科学的な知見ならともかく、今どき、哲学なんてものに
興味を抱く人ってどれくらいいるのだろう

きっとここを覗く人はリアルでもどこか人と違って
普通の人がひっかからないようなことに興味を持ったり
追究してみたくなるような人たちではないだろうか

好奇心は子どもだけの特権ではない

ここに書きとめたものはネット上で同じような耳を持つ人たちとの会話や
心地よい刺激に触発され、気の向くままに探究した記録である

多くの人に共感や同意をえたいという気はないが、多分わずかであろう、ここを覗く人の中の
たとえば、たった一人に多少の刺激を与えることができたらそれだけで、取り置いた価値がある

リアルでは滅多にお目にかかることのない同じ耳をもつ新たな友との出会いがあれば
お釣りどころか丸儲けの財産となる

よい時代になったなぁ〜

Nietzsche1
Nietzsche2
Budda
tankyu
column
photo
上記タイトルを

Click して

お進みください