TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

レス数の限度を超えたのでレスできません。

(レス数限度:100 現在のレス数:100) → [トピックの新規作成]
■123 / inTopicNo.41)  Re[48]: ぼくの老後論
  
□投稿者/ らみ -(2017/03/18(Sat) 00:51:42)
    2017/03/18(Sat) 00:55:42 編集(投稿者)

    ちょっとご無沙汰でした^^


    早死にする家系とか、何系の病気で死ぬ家系とか、よく聞きますよね。

    でもyouさんのお父様だって、早い方ですよ。


    ちなみに私の父方の祖母の祖母は、長生きを讃えられて銅像が立てられたようなんですが・・。

    へ?只長生きしただけで??って思いますよね・・笑


    わたしは、いまだ自分が死んだ時に夫の家のお墓に入るというイメージが全然もてません(汗)

    又、自分の親の家のお墓はいつか永代供養にしないと子供に負担がかかるだろうし、今自分の家にあるお仏壇も頃合いを見てお焚き上げをしなければならなくなると思います。


    は〜めんどくせっ!


    それこそ本当に、死んだら何も考えずこの大気の中に溶け込んでゆきたいのにな〜と思います、私も。


    やっぱりね、家制度なんて商売でもやってるとかじゃなければ必要ないんじゃないかな?って思うのですよね。


    義理の両親はお義父さんが3男なのもあってか、先に亡くなったお義兄さんのお墓を作る時までずっと、自分の家の家紋を夫婦揃って知りませんでした。お坊さんに聞かれてわからないと答えた時、本当にびっくりしました。

    なぜなら、普段からよく「跡取りが」とかそういう発言を比較的していた方だと思うから。


    わたしの父は長男だったので、子供の頃から何度もうちの先祖は・・とか、うちの家紋は・・とか色々と聞かされてきましたが、結婚をすることになった時は「そういうこと(家のこと)は一切気にしないで良いから、お前は好きな人と結婚しなさい」と言われたのを今でも覚えています。

    私が男だったら、そうは言わなかったのでしょうか。それはわかりません。

    でも、私と夫は、子ども二人の好きにさせたいなということで今のところ意見が一致しています。
    義母は「養子なんか行ったら絶対ダメよ」と直接新蔵之介に言ったりするんですが、私達二人はそれは彼自身が決めることと思っているんです。


    なんか、脱線してしまいましたね。。

    いえいえ、老後の話と言えばお墓でしょっってことで。


    うちはもう、お義母さん一人しか残っていないので、子供達の為にもまだまだ元気でいてもらいたいです。

    お義父さんが亡くなってからと言うもの、初めて旅行に行ったらそこからハマってしまったようで、以後あらゆる観光地へ旅行に出かけていてなかなか充実していそうです。














引用返信/返信 削除キー/
■122 / inTopicNo.42)  ぼくの老後論
□投稿者/ you -(2017/03/13(Mon) 20:11:05)
    結論から言うと長生きには興味がないんですよね。その結論に行き着いた理由は色々ありますが、パッと思いつくもので言うと人にお世話されるだけの存在になりたくないんですよね。
    少し変な話かもしれませんが、ぼくはタバコの火は自分でつけたいんですよね。人につけてもらいたくないんですよね。だからキャバクラとか連れて行かれたところで楽しくない。キャッキャ騒ぎたくない。持ち上げられたくない。人にタバコの火をつけてもらいたくない。可愛い女の子は目の保養になるので行く意味がないわけではないですが。
    おっと最後で本音が出た

    介護師をしている友人の彼氏は「俺の家系は早く死ぬ」だそうです。友人がその話を利用者さんにすると「歳をとってから死なれても寂しいのに早死にするとか論外」だそうです。

    ぼくは早死にしたいわけではないです。ただ、人に疎ましく思われながらのうのうと生き永らえられるほど逞しい(図太い)神経は持ち合わせてはいないんです。

    死生観は人それぞれ。生きる理由もそれぞれあっていい。ただ老害なる言葉がある現実で、現に職場にも大した仕事をせずにふんぞり返っている老害がいる中で(口が悪いなぁ)ぼくは誰かに迷惑をかけるだけの存在にはなりたくないんです。

    ぼくは何かを考える時に、考えるための基準となるものを設けます。ざっくり生きることに関して言えば「全てはより良い未来のために」。ぼくは誰かの、何かのためになれないなら生きられないんですよね。

    きちんと年金を払っています。もしもの時の医療保険にも加入しています。不摂生もせず、体調、体重の管理もしてます。お陰で健康診断では相変わらず異常はなし。(やや自慢げ)
    それでも長生きをするつもりはないんですよね。
    もし定年を過ぎて尚、今と同じかそれ以上の仕事をして、私生活でも誰かの世話をできるほどの健康体ならいい。
    そうでないならさっさと死んで塵芥になりたいんです。野に咲く草花の肥料になりたいんです。生きているだけで嬉しいとか綺麗事は要らんのです。

    20年程前でしょうか。父と話をしていた時のことです。癌がまだ不治の病とか呼ばれてた頃です。ぼくは言いました。
    「死亡率も高い。手術をしても助かる保証がないくせに手術代も高い。そのあとの元の生活に戻れる保証もないのに手術なんて受けたかない。」とね。
    父は元より「50くらいで惜しまれて死ぬ。いいねぇ。」とか言ってた男です。「たぶん俺も手術しない。」と言いました。

    性格は遺伝しないと言いますが、何かしら影響を受けたんでしょうかねぇ。
    親子で原哲男の絵が好きでスポーツカーが好き。特に日産大好き。もっともレースで言えば、F1とWRCで対立はしましたが。

    タイトルは老後論となっていますが、読むとただの持論とか自己紹介ですね。はい、スマホ。謝ることだってできる。そう、iPhoneならね。

引用返信/返信 削除キー/
■119 / inTopicNo.43)  Re[46]: youさんへ
□投稿者/ rami -(2017/03/03(Fri) 16:56:49)
    2017/03/03(Fri) 17:07:35 編集(投稿者)

    ああ、さぼってしまったのでしたか。。

    会社で色々と投げたのですね・・私もまれに派手な夫婦喧嘩した時にはやるので人のこと言えません。


    感情高ぶるときって、ありますよね


    物を投げるくらいで済めば良いんじゃないでしょうか。


    それで終わらずある一線を越えてしまうと、無くすものが何もない大人だと思われます。


    色んなものを一生懸命積み上げてきてそれを一瞬で壊してしまう大人、ニュースでよく目にしますね。



    youさんは大事なものは、ちゃんと大事にしてくださいね。








引用返信/返信 削除キー/
■118 / inTopicNo.44)  Re[45]: youさんへ
□投稿者/ you -(2017/03/02(Thu) 20:36:40)
    火曜日は結局サボりました。そして次の日フツーに出社。
    この男は悪いやつです。
    「言って分からないなら分からせる」
    ぼくはうつ病をやったタイミングでいろいろ変わりました。例えば表情や喋り方が朗らかになったり。性格も随分丸くなりました。いろんなものが良い方向へ。でもそれはあくまで表面のお話。
    2週間ほど前に会社でヘルメットやトルクレンチをぶん投げてます。プライベートではコンビニの前で群れを作る若者を無言で黙らせたり。凶暴さだけで言えば昔より遥かにタチが悪い。そういった意味でもやはりいろいろ変わった。

    結論として「痛みを伴わない教訓には意味がない」ってやつですかね。漫画がすごく好きなんですよね。鋼の錬金術師が大好きなんですよね。単行本だと一ページ目にあります。アニメだと弟のアルフォンスの台詞かな?
    なんでものを投げるのか。分からない阿呆を黙らせるため。何のために若者を黙らせるか。分からない阿呆に知らしめるため。
    そんなぼくはいつか誰かに締め上げられるんでしょうね。知らんけど。

    御子息の嘘も結局は痛みを伴った教訓がないから。いつか痛い目をみて、それから変われば良いのでは?人生はまあまあ長いし。と他人は好きに言います笑

    御子息とらみさんは視点が違う。視点が変われば捉え方が変わる。捉え方が変われば思うことも違ってくるのです。過保護も御子息の才能ありき。
    才気溢れる御子息に若干嫉妬の37歳。
引用返信/返信 削除キー/
■117 / inTopicNo.45)  youさんへ
□投稿者/ らみ -(2017/02/28(Tue) 12:47:19)
    こんにちは。

    youさん、色々と抱えてらっしゃるんですね。おつかれさまです。

    タリーズじゃないけどゆとりある時間でお茶をすすっているような自分でなんかすみません。。


    近くにそういうご友人がいるって、すごく素敵なことだと思います。


    新蔵之介というのは、皆がかんがえてくれた通称名で、本名はもっと単純な名前です。

    褒めてくれてありがとう。

    でも決して素晴らしい所だけでは無いんです。

    「こういう考え方が出来るのだから、勿論こういう考え方もできるはずだ!」と彼に対して決めつけてしまっていたことがあるのですが、新蔵之介は「これくらい良いだろう」と自分で判断したら嘘をつくこともあります・・・


    例えば彼は支度をすることが苦手です。明日の学校の支度終わったと言うので「筆箱の中に削った鉛筆3本と消しゴム、ちゃんと入れた?」と聞くと「うん」とと返ってきて、「じゃあ確認ね」と中を見てみるとやっぱり入れていなかったとか・・
    わたしも時々しか確認しないので、簡単に嘘をつけてしまうんでしょうね。


    そういう状況を作ること自体に問題があるので、敢えて怒ることはしないですが、そういうことがあった後は暫くの間筆箱の用意をしたら必ず私に中を見せに来させるという過保護なことをやっております。嘘をついたら余計に面倒臭くなるよ、と言う意味で。




    youさんの方こそ、すごく真っすぐで立派な方だと思います。

    結局どうされたのかはわかりませんが上手く行くと良いな、と願ってます。


    頑張ってください。













引用返信/返信 削除キー/
■116 / inTopicNo.46)  Re[43]: 教育方針について
□投稿者/ you -(2017/02/27(Mon) 23:39:29)
    御子息は新蔵之介というのですね。立派ですね。何が立派かって考え方です。
    今日の仕事中の上司のやり方に幻滅して、明日、生まれて初めての無断欠勤を計画してました。人員が足りていないので一人いないだけで困る状態なんですよね。
    ですが自分一人の判断で何度も失敗しているので、名案が浮かぶやもと思い、タリーズでチャイを一杯飲んで考えて、少し時間を置いて友人に相談しました。
    「理由はなんであれ、関係ない人を巻き込むのはやめようか」
    御子息が選んだ方法は正面から堂々と異議を申し立てる。立派。実に立派。
    それに対して、ぼくがやろうとしていたことは実に陰湿で卑怯だった。
    言ってわからない人なら別の上司に直談判。大人として良識のある行動をとる。少なくとも陰湿で卑怯なことはしない。
    (明日会社に行くとは一言も言ってない)
引用返信/返信 削除キー/
■115 / inTopicNo.47)  Re[42]: 教育方針について
□投稿者/ らみ -(2017/02/27(Mon) 12:58:17)
    新蔵之介はどちらかと言うと周りのお友達からからかわれるタイプなのですが、幼稚園生の頃ずっと先生に言われていたのは「新蔵之介君は、どんな遊びでも、誰と一緒に遊んでいてもいつも楽しそうにしてます」という言葉でした。


    それについて私は、こんな嬉しい言葉は無いなあと思っていました。
    無理してそういう風になる必要は全くないですが、元々そういう性質を持ってることって本当に幸せなことだなあと。


    そんな新蔵之介は学校から帰ってすぐに遊びにいくのですが、先日初めて、帰ってから不機嫌な顔をしたのでどうしたの?と聞くと「いじめられた」と泣き出したことがありました。


    彼が言うには遊びに行った先で他のクラスの子も含め4対1でからかわれその後に縄跳びのようなものでぶたれた、とのことでした。鬼ごっこで目をつぶって数を数えてる時にボールも投げられた、とのことでした。

    息子は、からかわれることよりも、ぶたれたり痛い思いをするのは絶対に我慢がならないようでした。


    1対1ではなく、しかも暴力・・ということなので「連絡帳に書こうか?」と私

    というのは以前近くのママ友が、学校が終わってからのトラブルを連絡帳に書いたら次の日に先生が関わった生徒を学校で全員集め話をさせていじめた子を叱る、ということをしたようで、話は大きくなったけれどもそれはそれで話す機会を作ってくれたり、相手の親にも話が行ったことは良い解決法かもなと思ったことがあるので。


    正直私も、「よくもそんなことをしてくれたな」という気持ちがあったと思います。

    でも新蔵之介は「いらない、明日学校で自分で話して相手に謝らせる」とのことでした。


    大丈夫かなあと正直心配だったのですが、実際ちゃんと言って謝ってもらったようでした。

    「ああ、良かったなあ」とほっとしただけでなく、新蔵之介のことを改めて見直しました。

    一度そういうことがあると、なんかギクシャクしてしまったりでその後一緒に遊べなくなったり・・ということがあると思うのですが、彼の場合はそういうことが無いようなんです。
    多分、彼自身がもう終わったものとして気にしてないからなのかもしれません。
    相手がちょっとそういうのを覚えていても、もう一方がそんなのなに?って感じでいれば、相手も自然に元に戻れるんですよね。



    連絡帳に書かなくて良かったです(^^)
    私はすぐにしゃしゃり出たくなるけれども、もっと子供の力を信じて良いのだなと思った一件でした。


引用返信/返信 削除キー/
■114 / inTopicNo.48)  Re[41]: 教育方針について
□投稿者/ らみ -(2017/02/27(Mon) 12:35:46)
    以前youさんが教えてくれた、「朝のリレー」、素敵な詩でした!

    私も詩って大好きなんです。


    でも恋愛の詩は苦手で、理科とか数学的な美しさが言葉で言い表された詩が好きです。


    >金型を作るようになって三年になりますが、マシニングの知識に加え、今さら三角関数が必要になったり。


    凄い、格好いいですね!
    以前ほこたてという番組があって、素材同士で競わせるっていう番組がありましたがあれ観てて燃えます、大好きでした。日本の職人さんて凄いなあって思ってました。


    >子どもの頃に夢中になってたものがなんだかんだで役に立つ。と言うよりも、やって意味のないものってなんだろうと思います。文字も数字も思想も生きている限り生きているうちは必ず自分につきまとう。ぼくは学生時代にやってたことはどれも素晴らしいものだったと確信があります。誰に何がどのタイミングでどう必要になるかなんてその時にならないとわからない


    うんうん、本当にその通りだと思います。





引用返信/返信 削除キー/
■113 / inTopicNo.49)  Re[41]: 教育方針について
□投稿者/ らみ -(2017/02/27(Mon) 12:21:23)
    2017/02/28(Tue) 09:24:42 編集(投稿者)

    そっか〜、「本20冊絶対読め!」とか言われたら却って意欲無くしてしまうのか。。

    過干渉かなあ?

    パニは読書好きで、知への好奇心がすごいなあといつも思いますが、いつから本を読むようになったの?

    コミュニケーションの話が出て来ましたが、理解力とコミュニケーション能力って、繋がっているんじゃないかなあと私は思います。


    又、話は飛躍するけれど何かに感動する為には資質が必要で、物を理解する能力が乏しいと人は感動すらできないんじゃないかなとも考えています。


    今迄の経験にある新しい「何か」が接続した時初めて感動が生まれるのだと思うのですが、理解することができないとそれすらできないと思うんです。


    勿論、本を読むだけではなく、話すことも大事だと思います。
    ですが本を読んで理解することは、色々な基礎力に結びついていると思うので、強制的ではありますが、学校の方針に私は賛成です。自分自身ももっと読んでればよかったなと思う次第なんですが。



    目上の人への礼儀、と言えば、私は自分が小学一年から武道を習っていて礼儀がなっていないと竹刀を持った先生から叩かれたりしていたので、子どもにはそういう極端なのはやりたくないと思っていたのですが、その願い通りうちの子達(特に娘)は、大人に対しても物怖じせずすごく堂々としていて良いなあと思っています。

    何だろう・・・ぱっと言葉が出てくるんですよね。
    私の子どもの頃とはくらべものにならない位しっかりしてる。
    この間もスーパーのレジでお金を払うと「ねえ、これはなんで只で売ってないんですか?(ちゃんと敬語)」と真顔で聞いていて店員さんを困らせていました(笑)


    その娘と先日久々にやりあったのですが、もう「嫌」と思ったらてこでも動かなくて・・
    髪の毛を結んだゴムが気に入らなくて、それを結んだ時には言わず、30分以上経ってから家を出て幼稚園バスが来た時点で「これ絶対嫌!別のゴム持ってきて!!」となりまして・・・

    私も自分の病院の予約があったのでかなりイライラしてしまったのですが、結局バスには乗らず後から送っていくことになり、自転車に乗ってる間に「今後は何か言いたいことがある時は家を出る前までに必ず言う」という内容で同意にいたりました。いつもはアンパンマンを出かけるまでずっと見てるのですが、ずっと点けているとそっちに気がいってしまうので「今後は10分前になったらアンパンマンも消すよ!」ということも同意を得ました。


    本当に大変だけれども、きっとこの子は将来、年上の大人の言いなりになるような大人にはならないだろ〜なとちょっと安心もしています。
    パニの言う良識っていうのは、どうやって育てたらよいのだろうというのはありますが。。



    二人とも、私の子どもの頃よりずっと視野も広くて大人です。






引用返信/返信 削除キー/
■112 / inTopicNo.50)  Re[40]: 教育方針について
□投稿者/ you -(2017/02/26(Sun) 00:40:32)
    ぼくが本をノルマを設定して読み始めたのは20代半ばから。子どもの頃から本は嫌いでなかったのですが詩の方が好きで、中学生の頃から図書館で詩を読み漁ってました。専ら詩を読んでましたが、論語も読んでたり。その時の同級生の影響もあって難読漢字ばかり書いてました時期もありました。「鸛」「鴨嘴」当時は余裕で書けてました。今は無理ですが。
    仕事は高校を卒業してからずっと工場勤務です。世で言う単純作業もやりましたが、今は金型を作ってます。金型を作るようになって三年になりますが、マシニングの知識に加え、今さら三角関数が必要になったり。
    子どもの頃に夢中になってたものがなんだかんだで役に立つ。と言うよりも、やって意味のないものってなんだろうと思います。文字も数字も思想も生きている限り生きているうちは必ず自分につきまとう。ぼくは学生時代にやってたことはどれも素晴らしいものだったと確信があります。誰に何がどのタイミングでどう必要になるかなんてその時にならないとわからないのに、〇〇なんて無意味とかお前は何様のつもりだって話です。そもそも目的が人によって違うのに、まずは成績だ学歴だって馬鹿の一つ覚えみたい。最終学歴は地域一番の底辺高校で、学力、学歴、資格が無くても食うのに困っていないそこそこはっぴーなぼくの存在全否定とかおいマジかーって話なんで、ぼくはらみさんの考え方に便乗ですね。てか便乗しないとぼくの立場が危ういんで笑

    必要な時に必要なものを備えたらいい。人生は急くものじゃない。走っても立ち止まっても与えられる時間は平等。個人差こそあれ、有限の時間でできることもまた有限。残酷な平等。
    「らぶ あんど ぴーす」いい言葉です。
引用返信/返信 削除キー/
■111 / inTopicNo.51)  Re[39]: 教育方針について
□投稿者/ パニチェ -(2017/02/25(Sat) 18:38:31)
    No110に返信(らみさんの記事)
    > 息子の学校では毎月何冊以上本を読まなければいけないというノルマがあって、今の学年だと20冊/月(字の量、本の厚さは自由)でして、最初は「借りてくるだけでも大変!」と思っていたのですが、今では私にも読書の習慣がついたりとすっかり図書館通いが当たり前の毎日になりました。娘も元々本が大好きですし、自宅のリビングの本棚には図書館で借りてきた本を置く用のスペースが広くとってあります。

    そんなん、もしわしやったら読書嫌いになるやろね・
    読書嫌いな子になったら学校は責任とってくれるんやろか。
    なんか過干渉やね。

    > わたしが小学生の頃にはこういうのは無かったし、又、宿題ももっと少なかったので今の小学生は偉いなあと単純に感じるのですが、低学年でもすでに塾に通ってる子なんかにとっては、学校でのノルマが意外と多いので大変らしいです。

    今の子供はほんま大変やねぇ〜。
    わしらの子供時代は遊びの中からルールとか、年長者への礼儀とか学んだんやけど、今の子はどこで身につけるんやろ。

    > うちはまだ塾通いしてませんが、公開テストだけは、本人が「力試しで受けたい」と言うので時々受けています。

    わしやったら絶対「受けたい」なんて言うてなかったわ。
    新蔵之介はきっと地頭のええ子やろね。^^

    > 塾でテストを受けると成績表をもらう時にちょっとした面談をするのですが、先日は「そろばんなんて無意味」のようなことを塾長さんから言われました。
    > 受験で必要なのはその能力じゃないんだよと。
    > 言いたいことは分かるのですが、わたしはこの塾には自分の子どもを入れたくないなあと思いました。
    > そのテストは偶々結果が良く、もしそこに入るならば特待生で入れたのですがやめました。

    凄いね。でも入らなくてよかったと思う。
    そんな奴のいる塾は。^^

    > そろばんは、息子が数字が大好きなんだとわかり、じゃあ、大きな数の計算ができるようになればきっと凄くハッピーになれるだろうなあと小学校に入る少し前に始めた習い事でした。

    社会に出てから計算能力ってのは、めっちゃ役に立つと思います。

    > 息子は図書館でも算数に関する本ばかり読んでいるけれども、その内容を理解することにも、そろばんで培った力はとても役に立っているなと思うんです。
    > 「興味を持っている」って一番大事なことだと思うんだけどな・・
    > そこが無きゃ、広がっていかないじゃないですか。

    その通り!

    > ただ本人も自分と同じ位や上の能力を持つ子たちの中で自分の力を試したいという気持ちがあるようなので、いずれは塾に行くだろうと思います。
    > のんびり、と言われてしまいそうですが、まだ「どこどこ中学に行きたい!」という明確な意思があるわけではないので敢えて急ぐ必要はないだろうということにしました。

    それがいい!

    > そういえば芦田愛菜ちゃんは御三家に合格したという噂ですが、塾も説明会で低学年へ向けてやみくもに「早く入らなけらば合格できない!」という物言いをそろそろ改めた方が良いのではないかな・・と。

    まぁ塾もビジネスし、少子化の影響もあり生き残りで必死なんやろね。

    > その代わり、勉強をしていない時間を使ってどうやって受験に結びつく理解力やタイムマネジメントする能力をつけるか、など、そういう方面へシフトした説明をして欲しいと感じます。

    多分、そういう親より、単純に受験に合格することを望む方が多いんやと思うよ。
    その結果として、将来良識とかコミュニケーション能力とかで自分の子供に苦労させられることもあるとは思うけどね。
引用返信/返信 削除キー/
■110 / inTopicNo.52)  教育方針について
□投稿者/ らみ -(2017/02/23(Thu) 12:25:29)
    2017/02/23(Thu) 12:27:35 編集(投稿者)

    息子の学校では毎月何冊以上本を読まなければいけないというノルマがあって、今の学年だと20冊/月(字の量、本の厚さは自由)でして、最初は「借りてくるだけでも大変!」と思っていたのですが、今では私にも読書の習慣がついたりとすっかり図書館通いが当たり前の毎日になりました。娘も元々本が大好きですし、自宅のリビングの本棚には図書館で借りてきた本を置く用のスペースが広くとってあります。


    勿論、このノルマは「本を読む習慣をつける」が目的だと思うので、分厚くて字の小さい本を読む場合は冊数を減らしてくれたり、そういう配慮があればもっと良いとは思うのですが。


    わたしが小学生の頃にはこういうのは無かったし、又、宿題ももっと少なかったので今の小学生は偉いなあと単純に感じるのですが、低学年でもすでに塾に通ってる子なんかにとっては、学校でのノルマが意外と多いので大変らしいです。


    うちはまだ塾通いしてませんが、公開テストだけは、本人が「力試しで受けたい」と言うので時々受けています。


    いくつかの塾でテストを受けましたが結局そのどこへも入っていないのは、時間は限られているので、そういった少し遠くの進学塾に入るならば今やっているそろばんや水泳をやめなければならなくなるのと、そして私自身が塾でよく言われる「学校のやってることは無駄ばかりだ!」という考えにいまいち納得がいかないからです。


    塾でテストを受けると成績表をもらう時にちょっとした面談をするのですが、先日は「そろばんなんて無意味」のようなことを塾長さんから言われました。
    受験で必要なのはその能力じゃないんだよと。

    言いたいことは分かるのですが、わたしはこの塾には自分の子どもを入れたくないなあと思いました。
    そのテストは偶々結果が良く、もしそこに入るならば特待生で入れたのですがやめました。



    そろばんは、息子が数字が大好きなんだとわかり、じゃあ、大きな数の計算ができるようになればきっと凄くハッピーになれるだろうなあと小学校に入る少し前に始めた習い事でした。


    息子は図書館でも算数に関する本ばかり読んでいるけれども、その内容を理解することにも、そろばんで培った力はとても役に立っているなと思うんです。


    「興味を持っている」って一番大事なことだと思うんだけどな・・
    そこが無きゃ、広がっていかないじゃないですか。



    ただ本人も自分と同じ位や上の能力を持つ子たちの中で自分の力を試したいという気持ちがあるようなので、いずれは塾に行くだろうと思います。
    のんびり、と言われてしまいそうですが、まだ「どこどこ中学に行きたい!」という明確な意思があるわけではないので敢えて急ぐ必要はないだろうということにしました。


    そういえば芦田愛菜ちゃんは御三家に合格したという噂ですが、塾も説明会で低学年へ向けてやみくもに「早く入らなけらば合格できない!」という物言いをそろそろ改めた方が良いのではないかな・・と。


    その代わり、勉強をしていない時間を使ってどうやって受験に結びつく理解力やタイムマネジメントする能力をつけるか、など、そういう方面へシフトした説明をして欲しいと感じます。




















引用返信/返信 削除キー/
■109 / inTopicNo.53)  Re[37]: ぷよクエ再開
□投稿者/ らみ -(2017/02/16(Thu) 13:03:13)
    youさん、優しいですね。


    わたしは自分に子どもが出来てから、一度だけ母に言ったことがあります。

    「わたしは、わたしが育てられたのとは全く違う風に自分の子どもを育てたい。」


    思えば復讐はこの一言だけで済んでしまったかもしれないなあと思うのです。





    あ、でも以前はこんな妄想をしてたこともありました。

    自分が両親の子どもとして又生まれ直すのですが身体は子供でも、頭の中身は今のままなの(笑)

    そして、言い返せなかった昔に巻き戻して思う存分言い返し、やり返しで、わたし自身を取り戻すという・・・


    そんな妄想してたこと、あったなあ笑


    もし本当に母が嫌いだったなら、わざわざ時間を巻き戻してまでもう一度一緒に過ごしたいなんて思わないはずだけれど、敢えてそれをしたいと思っていた自分てなんなんだろ?


    「母を変えたい」とか、そんな風に思っていたのかもしれないですね。

    >どこかで母親を求めているから?いやいやぼくはもうアラフォーのおっさんだから。生来のお人好し?いやいや、人の見てないとこで悪いことしてますからね。じゃあなんで?んーよくわからんってなるんです


    youさんの一人突っ込み、面白すぎ♪


引用返信/返信 削除キー/
■108 / inTopicNo.54)  ぷよクエ再開
□投稿者/ you -(2017/02/12(Sun) 22:19:31)
    今日見た映画の(分かり易すぎて眉間に皺が寄るレベルの)メッセージが、最近考えていたことと似ていたので再度考えることに。
    ぼくは四人兄弟の長男です。下に弟が一人、妹が二人います。ぼくの育った家庭は暴君として母が君臨してました。男に何か恨みでもあるのでしょう。父や弟、ぼくに対して常に暴力、暴言でした。妹たちは母に随分甘やかされてました。父は気弱な男でした。やり返さないんですよね。それに漬け込むように「男はATM」ってやつがぼくの母。あの家の男たちはバカ女に随分振り回されました。都合よく利用されました。
    父が死んだことを一つの区切りにしたかったのでしょう。弟はこの家と縁を切ると言い出しました。ぼくは賢明だと思いました。

    さて、ここから本題。(長い前置きだなあ)
    一時は母が原因で過呼吸を起こしていたぼくが母を恨みきれないことです。先日母からメールが届きました。たまに地元に用があって実家に何泊かする時、ぼくは料理を自分で用意することが割と多いのですが、前にぼくが作った料理のレシピを教えて欲しいと連絡があったんです。無視したらいいのに、無視できず協力してしまったんですよね。
    ぼくの嫌うものは殆ど母がきっかけ。自分をあの女の呪縛から解放するためにはどうするか。どんな形で復讐してやろうか、いっそ拷問にかけて自殺するまで追い込んでやろうかと思っているのに、思いとは異なる行動を取ってしまう。
    どこかで母親を求めているから?いやいやぼくはもうアラフォーのおっさんだから。生来のお人好し?いやいや、人の見てないとこで悪いことしてますからね。じゃあなんで?んーよくわからんってなるんです。
    今は横浜だったかな?知り合いで会社を起こしたやつと話をしていて、「わからないなんてない。答えが見当たらないだけ。」と言われたことがありましたが、今回もわからんのです。
    理屈で言えば、過去のことを蒸し返したり怒鳴り散らしてもいいことはない。考えてもわかる。周りを見てもわかる。モンスタークレーマーみたいなのを見てもわかる。でもぼくはそこまで理知的にものを考えられるほど優秀ではない頭の回転早くないてか落ちこぼれ。
    でも自分の行動は事実だから覆せない。結局は母親を求めたりしてるんでしょう。お人好しなんでしょう。それかまだ見ぬ答えがあるか。←これに期待したい



    「老人と海」読み終わりました。

引用返信/返信 削除キー/
■107 / inTopicNo.55)  Re[35]: とは言え
□投稿者/ らみ -(2017/02/07(Tue) 09:43:00)
    昨日は母のせいにしてしまいましたが、やっぱりそうではないよね。


    自分が全て、とまでは言わないけれど殆どは自分のせいなのだろうな。


    そして改めて「こどもを育てる」って、すごく資質が必要なことなのだと思った。


    勉強を教えられるとか、そういう能力に関することよりむしろどう接するのか、ていう接し方についての話ね。












引用返信/返信 削除キー/
■106 / inTopicNo.56)  とは言え
□投稿者/ らみ -(2017/02/06(Mon) 21:43:54)
    わたしも時々余裕がなくて子どもに対して良くない対応をしてしまった時なんかは母の顔が浮かんできたりするので、母もわたしの子育てを一緒に手伝ってくれているのかもしれませんね。



引用返信/返信 削除キー/
■105 / inTopicNo.57)  Re[33]: 新年会
□投稿者/ rami -(2017/02/06(Mon) 21:20:43)
    youさんの新年会、楽しかったようで良かったです


    > 自分は「皆と同じ」が安心。子は「いつもと同じ」が安心。



    何であの頃は皆と同じが安心だったんだろうなって考えると、う〜んやっぱり、親の育て方のせいもあっただろうなと思ってます。


    私の母親は華美なものとか目立つものとかを、私の持ち物や髪型だとかにおいて絶対に選ばなかったし、着る服なんかも、母親の趣味で妹とのお揃いばかり着ていました。私には「自分で選ぶ」っていう経験が欠如していました。


    そんな中、「華美で目立つバッグ」を突然渡されて「いつもと違う、こんなの嫌!」ってなってしまったんでしょうね。


    なんか昔の話をすると、いつも「だから私は私みたいな子供に育てたくない」みたいな結論になってしまってあれなんですけれど、自分の子供にはなるべく「どれがいい?」って選んでもらうようにしています。

    下の子なんかまだ幼稚園生ですが、とっくの昔にこっちが聞かなくても「こういうのが好き、ああいうのが欲しい」って言ってくるようになってました。


    勿論すべてが母のせいとは言わないですが、「わたしはそういう風にしないよ」と色んなことについて、天国の母とよく対話しています。


    母に対しては、好きとか嫌いとかそういう言葉では言い表せないなあ。


    良くも悪くも、自分との関係が深いのだと思います。










引用返信/返信 削除キー/
■104 / inTopicNo.58)  新年会
□投稿者/ you -(2017/02/05(Sun) 23:38:09)
    楽しかったかな?たぶん楽しかった。何人か潰す予定でいましたが、十年前の勢いなんて皆無。フツーにまったり和食を肴に飲んでました。最終的に三軒目でぼくは帰りました。
    今の会社に入って三年ほど経ちますが新年会は初参加。普段の新年会の時期を知らないんですよね。新年会だけは同じ課の全ての係でやるそうです。半分近くは欠席しましたがそれでも六十人ほど集まったとか。場所もなかなかないのでこんな時期なのかも。
引用返信/返信 削除キー/
■103 / inTopicNo.59)  Re[30]: 大人?子ども?
□投稿者/ you -(2017/02/05(Sun) 23:21:16)
    No94に返信(ramiさんの記事)
    答えでもなんでもないのですが気づいたこと
    > 小学生にもなると、学校に持っていくコップやお箸がアンパンマンなのはそろそろ恥ずかしくなったり、又やんちゃな子からからかわれたりすることもあるようで、「無地にして」とか「ポケモンにして」と言われたというママの話を良く聞くのですが、息子はずっと幼稚園でもらったアンパンマンのコップを使っていた為「他のにしようか?」と聞くと、「嫌だ!絶対に新しいの買わないで!」と返ってきました(^^)実際からかわれたことあるみたいなんですが、そういうのが全く気にならないようです。
    >
    >
    > わたしは幼稚園の頃、母が蝶の刺繍が入った手提げバッグを作ってくれたのですが、他の子はみんな元々絵が描いてあるキルティングの手提げバッグだったことでせっかく作ってくれた刺繍バッグを嫌がったことがあります。
    >
    > 今では、母が作ってくれた方が全然良いじゃない!と思うけれど、あの頃はそう思えなかった。
    >
    >
    > 「皆と同じ」が安心だったから。
    >
    >
    >
    > 新蔵之介はアンパンマンを持っていても、私よりもずっと大人だなあと思うのです。(^^)
    >
    > 自分は「皆と同じ」が安心。子は「いつもと同じ」が安心。
    だから流行りとか手作りとか関係ないんでしょうね。今と当時では立場が違うから、同じ目線でものは見られない。
    生き物って変化に対してストレスを感じるそうです。真偽は定かではありませんが、猫の散歩って見回りの意味があるとか。見回って普段と何も変わらないことを確認して安心するそうです。
    「前例がない」という理由で新しいアイデアを却下するオジサマ方も、結局は今の自分を揺るがすものはストレス。良し悪しではなく、今の自分を守るため、変化を拒むための手段として否定という手段を取る、ってとこなんでしょう。

引用返信/返信 削除キー/
■102 / inTopicNo.60)  らみぃ〜へ♪
□投稿者/ パニチェ -(2017/02/05(Sun) 17:23:24)
    No101に返信(らみさんの記事)
    > 何か変に心配をかけさせるような発言をしてしまったよ〜でごめんなさいね!

    いえいえ、何でもカキコしてや。^^

    > 自分としてはもうほとんど元に戻ったし、

    そっかそれは良かった。

    >「棒のようなウエスト」という表現を別の意味で失敗したなと思ってるくらいなので・・だって全くくびれてないってことじゃん笑?
    > 少しはくびれてますからね???文面どおり信じないように笑!

    ははは。そういうことにしとこう♪

    > でもありがと〜(^^)

    どういたしまして。^^
引用返信/返信 削除キー/

<前の20件 | 次の20件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>
Mode/  Pass/

TOP HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -