TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■113 / inTopicNo.49)  Re[41]: 教育方針について
  
□投稿者/ らみ -(2017/02/27(Mon) 12:21:23)
    2017/02/28(Tue) 09:24:42 編集(投稿者)

    そっか〜、「本20冊絶対読め!」とか言われたら却って意欲無くしてしまうのか。。

    過干渉かなあ?

    パニは読書好きで、知への好奇心がすごいなあといつも思いますが、いつから本を読むようになったの?

    コミュニケーションの話が出て来ましたが、理解力とコミュニケーション能力って、繋がっているんじゃないかなあと私は思います。


    又、話は飛躍するけれど何かに感動する為には資質が必要で、物を理解する能力が乏しいと人は感動すらできないんじゃないかなとも考えています。


    今迄の経験にある新しい「何か」が接続した時初めて感動が生まれるのだと思うのですが、理解することができないとそれすらできないと思うんです。


    勿論、本を読むだけではなく、話すことも大事だと思います。
    ですが本を読んで理解することは、色々な基礎力に結びついていると思うので、強制的ではありますが、学校の方針に私は賛成です。自分自身ももっと読んでればよかったなと思う次第なんですが。



    目上の人への礼儀、と言えば、私は自分が小学一年から武道を習っていて礼儀がなっていないと竹刀を持った先生から叩かれたりしていたので、子どもにはそういう極端なのはやりたくないと思っていたのですが、その願い通りうちの子達(特に娘)は、大人に対しても物怖じせずすごく堂々としていて良いなあと思っています。

    何だろう・・・ぱっと言葉が出てくるんですよね。
    私の子どもの頃とはくらべものにならない位しっかりしてる。
    この間もスーパーのレジでお金を払うと「ねえ、これはなんで只で売ってないんですか?(ちゃんと敬語)」と真顔で聞いていて店員さんを困らせていました(笑)


    その娘と先日久々にやりあったのですが、もう「嫌」と思ったらてこでも動かなくて・・
    髪の毛を結んだゴムが気に入らなくて、それを結んだ時には言わず、30分以上経ってから家を出て幼稚園バスが来た時点で「これ絶対嫌!別のゴム持ってきて!!」となりまして・・・

    私も自分の病院の予約があったのでかなりイライラしてしまったのですが、結局バスには乗らず後から送っていくことになり、自転車に乗ってる間に「今後は何か言いたいことがある時は家を出る前までに必ず言う」という内容で同意にいたりました。いつもはアンパンマンを出かけるまでずっと見てるのですが、ずっと点けているとそっちに気がいってしまうので「今後は10分前になったらアンパンマンも消すよ!」ということも同意を得ました。


    本当に大変だけれども、きっとこの子は将来、年上の大人の言いなりになるような大人にはならないだろ〜なとちょっと安心もしています。
    パニの言う良識っていうのは、どうやって育てたらよいのだろうというのはありますが。。



    二人とも、私の子どもの頃よりずっと視野も広くて大人です。






引用返信/返信 削除キー/
■112 / inTopicNo.50)  Re[40]: 教育方針について
□投稿者/ you -(2017/02/26(Sun) 00:40:32)
    ぼくが本をノルマを設定して読み始めたのは20代半ばから。子どもの頃から本は嫌いでなかったのですが詩の方が好きで、中学生の頃から図書館で詩を読み漁ってました。専ら詩を読んでましたが、論語も読んでたり。その時の同級生の影響もあって難読漢字ばかり書いてました時期もありました。「鸛」「鴨嘴」当時は余裕で書けてました。今は無理ですが。
    仕事は高校を卒業してからずっと工場勤務です。世で言う単純作業もやりましたが、今は金型を作ってます。金型を作るようになって三年になりますが、マシニングの知識に加え、今さら三角関数が必要になったり。
    子どもの頃に夢中になってたものがなんだかんだで役に立つ。と言うよりも、やって意味のないものってなんだろうと思います。文字も数字も思想も生きている限り生きているうちは必ず自分につきまとう。ぼくは学生時代にやってたことはどれも素晴らしいものだったと確信があります。誰に何がどのタイミングでどう必要になるかなんてその時にならないとわからないのに、〇〇なんて無意味とかお前は何様のつもりだって話です。そもそも目的が人によって違うのに、まずは成績だ学歴だって馬鹿の一つ覚えみたい。最終学歴は地域一番の底辺高校で、学力、学歴、資格が無くても食うのに困っていないそこそこはっぴーなぼくの存在全否定とかおいマジかーって話なんで、ぼくはらみさんの考え方に便乗ですね。てか便乗しないとぼくの立場が危ういんで笑

    必要な時に必要なものを備えたらいい。人生は急くものじゃない。走っても立ち止まっても与えられる時間は平等。個人差こそあれ、有限の時間でできることもまた有限。残酷な平等。
    「らぶ あんど ぴーす」いい言葉です。
引用返信/返信 削除キー/
■111 / inTopicNo.51)  Re[39]: 教育方針について
□投稿者/ パニチェ -(2017/02/25(Sat) 18:38:31)
    No110に返信(らみさんの記事)
    > 息子の学校では毎月何冊以上本を読まなければいけないというノルマがあって、今の学年だと20冊/月(字の量、本の厚さは自由)でして、最初は「借りてくるだけでも大変!」と思っていたのですが、今では私にも読書の習慣がついたりとすっかり図書館通いが当たり前の毎日になりました。娘も元々本が大好きですし、自宅のリビングの本棚には図書館で借りてきた本を置く用のスペースが広くとってあります。

    そんなん、もしわしやったら読書嫌いになるやろね・
    読書嫌いな子になったら学校は責任とってくれるんやろか。
    なんか過干渉やね。

    > わたしが小学生の頃にはこういうのは無かったし、又、宿題ももっと少なかったので今の小学生は偉いなあと単純に感じるのですが、低学年でもすでに塾に通ってる子なんかにとっては、学校でのノルマが意外と多いので大変らしいです。

    今の子供はほんま大変やねぇ〜。
    わしらの子供時代は遊びの中からルールとか、年長者への礼儀とか学んだんやけど、今の子はどこで身につけるんやろ。

    > うちはまだ塾通いしてませんが、公開テストだけは、本人が「力試しで受けたい」と言うので時々受けています。

    わしやったら絶対「受けたい」なんて言うてなかったわ。
    新蔵之介はきっと地頭のええ子やろね。^^

    > 塾でテストを受けると成績表をもらう時にちょっとした面談をするのですが、先日は「そろばんなんて無意味」のようなことを塾長さんから言われました。
    > 受験で必要なのはその能力じゃないんだよと。
    > 言いたいことは分かるのですが、わたしはこの塾には自分の子どもを入れたくないなあと思いました。
    > そのテストは偶々結果が良く、もしそこに入るならば特待生で入れたのですがやめました。

    凄いね。でも入らなくてよかったと思う。
    そんな奴のいる塾は。^^

    > そろばんは、息子が数字が大好きなんだとわかり、じゃあ、大きな数の計算ができるようになればきっと凄くハッピーになれるだろうなあと小学校に入る少し前に始めた習い事でした。

    社会に出てから計算能力ってのは、めっちゃ役に立つと思います。

    > 息子は図書館でも算数に関する本ばかり読んでいるけれども、その内容を理解することにも、そろばんで培った力はとても役に立っているなと思うんです。
    > 「興味を持っている」って一番大事なことだと思うんだけどな・・
    > そこが無きゃ、広がっていかないじゃないですか。

    その通り!

    > ただ本人も自分と同じ位や上の能力を持つ子たちの中で自分の力を試したいという気持ちがあるようなので、いずれは塾に行くだろうと思います。
    > のんびり、と言われてしまいそうですが、まだ「どこどこ中学に行きたい!」という明確な意思があるわけではないので敢えて急ぐ必要はないだろうということにしました。

    それがいい!

    > そういえば芦田愛菜ちゃんは御三家に合格したという噂ですが、塾も説明会で低学年へ向けてやみくもに「早く入らなけらば合格できない!」という物言いをそろそろ改めた方が良いのではないかな・・と。

    まぁ塾もビジネスし、少子化の影響もあり生き残りで必死なんやろね。

    > その代わり、勉強をしていない時間を使ってどうやって受験に結びつく理解力やタイムマネジメントする能力をつけるか、など、そういう方面へシフトした説明をして欲しいと感じます。

    多分、そういう親より、単純に受験に合格することを望む方が多いんやと思うよ。
    その結果として、将来良識とかコミュニケーション能力とかで自分の子供に苦労させられることもあるとは思うけどね。
引用返信/返信 削除キー/
■110 / inTopicNo.52)  (削除)
□投稿者/ -(2017/02/23(Thu) 12:25:29)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 削除キー/
■109 / inTopicNo.53)  Re[37]: ぷよクエ再開
□投稿者/ らみ -(2017/02/16(Thu) 13:03:13)
    youさん、優しいですね。


    わたしは自分に子どもが出来てから、一度だけ母に言ったことがあります。

    「わたしは、わたしが育てられたのとは全く違う風に自分の子どもを育てたい。」


    思えば復讐はこの一言だけで済んでしまったかもしれないなあと思うのです。





    あ、でも以前はこんな妄想をしてたこともありました。

    自分が両親の子どもとして又生まれ直すのですが身体は子供でも、頭の中身は今のままなの(笑)

    そして、言い返せなかった昔に巻き戻して思う存分言い返し、やり返しで、わたし自身を取り戻すという・・・


    そんな妄想してたこと、あったなあ笑


    もし本当に母が嫌いだったなら、わざわざ時間を巻き戻してまでもう一度一緒に過ごしたいなんて思わないはずだけれど、敢えてそれをしたいと思っていた自分てなんなんだろ?


    「母を変えたい」とか、そんな風に思っていたのかもしれないですね。

    >どこかで母親を求めているから?いやいやぼくはもうアラフォーのおっさんだから。生来のお人好し?いやいや、人の見てないとこで悪いことしてますからね。じゃあなんで?んーよくわからんってなるんです


    youさんの一人突っ込み、面白すぎ♪


引用返信/返信 削除キー/
■108 / inTopicNo.54)  ぷよクエ再開
□投稿者/ you -(2017/02/12(Sun) 22:19:31)
    今日見た映画の(分かり易すぎて眉間に皺が寄るレベルの)メッセージが、最近考えていたことと似ていたので再度考えることに。
    ぼくは四人兄弟の長男です。下に弟が一人、妹が二人います。ぼくの育った家庭は暴君として母が君臨してました。男に何か恨みでもあるのでしょう。父や弟、ぼくに対して常に暴力、暴言でした。妹たちは母に随分甘やかされてました。父は気弱な男でした。やり返さないんですよね。それに漬け込むように「男はATM」ってやつがぼくの母。あの家の男たちはバカ女に随分振り回されました。都合よく利用されました。
    父が死んだことを一つの区切りにしたかったのでしょう。弟はこの家と縁を切ると言い出しました。ぼくは賢明だと思いました。

    さて、ここから本題。(長い前置きだなあ)
    一時は母が原因で過呼吸を起こしていたぼくが母を恨みきれないことです。先日母からメールが届きました。たまに地元に用があって実家に何泊かする時、ぼくは料理を自分で用意することが割と多いのですが、前にぼくが作った料理のレシピを教えて欲しいと連絡があったんです。無視したらいいのに、無視できず協力してしまったんですよね。
    ぼくの嫌うものは殆ど母がきっかけ。自分をあの女の呪縛から解放するためにはどうするか。どんな形で復讐してやろうか、いっそ拷問にかけて自殺するまで追い込んでやろうかと思っているのに、思いとは異なる行動を取ってしまう。
    どこかで母親を求めているから?いやいやぼくはもうアラフォーのおっさんだから。生来のお人好し?いやいや、人の見てないとこで悪いことしてますからね。じゃあなんで?んーよくわからんってなるんです。
    今は横浜だったかな?知り合いで会社を起こしたやつと話をしていて、「わからないなんてない。答えが見当たらないだけ。」と言われたことがありましたが、今回もわからんのです。
    理屈で言えば、過去のことを蒸し返したり怒鳴り散らしてもいいことはない。考えてもわかる。周りを見てもわかる。モンスタークレーマーみたいなのを見てもわかる。でもぼくはそこまで理知的にものを考えられるほど優秀ではない頭の回転早くないてか落ちこぼれ。
    でも自分の行動は事実だから覆せない。結局は母親を求めたりしてるんでしょう。お人好しなんでしょう。それかまだ見ぬ答えがあるか。←これに期待したい



    「老人と海」読み終わりました。

引用返信/返信 削除キー/
■107 / inTopicNo.55)  Re[35]: とは言え
□投稿者/ らみ -(2017/02/07(Tue) 09:43:00)
    昨日は母のせいにしてしまいましたが、やっぱりそうではないよね。


    自分が全て、とまでは言わないけれど殆どは自分のせいなのだろうな。


    そして改めて「こどもを育てる」って、すごく資質が必要なことなのだと思った。


    勉強を教えられるとか、そういう能力に関することよりむしろどう接するのか、ていう接し方についての話ね。












引用返信/返信 削除キー/
■106 / inTopicNo.56)  とは言え
□投稿者/ らみ -(2017/02/06(Mon) 21:43:54)
    わたしも時々余裕がなくて子どもに対して良くない対応をしてしまった時なんかは母の顔が浮かんできたりするので、母もわたしの子育てを一緒に手伝ってくれているのかもしれませんね。



引用返信/返信 削除キー/
■105 / inTopicNo.57)  Re[33]: 新年会
□投稿者/ rami -(2017/02/06(Mon) 21:20:43)
    youさんの新年会、楽しかったようで良かったです


    > 自分は「皆と同じ」が安心。子は「いつもと同じ」が安心。



    何であの頃は皆と同じが安心だったんだろうなって考えると、う〜んやっぱり、親の育て方のせいもあっただろうなと思ってます。


    私の母親は華美なものとか目立つものとかを、私の持ち物や髪型だとかにおいて絶対に選ばなかったし、着る服なんかも、母親の趣味で妹とのお揃いばかり着ていました。私には「自分で選ぶ」っていう経験が欠如していました。


    そんな中、「華美で目立つバッグ」を突然渡されて「いつもと違う、こんなの嫌!」ってなってしまったんでしょうね。


    なんか昔の話をすると、いつも「だから私は私みたいな子供に育てたくない」みたいな結論になってしまってあれなんですけれど、自分の子供にはなるべく「どれがいい?」って選んでもらうようにしています。

    下の子なんかまだ幼稚園生ですが、とっくの昔にこっちが聞かなくても「こういうのが好き、ああいうのが欲しい」って言ってくるようになってました。


    勿論すべてが母のせいとは言わないですが、「わたしはそういう風にしないよ」と色んなことについて、天国の母とよく対話しています。


    母に対しては、好きとか嫌いとかそういう言葉では言い表せないなあ。


    良くも悪くも、自分との関係が深いのだと思います。










引用返信/返信 削除キー/
■104 / inTopicNo.58)  新年会
□投稿者/ you -(2017/02/05(Sun) 23:38:09)
    楽しかったかな?たぶん楽しかった。何人か潰す予定でいましたが、十年前の勢いなんて皆無。フツーにまったり和食を肴に飲んでました。最終的に三軒目でぼくは帰りました。
    今の会社に入って三年ほど経ちますが新年会は初参加。普段の新年会の時期を知らないんですよね。新年会だけは同じ課の全ての係でやるそうです。半分近くは欠席しましたがそれでも六十人ほど集まったとか。場所もなかなかないのでこんな時期なのかも。
引用返信/返信 削除キー/
■103 / inTopicNo.59)  Re[30]: 大人?子ども?
□投稿者/ you -(2017/02/05(Sun) 23:21:16)
    No94に返信(ramiさんの記事)
    答えでもなんでもないのですが気づいたこと
    > 小学生にもなると、学校に持っていくコップやお箸がアンパンマンなのはそろそろ恥ずかしくなったり、又やんちゃな子からからかわれたりすることもあるようで、「無地にして」とか「ポケモンにして」と言われたというママの話を良く聞くのですが、息子はずっと幼稚園でもらったアンパンマンのコップを使っていた為「他のにしようか?」と聞くと、「嫌だ!絶対に新しいの買わないで!」と返ってきました(^^)実際からかわれたことあるみたいなんですが、そういうのが全く気にならないようです。
    >
    >
    > わたしは幼稚園の頃、母が蝶の刺繍が入った手提げバッグを作ってくれたのですが、他の子はみんな元々絵が描いてあるキルティングの手提げバッグだったことでせっかく作ってくれた刺繍バッグを嫌がったことがあります。
    >
    > 今では、母が作ってくれた方が全然良いじゃない!と思うけれど、あの頃はそう思えなかった。
    >
    >
    > 「皆と同じ」が安心だったから。
    >
    >
    >
    > 新蔵之介はアンパンマンを持っていても、私よりもずっと大人だなあと思うのです。(^^)
    >
    > 自分は「皆と同じ」が安心。子は「いつもと同じ」が安心。
    だから流行りとか手作りとか関係ないんでしょうね。今と当時では立場が違うから、同じ目線でものは見られない。
    生き物って変化に対してストレスを感じるそうです。真偽は定かではありませんが、猫の散歩って見回りの意味があるとか。見回って普段と何も変わらないことを確認して安心するそうです。
    「前例がない」という理由で新しいアイデアを却下するオジサマ方も、結局は今の自分を揺るがすものはストレス。良し悪しではなく、今の自分を守るため、変化を拒むための手段として否定という手段を取る、ってとこなんでしょう。

引用返信/返信 削除キー/
■102 / inTopicNo.60)  らみぃ〜へ♪
□投稿者/ パニチェ -(2017/02/05(Sun) 17:23:24)
    No101に返信(らみさんの記事)
    > 何か変に心配をかけさせるような発言をしてしまったよ〜でごめんなさいね!

    いえいえ、何でもカキコしてや。^^

    > 自分としてはもうほとんど元に戻ったし、

    そっかそれは良かった。

    >「棒のようなウエスト」という表現を別の意味で失敗したなと思ってるくらいなので・・だって全くくびれてないってことじゃん笑?
    > 少しはくびれてますからね???文面どおり信じないように笑!

    ははは。そういうことにしとこう♪

    > でもありがと〜(^^)

    どういたしまして。^^
引用返信/返信 削除キー/

<前の12件 | 次の12件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -