TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■404 / inTopicNo.21)  Re[58]: 戦士の矜持
  
□投稿者/ らみ -(2018/02/26(Mon) 13:54:57)
    ありきたりに「おめでとうございます」と言うかも。

    受験生もこの日の為にやってきたという気持ちでしょうが、合格はあくまで最初の門を突破しただけに過ぎずそこからどう勉強するかこそが大事なので、オリンピックとはちょっと違うかなあと感じます。

    ですが、どちらにおいても日々の積み重ねが大事なのは同じでしょうね。あとは勝負強さなどのメンタル面の成長とか。

    うちは最近子供が塾に通いだしたのですが、毎週テストがあり成績順に名前がウェブ上に載ります。小学生なのに大変だなあとも思いますが、受験をするならばテストの雰囲気に慣れておくことは良いことだと思うのですね。

    練習ではうまくいくのに本番ではなぜか緊張してうまくいかないと言う人は、もしかしたら練習の時の緊張が足りないのかもしれません。いつも本番だと思って臨むと、自分にとって心地よい緊張感を保てるようになったり、又わからない問題があった時の時間の使い方だとか、そういうのを上手くこなす力が自然と身についていくのではと考えています。


    羽生選手が金メダルを獲ったインタビューで「僕はオリンピックを知っているので」と言ったけれども、大舞台の中でも飲み込まれず、きちんと戦略を練り精一杯の力を出し切る総合力、本当に素晴らしいなと思いました。
引用返信/返信 削除キー/
■403 / inTopicNo.22)  戦士の矜持
□投稿者/ 悠 -(2018/02/23(Fri) 22:40:54)
    前も言ったと思いますが、ぼくはテレビを持っていません。持ちたがらないんですよね。コンテンツがとてもつまらないのです。見ていて気持ち悪くなるんです。だから媒体がテレビからネット配信に移行したところでコンテンツに変化がないのでやっぱり見ません。



    世間はオリンピック熱で盛り上がっています。タブレットでヤフーニュース見ただけで、詳しい内容はよくわかりませんけど、真剣勝負っていいものですよね。ぶつかり合う魂、空手を再開したくてウズウズします。肉弾戦大好きです。
    ぼく自身は経験はないですけど、大学受験に似ているのでしょうか。今までの努力はこの日のため、みたいな。



    気になったのでこの場を借りてお尋ねしたいのですが、皆さんだったら試合後の選手になんて声をかけますか?

    最高を、最大を求められ、人によっては一生を一瞬に懸けたきた選手たちになんて言えばいいのだろうかと考えるのです。

    帰国した選手たちを出迎え「おかえり」と言うことなら誰にでも許される。でもぼくには労いの言葉さえ選手(戦士)には無作法と勘ぐってしまうのです。
引用返信/返信 削除キー/
■402 / inTopicNo.23)  (削除)
□投稿者/ -(2018/02/11(Sun) 14:44:25)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 削除キー/
■401 / inTopicNo.24)  お久しぶりですyouです
□投稿者/ 悠 -(2018/02/08(Thu) 19:05:02)
    永くご無沙汰しておりました。悠です。ちょろっと名前変えてみました。理由は風のフューイと同じ気紛れなので気にしないでください。



    先月で無事に退職となりました。現在は仕事をしていません。無職乙ってやつですね。
    ですが10円ハゲができるような環境に4年いたことによるダメージの方がはるかに大きいので、今の現状を悲観することはありません。何よりその間に作った蓄えもあるので直近で生活に困ることもない。今は少し長めの春休みと思っています。

    前職では社宅に住んでいたので退職と同時に引越しをしました。昔から海の近くに住みたいと思っていたので、いい機会だと思い海沿いの部屋に住むことにしました。

    大きな道路と少々のお店があるくらいで、便利でもなく不便でもないフツーの暮らしをしております。
    比較的大きな海岸があるので夏はやかましいのかなァと思ったり。



    以前、らみさんが仰っていた「星の王子さまの記事を読みたかったらダンザさんに直接聞きなYO」ですが、ダンザさんに連絡をしました。
    本当はもっと早く連絡したかったのですが、引っ越しや退職でバタバタしていたため、直近のこと以外考えないと決めていたため後回しにしました。



    今回、この掲示板に書き込むにあたって特に目立った目的はありません。強いて言えば「おいらは生きてるよー」という報告にちょっと現状を付け加えた程度なので。
引用返信/返信 削除キー/
■396 / inTopicNo.25)  Re[54]: 知性
□投稿者/ you -(2017/12/26(Tue) 18:36:03)
    探してくださりあざーす。

    ベリィクルシミマース笑
引用返信/返信 削除キー/
■395 / inTopicNo.26)  Re[53]: 知性
□投稿者/ らみ -(2017/12/25(Mon) 13:52:38)
    youさんこんにちは!


    以前の管理人(ダンザさん)の投稿なのですが過去ログで検索してもみつからず、ホームページだったような気がするのですが・・・

    すみませんが
    ttps://danza-espanola.net/?page_id=28

    こちらから本人に直接聞いてみてもらっても良いでしょうか。(アドレスの頭にhをつけてください)

    あまりお役に立てずごめんなさい。


    良いクリスマスを(^^)




引用返信/返信 削除キー/
■394 / inTopicNo.27)  Re[52]: 知性
□投稿者/ you -(2017/12/24(Sun) 20:05:15)
    らみさんが以前、仰っていた「感動するためにも資質が必要」にも通じることですね。



    ところで星の王子さまに関しての初代管理人さんの投稿を読みたいのですが、過去ログのところからメールを送ってもよろしいのでしょうか?

    ここに書き込む事ではないのでしょうが、どこに書けばいいのか分からないので。
引用返信/返信 削除キー/
■393 / inTopicNo.28)  怨とかの
□投稿者/ rami -(2017/12/12(Tue) 20:55:21)
    わたしは、世の中には他人に対して念を与えやすい人とそうでない人がいると感じているのですが、念を与えやすい人は間違いなく他人からの念をも又受け取りやすい人だと信じています。


    手触りの過去をとうとう処分しようかと考えているところです。

    後ろ髪引かれないし心も残らない。

    そこにあるのは只々何となくの罪悪感だけでした。というお話。


    自分で書いていていつもながらの意味不明さですが、前に進みたいな、と思っているのです。
引用返信/返信 削除キー/
■392 / inTopicNo.29)  知性
□投稿者/ らみ -(2017/12/12(Tue) 09:38:57)
    おはようございます!

    突っ込み待ち・・・見抜かれてましたね笑
    その通りでした。
    ツボに入ってくださったようで素直に嬉しいです。


    雑学やうんちくは簡単にネットで調べられるは本当ですよね。それは単なる情報に過ぎません。
    でもだからと言って雑学が通用しないというわけではないと思うのです。
    リテラシーとも関係する話で、何を言いたくて彼はその雑学を持ち出したのか、その人の物の捉え方や今迄生きてきた背景などがその語られた雑学を通して垣間見られた時に初めて、聞き手側は知性的だ云々に限らず何かを感じるのではないでしょうか。


    そして恐らく、彼が言う雑学やうんちくを聞き手側が例え知らなかったとしても、「何か難しそうなことを言っている。何を言っているのかわからない」という理由から相手を知性的とは感じないでしょうね。
    むしろ難しくて今迄理解できなかったはずの内容を彼自身の捉え方によってとても分かりやすく説明され初めて腑に落ちたよという時にこそ、知性的な人だなあと感じるのではないでしょうか。


    そうするとやっぱり論理的であるかどうか、が最も重要なのかなあ。。
    自分でもわかる論理で難しいことを教えてくれる相手って、とても知性的じゃないですか?
    そしてそういう人は頭が良いだけでなく相手の理解に合わせないといけないという意味で、結果として人間的にも出来た人なのだろうと思います。



引用返信/返信 削除キー/
■391 / inTopicNo.30)  Re[50]: 相撲の世界
□投稿者/ you -(2017/12/09(Sat) 23:44:38)
    「体力の限界、気力は尽き」でしたっけ?実はもう10年以上仕事で言い訳として使っています。これ以上仕事は増やさないでくれ死んでしまう、という意味で。



    らみさんの「引退ナメんな!」はよくわかります。というかツボに刺さりました。何がいいって?自分でもよくわかっていませんが面白いんですよね。

    ファンの方ごめんなさいねって言ってますが、悪いなんてカケラも思ってないのでは?多分それもツッコミ待ちなんだろうと思いました。


引用返信/返信 削除キー/
■390 / inTopicNo.31)  変化点って面白い
□投稿者/ you -(2017/12/09(Sat) 23:31:18)
    せり なずな
    ごぎょう はこべら
    ほとけのざ
    すずな すずしろ
    これぞ七草

    春の七草は短歌になっています。作者不明です。当時の呼び方だと詠み人知らず。

    パソコンが一家に一台が珍しくなくなったときもそうでしたけど、スマホが普及して手元でインターネットができるようになったことで情報のデフレが一気に加速した気がします。

    今時、春の七草を覚えられなくてもスマホで調べられます。自分が今住んでいるところの家賃の相場も、フィリピンの正式名称もその場で調べられる。

    ひと昔前まで雑学やうんちくと呼ばれたものを知っている人は知識人ではなくなりました。そもそも知識人でないのですが。

    大多数の人間はとても受動的な生き物です。
    何かがきっかけで今までの当たり前が根底から覆されたとき、それまでの常識が通用しなくなったとき、初めてそのものの価値や意味、構造に興味を示す。

    知性ってなんだろう。そんなことをぼくは今更考えているわけでして。

    知っているだけでは通用しないし、それができるからなんなの?って話が比較的しやすい環境ができました。



    無目的に書き込みするものだからゴールが見えない投稿になってしまいました。おやすみなさい。
引用返信/返信 削除キー/
■389 / inTopicNo.32)  相撲の世界
□投稿者/ らみ -(2017/12/02(Sat) 00:34:23)
    わたしは中学生の頃千代の富士が好きでよく父と一緒に相撲番組を観ていました。
    あの頃はネットも無かったし相撲界の裏側についてなど知る由もなく純粋に千代千代言っていて、その何年後かに見た引退会見についてもとても感慨深かったのを覚えています。

    「体力の、限界」


    というあの言葉。
    わたしは剣道部に所属していて、中三になると夏の試合を後に引退となるのですが、もしもそれよりも先に千代の富士のあの引退会見を聞いていたとしたらきっと中学生ごときの自分が「引退」という言葉を軽々と口にすることに違和感を覚えただろうと思うのです。もっと適当な、簡単な言葉は無いのかなと。
    あれ以来「引退」という言葉を聞くと「本当にあなたやりきったの?」という問いかけが自然に思い浮かんでしまうのです。


    なので日馬富士の引退会見については、彼としては先輩としての筋を通し良いことをしたつもりでいるのかもしれず、だから謝罪すら無かったのかもしれないけれども、その筋ですら凄く違和感を感じるし、そして何よりも引退なめてない?と思いました(ファンの方ごめんなさいね)
    自分が落とし前つける為に引退利用すんなよ!って。(ファンの方ごめんなさいね)


    最近は殆ど相撲を観ていなかったのですが、今回久々にテレビで顔を見て、八角親方や伊勢ケ浜親方が昔北勝海と旭富士だった頃を思い出しました。二人の試合で印象に残っているのはいつかの千秋楽で対決し、決定戦で北勝海が優勝して北勝海のお母さんが嬉し涙を流している・・という感動的な場面でしたが、私はその裏にある旭富士のお母さんの悲しみの涙を想像したことを覚えています。


    今は色々と情報が多く、大相撲についての汚い噂は腐る程沢山あるけれども、この事件がワイドショーで取り上げられていても別に誰かご意見番の意見を聞きたいとは思いません。


    ただ、昔自分が観て感動した試合がガチンコであってくれれば良いなあと願うだけ。
    本当にそれだけかもしれない。



    個人的には貴乃花親方が警察を介入させたことは間違っていなかったと思います。
    又彼は「別の部屋の力士と酒を飲むというのはいかがなものか」と言っていたけれども、それには八百長防止という意図があるのだろうと思いました。








引用返信/返信 削除キー/
■386 / inTopicNo.33)  号泣
□投稿者/ らみ -(2017/11/23(Thu) 01:44:28)
    これは単に、わたしに元々なんさんのような解説能力が備わっていれば、本体を泣いてる身体とみなすってことなのかなあ?



引用返信/返信 削除キー/
■385 / inTopicNo.34)  こんばんは!
□投稿者/ らみ -(2017/11/23(Thu) 01:35:15)
    ひよこさんへ


    お返事ありがとうございます。
    アドラーについての本読まれたことあったんですね。


    >トラウマの否定や目的論という考え方は斬新だと思います。


    斬新と仰るけれども、目的論は「一瞬一瞬を大切に生きる」というひよこさんがお好きな禅にも通じる考え方だと思います。

    他にも共同体感覚とか、怒りについての記述だとか、やっぱり仏教と似ているかも?と感じました。仏教そんなに知らないですが・・・(;^_^A





    youさんへ


    体調不良から復活されて良かったです(^^)

    「懲役40年」知りませんでした。そこまで良いかなあ?よく自虐的に「どんな罰ゲームだよ!」って言ったりしますが、それとちょっと似ていると思います。あとこれよりももっと似たような感覚で使われていた言葉が昔あったような気がするんですがなんだっけ・・?もし万一思い出したら言ってみます。
    youさんは自虐的な言い回しをよくされるんで何も言わずに懲役40年を言われたら、普通にyouさんが思いついた言葉だと思うだろうな。


    流行語大賞は「忖度」に一票♪



    なんさんへ

    息子さんの母校の文化祭の写真見ました(^^)わたしも折り畳み椅子やポーチ、買いたかったな〜、
    すごいクオリティが高いんですね!
    この間nhkで農福連携についてやっていました。経営者のインタビューで、最初は雇うことに否定的だったけれども、今では障害者達がいなくてはやってられないとのこと。
    発想の転換で成功したのだと述べていました。

    勿論、待遇や給料の面での闘いは今後も経営者側と続いていくのでしょうね。
    息子さんの母校での校内実習は、ちょっと聞いただけでもとてもタフそうですが、でも、こういうプロ意識を持った人達が沢山いるんだよという事実が世間一般に認知されていくことは、働く障害者達全体の待遇を良くしていくことに間違いなく貢献しているんじゃないかなあと思います。


    「号泣する身体と解説するスタンド」について、私はなんさんと逆で号泣している身体の方が誰かに乗っ取られた感覚がずーとあったので興味深かったです。本体の自分は「なんでこんなに泣き続けてるの?」と上から見守っているのですが、でも状況を把握してはいないのです。


    卵焼きの話もとても興味深かったなあ。
    なんさんは先生が天職なんじゃないでしょうか。
引用返信/返信 削除キー/
■384 / inTopicNo.35)  ぼくの流行語大賞2017
□投稿者/ you -(2017/11/19(Sun) 22:28:58)
    皆さんお久しぶりです。youです。
    体調不良から無事に復帰しました。



    今年も残り僅かとなりましたので少し早めに今年の流行語を振り返りました。もちろん誰に言われるわけでもなく勝手にやります。
    流行語大賞が何で決まるのかよく知らんのですが、今年は「ハゲ」「ゲス不倫」ってとこですかね。

    ぼくは懲役40年が傑作だなと思いました。
    何を以って傑作と言うか。ぼくにはあのワーディングはできないって思ったからです。

    企業のキャッチコピーをいくつか調べましたが、調べた中の半分くらいは特別な才能を感じませんでした。100点満点のテストなら85点。バカではないけれど天才でもない。
    もっと言えばぼくを含め、他の人でも作れた可能性があった。

    懲役40年に関しては例えがおかしいのですが、100点満点のテストで500点とかマイナス3000点とか完全規格外なんですよね。
    多くの人から共感と批判を同時に受け、謎を残した言葉をぼくは知らない。この先10年もおそらく知ることはない。

    とゆーわけで懲役40年に2000点です。(クイズダービーっぽく)


引用返信/返信 削除キー/
■383 / inTopicNo.36)  Re[46]: 曳尾塗中
□投稿者/ ひよこ -(2017/11/12(Sun) 15:11:57)
    らみさん、お久しぶりです。

    そうなんですか、私も、アドラーは何冊か読んだことがあります。

    トラウマの否定や目的論という考え方は斬新だと思います。


    田秋さん、はじめまして、ひよこです。

    敗北主義とも見れるけど、荘子は気楽な生活がしたかったんじゃないかなと思います。
引用返信/返信 削除キー/
■382 / inTopicNo.37)  曳尾塗中
□投稿者/ 田秋 -(2017/11/12(Sun) 09:18:23)
     ひよこさん、初めまして、田秋と申します。

    >出世というのは人間にとって危険だ。

    >全力でそうならないようにしようと提唱しています。

     荘子秋水編にこんな話があります。
     釣りをしている荘子のところに楚王の使いがやってきて
    「先生に楚の政治をお任せしたいのですが」
     荘子が答えました
    「楚には神聖な亀の甲羅があってもう三千年も祀られているそうです。さて亀からすると死んで祀られるのと泥の中で尾を引きずって生きるのとどちらがいいと思いますか?」
    使いは答えました。
    「生きて尾を引きずる方です」
    荘子
    「ではお帰り下さい。私も泥の中で尾を引こうと思います」

    この話、私は老荘思想の核心を突いていると思います。他方、この考えに批判的な立場からは敗者の論理とも言われます。
引用返信/返信 削除キー/
■381 / inTopicNo.38)  市川猿之助さんについて
□投稿者/ rami -(2017/11/12(Sun) 02:10:46)
    えっと、、悪口書いてしまいましたがもしもファンの方いらしたらごめんなさいね。目覚ましでの映像も結構長く流れていたと思うのですが、それでも断片であることには変わりがないので、わたしの受け取り違いの可能性だって十分ありますね。


引用返信/返信 削除キー/
■380 / inTopicNo.39)  羽生結弦選手
□投稿者/ rami -(2017/11/12(Sun) 02:04:21)
    怪我をしてNHK杯を欠場することになりましたね。
    その為、羽生選手見たさにチケットを買ったお客さんがチケットを手放すだとか、そんなニュースを今朝めざましテレビで見ました。
    本当に凄い人気ですね。大事なシーズンなので、早く治りますように。


    めざましテレビと言えば、先日は市川猿之助さんの怪我後のサプライズ登場についての映像を見たのですが、正直、観客には一言もなく手を振るだけの姿(個人的にはなんか偉そうに見えました)、そして観客にお尻を思い切り向けて舞台にお辞儀・・という行動に違和感を覚えました。


    この人は、観客が自分の芝居を観る為にチケットを買ったことに対してどう思っているのかなあと。熱烈なファンは姿を見せてくれただけで満足なんでしょうが私は絶対無理だなあ。勿論お目当ての俳優さんに何かあって、急遽代役になったとしてもそれは仕方の無いことです。


    ですが本来、わたしはチケットを介してその金額分の上演時間を楽しませてもらいwinwinの関係を築きたいだけなので、ただ無言で手を振るだけの登場ならしてくれなくても良いなあと思います。

    もし自分の好きな俳優さんが舞台でああいう感じだったら、「ん?なんかこの人勘違いしてない?」って思うかもしれません。


    わたしは中国人のチャン・ジンチューさんという女優さんが好きなのですが彼女が、自分をアーティストだと思っているけれど一方で又スターでもいなければならない・・というようなことをインタビューで語っていた時、この人はプロだなあと感じました。
    ボックスオフィスの重要性、そして結局はそれが良い人脈や仕事を得ることへと繋がっていくのだと。
    美しいだけでなくとても賢い女性だなあと感じました。

    勿論ファンの側も「チケット買っているのだから」と大きな態度になりすぎるのはダメですよね。
    きっとバランスなのかもしれません。


    彼女が主演する「孔雀 我が家の風景」という映画では、ラスト辺りで兄弟と飴を分けるシーンがあるのですが、そのシーンの表情が本当に素晴らしくて、それでファンになりました。
    ずっと昔にも紹介したことあったかなあ。。











引用返信/返信 削除キー/
■379 / inTopicNo.40)  ひよこさん、お久しぶりです。
□投稿者/ rami -(2017/11/12(Sun) 00:53:02)
    2017/11/12(Sun) 08:41:47 編集(投稿者)

    長文でも短文でも大歓迎です♪


    面白い本と出会えてよかったですね。

    ご紹介の本は残念ながら初めて知ったのですが、秘訣本ならばわたしはアドラーの「嫌われる勇気」が面白かったです。
    あれにはまさに「自分を肯定できるようになる秘訣」が描かれていますね。とても流行った本なのですが、ひよこさんも読まれたことありますか?



    わたしは子どもを産んでから、故・河合隼雄さんの本を読むようになりました。


    この方は自身が感銘を受けた児童書を本文中で紹介することが多いのですが、子どもへのしつけや接し方に悩みを持つ親御さんには是非一度、ここで紹介されているようなフィクションを一度読んでみて欲しいなと感じます。そしてまず、親自身が何かを感じて欲しいなあと思うんです。

    コーチング本のようにただやり方を伝授するような本よりも、河合さん流?と言ってよいのかわかりませんが「あなたも子どもになって感じてみて」という手法は一見回り道のように見えて、実は一番大切なことなんじゃないかなあと感じます。
    世の中にはとても素晴らしい児童書があるのだなあと知りました。
    子どもの頃に読みたかったけれど、今でも感動できる心があることを嬉しいなと思います。






引用返信/返信 削除キー/

<前の20件 | 次の20件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -