TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■89 / inTopicNo.73)  Re[25]: 最近のおもしろかったこと
  
□投稿者/ rami -(2017/01/29(Sun) 21:40:33)
    昨日(昨日も)、意味不明で論理飛び飛びなことを書いてしまっていますが、強い生命力を持つ人はたとえ自分が「死にたい!」と思っても身体が許してはくれないんだろうなあと、そういうことが言いたかったのでした。死なせてくれと思っても死ねない苦しさ、そこにこそわたしは生命力というものを強く感じるのです。
引用返信/返信 削除キー/
■88 / inTopicNo.74)  Re[24]: 最近のおもしろかったこと
□投稿者/ パニチェ -(2017/01/29(Sun) 21:22:23)
    No86に返信(youさんの記事)
    > 得たものは、「よく分からない」ですね。掴んだと思ったら空を切った。。追いついたと思ったら前よりも遠ざかってた。もしかしたら人生の醍醐味はそこにあるのやもしれませんね。

    不確定だから醍醐味があるんだろうし、面白くて辛いんだと思います。

    > 賽の河原で親より早くに死んだ子が贖罪のために石を積み上げても鬼がガシャーって崩して一からやり直し。何度積み上げても鬼がガシャーってやる。

    それは作り話でしょうね。

    > 人生は無理ゲー。どうやっても攻略できない。必ず負ける。生まれた瞬間に詰んでいる。ただ、今あるよく分からない「それ」をどう扱うかは全て自分次第。

    勝ち負けってあるのかなぁ〜。それも気の持ちようだと思いますが。。。

    > 現実は変えられる。意味があるかどうかは二の次でいい。その時の判断の良否は結果論でしか語られない。
    > ぼくは今を最善の方法で楽しむ所存です。

    すれがいい!
    プロセスが貴重ってこともありますし、結果だけで良否が決まるとは思いませんが。。。

    > 前に読んだデール・カーネギーの本の中にありました。
    > 「牢屋の中の囚人が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。」
    > 踊る阿呆を見て「阿保」と言う阿呆より、自分を阿呆だと分かったうえで踊る阿呆のが楽しいのであればぼくは踊る。といったところでしょうか。

    それはいいですね。^^
引用返信/返信 削除キー/
■87 / inTopicNo.75)  強い身体とは・・
□投稿者/ らみ -(2017/01/29(Sun) 00:48:57)
    パニの円形脱毛の話、胃潰瘍の方じゃなくて良かったなあと思いました。。


    でも身体が正直っていうのは、まさに生きてることの証拠ですね。


    わたしは近頃「生命力」って、100パーセント身体そのものの力に帰するもので、生きようとする気力みたいなものは、含まないのだろうなあと思うようになりました。

    以前は気力体力共に強いことをイメージしてたのですが。


    生命力の強い人は、そうでない人と比べ死ぬときにより苦労すると思うんです。苦しくても何とか適応できちゃうので。


    たとえば痛みには強い人でも、気管に入れられた管が変な所に当たって気持ち悪い息が苦しい、挿管のせいで痰が絡む・・といった辛さは苦手だったりします。

    そして痰の多さはタバコを吸っているかどうかで、大きく変わってくるんです。


    強い身体と自覚がある人ほど、健康を心掛けたほうが良いかもしれませんね。




引用返信/返信 削除キー/
■86 / inTopicNo.76)  Re[23]: 最近のおもしろかったこと
□投稿者/ you -(2017/01/27(Fri) 12:25:13)
    得たものは、「よく分からない」ですね。掴んだと思ったら空を切った。。追いついたと思ったら前よりも遠ざかってた。もしかしたら人生の醍醐味はそこにあるのやもしれませんね。
    賽の河原で親より早くに死んだ子が贖罪のために石を積み上げても鬼がガシャーって崩して一からやり直し。何度積み上げても鬼がガシャーってやる。
    人生は無理ゲー。どうやっても攻略できない。必ず負ける。生まれた瞬間に詰んでいる。ただ、今あるよく分からない「それ」をどう扱うかは全て自分次第。

    現実は変えられる。意味があるかどうかは二の次でいい。その時の判断の良否は結果論でしか語られない。
    ぼくは今を最善の方法で楽しむ所存です。

    前に読んだデール・カーネギーの本の中にありました。
    「牢屋の中の囚人が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。」
    踊る阿呆を見て「阿保」と言う阿呆より、自分を阿呆だと分かったうえで踊る阿呆のが楽しいのであればぼくは踊る。といったところでしょうか。
引用返信/返信 削除キー/
■85 / inTopicNo.77)  Re[22]: 最近のおもしろかったこと
□投稿者/ パニチェ -(2017/01/21(Sat) 11:57:09)
    No84に返信(youさんの記事)
    > 得たものは大きかった。今でも使えるものを十年前から手探りでも掴みとれたことは大きな遺産であり、自信にもなった。けれどそれらがいつまで付きまとうか分からない不眠の煩わしさと比べた時、払った代償の方が大きかったのではないか?そう考えてみました。

    ノーコメントでもいいのですが得たものって何ですか?

    > 結論として、ぼくは馬鹿でした。頼まれてもいないのに、積極的にマイナスを引き取りに行った大馬鹿者でした。事実は過去形でしか語られない。ぼくは馬鹿だった。事実がそれを証明した。
    > 「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿保なら踊らにゃ損々」

    経験に価値や意味を見出すのは後からでもいいことだと思います。

    > 少し、息抜きをすることにしました。

    息抜きは大事です。^^
引用返信/返信 削除キー/
■84 / inTopicNo.78)  最近のおもしろかったこと
□投稿者/ you -(2017/01/19(Thu) 22:32:56)
    ある一人の女性と知り合いました。話を聞くだけだと頭悪そうな印象だったのに、いざ二人で話をしたら頭が悪いのはぼくだったと思い知ることになりました。
    「私は、他人が敷いたそこそこのレールの上で、そこそこの自由をそこそこに扱いたい。そうすれば私は幸せなんだから。」
    ぼくは何者かになる為に無理を続け、体を壊した。未だに睡眠薬は手放せない。月に一回は病院に薬を引き取りに行かなければならない手間はかなり面倒なもの。得たものは大きかった。今でも使えるものを十年前から手探りでも掴みとれたことは大きな遺産であり、自信にもなった。けれどそれらがいつまで付きまとうか分からない不眠の煩わしさと比べた時、払った代償の方が大きかったのではないか?そう考えてみました。
    結論として、ぼくは馬鹿でした。頼まれてもいないのに、積極的にマイナスを引き取りに行った大馬鹿者でした。事実は過去形でしか語られない。ぼくは馬鹿だった。事実がそれを証明した。
    「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿保なら踊らにゃ損々」

    少し、息抜きをすることにしました。
引用返信/返信 削除キー/
■82 / inTopicNo.79)  Re[20]: youさんへ
□投稿者/ パニチェ -(2017/01/10(Tue) 21:20:01)
    2017/01/10(Tue) 21:22:04 編集(投稿者)

    No80に返信(youさんの記事)
    > 「一人でいれば孤独感 二人でいれば劣等感 三人いれば疎外感」
    > 誰の言葉かは存じあげませんが、上手いなと思いました。

    うまい言葉だと思う反面、劣等感を感じさせる相手や疎外感を感じさせる二人ってのは一緒にいるべき人達ではないですね。それならいない方がマシみたいな人達のように思います。
    まぁ、誰といようが孤独であることには変わりなんですが、そういう絶対的な孤独感を理解している相手との関係っては私的には心地よいです。

    > 人間は弱い。弱いからこそ徒党を組み、集団生活をする。本来お互いの身を守るために作った組織の筈なのに、その組織の中で派閥、上下関係を作り傷つけあう。
    > 意味がない。
    > 仰る通り信仰はあくまで個人の問題なんです。信徒は「自分は救われた」と思い続けるだけでいいんです。それを他人がややこしくする。それで追放とかやってるんだからやっぱり意味がない。

    そんな牧師か神父か知りませんが信仰以前に人としての修行不足なような気がします。そんな人が神との仲介人であるはずないわけで早く離れて良かったじゃないですか。^^

    > 随分とご無沙汰したので軽くこの一年のことを書かせてもらいます。
    > 仕事のストレスで頭痛持ちになりました。今は治りましたが、10円ハゲができました。五月に父が他界しました。65でした。
    > こんなとこです。

    65歳は若いですね。ご冥福をお祈りします。

    私も円形脱毛になったことがあります。最多の時には9個できました。
    ショックだったのはハゲになったことではなく、ストレスなんて屁でもないと思っていた自分がそんなに弱いのかと思い知らされたことでした。

    医者曰く「ストレスなんてないと思っている人の方がストレスを蓄積してしまう傾向がある。ストレスを感じていればそれを発散しようとするし自分を労わろうとするので軽減される場合がある。意識的にはストレスを解消しているつもりでも体の方が正直であったりします」とのことでした。

    胃が弱ければ胃壁の毛細血管が死滅して胃潰瘍になるらしく、胃腸が丈夫な人は頭皮に同じことが起こり10円ハゲができるそうです。

    やっぱニーチェが言うように「身体性こそ大いなる理性」なのかもしれませんね。
    思わずこの言葉が思い浮かびました。
引用返信/返信 削除キー/
■80 / inTopicNo.80)  Re[19]: youさんへ
□投稿者/ you -(2017/01/09(Mon) 15:48:36)
    「一人でいれば孤独感 二人でいれば劣等感 三人いれば疎外感」
    誰の言葉かは存じあげませんが、上手いなと思いました。
    人間は弱い。弱いからこそ徒党を組み、集団生活をする。本来お互いの身を守るために作った組織の筈なのに、その組織の中で派閥、上下関係を作り傷つけあう。
    意味がない。
    仰る通り信仰はあくまで個人の問題なんです。信徒は「自分は救われた」と思い続けるだけでいいんです。それを他人がややこしくする。それで追放とかやってるんだからやっぱり意味がない。

    随分とご無沙汰したので軽くこの一年のことを書かせてもらいます。
    仕事のストレスで頭痛持ちになりました。今は治りましたが、10円ハゲができました。五月に父が他界しました。65でした。
    こんなとこです。

引用返信/返信 削除キー/
■76 / inTopicNo.81)  youさんへ
□投稿者/ らみ -(2017/01/08(Sun) 21:38:26)
    教会で人とのトラブルで追放ですか、、所詮どこに行っても人間関係に縛られるなんて皮肉ですね。

    カトリックだった伯母の葬式でお金の話ばかりしていた神父さんを思い出しました。
    神父だって、医者だって、所詮みんな人間なんですよね。。

    でもyouさんはご自身の中でそのことの思い出をちゃんと自己完結していて、良かったなあと思います。








引用返信/返信 削除キー/
■75 / inTopicNo.82)  Re[17]: 信仰とは
□投稿者/ パニチェ -(2017/01/08(Sun) 09:52:26)
    お久しぶりです、youさん。
    2011年以来でしょうか?元気そうで何よりです。

    No74に返信(youさんの記事)
    > オーストラリアにいた時に洗礼を受けました。2011年のこと。牧師に教会から正式に追放されたのが2015年。それから2年経過。多分頭は落ち着きました笑

    それはよかった。^^

    > 病的に本を読んでいた時に出会った歎異抄の内容をある時思い出しました。
    > 「もし法然聖人に騙されて、念仏を唱えたが為に地獄に行くことのなったとしても後悔はしない。念仏を唱えて確かに私は救われたのだから」(うろ覚え&勝手に現代語訳)
    > 「もし本当に信じていたら裏切られたなんて思わんのじゃね?知らんけど。」(ある飲み屋の主人)

    悪人正機は懺悔だし、極楽浄土は神の国等など、浄土門とキリスト教ってのは共通点が多いですね。

    > 教会の人間とのトラブルが原因で追放という形になった。それがきっかけで信仰とやらをなくしたと思っていましたが残念。神も人も信じていなかったのはぼくだった。事実がそれを裏付けた。

    人間的な衝突での追放ってことなら、何か(その教会の人間の価値観や考え方が信仰者としては)違うような気がしますけどね。

    > 教会には行っていません。聖書も封印したまま。けれど自身の無知、未熟さ、愚かさ等、数えていたら切りがないのですが、然るべきところで学ぶものを、追放された立場から知ることができたぼくは恵まれている。ラッキーって思っています。
    > 教会に戻るつもりはさらさらないですけどね。

    いいんじゃないですか。
    そもそも信仰ってのは個人的なものなんですから。
    教会なんて仲介する必要はないと思います。
引用返信/返信 削除キー/
■74 / inTopicNo.83)  信仰とは
□投稿者/ you -(2017/01/07(Sat) 22:14:18)
    オーストラリアにいた時に洗礼を受けました。2011年のこと。牧師に教会から正式に追放されたのが2015年。それから2年経過。多分頭は落ち着きました笑

    病的に本を読んでいた時に出会った歎異抄の内容をある時思い出しました。
    「もし法然聖人に騙されて、念仏を唱えたが為に地獄に行くことのなったとしても後悔はしない。念仏を唱えて確かに私は救われたのだから」(うろ覚え&勝手に現代語訳)

    「もし本当に信じていたら裏切られたなんて思わんのじゃね?知らんけど。」(ある飲み屋の主人)

    教会の人間とのトラブルが原因で追放という形になった。それがきっかけで信仰とやらをなくしたと思っていましたが残念。神も人も信じていなかったのはぼくだった。事実がそれを裏付けた。

    教会には行っていません。聖書も封印したまま。けれど自身の無知、未熟さ、愚かさ等、数えていたら切りがないのですが、然るべきところで学ぶものを、追放された立場から知ることができたぼくは恵まれている。ラッキーって思っています。

    教会に戻るつもりはさらさらないですけどね。
引用返信/返信 削除キー/
■47 / inTopicNo.84)  麻央さんについての記事
□投稿者/ rami -(2016/11/21(Mon) 00:19:12)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00008507-jprime-ent

    市川海老蔵と小林麻央、ブログの収益は年間3000万円以上も借金返済の目処立たず




    >《今日は新しいクリニックに行ってみました。今まで挑戦しなかった分野の身体へのアプローチを試してみようと思います》11月10日付のオフィシャルブログで、乳がんとの新たな闘いを始めたことを明らかにした小林麻央。




    この記事の中で、憶測ではない部分はここだけです。



引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -