TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■315 / inTopicNo.73)  お久しぶりです
  
□投稿者/ パニチェ -(2017/07/17(Mon) 08:16:10)
    No313に返信(youさんの記事)
    > なんか、いろんな人が初めまして。youです。
    > 駄文を披露し失笑を買うのが趣味の変態です。

    全然、そんなことないですよ。^^
    それと亀レスですが。。。

    No290に返信(youさんの記事)
    > あんまり七夕と関係ない感じのライブハウスに行ってました。
    > その後お酒を飲みに行き、隣の席のオカマと意気投合し、飲み屋で長居をした結果、終電を逃しました。
    > カラオケボックスで始発の時間まで仮眠してました。
    > 37歳独身、何やってるんだろ。

    終電を忘れるくらい楽しかったなら、いいじゃないですか。
    スティーブ・マックイーンの言葉ですが、年齢なんてただの数字ですよ。^^


引用返信/返信 削除キー/
■313 / inTopicNo.74)  youです
□投稿者/ you -(2017/07/16(Sun) 21:20:11)
    なんか、いろんな人が初めまして。youです。
    駄文を披露し失笑を買うのが趣味の変態です。



    らみさんへ質問。星の王子さまの原文てフランス語ですよね?ぼくは英訳ですら読みきれませんでした。



    工藤直子さんの詩だと、シマウマを食べるライオンの話があります。
    割とおすすめ。


引用返信/返信 削除キー/
■309 / inTopicNo.75)  苦悩は快楽よりも価値を生む
□投稿者/ パニチェ -(2017/07/15(Sat) 11:44:50)
    2017/07/15(Sat) 11:58:56 編集(管理者)

    No297に返信(なんさんの記事)
    > パニさん、ありがとうございます。

    どういたしまして。^^
    なんさんが復帰してくれて嬉しいです。^^

    > 四十九日法要の時の息子の「若い方が長生きできるとは限らないです。父がそう教えてます。」を思い出しました。あー、あいつ、ニークラっ子だわー、です。

    僭越ですが、息子さんは本質を見抜いているところがありますね、きっと。
    生きることに関しての問いは私も小学校の低学年で何度も自問自答したことがあります。
    のほほんと生きている人間はそんなこと考えなくても生きていけるのですが、そこから逃げ出したくなるくらいの何らかの苦難や困難を抱えた人は何らかの答えを見出そうとします。
    その経験は乗り越えてみて言えることですが、ほんと貴重な体験で宝のようなものです。楽しかった出来事とは比較にならないほどの価値やアイデンティティを創出するように思えます。

    > ストレス性胃炎との診断で、息子は1週間ぐらい休暇を取りました。
    > ボエーっとして、好きな映像作品を見て、泣いたりなんかもして、笑ったりもして、そういうのも、とーさんに報告するんだーって、少しゆっくりします。

    両親と離れて暮らしていたせいもあって、私の場合は亡くなってからの方が身近に感じられることが不思議とあります。

    > 私のやることリスト、まだまだあるんですが、私も少し休暇です。
    > 女一人、体一つ、虎視眈々と淡々と、をしばらくの間座右の銘にするつもりです。

    心身ともに疲れがどっとでませんように。^^

引用返信/返信 削除キー/
■303 / inTopicNo.76)  Re[21]: なんさんへ
□投稿者/ なん -(2017/07/13(Thu) 23:45:24)
    らみさんへ。
    パソコンが壊れまして、今、息子のMacのノートパソコンを借りて練習中です。何か変なのがあったら、そのせいです、勘弁してください。今までWindowsしか使ったことなくて、変換が違うーって戸惑い中です。

    もしも、ダンナが生きてたら、Macの選択肢はなかったです。彼はスマホ&Windows&Office派で、子供らがMac&iPhone派ですから、彼の好みに従ったでしょう。でも、今子供らの勧めに従って、まずは試してみようって思います。この歳で乗り換えは無謀かもですが、やってみようかなーって気持ちになってます。家庭内多数派には従おうかしらね。
    子供らが「老いては子に従え」とか言うし。^ - ^←顔文字って入れたらこれが出たです。

    何か、前向きっぽい(決して前向きではない)ことをしようとするのは、きっと現実直視を避けたいんでしょうね。それでも、一区切りを終えて、子供らが何か夢中になれそうなことを、と考えてくれてるのがありがたいです。

    練習のための投稿のようで申し訳ないです。また書きますね。


引用返信/返信 削除キー/
■298 / inTopicNo.77)  なんさんへ
□投稿者/ らみ -(2017/07/13(Thu) 00:56:43)
    今晩は!こちらにも書いて下さってありがとうございます!

    四十九日の法要、無事に終えられたのですね。本当にお疲れ様でした。

    ブログも読みました。もう、なんにも言えないです。ああすごい家族だなあーって。


    わたしも、自分の子どもらがなんさんのお子さん達と同じ位の年齢になった時に、こんな素敵な美点を思いついてあげること出来るかしらって思います。


    とても感動しました。

    なんにも言えないのにわざわざレスしてごめんなさいね。





引用返信/返信 削除キー/
■297 / inTopicNo.78)  Re[20]: 白骨の章
□投稿者/ なん -(2017/07/11(Tue) 21:50:43)
    パニさん、ありがとうございます。

    四十九日法要の時の息子の「若い方が長生きできるとは限らないです。父がそう教えてます。」を思い出しました。あー、あいつ、ニークラっ子だわー、です。

    ストレス性胃炎との診断で、息子は1週間ぐらい休暇を取りました。
    ボエーっとして、好きな映像作品を見て、泣いたりなんかもして、笑ったりもして、そういうのも、とーさんに報告するんだーって、少しゆっくりします。

    私のやることリスト、まだまだあるんですが、私も少し休暇です。
    女一人、体一つ、虎視眈々と淡々と、をしばらくの間座右の銘にするつもりです。
引用返信/返信 削除キー/
■296 / inTopicNo.79)  本音
□投稿者/ パニチェ -(2017/07/10(Mon) 21:59:59)
    No293に返信(パニチェさんの記事)

    > ご主人のご冥福をお祈りします。

    上記のように私がご冥福を祈るまでもなく

    もし〈魂〉というものがあるとすれば。。。

    本当に立派に見送られた

    なんさんや、娘さんや、息子さんを見届けて

    しっかり旅立たれたと思います、きっと。。。^^
引用返信/返信 削除キー/
■294 / inTopicNo.80)  白骨の章
□投稿者/ パニチェ -(2017/07/10(Mon) 21:33:08)
    それ、人間の浮生(ふしょう)なる相(そう)をつらつら観(かん)ずるに

    おほよそはかなきものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)

    まぼろしのごとくなる一期(いちご)なり

    されば、いまだ萬歳(まんざい)の人身(にんじん)を

    うけたりといふ事をきかず、一生すぎやすし

    いまにいたりて、たれか百年の形體(ぎょうたい)をたもつべきや

    我やさき、人やさき、けふともしらず、あすともしらず

    おくれさきだつひとは、もとのしづくすゑの露(つゆ)よりもしげしといへり

    されば、朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて

    夕(ゆうべ)には白骨となれる身なり

    すでに無常の風きたりぬれば、すなはちふたつのまなこたちまちにとぢ

    ひとつのいきながくたへぬれば、紅顔むなしく變(へん)じて

    桃季(とうり)のよそほひをうしなひぬるときは

    六親眷屬(ろくしんけんぞく)あつまりて、なげきかなしめども

    更(さら)にその甲斐(かい)あるべからず

    さてしもあるべきことならねばとて、野外(やがい)におくりて

    夜半(よわ)のけむりとなしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこれり

    あはれといふも中々(なかなか)をろかなり

    されば、人間のはかなき事は

    老少不定(ろうしょうふじょう)のさかひなれば

    たれの人も、はやく後生(ごしょう)の一大事を心にかけて 

    阿弥陀仏(あみだぶつ)を深くたのみまゐらせて

    念仏まうすべーきものなり

    あなかしこあなかしこ

    ---------------------------------------------------------------

    人間の生涯はほんの一瞬のこと
    永遠の命をもったとも聞かないし、寿命がいつ尽きるかは誰も知らない

    今朝は血行のよい顔色であったとしても、夕方には白骨となるのが命あるものの定めである。

    人の命も法印(諸行無常:一定の状態を保ち続けるような常なるものはこの世界には無い。無常なるものに常住不変を求める心に苦が生じる)のうちにあり

    瞳を閉じ、長く大きなひと息をもってひきとれば、親族一同が集まり嘆き悲むが、その甲斐もなく白骨に成り果ててしまうことをもって、人の命や一生はなんと哀れで、夢幻の如く虚しいものだと悲観的にのみ思うことは愚かなことだ

    毎日年寄りであろうと若者であろうと、数多くの人達が先立っており、人間の生や存在そのものが儚いものであることは、年寄りであろうと、若者であろうと、金持ちであろうと、貧しい人であろうと、健康な人であろうと、病人であろうと、幸福の絶頂にいる人であろうと、苦難に喘ぐ人であろうと、同じであり、互いに明日は死ぬかもしれない身の上にある

    愛する人の死に直面し、嘆き悲しみの中にある今こそ

    命と生を受けた奇跡と尊厳を今一度しっかり心に刻み

    命ある限り精一杯前向きに生きていこうという誓いも立てようではないか。
引用返信/返信 削除キー/
■293 / inTopicNo.81)  Re[18]: 昨夜は七夕
□投稿者/ パニチェ -(2017/07/10(Mon) 21:30:53)
    2017/07/10(Mon) 21:38:30 編集(管理者)

    お帰りなさい、なんさん。

    ご主人のご冥福をお祈りします。

    こんな時、本当に気の利いた言葉が浮かばなくて、ごめんなさい。

    本当に大変でしたね。友人に聞きましてツイッターをロムしてました。
    なんさんはもちろん、息子さんも、娘さんも立派です。

    また気が向いて時間がある時には何なりとカキコして下さい。
    私もボチボチではありますがレスしていきます。^^

引用返信/返信 削除キー/
■292 / inTopicNo.82)  おひさしぶりです。
□投稿者/ なん -(2017/07/10(Mon) 11:47:57)
    はじめましての方にははじめまして、おひさしぶりの、なん、です。

    5月に夫が亡くなりまして、先日四十九日法要と納骨を無事終えました。

    思い出すと。

    祖父の死に接し、息子は

    「自分ががんばっていても、何を考えていたとしても、結果だけを見て、努力が足りないと叱られる。
    でも、どんなにがんばっても、結果はみんな同じだ。
    愛されようが、立派だろうが、どんな努力をしようが、みんな最終結果は同じ、死ぬだけだ。
    努力を要求され、結果を要求される意味が分からない。
    どうせ死ぬのに、努力の強制は意味があるのか?」

    彼の苦悩は、言語能力の問題で聞き取り調査しないと内容がクリアにならないところもあり、子供のたわごと、そんなこと言ってないでやることやらないと、と一蹴された結果、不登校となりました。

    私も中学生の頃、似たような苦悩を持っていて、答えてくれるではなく「応えてくれる」大人がほとんどいなかったことに怒り狂ったものでした。だから私は応えたかった。正解を与えるんじゃない、息子の問いに自分なりの答えを提示できる大人になりたかった。で、一緒に「哲学シーズン」を過ごそうとなりまして、掲示板でパニさんにお声をかけて頂いて、ニヒリズムの超克、ここニーチェクラブに行きついたのです。

    来年、舅は13回忌となります。

    父を見送る息子は、とても立派でしたよ。私は喪主を務めましたが、喪主挨拶は息子が書いた手紙をそのまま読みました。
    あの頃、息子がこう言ってた、考えてたの話を、よくニーチェクラブに書きました。
    お褒めの言葉を頂いたりして、息子の自信になったのは間違いないのです。
    「かーさんはそれでいいって言うけど、世間じゃ通用しないんだよ!」と言っておりましたが、
    「広い世間には、いろんな人がいるんだよ」を息子に教えてくれたのも、ここでした。
    哲学者の素質があるんじゃないの?って言った私に、
    「とーさんは哲学苦手だけど、幸せそうだから、とーさん目指す!」と自分なりの結論を出して、今はラーメン屋に障碍者雇用枠で真面目に勤めております。

    残念な母と面倒な弟を横目で見つつ、娘も大人になりました。
    娘は今、私をママとは呼びません。下の名前で呼び捨てで呼びます。
    「子供じゃないんだから、守ろうとして黙ってるのやめて。一緒に考えていくから相談して。でないと何かあった時にもっと面倒になるでしょ?結局、かぶるのこっちなんだからね!」
    それが今の、私と彼女の関係性です。
    娘を育てる際の私の目標は「私と対等にケンカできる女にする!」でしたから、達成ですね。


    今回は、私の「哲学シーズン」です。
    家族を言い訳にして、ずっと棚上げしてきた諸々のことについて、後回しにしてきた自分の持つ問いについて、ダンナが死んだことで湧き上がってくる様々な事柄について、考えてしまう自分を持て余すのです。

    諸手続きもまだまだ続くので、しばらくはまだ実務もあるのですが。

    無言で涙流しながらキーボードを叩く私を、「遺影でイェイ!」の最後の渾身のギャグ(娘が選んだ)のままの、ダンナの写真が見ています。
    「見てて分かったよ。君の涙は、生理現象なんだね?!」って言ってました。
    そうそう、生理現象!体が動いたり暑かったら汗かくのと一緒、心が動いたりどうにもならない状況の時は、涙が出るものなのです。拭いてもいいけど、止めようと思って止まる物じゃないのです。
    そして私は「どう心が動いたか」「どう、どうにもならなくて、どっち方向に進むを選ぼうかについて」を言語化しないといられないタイプ。

    またお世話になりますね。


引用返信/返信 削除キー/
■291 / inTopicNo.83)  Re[17]: 昨夜は七夕
□投稿者/ らみ -(2017/07/10(Mon) 11:10:50)
    >カラオケボックスで始発の時間まで仮眠


    ははは、わたしも独身の時は、したことありますよ〜。あと漫画喫茶とか。

    映画youさんはきっと食指の動く映画が多いんでしょうね。
    わたしはDVDを借りてもつまらないと10分くらいで断念してしまうことも結構あるので、youさんのようなタイプの方が楽しめそうで羨ましいです。


    >「星の王子様と私」


    星の王子様、昔原文で読んだことがあります。
    その後の物語なんですね。

    ここの以前の管理人のダンザさんもすごく感銘を受けたようでした(本に)。リンクにダンザさんのホームページがあるのですが、御覧になったことありますか?
    星の王子様については以前のホームページだったかもしれませんが、他にも色々書いてらっしゃるのでもしよかったら読んでみてください(て私が言うの変ですが)





    そうそう、工藤直子さんの本一冊よみました。

    最初は詩集にしようと思ったのですが、「ともだちは海のにおい」という物語も入ったものにしました。



    毎日毎日、好きなことをして日々を平和に楽しく生きているイルカとクジラ・・素敵な世界でした。








引用返信/返信 削除キー/
■290 / inTopicNo.84)  昨夜は七夕
□投稿者/ you -(2017/07/08(Sat) 23:11:58)
    あんまり七夕と関係ない感じのライブハウスに行ってました。

    その後お酒を飲みに行き、隣の席のオカマと意気投合し、飲み屋で長居をした結果、終電を逃しました。
    カラオケボックスで始発の時間まで仮眠してました。

    37歳独身、何やってるんだろ。



    いかんせん地域一番の底辺高校が最終学歴なので、テレビにおいて広義、狭義の概念が入る余地のあるところから驚く自称イケメンの37歳独身です。



    テレビにおいて何が嫌いかで言えば、放送されている番組に対して「見てるだけで頭が悪くなりそう」ってとこでしょうか。気分とか直感によるところがあります。

    動画をyoutubeで見ることもないです。番組の作り手の程度が読めてしまうし、これが今の日本のメディアかと思うと馬鹿馬鹿しいと思ってしまうので見ない、を通り越して見ていられない。見ること自体が苦痛なんです。

    後付けの理屈として、たくさん本を読んだ、たくさん勉強をした人で頭のいい人は知っていますが、テレビを見ていたから頭が良くなったって人は一人も知りません。



    長々とテレビ嫌いを書き連ねましたが、好きな番組がないわけではないんです。
    WOWOWでやってるディスカバリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックはすっごい好きなんですよね。
    あの手の番組は絵本の読み聞かせに近い気がします。
    目の前にある事実を淡々と流すだけ。その淡々と流れるものが童心を掴んで離さない。想像力に働きかけてる気がします。







    映画のこと。
    映画以外でもそうですが、あまり好き嫌いはしない努力をしています。
    ケータイ小説や少女漫画が原作のものは過去に散々ハズレを引いているので関わりませんが、元は漫画、アニメがとても好きなんでアニメーションに抵抗がないってだけです。
    ディズニーとか新海誠とかジブリとかどーでもいいです。食指が動くかどうか。それだけです。
    ただアニメを見る機会が増えた理由はあります。
    昨今の商業施設は大衆受けを大事にしてます。
    個人のこだわりなんて何処へやら。
    子どもと一緒に見られるものを増やすとアニメーションばかりになったとゆーとこでしょうねぇ。
    そんな自称イケメンイケボの37歳独身がオススメする映画は「星の王子様と私」
    内容は保証します。見るべし。

引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -