TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■25382 / inTopicNo.1)  Re[37]: 眠れぬ夜のために。
  
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 23:02:14)
    訂正。

    (誤) 恒武天皇 → (正) 桓武天皇
引用返信/返信 削除キー/
■25381 / inTopicNo.2)  Re[26]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:57:36)
    No24815に返信(つばめさんの記事)
    >>オーバーと言えばですね、私、ようく考えたら、古文解釈以前に、リテラシーがないというか、現代文解釈がなっていないことに気付きました。
    >>
    >>ここは、和泉式部が玄関先でさっと追い返そうとしたのに、相手の宮が懇ろ(ねんごろ)になりたくて、「ここではまぶしすぎる」とか「昼間のように明るいので人目につく」とオーバーに言って、何とか家のなかに上がり込もうとしたのですね。
    >>
    >>私もまだまだですね。
    >>トホホ
    >
    > 私も古文は苦手で源氏物語を原文で読む人がいたらいたく尊敬してしまうのですが、
    > (・・・そういえば、北海道のトクビーさんが読んでました。)
    > (すごいなぁと尊敬したものでした。)
    > (自分は訳した文を読む気にはならないので、ところどころの原文をそのまま誤解交じりに読んでいました。)
    >
    > なのですごく自信がないのですが、最初のエフ兄の解釈でいいのではないかと思います。
    > ここの部分ですよね? ↓   
    >
    > 「ものばかり聞えむ、と思ひて、西の妻戸に円座さし出でて、入れたてまつるに、
    > 世の人の言へばにやあらむ、なべての御樣にはあらずなまめかし。
    > これも、心づかひせられて、ものなど聞ゆるほどに、月さし出でぬ。いとあかし。」
    >
    > 素敵な描写だなぁと思います。
    >


    わ、トクビーさん、懐かしいァ

    あの人は、本居宣長にはまっていて、「もののあはれ」の研究から、源氏物語にチャレンジして行ったように記憶しています。

    ☆それでぇ、私の解釈でいいのですか?

    あら嬉しい。

    妹君ちゃんに言われたら、もう勇気百倍ダァーッゥ
引用返信/返信 削除キー/
■25380 / inTopicNo.3)  Re[36]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:42:41)
    No24573に返信(つばめさんの記事)
    > ■No24143に返信(エフニさんの記事)
    >
    >>ドイツでは、絶滅寸前だった狼を保護するようになって、数が増えてきたようです。
    >
    > 絶滅危惧種にならなくてよかったです。
    >
    >
    >>それにつれて、狼男の目撃情報も増えてきました。
    >>
    >>後ろ脚の二本だけで、人間のように森の中を歩いているようです。
    >>
    >>赤頭巾ちゃんは、狼を完全にお祖母ちゃんと見ていましたからね。
    >
    > そですね。
    >


    >絶滅危惧種にならなくてよかったです。<

    そうですよね。

    私は「シートン動物記」で育った世代なので、狼や灰色熊は好きなんです。
引用返信/返信 削除キー/
■25378 / inTopicNo.4)  Re[36]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/05(Fri) 22:34:45)
    No24571に返信(つばめさんの記事)
    > ■No24098に返信(エフニさんの記事)
    >>そこでお代官様から、予習の為の手引き。
    >
    > わぁお♪楽しみ。(⌒▽⌒)
    >
    >
    >>平安時代は、末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。
    >>
    >>これを持って、牧歌的な平和なイメージを、中学校の日本史の授業で持った人も多いと思います。
    >
    > 個人的には全然持ちません♪
    > てか、
    > 「末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。」
    > 習ってもすっかり忘れていて・・・( ;∀;)(実は記憶さえない。)
    > 今初めて知ったような心持です。
    >
    >>実際は、凶悪犯罪は横行、頻発していました。
    >
    > 芥川龍之介の「羅生門」がイメージされます。
    >
    >>何故、桓武天皇は死刑を廃止したのでしょうか。
    >
    > はい。
    >
    > 井上内親王ちゃんのせいですかね。
    >
    > ・・・複雑でわからないっす。
    >

    ☆出ました、「羅生門」。

    平安京は魔を防ぐように作られていたのですが、この羅生門もその一つです。

    実際は「羅城門」と呼ばれていて、元ネタの今昔物語には、楼上に登る階段は無いのです。

    実際にもありませんでした。

    芥川の羅生門では、主人公が階段を登って楼上に行きますよね。

    で、実際の羅城門で、なんで階段の無い、誰も登れない空間を作ったのかと言えば、ここを異界への出入口にしたからなんです。

    鬼以外は出入出来ないということで。

    >複雑でわからないっす。<

    そう、妹君ちゃんが言うように、死者の呪いが恐くて、恒武天皇は死刑を廃止したのですが、確かにこの辺は複雑なので、歴代天皇で唯一、就活した恒武天皇の、天皇になるまでの話からしましょうね。

    因みに、恒武天皇の母親は百済人です。
引用返信/返信 削除キー/
■25337 / inTopicNo.5)  Re[26]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/08/04(Thu) 00:14:29)
    No24560に返信(つばめさんの記事)
    > ■No24097に返信(エフニさんの記事)
    >
    > こんばんは♪
    >
    >>闇の絵巻は、昭和五年の出版なので、その頃の東京の夜が暗黒だったのだと思います。
    >>
    >>東京の夜が明るくなるのは、戦後からではないでしょうか。
    >
    > そですよね。
    >
    > 何か抵抗というか断絶を感じるのですが、
    > 「東京の夜が明るくなるのは、戦後から」
    > 1945年が終戦なので1945年、今から・・・77年前ぐらい。
    >
    > ・・・今から77年前以前には、日本国中どこもかしこも
    > 夜は真っ暗闇だった。
    >
    > それがなんとなく信じられない。
    >
    > ・・・というより感覚?・・・認識にあわない気がする。
    >
    > 明治や大正の夜(特に都会)はもう少し明るかったような「気」がしていますが
    > 実は江戸時代と変わらない暗闇だった。
    >
    > なんか、変な感じです。
    > (私だけかなぁ。)
    >
    >>薄明幽暗は、完全な暗黒よりも、その中での蛍の光や、外の雪あかりのような、微妙な陰影を愛することだったと思っています。
    >
    > はい。
    >
    >>>死者=鬼=先祖<
    >>
    >>わぁ、私の儒教の話を覚えていてくれて、どうもありがとう。
    >>
    >>なんか、凄く嬉しい。
    >
    > はい。
    >
    >
    >>で、この中国の鬼が、日本では「魔物」になるんですね。
    >
    >
    > それ。おもしろいです。
    >
    > つまり、日本には「死者=鬼=先祖」以外にも何かあって
    >
    > つの間にか「死者=鬼=先祖」と合体して「魔物」になったというわけ?ですね?
    >
    > 関係がないのですがもともと「古さと」を指す言葉は「平城京」であったと思い出しながら
    > (・・というか、昔「都)があった土地。)
    >
    >
    >>平安京(京都)というのは、魔界都市で、そこらじゅうで魔界への出入口が、口を開けていました。
    >>
    >>完全な闇は、百鬼夜行のトポス(場・空間)として、平安京に暮らす人々に恐れられていました。
    >
    > ・・・なるほど、・・・とわけもわからず納得してしまいました。(;'∀')
    >


    ☆こんばんは〜

    >それがなんとなく信じられない。<

    北朝鮮は現在でも、夜の衛星写真を見ると、東アジアで唯一真っ黒になっています。

    韓国や日本は、不夜城のように光り輝いています。

    >なんか、変な感じです。<

    日本でも大都市では、街路にガス灯があったでしょうね。

    戦前の街の、ガス灯があった写真をテレビで見たことがあります。

    >いつの間にか「死者=鬼=先祖」と合体して「魔物」になったというわけ?ですね?<

    はい。

    鬼が角を生やして、虎の皮の腰巻きをしているのも(桃太郎や泣いた赤鬼でお馴染みのファッション)、日本のオリジナルだと思います。

    中国では鬼は、「お化け」のニュアンスが強いです。

    つまり、元は人間です。

    ☆「古さと」が「平城京」を指す言葉だとは知りませんでした。

    わ〜い、長生きはするもんだ〜ァ

    >とわけもわからず納得してしまいました。<

    とにかく京都の夜も、真っ暗だったんです。

    魑魅魍魎の百鬼夜行の話など、徐々にしていきますね。
引用返信/返信 削除キー/
■24815 / inTopicNo.6)  Re[25]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ つばめ -(2022/07/12(Tue) 08:03:38)
    > オーバーと言えばですね、私、ようく考えたら、古文解釈以前に、リテラシーがないというか、現代文解釈がなっていないことに気付きました。
    >
    > ここは、和泉式部が玄関先でさっと追い返そうとしたのに、相手の宮が懇ろ(ねんごろ)になりたくて、「ここではまぶしすぎる」とか「昼間のように明るいので人目につく」とオーバーに言って、何とか家のなかに上がり込もうとしたのですね。
    >
    > 私もまだまだですね。
    > トホホ

    私も古文は苦手で源氏物語を原文で読む人がいたらいたく尊敬してしまうのですが、
    (・・・そういえば、北海道のトクビーさんが読んでました。)
    (すごいなぁと尊敬したものでした。)
    (自分は訳した文を読む気にはならないので、ところどころの原文をそのまま誤解交じりに読んでいました。)

    なのですごく自信がないのですが、最初のエフ兄の解釈でいいのではないかと思います。
    ここの部分ですよね? ↓   

    「ものばかり聞えむ、と思ひて、西の妻戸に円座さし出でて、入れたてまつるに、
    世の人の言へばにやあらむ、なべての御樣にはあらずなまめかし。
    これも、心づかひせられて、ものなど聞ゆるほどに、月さし出でぬ。いとあかし。」

    素敵な描写だなぁと思います。

引用返信/返信 削除キー/
■24573 / inTopicNo.7)  Re[35]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ つばめ -(2022/07/09(Sat) 21:04:43)
    No24143に返信(エフニさんの記事)

    > ドイツでは、絶滅寸前だった狼を保護するようになって、数が増えてきたようです。

    絶滅危惧種にならなくてよかったです。


    > それにつれて、狼男の目撃情報も増えてきました。
    >
    > 後ろ脚の二本だけで、人間のように森の中を歩いているようです。
    >
    > 赤頭巾ちゃんは、狼を完全にお祖母ちゃんと見ていましたからね。

    そですね。

引用返信/返信 削除キー/
■24571 / inTopicNo.8)  Re[35]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ つばめ -(2022/07/09(Sat) 20:59:07)
    No24098に返信(エフニさんの記事)
    > そこでお代官様から、予習の為の手引き。

    わぁお♪楽しみ。(⌒▽⌒)


    > 平安時代は、末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。
    >
    > これを持って、牧歌的な平和なイメージを、中学校の日本史の授業で持った人も多いと思います。

    個人的には全然持ちません♪
    てか、
    「末期の保元の乱に至るまでは、死刑は廃止されていました。」
    習ってもすっかり忘れていて・・・( ;∀;)(実は記憶さえない。)
    今初めて知ったような心持です。

    > 実際は、凶悪犯罪は横行、頻発していました。

    芥川龍之介の「羅生門」がイメージされます。

    > 何故、桓武天皇は死刑を廃止したのでしょうか。

    はい。

    井上内親王ちゃんのせいですかね。

    ・・・複雑でわからないっす。

引用返信/返信 削除キー/
■24560 / inTopicNo.9)  Re[25]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ つばめ -(2022/07/09(Sat) 20:41:59)
    No24097に返信(エフニさんの記事)

    こんばんは♪

    > 闇の絵巻は、昭和五年の出版なので、その頃の東京の夜が暗黒だったのだと思います。
    >
    > 東京の夜が明るくなるのは、戦後からではないでしょうか。

    そですよね。

    何か抵抗というか断絶を感じるのですが、
    「東京の夜が明るくなるのは、戦後から」
    1945年が終戦なので1945年、今から・・・77年前ぐらい。

    ・・・今から77年前以前には、日本国中どこもかしこも
    夜は真っ暗闇だった。

    それがなんとなく信じられない。

    ・・・というより感覚?・・・認識にあわない気がする。

    明治や大正の夜(特に都会)はもう少し明るかったような「気」がしていますが
    実は江戸時代と変わらない暗闇だった。

    なんか、変な感じです。
    (私だけかなぁ。)

    > 薄明幽暗は、完全な暗黒よりも、その中での蛍の光や、外の雪あかりのような、微妙な陰影を愛することだったと思っています。

    はい。

    > >死者=鬼=先祖<
    >
    > わぁ、私の儒教の話を覚えていてくれて、どうもありがとう。
    >
    > なんか、凄く嬉しい。

    はい。


    > で、この中国の鬼が、日本では「魔物」になるんですね。


    それ。おもしろいです。

    つまり、日本には「死者=鬼=先祖」以外にも何かあって

    つの間にか「死者=鬼=先祖」と合体して「魔物」になったというわけ?ですね?

    関係がないのですがもともと「古さと」を指す言葉は「平城京」であったと思い出しながら
    (・・というか、昔「都)があった土地。)


    > 平安京(京都)というのは、魔界都市で、そこらじゅうで魔界への出入口が、口を開けていました。
    >
    > 完全な闇は、百鬼夜行のトポス(場・空間)として、平安京に暮らす人々に恐れられていました。

    ・・・なるほど、・・・とわけもわからず納得してしまいました。(;'∀')

引用返信/返信 削除キー/
■24383 / inTopicNo.10)  Re[43]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/07/04(Mon) 23:10:38)
    「ビッグマックとケンタッキー・フライドチキン好きって、お前はドナルド・トランプかァァノ」

    ちょっと待ってくれ。

    奴はダイエット・コークが好きだが(一日六杯飲む)、私はダイエット・ペプシ派だ。
引用返信/返信 削除キー/
■24382 / inTopicNo.11)  Re[42]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/07/04(Mon) 23:04:54)
    水曜日からKFCオリジナルチキンが値上げ。

    トホホ

    ユメもチボーもない
引用返信/返信 削除キー/
■24363 / inTopicNo.12)  Re[41]: 眠れぬ夜のために。
□投稿者/ エフニ -(2022/07/03(Sun) 23:38:44)
    月曜日からセブンイレブンのコーヒーが値上げだ。

    さびし

    とぼとぼ
引用返信/返信 削除キー/

次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -