TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■460 / inTopicNo.73)  the昭和!
  
□投稿者/ rami -(2018/06/04(Mon) 00:01:48)
    2018/06/04(Mon) 06:01:05 編集(投稿者)

    パニ今晩は(^^)

    ヤフーさんが、パニの納得いく仕事をしてくれることを私も祈っています。
    パニのよ〜な論客が居なくなったら、誰も良い思いをしないと思います。



    天城越え、確かによく読むと怖い歌詞ですが今の世の中ではサラっと「慰謝料よろしく!」みたいな話になりそうです・・

    昔は情の強い女性から恨まれるほど愛されることが力ある男性としてのステータス、みたいな論調もあったように思えるのですよね。
    なので女性側だけでなく、男性側にもああいう歌詞が流行ったっていう背景があるのかな〜と。



    >そだね〜〜!!

    出たっつ、パニのオフ会かわしの術一言返し!



    お蔭様で最高の観劇でした。感情移入の為ティッシュが必要な程でした。鼻水って本当困りますよね。




引用返信/返信 削除キー/
■459 / inTopicNo.74)  Re[11]: おはよう!らみぃ〜♪
□投稿者/ パニチェ -(2018/06/02(Sat) 07:10:21)
    No458に返信(ramiさんの記事)

    > いやいや多分、それは女性だからではなく男性が異常だったという類いの映画もありますよ!

    男女に限らず情念は怖いね。
    わし演歌嫌いやけど「天城越え」の歌詞なんかめちゃめちゃ怖い(笑)

    > 例えば「コレクター1965」とかどうでしょう。
    > 男性が突然怒り出したりするのが怖かったし、武器を使って何度も殴ったと思うのですが結局死なず地下室に戻されてしまうシーン・・。

    それ見てないわぁ〜。
    男ならわしの中ではやっぱキューブリック監督、ジャック・ニコルゾン主演の「シャインニング」かなぁ〜。

    > 吉本新喜劇・・是非行ってみたいです。
    > いつかあるかもしれないオフ会の一次会はここにしましょうか♪

    そだね〜〜!!

    > それにしてもパニさん、ヤフーみたのですが早く理由がわかると良いですね。
    > そしてもと通りに戻して欲しいですね。

    ありがとう!ahoo!の対応次第ではtextream引退しようかなぁ〜とも思ってます。
引用返信/返信 削除キー/
■458 / inTopicNo.75)  パニ♪
□投稿者/ rami -(2018/06/01(Fri) 22:27:19)
    2018/06/01(Fri) 23:05:24 編集(投稿者)

    今晩は^^


    >危険な情事はジェイソンやフレディ・クルーガーより、女の方が怖いことを再認識しますた(笑


    いやいや多分、それは女性だからではなく男性が異常だったという類いの映画もありますよ!

    例えば「コレクター1965」とかどうでしょう。
    男性が突然怒り出したりするのが怖かったし、武器を使って何度も殴ったと思うのですが結局死なず地下室に戻されてしまうシーン・・。


    吉本新喜劇・・是非行ってみたいです。
    いつかあるかもしれないオフ会の一次会はここにしましょうか♪



    それにしてもパニさん、ヤフーみたのですが早く理由がわかると良いですね。
    そしてもと通りに戻して欲しいですね。




引用返信/返信 削除キー/
■457 / inTopicNo.76)  Re[13]: 夢のひととき
□投稿者/ パニチェ -(2018/06/01(Fri) 21:52:57)
    何の劇やろ???

    まさか吉本新喜劇ではないわなw
引用返信/返信 削除キー/
■456 / inTopicNo.77)  Re[9]: ホラー映画の醍醐味
□投稿者/ パニチェ -(2018/06/01(Fri) 21:50:22)
    牡丹灯籠もおどろおどろしくて確かに怖かったね。

    危険な情事はジェイソンやフレディ・クルーガーより、女の方が怖いことを再認識しますた(笑)
引用返信/返信 削除キー/
■455 / inTopicNo.78)  夢のひととき
□投稿者/ rami -(2018/06/01(Fri) 14:23:14)
    2018/06/01(Fri) 14:26:23 編集(投稿者)

    実は明日、ずーと楽しみにしていた観劇(何かは内緒)に行くのですが、恐らく一年か二年分位の運を全て使い果たして自分としてはかなりの良い席をゲットすることが出来た為、とてもわくわくドキドキしています。

    ただひとつ問題がありそれは私の座高がとても高いことで、後ろの方々に迷惑を掛けないよう座り方を工夫せねばと思っているところです。
    なんて、贅沢な悩みなのでしょう。

    素晴らしいひと時を味あわさせて頂く為に行ってきま〜す(^^)



引用返信/返信 削除キー/
■454 / inTopicNo.79)  ファンタジー性
□投稿者/ rami -(2018/06/01(Fri) 14:05:25)
    田秋さんこんにちは(^^)
    本当に、人それぞれ怖いポイントって異なるんですね。でもそこが面白いのかもしれません。

    バックトゥザフューチャー懐かしい♪私も面白かったです。
    昔は西ドイツがありましたよね。壁崩壊のニュースは何となく覚えています。以前ベルリンのお土産屋さんで壊された壁の破片が記念として売られていたのですが、大きさではなく文字や絵の落書きが書いてある破片の方が値段が高くて「へ〜」と思ったのを覚えています。


    バックトゥザフューチャーはSFという括りかもしれませんが、ファンタジーの面もありますよね。
    精巧に創られたファンタジーであればある程、その中のリアルの部分が鮮やかに浮き彫りになるように感じます。

    感覚的には「すぐ隣にあるようで、同時に遠い遠い夢の世界のお話」になりえるストーリというか。
    私は多分そういうストーリーに普遍性のようなものを感じているのだと思います。

    前に出したホラー映画(田秋さん嫌いな所すみませんが)についても実は同じで、私が感じたかった臨場感って結局はこういったファンタジー性なのかもしれません。




引用返信/返信 削除キー/
■453 / inTopicNo.80)  危険な情事の思い出
□投稿者/ 田秋 -(2018/06/01(Fri) 08:48:29)
    あの頃(危険な情事を見た頃)のことを色々思い出してきました。調べてみると1987年の映画でした。もう30年も前なんですね。オケに就職して(86年12月)すぐです。多分マイケル・ダグラスが出てるってことで見に行ったのだと思います。その数年前、映画のコーラスライン(1985)を見てファンになりました。
     危険な情事のあの瞬間以外の事はほとんど覚えていません。それでは何故それほど脳裡に焼き付いたか考えてみました。あの映画はramiさんが仰るようにサスペンスなのだと思います。あのシーンまでには物理的科学的にあり得ないことは描かれてなかったと思います(多分)。こちらも(無意識に)そのつもりで見ていたら、殺された人間(実は死んでいなかったという設定ではなかったと思います)が突然浴槽から起き上がってきたので驚愕が恐怖を増幅したのだと思います。

     1985年はバックトゥザフューチャーPART1も見ました。その当時西ドイツに住んでいて、字幕はドイツ語でした。半分もわからなかったけれど本当に面白いと思いました。
引用返信/返信 削除キー/
■451 / inTopicNo.81)  訂正です
□投稿者/ rami -(2018/05/31(Thu) 06:43:53)
    た〜きさんが仰ったシーンとポイントがずれずれで失礼しました。

    逆バージョンの、狂った男性から逃げる女性っていうのも沢山ありますよね。

    ああいうのって、何故かどう反撃しても何しても死なないんですよね!そこが怖かったのですね!


    生身の人間が死んだはずなのに追いかけて来る・・というのは私にとってはちょっと非現実的なのだけども、自分にとっては些細と思えることがきっかけで、相手をものすごく怒らせてしまったり狂気の感情を持たせてしまう、そういう可能性があるよっていう部分がリアルで怖いのかもしれないなあと思いました。

引用返信/返信 削除キー/
■450 / inTopicNo.82)  Re[8]: ホラー映画の醍醐味
□投稿者/ rami -(2018/05/30(Wed) 17:03:50)
    パニ、た〜き〜さん、レス有難うございます♪

    最近ここは私の日記みたいになってしまってるので、皆さんもっと沢山書いてください♪

    今観たら怖いと思うかわからない映画ありますね。
    私は子どもの頃祖母の家のテレビでやっていた牡丹灯籠です(ちなみに発音から牡丹道路かと思っていました笑)
    観た後に怖くなって「おばあちゃんトイレ一緒に行って」とせがんでましたっけ。


    た〜き〜さんは女性の恋の怨念みたいなのが怖いんでしょうか。
    リアルだけどホラーと言うよりもサスペンスって感じかな。
    危険な情事は観たけれど、遊び相手のつもりが突然豹変してストーカーのようになったら怖いでしょうね。
    そういう人って、普段の生活ではそういう素振りを全く漏らす事ないのでしょうか。
    サイコパスの種ではなく、思い込みが強いタイプの場合は、必ずどこかでそういった片鱗が見えてるはずと思うのですが。

    まあきっと悪いことは出来ない、という戒めなのかな笑。


    小さい頃って、自分の趣味じゃない映画に連れていかれるのあるあるですよ。
    「さらばアフリカ」」ちょっと紹介観てみましたが、よく小学生で中に入れてくれましたね。本当に昔は緩かったですよね。色々と。

    わたしも、小学生の頃遠藤周作の「海と毒薬」連れていかれましたよ。間違えてとかではなく。
    人体実験する映画なんですが・・・
    ディズニー映画とか連れて行ってもらってたお友達が羨ましかったです(;^_^A



    ツェゴイネルワイゼンは、紹介見て是非見てみたくなりました♪
    それにしても、パニでも怖いと思うこと、あるんですね〜(^^)


引用返信/返信 削除キー/
■449 / inTopicNo.83)  Re[8]: ホラー映画の醍醐味
□投稿者/ 田秋 -(2018/05/30(Wed) 09:44:16)
    怖い映画は苦手です。新宿の映画館で見た「危険な情事」(これがホラー映画に該当するのかどうかわかりませんが)、浴槽に沈められた女性(溺死しているはず)が突如起き上がってきて「ひえ〜、こわー」となりました。さらに小学生のころ、父の勘違いで見に行った「さらばアフリカ」が残酷なものへのトラウマになっているかもしれまん。
     映画ではありませんが吉本新喜劇のような深い思想もなく単純に笑えるものが好きです。
引用返信/返信 削除キー/
■448 / inTopicNo.84)  Re[7]: ホラー映画の醍醐味
□投稿者/ パニチェ -(2018/05/29(Tue) 22:41:00)
    鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」は二重の怖さがありました。

    女性のおどろおどろしさと幽霊の怖さです。

    原田芳雄と大谷直子が演じてましたが、今見ても怖いかどうかは未定。^^


引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -