上昇ということになってしまう。だから平均しかみていないと現実を見誤ってしまう。異常気象の問題は平均の問題ではないのだ。それは地球という自然に働きかける自由意志の負の側面として自覚し、厳しく反省しなくてはいけない。反省こそ人類と動物を区別するものであり、反省こそが人類に進歩をもたらすものである。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1951 ] / ▼[ 1971 ]
■1960 / 59階層)  Re[59]: 因果関係と恒等関係
□投稿者/ rest -(2019/10/20(Sun) 01:05:37)
    2019/10/20(Sun) 11:29:22 編集(投稿者)

    自然の事象を捉える場合、因果関係だけで見るのは一面的過ぎる。もう一つの見方がある。恒等関係だ。因果関係は時間的に継起的だが、恒等関係は同時的である。
    磁石のN極とS極の関係もそうだ。N極とN極は反発し対立しあうがN極とS極は親和的で結合する。個性原理もそうだ。同じ個性だと反発しあうが、個性が違うと親和的だ。これらの二つの現象に因果関係はない。同業種の企業は対立競争するが、異業種の企業は親和的である。第三類推の同時性も因果関係に収れんするので該当しない。二つの現象の関係は因果関係ではなく、数学的恒等関係である。因果では語れない事象があるということである。構成的原理か統整的原理かというと個別の経験的現象を全体として恒等関係として捉える統整的原理といえる。
    因果関係は行為の責任主体としての自由意志の責任を問う、という追及の仕方を自然現象にまで投影したものである。発熱の原因を、ある特定の病原菌を責任主体として疑似人間のように扱うことによって糾明するのである。人間の投影である以上それに属さない現象もでてくるのが自然だ。なぜなら自然は人間中心に造られていないからだ。恒等関係もそうだろう。総じて因果性はアプリオリといえないかもしれない。しかしだからこそ逆に自由意志の可能性は拡がるともいえる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1960 ] / ▼[ 2005 ]
■1971 / 60階層)  Re[60]: 因果関係と恒等関係
□投稿者/ rest -(2019/10/23(Wed) 23:40:11)
    > 因果関係は行為の責任主体としての自由意志の責任を問う、という追及の仕方を自然現象にまで投影したものである。発熱の原因を、ある特定の病原菌を責任主体として疑似人間のように扱うことによって糾明するのである。人間の投影である以上それに属さない現象もでてくるのが自然だ。なぜなら自然は人間中心に造られていないからだ。恒等関係もそうだろう。総じて因果性はアプリオリといえないかもしれない。しかしだからこそ逆に自由意志の可能性は拡がるともいえる。

    発熱の原因である病原菌は発熱を目的に意図的に、それこそ責任主体として登場してきたのではなく、ただ弱肉強食の自然の法則に従って人間の体に忍び込んできたに過ぎない。時計が壊れたのはある部品が原因だがその部品が意図的に責任主体として壊したのではなく、自然現象として部品の寿命がきていたり、あるいは自然現象として部品がさびていたりする。つまり疑似人間として責任を追及するところの原因というのはわれわれ人間の側の勝手な価値判断であって、客観的に因果という法則が存在するわけではない。因果性が成り立っているのは人間の都合である。
    発熱は病原菌が捕食の過程で生じた身体の反応である。ある意味ヒュームの恒常的連接に近いかもしれない。カントのアプリオリを信じてみたい気もするがどこか無理がある。カントは第一原因を自由意志としているが、原因という概念を造っているのが自由意志なのであってつまり因果概念の主体であって、因果の法則に従うものではない。もっと因果から自由になってもいいのではないか。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 1971 ] / ▼[ 2030 ]
■2005 / 61階層)  Re[61]: 因果関係と恒等関係
□投稿者/ rest -(2019/10/29(Tue) 09:22:30)
    私は買い物に行きます、というときその原因は何かという問いは普通しない。時計が壊れた、というときその原因は何かという言い方はする。つまり原因を問う、というのは何か問題があったときである。水道の蛇口から水もれがする。その原因はパッキンの破損ないしはさびた金属の破片やごみがはさまれていたりする。原因を問うのは何か問題が発生したときと決まっている。航空機事故の原因はとかそういう問題が生じたときに使われるのが原因だ。何か問題が起きた時その責任を追及する、という仕方が原因の意味である。カントは責任主体を人格と呼んだが、原因追及は責任追及と酷似している。その結果をもたらした者は誰か、と類似した形で原因を追及する。
    原因をアプリオリな悟性的カテゴリーとしていまえばそれ以上の追及はできないいわばブラックボックス化してしまう。因果は発見なのかあるいは発明なのか、前者がカントであり、後者がヒュームである。アプリオリとなると結局思考停止に陥ってしまう。それ以上は追及できないからだ。しかし理性はもっと自由に推理してもいいのではないか。物自体を自由に推理するように。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2005 ] / ▼[ 2034 ]
■2030 / 62階層)  Re[62]: 時間はアプリオリか経験か
□投稿者/ rest -(2019/11/02(Sat) 10:22:09)
    総合的判断によって正しい認識が得られる三つの契機のうち一つが時間という形式であるが、それは経験を可能とする形式、いわゆるアプリオリな形式とみなされている。時間は太陽の日周運動を基準にしたものだが、一年後の未来は日周運動が365回行われるという経験によって確認される。つまり経験を可能にする形式としての時間は経験を前提とするという矛盾が生じアプリオリな形式が成り立たないことがわかる。

    犬が歩くという経験を表象として構成しているのが超越論的主観であるが、犬の物自体として歩く行為、つまり移動中の犬の物自体を構成しているわけではない。したがって経験を構成しているというのは表面的なものであり、神のように経験を成り立たせるというふうに考えるのは無理がある。あくまで経験の主体は物自体であり、それが経験を造り出すのであり、超越論的主観は経験を造り出すのではなく、経験を表象としてして構成しているにすぎない。プロレゴーメナの「触発」の意味もその辺にあるのだろう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2030 ] / ▼[ 2062 ]
■2034 / 63階層)  Re[63]: 空間はアプリオリか経験か
□投稿者/ rest -(2019/11/03(Sun) 12:05:34)
    2019/11/04(Mon) 23:42:26 編集(投稿者)


    空間もアプリオリな直観の基本形式とされているが、これもおかしい。
    物と物の間には何もない空間が存在するという経験を通してはじめて空間は認識されるのではないか。その延長上に空間一般という認識が形成される。三次元の空間も経験としての空間がないと成り立たない。

    犬が歩くという経験を人に置き換えてみよう。Aという人が歩くという経験はAの自由意志によって主体的行為としてなされたものであり、私の超越論的主観によって、つまり私の意志がAの歩くという経験を造り出す主体ではないのである。あくまで私の超越論的主観は表面的に表象として経験を構成しているに過ぎない。歩くという経験の主体はAなのである。物自体としてのAが主体なのである。超越論的主観の私が経験の主体ではない。物自体の触発によって経験を構成しているに過ぎない。
    「われわれは物自体がどんな状態にあるのか知らず、ただその現象、すなわち、われわれの感性がこの知られない或る物によって触発される仕方だけを知るのである。そのようにして、悟性は現象を容認する、まさしくそのことによって、物自体の存在も承認する」(カント著『プロレゴーメナ』中央公論社pp.102-103))
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2034 ] / ▼[ 2063 ]
■2062 / 64階層)  Re[64]: 時間の概念
□投稿者/ rest -(2019/11/10(Sun) 13:06:33)
    時間という概念は一日の概念から始まっている。一日という時間は太陽の日周運動から派生している。時間という概念は日周運動の経験なしには成り立たない。
    朝が来、日が沈む、という単純な時間概念が経験から形成され、日周運動によって一日の時間概念が形成され、それが恣意的に24時間に細分化された。日時計が造られ、時刻をその位置から細分化する。
    現在の時刻よりも前の時刻を過去とし、現在よりも後の時刻を未来とする。いわばマクタガートのA系列の時間である。B系列の時間は日周運動の順による数え方によって形成された。総じてカントのいうようなアプリオリなものではなく経験的なものである。先祖の誰かが経験から概念化したものを子供の頃から受け継いでいるのでアプリオリと勘違いしたのだろう。ちょうどミョウバンの三角形の結晶の経験から先祖が概念化した三角形の概念をアプリオリと勘違いしたのと同じだ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2062 ] / ▼[ 2071 ]
■2063 / 65階層)  Re[65]: 時間の概念2
□投稿者/ rest -(2019/11/10(Sun) 13:43:28)
    2019/11/10(Sun) 13:56:32 編集(投稿者)

    ただし私は時間は実在しないものと考えている。時間は社会的約束事でしかない。日周運動という太陽の位置変化は現在進行形においてなされているものであり、現在以前の過去は記憶として残っているだけであり、過去の痕跡はどこにもみあたらない。宇宙に光の痕跡として残っているのではないか、というが曇りの日には過去の経験としての光は宇宙には出ない、ということから宇宙には過去の痕跡はない。ミンコフスキー空間のような四次元空間も仮説としては成り立つが証明されたわけではない。むしろカントのいうように空間は唯一無二の三次元空間しかないとするのが日常経験に合致する。ミンコフスキー空間では未来も過去と同様に実在するという立場に立つので自由意志の存在根拠を失うことになる。カントの過去や未来は空間としては存在しない。だからこそ自由意志が存在でき、自由に未来を選択しあるいは選択するものがなければ新しく未来を造り出すことができるのである。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2063 ] / ▼[ 2073 ]
■2071 / 66階層)  乱入、おじゃまします〜
□投稿者/ pipit -(2019/11/12(Tue) 19:43:36)
    rest先輩、こんばんは!

    rest先輩は、哲学者ではカントが好きなのですか?
    他の哲学者で、この哲学者、いいな〜と思われる方はいますか ?

    好きな作家とかはいますか ?
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2071 ] / ▼[ 2074 ]
■2073 / 67階層)  Re[67]: 乱入、おじゃまします〜
□投稿者/ rest -(2019/11/13(Wed) 09:14:56)
    哲学者富田恭彦の著書の孫引きですが

    「私は書物を委ねる世の人々が、私が失礼を顧みず偉大な人々に異議を唱えてみても、それが罪とみなされることはないとご判断くださるものと確信している。かような冒険的な企てを大いに恐れなければならない時代がかってあったが、それは過去のことであり、幸いにも人間知性は無知と崇拝がかつて人間知性に課した束縛からすでに脱却したと私は思う」
        ――イマヌエル・カント『生きた力の真の査定についての考察』序言より

    私はカントの書いた一言一句を無批判に信奉するものではありません。その意味ではカント主義者ではありません。しかしカントの上述のような批判精神を受け継ぐ者という意味では私はカント主義者です。哲学者というのはだれかれの哲学者のエピゴーネンになることではありませんね。真理を探究することが第一です。そしてその真理は汝を自由にするのです。真に自由になるためにこそ真理を探究するのです。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2073 ] / ▼[ 2077 ]
■2074 / 68階層)  ありがとうございます!
□投稿者/ pipit -(2019/11/13(Wed) 12:34:37)
    返信ありがとうございます!

    rest先輩の書き込み内容はもちろん心に来ますが、
    それとは別頭で、カントの論文の題名にもグッと来ます !!(◎_◎;)

    >『――イマヌエル・カント『生きた力の真の査定についての考察』<

    そういえば解説本で時々目にした題名の論文だろうなぁ。。。

    と、本題に戻りまして、

    > 私はカントの書いた一言一句を無批判に信奉するものではありません。その意味ではカント主義者ではありません。しかしカントの上述のような批判精神を受け継ぐ者という意味では私はカント主義者です。<

    了解です (^ ^)ゞ
    御子柴善之先生も、『自分で考える勇気』という題名のジュニア向けの新書を出されていたのを思い出しました。

    >哲学者というのはだれかれの哲学者のエピゴーネンになることではありませんね。真理を探究することが第一です。そしてその真理は汝を自由にするのです。真に自由になるためにこそ真理を探究するのです。<

    はい!
    忘れがちなことも多々ありますが、
    私も、私自身で、この人生の中で真理を知りたい!!!、と、今は思ってる、ってことを、自分で時々確認するようにしたいです。
    でも、煩悩があるからかなぁ、カントのこと勉強したいと思ってしまいます。

    わたしは、カント哲学の解釈では、rest先輩と違う解釈することがいっぱいありますけど、
    restさんの穏やかなところとか尊敬しています。

    ありがとうございます、おつかれさまです (^O^)/

[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2074 ] / ▼[ 2087 ]
■2077 / 69階層)  Re[69]: 永遠
□投稿者/ rest -(2019/11/15(Fri) 09:18:42)
    西脇順三郎詩集(現代詩文庫pp.72-73)

    「意識は過去だ
     意識の流れは追憶のせせらぎだ
     時の流れは意識の流れだ
     進化も退化もない
     変化するだけだ
     存在の意識は追憶の意識だ
     「現在」は文法学者が発見したイリユージョンである。
     「話す人」の位置だ
     永遠は時間でない
     時間は人間の意識にすぎない
     人間に考えられないものは永遠だ」

    「進歩といっても単に
     回転するだけだそれもやがては
     太陽とともに回転しなくなる
     でも永遠は永遠にのこる
     ヒョウタンも人間もムギも
     エーテルもアトムもなくなる
     だがすべての物質がなくなるとも
     永遠だけはのこる
     永遠はただ一つの存在で
     存在の根元として残る
     永遠という意識は人間の
     脳髄にのこされた宝石だ」(同著pp.98-99)


[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2077 ] / ▼[ 2088 ]
■2087 / 70階層)  Re[70]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)
□投稿者/ rest -(2019/11/18(Mon) 10:01:24)
    自由意志の選択行為として現れるのが経済である。おもに消費者の選択だろう。
    今朝の日経新聞によると2000年以降円安傾向が続き旅行収支は黒字が拡大傾向にある。円安になると外国人の旅行客が増えいわゆるインバウンドの増加がみられる。円安になって外国人の旅行ニーズが高まったのは本当だろうか。円安になると他の国の通貨が割高になる。たとえば円安はドル高だからアジアの旅行客はアメリカの旅行を控え日本の旅行を増やすだろう。つまり日本への旅行客の増加は他の国の旅行客を減らしているのである。本来なら他国へ流れる旅行ニーズを奪い取っているのである。総じて円安になっても旅行ニーズは個別に増えても全体としては増えていないのである。
    円安でアメリカでの輸出は増加しているが、他の国の通貨は相対的に高く見え他の国の輸出を減らしている。つまり、個別に増加しても全体としては増加していないのである。アメリカの消費者は価格の安い製品を高い製品と比較して安いほうを選択しているのである。高い価格から低い価格へのシフトであってニーズ全体は増えていない。価格が低下すると一般的にニーズが増加するというのは間違いであって全体としては増えていない。アメリカでの円安による価格競争は市場のニーズを一般的に増やすという、需要曲線の考え方は破綻している。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2087 ] / ▼[ 2089 ]
■2088 / 71階層)  Re[71]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)2
□投稿者/ rest -(2019/11/20(Wed) 12:06:35)
    2019/11/20(Wed) 12:25:53 編集(投稿者)



    外国為替市場において円安ドル高になるのはドルの需要増が原因だ。ドル需要増の要因として考えられるのは輸入によるドル需要の増加だ。輸入には円をドルにかえ、ドルで輸入品を購入する必要があるからだ。輸入が増えると円安ドル高がすすむことになる。さらには金利要因がある。現在のように金利が低いと相対的に高い外国の金利を求めてドル需要が増加する。つまり円安ドル高がすすめばすすむほど輸入の増加や金利の低下がすすんでいることを示している。一般的に円安になると輸入が減るという通説は誤謬であることがわかる。
       しかし円安ドル高になると輸入品の価格が値上がりし輸入が減るのではないか、という指摘がある。ドルが国際通貨なのですべての他の国の通貨に対しても円安になってしまって区別がつかないが、ドルをはずしてみるとたとえばタイ国の通貨バーツに対して円安になると、中国の通貨元が円との交換比率が不変だとすると、輸入品はタイ国産を減らして、中国産を増やそうとする。現在のシステムでいうとアメリカとの関係で円安がすすむとユーロとの交換比率が不変とするとアメリカからの輸入が減ってヨーロッパからの輸入が増えるということになる。つまり円安になっても輸入は個別に減っても全体としては減っていない。ドル基軸通貨ではないシステムではそれが明らかになるだろう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2088 ] / ▼[ 2091 ]
■2089 / 72階層)  Re[72]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)3
□投稿者/ rest -(2019/11/20(Wed) 19:03:51)
    (訂正)
    ドル基軸通貨システムでもバーツ高円安が個別に生じる。タイ国とアメリカとの関係でバーツ高ドル安が生じれば日本の円はドルと連動しているので、円とドルの相場がかわらなければバーツ高ドル安はバーツ高円安になる。すると中国の元の相場が一定とすれば中国製品は割安となり、タイ産の輸入品を減らし、中国産の輸入品が増加するようになる。円安で個別に輸入品は減るが代わりの輸入品が増えて全体として輸入量は減らない。そのことから円安で一般的に輸入が減るという通説は誤謬だということがわかる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2089 ] / ▼[ 2092 ]
■2091 / 73階層)  Re[73]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)4
□投稿者/ rest -(2019/11/22(Fri) 10:12:00)
    2019/11/22(Fri) 23:17:35 編集(投稿者)

    円安では一般的に輸出は増加するとされているがどうだろうか。タイ国との関係でバーツ高円安を想定してみよう。タイ国で価格が下がって売れ行きが伸びると予想されるとき、日本での工場の生産規模が一定(操業率最大)とすると輸出を増やすには為替レート一定の中国への輸出を減らしてタイ国へ振り替える必要が生じてくる。
    円安でタイ国の輸出が増えても中国の輸出が減っているので、個別で増えても全体として輸出は増えていないことがわかる。
    このように円安で一般的に輸出が増えるという通説は誤謬であることが示された。生産規模を拡大して増産するには時間がかかる。その間レートがかわり、円高に戻る可能性もある。長期的にレートが不安定の場合、タイ国への輸出を増やすにはあるいは利益を増やすには中国の輸出を減らして振り向けるのが合理的なのである。その意味で円安で一般的に輸出が増えるというのは間違いであると指摘できる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2091 ] / ▼[ 2093 ]
■2092 / 74階層)  Re[74]: 自由意志の選択(経済学の誤謬)5
□投稿者/ rest -(2019/11/23(Sat) 11:54:01)
    2019/11/23(Sat) 16:10:42 編集(投稿者)

    操業度が低い場合はどうだろうか。前にも展開したがアメリカの例でいうと、円安の時日本はアメリカへの輸出を増やすがつまり操業度を上げて生産を拡大して輸出を増やすが、アメリカでの価格は下がり、売れ行きは伸びる。しかしそれは他国の輸出品の価格が相対的に高く感じられ消費者が他国の輸出品を選ばず、日本の輸出品を選択した結果である。つまり輸出品増は他国から日本の輸出品にシフトした結果であり、総じて日本の輸出品の増加は他国の輸出品を減らしており、全体として輸出は伸びているわけではない。個別には増加しても輸出全体は増加していないのである。
    日本の輸出はアメリカからみると輸入である。日本の輸出の増加はアメリカの輸入の増加ではない。日本の輸出の増加はアメリカへの輸出全体では増えず。従って輸入全体も増えないということが理解できる。
    そこでアメリカのトランプさんが日本の輸出を規制したいといっているがアメリカの輸入全体が不変なのでアメリカの雇用問題は日本だけの問題ではない。たとえ関税をかけて日本の車の輸出を減らしても、相対的に割安の他国の車の輸出が増えるだけだ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2092 ] / ▼[ 2106 ]
■2093 / 75階層)  Re[75]: 自由な関係とは
□投稿者/ rest -(2019/11/23(Sat) 16:54:44)
    2019/11/25(Mon) 09:50:43 編集(投稿者)


    自由な関係とは自由な競争関係という経済学の主要なテーマになりそうだが、必ずしも競争関係ばかりが自由な関係とは限らない。
    市民社会においては支配ー被支配のない関係すなわち対等な関係も自由な関係なのだ。自由な競争が結果として上下の序列関係をもたらし、つまりは結果として支配ー被支配の関係をもたらすとしたら市民社会における対等で自由な関係とはまったく異なるものだ。スポーツなどの競技は別に問題ないが、実社会における権力闘争は、つまりは支配ー被支配をめぐる闘争は市民社会の自由とは違うということだ。むしろ権力をめぐる自由競争とは対極にあるのが市民社会の自由だ。むろん選挙における政権選択は一種の権力闘争にちがいないが、そこはスポーツと同じできちんとしたルールがあり一般市民に被支配という屈辱を与えるものではない。市民の自由を奪うものではない。だから選挙は基本的にスポーツと同じで公平なものだ。市場競争もルールに基づいたものであれば市民社会の自由と矛盾するものではない。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2093 ] / ▼[ 2116 ]
■2106 / 76階層)  Re[76]: 自由な関係とは 2
□投稿者/ rest -(2019/11/28(Thu) 09:45:26)
    2019/11/28(Thu) 09:48:52 編集(投稿者)

    市場における自由な関係は競争以外に自由な取引に現れる。現代の市場は貨幣を媒介にした間接取引だが、もともとは物々交換における直接交換から始まっている。自由な取引は直接交換の交換比率をめぐっての交渉から始まる。
    Aは自分の手持ちの商品aをBの手持ちの商品bと交換したいと思っている。なぜかというとAはaの必要性よりもbの必要性が高いと思っているからである。自由意志は必要性の低いものから高いものへ選択するのである。ただしこの場合Bもbの必要性よりもaの必要性が高くなければ取引は発生しない。ここではBはbよりもaのほうが必要性が高いと想定してみよう。すると交換が起こる。数値で示すとわかりやすいので数値表記すると、Aのaに対する必要性は7としbに対する必要性は10とする。Bのbに対する必要性は12とし、aに対する必要性は15とする。必要性の格差を利益とおけばAの利益は10-7=3である。Bの利益も15-12=3であり、AとBは利益が一致する。この時Aに与えられる価値評価は7+15=22であり、Bに与えられた価値評価は10+12=22であり、AとBの価値が等しいということがわかる。これが等価交換の意味である。このように等価交換になるように数量調整がおこなわれることになる。
    従来の労働価値説や効用価値説とは異なるがこの考え方が筋が通っているように思える。市場における自由な取引はこのような様相として現れる。ある意味対等な取引である。市民的な対等な関係とは、これ以外に共感による取引も含まれる。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2106 ] / ▼[ 2125 ] ▼[ 2141 ]
■2116 / 77階層)  Re[77]: 宇宙の闇について
□投稿者/ rest -(2019/11/30(Sat) 23:40:25)
    宇宙の背景にある闇について考えてみた。太陽のような巨大な恒星が放つ光が、もし宇宙の果てが有限なら、反射して戻ってきて、宇宙の闇が消えるだろう。しかし光は反射して戻ってくる気配がない。やはり宇宙は無限なのだ。どこまで行っても光が反射することがない。太陽の光は昼間はありとあらゆるものを輝かせるが夜は闇の底に沈む。日常的には昼と夜で光と闇の比率は1対1で等しいのだが宇宙全体から見ると光の割合よりも闇の割合が大きい。それだけ光は希少価値なのだ。自然は見かけ上のバランスよりも本質的にアンバランスなのかも知れない。人間の心も自然に放置すればバランスのとれるようになるというのは幻想に過ぎない。アダムスミスの神の見えざる手というのは幻想かもしれない。バランスはアンバランスに転化するのが自然なのだ。だからバランスには努力が必要なのだ。
    暗闇の夜道を照らす小さな光のように真理はささやかな光である。希少価値の光である。どんなに輝く恒星も宇宙全体から見ると小さな点に過ぎない。しかし美しい夜景だ。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2116 ] / ▼[ 2126 ]
■2125 / 78階層)  Re[78]: 宇宙の闇について
□投稿者/ rest -(2019/12/04(Wed) 09:55:55)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2125 ] / ▼[ 2131 ]
■2126 / 79階層)  Re[79]: 宇宙の闇について
□投稿者/ rest -(2019/12/04(Wed) 10:11:10)
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2126 ] / 返信無し
■2131 / 80階層)  Re[80]: 遺伝子と意志
□投稿者/ rest -(2019/12/05(Thu) 10:57:54)
    我々の行動はかなり遺伝子に規定されているように思えるが、本当にそうだろうか。我々が教室で学ぶ場合黒板に書かれた文字は遺伝子の中に組み込まれているわけではない。本を読む場合分厚い本の文字はあらかじめ遺伝子の中に書き込まれているわけではない。遺伝子にはない外部から吸収して成長していくという面がある。それが意志だろう。遺伝子に規定されない外部の文字をあるいは経験を学習していく意志の側面が独立して存在しているようだ。遺伝子という環境に規定されない自由意志が存在しているのは明らかだ。ただ意志に弱い、強いの度合いがあるのも事実だ。不可抗力と思える環境に押しつぶされていく人間、それをはねかえして肥やしにして成長する人間、実に様々だ。定石がない、ということか。環境につぶされそうになったとき、誰かに助けを求めるというのも賢明だ。自力も他力も混然一体となって道を切り開く、ということかもしれない。ヒュームの経験論による因果説も恒常的連接を主観的必然性と考えると主観性ゆえに自由意志の可能性が開く。ヒュームは同意しないかもしれないが、自由意志は習慣を変えることができるゆえに、必然性に規定されない。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/

▲[ 2116 ] / 返信無し
■2141 / 78階層)  Re[78]: 宇宙の闇について
□投稿者/ rest -(2019/12/08(Sun) 23:17:53)
    No2116に返信(restさんの記事)
    > 宇宙の背景にある闇について考えてみた。太陽のような巨大な恒星が放つ光が、もし宇宙の果てが有限なら、反射して戻ってきて、宇宙の闇が消えるだろう。しかし光は反射して戻ってくる気配がない。やはり宇宙は無限なのだ。どこまで行っても光が反射することがない。太陽の光は昼間はありとあらゆるものを輝かせるが夜は闇の底に沈む。日常的には昼と夜で光と闇の比率は1対1で等しいのだが宇宙全体から見ると光の割合よりも闇の割合が大きい。それだけ光は希少価値なのだ。自然は見かけ上のバランスよりも本質的にアンバランスなのかも知れない。人間の心も自然に放置すればバランスのとれるようになるというのは幻想に過ぎない。アダムスミスの神の見えざる手というのは幻想かもしれない。バランスはアンバランスに転化するのが自然なのだ。だからバランスには努力が必要なのだ。
    > 暗闇の夜道を照らす小さな光のように真理はささやかな光である。希少価値の光である。どんなに輝く恒星も宇宙全体から見ると小さな点に過ぎない。しかし美しい夜景だ。

    反論があった。宇宙の果てを有限とする立場から、宇宙の果てを炭素と仮定すると、光は吸収されて反射がないことが理解できると。
    元素の周期表からすると、元素の種類の数は103個ある。炭素の存在する確率は1/103に対し炭素でない確率は102/103と極端に違う。一元的に炭素とは考えにくい。炭素はまばらに存在すると考えるのが自然だ。だとすると一元的に存在する宇宙の闇は炭素とするのは不自然すぎる。無限の距離で反射がないと考えるのがとても自然だ。
    ビッグバンは物質の塊である最古の星を宇宙の果てと考えているようだから、その向こうに広がる空間の果ては考慮されていないようだ。最古の星の背景にある闇について語っていない。背景輻射とか暗黒物質で宇宙の一元的な闇は説明できないだろう。
[ 親 911 / □ Tree ] 返信/引用返信 削除キー/


Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -